カナダ・オンタリオ州が南京大虐殺記念日の制定審議中。抗議のメールをお願いします!

「カナダ・イスラエル友好協会からユネスコへの意見書と協会コメント」
SF慰安婦碑設置 2月6日に決定?抗議のメールを送ってください!

**************************************************************

“カナダ有志の会”よりお願い

中国系州議員やアルファという反日組織の工作により、カナダ・オンタリオ州の立法議会が南京大虐殺記念日の制定を審議中です。
同州は中国系人口が集中しており、成立する可能性が高いです。
今年は南京事件から80周年にあたることから、記念日が制定されれば「旧日本軍の残虐性」などをアピールする行事が開かれる可能性があります。

↓ Bill 79, Nanjing Massacre Commemorative Day ↓

SnapCrab_NoName_2017-2-2_7-50-52_No-00

そこでカナダから皆様にお願いです。
抗議のメールを、オンタリオ立法議会メンバーに送っていただけましたら幸いです。
今までのパターンから言えば、抗議の声が大きければ大きいほど阻止できる可能性は高くなります。(お手紙、お電話もありがたいです。)
逆に、いったん決まってしまったら、いくら騒いでも逆にこちらがレッテル張りをされるだけで、覆すことは不可能になるでしょう。
「今」だけがチャンスです!ご協力お願い申し上げます。

<参考ニュース>
産経 2017.2.2 【歴史戦】
加オンタリオ州議会が「南京大虐殺記念日」制定の法案 反対の署名活動も中国系多数で成立か
※記事にある「現地の日系文化会館が中心になって記念日制定に反対する署名活動を始めた。」についてはカナダ在住の方、是非署名にご協力お願いします。
署名についての詳細はこちら

**************************************************************
【手紙】 

宛名:Hon Kathleen O. Wynne(Ms.は不要。オンタリオ州首相)

宛先: Room 281, Main Legislative Building, Queen’s Park Toronto, Ontario, Canada M7A 1A1

**************************************************************
【メール】 

< 宛先 >※自動返信メールが届く場合があります
To:
オンタリオ州首相
kwynne.mpp@liberal.ola.org

オンタリオ立法議会メンバー
lalbanese.mpp@liberal.ola.org, ganderson.mpp.co@liberal.ola.org,
tarmstrong-qp@ndp.on.ca, ted.arnott@pc.ola.org,
bob.bailey@pc.ola.org, ybaker.mpp.co@liberal.ola.org,
cballard.mpp.co@liberal.ola.org, toby.barrett@pc.ola.org,
lberardinetti.mpp@liberal.ola.org, gbisson@ndp.on.ca,
jbradley.mpp@liberal.ola.org, patrick.brownco@pc.ola.org,
scmpp@ndp.on.ca, bchiarelli.mpp.co@liberal.ola.org,
steve.clark@pc.ola.org, lorne.coe@pc.ola.org,
mcolle.mpp@liberal.ola.org, mcoteau.mpp.co@liberal.ola.org,
gcrack.mpp@liberal.ola.org, ddamerla.mpp@liberal.ola.org,
bdelaney.mpp@liberal.ola.org, sdelduca.mpp.co@liberal.ola.org,
NDesRosiers.mpp@liberal.ola.org, vdhillon.mpp.co@liberal.ola.org,
jdickson.mpp@liberal.ola.org, dinovoc-qp@ndp.on.ca,
hdong.mpp.co@liberal.ola.org, bduguid.mpp@liberal.ola.org,
vic.fedeli@pc.ola.org, cfife-co@ndp.on.ca,
kflynn.mpp@liberal.ola.org, cforster-qp@ndp.on.ca,
Jfraser.mpp.co@liberal.ola.org, JFrench-QP@ndp.on.ca,
wgates-qp@ndp.on.ca, fgelinas-qp@ndp.on.ca,
mgravelle.mpp.co@liberal.ola.org, LGretzky-QP@ndp.on.ca,
ernie.hardeman@pc.ola.org, michael.harrisqp@pc.ola.org,
PHatfield-QP@ndp.on.ca, randy.hillier@pc.ola.org,
ahoggarth.mpp.co@liberal.ola.org, ahorwath-qp@ndp.on.ca,
ehoskins.mpp@liberal.ola.org, mhunter.mpp.co@liberal.ola.org,
hjaczek.mpp@liberal.ola.org, sylvia.jones@pc.ola.org,
skiwala.mpp.co@liberal.ola.org, mkwinter.mpp@liberal.ola.org,
mflalonde.mpp.co@liberal.ola.org, jleal.mpp@liberal.ola.org,
dlevac.mpp@liberal.ola.org, tmaccharles.mpp.co@liberal.ola.org,
jack.maclaren@pc.ola.org, lisa.macleod@pc.ola.org,
hmalhi.mpp.co@liberal.ola.org, amangat.mpp.co@liberal.ola.org,
mmantha-co@ndp.on.ca, cmartins.mpp.co@liberal.ola.org,
gila.martow@pc.ola.org, dmatthews.mpp@liberal.ola.org,
bmauro.mpp.co@liberal.ola.org, jim.mcdonellco@pc.ola.org,
kmcgarry.mpp.co@liberal.ola.org, emcmahon.mpp.co@liberal.ola.org,
tmcmeekin.mpp@liberal.ola.org, monte.mcnaughton@pc.ola.org,
Pmilczyn.mpp.co@liberal.ola.org, norm.miller@pc.ola.org,
pmiller-qp@ndp.on.ca, rmoridi.mpp@liberal.ola.org,
julia.munroco@pc.ola.org, gmurray.mpp@liberal.ola.org,
inaidoo-harris.mpp.co@liberal.ola.org, ynaqvi.mpp@liberal.ola.org,
tnatyshak-qp@ndp.on.ca, rick.nicholls@pc.ola.org,
sam.oosterhoff@pc.ola.org, randy.pettapiece@pc.ola.org,
apotts.mpp.co@liberal.ola.org, sqaadri.mpp@liberal.ola.org,
lrinaldi.mpp.co@liberal.ola.org, lsandals.mpp@liberal.ola.org,
Psattler-qp@ndp.on.ca, laurie.scott@pc.ola.org,
msergio.mpp@liberal.ola.org, jsingh-qp@ndp.on.ca,
todd.smith@pc.ola.org, csousa.mpp@liberal.ola.org,
tabunsp-qp@ndp.on.ca, htakhar.mpp@liberal.ola.org,
mtaylor-qp@ndp.on.ca, gthibeault.mpp.co@liberal.ola.org,
jvanthof.kl-co@ndp.on.ca, dvernile.mpp.co@liberal.ola.org,
bill.walker@pc.ola.org, jim.wilson@pc.ola.org,
kwynne.mpp@liberal.ola.org, john.yakabuski@pc.ola.org,
jeff.yurek@pc.ola.org, dzimmer.mpp@liberal.ola.org
< メール件名 例 >
1) No “Bill 79 Nanjing Massacre Commemorative Day Act.” in Ontario !!
2) I am against the “Bill 79 Nanjing Massacre Commemorative Day Act.” in Ontario
3) I protest against the “Bill 79 Nanjing Massacre Commemorative Day Act.” in Ontario
4) A letter from Japan about “Bill 79 Nanjing Massacre Commemorative Day Act” in Ontario
5) My opinion about “Bill 79 Nanjing Massacre Commemorative Day Act” in Ontario
6) I wish to register my strong opposition to the Bill 79 Nanjing Massacre Commemorative Day Act.

 

< メール文例 >
短く簡単で構いませんのでご自分の言葉でメッセージを書いて下さい。以下は参考文例です。

[例 1]
Dear MPP,
I strongly protest against the Bill 79 Nanjing Massacre Commemorative Day Act.
It will create conflict between Chinese background citizens and Japanese background citizens in Ontario.
It is not good in your multicultural society.
Sincerely,
差出人名前 住所
例Hanako Yamada
Tokyo, JAPAN

(要約)南京大虐殺記念日の制定に強く反対します。オンタリオ州内の中国系と日本系の民族対立を生みます。

 

[例 2]
Dear MPP,
I am against the Bill 79 Nanjing Massacre Commemorative Day Act.
Bill 79 is in conflict with the provincial government’s principle of promoting an inclusive, accepting society. It will promote hostility towards the Japanese Canadian community by the larger society, including increasing tensions between Asian Canadians. The Bill, rather than promoting inclusion, will promote intolerance.
Sincerely,
差出人名前 住所
例Hanako Yamada
Tokyo, JAPAN

(要約)南京大虐殺記念日の制定に反対します。多文化を包括する貴政府の原則と真逆です。

 

[例 3]
Dear MPP,
I wish to register my strong opposition to the Bill 79 Nanjing Massacre Commemorative Day Act.
The issue deals with matters between foreign governments and has nothing to do with the domestic issues of the province.
Sincerely,
差出人名前 住所
例Hanako Yamada
Tokyo, JAPAN

(要約)反対します。外国政府間のことは貴州と関係がありません。

 

[例 4]
Dear MPP,
I protest the Bill 79 Nanjing Massacre Commemorative Day Act.
Bill 79 will open the floodgates for others seeking a platform for incidents that occurred outside of this country.
Sincerely,
差出人名前 住所
例Hanako Yamada
Tokyo, JAPAN

(要約)反対します。これを制定すれば、諸外国での出来事を貴州に抗議するようになるでしょう。

 

[例 5]
Dear MPP,
I strongly protest against the Bill 79 Nanjing Massacre Commemorative Day Act.
Is it okay for the Ontario government to be secretly influenced and misled by Chinese political maneuvering in your multicultural society?
I am afraid this bill will become a trigger to create racial conflicts in your country.
Sincerely,
差出人名前 住所
例Hanako Yamada
Tokyo, JAPAN

(要約)反対します。移民の国カナダで、中国側の工作に貴州政府が応じていいのですか?
移民の数が多いほど貴国に影響を及ぼせますし、民族間の対立を生みます。

**************************************************************

<参考資料>

◆ 南京戦直後の証拠資料まとめサイト
南京での「死亡者数2400人」など、南京戦直後の重要な記録(映像・報告書・新聞記事)を3点選んで掲載しました。

[英語版] Do you know a Documentary movie and these documets after Battle of Nanking?
http://nadesiko-action.org/?page_id=9266

[日本語版] あなたは南京戦後の記録を知っていますか?
http://nadesiko-action.org/?page_id=11208

*資料は南京問題に精通しておられる松尾一郎先生に提供・アドバイスいただきました。

◆ 南京事件時に記録された戦線後方記録映画
THe documentary film taken after Battle of Naking, 14 Dec,1937 – Jan 1938.

◆ L.S.C.スマイス報告書(原本)
WAR DAMAGE IN THE NANKING AREA
December, 1937 to March, 1938
Urban and Rural Surveys by Dr. Lewis S.C. Smythe
http://www.history.gr.jp/nanking/LSCSmythe.pdf

◆ Chiago Daily News (Jan 4, 1938)
Chinese Deserters Found with Refugees in U.S. Nanking Camp
http://www.history.gr.jp/nanking/CDN4Jan1938.pdf

◆ 南京大虐殺はウソだ!  http://www.history.gr.jp/nanking/

◆ 史実を世界に発信する会 掲載文献リスト: 南京事件関連
http://hassin.org/01/category/literature/znankingincident/page/3

http://hassin.org/01/category/literature/znankingincident/page/2

http://hassin.org/01/category/literature/znankingincident

◆リアル南京市民の証言!「虐殺なんて見たことも聞いたこともない」

 

48 thoughts on “カナダ・オンタリオ州が南京大虐殺記念日の制定審議中。抗議のメールをお願いします!

  1. rekisi_no_siryou says:

    汪兆銘政権では蒋介石と和平交渉を続けていました。和平成立後、蒋介石を主席として迎える余地を残すために汪兆銘を主席ではなく主席代理としています。日本は11月30日に「日華基本条約」を調印し汪兆銘政権を中華民国の正式政府として承認しました。11月末までに対重慶和平工作が成功しない場合は承認することとしていたためでした。

    日本の和平工作は松岡と浙江財閥の巨頭銭永銘(せんえいめい)を通じて行われました。浙江財閥の代表的な存在である宋子文の三人の姉妹のうち、三番目の宋美齢は蔣介石の夫人であったためであろうとおもわれます。(一番上は財閥の孔祥煕の妻、二番目の宋慶齢は孫文の夫人)。このとき宋美齢は蒋介石とルーズヴェルトの関係が発展しているのを知っていたわけです。

    ルーズベルト大統領は1937年10月5日、隔離演説(隔離声明、防疫演説)をシカゴで行い、翌1938年10月6日には国務省声明を発表し、中華民国における日本の行為を、九カ国条約とパリ不戦条約違反だとみなし、日本を明確に名指し避難しました。
    隔離演説はニューヨーク・タイムズやコロンビア大学学長のニコラス・バトラーから賞賛されますが、隔離演説で予想を上回る反発が世論に起きました。

    このころからルーズベルト大統領の対日強硬策が目立ちます。ニューヨークタイムズ記者のアーサー・クロックは「隔離声明以来、ルーズベルト大統領は、日本の敵意を煽り、枢軸側へ追いやるために、あらゆる手段を駆使した」としている(wikipedia)

    「ルーズベルトは、1937年の盧溝橋事件勃発後の日中戦争にあたり、大量の軍事物資を援蒋ルートを通じて蒋介石率いる国民党政権に送り続けた。1939年7月には日本の中国侵略に抗議するとして日米通商航海条約の廃棄を通告した。通告6か月後の1940年(昭和15年)1月26日に同条約は失効し、日米関係は無条約時代に入った。」(wikipedia)


  2. rekisi_no_siryou says:

    1949年、共産党が南京ブルジョワジーを虐殺

    汪兆銘政府が日本の敗戦で解体され、1946年に蒋介石の国民党政府が再来すると、「対日協力者」の名目で南京市民の虐殺、食糧・資産の略奪、婦女子の強姦が行われた。この間、アメリカは仲介者として、蒋介石・国民党と毛沢東・共産党の統一中国建国を図っている。

    仲介は失敗し、1949年、共産党が南京の国民党を蹴散らし統治する。共産党は「自分たちは農民」という理由で、南京のブルジョワジー市民を虐殺、食糧・資産の略奪、婦女子の強姦を行う。犠牲者は10万から15万人といわれる。アメリカのジャーナリストは仲介者の国のジャーナリズムとして、この様子を見分できたはずです。

    1949年の共産党による南京虐殺の外国人記者による記事や映像がアメリカなどで見つかれば、1937年の南京虐殺否定の決定的証拠の一つとなるでしょう。


  3. rekisi_no_siryou says:

    日本を植民地にしないために

    日本の中国や東南アジアでも目的は、資源の確保である。そのため利権の確保を求めたが、中国を支配する気はなかった、といえるだろう。
    当時の日本は、ソ連や西欧諸国の包囲され、このままでは彼らの植民地になる危険にさらされていた。植民地の惨状は日本人も実際に見ている。朝鮮併合もソ連の侵略を防ぐためである。

    日本が植民地に陥るのを防いでいたのが、日本の持つ軍事力であり近代兵器である。これがあったので、ソ連や西欧諸国に対抗することができ、他のアジア諸国や中国のように植民地にならなかった。しかし、日本には、近代兵器に必要な鉄も、近代兵器を動かす石油もなかった。そのほかの資源もなかった。そのため、それらの資源をアジア諸国や中国に求めることになった。あるいは、アメリカなど外国との貿易で入手していた。

    アメリカは、1937年以降、暫時日本の隔離政策をすすめ、日本が鉄や石油、その他の資源を入手できないようにしていった。急速に日本の植民地化の危険性が増大した。備蓄された資源もあったので、このままでは約7年後には、資源の備蓄が枯渇してしまうだろうと予測された。

    蒋介石支援のために中国に派遣された米国義勇軍(実は米国政府主導)のフライングタイガースは、

    1941年2月頃から、日本本土爆撃を計画していた。これは日本政府も傍受して知っていた。この状況で、日米間の交渉が進められていた。
    日本は、この間、米国爆撃を計画した。

    (参考)
    ダグラス・マッカーサーが、1951年5月、アメリカ上院の軍事外交合同委員会で行った発言

    “There is practically nothing indigenous to Japan except the silkworm. They lack cotton, they lack wool, they lack petroleum products, they lack tin, they lack rubber, they lack great many other things, all of which was in the Asiatic basin.
    They feared that if those supplies were cut off, there would be 10 to 12 million people unoccupied in Japan. Their purpose, therefore in going to war was karagely dictated by security.”

    和訳:
    「日本は絹産業以外には、固有の天然資源はほとんど何もないのです。彼らは綿が無い、羊毛が無い、石油の産出が無い。錫(すず)が無い、ゴムが無い。それら一切のものがアジアの海域には存在していたのです。もし、これらの原料の供給を断ち切られたら、1000万から1200万の失業者が発生するであろうことを日本人は恐れていた。したがって、彼らは戦争に飛び込んでいった動機は、大部分が安全保障の必要に迫られてのことだったのです」

    アメリカ人である彼にはアメリカ上院でまさか「安全保障」が「西欧人による日本の植民地化」とか「1000万から1200万の失業者」が「植民地化によって隷属されることになった人々(奴隷)」とはいえない。そこで「安全保障の必要=日本が植民地化されるのを防ぐ、と読み代れば、彼の真意がわかるでしょう。

    極東裁判における中国に関する日本側(東条英機)の主張の一番重要な部分は「共産主義の脅威」です。
    「満州を守らなければソ連(現・ロシア)の強い影響を受け満州が赤化(共産主義化)する。それから支那も赤化する。
    満州事変であろうが、支那事変であろうが、その背後にはコミンテルン(が働いていた」

    安全保障上の必要とは、もっと限定すると「ソ連侵略の脅威」といえるかもしれません。

    もう一度、汪兆銘政権について

    1937年の南京事変のあと、蒋介石は重慶に逃れ、対米プロパガンダが成功して、アメリカの支援を受ける。
    蒋介石は「日本は皮膚病、共産党は心臓の病」というほど、共産党を憎んでいた。しかしアメリカの支援は彼を浮き立たせ、対日抗戦に傾注するようになった。これに反意したのが汪兆銘である。彼は抗共に注力したかった。

    そこで日本と連絡をとり、1940年3月に汪兆銘・南京政府を成立させる。日本の中国での利権を認めるなど、中国側にとっては満足できるものとは言えなかったが、とにかく中国内で平和な南京市ができ、1945年の日本の敗戦まで続くことになった。中国での利権問題は将来、平和的に解決できたかもしれない。

    1946年1月に蒋介石国民党と毛沢東共産党の調停が成立した。しかし2か月後には再度内戦となった。1948年11月に、中国の内戦が激化はしたため、宋美齢がトルーマン大統領にアメリカの支援を要請した時、大統領が明確に断った。それが蒋介石の運命の最後を決定した。

    中国共産党は、日本の敗戦ときソ連が日本から奪った日本軍の兵器を譲渡してもらった。この武器で共産党が国民党を攻撃した。蒋介石・国民党は共産党に押され、1949年、蒋介石は辞任し、後を後任に託し台湾に逃避することになる。一番の主を亡くした南京市はやすやす共産党の侵略を許し、国民党は交戦せずに退却する。南京市民には共産党の恐怖が待っていた。

    ソ連が満州国から奪った工場施設やその他のインフラ設備などは、共産・ソ連の興隆に役立った。満州国の工場設備などは、当時の日本の最新技術の集成であったからだ。

    人間性の改造

    1949年の共産党政権による中国統一により、商人・官吏だけでなく、教師。宣教師も含め、諸外国は一斉に中国から退散することになった。

    統一とともに共産党は大きく変貌する。中国には、共産党を支持する農民だけでなく、旧体制の官僚制度・経済制度・社会制度・家族制度・宗教などが残っていたからだ。共産党は支持母体である農民が旧制度に代わって社会を支配するよう社会改革を始めた。農民は、自分たちの生活をよくするには、持ってる者(市民や資産家)から物を奪うことしか知らなかった。農民の欲望は正当だった。資産家の婦女子を強姦することは、農民にとって正当な階級闘争の実践行為だった。

    農民が資産家から物品を略奪・強奪しようとして、あるいは資産家の婦女子を強姦しようとして、資産家が農民の残虐な行為(以前なら反社会的な行為=犯罪)に抵抗すると、農民の正当な行為として資産家を虐殺した。共産党は農民による虐殺を正当な階級闘争として支援し、資産家の虐殺を指導した。虐殺指導は幼子にも及んだ。幼子たちを公開処刑に参加させ、人民の敵の斬首中に中国共産党の歌を合唱させた。斬首の様子を繰り返し見せることで、幼子たちには人の死が日常の光景になっていった。

    幼いうちに斬首が日常になると、成長しても残虐な死を恐れないようになる。こうしてゲリラの教育が行われた。

    いまや共産党は専制君主となり、共産党による農民の締め付けも始まった。共産党に従わない農民は公開処刑で見せしめとして殺害された。共産党により統一された中国には、農民と一緒タバコを育てた毛沢東も、キャベツを育てた朱徳もいない。毛沢東は、歴史上の偉大な君主、始皇帝のように、中国の専制君主となった。毛の意に反したものは「人民の敵」として処刑された。

    日本の蒋介石・和平工作が成功していれば、彼は南京市を国府として、日本軍と協力して中国を支配できたであろう。そうしていれば、現在の共産党・中国はなかった、と想像できる。

    「アメリカが過去100年に太平洋で犯した最大の政治的過ちは、共産主義者が支那において勢力を増大して行くのを黙過してしまったことである」(ダグラス・マッカーサー)

    「アメリカは日本の勢力を支那大陸、満州、朝鮮から駆逐したことで自分たちの目標を達成したかに見える。しかしその結果アメリカは過去半世紀にこの地域で日本が直面し、対処してきた問題と責任を日本に代わって引き受けなくてはならなくなっただけだ」(アメリカ外交官ジョージ・ケナン)


  4. masao,komatsu says:

    歴史の事実を無視してはならない。当時の南京の人口は20万人であった。どうやって30万人を殺せるのか、例え千人でも殺せば必ず証拠が残っているはず。中国や韓国は嘘で固めて日本を貶めようとしている。彼等は何でも良いからアジアのホロコーストにしたいだけだ。騙されないで下さい世界の良識ある方々よ。


  5. rekisi_no_siryou says:

    戦時プロパガンダと南京事件

    以下のいずれかの映像で米国の対日戦の姿勢を見ることができます。

    バトル・オブ・チャイナ(日本語版 ”The Battle of China” 1944
    ttps://www.youtube.com/watch?v=PtFJW-Vnfxw
    The Battle of China 1944 World War 2 full length documentary
    ttps://www.youtube.com/watch?v=lQsIZSaEQvE

    アメリカが対日戦の戦費を米国民に公募するためのプロパガンダ映像です。
    ストーリーは、1927年、第二次南京事件の時に流布されたとされる「田中上奏文」を正当化するように作られています。田中上奏文は今ではコミンテルンの偽造文書であるとわかっています。ですから内容を全部信用するわけにはいきません。
    その日本語版27分から「南京虐殺の様子」があります。「被害者は男女合わせて4万人」となっています。ただこの虐殺の映像は、他のもろもろの映像の張り合わせのようで、例えば座らされている2人が銃殺される(右側から銃だけが見える)は国民党兵士が共産党員を銃殺される様子であることは明らかになっています(画質が劣化する映像。銃をもっている兵士が撃つ様子の、もっと鮮明な映像がある)
    つまり1944年に米国は南京攻防戦の中国側の被害を4万人といって、日本人は残虐だと宣伝して戦費を募集していたことがわかります。

    極東軍事裁判と南京事件の関係

    極東国際軍事裁判 (The International Military Tribunal for the Far East, 1946-1948)
    連合国が「戦争犯罪人」として指定した日本の指導者などを裁いた一審制の裁判です。
    ここで1937年に南京で日本軍による20万人以上の虐殺があった、との判決があります。
    大虐殺の実行者は、谷 寿夫中将 (第6師団師団長 )で
    「中華門外花神廟・宝塔橋・石観音・下関・草鞋峡等において集団射殺された軍民 19万人余
     零星屠殺、その死体が慈善団体によって埋葬されたもの 15万人余。
     被害者総数は30万人以上に達する。死体が大地をおおいつくし、悲惨きわまりないものであった。」

    被害者に関しては、バトル・オブ・チャイナ(1944)とは、わずか2年の間にひどい差があります。
    実は、虐殺された人数は本当のことはわからないのです。この裁判は、日中戦争の首謀者を「考えだし、なるべく早く極東裁判を終わらせたかった」のが実情ではないか、と思える理由があるのです。

    フライング・タイガースは「違法行為」だった

    アメリカのルーズヴェルト大統領は、米国が作戦立案しパイロットも資金も準備して対日米国空軍といってもいい「フライング・タイガース」を日中戦に参戦させました。しかしフライング・タイガースはアメリカの法律では違法だった(「外国のために飛ぶことは違反だった」。出典 日米開戦のウラ)
    さらにフライング・タイガースの存在も、米国民に知らせなかった。
    (出典)日米開戦のウラ 1/2 20/20 米ABC 1991年12月06日 ttps://www.youtube.com/watch?v=OhJgDXtP31E
        日米開戦のウラ 2/2 20/20 米ABC 1991年12月06日 ttps://www.youtube.com/watch?v=5BPb-ikUnoM

    公判でこの事実が明るみに出されたらどうなるでしょう。たぶん裁判は長期化します。長期化とともに、
    ①米国の日本本土爆撃計画の有無とその計画の時期(日本の真珠湾攻撃の前か後か)
    ②日本の中国での交戦の正当性(国民党が先に戦闘を始めたか、挑発行為をしたか、一般の日本人を虐殺したか)
    などなど。そして、
    ③アメリカの中国での阿片貿易の実態
    ④ルーズヴェルト大統領の一族には対中の阿片貿易で富を得たものがいるが、ルーズヴェルト自身は阿片貿易に関与していたか

    こういったことが、公判が長引くにつれて明らかになっていく恐れがあったのです。
    ですから、とにかく南京攻防戦に関係したと思われるものを「首謀者として作りだし、処罰して、裁判を早期に終了したかった」と推定できるわけです。

    米国在住の人はもっと詳しくこの件に関して調べることができるでしょう。

    GHQ史観と戦前否定

    GHQ史観は、戦前の日本を完全に否定して、研究させないことを原則としているようです。
    つまり、極東裁判で隠されたことを研究しないように誘導しているようです。


  6. rekisi_no_siryou says:

    東京裁判と公判維持

    東京裁判では1937年12月におきたとされる南京事件は公判に付されたが、およそ1年後の1938年12月から始まった日本軍の重慶への爆撃は公判に付されなかった。

    南京事件に関する公判の特徴は、原告には事実の認定ができない(あるいは、できにくい)ことである。
    例えば1946年2月からの南京軍事法廷(蒋介石・中国国民党政府によって開かれた戦犯裁判)のときは、原告の谷寿夫 は第6師団長は「いはゆる南京事件を知ったのは終戦後の新聞紙上であり、驚愕せり。該戦闘に参加せし被告さへ初めてこれを聞けるなり」と証言している。また1946年5月3日からの東京裁判では松井石根中支那方面軍司令官は「(大虐殺は)公的な報告を受けたことがなく、終戦後米軍の放送で初めて知った」と証言している。

    ここで重要なのは「首謀者を作り出す」ことであって「首謀者を特定する」ことではない。理由は簡単だ。誰でもいいから首謀者を処刑すれば裁判は終結するからだ。首謀者を特定するには、証拠集めや事実認定、その他もろもろの作業があって、長い期間かかる。その間に原告にとって不利な事実が明らかにならないともかぎらない。そうなるともう公判維持はできない。
    一方、誰でもいいから首謀者を作り出すなら、「その人を有罪と決めつけ処刑」すればいい。証拠集めも事実認定も必要ないから時間はかからない。その場合、実際にはまったく関係ない人を首謀者とはできないが、適当に関係していればよい。人の選定に大切なことは、その「首謀者には反論・反証できない人」、わかりやすくいえぱ、罪状を聞かされて「初めて知った」ような人を選ぶことである。その人は初めてのことで気が動転し、事実の認定さえできないものに理路整然とした正確な反論反証を思いつかない。だから有罪にしやすい。
    おそらく南京事件の首謀者はこうして選ばれたと思われる。

    重慶無差別爆撃で公判維持は無理

    日本軍による重慶爆撃は1938年12月4日より開始され、死者1万1000名余を数えるという。
    蒋介石・国民党軍は南京陥落後、300回ほど記者会見し日本を非難するのに、なぜ東京裁判では1万人以上が犠牲になった日本軍の重慶爆撃を持ち出さなかったのだろうか。
    東京裁判に蒋介石・国民党軍は、梅 汝璈(ばい じょこう)を代表判事として派遣している。梅は反日主義者としても知られている法学者である。こういう人物が1万人以上が犠牲になった日本軍の重慶爆撃を公判に付さないはずぱないだろうと思われるが、蒋介石・国民党も梅も、重慶爆撃を問題にしていない。

    争点は「無差別爆撃」か否かである。

    無差別爆撃は、軍隊・兵器工場などの軍事目標と、一般市民や民間施設を区別せずに行う爆撃のこと。つまり重慶など都市部への爆撃は、それが軍事施設であれば正当な軍事行為であると認められるということ。またこの場合、爆撃を受けた側(重慶爆撃の場合、蒋介石・国民党側)は住民に対し避難命令や避難措置を講じなければならない。

    前記のバトル・オブ・チャイナでは、30分20秒から「蒋介石の対日戦略」、36分30秒から「重慶爆撃」、40分から「重慶の地下軍事工場は昼夜稼働」していたという映像がある。日本が夜間爆撃したのは、日本が蒋介石の地下軍事工場の情報を傍受・確認して爆撃したといえる。夜間の爆撃は、軍事工場の稼働中の明かりを確認し、工場破壊が目的だろうと推定される。つまり日本軍の重慶爆撃は軍事目標に対する爆撃なので、公判にはかけられない。だから東京裁判での争点にはならない。裁判の争点にして「重慶市街地の地下に軍事工場があったからだ」などと証言されたら公判維持は無理である。それでも無理に争点にしようものなら、アメリカ軍による原爆投下や東京大空襲などの日本への空襲が東京裁判の争点になるおそれが出てくる。

    日本軍の重慶爆撃の補償と称して、日本に賠償請求する中華人民共和国人がいますが、賠償金を請求する相手は、重慶市街地の地下に軍需工場を建設して軍事目標にした台湾・国民党に請求すべきでしょう。


  7. rekisi_no_siryou says:

    重慶爆撃訴訟の問題点

    重慶爆撃の研究は、1987年に前田哲夫が『朝日ジャーナル』誌に発表した連載でその後『戦略爆撃の思想』として単行本化された。

    重慶の地下軍需工場のことを前田哲夫は知っているかどうかが、彼の日本軍・重慶爆撃論の第一の問題点である。地下軍需工場のことを彼は知っていた。
    2004年3月14日、亀戸文化センターで行われた「ノーモア南京の会公開学習会」で前田哲夫は『広島の前のヒロシマ 重慶爆撃の問うもの』の演題で語っている。
    「1941年には『102号作戦』というのが行われました。これを中国の人たちは『疲労爆撃』と言っています。疲れてしまった。その時までに、中国の人たちはかなり本格的な防空洞、防空壕ではなくて、われわれは土を掘った防空壕ですが、中国の人たちは壕でなくて洞、砂岩ですと割りと加工しやすい、砂岩でできた岩盤をくり貫いて地下工場まで作るほど徹底した地下要塞化していくわけですね。」

    前田哲夫は東京裁判で日本軍を重慶爆撃の件で起訴しなかったことを知っているのだろうか、と疑問がわくのは当然だろう。これが第ニの問題点である。
    蒋介石・国民党軍は、南京陥落後、300回に及ぶ記者会見し日本を糾弾している。それでも東京裁判では、反日の法学者梅 汝璈(ばい じょこう)を代表判事として派遣していながら日本軍の重慶爆撃を問題にしなかった。そして重慶爆撃は起訴されないまま裁判は終了する。前田哲夫は東京裁判の結果に満足せず、日本を糾弾すべきだと主張しているのである。

    前田哲夫は自身の「戦略爆撃」に対する考えを前述の「ノーモア南京の会公開学習会」で “戦略爆撃―都市爆撃―皆殺しの思想” と簡略化して話している。
    この場合、「都市爆撃」は重慶市の爆撃のこと、「皆殺しの思想」は戦争によって、軍人・兵士だけでなく一般市民も兵士と同様に殺害の対象になること、だろうと思われる。ところが「戦略爆撃」は独自の考えである。

    空軍力だけなら「戦略爆撃」
    陸軍力と空軍力なら「戦略爆撃ではない」

    戦略爆撃(strategic bombing)とは何かをまず理解しなければ、彼のいう “戦略爆撃―都市爆撃―皆殺しの思想” の考えを理解できない。
    ・戦略爆撃(strategic bombing)とは「敵国の生産施設,交通,一般市民などに対して大量爆撃を加え,戦力と国民の戦意を破砕して屈服をはかること。戦術爆撃に対するもの」。
    ・同様に「戦術爆撃」とは「軍事目標に対して行う爆撃。戦場またはその周辺に目標が限定される。」(ブリタニカ国際大百科事典)とある。

    これは兵器技術の高度化がもたらしたる。世界大百科事典の記述によると、
    ・戦術爆撃は「…爆撃機は敵の第一線はもちろん,指揮中枢,集中部隊,後方補給路も直接攻撃できた。このような目標の攻撃を戦術爆撃という。17年(1917年)になると,航続距離800km,搭載量1tにも及ぶ大型の爆撃機が出現した。…」
    ・戦略爆撃は「…この爆撃機は第一線はるか後方の敵補給拠点,軍需工業施設あるいは敵の戦意を破砕するため主要都市を攻撃することができた。このような目標の攻撃を戦(政)略爆撃という。第1次世界大戦末期にはロンドン,パリ,ベルリン等の大都市が戦略爆撃をうけ,大きな被害を出した。…」

    つまり兵器の高度化により、当面交戦する軍隊だけでなく、軍隊を出兵する都市も空爆できるようになった。これが戦略爆撃である。戦略爆撃が都市を攻撃するため、軍隊・兵士だけでなく一派市民・民間人も区別なく爆撃により直接的被害を受ける。このことから「無差別爆撃」の考えが生まれた。
    ただ都市に駐屯する軍隊・兵士への攻撃に対し、間接的に一般市民・民間人にも被害が及ぶ場合がある。この場合は「無差別爆撃」とはいわない。無差別爆撃は非人道的な行為であるとして、国際法上では違法とされる。
    そこで、無差別爆撃にしないために、都市を攻撃する側は爆撃による破壊対象を軍関係に限定しなければならないし、攻撃される側も、都市内の施設を軍施設と民間施設に分けなければならない、となる。
    蒋介石・国民党は重慶の都市の地下に軍需工場を建設した。

    前田哲男はノーモア南京の会公開学習会で、戦術爆撃と戦略爆撃の違いをつぎのように説明する。
    「南京攻略戦争のなかには、前段としては8月15日に始まる空からの爆撃があります。しかし、それは福田さん(福田昭典 ノーモア南京の会)が言われた「戦略爆撃」という概念とは少し違います。「戦略爆撃」というのは、後で言いますが、空軍力のみを持って敵の攻撃・戦争意図を破壊するという戦法です。ですから、南京は「戦略爆撃」ではありません。陸軍の作戦に協働した陸軍の侵攻作戦を支援する空からの攻撃です。歩兵を前進させるための空からの支援です。しかし、結果として空から無差別の爆撃が行われるわけですから、それで死んでいく人、破壊されていく町、人々にとっては戦術爆撃か戦略爆撃かその違いの意味はないわけで、ペストかコレラかの違いでしかないでしょう。
     いずれにせよ南京から始まりました。世界史的にみれば、同じく4月にナチ・ドイツがスペインの内戦のなかでフランコ軍を支援して、共和政府の側の都市であったバスク地方のゲルニカを無差別爆撃する。これも厳密に言うと、3日後に占領する歩兵の進撃を支援するためですから、後に出てくる重慶爆撃とは違います。重慶には日本の陸軍は一日たりとも一兵たりとも近づきませんでしたし、近づけませんでした。近づけないからこそ、空から皆殺しするという、そこに「戦略爆撃」という新たな20世紀戦争の思想が生まれてくる。」

    前田哲男はさらに戦略爆撃の特徴をこう説明する。
    「『戦略爆撃』という名前をつけたのはアメリカです。日本は『地域爆撃』という名称を使っていました。イギリスも「地域爆撃」という名称を使っています。ドイツは『恐怖爆撃』・『テロル爆撃』という名称を用いていました。名称は違いますが、アメリカが一番第二次大戦で勝ったので、『戦略爆撃』という名前が通用していますが、必ずしもそれだけではない。日本軍は『地域爆撃』とか、『要地爆撃』とか『要地攻撃』という名称を軍の命令書のなかでは使っています。第一の特徴は、都市そのものを攻撃対象にするということ、無差別性です。二番目に空軍力のみを用いるということです。陸軍が進んで行くその前をたたくというのではなしに、空軍力のみをもって相手を落す。三番目に敵の戦意を、戦争継続意欲を破壊するわけですから、焼痍兵器が重視される、火事を起し民家を焼き払う。この三つ、“都市そのもの”、“空軍力のみ”、“戦意喪失のための焼夷兵器が主力になる”というのが戦略爆撃の特質です。」

    一般に「地域爆撃」「恐怖爆撃」「無差別爆撃」とは「戦略爆撃」のうちの「都市爆撃」のことである。
    「戦略爆撃」は、兵器の高度化によって、戦場から離れた敵国領土や占領地を攻撃できるようになったが、これは「都市爆撃」(敵国民の士気喪失を目的に住宅地や商業地を目標にした爆撃)と「精密爆撃」(少数の爆弾で必要十分なだけ破壊したほうが効率的という理由で工場や港・油田などの施設を目標にした爆撃)に分けられる。ただ精密爆撃は、高度な技術が必要なため、第二次世界大戦時のアメリカも十分な成果が得られず、絨毯爆撃に切り替えた(東京大空襲など)、という経緯がある。前田哲男の説明では戦略爆撃の「都市爆撃」が取り上げられていて、「精密爆撃」は無視されている。
    (※)なお、福田昭典は「戦略爆撃」を「日本軍全体の構造のなかでいうと、全然戦略性はない」こと、「日本の軍隊というのは全く先の見えない、その場限りの、ある意味では戦略性のない戦争をやっている」といっている。福田昭典は「戦略爆撃」の意味を理解していないように思える。

    重慶爆撃への批判は「空軍だけの爆撃=戦略爆撃」ということなのか

    前掲の「戦術爆撃と戦略爆撃の違い」の前田哲男の説明を要約すると、空軍だけによる空爆が「戦略爆撃=悪」であるとわかる。
    彼にとって無差別爆撃(=悪)であるか否かはあまり問題ではないようだ。前田哲夫の重慶爆撃批判に関する第三の問題点である。
    ・1937年4月26日、ドイツ空軍がスペイン・バスク地方のゲルニカ爆撃
     「戦略爆撃」ではない  理由:3日後に占領する歩兵の進撃を支援するため(の空爆)
      無差別爆撃であるか否か   :無差別爆撃
    ・1937年8月15日、南京渡洋爆撃(第二次上海事変のとき南京の明故旧飛行場と大校場飛行場を爆撃)
     「戦略爆撃」ではない  理由:「(海軍による空爆だが)爆撃に支えられて歩兵が南京を襲撃し、攻撃し、攻略し虐殺(南京虐殺)が行われた」
      無差別爆撃であるか否か   :「(南京攻略戦と合わせて)結果として空から無差別の爆撃が行われた」
    ・1937年の南京攻略戦
     「戦略爆撃」ではない  理由:日本陸軍の侵攻作戦を支援する空からの攻撃
      無差別爆撃であるか否か   :「(南京渡洋爆撃と合わせて)結果として空から無差別の爆撃が行われた」
    ・1938年の重慶爆撃
     「戦略爆撃」である   理由:「空軍力のみをもって敵を降伏させる」という戦争史上初めての作戦(これが戦略爆撃ということである)
      無差別爆撃であるか否か   :無差別爆撃(“空からの皆殺し”の思想)
    ・2004年のファルージャの戦闘
     「戦略爆撃」ではない  理由:「まず空軍が先行する爆撃が行われました。……最後は、陸軍と海兵隊が突入して制圧しました」
      無差別爆撃であるか否か   :無差別爆撃(「上からは精密(精密爆撃)だったんでしょうが、中に入ってみればほとんど無差別の破壊のされ方をしています」)

    さらにアメリカが戦後やってきた地域戦争は「戦略爆撃」である、と語る。
    ・アメリカが戦後やってきた地域戦争(ベトナム戦争における南爆・北爆、湾岸戦争、イラク戦争など)
     「戦略爆撃」である   理由:「いろいろな破壊爆弾が使われる。さらに音響爆弾のようなもの、いわゆる都市生活・市民生活を破壊するような兵器が多用される」


  8. rekisi_no_siryou says:

    重慶爆撃訴訟の問題点(つづき)

    重慶爆撃を諸外国に報じられたか

    重慶爆撃を経験した外国人記者や大使館の外交官、外国人の牧師・宣教師などは、東京裁判で重慶爆撃が問題とされなかったことについて、どういう反応をしたのだろうか。
    「当時、重慶はもともと中国西南地方の大きな都市で、日本で言えば、広島とか熊本とかにあたります、その地方では有力な都市でした。人口は30万人くらいでした。臨時首都となって、上海から南京から北京からもたくさんの人が来ます。復旦大学、精華大学といった大学も占領地区を逃れてやってきました。重慶に劇団・京劇の演優たちが来る、有名な料理店も来る、新聞社も来ると、あっという間に100万を超す人口になりました。」
    彼は「いろんな人が重慶で日本の爆撃を体験し目撃し、それを本国に報告し、世界に記事として発信するわけです」と書いて、重慶爆撃が世界的に知られており「その当時かなりのことがその場から世界に発信されていた、と言っていい」と言っている。報道記事だけでなく「写真で戦争を紹介する、重慶爆撃はまさに写真で世界に紹介するという『ライフ』、『タイム』という雑誌が重慶爆撃をたくさん伝えています」とも言っている。

    では、その世界的に知られた無差別の残虐な空爆を、東京裁判は見逃して、あるいはよく調べもせず、無罪にしたというのか。そこで重慶爆撃に関しては無罪にしていいとした理由は何か、ということが第四の問題となる。これが解けないと前田哲男の「日本は無罪を申し立てることはできない」という主張の根拠はわからない。

    東京裁判で重慶爆撃が問題にならなかったのは、重慶市の地下に軍需工場を建設したため、都市が軍事施設化し、一般市民と兵士が混在してしまって無差別爆撃でなくなったからだ、と思われるが、前田哲男は「彼独自の戦略爆撃の解釈」に基づいて、空軍力だけによる爆撃が “空からの皆殺し” に該当し、それが第二次大戦後も利用された。その最初のきっかけを作ったのが日本の重慶爆撃だから、日本は有罪だと主張する。彼にとっては無差別爆撃はどうでもいい問題らしい。

    重慶爆撃・日本有罪論を主張する方々は、蒋介石・国民党が、重慶市の地下に軍需工場を建設したため、都市が軍事施設化ことは書かれない。だから、なぜ東京裁判で起訴されなかったかも書かない。蒋介石・国民党が、重慶市の地下に軍需工場を建設しなかったら、日本は無差別爆撃で有罪になっただろう。つまりは重慶爆撃で賠償を請求する相手は、現在の台湾の国民党なのではなかろうか。

    ——————
    前田哲男
    日本のジャーナリスト・軍事評論家。元東京国際大学国際関係学部教授、元沖縄大学客員教授。専門は軍事・安全保障論。
    日本社会党(現社会民主党)の安全保障問題に関するブレーンであり、日本とアメリカの軍事戦略に、その立場から平和主義を唱えて反対している。
    2015年12月9日には憲政記念会館において、辻元清美議員の「政治活動20年へ、感謝と飛躍集い in 東京」という政治資金規正法に基づく資金集めのパーティに参加している。(Wikipedia)

    重慶大爆撃に関するブログ
    重慶大爆撃被害者の謝罪と賠償を求める闘い ttp://blog.goo.ne.jp/dublin-ki
    「重慶大爆撃の被害者と連帯する会・東京」代表・前田哲男
    重慶大爆撃訴訟弁護団(団長・田代博之弁護士)
     連絡先:弁護団事務局(一瀬法律事務所・一瀬 敬一郎) 
     NPO法人731部隊・細菌戦資料センターの弁護団事務局 anti731saikinsen.net

    (例)
    日本共産党も重慶爆撃に関し、アカハタに書いている。日本共産党は都合が悪くなったら、すぐに記事を削除するから、見るなら今のうち。

    2015年2月26日(木)
    被害者の請求棄却
    重慶爆撃訴訟 原告側控訴へ
    東京地裁

     旧日本軍が日中戦争中、中国の重慶市と四川省全域に行った重慶大爆撃の被害者や遺族ら188人が日本政府に謝罪と賠償を求めた訴訟の判決が25日、東京地裁であり、村田斉志裁判長(河合芳光裁判長代読)は請求を棄却しました。

     河合裁判長は、「原告の請求はいずれも棄却する」とした主文を読み上げると、判決理由も述べないまま法廷から立ち去りました。

     判決後の記者会見で原告の粟遠奎さん(82)=重慶市=は、「爆撃は人道に反する罪です。このような罪を認めないというのは非常に不当だ」と批判。「私たちはこの不公平な判決に抗議し、日本政府が謝罪するまでたたかい続ける」と決意を表明。危昭平さん(83)=同=は、「日本の爆撃で私の家族は殺され、家も破壊されました。今回の判決は非常に不服で怒りを感じます」と訴えました。

     弁護団の長谷川直彦弁護士は、非軍事施設への爆撃という国際法違反は認定しながら、個人の請求は認めないとするなど、「こちらの出した請求は全部棄却した」と指摘。田代博之弁護団長は、「判決は集団的自衛権の拡大が狙われる今の政治の流れを反映したもので、司法もこれに便乗、同調した。社会正義、人権を擁護するという大原則に背を向けた」と厳しく批判。「すみやかに控訴したい」とのべました。
    ——————————————————————
     重慶爆撃 日中戦争中、旧日本軍は国民党政府が臨時首都を置いた重慶市や四川省全域で爆撃を実施し、1938年2月から44年12月まで200回以上の無差別爆撃が繰り返されました。死傷者10万人以上、家や店を失った人は100万人規模にのぼります。被害者40人が2006年3月に日本政府に謝罪と1人1000万円の賠償を求めて提訴し、追加提訴を含め原告は188人となっています。


  9. Masataka Aoyagi says:

    Dear, Mr or Mrs
    I have a Nanjin friend. He said, I have never heard of the Nanjing massacre from the grandmother or the grandfather, anyway….
    Imperial army welcomed by applause from citizens at the time of entering Nanjing! This is the truth. Do not believe the Chinese hoax. (From about 45 seconds of video)
    Thank you so much.
    https://youtu.be/slSjevjVdPI


  10. Yuichi mori says:

    #南京大虐殺の嘘
    誰が数えたのか、遺体は何処のある?
    Chinese anti-Japanese propaganda
    Nanjing massacre lies!
    Who counted400,000people?
    Where is the body of the victim?


Leave a Reply to Yuichi mori Cancel reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>