河野氏からの返信に対する手紙

河野洋平氏からの返信に対し、「日本人の子どもを守る母の会」からの手紙を添付し、なでしこアクションより再度河野氏宛てに下記の手紙を出しました。

平成25年12月 9日

 河野 洋平 様

平成25年11月25日付の河野様よりのお手紙拝読いたしました。ご多忙のところ、返信下さったことに心より感謝申しあげます。

私どもの質問5項目にお答えいただけ無かったのは非常に残念ですが、同封して下さった新聞記事の内容と現在も気持ち・考えが変わらないことをご説明下さり、河野様の慰安婦問題に対するお考えを知ることが出来ましたことは、大変有難いことと思っております。

いただいた新聞記事は昨年(2012年)10月8日付ですが、これ以降、米国では韓国系団体のロビー活動が更に活発になり、各地で日本軍慰安婦非難決議が採択され、慰安婦記念碑が建立されました。今後も更に増える計画がニュースで聞かれます。

世界に広まる「20万人の婦女子を拉致して性奴隷にした日本」という全く事実無根、捏造の歴史を覆す第一歩は、河野様が談話当時の経緯を公の場で説明してくださることと、多くの国民が切望しております。

先の質問状に添えた抗議文を書いた「日本人の子どもを守る母の会」から河野様のお手紙を読んでの意見をいただいていますので同封いたします。慰安婦問題を取り巻く状況がこれからの日本と次世代の日本人にとっていかに弊害があるかをご理解いただきたく、ご一読いただけますようお願い申し上げます。

なでしこアクション 山本優美子

**************************************

【添付】

平成25年12月 9日

元衆議院議長
元内閣官房長官
河野洋平 様

公開質問状への回答に対する意見書

日本人の子どもを守る母の会

代表 豊田育代

『なでしこアクション』の公開質問状に対する2013年11月25日付の河野様からの返書及び別添の2012年10月8日の読売新聞記事を拝読致しました。返書には私達が抗議文で強く訴えた在米邦人が直面している危機的状況に対する言及はまったく無く、貴方様が邦人やその子ども達のことを少しも気にかけていない、ということがよく分かりました。極めて残念に思います。国会の中からも貴方様に証言を求める声が高まっている昨今、なぜその声に応じていただけないのか、理解に苦しみます。

抗議文では、「河野談話」が根拠となり米国に韓国人慰安婦を記念する石碑や像が次々と設置され、在米邦人が苦しい状況に置かれていることをお伝えしました。抗議文は決して冷やかしや興味本位ではなく、やむにやまれぬ状況に追い込まれての切実な抗議行動であることをご理解ください。「慰安婦募集の強制性」を簡単に認めてしまった「河野談話」の存在が、日韓友好どころか、現在では市民レベルでの大きな摩擦の源となっています。実際、当地では在米邦人と在米韓国人との間に溝が出来つつあり、個人レベルでの交流にも気を遣う日々です。このままでいくと、この溝が将来決して渡ることが出来ないほど深くなってしまうのは必然的です。抗議文を通して私達の訴えを聴かれたにもかかわらず、それを黙殺し、「政治問題、外交問題化させるべきではない」と主張されるのは、国民の代表として長年にわたり衆議院議長を勤められた貴方様の、私達在米邦人、ひいては日本国民全体に対するあまりにも無責任かつ残酷な仕打ちではないでしょうか。

2013年8月11日に、あるツイッターユーザーがご子息河野太郎氏のアカウントに「あ、従軍慰安婦問題の嘘を広めた野郎だ!」とリプライを寄せたことに対し、太郎氏が「俺がなにかしたか?」と怒りのツイートを返されました。立場や状況こそ違っても、同じように「私達がなにかした?」という「濡れ衣を着せられている気持ち」には共感できます。「性奴隷を容認した国」と言われるほど日本人の人権意識に対する国際的評価が大きく損なわれているのですから、早急に「国際的な日本人バッシング」の元凶である「河野談話」を国会にて検証しなければならないのは「自明の理」です。

2013年11月10日付の産経新聞記事によれば、訪米した韓国の国会議員団が10月27日に在ロサンゼルス韓国総領事館にロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトルの総領事を集め、慰安婦問題を国際人権問題として扱うよう指示したとのこと。その目的は、在米韓国人や韓国系米国人のコミュニティーと連携しながら「米国市民レベルでの草の根運動」を促し親韓派の養成を求めること、です。これは、今後永続的に、米国一般市民から日本人が「慰安婦問題で謝れ」と責められ、人権を蹂躙した民族としてのレッテルを貼られ、後ろ指を指され続けることを意味します。国連本部も米国にありますから、そうなった場合の国際的影響力は計り知れません。米国を生活の拠点としている私達にとっては、本当に恐ろしい事態です。

現実問題として、在米邦人の多くは、大人も子どもも、自国の歴史教育を信じる一部の韓国系住民からの嫌がらせに自力で対処しながら生活しています。しかし、歴史を逆手に取った反日政策と「河野談話」が存在し続ける限り、日本人に対して不当な嫌がらせをする人達はいなくなりません。慰安婦像設置から4ヶ月経ちますが、早くもグレンデール中央公園は、韓国系の人々にとっての象徴的な場所となっています。多くの韓国人団体が訪れ、像を取り囲んで賑やかに記念撮影をしています。また、現地米国人の子ども達が訪れて、像と碑文から人権蹂躙について学び始めています。もはやこの場所は、私達日本人にとっては言葉にし難いほど屈辱的な場所となってしまいました。像の台座に刻まれた大日本帝国軍の残虐ぶりを伝える文章が“捏造”であることを広く世界に周知させてほしい、と心から願います。碑文全文と写真を添付いたしましたので、そのあまりにもひどい捏造ぶりを、是非ご自身でご確認ください。

「河野談話」のツケを私達や談話発表当時には生まれてもいなかった子ども達が支払わされるのは、まったくもって納得のいかない、理不尽なことです。邦人の子ども達が“日本人である為に”肩身の狭い思いをし、捏造の歴史から生まれた世間の偏見や嫌がらせ等の圧力をはね返す術もなくひたすら耐えるだけの現状を、どう思われますか。「日本の将来を担う子ども達にとっての最善は何であるのか」を真っ先に考えてください。そして、米国で暮らす日本人の子ども達の平和な日常生活を守る為、早急に、自ら率先して「河野談話」を撤回していただきたいと思います。

以上

**************************************

グレンデール慰安婦少女像の石板に刻まれている碑文
DSC00592 - Copy

CIMG4608

CIMG4609

CIMG4611

『わたしは日本軍の性奴隷でした。』
乱れた髪型は、この少女が大日本帝国軍によって、住んでいた家から拉致されたことを象徴しています。
握り締めた二つの拳は、正義を勝ち取ろうというこの少女の固い決意を表しています。
剥き出しの不安定な足は、薄情で思いやりがないこの世界に少女が見捨てられてきたことを表しています。
少女の肩に止まった鳥は、わたしたちと亡くなった犠牲者の絆を象徴しています。
誰も座っていない隣の椅子は、まだ正義を見ないまま死を迎えようとしている年老いた生存者たちを象徴しています。
(像の後ろの床に描かれた)少女の影に映っているおばあさんは、永いあいだ沈黙の中で過ごしてきた時間の経過を象徴しています。
影の中にある蝶は、犠牲者たちがいつの日か甦り、謝罪を受けられる日が来ることへの希望を表しています。

『平和の記念碑』 Peace Monument
1923年から1945年にかけて、20万人以上のアジア人とオランダ人の女性たちが、韓国、中国、台湾、日本、フィリピン、タイ、ベトナム、マレーシア、東ティモール、インドネシアの彼女たちの家から拉致され、大日本帝国軍によって強制的に性奴隷にされました。
2012年7月30日に、グレンデール市が「慰安婦の日」を制定したこと、そして、2007年7月30日に、アメリカ合衆国議会が、米国下院決議案121条を通過したことを祝し、これらの罪について日本政府に対して歴史的な責任を受け入れることを求めます。
このような非道徳的な人権蹂躙が二度と繰り返されないことを心から願います。
2013年7月30日

60 thoughts on “河野氏からの返信に対する手紙

  1. 日本市民 says:

    岸田外相が韓国大使と会食しています。今週中にも「河野談話の検証結果」が公表されるという話もありますが、今の時期の韓国大使との会食は疑っていいでしょう。
    岸田外相、外務省は信用できません。
    最も国民が求めているのは、「河野談話の破棄」ですから、検証結果は関係ありませんが・・・
    ===
    ttp://sankei.jp.msn.com/politics/news/140610/plc14061010590011-n1.htm
    岸田外相、韓国大使と会食 「日韓には困難な問題あるが、対話が重要だ」
    2014.6.10 10:59
     岸田文雄外相は10日午前の記者会見で、9日夜に韓国の李丙●(イビョンギ)駐日大使と会食したことを明らかにした。李氏からの招待で、都内の韓国大使公邸で行われた。
     会食で岸田氏は「日韓間には困難な問題はあるが、政治レベルを含めた対話が重要だ」と指摘。日韓間の意思疎通の重要性について双方が一致した。岸田氏は拉致被害者などの再調査で合意した日朝協議についても説明した。
    ●=王へんに其


  2. 日本市民 says:

    ホームページに公開された「河野談話検証結果」報告書との情報です

    http://www.kantei.go.jp/jp/kakugikettei/2014/__icsFiles/afieldfile/2014/06/20/20140620houkokusho.pdf


  3. 日本市民 says:

    河野洋平ら国会招致要求へ
    ===
    ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140621-00000078-san-pol
    国会で慰安婦募集の強制性を認めた「河野洋平官房長官談話」の問題点を追及してきた日本維新の会の山田宏衆院議員は20日、検討チームによる国会報告について「元慰安婦の聞き取り調査を基にして談話が作られたのではないことがはっきりした」と評価した。ただ、検証の根拠となった資料が明示されていないとして、再検証を求める意向を示した。国会内で記者団に語った。

     山田氏は「聞き取り調査は儀式であり、韓国側との(談話の)すり合わせの状況が明らかになった」とも語った。その上で「当時の内閣外政審議室が深く関わっていることが分かる」と述べ、河野氏や談話作成に関わった谷野作太郎元外政審議室長の参考人招致の必要性を強調した。山田氏は22日の通常国会閉会後の早い時期に衆院予算委員会の開催を求める考えだ。

    慰安婦募集の強制性をめぐり日韓両国がすり合わせを行った影響に関しては「談話が玉虫色の表現となった。談話が独り歩きしていく結果をもたらした」との見解を示した。

     報告の裏付けとなる資料の添付は不十分だとも指摘し、「単なる『日本側の主張』で片付けられてしまう可能性がある。国際社会に証拠を示さなければならない」と語った。
     山田氏は2月20日の衆院予算委に参考人として出席した談話作成時の事務方トップ、石原信雄元官房副長官に質問。聞き取り調査の裏付けがなかったとの証言を引き出し、政府が検証に取り組む契機となった。


  4. 日本市民 says:

    6月21日に行われた山口市「河野談話に対する抗議集会&デモ」の記録動画(一部)です。当日、河野洋平の講演もあり、同時にテキサス親父も近くで講演を行い、河野へのカウンター抗議として行われました。
    先般の河野談話の政府検証で、「河野談話が韓国のために作文された嘘、捏造談話」であることは国民に明確になりましたが、記者会見での河野の「強制連行はあった」発言など韓国と事前に示し合わせたのではないかと疑われる問題などは全く解明されていません。次は河野の国会招致を実現し、河野にこの問題について国民に丁寧に説明してもらわないといけません。自民党はこのことについてちゃんと責任をとった行動をしないと、国民の真の支持は得られません。

    http://www.youtube.com/watch?v=EkZe_KPNY5I


    • 通りすがり says:

      河野談話が中国、韓国の「慰安婦世界記憶遺産」登録申請の大きな支えになっている訳ですから、河野談話検証を中途半端な形で終わらせることは日本国民として認めるわけにはいきません。また自民議員もこのままではいつまでも「売国党」の汚名を払拭することはできません。自民議員には他党違って自浄能力があるということを示して欲しいです。


  5. 日本市民 says:

    山田議員のtwitter情報です。
    「議長まで務めた元議員を招致する事例は、本人が犯罪への関与が取りざたされた以外はない」なんて理由にもならないです。
    自民党も勘違いしないで欲しい。山田議員のバックには日本国民の要求があるんです。
    自民党塩崎筆頭理事へ抗議を入れましょう。
    抗議先
    https://ssl.jimin.jp/m/contact
    ===
    山田宏 @yamazogaikuzo
    14日「外交安保」をテーマに予算委員会が開かれることになり、次世代の党を代表して私も質問に立つ。検証報告もあり、また「従軍慰安婦の共同研究」「従軍慰安婦の歴史遺産登録申請」など、昨今中国もこの問題に「参戦」してきており、やはり「河野談話」は取り上げなければならない。

    山田宏 @yamazogaikuzo
    全く納得いかない。河野さんも発言したいかもしれないのに門前払いとは。これが「河野談話」の問題点を鋭くしてきた自民党の安倍総裁の意向ではないはず。そして河野元衆議院議長殿。もし国権の最高機関の議長経験者としての矜持をお持ちなら、ぜひ自ら進んで国会での説明責任を果たしていただきたい。
    about 4 hours前

    山田宏 @yamazogaikuzo
    しかし。。。たった今自民党の塩崎筆頭理事から「河野氏の招致は自民党としては行うべきでない」という結論になったという連絡を受けた。理由は、「議長まで務めた元議員を招致する事例は、本人が犯罪への関与が取りざたされた以外はない」からだそうだ。本人の意向も聞かずに門前払いとは。
    about 5 hours前


    • 日本市民 says:

      さらに重大なのは、それでも「強制連行」はなかったという姿勢で作られた「河野談話」の発表の席で、当の河野氏自らが記者の質問に答えて「強制連行はあった」と断言してしまったことが、検証報告書に記されていることだ。なぜ証拠もない『強制連行』をあっさり認めたのか。ご当人しか説明できない。


  6. 日本市民 says:

    ★意見広告 「河野談話」の検証はまだ終わっていません
    ttp://www.iza.ne.jp/izablog/island2/3240448/
     政府は六月二十日、河野談話(平成五年)の検証報告を公表しました。
     慰安婦問題を巡って「セックススレーブ(性奴隷)二十万人」という事実無根の中傷が世界中に広まっており、検証はなされて当然でした。
     しかし、その内容は、当時の河野洋平官房長官と外務省が行った謝罪外交の失敗を覆い隠すものでしかありませんでした。これでは、汚された日本人の名誉は回復されません。
     平成四年一月の訪韓で、宮沢喜一首相は八回も謝罪しました。その時点で、慰安婦強制連行があったのかどうか、政府は調査をしていませんでした。「私は女の狩り出しを命じた」(吉田清治氏)というありもしない証言と朝日新聞の誤報で激高した韓国世論におもねって、その場しのぎで謝ったのでした。調査もせずにとにかく謝罪する―、外務省主導のこうした外交姿勢は非難されてしかるべきです。
    国益と名誉を回復するために、政府と国会は外務省の自己弁護を許すことなく、検証を継続していかなければなりません。

    談話作成に責任を負う河野氏と外務省関係者の国会での説明は不可欠です。

     事実こそが、反日宣伝から日本を守るのです。

    ★杉田衆議院議員 「河野談話」のこれから

    http://www.youtube.com/watch?v=2rIQvhJra_A#t=1144


  7. 日本市民 says:

    Japan Timesから「朝日新聞が強制連行は捏造だったと認めた」との英文報道がありました。
    http://www.japantimes.co.jp/news/2014/08/05/national/politics-diplomacy/asahi-shimbun-admits-errors-in-past-comfort-women-stories/#.U-RfPbkcRMs
    Asahi Shimbun admits errors in past ‘comfort women’ stories
    ===
    But the Asahi , again like mainstream historians , maintained that most “comfort women ” from Korea were forced to work as prostitutes against their will since they were recruited by private-sector brokers through human trafficking .
    ≫≫
    ここの部分、どういう契約だったのかは朝鮮人女衒、保護者といった人たちの問題では・・・。
    http://www.youtube.com/watch?v=0b7ST_DxzIY

    “The ( Japanese ) government study has revealed that in many cases they were recruited against their own will , through coaxing , coercion , etc. , and that, at times , administrative / military personnel directly took part in the recruitments .
    ≫≫
    時には官憲、軍の要員が直接募集に参加した。??


  8. 橘吾朗 says:

    吉田清治の訂正記事を朝日新聞がだしたことを昨日知りました。おそらく吉田清治もとっくに死んで、吉田と朝日新聞との腐れ縁などの証拠のほとんどを抹殺したので、今がちょうどよいタイミングだと思って言い分け公開にふみきったのでしょう。

    以下は朝日新聞への疑問をまとめたものです。このうち疑問1)と疑問2)、疑問12)などにやっと答えた感じですが、ものすごい言い訳だらけです。完全に頭が狂っています。
    「朝日が吉田清治にだまされた被害者?」なんていうのはとんでもない。当時の朝日新聞が騒動を起こした後は、従軍慰安婦騒動に疑問をていする政治家や日本人など人々の「言論封じ」にまい進したのです。狂った言論弾圧魔のファシストだったのです。当時を知らない若い人には想像できないと思います。
    朝日新聞は「捏造」「歪曲」「印象操作」を巧妙にくみあわせて洗脳します。この使い分けを熟知して追い詰めないとどこまでも逃げ切ります。徹底的に追い詰めてください。「朝日新聞の問題はもういい、もはや米国や国連などが問題」という人に反論したい。朝日新聞が倒産か廃刊でもすれば、ほとんどこの問題は解決つきます。理屈はくどくど述べませんが、そう確信しています。徹底的に息の根をとめるまでに追い詰めてください。
    みんなで頑張りましょう。

    疑問1)
    ・従軍慰安婦騒動の発端は朝日新聞が慰安婦強制連行の生き証人という吉田清治を有名人にしたところから始まる。こんな蛮行が行われていたのかと世間は驚愕した。
    驚愕したからこそ大問題になったのだ。ところがこの証言は真っ赤なウソであることが判明したにもかかわらず、朝日新聞が一切釈明も弁明もしないのはなぜか。あまりに無責任ではないか。国連のレポートにまで採用されて筆舌につくしがたい日本への誹謗中傷につながったのに朝日新聞はいっさい弁明もせず放置した。
    そのあまりに異様な対応はどんな発想に基づくのか?
    (南京大虐殺でも本多勝一が中国共産党のつれてきたホラ吹き証人を好き放題にしゃべらせて朝刊記事にしたが、肝心な日本人の関係者の裏をとろうと一切しなかった。このような著しく異常で冷酷な報道活動は朝日新聞の習性であり文化なのか?)

    疑問2)
    ・吉田清治とともに朝日新聞がクローズアップした生き証人が金学順という元慰安婦であった。金学順が身内に売られたことを意図的にふせて日本軍が強制連行したかのように報道したのは植村記者である。この報道では日本人に特定の印象をもたせるために著しい捏造が行われたと考えるが朝日新聞の解釈はどうか?

    疑問3)
    ・金学順が強制連行されておらず身内に売られたことはほぼ正しいと見られているが、ではそのような境遇の金学順氏に日本が改めて謝罪や賠償を行う必要があったと考えるか?補償するのは日韓基本条約の協定にもとづいて韓国側が行うという解釈ではだめなのか?

    疑問4)
    仮に上記のような金学順氏に日本が賠償すべきと朝日新聞が考えるのであれば韓国であろうが米国であろうが他の国家も過去に自国の軍隊が利用した慰安婦に対して一律賠償すべきと考えるが、朝日新聞はどう考えるか?

    疑問5)
    さきごろ日韓の根回しにより河野談話が作成されたことを日本側が公開したことに対して、朝日新聞は6月21日社説で公開したのは日韓が秘密にするとの約束を反故にしたので「信義に反する」と主張した。では日韓基本条約で日本が韓国側に民間への賠償も含めて援助金を韓国に渡したことを、韓国政府が国民に公開しなかったのは信義に反してないか。それこそ深刻な問題ではないか。
    民間賠償の分も含めて日本が韓国政府に支払ったことを韓国政府は国民に知らせていなかったため、日本への賠償せよとの訴訟が起こったのであるから当時の韓国政府の責任は重い。そういうことを日本国民に隠蔽してなにゆえ朝日新聞は日本政府だけを一貫して責め立てるのか。

    疑問6)
    朝日新聞により乱発されるいかにも意地の悪い「常套句」に
    「他の国もやっていたから日本だけが謝罪するのはおかしい、というのは無責任であり大人の態度ではない。悪ければいさぎよく謝罪し補償すべき」
    というのがあるが、朝日新聞こそ、どれだけ悪いことをやっても、いっさい反省せず謝罪せず開き直るのはなぜか?
    言っていることと、やっていることが正反対ではないか。戦前の朝日を
    好戦的だったと非難するのはたやすいぞ。戦後の朝日をなぜ真摯に検証しない。
    しかも朝日新聞のやったことは「ほかの新聞社もやった悪いこと」ではないぞ。他紙どころか朝日新聞の一社だけだった、慰安婦問題で捏造報道を行ったのは。

    疑問7)
    「他の国もやっていたから日本だけが謝罪するのはおかしい」のは大人の態度ではないというが、ベトナムで多数の女性を強姦し虐殺して、ほとんど真摯な謝罪も賠償もしない韓国が日本軍むけの韓国人慰安婦を執拗に責めるのはおかしくないか?
    これら被害となったベトナム人女性こそ商業的な慰安婦ではなく普通の市民であったのである。しかも朝鮮戦争の際には韓国は自国の女性を慰安婦として酷使している。そのようなあまりに異常なダブルスタンダードを黙殺して、なぜ一方的に韓国を応援するのか?

    疑問8)
    慰安婦は労働の対価として報酬を受け取っていた。けれども朝日新聞の発想では、慰安婦が属する慰安所の経営や管理に日本軍が関与していたので、過去にさかのぼって現代の日本政府がその苦痛に対して賠償すべきだという。
    では欧米など他国も同様に賠償せよという理屈になるがそう考えるのか。またヨーロッパの某国家も売春宿の経営に国家が関与していたから、その売春宿に属する売春婦も、耐え難い苦痛を受けたケースについては、その政府が網羅的で組織的に賠償しなければならないという理屈になると思われる。
    違うというならどこが異なるのか。慰安婦は従軍看護婦(看護師?)などより安全なところでサービスをして対価を受け取っていたのである。
    従軍看護婦も耐え難い苦痛を受けて頑張った。従軍看護婦へは賠償不要であるが、慰安婦には賠償せよという異様な発想はどこからくるのか?
    単に日本軍を徹底的におとしめてゲテモノにしたいだけなのではないか?(朝日新聞の「日本軍がニューギニアで大強姦」などの記事を参照)

    疑問9)
    朝日新聞が率先して日本中に広めた概念が「ドイツは日本よりはるかに真摯に過去を反省している」という考え方である。朝日が長年に渡って徹底して日本中に植えつけた先入観のひとつである。日本中どころか世界中に吹聴したことはまぎれもない事実である。そのため韓国の大統領も中国首脳などもこの考え方にそって日本を現在糾弾しているのが世界の実態である。
    さて朝日はドイツの戦中の慰安婦制度を知っているのか?取材して記事にしたか?
    またドイツが個々の慰安婦を探し出して謝罪または賠償しようとしたか?
    そもそもドイツと日本の慰安婦制度の比較を真摯に行ったことがあるか?
    ドイツと日本の対応を比較して長年日本のみを糾弾しつづけてきたのなら、責任をもって最低でもその裏づけをするべきではないか?

    疑問10)
    朝日新聞は米国の性奴隷非難決議に異議をとなえなかった。そして米国も日本の慰安婦制度を非難していると米国に追従した。
    ということは朝日は、米軍が他国の慰安婦制度を利用したことを不問に
    していると考えてよいのか?
    米軍むけの韓国人慰安婦が過去すでに米国を告発して謝罪と賠償を求めている。
    現在生存する慰安婦の証言をもとに罪のレベルが推し量られるのならば米国も日本同様の謝罪と賠償をすべきだと(正常な頭脳をもつ人間なら)考えるが、朝日新聞はそうは考えないのか?
    もしそう考えるなら米国が一方的に日本の慰安婦制度を非難するのは
    悪質なダブルスタンダードではないか?

    疑問11)
    米国への朝日の迎合については大きな疑念がある。なぜ米軍が占領後に日本で慰安婦を利用したことを問題提起しないのか?
    日本人も米軍に強制連行されて慰安婦にされたという証言がある。
    なぜ日本人女性が米軍から受けた破廉恥や屈辱を棚上げして、米国に追従して日本側の非のみを非難するのか。
    慰安婦騒動に関与した朝日新聞への国民の非難をかわすために、
    米国からの批判を盾にして利用しているのが本音ではないか?

    疑問12)
    新聞社どうしで論争が発生することがある。たとえば朝日新聞は産経新聞や読売新聞と種々のテーマで過去に論争を行っている。
    ところが慰安婦問題に関しては読売または産経からのいかなる批判に対しても朝日新聞はほぼ沈黙というか黙殺をつらぬいている。
    これはあまりに不誠実ではないか。
    しかも、黙殺しながらも、本テーマに関して相変わらずひとりよがりの社説を毎月のように書き散らかしている。
    正々堂々と反論せずに、あたかも論争がないかのように朝日読者に思い込ませたいという動機が見え見えであるが、読売や産経が本テーマにおいて朝日新聞を過去に批判したのは一度や二度ではない。自己の読者に不誠実ではないか。
    読者を馬鹿にしているのか。中立公正の観点から論争に応じるのが報道機関の責務ではないのか?

    (過去の読売の記事より一部抜粋)

    [5月14日 読売新聞]従軍慰安婦問題、河野談話で曲解広まる
    従軍慰安婦問題は1992年1月に【朝日新聞】が「日本軍が慰安所の設置や、従軍慰安婦の募集を監督、統制していた」と報じたことが発端となり、日韓間の外交問題に発展した。記事中には「主として朝鮮人女性を挺身ていしん隊の名で強制連行した」などと、戦時勤労動員制度の「女子挺身隊」を“慰安婦狩り”と誤って報じた部分もあり(以下省略)

    [10月16日付・読売社説]
    (米国議会の)決議案は、「20万人もの女性が性奴隷にされた」
    「家から拉致され……性的な強制労働につかされた」などと、裏付けのない記述が数多く含まれている。
    慰安婦問題は1990年代初頭、一部全国紙が、戦時勤労動員制度の
    「女子挺身(ていしん)隊」を“慰安婦狩り”だったと、【歴史を捏造(ねつぞう)】して報道したことから、日韓間の外交問題に発展した。

    [11月1日付・読売社説]
    「いわゆる従軍慰安婦問題が日韓両国間の外交問題になったのは、1992年の【朝日新聞】の報道が発端だ。旧日本軍に関し、『主として朝鮮人女性を挺身隊の名で強制連行した』などと事実関係を誤って報じたもので、これを受けて韓国で日本への反発が強まった」

    ※これはほんの一部である。ここまで指摘され批判されても一切反論せず。朝日新聞記者は人間のクズである。

    現在の状況を見ろ!!!!! 人間のクズめ!!!!
    下記の記事。「1130回目」のデモだってさ。
    (2014.6.23)
    ●慰安婦問題世界で非難繰り返す韓国・中国「慰安婦問題」
     元慰安婦、死してなお「反日道具」…1130回目の「糾弾水曜デモ」
    ttp://www.iza.ne.jp/topics/politics/politics-45-m.html

    疑問13)
    朝日新聞は慰安婦問題に関して様々な市民活動家の告発を支援して
    慰安婦問題を国際レベルまでおしあげてきた。その過程ではいろいろな
    キーマンがいたが、たとえばその1人が戸塚悦郎という弁護士である。
    戸塚悦郎は、国連人権委員会で慰安婦を人道上の罪として国連の介入を求めた。その後、ジュネーブ開催の国連人権委員会に提出された
    クマラスワミ女史の報告書は、家庭内暴力を主テーマにしているのに、
    その付属文書に「戦時の軍用性奴隷制問題に関する報告書」と題して、半世紀以上前の日本の慰安婦問題を取り上げるようにしむけた。

    さて戸塚は、この時にもジュネーブで本岡昭次参議院議員とともに、
    デモやロビー活動を行った。報告書は、やはり吉田清治の本や、
    慰安婦たちの証言を取り上げているが、その中で、北朝鮮在住の
    元慰安婦の証言として、

     仲間の一人が一日40人もサービスするのはきついと苦情を
    言うと、ヤマモト中隊長は拷問したのち首を切り落とし、「肉
    を茹でて、食べさせろ」と命じた。

    などというとんでもない話を紹介した。この元慰安婦は、
    1920年に生まれ、13歳の時に一人の日本兵に拉致されたというが、
    1933年の朝鮮は平時であり、遊郭はあったが、軍専用の慰安所は
    なかった。その程度の事実確認もされていない証言が4例紹介され、
    その上で日本政府に対し、被害者への補償、犯罪者の追及と処罰を
    勧告したのである。

    朝日新聞はこういう活動家の告発が真実にもとづいたものと報道機関
    として検証したのか。それともプロパガンダとして便乗したのか?
    どちらだ?なぜこの程度のことも検証しない?振り返らない?

    河野談話やその周辺の検証が進めばこういうでたらめなプロパガンダ
    活動の過程まで暴露され公衆の知るところになるから、
    河野談話の検証に反対しているーーーというのが朝日新聞の本音では
    ないのか?真相を公にされると自社に不利になるからという自己保身に
    過ぎないのを日本の国益とか日韓関係のためなどとカムフラージュしているだけではないのか?
    全部こたえろよ!! 
    朝日新聞、お前たちには人間として答える義務があるぞ。
    これだけ多くの国民が批判しているのに黙殺するなら
    お前はナメクジほどの価値もない

    疑問14)
    日本だけを糾弾する怪しげな証言を世界のあちこちから血まなこ
    になって、探し出してくる。そして「謝罪せよ、賠償せよ」と日本を
    糾弾するのが国内の異様な活動団体の手口で、慰安婦騒動でも
    同様だった。朝日新聞はそのような活動家と共謀して報道機関として世界のあちこちで騒動を起こす手助けをした。これは報道機関ではなく
    工作機関のやることであると考えるが違うのか?
    さてインドネシアで驚くべき規模で慰安婦騒動を起こしたのは
    高木健一という弁護士である。なんと慰安婦だと名乗り出れば
    200万円の補償をもらえると宣伝して1万7千人のインドネシア人
    が名乗り出たのである。ところがインドネシアは韓国とは違った。
    インドネシアの良識ある政治家が「インドネシア人をバカにするな。
    金でつる気か」と激怒した。狂った活動家が世界中でプロパガンダ
    流して慰安婦騒動を拡大するのを朝日新聞はいかにも正義の味方の
    ように演出した。驚くべきことにこの高木健一は韓国から国民勲章
    (牡丹章)までもらったという。
    そしてこういう滑稽な出来事は封印され、あいも変わらず
    怪しげな被害者証言だけを単発で記事にのせ読者を印象操作した。
    このような異常な活動家は世界中にいるだろう。日本の悲劇は
    朝日新聞のような巨大メディアがそのマニアックな活動を
    狂ったように支援して批判すらできないような聖域にしてしまった
    ことである。
    そして「被害者支援、被害者支援」といいながら韓国により不法に
    強奪された竹島周辺で拉致され死ぬような思いをした数千人の
    日本人漁師への被害聞き取りや賠償の観点は一切ない。
    その屈折したイデオロギーと異常性は子どもでもわかる。

    工作機関でないなら、以上すべての疑問に答えてみろよ
    記者どころか、人間のクズめ

    疑問15)
    仮に当時、日本兵が戦地で外国人女性を強姦したとする、そして
    その女性が名乗りでる。もしこれが真実としたら、日本人のひとり
    としては謝罪の意をあらわしたいと思う。しかしこれは、あくまで
    国家の犯罪ではなく個人の犯罪である。当時の連合国でも、現在
    の先進国の軍隊の基準でもそうである。トップが謝罪するにしても
    管理責任は認めるが、個人の罪として認識し謝罪する
    ところが朝日新聞の一貫した意図は、あやしげな証言を死に物狂いで
    探して「数」でかせぐ。そしていかにもそういう個人の犯罪を積み重ねて
    頻発したように見せかけて、これだけ数多いのだから、国家にも
    責任あるように見せかけて、結局は「国家の犯罪」にしたてる。
    これが朝日新聞の手口だよ。違うのなら反論してみろ。
    むかしから一貫してその本能がある。
    朝日新聞は、このように個人の犯罪ではなく国家の犯罪であるかの
    ように世界にむかって宣伝して、日本人の国民性の負のイメージを
    まきちらして、日本人を精神的に虐待してきた。こんなマスコミは
    他国にはいない、見たことがない。だから、まさにキチガイ新聞である。
    慰安婦騒動でついに朝日新聞の執念が花開いたというべきか。
    どう考えても異常者の集団である。
    日本だけを虐待する。たとえば米軍はイラク戦争で無辜の民間人を数多く殺傷したが、賠償などする気配がない。そういう米国であるのに
    米国が日本を非難したら、朝日新聞は米国や他国に迎合して追従する。便乗して日本たたきをする。
    どうせ自民党や日本政府など憎い相手をを叩きたいだけなんだろ。
    違うというのなら反論してみろ。人間のクズめ

    疑問16)
    朝日新聞は起床のあとの一発のオナラのようにおそろしく悪質な印象記事を日常的に書き散らかしているようで、無数にそういった記事が多いのでいちいち批判するときりがない。
    しかし原点が狂っているから、なにもかも狂的であるという見本として
    2月27日の記事「慰安婦像めぐり在米住民に溝 グレンデール市議会で異議」。
    これにもおそろしいことをさらりと書いている。

    「ホロコースト博物館やアルメニア人虐殺があるように慰安婦像があってもいいのでは」という慰安婦像に賛成する日系人の意見をこれみよがしに挙げている。
    朝日新聞はこの人物に自社の意見を代弁させているようだ。
    これは病的で精神異常者を思わせる。
    なにが「ホロコースト」や「アルメニア虐殺」だ。当時ホロコーストやアルメニア虐殺は商行為としてお金をもらっていたか? たんまりお金がもらえるとよろこんでそれに参加した人間が1人でもいたか? 慰安所の管理や経営に参加した朝鮮人は多かったが
    ホロコースト施設の経営者はユダヤ人だったか?
    お前らは完全に狂っている。朝日新聞はこの世から消えろ。

    疑問17)
    朝日新聞は自社にとって相当に都合のよい情報しか一方的に流さない。
    たとえば慰安婦問題に関して韓国や米国などの大統領が日本を批判すると、
    それこそ間髪をいれず、ひと言も漏らさずに報道する。
    ところが過去決定的に重要だった首脳発言は完全に黙殺した。

    たとえば盧泰愚(ノ・テウ)は「文芸春秋(93年3月)」で行った紙上対談で
    「(慰安婦問題は)実際は日本の言論機関がこの問題を提起し、我が国の国民の
    反日感情を焚きつけ、国民を憤激させてしまいました」と断言した。
    また盧泰愚は、従軍慰安婦問題は、日本のマスコミが騒ぎ立ててやかましく
    言ってくるので、当方はそれに応えたまでのことだ」などとも発言している。

    この発言は極めて核心をついた重要なものだった。ところが、こういう発言を
    朝日新聞は一切報じなかった。その後も一切報道していない。

    ・韓国大統領
    1988年-1993年 盧泰愚(ノ・テウ)
    1993年-1998年 金泳三
    1998年-2003年 金大中
    2003年-2008年 盧武鉉
    2008年-2013年 李明博
    2013年-    朴槿恵

    振り返ると上記のなかでは盧泰愚が日本を批判していても一番まともだった。
    盧武鉉以降はもう一切手のほどこしようがないくらい出来上がっている。
    慰安婦騒動を煽った朝日新聞は盧泰愚以降も徹底的に韓国を煽りつづけた。

    もはや小学生の壁新聞ほどの公平性もない新聞社であると断言できる。
    「いや公平に報道した」というなら反論してみろ、
    最後に残った燃えカスの良心をふりしぼって日本国民の前で弁明してみろ

    朝日新聞への疑問の続き)
    良心が1ミリでも残っているなら国民の疑問に対して反論してみろ。

    疑問18)
    慰安婦騒動に関して朝日新聞の理論的支柱になったのが吉見義明という学者。
    朝日はよく自社の意見を「自称専門家」の意見で代弁させ、自称専門家の
    研究を利用して読者を洗脳する。そして批判されたら「専門家もこう言ってる」
    と常に逃げまわるのだ。
    朝日新聞が客観的に専門家の真贋を見分ける見識が無いのは明らかであり、
    そもそも「従軍慰安婦」という用語自体が元毎日新聞記者の千田夏光(作家)
    の造語である。専門知識をもつ日本人ならば「従軍」という呼称を使えるのは、
    従軍記者や従軍看護婦など軍の一員の資格を保証されたケースだけというのは
    常識であったが、これを完全に無視して捏造用語に便乗した。
    朝日新聞の採用する自称専門家が特に日本軍関連分野ででたらめが多いことは
    すでに731毒ガス実験の写真事件などから有名であった。(このときも朝日は
    紙面に数名の自称専門家を登場させ「歴史的発見」とか「動かぬ証拠」とか
    大見えをきったが完全な捏造であったことがすぐ発覚した。こういうのが一度や
    二度でないのがすごいところである。悪意をもって意図的にやっていたのである)


    • 橘吾朗 says:

      長々と貴重な掲示板に感想かきこんですみません。

      正しい知識を。
      日本人が安易に謝罪すれば、世界中に巣食う筋金入りの
      反日勢力のえじきとなるだけです。
      1990年代前半に国際的に広まった「日本軍の慰安婦=性奴隷」
      は、朝日新聞の捏造キャンペーンから始まったものです。
      とにかく朝日新聞はヘビー級の捏造魔です。
      多くの日本人に拡散しましょう。

      (以下参考、当時反論されていた意見です。。こういう意見を反日勢力や左翼が
      徹底的にふうじて国民の目をあざむいて騒動をひろげたのです。)

      朝日新聞が大キャンペンをやった数年後にはなんとアメリカのニュースを見ていたら
      CNNで日本軍が100万人の女性を性奴隷にしたというニュースが流れていて
      ぼうぜんとしました。
      朝日新聞は地獄に落ちろ、日本人は絶対にゆるしてはなりません

      ◎慰安婦問題の基礎知識(慰安婦の収入について)

      売春婦の収入は人や時や場所によって違います。
      収入やチップを店と本人で分ける比率も違うようです。
      代表的な中国の漢口の慰安所では、慰安婦は平均して月に
      500円くらいの収入がありました。
      当時は日本では1000円くらいで家が建ちました。

      外地の普通の売春宿や私娼窟では、売春婦は知らないうちに
      借金を増やされたり搾取されて、病気で死ぬまで働かせられる
      ことも多かったのです。しかし、慰安所では経理が軍に監督される
      ために、外地の普通の売春宿や私娼窟のように売春婦を搾取する
      ことができません。
      それで慰安所の慰安婦は二年以内くらいで借金を返し大金を
      ためて足を洗うことが可能でした。

      陸軍大将の収入の2倍という話は、左翼側が珍しく本物の慰安婦の
      証言を出してきたことがあったのです。
      そして慰安婦だった証拠として、彼女が慰安婦の当時に郵便貯金を
      したと言ったのです。それで郵便貯金の原簿が調べられると、
      2、3年以内で2万何千円を貯金していたのです。
      それで収入が陸軍大将の年俸の2倍だという話が出たのです。
      (普通の兵隊は衣食住はただですが、月給は10円くらい)


  9. 日本市民 says:

    朝日新聞の件は「誤報」ではなく「意図的な捏造報道」です。
    ===
    われわれが強く要求するのは河野氏の国会招致だ。
    朝日新聞と“共闘”した福島氏らにも説明を求める 
    次世代の党・杉田水脈衆院議員
    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20140809/plt1408090800001-n2.htm

    慰安婦問題で、朝日と“共闘”した人々にも、公の場での説明や訂正、謝罪を求めたい。
     特に、元慰安婦の弁護人となって日本政府を相手取り損害賠償訴訟を起こした社民党の福島瑞穂前党首や、ソウルの駐韓日本大使館前で開かれた慰安婦デモに参加した民主党の岡崎トミ子元国家公安委員長などは、政治家として、きちんと自分の過去の行動の責任を取ってもらいたい。
     そして、われわれが強く要求するのは河野氏の国会招致だ。自民党の石破茂幹事長も「朝日新聞関係者を国会招致して説明を求めたい」という意向だが、自民党幹事長なら、まずは河野氏を差し出すべきだろう。


  10. 日本市民 says:

    潰すべきは「河野談話」
    ===
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140901/plc14090103190005-n1.htm
    米国サンフランシスコの中華街に新たな慰安婦像を設立する準備が進行中だ。中国系団体「世界抗日戦争史実維護連合会」による初の像設立は米国での対日歴史戦で中国が前面に躍り出たことを意味する。8月29日、国連人種差別撤廃委員会が最終見解を発表、元慰安婦と家族に謝罪と十分な補償、日本の責任者の法的責任追及を求めた。これからも私たちは中韓のいやな動きに直面するだろう。
    ・・・
    中国も韓国も、決して日本の河野談話否定を許さない。両国はアメリカを舞台にした対日歴史戦で手を組み陰謀を深化、かつ加速させた。彼らは成功し、2007(平成19)年には米下院が河野談話を引用して対日非難決議を採択した。オランダ、カナダ、EUなども続いた。中韓両国の高笑いが聞こえるではないか。その高笑いに対して日本は闘わないのか。
    ・・・


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>