9月20日オープン!カナダ・ウィニペグの人権博物館の捏造慰安婦展示を断固阻止しましょ う!

【2014.10.2記】
カナダ・ウィニペグの人権博物館に、捏造慰安婦+南京情報が展示されてしまいました。

私たち「日本の名誉を護る在カナダ邦人の会」は電話+メール+手紙で、検証係に情報提供をかなり頑張りました。しかし、ウィニペグ市民以外の声は全く無視されてしまいました。

展示内容は博物館関係者と中韓工作員が決めてしまいました。このギャラリーには中国系カナダ人のコミュニティーから200万ドルを超える寄付金が寄せられています。

このようないいかげんな物が、「国の施設」になってしまいました。カナダ人の税金をプロパガンダに使うなど、愚かしいにも程があります。

私たちはウィニペグ市民ではありませんが、博物館に提供したのは一次情報、しかもちゃんと検証係にとどいているはずです。それなのに、プロパガンダをなぜ「史実」のように展示したのでしょうか?人権博物館が日本の人権を踏みにじっていいのでしょうか?!

しかし、「涓滴岩を穿つ」と言います。これからも博物館を説得し続けます。

政府が新談話を出してくれるのが一番ですが、国際的に安倍首相への批判や圧力が押し寄せるでしょうから、同時に強い国力、安倍首相への確固たる支持が不可欠になると思います。

世の中はいつも変わります。あきらめずに粘り強く史実を発信し続けます。

2014年9月27日
日本の名誉を護る在カナダ邦人の会

<参考ニュース>
時事ドットコム 2014/09/20-06:52
「慰安婦制度」を展示=カナダで人権博物館オープン

Record China 2014年9月22日 2時17分
カナダで人権博物館オープン=慰安婦制度や南京事件も展示―中国メディア

****************************************************

PSA Banner

「日本の名誉を護る在カナダ邦人の会」からお知らせとご協力のお願いが届きました。
9月20日にオープン予定のカナダ人権博物館では2015年から校外学習(School Program )も始まります。カナダの子供達にねつ造の反日の歴史を刷り込む事になります。
カナダと日本の子供達の未来の為にも、皆様のご協力お願いいたします。

******************************************************

2014年9月20日、マニトバ州ウィニペグ市にカナダ人権博物館(The Canadian Museum for Human Rights, CMHR)がにオープンします。

ALPHAという反日組織が絡んでいて、CMHRに「WWⅡの最中に、日本軍がアジアの女性を強制的に性奴隷にした」という、例の捏造慰安婦情報 が展示される予定なのです。

TORONTO ALPHAのサイトを調べてみると、理事会のトップは、カナダに帰化しているとは言えど、中国系、 韓国系の人物です。それ以外の人は、重要なポストには就いていません。

そのALPHAがまたまた巨額の資金をつぎ込んで、自称フィリピン慰安婦のローラ・フェデンシア・デービット(祖母ともども10日間にわたり日本軍に陵辱されたと語っています)をCMHRに連れて来ました。

デービッド証言は本人によるただの口述で、何の証拠もありません。そ れなのに結局デービッドの口述もこの博物館に展示されることになってしまいました。

カナダ政府や自治体も出資しているこの人権博物館が、日本のブラック・プロパガンダを垂 れ流すのを断固阻止しましょう。

是非抗議のメール、手紙にご協力いただけますよう、よろしくお願い申し上ます。

日本の名誉を護る在カナダ邦人の会
代表 はすみ 都志子

<参考>人権博物館ブログより
慰安婦生存者、人権について声を挙げる
“Comfort Woman” Survivor Speaks Out For Human Rights

2013年10月に開催された慰安婦イベント
“Comfort Women” events taking place from October 17-22, 2013

フィリピンの元慰安婦が戦時の強姦、人身売買について語る
“Comfort women” survivor from Philippines promotes human rights against wartime rape, human trafficking

******************************************************

以下【The Canadian Museum for Human Rights宛て抗議】【マスメディア宛て抗議】のメアド、件名例、本文例を纏めてあります。

******************************************************
【The Canadian Museum for Human Rights宛て抗議】

<住所>手紙郵送の場合
Canadian Museum for Human Rights
85 Israel Asper Way
Winnipeg, MB
R3C 0L5

電話 (204)289-2000
ウィニペグ領域外 1-877-877-6037
ファックス(204)289から2001
TTY(204)289から2050

<CMHR メアド>
jodi.giesbrecht@museumforhumanrights.ca
research.curation@museumforhumanrights.ca
learning.programming@museumforhumanrights.ca
june.creelman@museumforhumanrights.ca
chandra.erlendson@museumforhumanrights.ca
mireille.lamontagne@museumforhumanrights.ca
info@humanrightsmuseum.ca

<メール件名例>
* Remove the comfort women exhibit at the Canadian Museum for Human Rights.
* We oppose the exhibit regarding comfort women at your museum.
* Shut down the comfort women exhibit.
* Do your homework before creating an exhibit on comfort women.
* Cancel your exhibit regarding comfort women.
* Stop your exhibit about comfort women.
* We oppose the contents of your comfort women exhibit.

<本文例 その1>※文例は8つあります

To Whom It May Concern

Remove the comfort women exhibit at the Canadian Museum for Human Rights.
The U.S. Military official document “Japanese Prisoner of War Interrogation Report No. 49.” explicitly and vividly shows how comfort women were treated. A comfort woman was not a sex slave, but was “nothing more than a prostitute or “professional camp follower”.

LIVING AND WORKING CONDITIONS
Comfort women lived in near-luxury in Burma in comparison to other places. This was especially true of their second year in Burma. They lived well because their food and material was not heavily rationed and they had plenty of money with which to purchase desired articles. They were able to buy cloth, shoes, cigarettes, and cosmetics to supplement the many gifts given to them by soldiers who had received “comfort bags” from home.

You can view a copy of the report here:

http://nadesiko-action.org/wp-content/uploads/2013/02/Japanese-Prisoner-of-War-Interrogation.pdf

Your website says that ‘The purpose of the Canadian Museum for Human Rights is to explore the subject of human rights, with special but not exclusive reference to Canada, in order to enhance the public’s understanding of human rights, to promote respect for others and to encourage reflection and dialogue (Museums Act).’

Why do you not promote respect against Japan?
If you really encourage reflections and dialogue, please consider my opinion.
At least I recommend that you contact the U.S. National Archives and Records Administration (NARA) and get some third party evidence on comfort women. The contact email is archives2reference@nara.gov and the document is stored under the name “ARC Identifier 2144907 / MLR Number NM84 79: Query re Japanese Prisoner of War Interrogation Report #49”.

It states that “A ‘comfort girl’ is nothing more than a prostitute or ‘professional camp follower.
Please note that it may take up to 2 months for the report to arrive by post. It might arrive faster if you request that the report be scanned and emailed to you. It is suggested that you check with NARA to confirm that they have received your request.

Sincerely,
差出人名 (市、県、Japan)

日本語要約:貴館における慰安婦に関する展示を取り去ってください。
米軍慰安婦49レポートには慰安婦が性奴隷ではなかったことが明確に記されています。(慰安婦レポートの取り寄せ方法)
貴館のサイトには「当館の目的は、人権への理解を高め、他者への尊敬や、省察、対話を促すために人権というテーマを探求することです」と記されているのに、何故日本の人権への配慮、尊敬がないのですか?

******************************************************
<本文例 その2>
To Whom It May Concern

We oppose the exhibit regarding comfort women at your museum.

A Korean comfort woman named Moon Ok-ju, a former prostitute who worked in Burma, visited the Shimonoseki Post Office in Japan to withdraw her savings, and found out her original bank ledger was still there and confirmed. (Note: In Japan, the Japanese Post Office has several banking functions.)

She worked in Burma during a period of two years and three months between June 1943 and September 1945 as a comfort woman, and accumulated a total savings of 26,145 yen in deposits at the military post office. In the 1940s, 5000 yen would have been enough to purchase a house in Tokyo.

Sincerely,
差出人名 (市、県、Japan)

日本語要約:貴館における慰安婦情報の展示に反対します。Moon Ok-juという韓国人慰安婦は下関の郵便局に26,145円(東京に家を五軒買える)を預金していました。彼女の預金通帳はまだ保存、確認されています。

******************************************************
<本文例 その3>
To Whom It May Concern

Shut down the comfort women exhibit.

During the annexation of Korea by Japan, all the mayors of the villages in Korea were Korean. Most of the police officers were Korean. Some Koreans presently insist that 200,000 women were violently abducted by the Japanese military. If so, such a large scale abduction would have been witnessed by neighbours and reported to the police. The Japanese government conducted investigation in response to the testimonial of Korean women but no evidence of abductions was found.

Sincerely,
差出人名 (市、県、Japan)

日本語要約:慰安婦展示を閉鎖してください。日本の韓国併合当時、韓国内の全ての村長は韓国人でした。ほとんどの警察官も韓国人でした。韓国側は二十万人の韓国女性が慰安婦として強制連行されたと主張していますが、そんなことはありえません。

******************************************************
<本文例 その4>
To Whom It May Concern

We oppose your exhibit about comfort women.

The Treaty on Basic Relations between Japan and the Republic of Korea was concluded on June 22, 1965. Prior to establishing basic diplomatic relations between Japan and South Korea, a series of bilateral talks (a total of seven talks) were held from October 1951 to June 1965.

Over that period of 14 years, the “comfort women issue” was never brought on the negotiation table. During the talks the Japanese government proposed direct compensation specifically to individuals, but it was the South Korean government that insisted that it would handle individual compensation on behalf of the recipients.

Japan agreed and the Korean government received the whole amount on behalf of citizens. Where did the money go? The money was used up by the Korean government for infrastructure improvement and economic development (such as the Soyanggang Dam, POSCO, the Gyeongbu Expressway).

In 2005, the Korean government disclosed the classified documents, which had been kept confidential for 40 years and the Koreans learned for the first time about the proposal of the Japanese government.
Sincerely,

差出人名 (市、県、Japan)

日本語要約:貴館の慰安婦展示に反対します。1965年に締結された日韓基本条約において、韓国の日本に対する一切の請求権は解決済みで二度と蒸し返されないことが決められています。会談中に、日本政府は、慰安婦個人への直接の補償を提案しましたが、韓国側は政府が受取人を代表して個人補償を扱うと主張しましたので、日本は同意し、結局韓国政府は市民を代表して補償金全額を受け取りました。
しかしそのお金は、韓国の政府によってインフラストラクチャーの改良および経済発展などに使用され、慰安婦個人の手には届きませんでした。
会談中に、日本政府は、慰安婦個人への直接の補償を提案しましたが、韓国側は政府が受取人を代表して個人補償を扱うと主張しましたので、日本は同意し、結局韓国政府は市民を代表して補償金全額を受け取りました。
しかしそのお金は、韓国の政府によってインフラストラクチャーの改良および経済発展などに使用され、慰安婦個人の手には届きませんでした。

******************************************************
<本文例 その5>
To Whom It May Concern

Do your homework before creating an exhibit on comfort women.
The term “comfort women” refers simply to prostitutes in wartime. But some Koreans have long been promoting a “discredit Japan campaign” which promotes a false version of history in which Japan abducted hundreds of thousands of Korean women and coerced them into sexual services for Japanese soldiers outside of Japan during World War II. This is, for practical and logical reasons, a fiction.
Sincerely,

差出人名 (市、県、Japan)

日本語要約:展示について決める前に、良く調べてください。「慰安婦」という言葉は単に戦時中の売春婦のことを指します。しかし韓国のディスカウント・ジャパン計画によって「WW IIの最中に日本軍によって強制的に性奴隷にされた多くの韓国女性という風に捏造されています。これは実際的にも論理的フィクションです。

******************************************************
<本文例 その6>
To Whom It May Concern

Cancel your exhibit regarding comfort women.

It is true that Yohei Kono, the then Chief Cabinet Secretary of the Japanese government, issued in 1993 a statement that during World War II the Japanese military was, directly or indirectly, involved in the establishment and management of brothels and the staffing of these brothels with prostitutes (comfort women) and that in some cases the comfort women were recruited against their own will, through coaxing, coercion, and other means.
However, it must be recognized that at that time in japan and elsewhere in Asia brothels were legal and common. In Japan, each local government (for instance, the Public Health and Hygiene Bureau in Tokyo Prefecture) was responsible for the oversight of brothels in its area. The local police were responsible for apprehending deceitful recruiters and kept watch to ensure that prostitutes were not mistreated. In war zones it was the military authorities who fulfilled these functions, and also exercised their obligation to keep the comfort women safe. Japanese military administrators were simply doing their duty in their oversight of brothels.
In any case, as to the issue of coercion, in June this year the present Japanese government reviewed the Kono statement and its background and some important facts became clear.
First, after the 1992-3 investigation of Japanese ministry and agency records and US archive records, it was concluded that it not possible to confirm that comfort women were forcefully recruited. Second, it was discovered that there was also no investigation performed on the claims of the women who came forward and claimed to be comfort women before the statement was issued.
Despite that lack of evidence, the Kono statement contained an admission that there was coercion. The reason for that was that the contents of the Kono statement were drafted through a process of negotiation with the South Korea government, and the Japanese side was lead to believe that the issuance of a statement which admitted some coercion and the establishment and administration of a compensation fund would finally settle the issue. The admission of coercion was based on the uninvestigated claims of the women who came forward and not on any written record.
The Japanese Deputy Chief Cabinet Secretary at the time, Mr.Nobuo Ishihara, told Rui Abiru, a reporter of the Sankei Newspaper, that the South Korean side repeatedly told them that if Japan acknowledged that the Japanese army forced the Korean women to become comfort women, they would accept this issue as resolved, so the Japanese side made such admission on that understanding.

However in fact, the South Korean side has used the Kono statement as the basis for demands for further apologies and compensation so the compromise reached did more harm than good.
The report of this review can be found here: http://www.mofa.go.jp/files/000042171.pdf
This is in accord with the determination made by the cabinet of the first Abe government in 2007 that there was no statement of any coercion by the military in ministry or agency records.
Anti-Japan movements in various Asian countries argue that through the Kono statement, the Japanese government has itself admitted that they forced women to become comfort women. That is nothing but propaganda.
Sincerely,
差出人名 (市、県、Japan)

日本語要約:貴館における慰安婦情報展示を取りやめてください。今年の六月、日本政府は「日本軍による慰安婦の強制連行があった」と謝罪した河野談話を検証し、「日本軍による慰安婦の強制連行を示す証拠は何も見つからなかったことや、河野談話作成の基となった慰安婦の聞き取り調査の検証もされていなかったこと、河野談話は韓国側との合作であったこと」を明らかにしました
それ以前の2007年にも、第一次安倍内閣において「日本軍による慰安婦の強制連行を裏付ける資料は見つからなかった」という答弁書を閣議決定しています。
アジアの反日国の「河野談話によって、日本政府自らが強制連行を認めている」という主張は、ブラック・プロパガンダに過ぎません。

******************************************************
<本文例 その7>
To Whom It May Concern

We oppose the contents of your comfort women exhibit.
Why are you including in the exhibit the story of Lola Fidencia David? First it is based only on her verbal statements? And how does her story, even if true, provide any support to the claim that the comfort women system was staffed by sex slaves and not by prostitutes?
The people who will see such an exhibit will be misled about the truth.

Sincerely,

差出人名 (市、県、Japan)

日本語要約:慰安婦の展示に反対します。何故自称フィリピン慰安婦のLola Fidencia Davidの展示を許すのですか?それは本人による口述のほか、何の証拠もありません。展示を見る人たちにそれが史実だと誤解させてしまいます。

******************************************************
<本文例 その8>
To Whom It May Concern

Stop your exhibit about comfort women.
According to this article in the Toronto Star, you are organizing an ‘educational campaign’ with Toronto Alpha. http://www.thestar.com/news/gta/2013/10/21/filipino_comfort_woman_still_fighting_for_apology.html
Toronto Alpha is actually a well-funded anti-Japan organization that mixes fabrications with some historical facts. .
Here is some evidence that Toronto Alpha is not trustworthy. The photo exhibition about the so-called Nanking Massacre and comfort women which was held at the Toronto City Hall rotunda from Nov 27th to Dec 2nd, 2012 with photos provided from Toronto Alpha was a fraud. Please look at the photos on this website ( http://www.japantruth.org/ ) and see for yourselves.

Sincerely,

差出人名 (市、県、Japan)

日本語要約:慰安婦情報の展示をやめてください。Toronto Star紙によると貴館はToronto Alphaと教育プログラムを準備しているそうですが、Toronto Alphaが捏造の歴史を流布する反日組織であることをご存知ですか。証拠はこちらです。(2012年、トロント市役所で行われた捏造南京+慰安婦写真展のサイト)ご覧になってください。

******************************************************

【マスメディア宛て抗議】

<マスコミメアド>
Shane.Minkin@freepress.mb.ca
david.larkins@sunmedia.ca
gosia.sawicka@cbc.ca
dchoquette@globeandmail.com
fornat@thestar.ca

******************************************************
※文例は4つあります。

<文例 その1>
(件名)Canadian Museum for Human Rights infringes Japanese human rights.

(本文)
To whom it may concern

The Canadian Museum for Human Rights (CMHR) is opening this September and they are going to exhibit some propaganda about Japan.
The CMHR says that they “will be exploring how before and during the Second World War, the imperial Japanese military established a system of sexual slavery that forced women in occupied territories to provide sexual service to soldiers. The term ‘Comfort Women’ or ‘Comfort System’ was used as a euphemism to distort the reality that this was a system of mass sexual abuse under the purview of the Imperial Army.”
But that is not true.
There are many primary sources that show they are wrong and one of them is a report written in 1944 (ten months before the end of World War II) by the U.S. Army.
It summarizes the U.S. Army’s interrogation of some comfort women captured in Burma. They were “captured” and not “freed,” because they were with the Japanese Imperial Army in Burma fleeing from the advancing U.S. military.
It states that “A ‘comfort girl’ is nothing more than a prostitute or ‘professional camp follower’, and they are well paid. The women had the right to refuse any customer.”
The contact email for the U.S. Army report is archives2reference@nara.gov and the document is stored under the name “ARC Identifier 2144907 / MLR Number NM84 79: Query re Japanese Prisoner of War Interrogation Report #49”.
Please note that it may take up to 2 months for the report to arrive by post. It might arrive faster if you request that the report be scanned and emailed to you. It is suggested that you check with NARA to confirm that they have received your request.
Sincerely,

差出人名 (市、県、Japan)

日本語要約:今年九月開館予定の人権博物館は、日本が第二次世界大戦中にアジアの女性を強制連行し性奴隷にしたという情報を展示する予定ですが、それは史実ではありません。米国公文書館に保存されている米軍による慰安婦レポートによれば、彼女たちは高給取りの売春婦に過ぎません。(慰安婦レポートの取り寄せ方法)

******************************************************
<文例 その2>
(件名)The Canadian Museum for Human Rights (CMHR) is exhibiting a story without any objective evidence.

(本文)
To Whom It May Concern

The Canadian Museum for Human Rights (CMHR) has informed us that they will be holding exhibits about Ms. Lola Fidencia David who says she was force to be a comfort woman for the Japanese army during the World War Ⅱ.
The story of Lola Fidencia David based only on her verbal statements.
The people who will see such an exhibit will be misled about the truth.
I protest that the CMHR is going to use Canadian tax money for that.
Sincerely,

差出人名 (市、県、Japan)

日本語要約:CMHRは自称フィリピン慰安婦・Lola Fidencia Davidの展示を許する予定ですが、その内容は本人による口述に過ぎず、何の証拠もありません。展示を見る人たちにそれが史実だと誤解させてしまいます。
CMHRがそのようなことにカナダ人の税金を使うことに抗議します。

******************************************************
<文例 その3>
(件名)
The Canadian Museum for Human Rights (CMHR) is going to exhibit fabricated history with Canadian tax money.

(本文)
To Whom It May Concern

The CMHR is planning to exhibit propaganda that the imperial Japanese military established a system of sexual slavery that forced women in occupied territories to provide sexual service to soldiers. The museum claims that the terms ‘Comfort Women’ or ‘Comfort System’ were used as euphemisms to distort the reality that this was a system of mass sexual abuse under the purview of the Imperial Army.’ None of that is true.
It is true that Yohei Kono, the then Chief Cabinet Secretary of the Japanese government, issued in 1993 a statement that during World War II the Japanese military was, directly or indirectly, involved in the establishment and management of brothels and the staffing of these brothels with prostitutes (comfort women) and that in some cases the comfort women were recruited against their own will, through coaxing, coercion, and other means.
As to the issue of coercion, in June of this year the present Japanese government reviewed the Kono statement and its background and some important facts became clear.
First, after the 1992-3 investigation of Japanese ministry and agency records and US archive records, it was concluded that it not possible to confirm that comfort women were forcefully recruited. Second, it was discovered that there was also no investigation performed on the claims of the women who came forward and claimed to be comfort women before the statement was issued.
This is in accord with the determination made by the cabinet of the first Abe government in 2007 that there was no statement of any coercion by the military in ministry or agency records.
Anti-Japan movements in various Asian countries argue that through the Kono statement, the Japanese government has itself admitted that they forced women to become comfort women. That is nothing but propaganda.
Sincerely,

差出人名 (市、県、Japan)

日本語要約:CMHRは「日本軍はWWⅡ中にアジアの女性を慰安婦として強制連行した」という情報を展示予定ですが、それはプロパガンダに過ぎません。今年の六月、日本政府は河野談話を検証し、「日本軍による慰安婦の強制連行を示す証拠は何も見つからなかったことや、河野談話作成の基となった慰安婦の聞き取り調査の検証もされていなかったこと、河野談話は韓国側との合作であったこと」を明らかにしました
それ以前の2007年にも、第一次安倍内閣において「日本軍による慰安婦の強制連行を裏付ける資料は見つからなかった」という答弁書を閣議決定しています。
アジアの反日国の「河野談話によって、日本政府自らが強制連行を認めている」という主張は、ブラック・プロパガンダに過ぎません。

******************************************************

<文例 その4>
(件名)
Anti-Japan organization ALPHA has now teamed up with the CMHR.

(本文)
To Whom It May Concern

Alpha is actually a well-funded anti-Japan organization that mixes fabrications with some historical facts. It has now teamed up with the Canadian Museum for Human Rights (CMHR) .
According to the article in the Toronto Star, the CMHR is organizing an educational campaign with Toronto Alpha.
Here is some evidence that Toronto Alpha is not trustworthy.
The photo exhibition about the so-called Nanking Massacre and comfort women which was held at the Toronto City Hall rotunda from Nov 27th to Dec 2nd, 2012 with photos from Toronto Alpha was a fraud.
These photos have been uploaded to a website (http://www.japantruth.org/), together with other photos and details showing that some of the photos are frauds.
Sincerely,

差出人名 (市、県、Japan)

日本語要約:Toronto Star紙によるとCMHRはToronto Alphaと教育プログラムを準備しているそうです。しかしToronto Alphaという団体は捏造の歴史を流布する反日組織です。証拠はこちらです。(2012年、トロント市役所で行われた捏造南京+慰安婦写真展のサイト)

49 thoughts on “9月20日オープン!カナダ・ウィニペグの人権博物館の捏造慰安婦展示を断固阻止しましょ う!

  1. 日本市民 says:

    慰安婦聞き取り映像を公開で菅長官(別名:遺憾しか言わない長官)が不快感を示したそうですが、なぜ「不快感」なのかまったくわかりません。出鱈目証言だったことが国民に知られるのが怖いのでしょうか?だから「非公開」「非公開」と・・・
    映像では2人の女性が「日本の巡査と朝鮮人に両腕をつかまれ連れて行かれた」「言うことを聞かないからといって腕をねじ曲げられた」などと話している。
    ≫≫「日本の巡査」といっても朝鮮半島だったら、朝鮮人ということでしょう。ということは、朝鮮人によって「強制連行」されたということを、この聞き取り映像は言っていることになりますね。
    韓国が「強制連行の証言は多数ある」と言っているのはこの事でしょうか。
    強制連行されたのに残された家族などは騒がなかったのでしょうか。不思議です。
    どんどん公開してもらった方が色々なことがわかっていいです。日本政府や外務省は河野談話の嘘が増々暴かれて困るかもしれませんが。
    ===
    慰安婦聞き取り映像を公開 韓国団体
    http://sankei.jp.msn.com/world/news/140915/kor14091523160009-n1.htm
    2014.9.15 23:16 [「慰安婦」問題]
     韓国で戦後補償問題に取り組む市民団体「太平洋戦争犠牲者遺族会」は15日、ソウル市内で記者会見し、慰安婦問題をめぐる河野洋平官房長官談話の作成過程で日本政府が実施した元慰安婦の女性に対する聞き取り調査の映像を公開した。
     聞き取り調査は河野談話発表直前の1993年7月にソウルの遺族会事務所で行われた。遺族会は日本側と映像を公開しないことで合意していたが、「安倍政権が談話を極度に傷つけているため、証言の証拠が存在することを知らせる」として公開に踏み切った。
    調査は16人の女性を対象に実施されたが、遺族会は表に出ていない人もいるなどとして、一部を編集した17分間の映像を公開した。映像では2人の女性が「日本の巡査と朝鮮人に両腕をつかまれ連れて行かれた」「言うことを聞かないからといって腕をねじ曲げられた」などと話している。(共同)


  2. 日本市民 says:

    世界27ヶ国の議会で慰安婦非難決議が出ている
    「日本の政治家のトップがこの事実を認め、慰安婦狩りに関しては、日本の一流新聞が特集記事を掲載し、多くの日本人がこの事実を知りながら、未だに誰一人、謝罪していない」
    ===
    http://agora-web.jp/archives/1613388.html
    ・・・
    私がボストンの大学で働いていた頃、アニメーションサークルに所属する韓国系の学生達が、日本軍の慰安婦狩りに抗議する目的で、以下の内容のアニメを制作し、大勢のアメリカ人学生達に公開していました。

    泣き叫ぶ13-14歳の少女達を、日本軍人達が、少女達の腹をにやにや蹴りまくり、軍用トラックに無理矢理乗せて戦地に強制連行した上で、1日に100人以上の日本の軍人達が集団で、身体をわなわな震わせる少女達を強姦する内容でした。

    「これ程、おぞましい光景を見たことはない、20万人以上の少女達が拉致され戦地に連れて行かれたことを、これまで私達は全く知らなかった」と目に涙を浮かべる現地の女子学生達や、「日本軍が行ったホロコーストを告発した学生達は本当に立派だ」という賞賛が男子学生から上がりました。

    私はいたたまれず、以前、話したことがある、このサークルに所属する韓国人の留学生に、「これらは、韓国人達が作った全くのでっち上げだ!」と抗議したところ、「日本の政治家のトップがこの事実を認め、慰安婦狩りに関しては、日本の一流新聞が特集記事を掲載し、多くの日本人がこの事実を知りながら、未だに誰一人、謝罪していない」と激しく逆ギレされました。

    国際社会の中では、このように吉田証言をもとにして、「日本人=猟奇的な民族」というイメージが燎原の火のように広がっているのです。吉田証言を朝日が、”事実”として喧伝しなければ絶対にこのようなことは起きなかった! アメリカから慰安婦問題を長年見てきましたが確信を持って断言できます。
    ・・・・


  3. 日本市民 says:

    【拡散】本多勝一、「南京大虐殺」写真捏造を認める

    https://www.youtube.com/watch?v=9y4JOIYhbfk

    「通州事件」とは
    ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%80%9A%E5%B7%9E%E4%BA%8B%E4%BB%B6
    通州事件(つうしゅうじけん)とは、1937年(昭和12年)7月29日に中国(中華民国)の通州において、中国人部隊(冀東防共自治政府保安隊)による日本人への襲撃が行われ、日本人居留民および日本軍部隊・特務機関が襲われて、日本人らが大量虐殺された事件。日本軍は壊滅し、日本人居留民の385名のうち223名が虐殺され、女性はほとんど強姦されて殺害された。殺害方法も猟奇的なものが多かったとされる[1]。また朝鮮人慰安婦も殺害されている。


  4. 日本市民 says:

    【「慰安婦制度」を展示=カナダで人権博物館オープン】
    在オタワの日本大使館当局者≫≫今頃、事実確認だそうです
    ===
    twitterでの呼び掛け
    日本政府への抗議と同時にカナダ大使館へ、抗議ではなく『事実確認』のメールを。 RT @Violet_Kiko: 欧米人に既成事実化される前に日本政府動け!政府にメール!→時事ドットコム:「慰安婦制度」を展示=カナダで人権博物館オープン
    ===
    http://www.jiji.com/jc/zc?k=201409/2014092000040&g=soc
    【ニューヨーク時事】カナダ中部のウィニペグで19日、世界各地の人権侵害などについて展示・説明した「国立カナダ人権博物館」の開館式典が行われた。館内にはナチスのホロコースト(ユダヤ人大虐殺)やアフリカのルワンダ大虐殺などと並んで、旧日本軍の従軍慰安婦制度が残虐行為の一つとして展示されている。
     博物館の説明によると、慰安婦に関する展示は「沈黙を破って」と題したギャラリー内に設置。パネルで「慰安婦制度」を説明し、来館者は被害者女性のビデオ証言を見ることができる。
     このギャラリーには中国系カナダ人のコミュニティーから200万ドルを超える寄付金が寄せられている。博物館のフィッツヘンリー広報担当は、展示物の選定について「すべての展示は、市民との協議や調査研究、専門家の助言、博物館の内部審査などを経て決められた」と述べた。博物館は27日から一般公開され、年間25万人の来訪者を見込んでいる。
     在オタワの日本大使館当局者は「そうした展示物があると外部から連絡を受けた。今後、事実関係を確認したい」と話している。(2014/09/20-06:52)


  5. E says:

    情報ありがとうございます。
    改めて自民党、政府各所、首相宛に意見を出しました。
    今からカナダ大使館にも意見を出そうと思います。

    しかし在オタワの日本大使館は…今頃事実確認とは…
    いったい何をやってるのか…。


  6. 日本市民 says:

    【インドネシアの場合-実は、悪質な仕掛けがあった中京テレビ製作のドキュメンタリー番組】
    http://www010.upp.so-net.ne.jp/japancia/indonesia_tyuukyoutv.html

    インドネシアの場合

    1993年、慰安婦訴訟を起こしていた高木健一氏らがインドネシアに訪問。
    「慰安婦は名乗り出れば二百万の補償金がもらえる」という扇動が行われる。
    インドネシアで200万円といえば、日本円で2億円に相当し、数世帯が一生遊んで暮らせる額である。
    その為、実に2万2千人もの人々が「慰安婦被害者だ」と名乗りを上げ、大騒動となる。(なお、戦時中インドネシアに駐留していた日本兵は二万に過ぎない)
    1996年には、中京テレビ製作のドキュメンタリー「IANFU(慰安婦)インドネシアの場合には」が報道され、インドネシアの慰安婦の実態を広く伝えた。

    実は、悪質な仕掛けがあった中京テレビ製作のドキュメンタリー番組

    有名ドキュメンタリー番組『ドキュメント‘96』の、「ianfu・インドネシアの場合には」における情報操作!
    週刊言志人 1997年5/26号 中宮崇

    問題となっているのは、96年9月29日放送分の、「ianfu・インドネシアの場合には」。
    (中略)

    まず、元従軍慰安婦とされる女性の証言。彼女は何者かに拉致されて慰安婦とされたらしく、字幕は「買い物から帰る途中で無理矢理連れ去られました。日本兵に車に乗せられたのです」となっている。

    ところが実際には彼女はこんな事は言っていないというのだ。

    正確に翻訳すると「買い物から帰る途中で無理矢理連れ去られました。オランダの車、いや、日本の車に乗せられたのです」となるという。
    番組の字幕に出ていたような「日本兵」などという言葉は、どこにも出てこない。番組が勝手に書き加えたのである。極めて悪質だ。

    女性の証言を忠実に検証するなら、「買い物の途中で、何者かに拉致されて車に乗せられた」という事しか言えないはずなのに、番組は「日本兵が拉致したのだ」という勝手な解釈をした上で、そのような情報操作を全国番組で垂れ流したのだ。これはもう、モラルうんぬんの問題を越えて、放送法違反という、市民全体に対する犯罪行為である。早いところ警察に動いてもらわねばならない。

    番組の情報操作行為はこれだけに止まらない。次に紹介するのは、現在タンジュブリオクという所に住んでおられる元慰安婦とされる女性の証言。

    番組の字幕は、「戦争が終わると日本人は誰もいなくなっちゃったんです。私 たちは無一文で置き去りにされたんです。手元に残ったのはお金じゃなくてキップ(軍票?)だけだった。キップという ただの紙キレだけ」

    となっているが、正確に翻訳すると「はい、いま私が一番つらい事はこうなんです。私は体を悪くしているのでゆっくりしゃべります。(戦争が終わって)散り散りになって帰るとき…あの朝鮮人は誰だったろう。全員いなくなってしまったんです。一銭も手元に残されませんでした。キップが残されただけでした。紙キレのお金、それをキップと言っていました」

    話の流れからして、「あの朝鮮人」というのは慰安所の経営者の事らしい。番組は経営者が朝鮮人だったということを隠し、わざとその部分を訳さなかったばかりか、勝手に「日本人」などという言葉を挿入して、あたかも日本人が慰安所を経営して、彼女たちを置き去りにしたというような大嘘を平気で流したのだ。いったいどういうつもりか?日本のテレビ局は、普段からこんなトンでもないことを平気でやっているのか?

    三つ目に、スカブミ第4中学校で教師が、日本占領時代についての授業を行っている場面。先生の発言についての番組の字幕は、「社会面での苦悩の一つに女性の問題があります。女性たちは、「学校に行かせてやる」と誘われました。でも日本軍の性欲を満たすために使われたのです。女性たちはその地位をはずかしめられたのです」となっている。

    ところがこれも、実際には先生は、「「学校に行かせてやる」と誘われました」などとは発言していないのだ。これも番組が勝手に付け加えたのである。これによって、慰安婦たちがあたかも、誰かに騙されて連れてこられたのだというような印象を与えるような「でっち上げ」発言になっている。

    最後に、取材班が元従軍慰安婦の女性と一緒に、かつての慰安所の建物を訪れるシーン。

    通訳が元慰安婦の女性に「この建物は当時のままですか、それとも改装されていますか?」と聞いているのであるが、女性が、「もう、違う」と言っている部分を番組では全く訳していない。まあ、この点に関しては他の点と違って「嘘」というような性質のものではないのかもしれないが、番組の全体にわたって、慰安婦問題を扇動的に扱おうとする意図が隠されているのだという傍証となるかもしれない。

    「ドキュメント‘97」は、市民団体や左翼団体にとってのバイブルとでもいうべき番組である。実際筆者も、この番組を今まで興味深く見るとともに、社会問題について考えるときの参考としていた。ところがそのような番組が、このようなとんでもない悪質な情報操作行為を行っていたのだという事が暴かれてしまった。もはや日本には、信用すべきテレビ番組など無くなってしまったのかもしれない。

    この事件を取材したアセアンセンター代表・中嶋慎三郎

    中嶋慎三郎

    1919年、東京生まれ。
    府立実科工業卒。昭和十四年に入隊し、各地を転戦。
    現在は、アセアンセンター代表。編著に『アジアに生きる大東亜戦争』ほか。
    塩川財務大臣と50年来の友人。総理大臣の特使として、
    何回もインドネシアやマレーシア、サウジアラビアに派遣。
    現在のインドネシアのバンバン・ユドヨノ大統領や、前大統領ともホットラインをもつ日本で唯一の民間人。また、現在のインドネシア経団連のヒダヤット会長は、中島先生の弟子にあたる

    「日本人が捏造したインドネシア慰安婦」 中嶋慎三郎 祖国と青年 1996/12

    この番組を見た、英字紙「インドネシア・タイムス」のジャマル・アリ会長が、直接、中嶋慎三郎に語った言葉

    ばかばかしい。針小棒大である。一人の兵隊に一人の慰安婦がいたというのか。どうしてインドネシアのよいところを映さない。こんな番組、両国の友好に何の役にも立たない。我々には、日本罵倒体質の韓国や中国と違って歴史とプライドがある。
    「お金をくれ」などとは、360年間、わが国を支配したオランダにだって要求しない。

    *ちなみに、アリ会長と中嶋氏は、三十年来の親友である。

    中嶋慎三郎氏が、インドネシア閣僚から告げられた言葉

    今回の事件の発端は日本側だ。悪質きわまりない。だが、我々は日本人を取り締まることはできない。インドネシアの恥部ばかり報じてインドネシア民族の名誉を傷つけ、両国の友好関係を損なうような日本人グループがいることが明白になった。あなた方日本人の手で何とかしてください。

    陰謀に気づいたインドネシア側の対応
    1996年11月14日、情報省ビル会議室の記者会見にて、スエノ社会大臣の発表
    1)インドネシア政府は、この問題で補償を要求したことはない。
    2)しかし日本政府(村山首相)が元慰安婦にお詫びをしてお金を払いたいというので、いただくが、元慰安婦個人には渡さず、女性の福祉や保健事業のために使う。
    3)日本との補償問題は、1958 年の協定により、完結している。

    *ちなみに、上記のジャマル・アリ会長の発言は、ネット中で広く引用されており、あたかもジャマル・アリ会長が紙面で語ったかのように扱われています。もし、紙面上の発言ならば、何年何月何日の記事であるか分からなければ、資料としての価値がありません。

    このアリ会長の発言の真偽を確認する為、私は、この発言を引用していた自由史観のHPに問い合わせました。すると、「国際派日本人養成講座」の伊勢先生のコラムから引用した為、詳しいことは知らないというご回答を頂きました。そこで私は、その「国際派日本人養成講座」の伊勢氏に問い合わせました。すると、伊勢先生からは「祖国と青年社」に記載されていた中嶋氏のコラムから引用したものである為、知らないとのご返答を頂きました。(伊勢氏のコラムには、引用元として「祖国と青年社」の名がちゃんと記載されています)

    そこで今度は「祖国と青年社」に問い合わせました。すると、「紙面上の発言ではなく中嶋氏が直接本人から聞いた発言だ」というご回答と共に、詳細な説明を頂きました。上記に記した通り、アリ会長の発言は中嶋氏に直接語った言葉であり、ネット上に出回っている「ジャマル・アリ会長が、インドネシアタイムスの紙面で語った」という情報は全くの間違いである為、ここに明記しておきます。


    • 日本市民 says:

      https://www.facebook.com/rui.abiru/posts/584543508256971
      本日、自宅で古い資料を整理していたところ、17年近く前にインドネシアに慰安婦問題で取材に行った際のメモや下書き原稿が出てきました。それらをちょっと読み返していたところ、実際に紙面になった記事で省かれている部分が改めて大事だと感じたので、この場を借りて補足します。産経紙面に載ったのは以下の記事です。

      《【プリズム検証】インドネシア元慰安婦ルポ番組(上)チラつく日本人弁護士の影 [ 1996年11月03日 東京朝刊 社会面 ]

       九月三十日未明、日本テレビ系で全国放映された中京テレビ(本社・名古屋市)制作のドキュメンタリー番組「IANFU・インドネシアの場合には」が、字幕の信ぴょう性などをめぐって、論議を呼んでいる。インドネシアで強制連行されたとされる「従軍慰安婦」の“実態”をルポした衝撃的な番組だが、元慰安婦とされるインドネシアの女性の会話を日本語訳する際、言っていない言葉が挿入されたり不自然な省略が行われるなど誤解を招きかねない部分が専門家によって、いくつも指摘されたからだ。実際にインドネシアの現地に行き、番組が制作された実情を取材した。(阿比留瑠比)

       世界最大の群島国家で、人口も第四位のインドネシア。戦後半世紀もたって、「従軍慰安婦」問題が浮上したのはなぜか。

       中京テレビの番組は、ジャワ島西部の町、スカブミの集会所に、インドネシア人の元慰安婦たちが日本の補償を求めて集結した-というシーンで始まる。

       だが、中京テレビの取材陣と二十日間、行動をともにし、番組では取材協力者と紹介された通訳のワヒュー・クスマウィジャヤ氏(三七)は「慰安婦集会は今年七月、テレビ局の要請で特別に集めたもので、交通費もテレビ局が負担した。奥さんたち(元慰安婦とされる女性ら)はこのとき、『集まるのは三回目になるのに、まだお金がもらえない。もういやだ』と怒り出しました」と語った。

       クスマウィジャヤ氏によると、それ以前にも二回、同様の集会が開かれたが、それは戦後補償実現市民基金の代表を務める日本人ライターらが「補償問題で日本政府を追及します」と誘い、集めたものという。

       約三十分間の番組中、証言者として登場した元慰安婦らのうち五人は、このライターが昨年十一月、雑誌「週刊金曜日」に発表したインドネシア慰安婦に関する記事に出てくる人と同一人物だった。

       首都ジャカルタで、日本人向けに現地報道を要約した日刊のニューズ・レター「速達情報」を発行する石井サトリア(日本名・武士)氏(七五)によると、「従軍慰安婦」問題が浮上したきっかけは、三年前、日本の弁護士三人がジョグジャカルタ(ジャワ島中部)を訪れたことという。

       「彼らは地元紙に、『補償のために日本から来た。元慰安婦は名乗り出てほしい』という内容の広告を出した。それまでは、インドネシア人の間で『従軍慰安婦』が話題になることはなかった」

       現在、慰安婦登録などの作業を進めているのは、日本軍政時代に補助兵として採用された「兵補」の民間組織「元兵補中央協議会」だ。もともとは、戦時中の兵補の強制貯金の未支払い分に対する賠償要求が目的で、慰安婦とのかかわりは薄かった。

       「慰安婦一人当たり二百万円、兵補は三百万円の補償を要求する」と話すタスリップ・ラハルジョ会長(七一)は、こうした登録や補償要求のやり方について「東京の高木健一弁護士の指示を受けて始めた。『早く』と催促も受けた」と話した。高木弁護士は従軍慰安婦訴訟の弁護団長で「従軍慰安婦と戦後補償」(三一書房)の著書がある。

       同会はこれまで、実際には慰安所で働いていない女性でも、「何らかの性的被害に遭った」と申告した場合は、慰安婦に数え、登録者は一万九千四百六十四人に上った。

       番組では、同会が慰安婦登録者を対象に実施したアンケートも紹介しているが、これも「高木弁護士の文案で作成された」といい、ラハルジョ会長は高木弁護士の手紙を見せた。

       アンケートは四択方式で、例えば、「従軍慰安婦」になった理由を問う設問では、(1)「看護婦になれる」「学校に行かせる」「仕事を与える」などとだまされた(2)強制された。「いや」といえば、「家族を殺す」と日本軍に脅迫された(3)いろいろとうまいことを言われ、自分からその気になった(4)帰宅途中などに誘拐された-の四通りの答えが用意されている。当時、慰安婦の報酬は一般労働者の数十倍とされているが、「収入がよかったから」などの選択肢はない。

       現在、慰安婦登録者らは「会(元兵補中央協議会)を通さないとマスコミと接触しない」と誓約しており、今回は会えなかった。だが、十一月中には、やはり同会の協力のもと、NHKが慰安婦番組制作のため取材に訪れるという。

       高木健一弁護士の話 「ラハルジョ会長には助言はしているが、僕らが仕掛けたわけではない。補償要求の動きは基本的には自発的に起きた。兵補協会に元慰安婦の登録を求めたのは、彼らが当時の実態をよく知っていたからだ」》

       ……以上の記事では、私が執筆した時点では書かれていたものが紙面スペースの関係でホンの数行程度省かれていたことに、今回、改めて気づいたという何を今さらの話です。で、それは元兵補中央協議会の建物に関する描写で、私はこう書いていました。

       《住宅地の民家を改築した同会の入り口には、「反天皇制」「PKO NO」などと日本語や英語で記された日本人による寄せ書きが飾ってあった。》

       …ただこれだけですが、私が日ごろから「日本の敵は日本人」だと強調している理由の一環がここにもあります。ネット上でよく「あいつは本当に日本人か?」という反応を見ますが、あまり意味がある観点だとは思えません。それよりも、日本人の中には一定数、こういう人たちがいるのだと自覚し、理解した上で対策を考えるなり、対処するなりした方がよいと思うのです。


  7. 三内 says:

    20万人強制連行説は崩れました。慰安婦と挺身隊は違うことがはっきりしました。慰安婦碑の20万人の文字は少なくとも消すべきです。
    15歳以下に慰安婦のことを教えるのは児童虐待です。韓国のやってることは、国連人権委に提訴すべきです。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>