【情報まとめ】欧州初ドイツ・バイエルン州・ウィーゼント慰安婦像

【2017.4.28記】
慰安婦像の碑文は撤去されました。
園の所有者は、日韓双方の納得が得られない場合、「像は公園においておけなくなるだろう。私は中立でありたい」と述べています。

産経新聞H29/2017年4月28日付
歴史戦 独の慰安婦像 碑文撤去

*********************************************************************************

2016年ドイツのフライブルクで慰安婦像設置に失敗した韓国の水原市の「ドイツ平和の少女像水原市民建立推進委員会」が、バイエルン州ウィーゼント市(Wiesent/人口2500名)のネパール・ヒマヤラ・パビリオン園に像を設置し、2017年3月8日に除幕式を開きました。

24ddbe48-s

以下、情報まとめです。ドイツ現地のなでしこアクション仲間が調べて下さっています。新たな情報は追記し、更新します。

 

【2017年3月16日(日)更新】

ネパール・ヒマヤラ・パビリオン園は、ヴィルト家(Fam. Wirth)個人が経営する施設で私有地です。

alt9caa

ウィーゼント市のホームページにも載っている観光施設ですが、市長Mrs.Kerscherに問い合わせたところ、園について詳しくなく、慰安婦像についても知りませんでした。また、撤去を求めるメールを送ったところ、園に問い合わせるようにとの返信でした。

園と韓国の接点は、過去に韓国の舞踊団(Tchum Sa、Won Hwa)招いてイベントを開催したことが考えられます。

korea

園の経営者Wirth氏はドイツで勲章を受けた方ですが、慰安婦問題は知らずに善意で受け入れたのでしょう。
現在、園は冬季休園中で5月1日からオープンします。(開園期間5月1日~10月3日)
一般の入園者の目に触れるようになる前に、園とウィーゼント市に撤去を求めて働きかけができます。

外務省、日本大使館、ミュンヘン総領事館もかなり努力している様子ですが、楽観はできません。

皆さんにお願いです。

1.ネパール・ヒマヤラ・パビリオン園とウィーゼント市にメッセージ
ドイツ語のメッセージ例文を用意しました。こちら「ドイツ慰安婦像 撤去を求めます!/ドイツ語のメッセージ文例」をご覧ください。

2.ミュンヘン総領事館にメッセージ
像の撤去に向けて、ウィーゼント市とネパール・ヒマヤラ・パビリオン園を説得するように要請しましょう。

3.他関係各所へメッセージを送る
各所の連絡先を下に掲載しますので、撤去に向けて、皆さんの意見を送ってください。

 

設置されたからと諦めずに、私たちのできることしましょう!

**************************************************************************

<ネパール・ヒマヤラ・パビリオン園 / Nepal-Himalaya-Pavillon >

公式サイト
http://nepal-himalaya-pavillon.de/

住所 Martiniplatte, 93109 Wiesent, Bavaria, Germany
(Google 地図)
電話 +49 9482 959686
オーナー Mr. Heri Wirth
メールアドレス  info@nepal-himalaya-pavillon.de

園内ツアー案内園内地図
※ オーナー Wirth氏が理事の財団 “Wasser für die Welt” 「世界のための水」

 

< ウィーゼント市 / Municipality of Wiesent >

市HP  http://www.wiesent.de/

住所
Municipality of Wiesent
Railway station 15
93109 Wiesent
Phone: 09482 / 90958-0
Fax: 09482 / 90958-20

メール:Gemeinde.wiesent@realrgb.de

問い合わせフォーム http://www.wiesent.de/aktuelles/kontakt/

市長 連絡先
1.Mayoress Elisabeth. kerscher
メール elisabeth.kerscher@realrgb.de
電話 09482/90958-0

2.Mayor Herbert Hanwalter
メール hanwalter-heizung@t-online.de
電話 09482/959777

3.Mayor Alfred Stadler
メール alstad@r-kom.net
電話  09482/2496

 

< 在ミュンヘン日本国総領事館 >

文化、広報担当メール kultur@mu.mofa.go.jp

住所:
Karl-Scharnagl-Ring 7
80539 München
Bundesrepublik Deutschland

電話: +49 (0)89-4176040
FAX: +49 (0)89-4705710

外務省 意見フォーム https://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html

 

<ドイツ観光局日本事務所 >

HP http://www.germany.travel/jp/index.html

住所: 〒107-0052 東京都港区赤坂7丁目5−56 403 OAGHAUS 4F
電話: 03-3586-5046
メール: office-japan@germany.travel

 

< 他 >

レーゲンスブルグ独日協会

**************************************************************************

<関連ニュース>
◆ 国民日報 2017-03-14 10:48
「ヨーロッパ初の「少女像」が危険です “… ドイツで伝えられた訴え
“유럽 첫 ‘소녀상’이 위험합니다”… 독일서 전해진 호소

◆mittelbayerische 12. März 2017
„Trostfrau“ mahnt zum Frieden
コンタクト

◆ ドイツのNPO Korea Verband korea communication & research center
記事2017/3/8 ドイツで最初の平和像の除幕
Enthüllung der ersten Friedensstatue in Deutschland

◆ 産経 2017.3.9
【歴史戦】ドイツに欧州初の慰安婦像 南部バイエルン州 南西部で頓挫の韓国団体が主導

◆ TBSニュース 2017.3.9
欧州初の慰安婦象徴する少女像、独に設置

◆ KBS World Radio 2017-03-09
欧州に於ける性奴隷犠牲者為の初の平和像
Erste Friedensstatue für Opfer der Sexslaverei in Europa enthüllt

◆ Koreaverband 8. März 2017
ドイツにおける最初の平和像の披露
Enthüllung der ersten Friedensstatue in Deutschland

◆ 聯合ニュース 2017/03/09
ドイツで「平和の少女像」除幕式 欧州初の設置

Statue remembering Korea’s comfort women erected in Germany

◆ 連合ニュース2017/03/08
ヨーロッパ初の「平和の少女像」ドイツに立つ
유럽 첫 ‘평화의 소녀상’ 독일에 서다 / 연합뉴스TV(YonhapnewsTV)

◆ ARIRANG NEWS 2017/03/08
Europe’s first ‘comfort woman’ statue installed in Germany

4 thoughts on “【情報まとめ】欧州初ドイツ・バイエルン州・ウィーゼント慰安婦像


  1. Never Comfort!


  2. Ryoko Kitagawa Krueger says:

    ドイツ在住のクリューガー量子と申します。

    なでしこアクション様のグレンデールの文書を参考にさせて頂いて、Wiesent市長様、副市長様宛に慰安婦像撤去を求めるドイツ語文書を作成しました。文書を送りたい!という方は、市役所のメールアドレスgemeinde.wiesent@realrgb.deにサインをしてコピぺを送るか、市役所の住所に郵送してください。

    この文書は例です。
    このまま使用、もしくはアレンジして使ってください。
    参考資料として資料を添付したり、英語文書を作成していただいてもよいと思います。
    日本語訳の下に、名前、住所、サインの書き方、メール件名の例、郵送方法を記述しました。
    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
    12.03.2017
    Name:
    Adress:

    Gemeide Wiesent
    Bahnhofstraße 15
    93109 Wiesent
    gemeinde.wiesent@realrgb.de

    Frau Elisabeth Kerscher
    1. Bürgermeisterin
    Herrn Herbert Hanwalter
    2.Bürgermeister
    Herrn Alfred Stadler
    3.Bürgermeister

    Begriff: Bitte zum Abbau der „Trostfrau“ Statue in Wiesent

    Sehr geehrte Frau Kerscher, Herr Hanwalter und Herr Stadler,

    ich komme aus Japan.
    Am 08.03.2017 wurde eine „Trostfrau“ Statue in Wiesent aufgebaut.

    Ich würde Ihnen bitten die Statue abzubauen.

    Deutschland und Japan haben eine sehr gute lange Beziehung und über 35,000 Japaner wohnen jetzt in Deutschland in Frieden und Zufriedenheit.

    Wegen der Bitte des Abbaus der Statue möchte ich Ihnen gerne den „Grundlagenvertrag zwischen Japan und der Republik Korea“ vom Jahr 1965 und die „Japanisch-koreanische Vereinbarung“ vom Jahr 2015 vorstellen.

    „Grundlagenvertrag zwischen Japan und der Republik Korea“
    1965 schlossen Südkorea und Japan den Grundlagenvertrag zwischen Japan und der Republik Korea, der die Beziehungen zwischen beiden Ländern normalisieren sollte und mit dem alle Ansprüche komplett und endgültig ausgefüllt werden. Japan leistete 800 Mio. US$(2,5-fache des damaligen koreanischen Staatshaushalts) an Hilfszahlungen. Japan beabsichtigte, dass die südkoreanische Regierung diese Gelder den Opfern zukommen lässt, jedoch wurden die Gelder in Gänze zum Aufbau der Infrastruktur und Wirtschaft genutzt.

    „Japanisch-koreanische Vereinbarung zu Trostfrau“
    Am 28.12.2015 wurde die „Japanisch-koreanische Vereinbarung zu „Trostfrau“ als endgültig und unwiderruflich gelöst verkündet und Japan bezahlt dafür 9 Mio. Euro. Unter dieser Vereinbarung fällt auch eine Beseitigung der „Trostfrau“ Statue vor der japanischen Botschaft in Seoul, die gegen den internationalen Vertrag „Wiener Übereinkommen über diplomatische Beziehungen vom Jahr 1961“ *.

    Japan hat 9 Mio. Euro im August 2016 gezahlt.

    Obwohl die koreanische Regierung versprochen hat, die „Trostfrau“ Statue abzubauen, steht immer noch die Statue vor der japanischen Botschaft in Seoul und sogar eine neue Statue wurde vor dem japanischen Konsulat in Busan gebaut.

    Deswegen ist der japanische Botschafter am 09.01.2017 nach Japan zurückgegangen und er ist bis heute in Japan geblieben.

    * Der Empfangsstaat hat die besondere Pflicht, alle geeigneten Maßnahmen zu treffen, um die Räumlichkeiten der Mission vor jedem Eindringen und jeder Beschädigung zu schützen und um zu verhindern, dass der Friede der Mission gestört oder ihre Würde beeinträchtigt wird (Art. 22 Abs. 1 und 2 WÜD).

    Aus diesen Gründen können wir überhaupt nicht akzeptieren, dass die „Trostfrau“ Statue jetzt in Wiesent in Deutschland, wo es ganz weit weg von uns ist und keine Beziehung mit der „Trostfrau“ Statue hat, gebaut wurde.

    Wir hoffen, dass Wiesent die Verletzung der o.g. Verträge nicht unterstützt.

    Wir würden Ihnen bitten die Statue abzubauen.

    Vielen Dank im Voraus.

    Mit freundlichen Grüßen
    Signeture:
    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
    【日本語訳】

    12.03.2017
    Name: ①
    Adress:   ②

    Gemeide Wiesent
    Bahnhofstraße 15
    93109 Wiesent
    gemeinde.wiesent@realrgb.de

    Frau Elisabeth Kerscher
    市長
    Herrn Herbert Hanwalter
    副市長
    Herrn Alfred Stadler
    副市長

    件名 : Wiesent市に設置された慰安婦像撤去の要請

    Kerscher市長、Hanwalter副市長、Stadler副市長殿,

    私は日本人です。
    2017年3月8日に、Wiesent市に慰安婦像が設置されました。
    像撤去を要請します。

    ドイツと日本は、これまで長い間、とても良好な関係を築いてきました。現在、ドイツに3万5千人以上の日本人が穏やかに満足して生活しています。

    慰安婦像撤去要請にあたり、1965年締結の「日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約」と、2015年締結の「慰安婦問題日韓合意」についてご説明させていただきます。

    「日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約」
    1965年に日本と韓国の間で結ばれた条約。日韓国交樹立、日本の韓国に対する約8億ドル(当時の韓国国家予算の2,5倍)の経済協力、両国間の請求権の完全かつ最終的な解決、それらに基づく関係正常化が取り決められました。韓国は、日本が支給を予定していた債権を有する個々人にはほとんど供与及び融資せず、自国の経済基盤整備の為に使用しました。

    「慰安婦問題日韓合意」
    2015年12月28日に締結。慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認し、日本は10億円の拠出を約束しました。また、ソウル日本大使館前の慰安婦少女像の移転が合意されました。そもそも、大使館前のこのような像設置は、1961年の「外交関係に関するウィーン条約」に反しています(注)。

    日本は、2016年8月に10億円を韓国に支払いました。

    韓国は、ソウル日本大使館前の慰安婦少女像を未だ移転していません。更に、釜山市の日本領事館前に新たな慰安婦像を設置しました。

    これに対する措置として、日本は2017年1月9日に駐韓日本大使を帰国させ、未だに韓国に戻っていません。

    (注)ウィーン条約22条2項「いかなる侵入や損壊に対しても、公館地域を保護し、公館の安寧の妨害、威厳の侵害を防止するためにすべての適切な措置を執る特別の義務を有する」

    以上の理由から、 日本と韓国から遠く、慰安婦像とは無関係のドイツWiesent市に慰安婦像が設置されたことは、絶対に認めることができません。

    Wiesent市が上記の条約合意違反に加担することを、我々は望みません。
    像撤去をお願いします。

    敬具
    Signeture  ③         
    ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
    名前、住所、サインの書き方
    ①名前はローマ字でお願いします。
    ②神奈川県横浜市白銀台1-2-3 の書き方
    1-2-3 Shiroganedai Yokohama-shi
    Kanagawa Japan
    ③サインは、日本語でもローマ字、どちらでも大丈夫です。
    メールの件名の例
    ・Bitte zum Abbau der „Trostfrau“ Statue in Wiesent
    ・A Message from Japan
    ・A Message from 自分の名前
    ・I am against „Comfort Woman“ Statue in Wiesent
    郵送する場合の封筒宛名
    ①封筒表に書くこと
    An : Gemeide Wiesent
    Bahnhofstraße 15
    93109 Wiesent
       Germany Air Mail
    ②封筒裏に書くこと
    Abs. Taro Yamada
    1-2-3 Shiroganedai Yokohama-shi
    Kanagawa Japan


    • Ryoko Kitagawa Krueger says:

      市長様に反対文書を送ったところ、返信が来ました。
      「慰安部像があるのは私有地なので、土地所有者(ネパール・ヒマラヤ・パビリオン園)に連絡してください。市は無関係です。」
      とのことでした。


  3. こたママ says:

    いつもありがとうございます。
    本件の抗議分として、前出のコメント欄にある
    ドイツ在住のクリューガー量子さまの文章が素晴らしいと
    ドイツ語専門家の方から聞き及んでおります。

    ただ、日数が経っているために、
    一部訂正した方がよいかと思い、お便りいたしました。

    最後の方に
    「これに対する措置として、日本は2017年1月9日に駐韓日本大使を帰国させ、未だに韓国に戻っていません。」
    とあるのですが、
    「これに対する措置として、日本は2017年1月9日に駐韓日本大使を帰国させました。(今は韓国に戻っています。)」
    とします。

    ドイツ語では
    ”Deswegen ist der japanische Botschafter am 09.01.2017 nach Japan zurückgegangen und er ist bis heute in Japan geblieben.”
    このund以下が変わります。
    ”Deswegen ist der japanische Botschafter am 09.01.2017 nach Japan zurückgegangen.
    (Er ist jetzt wieder in Südkorea.)”

    もし反映していただければ幸いです。
    これからも、増々のご活躍をお祈りしています。


Leave a Reply to Yoshinori Mori Cancel reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>