【署名お願い】フラートン市博物館に慰安婦記念碑 反対!

【2014.10.2記】9月30日、博物館と市議会シティ・マネージャー事務所に署名を届けました。
署名は継続し、10月中に追加分を届ける予定です。ご協力よろしくお願い申し上げます。

産経ニュース 2014.10.2 05:00
慰安婦碑設置反対で8000人署名、日本人団体が提出 米フラトン、韓国側も対抗

**************************************************************

2014年8月19日にカルフォルニア州フラートン市議会にて、 The Korean American Forum of California(KAFC)が提案した、「市博物館に慰安婦記念碑設置を検討する」が承認されました。市博物館が2015年秋に予定している「慰安婦ハルモニ展」に合わせて慰安婦記念碑を設置するか否か、2か月後(2014年10月)に決めるとのことです。

この時の市議会には日本人、日系人も駆けつけ反対のスピーチをしました。(市議会報告
慰安婦記念設置の決定はこれからです。今も現地の日本人が反対に頑張っています。

日本から応援するために反対の署名を博物館と市議会に提出します。
(9月30日 第一回目 提出)

フラートンは福井市の姉妹都市でもあります。
反対した市議会議員は福井市との友好関係が悪くなることを懸念した議員がいます。
福井市には、明確に反対の意思を示していただけるようお願いしたいと思います。
(福井市 9月24日 慰安婦像計画反対の決議採択

反対の署名にも、皆様のご協力何卒よろしくお願い申し上げます。

フラートン市議会に対し
2014年8月19日に採択されたHR121を支持する決議を
撤廃することを求めます
フラートン博物館センターに対し
慰安婦記念碑の設置を承認しないよう求めます

署名はこちらから
↓↓↓↓↓↓↓↓
http://goo.gl/9Nshgx

英語USA版はこちら http://goo.gl/jqqWzs

12

※署名は簡単!・・・必要事項(姓、名、メアド、国、郵便番号)を記入し[賛同!]をクリックするだけで署名できます。フェイスブックにログイン状態の場合は[賛同!]をクリックするだけです。

<参考>
福井市役所 http://www.city.fukui.lg.jp/
市民生活部 まちづくり・国際課
業務時間 平日8:30~17:15
〒910-8511 福井市大手3丁目10-1
電話番号 0776-20-5300
ファクス番号 0776-20-5391
メールフォーム

City of Fullerton
http://www.cityoffullerton.com/
303 W. Commonwealth Avenue
Fullerton, CA 92832
(714) 738-6310
メールフォーム

Fullerton Museum
http://www.cityoffullerton.com/depts/museum/
301 N. Pomona Ave.
Fullerton, CA 92832
(714) 738-6545
FMC@ci.fullerton.ca.us

The Korean American Forum of California(KAFC)※慰安婦像推進団体
http://kaforumca.org/

<参考メールアドレス>
フラトン市コンタクト先リスト
フラトン市長、市議
council@cityoffullerton.com, DougC@cityoffullerton.com,
JenniferF@cityoffullerton.com, gregs@cityoffullerton.com,
bwwhitaker@live.com, evaa@ci.fullerton.ca.us,
CityManager@ci.fullerton.ca.us,

フラトン博物館センター
FMC@ci.fullerton.ca.us

メディア記者
rkheel@ocregister.com, Brittany.Levine@latimes.com, jack.dolan@latimes.com, Carol.Williams@latimes.com, liana.agh@gmail.com, christina.villacorte@dailynews.com, info@nikkansan.com, gwen@rafu.com, comments@allgov.com, carolina.garcia@dailynews.com, dborenstein@bayareanewsgroup.com, mark.kellam@latimes.com, carol.cormaci@latimes.com, 818NewGuy@gmail.com, kpyamada@earthlink.net, ruthasowby@gmail.com, zanku.armenian@gmail.com, susan.abram@dailynews.com,
mark.kellam@latimes.com, ktsuno@dctvny.org,

<参考ニュース>
産経ニュース 2014.10.2 05:00
慰安婦碑設置反対で8000人署名、日本人団体が提出 米フラトン、韓国側も対抗

中日新聞 2014年9月20日
米姉妹都市の慰安婦像に反対決議へ 福井市議会

The Korea Times September 11, 2014
Korean American community campaigns to support Fullerton comfort woman statue
この記事によると
・韓国団体(KAFC)が博物館に慰安婦像設置を支持する署名活動中。9月10日現在1200以上の署名が集まっている。
韓国教会、語学学校、会社・銀行に署名ブースを設置。

・博物館センターには日本人・日系人から300通の反対の手紙が届いている。

・博物館センター委員20名のうち、韓国系2名。委員会では、10月に慰安婦像設置について決める予定。

YOMIURI ONLINE 2014年09月11日 11時17分
姉妹都市に「慰安婦像」、反対の親書送った市長

産経ニュース 2014.8.30 12:00
あからさまな支援要請、大物議員も“援護射撃” 米フラトン市の慰安婦碑設置の行方は…

zakzak 夕刊フジ 2014.08.27
【朝日の大罪】誤報はいまも米国で「利用」されています… 在米日本人・今村照美さん

福井新聞 2014年8月27日
福井市の姉妹都市が慰安婦像検討 米国フラトン市、関連議案承認

KOREAN TIMES 2014-08-26 (韓国語) 日本語訳はこちら
「フラトン少女像」、韓国人支持·後援送りましょう

RAFU SHIMPO AUGUST 24, 2014
FULLERTON COUNCIL APPROVES ‘COMFORT WOMEN’ RESOLUTION

産経ニュース2014.8.20 20:57
米カリフォルニア州で「慰安婦碑」設置攻勢 韓国系団体働きかけ

Orange County Register Aug. 19, 2014 Updated: 10:08 p.m.
Fullerton supports ‘comfort women’ apology

64 thoughts on “【署名お願い】フラートン市博物館に慰安婦記念碑 反対!

  1. 松井秀幸 says:

    近い将来、アメリカでも”従軍慰安婦”なるものが虚偽であることが明らかになると思います。その時に備えて、韓国側の嘘宣伝の証拠をしっかり保全する活動を始めれば、彼らも焦って後退するのでは、と思います。アメリカ式の懲罰的損害賠償なら、数億ドルを韓国側に払わせることも、20年後には可能かもしれませんよ。


    • こまめ says:

      なでしこに学生さんがいらしたら、お願いがあります。 米国CSISという影響力のあるシンクタンクが、10月31日上智大学にてシンポジウムを行います。

      可能でしたら、日本側の意見を伝えてほしいと思います。(学生でないので行かれません)

      CSISは、河野談話の撤回は、米国の利益を損ねるという見解ですが、 韓国の嘘の情報戦を米国で広める事こそ、米国のお金や時間を無駄に費やし、米国の国益を損ねている、日本人は徹底的に事実を調べ上げており、どうやってもあり得ない話を押し付けて今更「あった事にしてくれ」というのは無駄である、という事を発言していただけないでしょうか。。
      こちらです。

      http://www.nikkei-events.jp/hakunetsu/


  2. 日本市民 says:

    一部の国では未だに第一次大戦時そのままのヘイト・プロパガンダが行われています。後進性のバロメーターと言えるかもしれません。
    ===
    http://meinesache.seesaa.net/article/403934148.html
    第一次大戦というものを眺めてつくづく思うのは、マスメディアの力です。1914年の欧州の人々は庶民に至るまで新聞や雑誌を読み、新聞や雑誌を通して世界を見ていました。第一次大戦というのは、そういう状況下で行われた初の大戦争でした。

    そんな戦争で人々の戦意を掻き立てる最大のエネルギーは、敵への憎悪=ヘイトでした。この傾向は特にイギリスで強く、新聞や加工写真、漫画などを使い、「妊婦の腹を割くドイツ兵」「赤ん坊を銃剣で串刺しにするドイツ兵」「占領地で子どもたちの腕を切断するドイツ軍」「死体からロウソクを作るドイツ」というようなヘイトをまき散らし、ドイツとドイツ人に対する憎悪を煽りました。

    報道に踊らされた大衆は「ドイツの血は汚れている!」と叫び、ドイツ系の人々の公職追放を求め、ドイツ風の名を持つ商店を略奪し、ダックスフントに石を投げて飼い主をスパイ認定しました。

    第一次大戦は、マスメディアが驚くべき大衆操作能力を発揮した最初の機会で、政治におけるプロパガンダと、ビジネスにおけるパブリック・リレーションズはここに源流を持ちます。

    第一次大戦時のようなあからさまな「ヘイト・プロパガンダ」は、先進国ではもう行われていません。ある意味ホロコーストよりも荒唐無稽なこうした描写は、史上初だからこそ効果を発揮したのであり、各国の人々は終戦後すぐに正気を取り戻し、宣伝による憎悪の拡散に身構えるようになりました。

    大衆は時代とともに宣伝に対して耐性をつけ、宣伝もそれに合わせて進化したのです。先進国では第一次大戦時のような原始的なプロパガンダと劇的な効果は存在しえません。

    しかし一部の国では未だに第一次大戦時そのままのヘイト・プロパガンダが行われています。後進性のバロメーターと言えるかもしれません。


  3. 日本市民 says:

    日本を貶めるためのさまざな工作本
    ●米慰安婦決議案で米議会調査局は報告書を大修正。マイク・ホンダ悔し涙の強制性否定だ。そこで未だ論拠とされるのが1冊の慰安婦本。著者・田中ユキの正体を探ると驚きの事実が判明した。
    JAPAN’S COMFORT WOMEN
    Sexual Slavery and prostitution during World War Ⅱ
    Yuki Tanaka
    ●修正版では「軍の強制性」を覆す】
    4月12日付け産経新聞は古森さんの記事を6面で報じていた。
    参照:産経web4月12日「組織的強制徴用なし」慰安婦問題 米議会調査局が報告書
    同報告書は安倍晋三首相の一連の言明を「矛盾」と批判しながらも、焦点の「軍による女性の強制徴用」については軍や政府が全体としてそうした政策をとってはいなかったことを認める見解を明らかにした。(産経新聞)
    吉田証言を鵜呑みにしてしまった前の報告書を覆す内容で、現段階では決定版と言える。ボリュームは2倍を超す23ページ。執筆陣は同じく米議会調査局だ。
    ・・・
    ただし、残された課題はある。報告書は「慰安婦システムの“徴募”だけの否定は、軍による慰安所設置・管理を矮小化する」と指摘しているようだ。

    “従軍慰安婦”と慰安婦を混ぜこぜにした落第点の解答だが、「強制性の論拠」として1冊の本を上げているという。

    田中ユキ著『日本の慰安婦』

    なんだ、それは?

    【田中ユキなんて誰も知らない…】
    ↓ ↓ ↓
    http://dogma.at.webry.info/200704/article_12.html


  4. 真珠湾 says:

     先日、朝日新聞の木村社長が英国大使館から、「大英帝国勲章」を授与されるとの情報がありましたので、英国大使館に対し、抗議の書面を郵送しました。慰安婦問題で、日本及び日本人を徹底的に貶めている朝日新聞社長にこの勲章を授与される資格は全くありません。EU議会は、2007年12月13日におどろおどろしい言葉を羅列した日本非難の慰安婦決議をしているが、それが嘘と捏造である事は最早論じるまでもないことです。一体、イギリスは何を考えて名誉と権威のある大英帝国勲章を反日・売国朝日新聞に授与しようとしているのであろうか。信じ難い暴挙と言うしかありません。


    • E says:

      情報ありがとうございます。
      こんな卑劣な嘘つき社長に勲章などとんでもないですね、
      私も英国大使館に抗議文を郵送及びFAXで送りたいと思います。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>