【本紹介】アメリカ各地で脚色されて語られている「慰安婦問題」歴史の生き証人は訴える

なでしこアクションでご紹介している「ポトマック通信」のワイルス蓉子さんがご著書を出版されましたのでご紹介します。
是非お読みください!

******************************************************************************************

book

アメリカ各地で脚色されて語られている「慰安婦問題」 歴史の生き証人は訴える

ワイルス 蓉子 (著)         文芸社  本体600円+税

アメリカ在住の著者は、合衆国における韓国の「慰安婦」外交をつぶさに見てきた。しかし事実と異なる彼らの主張に、1930年生まれで従軍慰安婦と同じ時代を生きてきた彼女は愕然とする。そして何より驚愕したのは、日本人までが彼らの主張を鵜呑みに信じてしまっていることだった。今、当時をありのままに伝えねば、真実が闇に埋もれる――。生き証人が決死の覚悟で語る真実の書。

ワイルス蓉子さん略歴: 昭和5年1月14日生。 山水高女(現桐朋学園)卒。 青山学院大学英米文学科中退。 アメリカの商社に英文速記秘書として勤めた後、1966年渡米。 1971年5月、エドワード・ワイルスと結婚。米国メリーランド州在住。

ご購入はこちらから
↓↓↓
アマゾン http://amzn.to/2ybnyfb

One thought on “【本紹介】アメリカ各地で脚色されて語られている「慰安婦問題」歴史の生き証人は訴える

  1. Sayoko Fukushima says:

    Dear Yoko Wiles,

    I sincerely amire your courage.

    Now Iam 62years olds.
    If we do not transmit the truth of history now to the world, Japan will leave a negative heritage in the future.

    To live for people is the basis of our Japanese people.
    The existence of the Imperial family whichi lasts more than 2000 has proves this.

    I think that ito is time to stand up together and I agree with you!

    thank you so much,YOKO san.

    Sincerely,

    Ms Sayoko Fukushima
    Chiba, JAPAN


Leave a Reply to Sayoko Fukushima Cancel reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>