竹島奪還を目指す島根県議会がなぜ「慰安婦意見書」?県議会議長に説明を求めます!

image_06

「日本を愛する島根女性の会」が島根県の「日本軍「慰安婦」問題への誠実な対応を求める意見書」について五百川 (いおがわ)県議会議長に説明を求める署名を開始しました。

竹島奪還を目指し、しかも自民党が過半数を占める島根県議会がなぜ「慰安婦意見書」を可決したのか?

日本の地方議会の慰安婦意見書は、米国グレンデールの慰安婦像建立や豪州ストラスフィールドの慰安婦決議の理由の一つになっています。

慰安婦像や決議の正当化に加担するような意見書を島根県が可決することは、捏造慰安婦を世界に広める韓国を喜ばせるのに加え、在外邦人の安全を脅かす原因になることを島根県議会は理解しているのでしょうか?

竹島奪還を目指す島根県議会がなぜ「慰安婦意見書」を可決したのか?
五百川 県議会議長に説明を求めます!

賛同いただける方は署名にご協力お願いいたします。

署名はこちらから
↓↓↓↓↓
http://chn.ge/1n20BOQ

 

<参考>
産経ニュース 2013.10.8
【新帝国時代 第6部(3)】島根県議会で可決された慰安婦決議
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131008/plc13100808100006-n1.htm

正論 2014年5月号 130ページ
狙われる地方議会「竹島奪還を目指す」島根県議会の驚くべき欺瞞

SAPIO 2014年5月号 24ページ
すでに43地方議会が「慰安婦意見書」採択 裏で「嘘の歴史」をバラ撒く日本のロビー団体を追う

歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)代表からのメッセージ 4月10日付

GAHT代表からのメッセージ

2014年4月10日

皆様、こんにちは。

我々一同、GAHTが発足してからの皆様の極めて熱烈なご支援に深く感激しています。2月21日に、訴状をロサンジェルスの米国連邦地方裁判所に提出して以来、毎日皆様からの寄付金を受け取り、励ましのお便りを頂戴しております。日本では、一つの銀行の口座しかありませんが、皆様が熱心に口座に振り込んでくださっています。郵貯銀行の口座も開きたいのですが、NPO法人の開設がまだ承認されていないために、まだ暫く時間がかかります事、ご了承願います。しかし、多くの皆様の励ましの言葉を支えとして我々は、前進して行きます。

3月11日の衆議院議員会館での講演会の際には、本当に感激致しました。300席の会場は一杯となり、かなりの方が立ち席を余儀なくさせられました。衆議院議員の方々から熱い激励の言葉をいただきました。そして、皆様の熱烈な拍手をいただきました。数多くの日本の人々が心の底から応援していることを体で感じることができました。政府が直接に立ち上がらないことにしびれを切らしている人々が如何に多いかを知らされました。それは同時に我々の課題の重要性をひしひしと感じることにもなりました。

その際に、裁判の原告に加入する希望を持っていらっしゃる方を募集している旨を伝えましたところ、その日だけで、80名を超える方が署名されました。その後、ホームページを通じて、希望者の申し出があり、4月10日の締め切りを前にして、すでに350名を超える申し込みを受けています。

まだ、裁判は始まってもいません。訴状を我々の弁護士が提出して、被告であるグレンデール市がそれに対して見解を表明するのが、4月10日の予定です。おそらく、彼らは提訴の取り下げを要求するでしょう。しかし、取り下げる理由はありません。我々の弁護士は、その要求に反対して、裁判に持って行きます。そこで判事が、裁判に持って行くかどうかを決定します。それが5月の半ばであると想定しています。

そこで、裁判になるとすれば、急に多忙になります。数多くの書類を用意しなければなりません。日本語の書類を英訳したり、最近の日韓の外交関係をまとめたり、米国の対日、対韓政策などについての政府声明や論評などを整理することが必要になり、本格的な裁判の準備に入ることになります。

この裁判を始めることを決めたのは、日本国と日本人の名誉を守るためです。韓国が直接に日本の名誉を貶めるために、直接に日本を攻撃するならば、日本政府や日本の人々が直接に反応するでしょう。しかし、韓国が第三国であるアメリカを舞台として日本攻撃をすれば、米国に住んでいる日本人が立ち上がるのは当然です。我々は、慰安婦像の撤去を求めるのに、訴訟という手段を選びました。それは、請願とか署名運動とかの通常の運動が功を奏しないことが明らかになったからです。

しかし、米国での訴訟には(多額の)お金が掛かります。訴状作成までにすでに13万ドルの弁護士費用が掛かりました。この調子ですと、弁護士費用だけでもかなりの費用になります。幸い皆様の熱いご支援によって今までにすでに約5千万円の寄付金を受領させていただきました。内訳は、日本国内において4千7百万円、米国において2万8千ドルです。ドルに換算すると50万ドル弱になります。当面の資金としては、十分でありますが、第一審を一年と考えていますが、それを戦うには、かなり不足すると考えています。 この裁判の費用は我々のささやかな個人の資産を大きく超えるものですので、戦いを続ける為には皆様のご支援に頼らざる終えないことをご理解いただき、皆様の一層のご支援を頂きます様宜しくお願い申し上げます。

ご支援をいただいた方々には、住所などがわかる範囲内では、礼状と領収書を送らせていただいています。残念ながら、日本国内からのほとんどのご支援者の場合は、銀行振り込みに記載のご芳名はわかりますが、住所は不明なので、礼状を出すことができないという限界にぶつかり、悔しい思いをしております。このホームページでのご挨拶とご報告で心よりの礼状に代えさせて頂く失礼をお許しください。

近日中に、寄付金の納付を容易にするためにクレジットカードなどによる支払いができるように改善する予定にしています。ぜひご利用いただきたいと思います。

この挨拶状は、何らかの報告すべき事態が発生した場合に(例えば裁判の動静など)、お知らせする目的で、書く予定です。また、皆様のご意見ご要望などお寄せ下さい。逐次お応えできることはお返事してまいります。

GAHT—Japan
GAHT-US Corporation
代表 目良 浩一

歴史の真実を求める世界連合会
The Global Alliance for Historical Truth/ GAHT

http://gahtjp.org/

ご寄附についてはこちらをご覧下さい

【杉田水脈】グレンデール、ストラスフィールドの慰安婦碑に無策な外務省を徹底追及
維新の会 杉田水脈議員 2014.4.11
米国グレンデール、オーストラリア・シドニー・ストラスフィールドの慰安婦に関して、­また、米国での目良氏による裁判への支援を政府、外務省に問うた。

A message from a Japanese mother living in California, USA, where a “Comfort Woman Statue” was installed

このサイトの日本語はこちら

This is a message from a Japanese mother living in California, USA, where a “Comfort Woman Statue” was installed in 2013. Please read it and send it forward to your friends and families.
Thank you for your support!

image02

Dear Friends,

I am a Japanese mother with three children living in the United States. I am writing this message to those who live in Australia where some Korean and Chinese groups have proposed an installation of a Comfort Women Statue. If you happen to know of such action in your neighborhood, I urge you to oppose immediately or at least speak up for the sake of your children.

I believe this installation of the Comfort Women Statue is a political intention of some people who really want to urge racial conflicts within your community. Although these people insist that it is a matter of human rights, it is nothing like that. I have closely seen the consequences of this matter because my family and I live in a nearby city of Glendale, California. The City of Glendale is well known for the Statue of Korean Comfort Women and the law suit against the City to put it down.

These groups of people claim that the statue is a peaceful memorial of women who severely suffered during WWII. I, as being a woman and a mother of two daughters, am very sad and feel deep sympathy from the bottom of my heart whenever I think of those who suffered in the war. However, putting up the Monuments of Comfort Women in public places such as parks and sidewalks is a completely different matter. It is not appropriate when there are descendants of Japanese people living in the same community who have not yet born at the time of the war. I will stand up and protest if I need to do so because I think it is unfair to accuse a certain ethnic group in such way.

Japanese people might be minorities in your city. However, their voices should not be mistreated as the same way as the City of Glendale has done. The racial conflict in the community of Glendale has grown to a serious issue. You might have heard about the petitions to the White House from the both sides and the law suit for the removal of the statue. It is said that the law suit will continue for a couple of years. There may be another similar law suit regarding the statue in the future. Nobody knows what would happen in this situation.

Nowadays, Glendale is described as a city of anger, hatred, and distrust, but not peace. On the contrast, the City of Buena Park, CA, which dismissed the establishment of the Comfort Women Statue, is quiet and peaceful as it should be.

Japanese residents in the United States, including young children of 6 or 7 years old, are now experiencing unreasonable hardships caused by the misunderstandings and the racial discrimination toward Japanese people. Not only Koreans and Chinese but also some Hispanics and Caucasians are looking down to Japanese and Japanese-American people. I feel greatly wronged about it as my family and I were not even born at the time of the WWⅡ. Do we really want this kind of ethnical troubles in the future?

While feeling very awkward to tell this unspoken tragedy of some Japanese women during and after the WWⅡ, I think that someone should speak up on behalf of our fellow Japanese women. If you are discussing women’s tragedies during the war, then you should also consider these Japanese women. Most people don’t know how terribly Japanese women were abused when they had escaped from Manchuria through the Korean Peninsula during and right after the WWⅡ.It is known that most of the perpetrators were Russian soldiers, as well as Korean and Chinese men. I think you could easily imagine how severely Japanese women had been sexually abused. At that time, nobody could have protected Japanese women in the Korean Peninsula. It is told that many couldn’t survive. If you would like to do some research on this matter, one of the key words is Futsukaichi Rest Home.

I believe that not only Korean, Chinese, and Australian but also most of women from Asian and European countries had suffered severely during and after WWⅡ. Women always become victims especially during war time. Among them, there were Japanese women who had barely escaped from the Korean Peninsula. Their tragedies were too painful to put into words. Please do not overlook their silent cries as no one could ever replace their ruined lives.

I sincerely ask you all not bringing up this historical tragedy repeatedly by putting up the statue in your beautiful city. Whenever I see the statue in Glendale, I feel pain and anger as it reminds me of those Japanese women who were also the victims of the war. Unlike the former Korean Comfort Women who continuously accuse Japan, the Japanese survivors would never speak up for themselves. That is why I have requested that the City of Strathfield dismiss the proposal of the Comfort Women Statue. When considering sexual abuse toward women during WWⅡ, I believe that every nation has to deal with the fact that there were both survivors and offenders within their people. It is unsuitable to bring in such highly international political matter to the multicultural communities such as Glendale or Strathfield.

I appreciate you for taking your time to read my message. I sincerely hope you understand my feelings. I am anxious not only for my children, but also for all the young generation’s future. To put up a monument to accuse a certain ethnical group is not considered a humanitarian act because it certainly stirs more hatred and conflicts among people in the community.
Thank you for your understandings.

Best regards,
A Japanese Mother living in Los Angeles

【参考】豪州 NSW 差別撤廃委員会Complaint form記入英文例

豪州のAnti-Discrimination Board (差別撤廃委員会)に慰安婦像反対の訴えComplaint formを送ろう!

Anti-Discrimination Board (差別撤廃委員会)HP

Complaint form について

訴えの数が多いほど影響・効果があるそうです。

Complaint form 用紙 ダウンロード
PDF版はここをクリック

ワード版はここをクリック

用紙は記入・署名の上、郵送、FAX、またはスキャンしたファイルをメール添付にて送ることができます。

送り先
Post: Anti-Discrimination Board of NSW
PO Box A2122, Sydney South NSW 1235
Fax: (02) 9268 5500
Street address: Level 4, 175 Castlereagh Street, Sydney NSW 2000
Email: complaintsadb@agd.nsw.gov.au

内容は「これを建てるのは明らかな日本人への人種差別を助長することになり、日本政府への訴えに何の効果も生み出さないのはロスの例を見れば、明らかである。平和を実現するどころか、ロスの日本人は結果、大変な差別にあっている」など。

<英文例>
The Chinese and Korean communities are planning to erect a statue of “comfort women” in Strathfield. The word “comfort women” simply signifies “prostitutes at the war”. Japanese traditional periphrastic way of expression replaced the word “prostitutes at the war” with a gentle appellation “comfort women”, respecting the human rights of prostitutes. But the Korean and Chinese allegation is during WWII the Imperial Armed Forces of Japan abducted approximately 200,000 young women and forced them into sexual slavery known as“comfort women”. 
Even at the present moment when nothing on the statue of comfort women has yet been concretized at all, there have already happened in Australia some harassments against Japanese. One Japanese woman has revealed that she was harassed by amazingly a Korean friend, not by someone else in the street. Looking at the case of Glendale City, Ca in USA where a statue of comfort women was erected last July, it’s quite obvious that the statue will provoke racial discrimination against Japanese and will not give any positive influence to Japanese government. Far from achieving the peace, Japanese, especially Japanese children, in and around Glendale City subject incredible discrimination and harassments. It is a statue masquerading as a peace statue while in essence is promoting hate towards the people and nation of Japan. The statue must not be realized.

 

<日本語訳>
中国韓国の団体がストラスフィールドに慰安婦像建立を計画しています。「慰安婦」という言葉は単に戦時売春婦を指すものです。売春婦の人権を慮って、日本の伝統的婉曲表現によりやさしい言葉に変えたものです。しかし、中韓は「戦時中日本軍が強制連行して性奴隷にした20万人の婦女子が慰安婦」と主張しています。
慰安婦像について、まだ何も具体化していない現時点においてさえ、オーストラリアにおいて、日本人に対するいやがらせが起こっています。一人の日本人女性は、路上の誰かではなく、こともあろうに彼女の韓国人の友人からいやがらせを受けたことを打ち明けています。
これを建てるのは明らかな日本人への人種差別を助長することになり、日本政府への訴えに何の効果も生み出さないのはカルフォルニア州グレンデールの例を見れば、明らかです。平和を実現するどころか、グレンデールとその周辺の日本人は結果、大変な差別にあっているし、日本人の子供に対するいじめが起こっています。平和の仮面をつけたこの像の本質は、日本国民に対する憎悪以外の何物でもありません。絶対に像を実現させてはいけません。

 

「4月1日を終えて」ストラスフィールド市議会に参加した現地邦人より皆様へのメッセージ

Strathfield Scene 01/04/2014

Strathfield Scene 01/04/2014

4月1日の審議会を終えて、日本でも報道され、改めてストラスフィールド市役所に抗議の電話やメールが殺到していると聞きました。アメリカからオーストラリアまで攻撃の手が伸びたことに、「もう我慢できない」と怒りが炸 裂するのも無理はありません。ここで、当日のスピーチをまとめ、自らもスピーチした参加者として、私達の方針につ いてご説明しておきたいと思います。

私達は、豪州人や米国人を含む混成チームで、モットーは「非敵対的合理主義(non- confrontational Rationalism)」です。中韓連合の反日団体と対立してはいるわけですが、敵対的でprovocativeな発言は注意深く避けています。たとえば、「ねつ造、プロパガンダ」というような表現はあえてしません。なぜなら、相手はますます扇情的となり、「歴史修正主義、女性への侮辱」などと騒ぎ立て、泥沼にはまってしまっては、まさに相手 の思うつぼだからです。

スピーチをお聞きになった方はご存知のとおり、私達は、相手がどんなに日本を非道と糾弾しても、それについては一切反論せず、ひたすら、「いじめ、差別を惹起することへの懸念、モニュメントに関する市のポリシーへの違反、多文化主義の否定」などといった大義に沿って、冷静かつ客観的な議論を展開致しました。その結果、非日系コミュニティからも共感を得、握手を求めてくる方も多く、とりあえず慰安婦像設置に関する判断を先送りさせることに成功しました。ストラスフィールド市としてはこの問題に拘わりあいたくないという意思表示をしたのと同義です。戦いはまだまだ続きますが、私達はこの方針を貫くつもりです。共感してくれるあらゆる非日系コミュニティと連携し、中韓対日系という対立構造から、中韓対豪州市民の良識へと転換し、日系社会の勝利ではなく、豪州社会の良識の勝利へと導くのです。

当日は相手方の一本調子の攻撃性に驚くやら呆れるやらした方も多かったと思いますが、我々が冷静に理知的に行動するればするほど、相手の異常性が対照的に浮き彫りになります。これが大切なことなのです。そして、相手方の稚拙さを嘲笑している場合ではありません。これまで、あれに散々やられて来たことを忘れてはなりません。今回も紙一重でした。間違いなく本国からの指令で動いている、反日を明確な目的とした組織、それも、副市長が自ら旗振り役を演じている組織からの奇襲攻撃にひるまずに立ち向かっ たのは、ほんの一握りの日本人主婦でした。それも、数人からなる二つのグループが互いの存在も知らないままに、子供達の安全を守ろうと、懸命に対抗策を模索していたのでした。日本人会からは「政治的な活動に関与できない」と協力を断られましたが、幸いなことに、彼女たちに手を差し延べる、良識ある非日系市民がいました。彼女たちが、地域に溶け込み、良好 な人間関係を築いていたことの証左であります。しかし、それにしても数が少なく、組織化されていませんでした。まるでオオカミの群れに立ち向かう、数匹のチワワのような有様だったのです。

その点と点を繋ぎ、反撃の起点を作り出したのがなでしこアクションでした。あれだけ迅速に抗議のメールを送ったり、署名を集めたりすることができなければ、かなり不利な戦いを強いられていたことは間違いありません。なでしこさんの協力無しに、組織的反撃に転ずることはまったく不可能でした。私自身、なでしこさんがいな ければ、主婦グループに接触して協力することもできなかったのです。(初めて会って相談できたのは、31日の夜)

先程、チワワと申し上げましたが、彼女たちは決してひ弱ではなく、逞しい限りです。私は、改めて、日本の再生は女性パワーの活用以外にありえないと確信しました。しかし、高度に組織化さ れた反日団体との戦いを、一部の主婦グループだけに委ねていていいはずがありません。そこで、「親睦」を目的とした既存の日本人会とは別に、今回反対活動を展開した主婦グループを中心とした有志で、新たにJapan Community Network(JCN)を結成することにしました。設立趣旨書は別途発表します。

豪州国内はもとより、日本、そして世界中から抗議のメールを送ってくださり、署名をしてくださった方々の支援がなければ、大変なことになるところでした。改めてお礼を申し上げます。あまり大人しくしていると、理不尽がまかり通ってしまう ことがありますから、時には怒りを表明することも大切です。「面倒な問題を自治体で抱えたくない」と思わせることも重要なことです。 ただ、現段階は、我々の理性的な反論が評価されたところですので、あまり感情的だったり敵対的な言動はその趣旨を打ち消してしまう恐 れがありますので、どうか我々の方針をご理解頂き、冷静な対応をお願いしたいと思います。現時点ではストラスフィールド市への抗議は 不要です。

大変残念なことに、世界中どこでも反日活動家による攻撃が発生してもおかしくない状況になってしまいまし た。私達日本人(日系人)は世界中で協力し、一貫した戦略と戦術で対抗すべきだと考えるのは私だけでしょうか?私たちは、非敵対的合理主義を貫き、良識ある非日系市民と手を携えることが最も有効な戦略と信じ、これをシドニーモデルとして成功させ、シドニーから風向きを変えたいと願っています。

私たちは、名もない母親と父親、そして、協力的な非日系市民からなる、純然たる市民団体です。どうか皆様 のご理解とご協力をお願いいたします。

Japan Community Network 代表

シドニー市長からの手紙 4月3日付

シドニー慰安婦像反対のメールに対してシドニー市長から下記の内容のレターがメールに添付されて送られてきました。

mayor_sdy

【日本語】
シドニー市地方公共地域の慰安婦像について

シドニー慰安婦像設置に反対する貴方様からのメールについてお答えします。

シドニー市議会はそのような像を設置する計画はありません。
また、貴方様が挙げた団体からはそのような提案も出されていません。
しかしながら、シドニー都市部には他にたくさんの地方政府があり、他の議会に像の提案があるかどうかまでは分かりません。

また、重要な点を加えると、シドニー市議会は公共の場に求められない芸術作品を承認したり、設置したりすることははありません。
競争過程を経て新たな作品を許可し、作家を招いて説明と場所を伺います。

公共芸術政策(Public Art Policyt Policy)についの詳細はこちらをご覧下さい。

http://bit.ly/1fLlV2e

Clover Moore クローバー・ムーア
Lord Mayor of Sydney シドニー市長

4月1日ストラスフィールド市議会参加者からの報告

<報告1>
結果に関して簡単に報告します。

皆様からの9000通にも及ぶ署名が大きな力となったことをまずは感謝・御礼申し上げます!
中韓側が5千数百だったのに対して、わが方はほぼ倍近い御署名をいただいたということです。

オープンセッションは結局中韓側4人、日本側4人でそれぞれ5分ずつのスピーチということになりました。

中韓側が、お決まりの「20万人強制連行説」を持ち出して、品性のないスピーチをするとともに、例のオランダ人の娘さん(ご本人ではなく)にスピーチをさせて、日本を糾弾するスタイルをとったのに対し、日本サイドは、間違いは間違いとして指摘しつつも、終始民族融和の大切さとグレンデールで起きたことをここシドニーでもおこしてはいけないと論理的に展開し続けた点、品性の違いが際立ったと思います。

その後、市長から「この問題については、この後のClosed sessionで一定の結論を出す。1時間ほどで戻りますので皆さんお待ちください」と話しがあったあと、発表がありました。

ミニッツ(議事録:下の画像)を見ていただくと分かるのですが、要は、「署名は受け取りました。」「州政府と連邦政府に相談します」「その後、州政府と連邦政府の見解を待って考えます」というような内容です。

「自治政府の考える内容ではない」という点を認めたことに一定の評価をできますが、逆に州政府や連邦政府が「建てなさい」と言ったら建てる可能性があるわけで、私の印象としては、一歩前進したが、戦いのステージが変わったというだけだと思います。まだまだ油断はできません。

この度ご協力いただきまた皆様に、心から感謝いたします。

minites2014.4.1

*****************************************************

<報告2>
今日は沢山の若い方から熟年の方まで引けを取らない位の日本人の方が来て下さっていました。
会場のマナー、4人のスピーチの内容、スピーチ全てに置いて格段の差がありとても誇らしかったです。

そして、慰安婦像反対の署名のおかげでどんなに助かったことか。
取り敢えず勝手に知らない間に建てられるのは阻止出来ました。
早く外務省や政府が介入してくれることを願っています。

日本から応援して下さってる方のメッセージを読んで参考にさせて頂いています。

これからも長い道のりになりますが何処に住んでいても日本人がこうして一致団結して様々な問題に取り組んでいけるといいですね。

One for all, all for oneをこんなにも実感したのは初めてでした。

ありがとうございました。

ストラスフィールド関連情報まとめ

随時追加していきます。

Inner West Courier – Inner West Edition 8 Apr 2014
We won’t be silenced
http://newslocal.newspaperdirect.com/epaper/showlink.aspx?bookmarkid=OKER2VQU2801&issue=87442014040800000000001001&article=135e664f-b634-4cd4-85fb-0a5ddd6bc25a

Strathfield Council Media Report 07 April 2014
War slave statue plan divides the community
http://www.strathfield.nsw.gov.au/assets/Media/Media-Report-14-Week-Ending-6-April-2014-inc-Comfort-Women-stories.pdf

フリーペーパーStrathfield Scene April 2014
http://scene.realviewtechnologies.com/?xml=SSC_Newspaper#
5ページ目 How a 70-year-old issue put strathfield in the spot light

The Guardian 4/2/2014
‘Comfort women’ deserve a memorial: their ordeal must not be forgotten (The Guardian 4/2/2014)
http://www.theguardian.com/commentisfree/2014/apr/03/comfort-women-deserve-a-memorial-their-ordeal-must-not-be-forgotten

The Huffinton Post UK 4/2/2014
Australia’s Plans For Statue To Honour WWII ‘Sex Slaves’ Sparks Row With Japan
http://www.news-cloud.co.uk/TheHuffingtonPost/2014/04/02/AustraliaSPlansForStatueToHonourWwiiSexSlavesSparksRowWithJapan.html

International Business Times 4/2/2014
Japan Furious at Sydney ‘Comfort Women’ Memorial to 200,000 Sex Slaves
http://www.ibtimes.co.uk/japan-furious-sydney-comfort-women-memorial-200000-sex-slaves-1443103

産経 2014.4.3 08:27
「慰安婦」で豪州巻き込む中と韓 推進役は中国系
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/140403/plc14040308290007-n1.htm

NNA 4月3日(木)8時30分配信
【オーストラリア】シドニーの慰安婦像設置、結論を先送り
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140403-00000009-nna-asia

読売新聞 4月2日(水)22時46分配信
慰安婦像の設置、結論先送り…豪州の市議会
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140402-00050106-yom-int

サーチナ 4月2日(水)11時31分配信
在オーストラリア日本大使館、「慰安婦少女像」設立の動きに「不適切」の見解=韓国報道
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140402-00000094-scn-kr

時事ドットコム 2014/04/02-10:44
慰安婦像、設置見送り=豪ストラスフィールド市
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol&k=2014040200227

the Telegragh April 02, 2014 9:35AM
Strathfield community divided over proposed tribute to comfort women
http://m.dailytelegraph.com.au/newslocal/inner-west/strathfield-community-divided-over-proposed-tribute-to-comfort-women/story-fngr8h4f-1226872118302

産経 2014.4.2 07:29
慰安婦像設置を初審議 豪州の市議会、判断回避
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140402/asi14040207300000-n1.htm

XINHUA.JP 4月1日(火)16時20分配信
シドニーの韓国・中国系が団結して慰安婦像の設置を計画、日本が反対を表明―中国メディア
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140401-00000028-xinhua-cn

Strathfield Scene 01/04/2014
Scores turn out to protest over comfort women statue plan as the international press look on
http://www.ourstrathfield.com.au/article/scores-turn-out-protest-over-comfort-women-statue-plan-international-press-look

Strathfield Scene 01/04/2014
Objectors expected at council over comfort women statue plan  ※リンク切れ
http://www.ourstrathfield.com.au/article/objectors-expected-council-over-comfort-women-statue-plan

SBS World News Radio 01 Apr 2014
Japanese opposition to ‘comfort women’ statue in Sydney
http://www.sbs.com.au/podcasts/Podcasts/radionews/episode/326887/Japanese-opposition-to-comfort-women-statue-in-Sydney

The Sydney Morning Herald April 1, 2014
Japan opposes proposed statue to WWII sex slaves
http://www.smh.com.au/national/japan-opposes-proposed-statue-to-wwii-sex-slaves-20140331-35u8t.html

【署名ご協力お願いします】ストラスフィールド慰安婦像に反対します!

ストラスフィールド慰安婦像に反対します!
We protest against “Comfort Women” statue in Strathfield!
署名はこちらから
↓↓↓↓↓↓
http://chn.ge/1pF0HZy

 

<4月2日>
1日、署名とコメントをシドニー在住の方が市議会に提出して下さいました。
約400ページあったのでプリントが大変だったことと思います。
署名して下さった方、提出して下さった方、有難うございました。
受領書がこちらです。
SnapCrab_NoName_2014-4-2_16-11-52_No-00

<4月1日14:15>
4月1日午後1時までに集まった8811署名と1336コメントのデータをシドニー在住の方に託しました。
プリントして本日現地時間19時(日本時間17時)のストラスフィールド市議会に提出して下さる予定です。
署名開始したのが3月31日午前9時でした。
28時間でこれだけ多くの署名とコメントが集まったのは皆さんのご協力のお蔭です。
心より感謝申し上げます。
署名は引き続き行っています。
ストラスフィールド市議会関係者が署名サイトを後ほど確認することもあると思います。
今後も署名・拡散にご協力お願いいたします。

<3月31日9:00>
慰安婦像推進の韓国側が3千署名を明日(4月1日19時、日本時間17時)ストラスフィールド市議会に提出するとの情報があります。
こちらも負けずに署名開始しました。
4月1日の午後1時まで集めた分を市議会に提出します。
その後も署名は続けます。
署名拡散に是非ご協力を!

豪州ストラスフィールドに住む日本人から緊急のお願い「4月1日19時ストラスフィールド市議会に集まってください!」

SnapCrab_NoName_2014-3-31_4-52-48_No-00

オーストラリア慰安婦像候補地のストラスフィールド市。
4月1日(月)19時(日本時間17時)開始の市議会では慰安婦についての非公開審議が行われます。
現地在住の方から、近郊在住の日本人、日系人に向けて緊急の呼びかけをいただきましたのでご紹介します。

******************************************************************************

渦中のStrathfield 在住の者です。
皆様に至急ご協力いただきたいことがあります。

私達はストラスフィールドカウンシル下に居住する者として、慰安婦像が地元に立像されることを非常に憂慮しています。
未来を担う子供達もいます。
しかしながら、私達にできることは、市民レベルでのささやかな抗議活動にとどまってしまいます。

韓国人コミュニティは、日本のそれとは比べ物にならないほど大きいものと理解しています。
もはや、事態は市民レベルでは解決できないところまで来ていると考えます。
4月1日19時(日本時間17時)には相手側の団体が3000人の署名を持って沢山集まると噂されています。
私共は僅か10名ほど。とても太刀打ちできません。

そこで大変急ではありますが、お近くの方、ご都合つく方、4月1日にストラスフィールドのカウンシル前に集まってください。
市議会の最初に市民がスピーチできる時間が設けられています。
私共もスピーチ出来たらと思っています。また私達も署名を集めています。

シドニー在住の友人、知人そして地元民が全く情報なく本件知らないままに事が進んでしまっています。

是非このメッセージを拡散してください。お願いします。
そして、私たちの仲間が一人でも多く4月1日19時にストラスフィールドのカウンシル前集まることを願っております。

*追加情報 3月31日23:00追記
私達は18時にカウンシル前に集合する予定です。
市議会のドアは18:45頃にオープンし2階の傍聴席に座る形になりますのでお越しになる方は早めが良いと思います。

Strathfield Council

65 Homebush Rd
Ph:9748 9999

コンタクトと地図