西尾先生スピーチを基にした英文メッセージ(メール/手紙コピペ用)

西尾幹二先生の外国人記者クラブでスピーチ(2013.4.4)の内容を基に英文メッセ―ジを作りました。
このままコピー&ペーストしてメール・お手紙に利用できます。
文章は適当にアレンジして下さって結構です。
資料URLを加えても良いと思います。

※日本語訳は英文の下にあります

【英文メッセージ】

Dear Sirs/Madams,

I hope this email finds you in excellent health.

I am writing this message of important subject as a one Japanese citizen. I would like you to know the true story.

Recent few years, Korean American’s anti-Japanese propaganda and lobbying become extremely active. Korean’s allegation is during WWII the Imperial Armed Forces of Japan abducted approximately 200,000 young women and forced them into sexual slavery known as “Comfort Women”. The House of representative of the United States passed a resolution on comfort women , as well as CA, NY and NJ State Legislatures. Moreover, Korean American groups have put up monuments of comfort women in the public properties in NJ and NY, and planning to build more all over US.

Japanese are upset about this situation. We do not try to rewrite the history. Also we are not revisionists or right wings. As the fabricated history is spreading, we cannot miss damaged our ancestors’ honor, and we want you to know the fact what the real history is.

There existed at that time women called “Comfort Women”. There existed in the world women who had misfortune to be in prostitution because of poverty or of any other reasons. But the fact that Japan as a state power forced women into prostitution did not exist. Not to speak of abduction of about 200 thousand young women loaded in trucks heading for fields of battle. It’s absolutely fictitious since there is no evidence wherever people go to look for. If such abduction had happened in Korea at that time, there would have been riots since 80 % of police officers were Koreans. The Comfort Women issue began with a lie which has been strengthened by those who take profit from this lie, helped by awkward explanations of Japanese government.

First of all, the United States and any other countries are not entitled to disgrace Japanese people in relation to war and sex. Mr. Eiichi Isomura, ex-professor of Tokyo Metropolitan University and the President of Toyo University, who was the head of Shibuya Ward in Tokyo at the time of GHQ occupation, received order from officer of GHQ to collect women for prostitution for them and to build a kind of installation named “Recreation Center”. It’s said that there were some women who sold their lives in change of just one bar of chocolate at the time of extreme shortage of food. Now that the issue on Comfort Women is getting a worldwide matter, he confesses that he cannot stop getting ashamed of himself and to blame himself for having thrown his country women into prostitution for American soldiers. (The Sankei Newspaper Sept. 17, 1994)

Also Mr. Syumon Miura, the President of Japan Art Academy, known as a moderate non-radical person wrote in the following words. ”If the issue on Comfort Women is treated as an issue of army and sex, it should be included that the American Army of occupation using Japanese police blocked streets to operate medical examination of VD to all the women there including non-prostitute and that there were many rapes. Most of rapes and such kinds of crimes were buried in the darkness.” (The Sankei Newspaper Aug. 2, 1996)

Japanese comfort women called “Panpan” or “Only” in showy wear and make-up used to walk hanging round American soldiers. The number of these Japanese women is estimated about 200 thousands.

A magazine for the lowbrows at the time of occupation named “Liberal” reported a note. A young woman who was taken to a special comfort station lost her virgin in the first day ,had sex with American soldiers 15 times per day at least, too frightened to move, and became someone different.
“I heard from every room yells and laughs of American soldiers and sobbing of women.”
“There were those who got sick in 2 or 3 months and lost their senses.”
“This was an epitome of the scenes seen all over Japan.”
(Excerpt from the November 1954 edition of the magazine)

I would like to say to the American society, Christian organizations and etc. which accuse Japan, that they should know what their fathers and brothers did in Japan and be ashamed of themselves.

Japanese government should demand apology and compensation to American government. If American government cannot do it or does not have intension to do it, then Japan should neither make an apology nor compensate for the issue on Comfort Women. Reciprocity, equality and fairness should be the basic rules in the international relationship.

To penetrate its righteousness for US-Japan war, US seems to wish that Japan had been atrocious, inhuman country. Or US could not justify itself which committed historical crime such as the drop of atomic bomb and the bombing of Tokyo.

Several resolutions that passed in the federal, states’, counties’ and cities’ congresses and/or senates are annoying and irritating the conservatives of Japan who are used to be pro-American cooperating on the US anti-communism policy after the World War II. There is a risk that Japanese people who are falsely charged, hurt, smoldering, the frustration being internally accumulated, will be finally pushed towards anti-America.

The worst thing is to exaggeratedly describe the “Comfort Women” issue in order to adjudicate Japan on the same basis as that for Germany that was governed by Nazi and committed the Holocaust.

There is an important German document titled “Prostitution, Homosexuality and self-destruction – Problems in German sanitary guideline, 1939-1945” Franz Seidler. It reports on the scientific base the realities of perfect state prostitution of Germany, the sanitary control, the management of prostitution house and the abduction and the confinement of non –prostitute women.

Racial matter was one of the difficult things to deal with in relation to prostitution under the Nazi governed Germany. If a German officer or a cadre man of Nazi has sex with a Jewish woman, he will be executed. The west and the east European areas are different each other in every aspect. The state-regulated prostitution was used in Netherland and Norway, on the other hand there was no such system in the east European and the Russian area. So the German commanders at the front made up girls almost forcibly for prostitution.

Nevertheless why was issue on Comfort Women in Germany not born? Because other crimes were so important and atrocious that the issue on Comfort Women was faded away. Compared to the crimes committed by Nazism such as the Holocaust, homicide factory, experiment on a human body, male and female sterilization and mercy killing policy, tragedy of victims by “Army and Prostitution” which exists everywhere in the world from ancient times can’t be located on the same line.

It’s quite ridiculous to exaggerate the issue on Comfort Women for a purpose of putting Japan on the same line of Germany which committed the Holocaust which has nothing to do with Japan, by identifying the Japanese war and the German war which are different in every aspect. Republic of Korea participated in the Vietnam War and left 7,000 to 20 thousands of fatherless children.

I would like to mention an incident. One Japanese unit on the front line in China cornered by American Army handed over Korean comfort women to American Army for a purpose of their safe return to Korea. On the other hand the Japanese comfort women chose death for honor with the soldiers. Japanese soldiers were fighting with the spirit of samurai (Bushidou).

I am grateful to you for taking valuable time to read this mail.

We know that  people of your country cherish and esteem fairness, justice, and truth. We hope that you will make a truthful, fair, and objective judgment on the Comfort Women Issue.

Sincerely yours,

(差出人の名前、連絡先メアド、住所又は在住する市県)
例) Hanako Yamada
hanako@yamada.com
Yokohama, Kanagawa, Japan

—————————————————

【日本語】

ご健勝のことと存じます。
日本人として大変重要な問題がありますので、知っていただきたくこのメッセージを送ります。

ここ数年、米国で、韓国系の反日プロパガンダ宣伝とロビー活動が活発になっています。彼らは「戦時中日本軍が強制連行して性奴隷にした20万人の婦女子が慰安婦」と主張しています。米国下院は慰安婦決議を採択、CA、NJ、NYでも採択されました。更に韓国系団体はNY、NJの公共の場に慰安婦記念碑を作り、全米に今後も増やす計画です。

日本人はこのような状況を大変怒っています。私たちは歴史を書き変えようとしているのはありません。歴史修正主義者でも右翼でもありません。間違った歴史が広まり、我々の先人の名誉が貶められるのを見過せないので、事実を知って欲しいのです。

「慰安婦」という人たちは当時いました。世界には貧困のために、あるいは他の理由で、不幸にして自分の性を売らなければならなかった人たちはいました。しかし日本が国家としての権力を使って強制的に女性たちに性を売らせたという事実はありません。ましてや20万人に近い若い女性が拉致され、トラックに積まれて戦地に運ばれたなどという事実は、どこを探しても証拠はありません。もし当時の朝鮮でそういうことが起これば、当然暴動が起きたでしょう。当時の朝鮮の警察官の8割までが朝鮮人でした。慰安婦問題は、最初のウソが積み重なって、日本政府の弁解のまずさもあり、誤解の輪を広げました。

そもそもアメリカに、あるいは世界各国に、戦争と性の問題で日本を非難する資格はありません。元都立大教授、東洋大学長の磯村英一氏は、敗戦のとき渋谷区長をしていて、米軍司令部(GHQ)の将校から呼ばれて占領軍の兵士のために女性を集めろと命令され、レクリエーション・センターと名づけられた施設を作らされました。市民の中には食べ物も少なく、チョコレート一枚で身体を売るような話も広がっていた時代です。磯村氏は慰安婦問題が国際的話題になるにつれ、自国の女性を米軍兵士に提供したことを自分の恥として後悔しています(「産経新聞」平成6年9月17日)

温健な良識派で知られる日本芸術院長の三浦朱門氏は次のように記しています。「軍隊と性という問題としてなら、戦後の米軍が憲兵と日本の警察を動員し、路を封鎖して全ての女性の性病検診を行ったこと、その際、娼婦でない女性がまきこまれたことも書いてほしい。レイプもあった。事件のほとんどはヤミからヤミに葬られた・・・。」(「産経新聞」平成8年8月2日)

パンパンとかオンリーという名で呼ばれた「日本人慰安婦」が、派手な衣裳と化粧でアメリカ兵にぶら下がって歩いていました。米軍によるこの日本人慰安婦の数はおよそ20万人いました。

『りべらる』という雑誌には、若い女性が特殊慰安施設に連れて行かれて、初めての日に処女を失い、一日最低15人のアメリカ兵の相手をさせられ、腰をぬかし、別人のようになったさまが手記として残っています。

「どこの部屋からも、米兵の叫び声と笑い声と、女たちの嗚咽がきこえてきました。」「二、三ヵ月の間に病気になったり、気がちがったりしました。」「これは何年にもわたって、日本全土にわたって行われたことの縮図だったのです。」(昭和29年11月号から抜粋)

日本をいま告発するアメリカ社会、キリスト教団体等は自分たちの父や兄が何をしていたかを知り、恥を知るべきと言いたい。

日本政府はアメリカに謝罪と賠償を要求するべきです。もしそれができない、そのつもりがないというのであれば、日本も慰安婦問題についていかなる謝罪も賠償もすべきではありません。国際関係はなによりも相互性と公平公正を原則とします。

アメリカは日米戦争において自国の正義を守るために、日本を残虐非道の国であったとしておきたい。さもないと原爆や東京大空襲をした歴史上の犯罪を正当化することができないのでしょう。

これまでのいくつもの米議会の慰安婦決議は、今まで親米的であり、戦後アメリカの反共政策に協力してきた日本の保守層を苦しめ、苛立たさせています。今後この問題をアメリカが謙虚となり、取り下げなければ、無実の罪を負わされ傷つけられた日本人の感情は内攻化し、鬱屈し、反米的方向へ走り出す可能性があります。

一番いけないのはドイツのナチスのホロコーストと慰安婦問題を同列に並べて裁こうとすることです。

重要なドイツ語文献、フランツ・ザイドラー『売春・同性愛・自己毀損―ドイツ衛生指導の諸問題、1939-1945』という本があります。完璧な国家売春を行っていたドイツの実態、衛生管理、売春宿経営、一般女性の拉致監禁が科学的に報告されています。

ナチ管理下の売春では人種問題が困難で、ドイツ人士官や 党幹部がユダヤ人女性と性交すれば死刑でした。あらゆる点で西欧と東欧では対応が違っていました。オランダやノルウェーなどでは公娼制度が施設として利用されました。しかし東欧やソ連地区では公娼制度が存在しませんでした。よってドイツの前線司令官はなかば強制処置をもって売春婦になる少女たちをかき集めました。

それでもドイツの慰安婦問題がなぜ話題にならなかったのかといえば、ナチスのそれ以外の犯罪が余りに巨大で、極悪で、影がかすんでしまったのです。ホロコースト、殺人工場、人体実験、不妊断種手術、安楽死政策というナチスの犯罪と比べれば、世界中大昔からどこにでもある「軍隊と売春」の犠牲者の悲劇は一線に並べることもできません。

日本の戦争をドイツの戦争と同じようにとらえ、ホロコーストをしていない日本をドイツと同じように扱うために慰安婦問題を大げさに言い立てるのは余りにバカげています。

韓国はベトナム戦争に参戦し7000人―2万人の私生児を残してきています。

中国雲南省の最前線で米軍に追いつめられたある日本部隊は、隊内にいた朝鮮人慰安婦を、お前たちは生きて帰れと米軍側に引き渡し、日本人慰安婦は兵隊と共に玉砕した、という事件もあります。日本の兵士たちは武士道をもって戦ったのです。

このメールを最後まで読んでいただいて有難うございました。

貴国の皆様は公正・真実・正義を重んじると信じます。慰安婦問題についての聡明な判断を願います。

13 thoughts on “西尾先生スピーチを基にした英文メッセージ(メール/手紙コピペ用)

  1. AFB says:

    この部分をナチュラルな英語で表現したいのですが、

    よろしくお願いします。

    ”何が真実かではなく中韓のロビーになびいた米国の議員が選挙の票や金を期待して賛同する為、銅像が立つのです。

    米国には星条旗に忠誠を誓わない韓国系住民が増えています。彼らは最近ナチスを引き合いに出して日本に対してプロパガンダをするようになりました。移民大国のあり方を論ずるのは内政干渉になるので控えますが、ドイツは既にとばっちりです。

    日韓の慰安婦問題は、日韓メディアをはじめ多くの人がこの米国報告書を報じない点です。
    「慰安婦の存在」と「慰安婦の強制性」をあえて曖昧にしてアジア女性基金の話は一切しません。慰安婦はどの国にもいました。しかし日本軍による強制の証拠はありません。それにも関わらず日本はアジア女性基金で賠償しています。では、誰が誰にいくら払ったのか、税金ですから国民には知る権利があるはずですが、誰も声を上げません。英霊の顔に泥を塗り、ひいて子供達が虐めにあおうが、苦しむ人がいようが、自身の保身の為に知らん顔している人が一番のこの問題の解決を阻んでいるように思います。”


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>