ホワイトハウス請願署名 米国下院慰安婦決議撤廃

英語版ENGLISH
한국어KOREAN

米国下院 慰安婦決議 撤廃
オバマ大統領府への請願

下院121号決議を撤廃し
韓国のプロパガンダと嘘による国際的嫌がらせの助長をやめることを
請願します

韓国は、「ディスカウント・ジャパン(日本を貶める)」というキャンペーンのもと、ホロコーストのイメージを使い、吉田清治が後に嘘であったと自白した「慰安婦」という捏造を利用しています。口頭での証言は強制・拉致の証拠にはなり得ません。2007年可決米国下院121号決議は、捏造に基づくものです。これは、韓国に大東亜戦争での日本の行いを糾弾する道を与えるものであり、ひいてはメタンハイドレートが豊富に埋蔵されている竹島での、殺人行為、拉致と占領を正当化することにもなります。日米同盟が真にアメリカのアジア太平洋地域の安全保障の礎石であり、地域の安定と繁栄を支えるものであるならば、韓国人による関係悪化を許してはいけません!米国政府は真実と正義に基づいて行動すべきです。

<参考>米国下院慰安婦決議121号 [原文(英語)]  [日本語]

 

署名はこちらから
http://wh.gov/lBwa

★署名方法はこのページの下の方にあります★

 

 

署名ご協力のお願い

2007年7月30日(第一次安倍内閣当時)、米国下院を通過した121号決議、いわゆる慰安婦決議。

その内容は『日本政府による強制的な軍隊売春制度「慰安婦」は、「集団強姦」や「強制流産」「恥辱」「身体切断」「死亡」「自殺を招いた性的暴行」など、残虐性と規模において前例のない20世紀最大規模の人身売買のひとつであり、日本は公式に認めて謝罪し、歴史的な責任を負い、現世代と未来世代を対象に残酷な犯罪について教育をしなければならない』というものです。しかもこの決議、下院議員435名中、出席議員はたったの10名。票を取らずにvoice vote”賛成!”の声だけで可決されたものです。

この決議以来、海外における反日・侮日の慰安婦キャンペーンが始まりました。現在では、「日本軍が20万の婦女子を拉致し強制的に性奴隷にした」という捏造が既定事実として、世界に広まっています

米国内では2013年に入ってから州・郡で慰安婦決議・宣言が採択。その内容は、「20万人、強制、拉致、性奴隷」に加えて、「慰安婦の殆どが韓国・中国人」、「慰安婦4分の3は残虐な仕打ちで死亡」「生き残った慰安婦は性暴力や病気で不妊症になった」「(州の)学校教育に取り入れる」等、ますます酷くなっています。

これら地方議会の決議は、全て2007年下院決議121号が基になっています。

なでしこアクションではホワイトハウスに慰安婦決議撤廃の請願を出し、2013年6月現在、約3万署名集まっています。

この請願は、多く人が注目するホワイトハウスのサイト上で、私たちの慰安婦決議NO!の意思を署名数という形で表すことができます。3万台にとどまらず、5万、10万と署名が増えることを願っています

署名はオバマ政権から回答が得られるまでの間、継続することができます。回答が何時出るかは分かりません。

私たちの先人の名誉の為に、次世代に誇りある日本を繋ぐ為に、そして、日米韓の真の友好の為にも、一づでも多くの署名をいただけますよう、ご協力心よりお願い申し上げます。

★署名の方法はこのページの下の方にあります★

 

ジャーナリスト 山際 澄夫 様 からのメッセージ

2012年、米国で「慰安婦」問題を取材しました。

全米で「慰安婦」碑建設を進める韓国系米国人の団体、「慰安婦追悼通り」の創設を提唱するニューヨーク市議ら私が会った関係者すべてが「慰安婦」が「日本軍の強制連行による性奴隷」である根拠と主張していたのがこのマイクホンダ決議(米下院121号決議)であり、河野洋平談話の存在です。この決議と河野談話の撤回がなければ「性奴隷」は虚構だといくら主張しても相手にされないと痛感した次第です。

本来なら河野談話の撤回が先行すべきものでしょうが、請願署名に踏み出した以上、これまでのホワイトハウス請願以上の圧倒的な数をもって請願受理を達成するよう努力していただきたいと思います。

 

 

ホワイトハウス請願署名方法

<初めての方> ローマ字(半角英数字)で登録してください。

 

山田花子⇒Hanako Yamada

①ホワイトハウスの署名サイトへ⇒ http://wh.gov/lBwa

(最後の4文字は 小文字エル B w a)

※アカウント作成は13歳以上、1メールアドレスにつき1アカウント

②下へスクロールして、[CREATE AN ACCOUNT]青いボタンをクリック。

5

③半角英文字で、メールアドレス、名前、姓を記入します。(zip は記入必要なし)

署名後に署名した人の氏名が表示されますが、「T. S.」のように姓はイニシャルだけになります。メアドは公開されません。

image

④Challenge Question の質問の答えを英単語・数字で記入します。
質問と答えが分からない場合は、こちらの質問・回答リストを参考にしてみてください。

⑤入力したら[CREATE AN ACCOUNT]青いボタンをクリック。画面が変わります。

 

WHpetition_01

⑥5分くらいすると、Whitehouse.gov (info@messages.whitehouse.gov) から、登録したアドレスにメールが送られてきます。メールを開きます。

この段階で、ホワイトハウスからメールが来ない方へ:メールアドレスによってはサーバー側がホワイトハウスからのメールを受信しないことがあります。Gmail, Yahoo 等のフリーのメールアドレスは大丈夫です。お試しください。Gmail 作成はこちら

⑦メールの内容

You’re only one step away from creating your Petitions.WhiteHouse.gov
account. Just click on the link below or cut and paste it into your web
browser to confirm this is a working email address:
You’re only one step away from creating your Petitions.WhiteHouse.gov account. Just click on the link below or cut and paste it into your web browser to confirm this is a working email address:

(日本語訳=ホワイトハウスのアカウントを作るまでもう少し。有効なアドレスであることを認証するために下のリンクをクリック又はブラウザにコピー・貼り付けしてください)

https://petitions.whitehouse.gov/user/reset/…. (数字やアルファベット) …..

(以下省略)

ホワイトハウスから送られてくるメールにこういう長いURLがあるので、これをクリックします。

クリックしても移動しない場合は、URLをコピーしてブラウザ(Internet Explorer等)のURL欄に貼り付け、Enterキーを押します。

これでログインとなりました。

⑧自動的に先ほどの請願署名のページが開くはずですが、先ほどの請願署名ページが開かない場合は再度 http://wh.gov/lBwa を開いてください。

ログイン状態になったので[✓SIGN THIS PETITION]緑のボタンがあるはずです。ここをクリックすると署名完了です。

6

自分の名前がページに表示されます(署名後はリストの2番目に名前が、少し濃いグレーの枠の中に表示されます)

⑨アカウント情報

登録の際に送られてきたメールにある

e-mail: XXX@XXX.com

password:xxxxxxx

の登録情報は、再度ログインするために必要です。必ず控えておいてください。

<既に登録済の方 署名方法>

①ホワイトハウスの署名サイトへ⇒ http://wh.gov/lBwa

②下へスクロールして、[SING IN]青いボタンをクリック。

③前回登録した E-mail とホワイトハウスからのメールに書いてあった PASSWORD を入力

[LOG IN]青ボタンをクリック

④開いたページの[✓SIGN THIS PETITION]緑のボタンをクリックして署名完了です。

 

 

<一つのメールアドレスで一つのアカウント登録>

パソコン1台で1アカウント登録ではなく、1メールアドレスで1アカウント登録です。一台のパソコンをご家族など数名で共有している方は、それぞれのメールアドレスでご家族分のアカウント登録と署名ができます。

メールアドレスはGmail等で無料で作成できます。Gmail 作成はこちら

 

 

<パスワードを忘れた 又は 登録したはずなのにログインできない方>

①ホワイトハウスの署名サイトへ⇒ http://wh.gov/lBwa

(最後の4文字は 小文字エル B w a)

②下へスクロールして、[SIGN IN]青いボタンをクリック。

5

③Forgot password? をクリック

p1

④E-mail欄に登録したメールアドレスを間違えないように 半角英数字でコピペ又は記入。

[SUBMIT]青ボタンをクリック

p2

⑤ホワイトハウスからメールが届く

件名:Replacement login information for メールアドレス at We the People: Your Voice in Our Government

本文:A request to reset the password for your account has been made at We the

People: Your Voice in Our Government.

You may now log in by clicking this link or copying and pasting it to your

browser:

https://petitions.whitehouse.gov/user/reset/….数字・番号…..

このURLをクリックまたはコピーしてブラウザのURL欄に貼ってEnter

⑥[LOG IN] 青ボタンをクリックしたらログイン状態になります。

p3

⑦パスワード変更の必要が無ければ http://wh.gov/lBwa へ移動。

開いたページの[✓SIGN THIS PETITION]緑のボタンをクリックして署名完了です。

⑧パスワード変更したければ、新たなパスワードを2回入力して[LOG IN]青ボタンをクリック

p4

⑨これでパスワード変更となりました。

次に http://wh.gov/lBwa へ移動。

開いたページの[✓SIGN THIS PETITION]緑のボタンをクリックして署名完了です。

こちらのブログにパスワード再発行の方法(登録方法も)が分かり易く説明されています。

ひめのブログ 「ホワイトハウスへ直請願!!1か月で25000署名集めるよ2!!」

※別の請願の署名方法の解説ですが手順は同じです。

パスワード再発行が上手くいかない場合は、別メールアドレス(Gmail等のフリーのメアドを利用可)で新たに登録する方法もあります。

 

<登録情報変更の方法>

名前を漢字で登録した方は念のためローマ字(半角英数字)に直してください。

 

 

①一度ログインの上こちらのURLへ https://petitions.whitehouse.gov/user/

②画面中央下の [Edit Profile/Change Password]青ボタンをクリック

③Account タブ をクリックすると パスワード変更の画面。 Main Profileタブ をクリックすると名前、都市、国等の登録情報画面になります。

④登録情報変更の上 [LOG IN]青ボタンをクリック

これで変更完成です。変更パスワードは大文字小文字の混ざったPassword strengthの高いものが良いようです。

 

 

<説明動画>

※別の請願の署名方法ですが、手順は同じです

ホワイトハウスへの署名方法

 

【魔都見聞録】慰安婦碑撤去署名にご協力を[桜H24/5/28]

 

慰安婦碑撤去に関するオバマ大統領宛の請願書(署名方法)

 

慰安婦碑撤去に関する請願書(署名)・パスワード変更方法

 

参考資料

産経デイリー古森さんのPBSでのインタビュー(2007年3月 米TV番組から)

 

史実を世界に発信する会

東海の2千メートル海底から採取した「燃える氷」 2012年05月30日09時03分 [ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]

韓国人売春婦が韓国政府とアメリカを訴えた記事(ニューヨークタイムズ紙) (英文)

米軍による朝鮮戦争中の慰安婦の現状報告 (英文)

朝鮮の新聞記事のデータから真実を見る。日本軍が20万名もの少女を誘拐したなどという記事は皆無である!

宣伝チラシ

有志の方が作成して下さった「なでしこアクション請願署名PRチラシ」(PDF)です。ご利用ください。

PRチラシ1 [カラー版]  [モノクロ版]

PRチラシ2 [カラー版]  [モノクロ版]

 

724 thoughts on “ホワイトハウス請願署名 米国下院慰安婦決議撤廃

  1. ツマヨウジ says:

    勉強不足なもので、皆様お教え下さい。

    なぜ日本側は日本人の名誉棄損等の訴えで、追軍慰安婦像が建っているアメリカで関連団体に対して裁判を起こせないんですか。

    発起人がいないからですか?
    お金の問題ですか?
    起訴状の内容の問題ですか?
    慰安婦の敗訴がアメリカの最高裁?で確定しているからですか?

    どなたかわかりやすくお教え下さい。

    無かったことをあったかのように捏造することは割と簡単です。
    ただ、捏造が真実のように浸透した後で事実無根だ、と正すことは不可能に近いことだと思います。
    だとすれば、時間がかかったとしても、裁判所を通じての第三者機関が介入しての追及なくしては、汚名返上は出来かねると考えます。

    強制性はなかった、日韓国交正常過交渉の中で解決された、と日本政府が踏ん張ってみたととしても、欧米の世論はあくまでレディ・ファーストの立場で感情論に訴える老女の訴えのみに耳を傾けるでしょう。
    ここまで来てしまったら、何が真実でなにが捏造なのかではなく、聴衆の面前でただ泣き叫ぶ老女への憐みやいたわりの感情だけが先行してしまって、いくら日本側が正論を訴えたとしても聞き耳は立てないと思います。

    実際、日々の慰安婦関連のニュースに踊らされている面もあるかとは思いますが、なかったことをなかった、とただ訴えていても効果がほとんどないことを思い知らされている次第です。

    皆様はどうお考えでしょうか?
    わたくしはどうにかしたいのに、相手の力のほうが強すぎて、この問題は韓国側の圧勝で幕を引き、国際的には「日本人はそういう民族」とのレッテルが張られるのを指をくわえて待つのみなのかな、と真剣に思い、自分の無力さを日々歯がゆく思っております。


    • 石川 says:

      直接の答えにはなりませんが、↓の動画2/3以降ご覧になってみてください。
      韓国の本当の目的が述べられています。
      http://www.youtube.com/watch?v=yapSZVRd1wQ
      ただ、この慰安婦問題は韓国が表面に出ていますが、実際にあやつっているのは中国と北朝鮮そしてさらにはアメリカです。
      それぞれ思惑は異なりますが、一致しているのは日本を極悪非道の戦争犯罪国というレッテルを貼り続けることが自国の利益になるからです。
      でも幸いに資料の公開が進み極悪なのは実際にはどちらだったのかと少なくとも疑問を抱かせる状況になってきています。
      慰安婦問題も調べれば調べるほど、強制連行はなかった、資料は発見されているし、韓国系の大学の先生の中には慰安婦問題の正当な歴史認識をされている方も出てきています。
      ですから何年かかっても地道に対処していくことが最良だと思います。
      もう一つ重要なことは、日本国内の左巻きの人達です。
      GHQから植え付けられた自虐史観とマルクス主義の虚構論により敗戦利得の中毒患者と言える人達です。
      もともと、慰安婦問題も共産党員井上清治の詐話が発端だし、すべての段階でこの問題を拡散しているのは、実はこれらの反日・日本人なのです。
      一番の敵は日本人です。


    • 日本市民 says:

      参考です
      ===
      グレンデール市慰安婦像への訴訟検討
      http://losangeles.vivinavi.com/JA/eb/eb_main.phtml?eb_page=2&eb_kind=0&eb_topic_id=1-01-JA-eb-1376894593-6718


    • 石川 says:

      LAで訴訟が検討されているのですね。
      負けるとわかっていて裁判する人はいませんが、万が一負けた時のことも考えて置くことも必要です。この場合、かなりのマイナスの影響が出ますね。
      それから注意しなければならないのは、もしCAで訴訟がおこれば、日本の反日左巻き弁護士が被告(市等)に加勢するような方向で動き出すでしょう。
      (もちろん裏で中韓から金をもらって)
      国連での活動ぶりからしても、高い法律知識を持ち語学力にすぐれた弁護士と思われます。強敵です。
      しかも、「日本人が言うのだから」と裁判所は彼らのプロパガンダを信じかねません。国際舞台ではすべてそうでしたから。(マイクホンダも同様)
      とにかくこれらの反日左巻き連中をできるだけたたくことが必要です。


  2. 橘吾郎 says:

    北海道新聞の9/28社説を見てぶっとんだ人が多かったのではないでしょうか。

    首相国連演説 無責任な「国際公約」だ(9月28日)
    「国連演説で首相は、女性の社会進出や権利保護に多くの時間を割いたが、慰安婦問題解決に向けた新たな対応などは打ち出していない。 」

    考えてみれば1992年以降は大部分の新聞社がこんな感じでした。「日韓基本条約を見直してでも慰安婦問題を蒸し返せ」という雰囲気でした。20年かけてやっと現状のように慰安婦騒動に批判的な国民が多くなりました。
    何歳くらいの記者が書いているのかわかりませんが、こういう狂った記者の背景はほぼ一致しています。上記の社説もそうですが、憲法9条信者です。いかなる国際的な軍事紛争で日本国民が危険な状態に置かれようとも、日本の自衛隊は助けない、なぜなら自衛隊は日本に必要ないのだからというわけです。なにかあったら外国の軍隊に助けてもらおうと思っているのでしょう。
    このように日本人としてのプライドを極限までなくしているので、慰安婦問題でも日本を際限なく貶めても、むしろ痛快に感じるという神経ができあがっています。
    こういう連中がマスコミから消えていくのにあと何年かかるのでしょうか。
    できれば北海道の有志等が公開討論とかを呼びかけてほしいものです。


  3. うらら says:

    いつもサイトの運営ありがとうございます。さてお願いがあります。韓国が言わんとしてるのは、「世界の皆さん、日本はこんなに酷い事をしてるのに【まだ戦後賠償と謝罪をしてないんですよ】」であって、それを聞いた外国人は、「日本はそんな酷い事をしたのに【まだ戦後賠償と謝罪をしてないのか】」と本気で思い込んでるんです。慰安婦反論ももちろん大事ですが、日本は戦後賠償の詳細と謝罪文のコピーを各国の大使館に送ったり動画を流したりした方がいいと思います。そうすれば「戦後賠償と謝罪をしてもらってない」という韓国の主張をいとも簡単に崩せますし、世界は「なんだ、日本は戦後賠償と謝罪をしてたんだ。戦後70年経ってるんだから、この話はもう終わりだな。しかし韓国はなんて最低な国なんだ」と思ってくれるんですよ。なでしこアクションさん、是非英文を作成してもらえませんか?宜しくお願いします。


  4. うらら says:

    たびたびすみません。
    英語の動画ですが、なでしこアクションさんの方で作成が難しければ、
    「英語で世界に発信!」や「危機に瀕する日本」(日本語版、英語版、韓国語版、ハンガリー語版、フランス語版、スペイン語版があります)にお願いしませんか?
    又、危機に瀕する日本の慰安婦動画は完成度が高いですので、ご覧になってから拡散してください。
    皆さん是非ご協力お願いします。


  5. Keiko says:

    従軍慰安婦は、売春婦であったと言う証拠がアメリカ、ワシントンの公立公文書館で確認されました。

    http://texas-daddy.com/comfortwomen.html

    これをyoutubeに投稿してくれたおじさんの動画です。http://www.youtube.com/watch?v=ggQaYD37Jm4

    表現は、あまりよくありませんが、証拠が見つかったのはありがたいことです。

    さて、これを見たアメリカ人はどういう判断を下すのでしょうか?
    多くの人に、この書物を見てもらい、世界に事実を広めてほしいと思います。


  6. 日本市民 says:

    「客の中には日本軍の軍服をいた朝鮮人もいたという」
    韓国から謝罪と賠償を求められているのは「朝鮮人女衒」の分だけでなく、朝鮮人の客の分もでした。
    ===
    http://juju-project.net/history/evidence1/
    バクチャスン
    ハルモニ 1923年生まれのハルモニは、もはや故郷がどこだったかすら覚えていない。家が貧しく、中国に行く17歳までは食堂で働いたり、他所の家で奉公をしたりしていた。光州で酒を量り売りする仕事をしていたが、借金がかさみ店の主人に京城の売春宿に売られてしまった。そこから再び中国に売られてしまったのだ。湖南省にたどり着いたのは1942年のことだが、どこだったかは覚えていない。いくつもの部屋がある平屋。客の中には日本軍の軍服をいた朝鮮人もいたという。 ・・・


  7. 橘吾郎 says:

    古いパソコンを整理して、何年か前にホワイトハウスに送ったメールを見つけました。今読むと懇願調が鼻につきますが。今はホワイトハウスは議会の問題で大騒ぎですね。おそらく日本語と要約を英語で書いただけなので、むこうではごみ箱に直行したかもしれません。こういうものをときどき書き続けています。やはり日本人も英語は大事と痛感しました。冗長かもしれませんが、もし利用できる箇所があれば遠慮なくパクってください。人の話を鵜呑みにせずに自分で調べて考えるのが重要であると考えます。私の場合は従軍慰安婦問題は日本のマスコミ問題であるとの認識を一貫してもっています。

    ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
    米国の真の指導者の方々へ

    日本軍が利用した従軍慰安婦について国際的に焦点をあてられて10年以上経過しました。私は日本国民のひとりとして米国に忠告します。
    米国は従軍慰安婦問題では韓国を支持する活動家に肩入れせずに中立を守るべきです。韓国の陳情にもとづいて韓国寄りになり過ぎたのであれば、その振り子を元に戻すべきです。以下にその理由について申し上げます。

    韓国は常に「過去の歴史を直視しない者は未来についても盲目となる」とドイツのワイツゼッカー元大統領の発言を引用して日本が過去を直視しないと決めつけて日本を責めます。けれども私は韓国の状況を見て、韓国こそ自国の歴史を直視できないので日本に八つ当たりをしていると感じます。韓国は最近一部の歴史の本を成人以上でないと読めないなど制約をつけて弾圧しました。親日的だった韓国人の子孫に対してもいろいろな方法で不当な圧力をかけています。歴史の本の内容はナチズムのような偏ったものではありません。私は以下のように思います。その歴史の本では、日本人の伊藤博文(日本の初めての憲法起草の中心で初代の総理大臣)は当時の朝鮮で「朝鮮人の子供たちに教育を普及させなかったのは朝鮮の大人たちの責任だ」などと説得したという逸話が記載されています。こういう話が韓国で広まったら、伊藤博文を暗殺した安重根を韓国で今まで通り英雄にできなくなるので、韓国政府はこういう書物を目の敵にしているのです。韓国では死人にも名誉があると言われますが、それは日本人の死人でも同様です。
    1965年の日韓基本条約で日本側は膨大な賠償金を払って賠償し、民間人の賠償などの問題も永久的に解決したと韓国政府と合意しました。未解決の問題は継続して協議することになりましたが、これは竹島など領土問題が中心です。韓国人慰安婦の存在は、当然そのころから知られていましたが、未解決の問題ではありません。当時の朴正煕大統領が知らなかったでは通用しません。当時それこそ韓国軍や米軍むけの韓国人慰安婦は存在しており、朴大統領は積極的に慰安婦制度を利用した張本人なのですから。過去を直視する必要はありますが、歪んだレンズで過去を直視しても無意味です。

    日韓基本条約で日本が韓国に謝罪賠償しても、結果は逆効果であり、韓国は日本の誠意を受け入れずに、日本はナチスのユダヤ虐殺なみに韓国に残酷なことをしたと世界的に吹聴しました(実際はイギリスなど他の先進国が行った植民地政策より文明的であったにもかかわらず日本は謝罪したのです。植民地について謝罪した例はほとんどありません)。また第二次大戦で日本軍の慰安婦であった韓国人慰安婦に日本政府が謝罪しても、韓国は満足せずに、日本軍の慰安婦制度は性奴隷であったから謝罪と賠償はまだ足りないと世界中で日本を告発する活動を開始しました。(慰安婦利用について慰安婦に謝罪した例が他国にないにもかかわらず日本は謝罪したのです)。これらの結果によって現代の日本人は過去の謝罪はすべて逆効果ではなかったのか、謝罪をすることにより逆に韓国の屈折した優越感を煽っただけで日韓友好につながらなかったのではないか、国内の歴史認識で猛烈な思想統制と教育統制を行う韓国に迎合するのは問題ではなかったかでと感じる日本人が増えはじめています。実際、よくその副作用を考えずにその時代風潮に迎合して安易に他国に謝罪することは国際政治に複雑な影響をもたらすことは間違いないと思われます。歴史をどう見るかというのは多様な見方や考え方が成立する以上、民主主義の根幹でもあり、むやみに政治問題化することは避けるべきであり、両国間の力関係などで決められるべき問題ではありません。

    韓国軍や米軍が現代において利用した韓国人の慰安婦と日本軍が利用した慰安婦に大きな違いがないのであれば、そもそも従軍慰安婦問題は発生しませんでした。実際は韓国人慰安婦を集めたのは大部分が日本人でなく朝鮮人であったこと、慰安所を経営していたのも多くが朝鮮人であったことなど両者の形態はよく似ています。
    両者がかけはなれたものであること、日本軍は経営としての慰安婦制度を利用したのではなく「日本軍が朝鮮人の女性を組織的に強制連行して大量の性奴隷にしたという性犯罪なのである」という噂によって、改めて日本軍の従軍慰安婦問題はクローズアップされたのです。つまり政治問題化しました。その見方が正しいかどうかが本質です。現代政治のなかで両国の指導者が外交停止を宣言するほどの歴史見直しに相当する問題かどうかということです。
    ここで日本の問題があります。日本の問題とは日本のマスコミの問題です。米国の日本通の知識人のなかで、日本のマスコミの異常性を察知できる人々は真のエリートです。米国のように指導者がマスコミの言論の影響を深刻に受けず、国民と直接結びついている国家とは違って、日本では政治家がマスコミの影響を受けやすい、また国民がマスコミの影響を受けやすいという深刻な問題がありました。
    この従軍慰安婦の騒動も日本のマスコミがつくりあげて、日本の政治家がふりまわされた典型的なテーマです。具体的には朝日新聞というインテリむけの高級紙であるとされている新聞社が煽ったものです。また従軍慰安婦で日本のみを糾弾する日本の知識人を信用しないでください。彼らは朝日新聞が積極的にとりあげて紹介した証言(日本軍が朝鮮において膨大な朝鮮人を直接強制連行して慰安婦にしたという旧日本軍人のウソの証言)を信じ込んだ人々です。偏向したマスコミの背後には偏向したイデオロギーをもった知識人が存在します。彼らは非常に倒錯したイデオロギーをもっていますが、日本のマスコミを通じて大衆に大変な影響力を及ぼしました。

    日米間の歴史を振り返ってみましょう。日本が米国の圧力により開国した当時は阿部正広(アベマサヒロ)という日本の指導者が大きな役割を果たしました。この人は若くして大役をつとめた聡明な指導者ですが、米国の国書を公開して身分や肩書きにこだわらずに多くの日本人の英知に耳を傾けて衆知を結集しました。もしこのとき日本の指導者が国書をにぎりつぶして独断で米国を攻撃して戦争に突入していれば日米の戦争になっていたはずです。この時代は日本はマスコミが存在していなかったため、当時の指導者は衆知を結集して冷静な判断ができました。その後、しばらく時代を経過して第二次世界大戦の直前ではハルノートというものが米国から日本に提示されました。このとき当時の日本の指導者は大衆の英知を集めようとせずに指導層で戦争の意志を固めました。ルーズベルトの、日本との戦争やむなしの決意は固く、天皇への戦争回避の電報もカムフラージュとされているので戦争回避は不可能であったかもしれません。けれども日本の指導者がなぜこういう重要なものを公開しなかったは想像できます。世論は日本のマスコミの猛烈な影響下にあり、もし議論すればどのような結論がでるか明白であったからです。日本のマスコミは正義や大義という概念を盲信していました。ドイツとの同盟も手放しで肯定しました。戦争が終わって戦後になっても同様です。日本のマスコミは戦争から自分なりの教訓をひきだして、日本は二つの行動をとるのが責任ある態度であると固定観念をもって大衆を洗脳しました。ひとつは軍隊などの軍備をすべて破棄すること、もうひとつは戦争で被害を受けた国々に謝罪しつづけて一切反論しないことです。戦争直後はこれらの概念は強い影響をもちえなかったのですが、長年の教育とマスコミ報道により固定観念となり1980年代以降は無謬となりました。実際は、日本を長年に渡ってかく乱してきた日本のマスコミのつくりだしたこの二つの固定観念こそが日本人を責任ある態度ではなく無責任の態度にかりたてるもので国際的不安定をまねくものでした。さらに長文になりそうなので省略しますが、国際紛争やテロから自国の国民を守るために軍隊をもつのであり、日本のマスコミが主張してきた「軍隊をもつから戦争になる」というのは投げやりで無責任な考え方であり、様々な過ちを繰り返しながらも国際的に発展してきた安全保障の考え方に完全に背をむけています。また歴史認識で攻撃されたらすぐに謝罪するというのも、いずれかの国家が他国の歴史観を一方的に支配するという悪弊につながる道であり、国際常識にも反しています。すぐに謝罪するから、何か事あるたびにすぐに攻撃されるという悪循環をもたらしています。こうした傾向のなかで、ついに自分でもろくに調べもせずに従軍慰安婦問題でも安易に謝罪する日本人や日本の文化人が増えてきました。これも異様なマスコミが日本の社会を長年支配してきたという日本固有の事情です。日本のマスコミは冷戦下で米国を敵視しながらソ連や中国に同調する記事ばかり書いてきました。こういうことも一切忘れさられています。
    米国の指導者が本当に良識ある日本人の声に耳をかたむけていただくことを切望しています。


    • 橘吾郎 says:

      以前に勢いで書いたもので今読み返すと何点か間違いがありました。日韓基本条約で支払ったのは「賠償金」でなく「経済協力金」でした。当時の日本の指導者は常識があったので賠償金と位置づけるのを拒否したのです。また「第二次大戦」前のハルノートの記載も日米の戦争開始前のハルノートでした。


  8. 日本市民 says:

    韓国で歴史教科書をめぐる論争が起きているとのこと。
    「朝鮮人慰安婦は日本軍について回った」
    米軍の尋問報告書にある通りの記載ですね。
    もういい加減に日本軍の話はやめて、ベトナム戦争時の韓国軍の戦時性暴力の歴史をもっと直視したらどうか・・・
    ===
    http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2013&d=1004&f=national_1004_026.shtml
    韓国の保守派「ニューライト」系の学者らが執筆した高校歴史教科書(教学社)をめぐる議論が続くなか、韓国野党・民主党のキム・テニョン議員が同教科書に「朝鮮人慰安婦は日本軍について回った」との記述があることを指摘し、再び議論が巻き起こっている。複数の韓国メディアが3日、報じた。
      報道によると、教科書249ページの右側上段に掲載された慰安婦の写真には、「現地の慰安婦とは異なり、朝鮮人慰安婦は戦線の変更で日本軍部隊が移動するたびに付いて回ることが多かった」との説明が記されているという。
      キム議員は、「(写真の)引用元には慰安婦動員の強制性などについて説明しているが、教科書はまるで慰安婦が日本軍に“ついて回った”ように記述している」と述べ、「慰安婦の動員と運営の強制性を縮小した」と批判した。
      慰安婦の写真は村瀬守保の『私の従軍中国戦線』に掲載されたものだったが、教科書には引用元をポータルサイトの「グーグル」と記していた。インターネットで検索すると、教科書に記載されている写真と説明文がそのまま出ているという。
      キム議員は「出典を確認せず、写真と説明をそのまま引用した」と批判。慰安婦の運営時期についても、実際は1930年代から行われていたが、教科書には1944年以降から始まったような記述があると指摘した。(編集担当:新川悠)


  9. 自然法 says:

    CGSの倉山満講座聴いていたら,政治学者マイケルグリーンというとんでもない学者がいる様子。
    http://www.youtube.com/watch?v=lvyDedtelVY&list=PLgWDZ7Z_8LQbjFmQ9O4VEYPqgXuIMopGL
    ウィキ
    http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%82%B1%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%B3_(%E6%94%BF%E6%B2%BB%E5%AD%A6%E8%80%85)

    こちらにも,抗議署名を送るのがよいかもしれません。


  10. 橘吾郎 says:

    教科書に載っていずれテレビドラマでしょう。過去の行動パターンで大体わかります。一人歩きした「従軍慰安婦」は韓国でそのうち必ずドラマ化されます。日本でいう大河ドラマ系かもしれません。題名は「金XXさんの生涯」とか「XXの花」とかもっともらしい題名をつけてくると思います。そうやって日本を悪者にしたドラマを娯楽にして大衆感情を煽っているのです。常時お祭り騒ぎのような慰安婦騒動は日本人が韓国人を焚きつけて起こしたものであり、結果的に貧困のため自分の貞操を売らざるを得なかった慰安婦たちの運命を愚弄しているとしか思えません。彼女たちは自分を犠牲にして家族を救ったのです。身を売らなければ家族が餓死したり病気で死ななければならない人々が大量に背後にいたのだと思います。
    韓国の歴史ものテレビドラマで大衆を煽りつけて日本に憎悪を仕向けたのはいつ頃からでしょうか。想像以上に古いのかもしれません。印象に残ってるのは閔妃(ミンぴ)のドラマです。これも韓国の憎悪をたきつけたのは日本人でした。いまさら調べる気もしませんが、日本軍が閔妃(ミンぴ)を殺して死体を犯したというデタラメ説をとなえたのは日本人のはずです。ネットが普及する前の時代だったので知識人を名乗るデタラメなやつらが本を出版して、出版したもんの勝ちや~!とばかり適当な検証で妄想をまきちらしていたのです。こういう本も1980年代で、吉田清治の「わが戦争犯罪」だっけー?(ばかばかしいから忘れた)も同じ1980年代です。ろくに歴史に興味をもたない韓国の若者の猛烈な反日はこういうドラマの影響が強かったに違いありません。今年の韓国で日本の統治時代を評価した90代老人を中年の男が怒りで我を忘れて殴り殺したという事件がありましたが、間違いなくこの男は優しい閔妃(ミンぴ)が残忍で冷酷な日本人に殺されたという韓国ドラマを絶対にかじりついて見ていたに違いありません。1億ウォンかけてもいいです。キチガイじみたドラマは馬鹿を殺人にまでかりたてます。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>