【署名ご協力御礼】パリ ユネスコへ反論書と反対署名を提出しました

<2015年8月3日記>
7月30日にパリのユネスコを訪問し、反論書・参考書籍と共に署名を提出いたしました。
産経新聞7月30日付
「捏造された資料」 ユネスコに反論書簡 日本の民間団体「南京」「慰安婦」中国の記憶遺産申請に異議

<2015年7月21日記>
7月20日までに集まりましたオンライ署名8,238と直筆署名を合わせ、いただいたコメントと共にユネスコ提出用に纏めました。
たくさんの署名、ご協力有難うございました。
signatures
*****************************************************************

中国が2014年、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関/“United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization)の世界記憶遺産(
Memory of the World)に「慰安婦性奴隷の記録」、「南京大虐殺の記録」資料を登録申請しました。

今年2015年の9月頃にその可否が決まる予定です。

このような記録がユネスコで一度登録されてしまえば、慰安婦性奴隷・南京大虐殺が史実であるかのように利用され、更なる慰安婦像建立や日本糾弾に繋がり、日本の名誉が貶められ続けることになりかねません。

これに対し、民間有志が藤岡信勝先生(拓殖大学客員教授)、高橋史朗先生(明星大学教授)らにご協力いただき、反論書を作成しました。

この反論書に「中国の記憶遺産登録反対の請願署名」を添えて、7月下旬にパリのユネスコに提出する予定です。
※7月20日までにいただいた署名をコメントと共に纏めます。

皆様の反対の意志を国際社会に直に届ける機会です。
署名が一筆でも多く集まりますよう、ご協力、何卒宜しくお願い申し上げます。

署名はこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓

chn.ge/1dMMXwT

image06_1

<参考ニュース>

夕刊フジzakzak 2015.6
中韓が「慰安婦」世界遺産登録を画策 断固阻止へ反対署名がスタート

産経 2015.6.10
【解答乱麻】慰安婦40万人…中国の「虚説」記憶遺産に反論を 明星大教授・高橋史朗

産経 2015.6.10
中国が記憶遺産の証拠として父撮影写真を無断申請、福岡の医師抗議 

62 thoughts on “【署名ご協力御礼】パリ ユネスコへ反論書と反対署名を提出しました

  1. Takeshi Watanabe says:

    署名8238名、おめでとうございます。そして御苦労様でした。しかし残念ながら私の住むサンフランシスコにおいて、慰安婦像設置決議案が21日にも市議会を通過して、チャイナタウンに新しい像が設置される様子です。ありもしなかった出来事をさも真実のように捏造して、自分が正義の味方の様に立ち振る舞うこれらの人々によって在米日本人が、そして日本という国がいわれのない辱めをまた受けるのかと思うと、地元大使館、そして外務省は何をしているのかと思いたくなります。皆様の活動がさらに大きなものとなり、世界に対して歴史の誤解を解く原動力となることを、願ってやみません。


  2. R says:

    中国が資料としている写真に、ご 遺族が「父の写真が無断で使われている」と訴えています。
    中国は、所有者が許可していない写真を無断で申請しており、著作権を持っていると虚偽申告しています。

    http://the-liberty.com/article.php?item_id=9537

    南京についても捏造だらけです。

    こうした中国の嘘をユネスコに知らせて、登録を却下させなければなりません。

    http://the-liberty.com/article.php?item_id=9361


  3. 日本市民 says:

    国連女子差別委員会に引き続き、ユネスコへの反論書簡提出の2アクションありがとうございます。ご苦労さまでした。
    ===
    「捏造された資料」 ユネスコに反論書簡 
    日本の民間団体「南京」「慰安婦」中国の記憶遺産申請に異議
    http://www.sankei.com/politics/news/150730/plt1507300035-n1.html

    【パリ=内藤泰朗】中国政府が国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界記憶遺産に南京事件と慰安婦の歴史資料の登録を申請したことを受け、日本の複数の民間団体が30日、パリのユネスコ本部を訪れ、中国側の申請は「捏造(ねつぞう)された資料」に基づくものだとする反論書簡をユネスコ側に提出し、登録しないよう申し入れた。

     10月初めに開かれるユネスコの国際諮問委員会で、登録の可否をめぐる勧告が出るのをふまえた動きで、ユネスコの担当者は諮問委員会の委員長に書簡を手渡す意向を示したという。

     昨年6月の申請時の文書によると、中国政府は旧日本軍が多くの中国人を殺害したとして、「南京虐殺」と、慰安婦に関する歴史資料を世界記憶遺産に登録申請した。登録されると「歴史的に貴重な資料」と公式に認められ、デジタルデータで保存され、広く一般に公開されることになる。

     反論書簡は拓殖大学の藤岡信勝客員教授と明星大学の高橋史朗教授の2人が監修。ユネスコと、勧告を出す予定の国際諮問委員会の各国の専門家14人に宛てて作成された。

    書簡は、南京事件は「日中戦争当時、日本軍と戦う中国国民党が日本軍の残虐性と非道さを描くためのプロパガンダ(政治宣伝)として捏造した事実で創作したものだ」と断じている。

     また、慰安婦の問題については近年、日米両国の学会で活発に議論が行われている事実を紹介。だまされたり、親に売られたりする犯罪はあったものの、多くの米国の学者らが「戦時下における売春婦だった」との結論に達していることを明らかにしている。

     さらに、苦しんだ女性たちには同情を示しつつ、「中国と韓国の民族主義によって事実がゆがめられ、政治的に利用されていることに強く反対する」と表明している。

     書簡とともに、主張の根拠となる参考文献や反対署名の名簿も提出された。ユネスコ日本代表部は、「中国側が日中両国の過去に起きた負の遺産をあおり立てていることは遺憾だ、という日本側の立場をユネスコ側に伝えた」としている。


    • 日本市民 says:

      『History Wars Japan-False Indictment of the Century』
      (邦題・歴史戦 世紀の冤罪はなぜ起きたか)
      ===
      「歴史戦」英日対訳版が発売 「慰安婦問題の真実」が世界に向けて発信
      http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20150730/dms1507301201011-n1.htm

       「慰安婦問題の真実」が世界に向けて発信される。産経新聞が同問題を特集した連載「歴史戦」の英日対訳版が29日、産経新聞出版から発売された。国際社会での誤解を解く突破口になりそうだ。

       書名は『History Wars Japan-False Indictment of the Century(邦題・歴史戦 世紀の冤罪はなぜ起きたか)』(1200円+税)。

       朝日新聞は昨年8月、慰安婦問題の大誤報を認めたが、海外では理解が進んでおらず、各地で慰安婦像の設置計画が進められている。

       夕刊フジで「ニッポンの新常識」(金曜掲載)を連載する米カリフォルニア州弁護士、ケント・ギルバート氏は「海外の人たちは慰安婦問題を知らない。無知なので、反日団体が『日本がひどいことをやった』といえば信じてしまう」「慰安婦問題の真実を記した本の英語版を出版することは重要だ」と語っている。


  4. 日本市民 says:

    【台湾で歴史教科書「中国化」に反対する高校生らによる歴史教科書闘争が進行中】
    ===
    http://www.excite.co.jp/News/chn_soc/20150729/Recordchina_20150729030.html
    台湾で高校歴史教科書の指導要領改定問題をめぐる対立が激化している。政府はあくまで「微修正」にとどまるとしているが、反対派は全体の60%が改定され、あくまで中国の一部として台湾の歴史を描こうとする政治的判断が働いていると批判している。

    中国本土からやってきた軍人が多くの台湾住民を殺害した1947年の「二・二八事件」、その後40年続いた「白色テロ」と呼ばれる恐怖政治については内容が減らされたと指摘されているほか、「日本統治」が「日本植民地統治」、「台湾接収」が「台湾回復」、「慰安婦」が「強制された慰安婦」など主観的な価値判断を含む語句に変えられた。

    批判者はすべての慰安婦が強制されたものというならば、戦後に作られた軍公認の慰安所「軍中楽園」で働かされた女性たちも強制されたものであると認めるべきだと主張しているが、政府は日本による「強制」は歴史的事実と反論している。


    • 日本市民 says:

      台湾の高校生が「大臣室」を占拠!―歴史教科書「中国化」に抗議
      http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-2614.html


      • 日本市民 says:

        悲しいことに抗議を行っていた高校生の一人(林冠華さん)が自殺しました
        ===
        【最後の言葉】
        台灣の歴史を中国の考えにしたがう、國民党のひどい教科書内容の変更に、戦った学生が自殺しました。

        彼の最後の言葉は「正しいことをしたのに、どうして起訴された」

        反課綱生林冠華自殺 最後談話:做對的事為何會被起訴
        http://www.appledaily.com.tw/realtimenews/article/local/20150730/658411/
        2015年07月30日11:14
        反課綱微調北高發言人林冠華驚傳在家中自殺,他的母親向警消表示,兒子昨天心情低落深,遂與他一直聊到今凌晨2時許,勸他不要那麼執著,以為已經沒事了,怎料今清晨發現兒子房門打不開,趕緊通報119求助。

        林冠華的姊姊則表示,弟弟這幾天都悶悶不樂,曾與他聊過反課綱一事,弟弟說課綱微調有問題,為何不能去爭取,明明他做的是對的事,為何會被抓,很擔心自己因此遭到起訴。


  5. 日本市民 says:

    【韓国が「従軍慰安婦」関連施設の世界遺産化を目指している】
    ==
    https://the-liberty.com/article.php?item_id=10021

    中国の「南京」「慰安婦」ユネスコ申請に続き韓国も? 日本は談話で屈するなかれ

    中国がユネスコに提出した「南京大虐殺」と「従軍慰安婦」に関する資料の記憶遺産申請を追ってきた。今回は、その次に、韓国が「従軍慰安婦」関連施設の世界遺産化を目指していることに注意を喚起したい。

    本年5月の韓国紙では、元慰安婦たちが共同生活を送る「ナヌムの家」周辺に展示館などの関連施設を備え、追悼公園として整備する事業が開始されたことを報じていた。そして、「ナヌムの家」所長の見解として、この事業が、この一帯を「世界遺産」としてユネスコに登録申請するための準備であることを明かしていたのだ。(聯合ニュース日本語版 2015年5月12日付)

    「記憶遺産」と「世界遺産」は、言葉が似ているので紛らわしいが、この二つには性質の違いがある。

    「記憶遺産」は、歴史的に貴重な文書や書物、絵画や楽譜、映画などで保全すべきものを対象とする。「世界遺産」は、「世界遺産条約」に従って普遍的な価値を持つと認定された建造物や自然地域などを対象としている。

    つまり、中国が文書類などの「ソフト」をユネスコに「記憶遺産」として認定させた後に、韓国が慰安婦関連施設という「ハード」まで含めて「世界遺産」認定を勝ち取ろうとしているのだ。(韓国の慰安婦施設には、当然、慰安婦資料が列挙されるので、正確には「ソフト+ハード」である)

    これはユネスコの名を借りての反日運動を、世界に広げるための試みだと言える。

    「記憶遺産」から「世界遺産」、というできすぎたタイミング?

    記憶遺産の認定はユネスコ単体で決めるので、各国との条約に基づいた世界遺産に比べて申請を出しやすい。そのため、まずは「記憶遺産」を申請し、これが通ったら「世界遺産」認定で日本を追い詰めるという流れになっている。

    聯合ニュース日本語版(15年5月7日付)によれば、韓国は従軍慰安婦に関わる記録と関連施設を世界遺産とすべく、16年3月末までにユネスコに登録申請するという。

    この両者のつながりを十分に認識していないためか、日本政府の動きは鈍い。しかし、その両者が連動した時の相乗効果を考えれば、日本は今の段階で、明確に、慰安婦の強制連行もなく、南京大虐殺もなかったという歴史的事実を主張しなければならない。

    自虐談話撤回は必須である・・・・・


  6. 日本市民 says:

    【中韓、売春婦の記憶遺産登録で連携】
    ===
    上海で中韓の元慰安婦招き集会 ユネスコの記憶遺産登録めざし、両国の連携強化
    http://www.sankei.com/world/news/150918/wor1509180056-n1.html

    旧日本軍の従軍慰安婦だった中国人女性と韓国人女性の証言を聞き、慰安婦問題について考える集会が18日、中国上海市の上海師範大で開かれ、大学生ら約200人が参加した。

     中国政府は昨年、慰安婦や南京大虐殺に関する資料を国連教育科学文化機関(ユネスコ)の記憶遺産に登録する申請を行った。韓国も慰安婦関連資料の記憶遺産登録を目指す姿勢を示しており、集会は登録実現に向け連携を強化するのが狙い。

     慰安婦問題を研究している上海師範大の蘇智良教授は慰安所の設置を示す資料や証言を紹介するとともに、記憶遺産登録申請への支持を呼び掛けた。

     蘇氏はまた、来年、慰安婦被害を象徴する2体の少女像を上海師範大構内に設置する構想があることを明らかにした。


  7. 日本市民 says:

    【記憶遺産、10月4~6日に審査】 
    ===
    http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG22H0D_S5A920C1000000/

    2015/9/22 21:28
    歴史的な文書や絵画の記憶遺産への登録を決める国連教育科学文化機関(ユネスコ)国際諮問委員会が10月4~6日にアラブ首長国連邦で開かれる。日本からは第2次大戦後のシベリア抑留の資料と国宝「東寺百合文書」の2件を申請している。結果は7日までに公表される見通しだ。

     中国が申請した南京大虐殺や従軍慰安婦の資料も審査される。日本政府は真正性を疑問視し取り下げを求めていた。「明治日本の産業革命遺産」の世界遺産登録に続き、歴史問題を巡る対立を招くおそれがある。

     諮問委はユネスコ加盟国の14人の委員で構成し、世界的な重要性を非公開の場で審査。結論を踏まえ、ユネスコ事務局長が登録の可否を最終決定する。〔共同〕


  8. 日本市民 says:

    中韓など6カ国・地域が「慰安婦」戦線 
    記憶遺産登録、来年は共同申請を計画
    ===
    http://www.sankei.com/politics/news/151003/plt1510030008-n1.html

    中国や韓国、台湾など6カ国・地域がそれぞれの所有する慰安婦に関する資料を、来年3月にも国連教育科学文化機関(ユネスコ)の記憶遺産に共同で登録申請する計画があることが2日、わかった。記憶遺産をめぐっては、4日からアラブ首長国連邦のアブダビで開かれる国際諮問委員会(IAC)で中国の公文書館などが昨年申請した「慰安婦関連資料」「南京大虐殺文書」が審査される。慰安婦関連資料の登録は「保留」になるとの情報があることから、中韓などは次回の登録を確実にするために連帯した体制を整える構えとみられる。

     中韓などの登録申請の計画は、明星大学の高橋史朗教授が2日に自民党本部で開かれた、「国際情報検討委員会・日本の名誉と信頼を回復するための特命委員会合同会議」で明らかにした。

     高橋氏は詳細を説明していないが、中韓と台湾のほか、オランダ、フィリピン、北朝鮮が「国際連帯推進委員会」を結成して共同で登録申請を目指していると説明した。主体は民間団体とみられるが、政府が関与する国・地域もありそうだ。高橋氏は「(日本には)官民一体となった取り組みが求められる」と訴えた。

    一方、4日からのIACで審査される中国側の申請について、自民党の合同会議に出席した外務省幹部は「中国に10回以上、『どういう資料があるのか開示してほしい』と要求しているが、中国は申請が認められ、資料が一般公開されるまでは一切回答できない」との立場を取っていると説明した。また、ユネスコに対しても慎重な審査を申し入れるとともに、「ユネスコの政治利用への懸念」を伝えているという。

     IACの結果は7日にユネスコのホームページで発表される予定。


  9. 日本市民 says:

    韓国外交部「旧日本軍慰安婦記録物の世界記憶遺産登録、韓中日関係に影響与えない」
    ≫≫こういうのを、**というのだが、日本の民間が逆のことをどんどんやっても問題ないということですね。最も、日韓断交でOKとういうのが日本人の考えだが。
    ===
    http://japanese.joins.com/article/702/206702.html

    韓国外交部は民間レベルで推進中の旧日本軍慰安婦の世界記憶遺産への登録は、韓日両国の政府関係には影響を及ぼさないという見解を明らかにした。

    魯光鎰(ノ・グァンイル)外交部報道官は6日、定例ブリーフィングで韓国と中国が慰安婦問題を世界記憶遺産に登録しようと推進していることに関連し、このように伝えた。

    魯報道官は、「現在、韓国の民間機関で推進している旧日本軍慰安婦記録物の登録は関連記録物を保存しようと考える民間レベルでの努力の一つ」とし「このような努力が3カ国における2国間関係に影響を及ぼすとは考えない」と述べた。


  10. 日本市民 says:

    【「南京大虐殺」は登録、「慰安婦」は却下】
    日本の申請2件は登録されたそうですが、今回の件でユネスコの権威は失すいしてしまったので有難味はない。
    口先だけの日本政府も「遺憾」で終わりそうだ。
    ユネスコに国民の血税を投入するくらいなら、そのお金を国内の歴史遺産の保護に回した方がよい。
    「慰安婦」も今回は却下されただけ。しつこく韓中が次回登録を狙ってくるだろう。
    メリットのない日中韓首脳会談などどうでもよいのでないか。尚更、日韓首脳会談などどうでもよい。
    ===
    ユネスコ拠出金見直しへ 「断固たる措置取る」日本政府
    http://www.sankei.com/politics/news/151010/plt1510100015-n2.html

    中国が申請していた「南京大虐殺文書」が記憶遺産への登録が決まったことに対し、日本政府筋は「断固たる措置を取る」と述べ、ユネスコの分担金拠出などの一時凍結を検討する構えを見せている。

     平成26(2014)年度のユネスコ予算の日本の分担率は米国の22%に次ぐ10・83%で、金額は約37億1800万円。米国が支払いを停止しているため、事実上のトップだ。さらに分担金以外でも、さまざまな事業に対する任意拠出金があり、同年度のユネスコ関係予算は計約54億3270万円に上る。

     外務省首脳は「日本の分担金はトップクラス。(ユネスコ側が)日本からの申し入れに真剣に耳を傾けることに期待したい」として、中国の申請案件の登録が認められた場合は拠出金の凍結もあり得るとのシグナルを送り、慎重な審査を求めていた。

     一方、中国の分担率は6位の5・14%で日本のほぼ半分。任意拠出金も日本より少ない。しかし、中国の動きに詳しい関係者によると、中国は、記憶遺産の周知を図る名目で関係者を中国に招待するなどしているという。記憶遺産事業だけでなく、アフリカでの女子教育などにも中国は積極的に支援を行っており、「さまざまな形でボコバ事務局長の思いに応えている」との指摘もある。

    中国の登録申請を受け、“防戦”に回った日本も傍観していたわけではなかった。「審査を行う国際諮問委員会メンバーに対し、ユネスコ加盟国は働きかけられない」(日本外務省筋)ことから政府はその動きをつまびらかにしていない。しかし、「政府は関係する分野の専門家などと協力し、委員側に日本の主張を伝えてきた」(与党議員)という。民間団体もパリのユネスコ事務局を訪問し、英文の反論文を提出している。

     記憶遺産は、人類にとって歴史的価値のある貴重な文書の保護などを目的とする。中国が日本を貶(おとし)めるために利用する「南京大虐殺文書」の登録が本来の目的にそぐわないことは明らかだ。政府関係者は「今回の申請も受理も理解できない」と述べ、記憶遺産事業の見直しもユネスコに働きかけるべきだと強調した。


    • 日本市民 says:

      九州知覧の特攻遺書の記憶遺産申請が国内審査で外れた。理由の一つが「周辺国の理解が得られていない」があったと思う。
      周辺国の日本のクレームあっても無視して、歴史歪曲記憶遺産申請する中国を日本人も見習ってはどうでしょうか。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>