地方議会の慰安婦意見書

このサイトの主旨を動画でご紹介します

ご覧ください

2011年2月現在、36地方議会で「日本は慰安婦に謝罪と賠償をすべき」

という内容の意見書が可決されています。

※意見書とは— 地方自治法 第2編 普通地方公共団体 第2節 権 限
第99条 普通地方公共団体の議会は、当該普通地方公共団体の公益に関する事件につき意見書を国会又は関係行政庁に提出することができる。

「従軍慰安婦は日本軍に強制的に連行された性奴隷であった」の嘘

は既に検証されつくしています。
ところが、真実がなんであろうが、日本に謝罪・賠償を求める勢力は地方議会、国会議員、国連に様々な形で働きかけています。
慰安婦問題意見書を可決する地方議会は今後も増えていくでしょう。

今を生きる私たちがここで食い止めないと、

このままでは、日本と日本人を貶める嘘の歴史が真実として広まっていくでしょう。

左派市民団体と国連のマッチポンプ の関係(詳細はここをクリック) を断ち切らねばなりません。

その為には、知識を得ることも大切です。そして、実際に行動していかなくては何も変わりません。

その第一歩として慰安婦問題意見書を可決したすべての議会に質問状を出しました。

≪ 意見書を可決した地方議会一覧≫(2011年2月現在)

下記議会に質問状を出しました

<北海道>
札幌市

士別市 H23年2月25日付で回答が届きました

小樽市 H23年2月25日議会事務局より電話にて「議会中なので回答が遅れます」の連絡がありました

函館市 H23年2月25日付で回答が届きました

<岩手県>
一関市

<埼玉県>
ふじみ野市
H23年2月28日に ふじみ野市 塚越 洋一 市議(共産党)からお電話いただきました。文書での回答を一週間程後にくださるそうです。
「埼玉は上田知事がだめで、自民と公明が強く、慰安婦意見書が他の市になかなか広まらなくて残念」と教えてくださいました。

<千葉県>
我孫子市 H23年2月15日付議会から、市議からも回答が届きました

船橋市 H23年2月4日付で回答が届きました

<東京都>
国分寺市 H23年2月28日付で回答が届きました

国立市 H23年2月2日付けで回答が届きました

三鷹市 H23年2月24日付けで回答が届きました

小金井市 H23年2月16日付で回答が届きました

清瀬市 H23年3月1日付で回答が届きました

西東京市

<京都府>
京田辺市

長岡京市 H23年2月22日付で回答が届きました

日向市

八幡市

木津川市

<奈良県>
生駒市 H23年2月14日付けで回答が届きました

<大阪府>
高槻市 H23年2月25日付けで回答が届きました

堺市 H23年2月10日付けで回答が届きました

吹田市 H23年2月28日付けで回答が届きました

泉南市 H23年2月18日付けで回答が届きました

大阪市 H23年2月9日付けで回答が届きました

箕面市

<兵庫県>
宝塚市 H23年2月22日付けで回答が届きました

<鳥取県>
東伯郡 北栄市

<岡山県>
岡山市

<福岡県>
田川市 H23年2月8日付けで回答が届きました

福岡市 H23年2月8日付けで回答が届きました

<沖縄県>
今帰仁村 H23年2月16日付けで回答が届きました

多良間村

読谷村

南城市

豊見城市

 

99 thoughts on “地方議会の慰安婦意見書

  1. 日本市民 says:

    北海道新聞が過去の慰安婦報道で記事取り消し・おやび掲載をしたそうです。
    この流れからいっても、島根県議会をはじめ、過去に誤った「慰安婦決議」をおこなった地方議会は潔く、市民に謝罪して、各「慰安婦決議」を取り消すべきですね。
    ===
    北海道新聞、慰安婦報道取り消し・おわび掲載
    http://www.yomiuri.co.jp/national/20141117-OYT1T50020.html?from=ytop_ylist
    2014年11月17日 09時26分
    北海道新聞社は17日朝刊で、いわゆる従軍慰安婦問題を巡る記事の一部について「証言の信ぴょう性は薄い」などとして、取り消すとのおわび記事を掲載した。

    1991年11月22日の朝鮮半島で女性を強制連行したとする吉田清治氏(故人)のインタビュー記事などを列記し、「裏付けの乏しい記事をそのままにしてきたことを、読者の皆さまにおわびします」などと謝罪した。


  2. タロウ says:

    6月22日の記事です。

    秦野市議会、「慰安婦」意見書を可決 日本の名誉回復など要求 神奈川
    —————————————————————–
    慰安婦に関する朝日新聞の誤報や、作成過程での問題が明らかになった「河野談話」をめぐる問題で、秦野市10+ 件議会は22日、国際社会での日本の名誉回復や国民に対する正しい歴史認識の周知などを国に求める意見書を、賛成多数で可決した。意見書は今後、議長名で安倍晋三首相や衆参両院の議長ら関係者に送付される。

     可決されたのは、「『慰安婦10+ 件問題』に関する適切な対応を求める意見書」。5月に提出された市民からの陳情を一部修正し、小菅基司市議(無所属)が22日、本会議に提案した。

     意見書では、「慰安婦問題」が日韓間の最大の外交懸案として深刻な状況にあり、国連機関や米国などでも拡散の様相を見せていると指摘。その上で国に対し、▽日本の名誉を早急に回復するため、河野談話の検証で確認された事実を国際社会に向けて多言語で積極的に発信する▽(国民に)正しい歴史認識を周知するための広報を推進し、教科書が史実に基づいて記述されるように対応する-の2点を求めた。

     陳情を提出した同市桜町の石川直幹(なおみき)さん(65)は「慰安婦10+ 件問題について、市議会が何らかの形で立場を表明してくれて、うれしい」と話した。
    ————————————————————————


  3. yoshikawa says:

    カリフォルニア州教育省は、最近、第10学年用の世界史の教科書に
    「慰安婦」についての記述を含めるというカリキュラム修正案を提示しました。

    これが通れば、日本人の子供達は高校1年のとき現地校の歴史の授業で慰安婦に
    ついて授業で学ぶことになるのです。しかも史実とは違うでっちあげの内容を。。。

    何としてでもこの修正案を阻止したく、反対の声を届けるサイトが立ち上がりました。
    一人でも多くの賛同をお願いします!そして可能な限りこのサイトを拡散して
    頂けないでしょ うか。2月中には決定されてしまうようなので、賛同署名は
    急ぎです。どうか、自分達の子供、日本人の子供達が嘘の歴史授業を受けて
    悲しい思いをしなくて良くなるように、皆様の署名をお願いします!!!
    日本人が黙っていれば、この修正案は通ってしまいます。。。。。
    拡散先は日本人に限らず、この意見に賛成の方なら誰でもOKです。

    この請願に署名して「慰安婦の歴史教育カリキュラム案に反対!」という声を
    届けたいと思います。どうか署名&拡散にお力をお貸し下さい!!!!
                ↓ ↓ ↓

    https://www.change.org/p/california-department-of-education-not-to-teach-comfort-women-in-california-schools?recruiter=476914238&utm_source=share_for_starters&utm_medium=copyLink

    ※重複してメールを受け取った方がいらっしゃいましたら、ごめんなさい。
     皆様のアドレスは個人情報漏洩防止のため全ての方にBCC:にて送っております。
     

    以上、宜しくお願い致します。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>