サンフランシスコ慰安婦記念碑 候補地にセントメアリー・スクエア(公園)

昨年2015年9月、サンフランシスコ市の慰安婦碑設置決議(詳細はこちら)が採択されてから、推進派による設置活動が続いていましたが、設置場所に中華街の区にあるセントメアリー公園という話が浮上しています。

現地での反対運動は、領事館は静か、少人数の邦人女性が頑張っている状況です。
一つでも多くの反対の声を届けましょう!

下に英文例をご紹介します。

こちらの署名、未だの方も是非ご協力下さい!

私たちは、サンフランシスコの公有地に慰安婦記念碑(像)を建てるのに反対します。
Vote “No” on establishing the Comfort Women statue in San Francisco

署名はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓
goo.gl/ZKUzVy

SF_petition

****************************************************************

【宛先】
・公園に関する市の委員会 Recreation and Park Commissioners
メールアドレス recpark.commission@sfgov.org
San Francisco Recreation and Park Commission
501 Stanyan Street
San Francisco, CA 94117
Telephone: 415-831-2750
FAX: 415-221-8034

・セントメアリー公園を選挙区とする市議 Mr. Aaron Peskin
メールアドレス Aaron.Peskin@sfgov.org
City Hall
1 Dr. Carlton B. Goodlett Place, Room 244
San Francisco, Ca 94102-4689
(415) 554-7450 – voice
(415) 554-7454 – fax

 

【 メール件名 例 】
No “Comfort Women” memorial in San Francisco!!

A statue of Comfort Women in San Francisco opposed.

I am against the “Comfort Women” memorial

 

【 メール文 】適当にアレンジして使ってください。

<例文 1>
Dear Commissioners:
又は
Dear Mr. Aaron Peskin:

I am writing to you concerning a discussion building a memorial for “comfort women” in San Francisco Park. I would ask that you turn down the proposal.
Japanese people are strongly opposed to the comfort woman memorial because it will create a conflict among people, leading to hate crime and children bullying not only in your city but also elsewhere. I hear there is such a case in Glendale monument.
I am strongly against the installation of memorial of Comfort women in a park in San Francisco.
Thank you very much.
Sincerely,

差出人名前 住所
例Hanako Yamada
Tokyo, JAPAN

日本語要約:サンフランシスコ慰安婦記念碑設置についてメールします。設置案を却下するようお願いします。対立、ヘイトクライム、子供のいじめがサンフランシスコだけでなく他の地域にも起こります。グレンデールでも同様のことが起こったと聞いています。私はサンフランシスコ公園慰安婦記念碑設置に強く反対します。

 

<例文 2>
Dear Commissioners:
又は
Dear Mr. Aaron Peskin:

I am writing to you concerning a discussion building a memorial for “comfort women” in San Francisco Park. I would ask that you turn down the proposal.
The proposer has been insisting that this is a human rights issue. It may be true. But, instead of blaming only Japan, it is more appropriate to address all major human rights issues in the world and learn from the cases to solve them and prevent from happening again.
I am strongly against the installation of memorial of Comfort women in a park in San Francisco.
Thank you very much.
Sincerely,
差出人名前 住所

日本語要約:サンフランシスコ慰安婦記念碑設置についてメールします。設置案を却下するようお願いします。慰安婦像の提案側は人権問題だと主張しています。正しいかもしれませんが、それなら日本だけを非難するのでなく、世界中の他の事例も取り上げる方が適切ではないでしょうか。私はサンフランシスコ公園慰安婦記念碑設置に強く反対します。
<例文 3>
Dear Commissioners:
又は
Dear Mr. Aaron Peskin:

I am writing to you concerning a discussion building a memorial for “comfort women” in San Francisco Park. I would ask that you turn down the proposal.
Chinese and Korean interest has been waging a concerted anti-Japan/Japanese movements all over the United States. The “hate Japan” education in their homeland has been promoting the atmosphere even in the U.S. 71 years after the last war. We should work toward the future for the benefits of the younger generations in a more constructive way rather than destructively.
I am strongly against the installation of memorial of Comfort women in a park in San Francisco.
Thank you very much.
Sincerely,

差出人名前 住所

日本語要約:サンフランシスコ慰安婦記念碑設置についてメールします。設置案を却下するようお願いします。中国・韓国系による反日運動が全米に広まっています。戦後71年経っているにも関わらず、本国での”嫌日”教育が米国に持ち込まれています。若い世代に為に我々はより建設的に努めるべきです。私はサンフランシスコ公園慰安婦記念碑設置に強く反対します。

 

<例文 4>
Dear Dear Commissioners:
又は
Dear Mr. Aaron Peskin:

We strongly oppose developing a statue of a “comfort woman” memorial in San Francisco. It is my understanding that there is a discussion about building a memorial of a comfort woman in San Francisco. Kindly take this objection into consideration.
The issue of comfort women is a very controversial, sensitive issue and indeed a point of political contest between Japan and Korea as of today. For example, Korea calls for an unequivocal public apology for comfort women from Japan but Japan’s Prime Ministers in the past apologized officially many times for comfort women and also contributed the equivalent of $47 million to an Asian Women’s Fund created to assist former comfort women; but this was not considered enough by Korean comfort women.
Do you know such a statue already exists in the US? The statue has been a focal point for demonstrations, which led to the bullying of children, whose only “fault” was having Japanese parents. If we allowed such a statue to be built here, it will send a wrong message to America as a whole; that it is acceptable for one immigrant community to accuse another, citing historical grievances from their country of origin. US cities like Fairfax and Glendale where comfort women memorials have gone up, experienced a great deal of turmoil in their communities and ignited divisions between Japanese and Korean communities.
Do we really need to have this in San Francisco? The answer is no.
It is unnecessary to introduce an icon of foreign political dispute into our city.
We believe it is in everybody’s best interest to preserve the harmony amongst ethnic groups, to work together to discourage hatred and violence between its peoples, and preserve harmony within our communities.
Peace and understanding amongst our citizens and residents are necessary in order to create a strong future.

Sincerely,
差出人名前 住所

日本語要約:準備中
 

<参考> サンフランシスコ市議会連絡先一覧と英文メール例

【山本優美子のなでしこアクション】産経ニュースweb版2016.6.25

なでしこアクション代表 山本優美子がユネスコ記憶遺産申請について書いたものを産経web版に掲載していただきました。
ご一読いただけましたら幸いです。
転送拡散、ツイート、いいね!、大歓迎です。
どうぞよろしくお願いいたします。

*********************************************

産経ニュースweb版 2016.6.25
【山本優美子のなでしこアクション】
慰安婦問題は守勢でいては振り回されるだけ 子供たちのために今こそ真実を世界に
http://www.sankei.com/politics/news/160625/plt1606250001-n1.html
(1)もう黙っていられない! NYに女性が集結
(2)私たちは外務省にとって厄介な存在なのでしょうか
(3)「日韓合意」は本当の敵を覆い隠すのではないか
(4)あきれた中国の慰安婦ユネスコ申請書の中身
(5)米軍調書には日本軍の規律が良好だと記述されていた…
(6)今回の申請は私たちがユネスコに与えた踏み絵

*********************************************

【Front Japan 桜】英国欧州離脱の影響 / 「慰安婦・日本軍規律文書」記憶遺産申請の行方 / 国連勧告は誤り!沖縄県民は日本人です![桜H28/6/27]
■ 英国欧州離脱の影響
■ 「慰安婦・日本軍規律文書」記憶遺産申請の行方  ゲスト:山本優美子(なでしこアクション代表)
■ VTR:国連勧告は誤り!沖縄県民は日本人です!-宜保安孝豊見城市議記者会見(平成28年6月24日 日本外国特派員協会)

*********************************************

【Front Japan 桜】大高未貴・前田有一・渡邉哲也:舛添問題は都議会総務委員会へ / 伊勢志摩サミット成果文書 / 山本優美子氏に聞く「慰安婦・日本軍規律文書」記憶遺産申請[桜H28/6/6]
■ 故井尻千男先生一周忌墓参
 VTR:故井尻千男先生一周忌墓参(平成28年6月3日 山梨県清白寺)
■ 自公方針転換!「舛添問題」都議会総務委員会集中審議へ!
 VTR:舛添要一東京都知事定例記者会見(平成28年6月3日 東京都庁)
■ 検証「伊勢志摩サミット成果文書」
■ 日米共同「慰安婦・日本軍規律文書」記憶遺産申請
 ゲスト:山本優美子(なでしこアクション代表・「慰安婦の真実」国民運動)

ユネスコ記憶遺産に 「通州事件・チベット侵略」「慰安婦」を登録申請

つくる会 FAX 通信 第 390 号 平成 28 年(2016 年)6月3日(金)より

****************************************************************

「通州事件・チベット侵略」「慰安婦」を登録申請
歴史戦の新しい展開を「つくる会」は支援

5月31日、日本、チベット、アメリカの民間団体が共同して、ユネスコの記憶遺産に2つのテーマを共同申請しました。共同申請とは、一つの国の枠を越えて、複数の国の団体や個人が共同で申請する記憶遺産のルールにもとづくものです。

第一のテーマは、「20世紀中国大陸における政治暴力の記録:チベット、日本」というタイトルで、1937年7月29日に起こった日本人虐殺事件(通州事件)と、戦後の中国によるチベット民族消滅化政策を、中国の政治暴力の犠牲者として位置づけた申請です。

第二のテーマは、「慰安婦と日本軍規律に関する文書」というタイトルで、日米の共同申請です。慰安婦制度の正しい姿を知ることの出来る資料を登録する内容です。

それぞれの申請書の概要部分は下記のとおりです。

なお、この中で、申請の主体となっている「通州事件アーカイブズ設立基金」は、通州事件についての資料の発掘、調査、保存、普及のためのNGO団体で、5月に発足しました。

会見は、「通州・チベット」側から、基金の藤岡信勝代表、皿木喜久副代表、ペマギャルポ、三浦小太郎の各氏、「慰安婦」側から山本優美子、藤木俊一、藤井実彦の各氏が出席しました。今後は年内におおよその結論を出すとみられる小委員会と対応し、来年10月の登録を目指します。

これらの申請の登録が実現するよう、当会も全面的にバックアップをしてまいります。

(1)「20世紀中国大陸における政治暴力の記録:チベット、日本」

<申請者>日本:通州事件アーカイブズ設立基金
チベット:Gyari Bhutuk

<概要> 20世紀の中国大陸では、他国民あるいは他民族に対する政治暴力がしばしば行使された。この共同申請は、対チベットと対日本の事例についての記録であり、東アジアの近代史に関する新たな視点を示唆するとともに、人類が記憶すべき負の遺産として保存されるべきものである。以下、事件の概要を、時間順に従い、(A)日本、次いで(B)チベットの順に述べる。

(A) 日本: 1937年7月29日に起こった通州虐殺事件の記録である。この事件は暴動によって妊婦や赤ん坊を含む無辜の日本人住民200人以上が最も残虐なやり方で集団的に殺害されたもので、日本人居住者を保護する立場にあった冀東自治政府の中の治安維持を担当する保安隊を主体とした武装集団がやったことであった。

(B)チベット: 中華人民共和国建国直後の1949年から始まったチベットに対する侵略行為の記録である。それから1979年までに、1,207,387人のチベット人が虐殺された。犠牲者の中には、侵略者に対する抵抗運動の中で殺された者や、収容所や獄中で拷問の末に殺された者などがいた。チベット仏教の文化は消滅の危機にさらされている。チベットのケースは、日本とは規模は大きく異なるが、残虐行為の実態は驚くほど共通している。

(2)「慰安婦と日本軍規律に関する文書」

<申請者>日本:なでしこアクション、慰安婦の真実国民運動
アメリカ:The Study Group For Japan’s Rebirth

<概要> 慰安婦comfort womenについて誤解が蔓延しています。正しく理解されるべきであり、記憶遺産に申請します。慰安婦とは、戦時中から1945年終戦までは日本軍向け、戦後は日本に駐留した連合軍向けに働いた女性たちで、民間業者が雇用、法的に認められた仕事でした。他の職業同様、住む場所・日常行動について制限はありましたが、戦線ではあっても相応な自由はあり、高い報酬を得ていました。彼女らは性奴隷ではありません。申請した文書には、日本人33人の証言集があります。これは当時、慰安婦らと直に会話し取材したものです。また、慰安所のお客が守る厳格な決まり、占領地の住民を平等に扱ったこと、ヒトラーのドイツ民族優位論を否定するなど、日本軍の規律や戦争に対する姿勢などが記されている文書もあります。慰安婦制度が現地女性の強姦や、性病の防止に効果があったこと、日本軍は規律正しかったことも記されています。

****************************************************************

英訳文:URL http://www.sdh-fact.com/essay-article/731/
PDF http://www.sdh-fact.com/CL/UNESCO-2016.pdf

****************************************************************

<関連ニュース>
産経 2016.6.3 19:57
「通州事件」日本などの民間団体がユネスコ記憶遺産に登録申請 

共同47NEWS 2016/6/3 17:55
通州事件、記憶遺産に申請 「つくる会」、慰安婦資料も

zakzak by 夕刊フジ 2016.06.04
「通州事件」「慰安婦の真実」を世界記憶遺産に 日米民間団体などが申請

東京スポーツ2016.6.8
日米の民間団体が反日宣伝戦を阻止「慰安婦は性奴隷ではない!」

朝日新聞 2016年6月4日
日米の民間団体、記憶遺産に申請 慰安婦・旧軍の資料

THE ASAHI SHIMBUN June 4, 2016
Groups apply to UNESCO to ‘restore’ Japan’s wartime honor

Two Nominations for UNESCO’S Memory of the World Register: “Tongzhou Massacre; Chinese Aggression in Tibet” and “Comfort Women”

The Japanese Society for History Textbook Reform announced at a press conference held on June 3 in Tokyo that in cooperation with friendly bodies they submitted two nominations for UNESCO’s Memory of the World Register as below;

URL:  http://www.sdh-fact.com/essay-article/731/
PDF:  http://www.sdh-fact.com/CL/UNESCO-2016.pdf

****************************************************************

TWO NOMINATIONS FOR UNESCO’S MEMORY OF THE WORLD REGISTER: TONGZHOU MASSACRE; CHINESE AGGRESSION IN TIBET
AND
COMFORT WOMEN

On May 31, 2016 private organizations in Japan, Tibet, and the US submitted joint nominations for UNESCO’s Memory of the World Register in two categories. UNESCO rules define a joint nomination as an application that transcends national boundaries, i.e., one submitted by organizations or individuals from more than one country.

The first category is “Records of Political Violence in Mainland China During the 20th Century Against Tibet and Japan.” It includes the massacre of Japanese residents of Tongzhou, China on July 29, 1937 (the Tongzhou Massacre), as well as victims of postwar political violence resulting from Chinese policies designed to eradicate the ethnic Tibetan population.

The second category is “Documents Concerning Comfort Women and Japanese Military Discipline.” This is a Japan-US joint nomination, and its purpose is the registration of resources shedding light on the true nature of the comfort-women system.

In May 2016 we established an NGO (Fund for Archives of the Tongzhou Massacre) to raise money for the discovery, analysis, preservation, and dissemination of resources pertaining to the Tongzhou Incident.

Supporting the Tongzhou Massacre-Tibet nomination at a press conference held on June 3, 2016 and sponsored by the Japanese Society for History Textbook Reform were Fujioka Nobukatsu and Saraki Yoshihisa (chair and deputy chair, respectively, of the Fund for Archives of the Tongzhou Massacre), Pema Gyalpo (director, Tibet Culture Center), and Miura Kotaro. Supporting the comfort-women nomination were Yamamoto Yumiko, Fujiki Shun’ichi, and Fujii Mitsuhiko. These representatives will coordinate with the relevant UNESCO subcommittees; they are hoping to have accomplished registration by October 2017.

The Japanese Society for History Textbook Reform will support their efforts in every way possible.

An overview of the nominations follows.

 

I. Records of Political Violence in Mainland China During the 20th Century Against Tibet and Japan

Applicants: Fund for Archives of the Tongzhou Massacre (Japan); Gyari Bhutuk (Tibet)
During the 20th century Mainland China exercised political violence against citizens of other nations and other ethnic groups. Our nomination comprises 2 records attesting to acts of violence against Tibet and Japan. In addition to suggesting new perspectives on modern East Asian history, these records describe negative legacies that must never be forgotten; for these reasons they should be preserved.

A. Japan
These are records of the Tongzhou Massacre, perpetrated on July 29, 1937. Rampaging Chinese troops cruelly and brutally murdered more than 200 innocent Japanese nationals, including pregnant women and infants. The murderers were members of the Tongzhou Peace Preservation Corps, whom the East Hebei Autonomous Council had entrusted with the protection of those same Japanese residents.

B. Tibet
These are records of acts of Chinese aggression against Tibet beginning in 1949, when the People’s Republic of China was established. By 1979 1,207,387 Tibetans had been slaughtered. Among the victims were members of resistance groups formed to combat Chinese aggression, as well as political prisoners who died after being tortured in concentration camps and prisons. The Tibetan Buddhist culture is on the verge of extinction.
The circumstances of the Tibetan instance differ from those of the Tongzhou Massacre. Chinese aggression in Tibet has claimed far more victims, but the nature of the atrocities in both cases is surprisingly similar.

 

II. Documents Concerning the Comfort Women and Japanese Military Discipline

Applicants: Alliance for Truth about Comfort Women; Japanese Women for Justice and Peace (Japan)
The Study Group for Japan’s Rebirth (US)

Misconceptions about military prostitutes (comfort women) are rampant. We are submitting these documents because they show an accurate picture of the system. Comfort women worked for the Japanese military until 1945, and for Allied troops stationed in Japan during the Occupation. Private contractors recruited the women, whose profession was lawful at that time. The areas in which comfort women were permitted to live were limited, and their activities were somewhat prescribed (these restrictions applied to practitioners of other professions as well).
However, comfort women enjoyed a certain amount of freedom, even in battle zones, and were paid handsomely. They were decidedly not sex slaves. Among the submitted documents are the testimonies taken from 33 soldiers and civilians upon their return to Japan (compiled by the Showa History Research Institute). These men had interacted with comfort women, and all of them described the stringent rules that governed the behavior of soldiers who patronized the brothels. Other documents indicate that the Japanese did not discriminate against the residents of occupied territory, and that they disagreed with Hitler’s claim of German superiority. Still other records describe Japanese military discipline and Japanese attitudes toward the war, and provide proof that the comfort-women system prevented sexual attacks on local women and the spread of venereal disease, and that Japanese soldiers were orderly and obedient.

米公文書 “SPECIAL QUESTIONS ON KOREANS” 28Mar1945

2016年6月10日付 毎日新聞 大阪朝刊の記事
米調書発見 日本の支配、過酷さ記録 慰安婦「志願か身売りと認識」
米軍に捕らえられた民間の朝鮮人捕虜が、戦時動員に基づく慰安婦や強制労働の被害について米軍の尋問に答えた調書

この調書を下にご紹介します。

慰安婦についてはこの部分です。

3ページ
18. All Korean prostitutes that PoW have seen in the Pacific were volunteers or had been sold by their parents into prostitution. This is proper in the Korean way of thinking but direct conscription of women by the Japanese would be an outrage that the old and young alike would no tolerate. Men would rise up in a rage, killing Japanese no matter what consequence they might suffer.

※PoW — P.O.W.: Prisoners of War 捕虜

<日本語意味>
捕虜(韓国人)が太平洋で会った全ての韓国人売春婦は、志願してまたは親に売られて売春業になった者たちであった。日本人が女性らを強制動員したら、老いも若きも許さずに暴動が起こるであろう、というのが韓国人らしい考え方である。(そのようなことがあったら)男性は激怒して蜂起し、どんなことになろうとも日本人を殺すであろう。

****************************************************************************

テキサス親父日本事務局 米国国立公文書館 慰安婦関連公文書一覧
http://staff.texas-daddy.com/?eid=500
より

MILITARY INTELIGENCE SERVICE CAPTURED PERSONNESL & MATERIAL BRANCH
COMPOSITE REPORT ON THREE KOREAN NAVY CIVILIANS,
LIST NO. 78, DATED 28 MAR 45,
“SPECIAL QUESTIONS ON KOREANS”

PDFダウンロード

ianfu1538-1

ianfu1538-2

ianfu1538-3

ianfu1538-4

ianfu1538-5

カリフォルニア州教科書が危ない!620万人の生徒に「慰安婦=性奴隷」教育、全米に広がる可能性も

カリフォルニア州の高校教科書に「慰安婦=性奴隷」が表記されようとしています。(詳細はこちら
なでしこアクションにカリフォルニア邦人女性たちから訴えが届きましたのでご紹介します。

*****************************************************
2015年5月24日

日本の皆様へ

ご存じのように、カリフォルニア州教科書があぶない状況です。
「慰安婦=性奴隷」表記が9割方きまったということで、次は最後の教育委員会のミーティングで決定です。

カリフォルニア州の生徒数は620万人だそうです。

米国で一番多いので、カリフォルニア州の教育で決定すると多くの州が追随するようです。
また、このフレームワークの改定は前回は2000年に行われただけです。(2005年にほんの少し修正あり)
ということで、前回の改定から15年以上もたっています。

今後、この嘘が15年以上も数多くの子供たちに教えられ、洗脳され、英語を使える大人となり世界に散らばると思うと、気が遠くなりそうです。

また、南京、バターン行進、原爆なども同様に真実と異なることが記述されていますが、今回これらに関して日本側からのコメントはほとんどなかったようです。

韓国側は、政府が動いているようにメディアにでています。

インド系は彼らの問題に関して、かなりの大人数で反対をし、ミーティングにも行き、勝ち取ったようです。

あと、2ヶ月、なんとか真実は違うのだという声を届けたいと思います。
そして、一人でも多くの方に反対してほしいです。
どうぞよろしくお願いいたします。

以上

*******************************************************

★ カリフォルニア州教育委員会 the California Department of Education
mail: sbe@cde.ca.gov
Fax: 916-319-0175

コンタクトフォーム
http://www.cde.ca.gov/re/di/cd/ap/mainpage.aspx
コメント記入は 1500文字まで

住所
California Department of Education
1430 N Street
Sacramento, CA 95814-5901

電話 General: 916-319-0800

★ カリフォルニア教育委員会委員メンバー
http://www.cde.ca.gov/be/ms/mm/

★ 首相官邸
ご意見募集 (首相官邸に対するご意見・ご要望)
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html
各府省への政策に関する意見・要望
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

★ 在日米国大使館 〒107-8420 東京都港区赤坂1-10-5
在日米国大使館への電子メール(日本語可)
http://japan2.usembassy.gov/j/info/tinfoj-email.html

*******************************************************
<参考ニュース>
★ 産経 2016.5.23 06:40 歴史戦
カリフォルニア州の高校カリキュラムで「慰安婦=性奴隷」表記の公算 7月策定へ
米カリフォルニア州の公立高校で2017年から導入される歴史・社会科学のカリキュラムで、旧日本軍の慰安婦が「性奴隷」と表記される公算が大きくなっていることが州教育局の資料で分かった。教育局が昨年12月に公示したカリキュラム改正案の慰安婦に関する記述は一部が修正・削除される可能性があるが、「性奴隷」表記は7月の最終決定を控え、残ったままだ。(続く

★ KBS WORLD 2016-05-21
美 공립고교 교과서에 ‘위안부’ 반영 9부 능선 넘었다
google訳
第2次世界大戦当時、日本軍が強制的に動員した慰安婦の歴史をタイムリーした米国カリフォルニア州公立高校の歴史・社会教科書のカリキュラム改正案が9合目を超えた。

カリフォルニア州教育省は19日から2日間サクラメント庁舎で行われた「歴史・社会教育課程指針改正公聴会」で歴史・社会のカリキュラム改正ガイドラインに従来通り日本軍慰安婦の歴史を含めて州教育委員会に提出することに承認した。

これにより、州教育委員会が、7月の全体会議を開き、歴史・社会カリキュラム改訂ガイドラインを最終的に承認すると、来年9月から公立高校10年生(韓国の高校1年生)世界史に「日本軍慰安婦」被害事実が含まれる。

前サンフランシスコ統合学区では、昨年、慰安婦の歴史を教えることにして、9月からサンフランシスコ中・高等公立学校のカリキュラムに含めることにしている。

改正ガイドラインには、「日本軍は第二次世界大戦の前と戦争中、いわゆる性奴隷である慰安婦を占領地に強制的に連れて行った」、「慰安婦は制度化された性奴隷として20世紀最大の人身売買の事例で教えることができる “は、内容が含まれている。

この歴史・社会教育課程のガイドラインは、カリフォルニア州の公立学校の授業と教科書執筆基準となる。特に州ロサンゼルス(LA)・サンフランシスコ総領事館をはじめ、韓国人の教育団体は、改正教科書に日本軍慰安婦の歴史だけでなく、韓半島古代史、韓国経済発展と民主化の過程を載せるために、積極的に乗り出した状況である。

実際に「慰安婦定義連帯」(CWJC・Comfort Women Justice Coalition)は、傘下に教育、いわゆるを構成して、教師のための授業プランと参考資料などを準備していることが分かった。

※注 CWJC はサンフランシスコで慰安婦像決議に動いた中華系が中心となる組織

【新刊紹介】国連が世界に広めた「慰安婦=性奴隷」の嘘

2016年5月29日発売の新刊をご紹介します。

なでしこアクションでこれまで取り組んできた国連対策が、「国連に出かけ、発言しよう!」の題で3掲載されています。

日本発 ― 国連経由の逆輸入人権は、慰安婦問題以外にも夫婦別姓、マイノリティー差別、子供の過剰な権利、LGBT、ヘイトスピーチなど、たくさんあります。

この本を参考に、多くの保守系団体が国連対策に取り組んでいただきたいと願います。

***********************************************************************

国連が世界に広めた「慰安婦=性奴隷」の嘘―ジュネーブ国連派遣団報告
藤岡 信勝 編著 (著)
Amazon http://amzn.to/253Wcyk
‘˜A‚ª¢ŠE‚ɍL‚ß‚½ˆÔˆÀ•w_ƒJƒo[.indd

¥ 1,944
単行本(ソフトカバー): 422ページ
出版社: 自由社; 初版 (2016/5/29)
言語: 日本語
ISBN-10: 4915237923
ISBN-13: 978-4915237928
発売日: 2016/5/29
商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm

<商品の説明>
内容紹介
日本軍は20万人の朝鮮人女性を拉致して「性奴隷」にした…韓国と反日日本人が国連を利用して、世界にばらまいた大ウソを、〝慰安婦の真実国民運動〟(14の保守系団体の連絡組織)メンバー11名が国連に乗り込み、策謀を完璧に暴いた。 メンバーが目にした国連は、正義と平和の組織では決してなく、権謀術数の渦巻く、熾烈な闘いの場であった。日本政府、外務省が闘わなかったため、国連は反日勢力が我が物顔でうごめく場になっていた。 「性奴隷」の名称を世界に流布させた張本人、人権派弁護士・戸塚悦朗氏を国連欧州本部でインタビュー。彼は「性奴隷」の根拠を示せず、ぬらりくらり言い抜ける。結局、虚偽に満ちたプロパガンダであることの詳細が明らかになる。彼ら反日左翼は、ナゼ嘘をついてまで日本を貶めようとするのか、実態をうかがうことができる。 メンバーの中の2名の女性の、わずか2分間のスピーチが国連を動かし、日本政府を動かした。2016年2月、国連のセッションで、日本政府代表団団長・杉山審議官が「政府の調査では、強制連行の確認はない。20万人という数字の根拠はない。性奴隷という表現は事実に反する。他国の場合も法的に解決済み」と明言したのだ。画期的な審議官の発言を引き出した歴史的な名スピーチを掲載!

出版社からのコメント
国連で我が物顔にうごめく反日左翼の実態と策謀を11名の派遣メンバーが、3年間3回にわたりつぶさに調査、そして国連人権理事会で慰安婦の真実を訴えた。保守の大反撃が本書から始まる! 「歴史戦」の劣勢を一気にハネ返す、歴史的な意義ある書が誕生した。

日韓合意後も続くカナダでの慰安婦集会~挺対協と元慰安婦も登壇

カナダでは、アルファALPHAという団体が主体となって、慰安婦性奴隷・南京大虐殺をテーマにした集会が頻繁に開催されています。
2016年5月3日トロントで開催、韓国の挺身隊問題対策協議会の代表と元慰安婦の吉元玉(gil won ok)も登壇したシンポジウムの報告をご紹介します。

シンポジウムの動画
“Comfort Women” Panel Discussion at OISE (University of Toronto)
https://vimeo.com/165920935/9821db3376
********************************************************

英語版/ENGLISH

慰安婦問題のパネルディスカッション -トロント大学OISEにて-

ミロスラフ・マリノフ

2016年5月3日、トロント大学のオンタリオ教育研究所(Ontario Institute for Studies in Education of the University of Toronto, OISE)で、「The Apology: Colonial and Militarized Sexual Violence Against Women」というテーマでシンポジウムが行われた。イベントの主催者は、The Centre for Women’s Studies in Education of OISE/UT、ALPHA Education(トロントアルファ), Centre for the Study of Korea (UT) 、その他。パネリストはティファニー・ション(Tiffany Hsuing日本政府の慰安婦対応を非難する映画、The Apologyの監督)、キル・ウォンオク(Gil Won OK、元慰安婦)、ヨン・ミヒャン(Yoon Meehyang、韓国挺身隊問題対策協議会 常任代表)、ジュディー・チョ(Judy Cho、トロントアルファのプログラムディレクター、今回は通訳者として参加)、ヤナー・モハメド(Yanar Mohammed、イラク出身のカナダ人フェミニスト活動家、Organization of Women’s Freedom in Iraq 代表、ウィニー・ムチュバ(Winnie Muchuba、 コンゴ出身で自身が暴力被害の経験者。Romero House and Parkdale Community Health Centerの代表) 進行は、アンジェラ・ライトル(Angela Lytle、OISEの親韓フェミニスト活動家)である。

司会進行役のアンジェラ・ライトル

司会進行役のアンジェラ・ライトル

 

ここで二点述べておきたい。まず、OISEは、極左思想を学生に植え付ける教育機関であり、多くの教師は自分たちはマルクス主義者であると公然と宣言している。彼らは先進国(カナダも含めて)に対しては非常に敵対的で、先進国の発展は植民地搾取をした結果に他ならないと主張している。例えば、トロント大学で行われるほとんどすべてのイベントで極左教師(Lytleも例外ではない)や司会者はこのようなことを言う。「我々は先住民が所有する土地の上に立っている。この土地はいまでも植民地のままである」。実際には先住民ははるか昔に自分たちの土地を売り払ってしまったというのが真実であるが、カナダという国をおとしめることが彼ら左翼の目的であるから事実は関係ない。このパネルディスカッションで「慰安婦」を取り上げることは、同じように日本を不当におとしめようとする試みである。

 ティファニー・ション(映画、The Apologyの監督)

ティファニー・ション(映画、The Apologyの監督)

 

次に指摘したいのは、主催者が過去の出来事である慰安婦の問題に現在起こっている問題を盛り込んだことである。イラク出身のパネリスト、ヤナー・モハメドは、2003年のアメリカのイラク侵攻後に女性が地元住民やアメリカ人に誘拐され、レイプされ奴隷として売り飛ばされたという話をした。またウィニー・ムチュバの話は、彼女の出身国であるコンゴの戦争が及ぼす女性への影響についてだった(イラクもコンゴも女性の被害は内戦により引き起こされたものであり、植民地化政策とは関係がない)。このような議論は、日本がイラクやコンゴなどのような法秩序がない国と同じように酷い国である、というイメージをつくりだしている。

イラク出身のパネリスト、ヤナー・モハメドとコンゴ出身のウィニー・ムチュバ

 

ティファニー・ションもヨン・ミヒャンもそれぞれのプレゼンテーションで、日本軍が20万人もの韓国人女性を誘拐したことや戦争時の被害者の証言が重要であることを強調した。二人の論点は以下のとおりである。誘拐された韓国人女性(韓国人以外の女性も含む)は、日本が占領した国で性奴隷にされた。性的暴行を受けたことを非常に恥じているため、その真実を告白するまでに長い何月を要した。元慰安婦の支援組織は現在までに500人の生存者を確認したが、ほとんどの女性が記憶が定かでなかったり、過去のことは忘れたいと思っている。

元慰安婦のキル・ウォンオク

元慰安婦のキル・ウォンオク

 

ヨン・ミヒャンが示したいくつかの事例は実に奇妙である。キル・ウォンオク(パネリストとして出席)は13才の時に誘拐されたが、韓国の太陰年(lunar year)に当たる年だったので彼女は実際には11才だった。ヨン・ミヒャンが例に上げたもう一人の慰安婦は当時15歳の少女だった。毎日疲労が激しかったので薬を打たなければならない状態だった。1995年、この女性がヨン・ミヒャンの前に現れたとき体に針の跡が残っていたという。(この話にはかなり無理がある。1930年代の注射針の傷が1995年まで残っているのだろうか)

ヨン・ミヒャンはまたこのようなことも言っていた。2011年の東北大震災の時に被災地で多くの女性がレイプの被害にあった。挺対協は5万ドルと元慰安婦のメッセージを添えて下着の入ったパッケージを被災地の犠牲者に送った。挺対協はベトナム戦争に派兵された兵士によるレイプについても追及している。安倍首相は祖父が戦争犯罪人なので真実に向き合うことを拒否している。2015年12月の日韓合意の謝罪は不十分である。日本が罪を完全にすべて認めて元慰安婦に金銭的な補償をするべきである。日本は、日本が犯した罪を盛り込んだ教科書を採用すべきである。

筆者はヨン・ミヒャンが慰安婦に関する話が真実だと主張しているその根拠について、また、大震災時のレイプに関してもどこのメディも問いあげていなかったので講演後に質問をした。まず、ヨン・ミヒャンが主張する慰安婦の話が真実だ、とする点に関しては、1945年のマッカーサーの「Amenities in the Japanese Armed Forces」の記述に基づいている。そして、東北大震災のレイプの事実は日本の女性団体からの情報だと述べた。

この質問の後、筆者の友人が慰安婦の年齢に関してさらに質問をした。彼女はその時持っていた本を引用して、女性には賃金が支払われていたこと、女性の年齢が17歳から30歳までとされていたことからみて11才の少女がリクルートされた可能性は極めて低いのではないかと問題を提起した。

ヨン・ミヒャンの反応は、明らかに左翼フェミニストは理性的な質問をいやがるとうことを示している。ヨン・ミヒャンの表情から苛立つ様子が読み取れ、本の内容よりも犠牲者の証言が大事だと言うだけである。進行役のアンジェラ・ライトルは「この場所は犠牲者を尊重しその活動を褒めたたえる“政治的なセーフスペース”であり、(犠牲者を尊重し、彼女たちの活動を褒めたたえることに対して)質問を投げかける場所ではない。質問者はこのイベント混乱させようとしている」と、まともな質問をした筆者の友人を批判した。ヤナー・モハメドもライトルのコメントにうなづいていた。そして、イベントの後半で「被害者の声に対して嘘つき呼ばわりするのは「政府を代弁するフェミニスト(state feminist)」で私たちの信念を攻撃している」とコメント。直接ではないが、彼女のコメントは筆者の友人のまともな質問を批判するものであった。

これが左翼狂信者が支配する教育機関で行われている、カナダのアカデミックな議論のレベルである。このような狂信者と議論することを非常に難しくしているのは、彼らのアジェンダを反証する明白な事実があることを彼らが受け入れないことである。左翼にとって議論の土台となるのは感情と個人攻撃である。そして、左翼は自分の考えや意見をかなり強引に推し進めるため、政治家はこのような狂信者は影響力があるという印象を持ってしまうのである。

講演後にインターネットでマッカーサーのレポートを検索した。(*)わかったことはレポートで性奴隷などまったく証明されていないことだった。戦時中の慰安所はモラルに反するという意見があるが、慰安婦は決して奴隷ではなかった。慰安婦はお金を支給され、日本軍は彼女たちに貯金をするように奨励していたのである。もし挺対協がマッカーサーのレポートを重要視しているのなら、日本が日本の主張を裏付けるためにこのレポートを使わないのはおかしな話である。

そして最後に、筆者が提言したいのは20万人が誘拐されたというパネリストの主張に関してである。20万人誘拐をさらに追及することで、日本軍による20万人誘拐説の嘘を証明できるのではないか。もし韓国政府が20万人が誘拐されたと言い張るのなら、日本政府は誘拐された女性の経歴を含めたリストを要求するべきである。

2016年5月16日

 

(*) 参考資料
Amenities in the Japanese Armed Forces
I.G.No. 6310
B.I.D.No. 1228
DATE OF ISSUE 15 November 1945

MacArthur Document Reports Imperial Japanese Military’s “Sanction” of Comfort Women Brothels
By Dennis Halpin
US・KOREA INSTITUTE AT SAIS August 15, 2013

 

【 著者 ミロスラフ・マリノフ(Miroslav Marinov) 】
カナダ在住のライター・フリーランスジャーナリスト。ブルガリア出身。ソフィア大学哲学科を卒業後、ブルガリア科学アカデミー哲学研究所にて博士課程修了。北米の政治を中心に執筆活動中。
近著  Lynched:The Media War against Rob Ford

Thoughts about the Panel Discussion on the Comfort Women Issue at OISE

日本語版/JAPANESE

A panel discussion took place on May 3, 2016, at OISE (Ontario Institute for Studies in Education), faculty of the University of Toronto. The topic was: “The Apology: Colonial and Militarized Sexual Violence Against Women”. The event was sponsored by The Centre for Women’s Studies in Education of OISE/UT, ALPHA Education, Centre for the Study of Korea (UT) and a few other institutions. The participants included: Tiffany Hsiung, creator of the documentary “The Apology” that attacks Japan’s handling of the “comfort women” issue; the “comfort woman” survivor Gil Won Ok; Yoon Meehyang, feminist activist and a director of the Korean Council for the Women Drafted for Military Sexual Slavery by Japan; Judy Cho from ALPHA as a translator; a feminist activist from Iraq; a woman victim of violence from Congo. The discussion was moderated by Angela Lytle, a feminist and pro-Korean activist.

Angela Lytle

Angela Lytle

 

Two things should be noted here. First, OISE is an institution with an extreme leftist agenda. There are many professors there who openly support Marxism. They are very hostile toward the developed countries (including Canada) claiming that all their achievements are the result of colonial exploitation. For example, at every event at the University of Toronto they make a statement (Ms. Lytle did the same here) that they are standing on Indian (native) land that is still colonized. The truth is that the Indians sold the land centuries ago, but the goal is to humiliate Canada. The inclusion of the “comfort women” issue in a discussion was an attempt to treat Japan in the same way.

Tiffany Hsiung, creator of the documentary “The Apology”

Tiffany Hsiung, creator of the documentary “The Apology”

 

Second, beside the Korean women, who discussed an old event, they included in the panel two women affected by current events. The Arab woman spoke about kidnapping of women to be raped or sold as sex slaves by locals and Americans after the US invasion of 2003. The woman from Congo spoke about the war’s effects on women in her country (and that’s a civil war, which has nothing to do with colonialism). Such a discussion created the impression that now Japan is as bad as the two lawless countries, Iraq and Congo.

Yanar Mohammed from Iraq and Winnie Muchuba from Congo

 

Both Ms. Hsiung and Ms. Yoon emphasized in their presentations the testimonies about the war events. They repeated the claim of the 200,000 Korean women abducted by the Japanese government. They were forced to perform sex services in the countries occupied by Japan (along with women from other nationalities). Most of them were too ashamed to admit that they were sexually assaulted, that’s why it took so many years to uncover the truth. Their organizations so far have found about 500 survivors and most of them are losing their memories or want to forget the events.

the “comfort woman” survivor Gil Won Ok

the “comfort woman” survivor Gil Won Ok

 

Some of the examples of Ms. Yoon were quite odd. She claimed that Ms. Gil (present at the panel) was abducted at the age of 13, but that was in lunar year, so she was actually 11. Another girl, aged 15, was so exhausted that they had to give her drugs every day. When she showed up at Yoon’s organization in 1995, she still had marks from the needles. (That was too much – no needle scars can survive from the 1930’s to 1995.)
Ms. Yoon said that after the earthquake in Japan in 2011 many women from the disaster area have been raped and her organization provided material support to the victims – $50,000 – and also sent them packages with underwear with a message from the surviving “comfort women” in each package. They also pursue for alleged rapes by Korean soldiers who fought in the Vietnam War. Shinzo Abe is refusing to face the “truth” because his grandfather was supposedly a war criminal. The apology of December, 2015, was not enough – they want the Japanese to accept full guilt and provide more money. They are also expected to change the history textbooks to reflect the guilt.

I was curious about their fact sources and asked about them during the Q&A session. I also asked about the information about the Japanese women allegedly raped after the earthquake, because that was not covered in the press. She said regarding the former that a crucial evidence was a report commissioned by General MacArthur in 1945: “Amenities in the Japanese Armed Forces”. As of the second question, Ms. Yoon said that they got the information from women’s organizations in Japan.

A friend of mine asked about additional proof. She quoted books on the issue which revealed that the women were recruited for pay and the ages of the women wanted ranged from 17 to 30 years, thus it was very unlikely to recruit an 11-year old girl.

The reply showed clearly that the militant lefty feminists are not fond of rational discussion. Ms. Yoon became visibly irritated and said that the testimonies of the victims are much more important than books. The moderator accused my friend of disrupting the event – this was supposed to be a “safe political space” where the “victims” are celebrated and not questioned. The Arab woman on the panel also chimed in, saying that my friend was a “state feminist” trying to attack their cause. That is the level of the academic discourse in Canada, where educational institutions are controlled by leftist fanatics. What makes an argument with them very difficult is that they reject outright facts that disprove their agenda. They keep the discussion based on emotions and personal attacks against the opponent. Since those people are very aggressive in promoting their views, they create the impression in politicians that they are influential.

After I came home, I found General MacArthur’s report online.(*) It doesn’t prove sexually slavery at all. Though the wartime brothels could be considered immoral, the women working in them (Japanese, Korean and Chinese) were anything but slaves. They were paid and encouraged by the authorities to save money. If the Korean activists find the document so important, it is strange that the Japanese side doesn’t use it to prove its points.
Also, another venue of proving them wrong is to go after the claim of the 200,000 abducted women. Japan may demand lists and backgrounds of those women, if the Korean government insists that the claim is true.

Miroslav Marinov

(*) reference materials
Amenities in the Japanese Armed Forces
I.G.No. 6310
B.I.D.No. 1228
DATE OF ISSUE 15 November 1945

MacArthur Document Reports Imperial Japanese Military’s “Sanction” of Comfort Women Brothels
By Dennis Halpin
US・KOREA INSTITUTE AT SAIS August 15, 2013

 

<VIDEO>
“Comfort Women” Panel Discussion at OISE (University of Toronto)
https://vimeo.com/165920935/9821db3376

ケイ氏(国連特別報告者)とダディン女史(コネチカット大学)講演

カリフォルニア大学アーバイン校(UCI)におけるケイ氏とダディン女史の講演

GAHT-US( 歴史の真実を求める世界連合会
代表  目良浩一

2016年5月12日に、国連の特別報告官に指名されて、日本における「報道の自由」の状況を調査した法学部のデイビッド・ケイ氏(彼は実務経験によって教授なったのでクリニカル教授という資格を持つ)とコネッチカット大学のアレックス・ダデン教授による日本についての発表会があることをなでしこアクションからの通知で知った。最近、日本の報道について深刻な批判を発表した国連特別報告官と、日本について極めて厳しい発言をしている歴史学者との組み合わせであったので、大変興味を持って出席した。

比較的新しいが、ゆったりとした広大なUCIキャンパスの建物の一つの会議室に机がロの字型に並べられ、20名くらいの参加者がいた。大学院の学生が数名の他は、他大学、他学部からの先生方であると思われた。発表はダデン教授の「特定秘密保護法」が、市民の知る権利を侵すものであるという主張から始まった。それに応じて、ケイ氏は、最近の高市大臣の放送法を適用して、「メディアを制裁することもある」という声明が、報道の自由を束縛するものであるという主張を展開した。この国連特別報告官は、日本にわずか一週間の滞在にも拘らず、あたかも日本のメディアの状況を熟知している如く、上記のような批判を下したのである。ダデン氏は、2014年に発効した「特定秘密保護法」が、特定の政府内の秘密を守るべき公務員にだけ適用されるにもかかわらず、それが日本の政府の意思によって情報が抑圧されるとして、問題にしていた。

私は、ケイ氏に、日本におけるメディアの実際の偏向状況を知っているかと尋ねた。また、日本で面会した人のリストを公開できるかと尋ねた。更に、日本では報道機関の外国人・外国籍組織による所有について、アメリカのように制限がないことを指摘したが、いずれについても満足な回答は得られなかった。

この二人に共通することは、安倍政権によって、日本では報道の自由が抑圧されて、それによって日本は危険な道を歩むことになっていると強調し、自由民主党政権の打倒を狙っている者に協力しているのである。因みに、ケイ氏は、学術的には実績に乏しいが、国務省の実務経験から教職に入った法科大学院卒業生で、中国で教職に就いた経験がある。したがって、この講演会は、国連とある隣国が計画した安倍政権打倒策の一環とみることは、穿ち過ぎであろうか。

<参考サイト>
Japan Business Press 2016.5.11(水) 古森 義久
どこが公正?日本叩きに手を貸す国連特別報告者
デービッド・ケイ氏が反日の急先鋒と公開討論
http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/46808

Access Asia Spring 2016
http://accessasia.journalofasianstudies.org/index.php/18-presentations/spring-2016/4-spring-2016
May 12: Alexis Dudden (Professor of History, UConn) and David Kaye
(Professor of Law, UCI, and UN Special Rapporteur),

国連CSW60なでしこアクション主催イベント 共同ウィークリー に掲載

国連ニューヨーク 女性の地位向上委員会で、2016年3月24日なでしこアクションが主催したパラレルイベント

「紛争時の女性の人権~女性の尊重への日本の取り組み」
“Women’s Rights under Armed Conflict – Japan’s Approach to Respect Women”

が、共同通信社 会員制週刊情報誌「Kyodo Weekly」(共同ウィークリー)2016.4.25号で

在米邦人が国連で“和解”訴え
慰安婦問題で日韓解決受け

 国連のCSW(女性地位向上委員会)が米ニューヨークで開催した「紛争時の女性の人権」イベントで、慰安婦問題を巡り在米邦人が“和解”を訴え、大きけな反響を呼んだ。

として、記事で紹介されました。

執筆者のジャーナリスト 北沢 栄 氏のサイトに同じ記事が掲載されていますので、是非ご一読ください。

在米邦人が国連で“和解”訴え/慰安婦問題で日韓解決受け
http://www.the-naguri.com/kita/kita_side_b71.html

海外歴史戦 最前線から GAHT創設2周年記念報告会 大阪(5/19)・東京(5/23)

グレンデール慰安婦像撤去訴訟を行っている 歴史の真実を求める世界連合会/GAHT が創設2周年を記念して大阪・東京で活動報告会を開催しますのでご案内します。

*****************************************************************

歴史の真実を求める世界連合会GAHT
創設二周年記念 活動報告会 大阪・東京
~ GAHTと共に慰安婦問題を戦おう ~

日韓合意によって、新しい局面を迎えた慰安婦問題。グレンデール慰安婦撤去裁判の行方は?
設立2周年を迎えた「歴史の真実を求める世界連合会GAHT」は、これまでの動きを振り返るとともに、皆さまからご意見をいただき、次のステップへの糧にします。
大阪では初の開催となる5月19日(木)、東京では5月23日(月)、皆様のご参加をお待ちしております。

<大阪 報告会>
【日時】平成28年(2016年)5月19日(木)
開場18:00   開会18:30  閉会20:30

【場所】AP大阪梅田茶屋町 会議室A
ABC-MART梅田ビル8F Tel:06-6374-1109
大阪市北区茶屋町1-27

【内容】
GAHT活動の報告 / 国連に対する働きかけ/ 日韓合意の影響/ 今後の活動方針 / 質疑・提言・応答

登壇者:
杉田水脈 (前衆議院議員・ジャーナリスト)
目良浩一 (歴史の真実を求める世界連合会 代表)
細谷清  (近現代史研究家)

※参加費無料・申し込み不要 直接会場にお越しください

 

<東京 報告会>
【日時】平成28年(2016年)5月23日(月)
開場17:30   開会18:00  閉会19:30

【場所】参議院議員会館 101会議室
東京都千代田区永田町2-1-1
東京メトロ永田町駅 一番出口

【内容】
GAHT活動の報告 / 国連に対する働きかけ/ 日韓合意の影響/ 今後の活動方針 / 質疑・提言・応答

司会: 大高未貴  (ジャーナリスト)
来賓: 日本の心を大切にする党 前衆議院議員 中山成彬先生
登壇者: (五十音順)
藤井厳喜  (日本ケンブリッジ・フォーキャスト代表取締役)
藤岡信勝  (拓殖大学客員教授)
細谷清   (近現代史研究家)
目良浩一  (歴史の真実を求める世界連合会 代表)
山本優美子 ( なでしこアクション 代表)

※参加費無料・申し込み不要 直接会場にお越しください
※参議院会館玄関口で通行証をお渡しします

【主催 / 問い合わせ】
歴史の真実を求める世界連合会GAHT http://gahtjp.org/
E-メール:info@gahtusa.org
電話:03-5403-3512
ファックス:050-3153-0391

大阪報告会チラシ
2016.5.19_osaka

東京報告会チラシ  カラー版PDF   モノクロ版PDF
2016.5.23_Tokyo_color

GAHT-USより映画報告&映画(トレイラー)で比較する日本人兵 ”韓国”と”タイ”

2016年4月27日、日系人博物館で上映された映画 
SILENCE BROKEN: KOREAN COMFORT WOMEN”「沈黙を破って:韓国人慰安婦」
※ 詳細はこちら

上映会に参加した歴史の真実を求める世界連合会/GAHT-USから報告をいただきました。

参考)GAHT報告「全米日系人博物館館長宛てへ抗議のメール!

********************************************************

<報告>

198人収容の会場に、参加者は約50名。
殆どが韓国系。韓国系と親しいNCRRの日系人も数名。

映画の前半は元慰安婦約10名の証言と、吉見義明氏を含む日本人学者の証言。
後半はある慰安婦の証言に基いたという慰安婦少女たちのストーリー(英語)。

そのストーリーが現在上映されている慰安婦映画「鬼郷」と非常によく似た酷い内容です。
この「SILENCE BROKEN」が「鬼郷」の元になっているのではないかと感じました。

タイ映画が描く日本兵と比較して皆さんに知っていただきたいと思います。

********************************************************

映画(トレイラー)で比較する日本人兵 韓国 と タイ 

タイ人が描く日本兵
“クーカム(運命の人)”

韓国人が描く日本兵
“鬼郷” (Spirits’ Homecoming, 2016)

SILENCE BROKEN  trailer, Documentary on Korean Comfort Women

LA日系人博物館で「韓国慰安婦 性奴隷映画」4月27日上映予定

米国LAの 全米日系人博物館 ( Japanese American National Museum )
2016年4月27日(水)16:30~ 上映予定
日本帝国軍によって強制的に性奴隷にされた韓国女性のドキュメンタリー
“SILENCE BROKEN: KOREAN COMFORT WOMEN”「沈黙を破って:韓国人慰安婦」

グレンデール慰安婦を建てた Korean American Forum of California も共同提供(Co-Presenter)に加わっています。

カルフォルニア州公立高校の歴史・社会科学教科書改定案に日本軍慰安婦性奴隷の記述が検討され(詳細はこちら)、現地の日本人が懸命に反対運動をしているのに、何故、日系人博物館でこのような映画が上映されるのでしょう?

意見送り先 *******************************************************

全 米 日 系 人 博 物 館
JAPANESE AMERICAN NATIONAL MUSEUM
100 North Central Avenue,
Los Angeles, California 90012
電話:(213)625-0414 ファックス:(213)625-1770
toll-free: 800.461.5266

館長 President and Chief Executive Officer
グレッグ・W・キムラ博士 Dr. Greg.W. Kimura
gwkimura@janm.org

広報担当 Press Inquiries
mediarelations@janm.org

Facebook: Japanese American National Museum
https://www.facebook.com/jamuseum/

*******************************************************

全米日系人博物館 上映予定の Tateuchi Democracy Forum (198人収容)
3

Tateuchi Democracy Forum

“SILENCE BROKEN: KOREAN COMFORT WOMEN” キム監督
DAI SIL KIM

米公文書~米軍の日本兵尋問調書から見る当時の日本

米国戦争情報局(United States Office of War Information)、連合軍翻訳通訳部局(ATIS)、連合軍東南アジア翻訳・尋問センター(SEATIC)の尋問調書等における慰安婦部分については本サイトでご紹介しました。

※米国国立公文書館所蔵資料 アジア女性基金資料集より抜粋
http://goo.gl/LO9fDy

そこには慰安婦関連以外に、

・明治天皇の教育勅語を守り占領地域の人々に対しては平等かつ万全に接したこと
・ヒットラーの考えには全く同意も評価もしないこと
・天皇への崇敬とヒットラーを同列に置くことに対しては憤りさえ持ったこと
・天皇も国民も戦争は好きではないこと、

等の証言がなされており、ここにご紹介いたします。

これらを読むと、慰安婦問題をナチスのホロコーストにたとえることが、いかに荒唐無稽な言いがかりにすぎないかがわかります。又、このような証言こそユネスコと記憶遺産登録にふさわしいものと思われます。

今回ご紹介する文書はATISの21名の日本人捕虜で、捕虜地はラバウル、フィリピン、インドネシアスマトラ、上海、インドシナです。
もちろん微妙に違いはありますが、以下は多くの日本人捕虜が証言している内容です。

連合国に関し;
○ 反英米運動がなぜ起きているのかわからない。日本と英国との間には友人感情があったことは間違いない。反英米の動きがあるとすれば愛国的立場の人たちによるものであろう。
○ オーストラリア、アメリカの白人捕虜を見た。彼らは苦役も労働もしていなかった。オーストラリアの捕虜に対する待遇は日本兵よりよかったので不満に思った。
○ 明治天皇の教育勅語の教えに従い、占領地の現地の人々や捕虜に対しては平等に万全に扱った。
○ 中国人がなぜ日本人を嫌っているのかわからない。隣国なので仲良くすべき。

同盟枢軸国(ドイツ)に関し;
○ ドイツから援助があったことなど聞いたことがない。
○ ヒットラーについてはよく知らないが、ドイツ民族が優越していると言う主張は同意しない。天皇に対する日本人の崇敬はヒットラーに対するものとは全く違う。
○ 日本とドイツはそれぞれ異なる目的で戦争した。日本の幹部はドイツが日本が得た石油やゴムすべてを日本に保有させないということをよくわかっていた。もし、両国が今次戦争で成功していたら、次は両国で分捕り合戦の戦争が起こったであろう。

戦争に関し;
○ 戦争は好きではない。外国人は日本が戦争好きな国民だと思っているが全く違う。
○ 天皇が戦争を好きだとは思わない。
○ アメリカが資源の売却を拒否したので、東条には選択の余地がなかった。増大する日本の人口に対処できず、日本の存在はなかったであろう。

以上

US National Archives ~ Testimonies of Japanese War Prisoners

Other than important information related to Comfort Women, the interrogation reports of ATIS from U.S. National Archives and Records Administration give other important testimonies of Japanese war prisoners, such as

- good and equal treatment of natives of occupied territories of Japan observing the Rescript of the Emperor MEIJI,
- disagreement of Hitler’s claim of German superiority,
- resentment against comparison between reverence to Emperor and idolizing Hitler,
- neither Emperor nor Japanese nation likes war
and etc.

Reading these testimonies, it is quite absurd to claim that Comfort women system was the same crime as the Holocaust of Nazi. Quite contrary, these testimonies are indeed qualified to be nominated as International Memory of the World Register of UNESCO.
The followings are the main descriptions of 21 Japanese interrogees, surrendered in RABAUL, Philippine, Sumatra in Indonesia, Shanghai and Indochina.

Attitude to Allied Nations;
●  PW had no idea why there was anti-English movement. There was no doubt that a feeling of friendship had existed between ENGLAND and JAPAN. Certain people in the latter country had started anti-English campaign for patriotic reasons.
●  PW had seen some American PsW in MANILA. They were not working. He also heard that the Australian PsW in RABAUL. Japanese troops often complained that the Australian PsW received better treatment than the Japanese soldiers. He had never seen white PsW doing coolie work.
●  The Rescript of the Emperor MEIJI was being observed as regards treatment of captured enemy soldiers and natives. They were treated well and as equals.
PW did not know why the Chinese disliked the Japanese. The neighbors should be friends.

Attitude to Axis Nations (to Germany and Hitler);
●  PW had never heard any assistance from Germany.
●  PW had never heard of the German theory of racial superiority. He definitely did not accept Hitler’s precept that the German was a superior being to the Jap. It was definitely a mistake on the part of Hitler to put himself in the same category as the Emperor.
●  Each country is fighting for its own ends and high officers were well alive to the fact that Germany would never allow Japan to hold all the rubber and oil resources she had acquired. If Japan and Germany were successful in the present war, such success would simply lead to a further war for division of spoils.

Political conditions;
● PW said he that he personally did not like war. Foreigners all seemed to have the idea that Japan was a warlike country but the opposite was true.
●  He could not believe that the Emperor liked war.
● USA had refused to sell materials. TOJO had no choice, as Japan with her increasing population, could not have existed.

End

【署名】日本人慰安婦 城田すず子 さんは「性奴隷」ではありません!

慰安婦=性奴隷説に利用されている日本人慰安婦がいます。
海外で 「I was their ‘slave’. 私は彼ら(日本軍)の奴隷でした」と宣伝されている「城田すず子」さん(故人)です。
中国・韓国・日本などで共同申請する可能性がある「慰安婦性奴隷 ユネスコ記憶遺産」に利用されかねません。

「城田さん=性奴隷」の基になっているのが、

・千葉県館山市にある「噫(ああ)従軍慰安婦」石碑(NPO安房文化遺産フォーラム)
・ラジオドキュメント番組「石の叫び~ある従軍慰安婦の記録」(1986年TBSラジオ放送)第12回放送文化基金賞奨励賞

です。

城田さんが「慰安婦=性奴隷説」に利用されるのを阻止するために、安房文化遺産フォーラム、TBSラジオに対し「”城田すず子さんの原文”を公開し、“吉田清治氏~虚偽の作り話”であることを注記」することを求める署名を有志が始めました。

皆様のご協力よろしくお願い申し上げます。

<参考資料>
造られた性奴隷の象徴~日本人慰安婦「城田すず子」さん
月刊正論2014年5月号 元日本人慰安婦を「性奴隷」にした嫌らしい面々 大高未貴

*******************************************************************

“城田すず子さんの原文”を公開し、
“吉田清治氏~虚偽の作り話”であることを注記せよ

署名はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://goo.gl/iiWswM

署名主催:捏造慰安婦問題草の根会

宛先: 安房文化遺産フォーラム、TBSラジオ

<請願文>
日本 城田すず子 “私は彼らの奴隷でした。” ”債務肩代わりのため父親により日本軍へ売られ、終戦まで、彼女は台湾、サイパンの慰安所で性奴隷として働いた。1955年から20年間、性暴力被害者の収容施設に暮らし、1971年慰安婦時代の手記を著わした。

これが、元慰安婦、元GI売春婦(パンパン)であった城田すず子さんの海外における紹介文です。

しかしこれは城田さんの実像でしょうか。

疑問を抱く理由を挙げれば、親が売った先は売春業者であり日本軍ではありませんし、高額な報酬を得ていた慰安婦は「奴隷」とは言えません。彼女は1971年「マリアの賛歌」という手記を出版しましたが、慰安婦部分の記述はわずかであり、戦時下という状況に照らせば、格別数奇な境遇にあったとは読み取れず、債務返済のため日本軍慰安婦として働いた、というただそれだけのことが書かれていると言っても過言ではありません。

ことさらに同著作物を慰安婦時代の手記と位置付けるのは本の内容を無視しているとさえ言えます。

ましてや、日本軍の奴隷であったなどということはどこからも読み取れません。

「奴隷」という表現を使うなら、むしろ心身ともにすさんだ戦後のGI相手の売春婦時代の方が適していると思われます。

参照:城田すず子―造られた慰安婦像― http://nadesiko-action.org/?p=9952

城田さんの著作物を正確に読めば、冒頭の紹介がいかに城田さんの実像から乖離しているかがすぐにわかります。それはなによりも城田さんの著作物を侮辱する事であり、日本軍の奴隷であったなどと言う虚像を紹介することは彼女の尊厳を傷つけることを意味します。又、城田さんが恋心を抱いた日本兵、親せきや知人の中にもおられたであろう軍人や兵隊さん、その方達も含め、日本軍の名誉を貶めることにもなります。

ところが、1985年突如として城田さん自身が自己の著作物を侮辱し、自己の尊厳を傷つけ、知人友人を貶める一文を発表したのです。翌1986年、それはTBSラジオで放送されました。いわゆる「石の叫び」です。冒頭の海外での紹介の基になっているのがこの「石の叫び」です。

しかし、これは本当に彼女の手になるものでしょうか。

あまりの乖離と違和感は前述の通りです。

1、安房文化遺産フォーラム(特定非営利活動法人NPO)宛て

貴フォーラムのホームページ(そして恐らく貴法人の本部である小高記念館の展示物)に、1986年、TBSラジオで放送された「石の叫び―ある従軍慰安婦の叫び」の文字起こし文が掲載されています。http://bunka-isan.awa.jp/About/item.htm?iid=413

貴法人の名称から推察すると、貴法人は同放送内容を“安房文化遺産”として登録し、これを一般に広めることを意図して掲載したものと思われます。とすれば、貴法人は“安房文化遺産”登録のための同放送内容について独自の検証をされているはずです。当会は本署名運動の賛同者と共に、その検証結果をお尋ねするとともに、同放送内容の一部は現在明らかに誤りであったこと等を踏まえ、次の通り要求します。

1)吉田清治氏については、同氏の著作物も含め、いわゆる吉田証言は作り話であることを本人も認めています(1996年5月2・9日付の週刊新潮インタビュー)。吉田証言が虚偽であったことは朝日新聞社も認め謝罪しています(2014年8月)。

従って、貴フォーラムのホームページ(及び展示物)上においてもTBS放送の吉田清治氏インタビュー部分は「虚偽の作り話」であった旨、注記すること。

2)以下の部分は城田さんの発言の中で最も重要な部分です。ところが、せっかくのインタビューであるにも関わらず、この最重要部分は城田さんの肉声ではなく、ナレーターによるナレーションになっています。そのことを注記すること。

「兵隊さんや民間人のことは各地で祭られるけど、中国、東南アジア、南洋諸島、アリューシャン列島で、性の提供をさせられた娘たちは、さんざん弄ばされて、足手まといになると、放り出され、荒野をさまよい、凍りつくサイムで飢え、野良犬か狼の餌になり、骨はさらされ土になった。兵隊さんは一回五十銭か一円の切符で行列をつくり、女は洗うひまもなく相手させられ・・て、なんど兵隊の首をしめようと思ったことか、半狂乱でした。死ねばジャングルの穴にほうりこまれ、親元に知らせる術もない有様です。それを私は見たのです。この眼で、女の地獄を・・・」

3)海外で紹介されている「性奴隷城田さん」は上述のナレーション部分が根拠になっていると思われます。この一文は城田さんの世話人であった深津文雄氏に宛てた手紙がその原文であると言われていますが、その所在は明らかになっていません。内容及び文体とも、それまでの城田さんの言動とは異質なものであることが識者等に指摘されていること、又、なによりも突如として出現したことを考え合わせると、この一文が本当に城田さんのものであるかどうか真偽不明と言わざるを得ません。

貴フォーラムにおかれては、“安房文化遺産”として紹介されている以上、きちんと検証されているものと思われますので、その結果及び城田さんの手紙の所在・内容について注記すること。 

2、TBSラジオ宛て

1)1986年ラジオで放送された「石の叫び―ある従軍慰安婦の叫び」の中の吉田清治氏の発言は作り話であることが判明しており、朝日新聞社同様に、謝罪すること。

2)第12回放送文化基金賞奨励賞を返還すること。

3)せっかくのインタビューの機会にもかかわらず、1、安房文化遺産フォーラム(特定非営利活動法人NPO)宛ての2)の「 」部分が城田さんの肉声ではなく、ナレーターによるナレーションにした理由を説明すること。

以上

 

*******************************************************************

国連NYイベント「紛争時の女性の人権」プログラムとプレゼンテーション 2016.3.24

CSW60 パラレルイベント 2016年3月24日(木) チャーチセンター、ニューヨーク
「紛争時の女性の人権~女性の尊重に向けて 日本の取り組み」
各登壇者のスピーチ文、パワーポイント画像、動画はブログラム番号とタイトルをクリックするとご覧になれます。

************************************************************************************
hana

CSW60 Parallel Event

Women’s Rights under Armed Conflict
– Japan’s Approach to Respect Women -

The Church Center for the United Nations
12:30pm to 14:00pm,   24th of March, 2016

PROGRAM

*Click the number and title to read the text of each presentation.

Chairperson :  Ms. Shizuko Culpepper

1. Opening Remarks
Yumiko Yamamoto ( Japanese Women for Justice and Peace )

2-1. Message from UK

2-2. Message from Australia

3. “ International War Against Japan: In Search of Winning Strategies ”
Ms. Sharon Isac

4. “ Comfort Women Not Sex Slaves ”
Dr. Koichi Mera ( Global Alliance for Historical Truth )

5. “ Time to move on ”
Ms. Mieko Greene

6. “ Weaponizing the Comfort Woman Issue: Time to Turn the Page ”
Ms. Charlotte Meyer

7. “ Resurrection of Justice ”
Ms. Kaoli Koyasu ( Japan Mahoroba Support )

8. Closing Remarks
Ms. Shizuko Culpepper

Mr. Tony Marano (youtube video)
************************************************************************************
Sponsors
- Japanese Women for Justice and Peace
- Alliance for Truth about Comfort Women
- Grass Roots Actions for Peace and Justice in Japan
- Researchers of history on Modern Japan

************************************************************************************

nadeshiko_2016.3.24

【お知らせ4月1日報告会】慰安婦問題「国連派遣団」の取り組みと成果/衆議院議員会館第一

************************************************************************************
慰安婦の真実国民運動よりお知らせ

[報告会]慰安婦問題「国連派遣団」の取り組みと成果
http://www.ianfu-shinjitu.jp/LMC/?p=1616

ジュネーブの国連欧州本部で行われた2014年7月の自由権規約委員会に始まり、2015年7月と2016年2月の女子差別撤廃委員会、3月のニューヨーク国連女性の地位委員会に至るまで、慰安婦問題について対国連活動を続けてきました。その取り組みと成果、そこから見えてきた国連の実態をご報告します。

【日時・場所】
 2016年4月1日(金) 衆議院第一議員会館 多目的ホール
 開場 13:00 ご参加の方には玄関にてスタッフが通行証をお渡しします。
 開会 13:30
 閉会 15:30

    東京都 千代田区永田町2-2-1 
    「国会議事堂前」丸ノ内線・千代田線 1 番出口 徒歩 3 分
※参加費無料 事前申し込み不要

【報告者】
 細谷清(日本の近代史研究会)
 杉田水脈(前衆議院議員)
 藤木俊一(テキサス親父事務局)
 藤井実彦(論破プロジェクト)  
 山本優美子(なでしこアクション)
   
【主催】
 慰安婦の真実国民運動   
 〒 112-0005 東京都文京区水道2-6-3-203「新しい歴史教科書をつくる会」内
 (電話)03-6912-0047(FAX)03-6912-0048
 (メールアドレス) ianfu-shinjitu@tsukurukai.com

再び開催!『テキサス★ナイトin NYC』2016.3.23 

************************************************************************************
待ったなし!どうする日本、どう出るアメリカ!?

テキサス★ナイトin NYC

2016年(平成28年)、世界情勢は激化の一途
絶えず仕掛けられる反日プロパガンダの
主戦場米国で日本が守るべきものとは
日米で共闘するトニー・マラーノ氏と仲間達が
再びニューヨークで終結します
異論反論も飛び交う予測の白熱討論会へようこそ!

 

【日時】
2016年3月23日(水) 6:30PM開場  7:00開演

【会場】
St. Vartan Armenian Cathedral
630 2nd Ave, New York, NY 10016
@ 2nd Ave. & 34th St.

【ゲスト】
目良 浩一(歴史の真実を求める世界連合会)
細谷 清 (日本の近代史研究会)

【パネリスト】
鈴木 規正(ニューヨーク正論の会)
藤木 俊一(テキサス親父日本事務局)
藤井 実彦(論破プロジェクト)
山本 優美子(なでしこアクション)

【参加費】
$40(当日会場でお支払いください)
席に限りがありますので、あらかじめご了承ください。

【お問い合わせ】
krkys110@gmx.com

texas in NYC_2016.3.23_2

【主催】
テキサス☆ナイトin NYC実行委員会
慰安婦の真実国民運動

【後援】
テキサス親父日本事務局
論破プロジェクト
ニューヨーク正論の会
日本まほろば支援局