カナダ・オンタリオ州が南京大虐殺記念日の制定審議中。抗議のメールをお願いします!

「カナダ・イスラエル友好協会からユネスコへの意見書と協会コメント」
SF慰安婦碑設置 2月6日に決定?抗議のメールを送ってください!

**************************************************************

“カナダ有志の会”よりお願い

中国系州議員やアルファという反日組織の工作により、カナダ・オンタリオ州の立法議会が南京大虐殺記念日の制定を審議中です。
同州は中国系人口が集中しており、成立する可能性が高いです。
今年は南京事件から80周年にあたることから、記念日が制定されれば「旧日本軍の残虐性」などをアピールする行事が開かれる可能性があります。

↓ Bill 79, Nanjing Massacre Commemorative Day ↓

SnapCrab_NoName_2017-2-2_7-50-52_No-00

そこでカナダから皆様にお願いです。
抗議のメールを、オンタリオ立法議会メンバーに送っていただけましたら幸いです。
今までのパターンから言えば、抗議の声が大きければ大きいほど阻止できる可能性は高くなります。(お手紙、お電話もありがたいです。)
逆に、いったん決まってしまったら、いくら騒いでも逆にこちらがレッテル張りをされるだけで、覆すことは不可能になるでしょう。
「今」だけがチャンスです!ご協力お願い申し上げます。

<参考ニュース>
産経 2017.2.2 【歴史戦】
加オンタリオ州議会が「南京大虐殺記念日」制定の法案 反対の署名活動も中国系多数で成立か
※記事にある「現地の日系文化会館が中心になって記念日制定に反対する署名活動を始めた。」についてはカナダ在住の方、是非署名にご協力お願いします。
署名についての詳細はこちら

**************************************************************
【手紙】 

宛名:Hon Kathleen O. Wynne(Ms.は不要。オンタリオ州首相)

宛先: Room 281, Main Legislative Building, Queen’s Park Toronto, Ontario, Canada M7A 1A1

**************************************************************
【メール】 

< 宛先 >※自動返信メールが届く場合があります
To:
オンタリオ州首相
kwynne.mpp@liberal.ola.org

オンタリオ立法議会メンバー
lalbanese.mpp@liberal.ola.org, ganderson.mpp.co@liberal.ola.org,
tarmstrong-qp@ndp.on.ca, ted.arnott@pc.ola.org,
bob.bailey@pc.ola.org, ybaker.mpp.co@liberal.ola.org,
cballard.mpp.co@liberal.ola.org, toby.barrett@pc.ola.org,
lberardinetti.mpp@liberal.ola.org, gbisson@ndp.on.ca,
jbradley.mpp@liberal.ola.org, patrick.brownco@pc.ola.org,
scmpp@ndp.on.ca, bchiarelli.mpp.co@liberal.ola.org,
steve.clark@pc.ola.org, lorne.coe@pc.ola.org,
mcolle.mpp@liberal.ola.org, mcoteau.mpp.co@liberal.ola.org,
gcrack.mpp@liberal.ola.org, ddamerla.mpp@liberal.ola.org,
bdelaney.mpp@liberal.ola.org, sdelduca.mpp.co@liberal.ola.org,
NDesRosiers.mpp@liberal.ola.org, vdhillon.mpp.co@liberal.ola.org,
jdickson.mpp@liberal.ola.org, dinovoc-qp@ndp.on.ca,
hdong.mpp.co@liberal.ola.org, bduguid.mpp@liberal.ola.org,
vic.fedeli@pc.ola.org, cfife-co@ndp.on.ca,
kflynn.mpp@liberal.ola.org, cforster-qp@ndp.on.ca,
Jfraser.mpp.co@liberal.ola.org, JFrench-QP@ndp.on.ca,
wgates-qp@ndp.on.ca, fgelinas-qp@ndp.on.ca,
mgravelle.mpp.co@liberal.ola.org, LGretzky-QP@ndp.on.ca,
ernie.hardeman@pc.ola.org, michael.harrisqp@pc.ola.org,
PHatfield-QP@ndp.on.ca, randy.hillier@pc.ola.org,
ahoggarth.mpp.co@liberal.ola.org, ahorwath-qp@ndp.on.ca,
ehoskins.mpp@liberal.ola.org, mhunter.mpp.co@liberal.ola.org,
hjaczek.mpp@liberal.ola.org, sylvia.jones@pc.ola.org,
skiwala.mpp.co@liberal.ola.org, mkwinter.mpp@liberal.ola.org,
mflalonde.mpp.co@liberal.ola.org, jleal.mpp@liberal.ola.org,
dlevac.mpp@liberal.ola.org, tmaccharles.mpp.co@liberal.ola.org,
jack.maclaren@pc.ola.org, lisa.macleod@pc.ola.org,
hmalhi.mpp.co@liberal.ola.org, amangat.mpp.co@liberal.ola.org,
mmantha-co@ndp.on.ca, cmartins.mpp.co@liberal.ola.org,
gila.martow@pc.ola.org, dmatthews.mpp@liberal.ola.org,
bmauro.mpp.co@liberal.ola.org, jim.mcdonellco@pc.ola.org,
kmcgarry.mpp.co@liberal.ola.org, emcmahon.mpp.co@liberal.ola.org,
tmcmeekin.mpp@liberal.ola.org, monte.mcnaughton@pc.ola.org,
Pmilczyn.mpp.co@liberal.ola.org, norm.miller@pc.ola.org,
pmiller-qp@ndp.on.ca, rmoridi.mpp@liberal.ola.org,
julia.munroco@pc.ola.org, gmurray.mpp@liberal.ola.org,
inaidoo-harris.mpp.co@liberal.ola.org, ynaqvi.mpp@liberal.ola.org,
tnatyshak-qp@ndp.on.ca, rick.nicholls@pc.ola.org,
sam.oosterhoff@pc.ola.org, randy.pettapiece@pc.ola.org,
apotts.mpp.co@liberal.ola.org, sqaadri.mpp@liberal.ola.org,
lrinaldi.mpp.co@liberal.ola.org, lsandals.mpp@liberal.ola.org,
Psattler-qp@ndp.on.ca, laurie.scott@pc.ola.org,
msergio.mpp@liberal.ola.org, jsingh-qp@ndp.on.ca,
todd.smith@pc.ola.org, csousa.mpp@liberal.ola.org,
tabunsp-qp@ndp.on.ca, htakhar.mpp@liberal.ola.org,
mtaylor-qp@ndp.on.ca, gthibeault.mpp.co@liberal.ola.org,
jvanthof.kl-co@ndp.on.ca, dvernile.mpp.co@liberal.ola.org,
bill.walker@pc.ola.org, jim.wilson@pc.ola.org,
kwynne.mpp@liberal.ola.org, john.yakabuski@pc.ola.org,
jeff.yurek@pc.ola.org, dzimmer.mpp@liberal.ola.org
< メール件名 例 >
1) No “Bill 79 Nanjing Massacre Commemorative Day Act.” in Ontario !!
2) I am against the “Bill 79 Nanjing Massacre Commemorative Day Act.” in Ontario
3) I protest against the “Bill 79 Nanjing Massacre Commemorative Day Act.” in Ontario
4) A letter from Japan about “Bill 79 Nanjing Massacre Commemorative Day Act” in Ontario
5) My opinion about “Bill 79 Nanjing Massacre Commemorative Day Act” in Ontario
6) I wish to register my strong opposition to the Bill 79 Nanjing Massacre Commemorative Day Act.

 

< メール文例 >
短く簡単で構いませんのでご自分の言葉でメッセージを書いて頂きたいと思います。以下は参考文例です。

[例 1]
Dear MPP,
I strongly protest against the Bill 79 Nanjing Massacre Commemorative Day Act.
It will create conflict between Chinese background citizens and Japanese background citizens in Ontario.
It is not good in your multicultural society.
Sincerely,
差出人名前 住所
例Hanako Yamada
Tokyo, JAPAN

(要約)南京大虐殺記念日の制定に強く反対します。オンタリオ州内の中国系と日本系の民族対立を生みます。

 

[例 2]
Dear MPP,
I am against the Bill 79 Nanjing Massacre Commemorative Day Act.
Bill 79 is in conflict with the provincial government’s principle of promoting an inclusive, accepting society. It will promote hostility towards the Japanese Canadian community by the larger society, including increasing tensions between Asian Canadians. The Bill, rather than promoting inclusion, will promote intolerance.
Sincerely,
差出人名前 住所
例Hanako Yamada
Tokyo, JAPAN

(要約)南京大虐殺記念日の制定に反対します。多文化を包括する貴政府の原則と真逆です。

 

[例 3]
Dear MPP,
I wish to register my strong opposition to the Bill 79 Nanjing Massacre Commemorative Day Act.
The issue deals with matters between foreign governments and has nothing to do with the domestic issues of the province.
Sincerely,
差出人名前 住所
例Hanako Yamada
Tokyo, JAPAN

(要約)反対します。外国政府間のことは貴州と関係がありません。

 

[例 4]
Dear MPP,
I protest the Bill 79 Nanjing Massacre Commemorative Day Act.
Bill 79 will open the floodgates for others seeking a platform for incidents that occurred outside of this country.
Sincerely,
差出人名前 住所
例Hanako Yamada
Tokyo, JAPAN

(要約)反対します。これを制定すれば、諸外国での出来事を貴州に抗議するようになるでしょう。

 

[例 5]
Dear MPP,
I strongly protest against the Bill 79 Nanjing Massacre Commemorative Day Act.
Is it okay for the Ontario government to be secretly influenced and misled by Chinese political maneuvering in your multicultural society?
I am afraid this bill will become a trigger to create racial conflicts in your country.
Sincerely,
差出人名前 住所
例Hanako Yamada
Tokyo, JAPAN

(要約)反対します。移民の国カナダで、中国側の工作に貴州政府が応じていいのですか?
移民の数が多いほど貴国に影響を及ぼせますし、民族間の対立を生みます。

**************************************************************

<参考資料>

◆ 南京戦直後の証拠資料まとめサイト
南京での「死亡者数2400人」など、南京戦直後の重要な記録(映像・報告書・新聞記事)を3点選んで掲載しました。

[英語版] Do you know a Documentary movie and these documets after Battle of Nanking?
http://nadesiko-action.org/?page_id=9266

[日本語版] あなたは南京戦後の記録を知っていますか?
http://nadesiko-action.org/?page_id=11208

*資料は南京問題に精通しておられる松尾一郎先生に提供・アドバイスいただきました。

◆ 南京事件時に記録された戦線後方記録映画
THe documentary film taken after Battle of Naking, 14 Dec,1937 – Jan 1938.

◆ L.S.C.スマイス報告書(原本)
WAR DAMAGE IN THE NANKING AREA
December, 1937 to March, 1938
Urban and Rural Surveys by Dr. Lewis S.C. Smythe
http://www.history.gr.jp/nanking/LSCSmythe.pdf

◆ Chiago Daily News (Jan 4, 1938)
Chinese Deserters Found with Refugees in U.S. Nanking Camp
http://www.history.gr.jp/nanking/CDN4Jan1938.pdf

◆ 南京大虐殺はウソだ!  http://www.history.gr.jp/nanking/

◆ 史実を世界に発信する会 掲載文献リスト: 南京事件関連
http://hassin.org/01/category/literature/znankingincident/page/3

http://hassin.org/01/category/literature/znankingincident/page/2

http://hassin.org/01/category/literature/znankingincident

◆リアル南京市民の証言!「虐殺なんて見たことも聞いたこともない」

 

37 thoughts on “カナダ・オンタリオ州が南京大虐殺記念日の制定審議中。抗議のメールをお願いします!

  1. 佐野 says:

    Dear MPP,
    I strongly against the Bill 79 Nanjing Massacre Commemorative Day Act.
    The International Committee administered to the civilians remaining in Nanking, who were gathered in the Safety Zone. Records of this Committee’s activities were published in 1939 as Documents of the Nanking Safety Zone by a British company in Shanghai, under the supervision of the Nationalist Government’s Council of International Affairs. According to those records, the population of Nanking prior to its occupation by the Japanese was 200,000. It is impossible for over 200,000 people to have been killed as stated in Bill 79. That figure remained unchanged, at 200,000, throughout the remainder of 1937. By the end of January, it had increased to 250,000. If a massacre had occurred, it would have been impossible for the population to have increased to 250,000 in the one month after the occupation.
    Sincerely,


  2. ぽこにゃん says:

    他コメントで、その後の報告されている方もいますので
    こちらもメール返答が来たので、取り急ぎの報告です。
    (トロント市の友好都市・相模原市から↓)
    _______
    電子メールを拝見いたしました。
    相模原市役所 シティセールス・親善交流課です。
    https://www.city.sagamihara.kanagawa.jp/cgi-bin/contact.cgi?mail=23130000
    メールにてご連絡をいただきましたとおり、
    本市は、トロント市と友好都市関係にあります。
    トロント市との交流事業につきましては、政治的な動向に関わらず、
    あくまで市民間の草の根的な交流を重ねるなかで、
    友好を深めてきたところでございます。
    今後につきましてもオンタリオ州議会の動向を注視しながら、
    市民間の交流を通じて相互理解を深めてまいりたいと考えておりますので、
    ご理解をいただきますよう、よろしくお願いいたします。
    _________
    皆さんどう思われますか?これらの文句、
    ”オンタリオ州議会の動向注視する”そして
    ”市民間の交流を通じて相互理解を深めていきたい。”
    そして最後の【ご理解いただきますよう】とは・・・
    この件に関しては相模原市は黙認。
    私達・在外日本人らに泣き寝入りしろ、という事でしょうか。

    ”市民間の交流を通じて相互理解を深めて”も何も、
    そもそもこの法案を出したトロント市中華人議員や、団体アルファといい
    今現在のオンタリオ州の現状がこれなんです。
    更には 州議会を注視? この注視とは?
    一度可決されてしまったら、 もう終わりだというのに!

    相模原市、外務省、大使館、領事館、
    事なかれ主義の日本の政治機関に怒りを感じます。


    • 富士 says:

      相模原市は、
      植松とかいう、障がい者19人殺害事件を起こした、在日韓国人(朝鮮人?)が、
      相模原市役所、現地警察とグル(?)になってやったと言われてます。

      もちろん、通名で、日本人ではありません。

      本人の手紙が公開されてましたが、
      自民党に手紙を送り、事前の、犯行予告をしていますが、
      その援護を、自民党に要請する内容でした。
      政界にも、日本籍を名乗る帰化韓国人、帰化朝鮮人が、
      およそ、150名ほどいるといわれてます。

      犯行後は、名前を変え、身分証も作り直して、整形するので、
      それを、全部、議員に、だしてほしいとまで書かれてます。

      その直後、地元警察により、収容されていた病院から、
      強制退院させられており、その後、犯行に及び、
      韓国名ではなく、日本の通名で報道。

      もう、これは、日本人からみれば、狂っているとしかいいようの無い、
      野蛮な日本人貶め作戦だけのために、そこまでして、
      殺人までやって、それを、日本人のせいにして、
      なんとか、評判を落とそうという、政府、自治体、出先機関と癒着した凶行としか、いいようがありません。

      犯行時には、すでに、整形をしていた犯人は、
      当然、同様の手口に使われていた前科物であった可能性があります。

      相模原市役所の職員の中に、在日か、帰化が、まぎれていないか、
      追求すべきです。


      • Takuma Terasawa says:

        今晩は!
        初めまして!
        香港にワーホリで住んでいる寺澤拓磨と申します。
        23歳の日本人男性です。
        其れ、本当の話なんですか!?
        怖過ぎます。
        恐怖を感じました。
        相模原市の障碍者施設で19人を殺害した犯人が在日だと云う説はネットで知りましたが、犯人が名前を変え、身分証を作り直し、顔を整形して、犯行に及んだとか…
        しかも、市役所も警察もグルに成っていたのですか!?
        流石に、デマであって欲しい!
        其れと、中学時代に僕が韓国人だと云う噂と云うかデマが流れていたので、帰国後の自分の言動には気を付けます。
        韓国人って品行下劣で低俗卑猥ですよね。
        如何に関わらないか、其れが重要なのです。


    • Takuma Terasawa says:

      今晩は!
      初めまして!
      香港にワーホリで住んでいる寺澤拓磨と申します。
      23歳の日本人男性です。
      貴方はトロント在住日本人女性の方ですね。
      アメリカに留学中、カナダに5回訪れ、トロントには2回訪れました。
      神奈川県相模原市は何を遣っているんだ!
      幾ら相模原市とトロント市が友好都市だからって、抗議すべきだろう!
      頭の可笑しい馬鹿な支那人共の蛮行に対し、泣き寝入りする必要は御座いません。
      政府も外務省も大使館も総領事館も何を遣っているんだ!
      こうなったら草の根で我々市民が声を上げていくしかないのです。
      支那人共の大嘘に乗っかって、下らない記念日を制定するオンタリオ州のカナダ人共は!!
      此れもヘイトですか?


  3. Masaki says:

    ぽこにゃん さん  投稿ありがとうございます。少なくとも、相模原市の シティセールス・親善交流課 が やる気無し ということは分かりました。
    親善交流課が情報を握りつぶしている可能性もあるので、相模原市の市長宛に手紙を出してみるのも一つの方法かもしれません。個人的経験ですが、電子メールよりも、手紙の方がインパクトがあります。わたしも手紙を出してみます。
    特定の民族(日本人)だけをターゲットに貶めるやりかたが、多民族共生につながるとは思いません。中国は、偽装漁民らに対し「南京大虐殺」をやった日本人は殺して当然とまで洗脳して尖閣諸島へ送り出していました。
    海外へ移住・旅行できる中国人は、大陸でもほんの一握りの富裕層です。そのような恵まれた地位が得られるのは、共産党に忠誠を誓った人間またはその親族だけです。党の意志が反映されての行動だと判断して間違いないと思います。


    • ぽこにゃん says:

      Masakiさんコメント有難う御座います。
      この大変な時期、同志の心強いコメントは
      本当に励みになりますね。

      アドバイス 早速遂行したいと思います。
      カナダ国内では数週間 各政治関連機関に既に送ってあります。
      以前もバーナビー及びトロントで慰安婦像設立問題が勃発した際、
      然るべき各役所機関に手紙を送付、でもトロントの場合は効果が無く、
      ご存知の通り残念な結果となりましたが・・。
      今回の件は同じ結果にならない様にと祈るばかりです。


      • ぽこにゃん says:

        ↑ コメントの脱字すみません。
        カナダ国内では ”数週間前”各政治関連機関に
        既に送ってあります、です。

        上記 Masakiさんの情報とアイデアを始め、
        私達の声が、カナダと日本に届きます様に。


    • Takuma Terasawa says:

      今晩は!
      初めまして!
      香港にワーホリで住んでいる寺澤拓磨と申します。
      23歳の日本人男性です。
      全く持って仰る通りです。
      大学時代に知り合った留学生達は至極真面でした。
      全ての在外中国人が共産党に忠誠を誓っているとは思えません。
      南京大虐殺なんて嘘っぱちです。
      証拠写真だって証言だって辻褄が合いません。
      不可解な点が多過ぎます。
      あんなのは北京政府のプロパガンダです。
      信じる奴は正真正銘の大馬鹿です!
      あんな物は何一つ信じるに値しない!
      Facebookで知り合った中国人と東京と千葉、深圳と香港で会いましたが、彼等も南京大虐殺は捏造だと言って居りました。
      僕も南京大虐殺が捏造だと信じて居ります。


  4. 吉田松院 says:

     カナダにメールを送ったら、州議会議員からうれしい返信が戻ってきました。
    https://www.facebook.com/groups/895832227160756/


  5. 尾関俊彦 says:

    二通目の返事が来ました。Jagmeet Singhという人からです。返事を書きましたが、もう一度よく読むと、この人はすでに洗脳された人で日本人には好意的でないです。しかし、状況を読むと、反対のメンバーがいて、それに抵抗しているようです。証拠を集めて南京記念日を成立させようと言う気持ちらしいです。あまり頭はよくなさそうです。

    せっかく作った英文なので、別なメンバーに送るつもりです。とりあえずすぐに成立するということはなさそうです。


    • 尾関俊彦 says:

      頭悪そうというのは、私の主観ですので、削除していただければ幸いです。


    • Takuma Terasawa says:

      今晩は!
      初めまして!
      香港にワーホリで住んでいる寺澤拓磨と申します。
      23歳の日本人男性です。
      其れは大変でしたね。
      まあ、カナダ人にも馬鹿が居るって事でしょう。
      多分、其のカナダ人は北京政府のプロバガンダを鵜呑みにして、真実が見えなくなって居るのでしょうね。
      カナダ人の中にも真人間はいらっしゃるので、其の方々に解り易い英文をメールを送るのがベストですね。
      Jagmeet Singhがどんな人か知りたいです。


  6. 尾関俊彦 says:

    >この件に関しては相模原市は黙認。
    私達・在外日本人らに泣き寝入りしろ、という事でしょうか。

    役人へ文句を行っても埒が明きません。市長か市議会議員へ圧力をかけましょう。力関係を読んで行動しないと、効果的じゃないと思います。



  7.  日本で言うところの”南京大虐殺”を中国では”南京大屠殺”と呼びます。
     日本では「惨たらしい方法で殺す」事を”虐殺”と呼びますが、中国では”屠殺”と呼びます。
     これは皆殺しという意味です、英語で言うところの”Massacre”を意味します。
     これを否定するには、1938(昭和13)年2月20日公開、東宝映画、戦線後方記録映画『南京』を見せることで、皆殺し(南京大屠殺)の話を崩すことが出来ます。
     99年に来日したマイケル・ホンダと私は会った際に、このVHSビデオとL.S.C.スマイス報告書の原本を手渡し、彼はその後南京大虐殺について全く話さなくなりました。
     資料は完璧にそろっているので、あとはきちんと提示できるかどうか?に付きます。


  8. Prof. Dr. Kazunobu Oyama says:

    I strongly protest against the Bill 79 Nanjing Massacre Commemorative Day Act. Because Nanjing Massacre is never true. You can easily understand the Nanjing Massacre was not true if you read a report by International Committee in 1938.
    Nanjing city fell to Japanese army on 17th December 1937. The International Committee reported that chinese citizen’s registration in Nanjing from 24th Decrmber 1937 to 6th January 1938 was over 50,000 persons. After 9 months number of Nanjing citizen reached 308,546! This is a clear evidence for inexistence of the Massacre isn’t it?


  9. rekisi_no_siryou says:

    南京虐殺は、中国国民党の蒋介石がアメリカに参戦を促し、ともに日本軍と戦ってもらうための宣伝として創作したものです。極東裁判に南京事件が持ちだされた理由は、対中国国民党戦で日本軍が国際法規を順守していたので、戦勝国のアメリカが違法行為を犯したことになってしまう。すると何万人ものアメリカ国民をルーズベルト大統領が犬死にさせたことになる。それを避けるためにA級戦犯を創設して数人に罪を負わせ、戦争を終結させる。そして戦後の日本に様々な規制をかけ、特に歴史研究を制限することで第二次大戦の真実を明るみに出さないようにした(いわゆるGHQ史観)、ということです。

    中国国民党の蒋介石は、アメリカは「正義」や「人権」を尊重するので「日本軍は中国人を虐殺している」と訴えて、アメリカに助けてもらおうとしました。ジャーナリストたちは国民党に雇われたり、国民党から「一日二回の豪華な食事を提供されて」国民党側につき日本軍に不利な情報を流しました。特にイエール大学関係のアメリカ人のジャーナリストの中には中国における阿片利権を取りたいがため、日本を敵視していました(NYT, Lifeなど)。蒋介石の妻・宋美齢はアメリカで日本軍の「蛮行」について演説して、アメリカ人の「正義」や「人権」に訴えたりしました。こうしてアメリカを戦争に誘ったわけです。時間的な流れをみてみましょう。

    1.蒋介石の南京計画

    ソ連のスターリンは、ソ連の両側に日・独がいることを危惧した。
    「砕氷船のテーゼ」によって、日・独に敵対する勢力を作り消耗戦を計画する。(独には英仏、日本には中国国民党)
    西安事件(1936.12.12)では監禁した蔣介石をソ連のスターリンの命で釈放したといわれる。(注1)
    (注1) 西安事件は対日抗戦を望んだ張学良がからんでいます。当時の中国共産党には抗日できる近代兵器がなかったため(銃くらいしかない)、国民党を利用するしかありませんでした。中国共産党(国共合作で国民党に紛れ込んだ共産党員やその工作員に先導された中国人など)がその後、日本人を殺害する事件が(前後合わせ300件を越すといわれる)続きます。

    盧溝橋事件(1937.7.7)で中国の挑発(*)を受けても、当初は、日本陸軍も外務省も事件を拡大させるつもりはなかった。
    (*)中国共産党の工作員が日本軍と中国国民党を衝突させようとしました。

    日本国内では、朝日新聞が日中開戦を扇動します。朝日新聞にはゾルゲ事件での日本人スパイ・尾崎秀実記者がいました。尾崎秀実は、ゾルゲ(コミンテルンのスパイ)を通して日本の情報をドイツやコミンテルンに流したり、中国強行論を唱えて、コミンテルンの「日本と中国との戦争計画」を実行しようとしました。1937年4月から近衛文麿側近の主宰する昭和研究会に参加し、以後1941年10月15日に逮捕されるまで、近衛内閣の対中政策に影響を与える。

    通州事件(1937.7.29)がおきます。中国国民党に紛れ込んだ共産党員やその工作員に先導された中国人などによって、日本人が猟奇的な方法で(つまり、相手を起こらせるような方法で)殺害された事件です。
    日本軍部はかっとなって、中国国民党を攻撃しました。

    当時の蒋介石は抗日より抗共を優先したかったので、日本軍との衝突はまるく収めようとします。抗日の後には抗共(中国共産党との戦い)が控えている。そのため兵力温存が必要だからです。
    しかし、日本軍の攻撃によって抗日を優先しなければならなくなっていきます。

    中国国民党の軍事指導をしていたナチスドイツの軍事顧問団は、蒋介石に外国に助けてもらうように提言していました。
    そこで、蒋介石はアメリカを参戦させ、日本軍と戦わせようと計画します。
    (当初は英仏も対象国でしたが、独との対戦で蒋介石の願いは相手にされませんでした)

    アメリカでのロビー活動では、キリスト教徒の妻、宋美齢に日本軍の蛮行をネタにしてアメリカ参戦を促そうとします。宋美齢はアメリカで育ったので、アメリカ人のことをよく知っているし、友人が多かったからです。

    そこで、日本軍に南京を攻めさせ、その様子をジャーナリストや宣教師、宋美齢らによって扇情的な内容で、アメリカに報告させ、アメリカ世論を対日参戦に向かうように仕向けます。
    ナチスドイツは日独防共協定が成立するとジーメンス社に中国国民党への武器輸出を禁止します。そこで『ラーベ日記』を書いたジョン・ラーベ(ジーメンス社中国総社長・ナチ党南京支部副支部長)は、ドイツに戻るとヒトラーに日本軍の残虐行為を訴え中国国民党への武器輸出の再開を懇願しますが、聞き入れられませんでした。

    実際の戦闘での国民党軍は、日本軍を南京に誘導するために交戦しては(一斉)退却を繰り返し、途中、村落・都市を焼き尽くします(あとで日本軍の仕業にするためです。阿片利権を獲得したい米企業の意向を代弁してNYTやLifeの記者が日本軍の仕業にして、アメリカ国民に感情的に親中国を促し対日参戦を促します。実際多くの米国の大学が阿片貿易による多額の寄付によって設立されています)。中国から日本を駆逐できれば、阿片利権を獲得できると考えたためでした。

    南京では、市民を重慶(新首都)へ避難させ(出典1)、一部市民(貧乏人や周辺の農民)を城内の国際安全区に残し宣教師などに守らせ宣教師を目撃者にしようとします。国民党軍兵士の一部をトーチカに鎖で縛りつけたり、城門を閉ざして日本軍の攻撃目標にして自軍兵士を戦死させます。(出典2)。
    [出典1:南京脱出 集団移住 1937 ttps://www.youtube.com/watch?v=-UN3h1jFr7E]
    [出典2:なぜ、「南京事件」は捏造されたのか?ttps://www.youtube.com/watch?v=9jWIHnks7uo]
    1937年12月の当時、日本が南京入りをする前に、揚子江で大量の死体が見つかっていたり、市内に大量の一般市民の遺体があったということですが、これは、中国国民党軍が軍人を安全に退避させるために、船や列車のような交通手段を求めてくる一般市民を銃殺して、逃げ道を作り「どうせ日本軍が進駐してくるのだから、彼らの行った殺人にすればいい」と命令した指揮官はいったということです。

    国民党は兵士にまともな給料を支払わないため、遠征先では兵士自ら、食糧や必要物資、ときには性処理の相手を探さなければなりませんでした。国民党は兵士が農家や一般民衆の家に押し入って略奪・強姦するのを黙認していました。ただ万一のことを考えて、兵士は略奪先や強姦相手を虐殺していたようです。これらの様子を見ていたジャーナリストは「日本軍の仕業」として本国に送信していました。
    これがのちに国民党が中国人民に支持されず、中国共産党が支持される原因となっていきます。

    そして、南京が陥落し日本軍に占領されるとアメリカでロビー活動やジャーナリストらにより「日本軍による南京大虐殺」を訴えさせてアメリカの参戦を誘いました。
    その後も蒋介石は中国人を大量虐殺しては、日本軍の仕業であると宣伝を繰り返します。
    1938年6月 黄河決潰事件。中国国民党軍が日本軍の進撃を止める目的で起こした黄河の氾濫。犠牲者は数十万人に達するといわれる。
    1938年11月13日 長沙大火・文夕大火 、中国国民党軍が湖南省長沙市街を放火、2万〜3万人が死亡。
    つまり、南京事件は、蒋介石がアメリカを参戦させるための宣伝であったことがわかります。
    第二次上海事変(1937年)のときは、蒋介石も宋美齢もラジオ放送などを利用し英・仏にも助力を求めましたが、両国とも対独で忙しく国民党の相手をしません。そこでアメリカが頼りになっていったようです。蒋介石は丸く収めようとしましたが、共産党のスパイ・張治中 将軍が戦線を拡大しようとしました。

    ルーズベルト大統領の周辺には、多数の共産党のスパイが蠢き、政策に影響を与えていました。彼の一族にも対中貿易(広東での阿片・中国人苦役の取引)に成功して財をなしました。彼は対日参戦への口実を探していて、日本が国際法を破るチャンスを伺っていたといってもいいかもしれません。

    国民党軍は南京陥落後、数百回記者会見しますが、自らは虐殺には触れず、ジャーナリストらによって虐殺情報が出回るようにしました。「一切の宣伝の痕跡を消し去り、外国人を利用して各国での宣伝工作を推進する」(対外宣伝工作を取り仕切った董顕光)という方針に基づいていたからです。

    2.中国共産党による「南京虐殺」のプロパガンダ

    第二次大戦後、中国共産党の下で、文化大革命が起こり、南京を始め中国各地で中国人の虐殺、チベット人虐殺など少数民族虐殺が行われた。(注2)
    (注2)文化大革命で殺された人数は、ワシントンポスト1994年7月17日号によると8000万人以上(プリンストン大学研究結果)、
    フランスの「共産主義黒書(ステファン・クルトワ著)」(1997年出版)によると6500万人以上、
    ユン・チアン著「マオ」によると7000万人以上とされます。

    さらに中ソ関係悪化(1969年の中ソ国境紛争)などが原因で、いずれにしても中国共産党はアメリカと国交を回復したかった。
    しかし、アメリカは「人権」を尊重するので、中国人の虐殺、チベット人虐殺など少数民族虐殺が中国共産党には頭の痛い問題だった。

    1969年ごろから対米工作が開始されたようです。
    「1969年より米国政府は貿易や他の二国間にとって障害となる規制を中国の要望に応じて徐々に緩和した。」(wikipedia)
    1972年2月21日から2月28日にかけてニクソン大統領は中国を訪問し、第二次世界大戦後の米中冷戦時代の転機となることになる。
    そのため、文化大革命(1966年から1976年)での死体は、第二次大戦中、日本軍が行った虐殺にすることを計画します。それは文化大革命で中国各地で大量に虐殺された中国人の遺骨は、第二次大戦中の日本軍の仕業とすること。

    そこで当時、国交のなかった日本の朝日新聞の記者・本多勝一に、中国側の資料を提供して取材させ、「中国の旅」を書かせます。
    昭和46(1971)年8月から12月まで朝日新聞に連載。本多勝一は証拠資料の検証はしていないといっています。

    第二次天安門事件(1989年6月4日) – 民主化を求めるデモ隊と軍や警察との衝突。多数の死傷者を出しました。
    1997年にはアイリス・チャンに、中国側が証人を用意し『ザ・レイプ・オブ・南京』を書かせます。同署の[注]には、証言と書かれていますが、その検証はしていないのではないかと思われます。
    『ザ・レイプ・オブ・南京』を残酷にすることによって、第二次天安門事件の残酷さを隠しているのではないかと思います。


Leave a Reply to Takuma Terasawa Cancel reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>