【集会お知らせ】 慰安婦問題に終止符を!12月12日東京(憲政記念館)~13日サンフランシスコ~14日ロスアンゼルスを繋ぐ 3日連続なでしこアクション

★ 署名継続中!フラトン市博物館に慰安婦記念碑 反対! ★

nadeshiko_action_バナー案1

< 12月12日(金) 東京 憲政会館   集会お知らせ>

慰安婦問題に終止符を!
~日本の未来為に 立ち上がる女性たち~

河野談話が検証され
朝日新聞が吉田清治証言を虚偽と認めた今こそ!

「慰安婦は日本軍が20万人の婦女子を強制連行した性奴隷」という
事実無根の日本非難が世界中に広まっています。
12月12日は2000年に慰安婦支援女性団体が女性国際戦犯法廷
と称する模擬法廷集会を開催し「天皇は有罪」と発表した日です。

日韓基本条約50周年、終戦70周年を迎える来年2015年こそ
この捏造慰安婦問題を終わらせる大きな転機となるよう
女性国際戦犯法廷が開催されたと同じ日に、日本の未来の為に
「慰安婦問題に終止符を!」と真の女性の声を挙げましょう!

女性はもちろん男性の皆様も是非ご来場下さい。

【日時】2014年12月12日(金)
開場17:30 開会18:00 閉会19:30予定

【場所】憲政記念館 講堂
〒100-0014 東京都千代田区永田町1-1-1
TEL 03-3581-1651  FAX 03-3581-7962

【アクセス】
東京メトロ 丸ノ内線・千代田線 国会議事堂前駅下車 2番出口から徒歩7分
有楽町線・半蔵門線・南北線 永田町駅下車 2番出口から徒歩5分
都バス 橋63系統「国会議事堂前」下車 徒歩3分

【プログラム】予定
ミニ講演 大高未貴(ジャーナリスト) / 山本優美子 (なでしこアクション代表)
女性国会議員 登壇 スピーチ
女性団体 主張
パネル展団体女性代表 活動報告
海外女性からのメッセージ
決議文発表
司会 浅野久美

【参加費】無料
事前申し込み不要 当日直接会場にお越しください。

【チラシ】
カラーチラシPDF  ダウンロード
モノクロチラシPDF ダウンロード

【主催】
なでしこアクション( http://nadesiko-action.org/ )
代表 山本優美子

【問い合わせ】
メールアドレス 2014nadeshiko@gmail.com

★当日女性スタッフ募集
受付、会場設置などお手伝い下さる方を募集しています。
上記問い合わせメールアドレスまでご連絡下さい。

**********************************************************
<  12月13日(土)  サンフランシスコ   集会お知らせ>
平和シンポジウム ※詳細決まり次第追記します
【場所】レッドウッド市市民センター Redwood City Community Center
【日時】12月13日(土)17:30~19:00
【プログラム】
なでしこアクション山本優美子代表 参加予定

【参加費】$20  予定
【主催】True History
参加ご希望および詳細は、True History事務局(Yoshi)までご連絡下さい。
truehistory1018@gmail.com

**********************************************************

< 12月14日(日) ロスアンゼルス 集会お知らせ>
平和シンポジウム ※詳細決まり次第追記します
【場所】 トーランス市市民センター Torrance Community Center
【日時】12月14日(日)14:00~15:30
【プログラム】
なでしこアクション山本優美子代表 参加予定

【参加費】$20 予定
【主催】True History
参加ご希望および詳細は、True History事務局(Yoshi)までご連絡下さい。
truehistory1018@gmail.com

5 thoughts on “【集会お知らせ】 慰安婦問題に終止符を!12月12日東京(憲政記念館)~13日サンフランシスコ~14日ロスアンゼルスを繋ぐ 3日連続なでしこアクション

  1. 日本市民 says:

    【ハワイでも慰安婦像の動き】
    ===
    三原じゅん子氏「ハワイでも慰安婦像の動き」 自民が名誉回復に「特命委」設置
    2014.10.24
    http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20141024/plt1410241547002-n1.htm
    朝日新聞による慰安婦問題の大誤報を受け、日本政府は、国連人権委員会のクマラスワミ報告の一部撤回を申し入れるなど、具体的に動き出した。自民党も「日本の名誉を回復するための特命委員会」(委員長・中曽根弘文元外相)を月内に設置する。同党の三原じゅん子女性局長が委員会への意気込みと、米ハワイでの韓国系団体の謀略などについて語った。

     「朝日が30年以上も放置した吉田清治氏の『慰安婦を強制連行した』という虚偽証言のせいで、日本と日本人はいわれなき屈辱を受けてきました。その汚名を返上するためにも、委員会で大いに活動したい」

     三原氏はこう語る。

     朝日は虚偽報道を撤回し、大誤報を検証する第三者委員会を今月発足させたが、三原氏は「まったく足りない」といい、こう続ける。

     「私は日本ハワイ友好議員連のメンバーとして、今年8月にハワイを訪問しました。そこで現地の政治家から、韓国系団体がハワイにも、慰安婦の碑や像を建てようとしていたことを聞かされました」

     ハワイには、日本の状況を理解する親日派の政治家が多いため、設置を食い止めたという。

     「日本とハワイの政治家の間には長年築き上げてきた友好関係があります。この信頼関係は容易に突き崩されるものではありません。しかし、米本土では韓国系団体による虚偽の流布にどんどん浸食されています。油断は禁物です」

    日本人として、世界に真実を伝えたいというのが、三原氏の願いだ。

     「安倍晋三首相は就任以来、さまざまな国を外遊されていますが、その都度、丁寧にこの件について説明されているはずです。でも、安倍首相だけに頼らず、われわれも積極的に広報活動を行うべきです」

     そのためには、吉田証言の虚偽を認めない韓国などに出向いて説明することや、クマラスワミ報告をまとめたスリランカ出身の女性法律家、ラディカ・クマラスワミ氏に面会して、説得することも考えているという。

    朝日の「反省」はいまだ十分なものではないが、日本政府や自民党は動き出している。

     三原氏は「国際広報予算も、来年度概算要求で本年度の約2倍の52・2億円計上しています。菅義偉官房長官も『日本の名誉回復を図るべく、これまで以上に戦略的に行いたい』と話している。私たちはそれを全力で支えていきたい」と語った。 (ジャーナリスト・安積明子)


  2. 怪傑 says:

    がんばれじゅん子、わたしはホームページで福島や慰安婦問題の拡散を続けています。
    ー怪傑


  3. 日本市民 says:

    【反日団体、挺対協の中に、在日韓国人が活動】
    ===
    谷山雄二朗氏「SCOTTSBORO GIRLS プロジェクト」
    ttp://ameblo.jp/newnoboru/entry-11940498423.html

    櫻井よし子さんのインターネットテレビ「言論テレビ」の17日のゲストは、「20万人の
    強制連行」「性奴隷」「終戦間際の虐殺」など、日本国の濡れ衣と不名誉を晴らした
    いと孤軍奮闘する谷山雄二朗さんでした。
    ・・・
    彼は今回、慰安婦問題について、その真実を全編英語で発信するDVDを作りました。
    それが「Scottboro Girls」と言う作品です。
    ・・・
    僕はまだ、このDVDを手に入れていませんので(来週、購入申し込みをするつもり
    です)、詳しいことは言えないのですが、17日の「言論テレビ」での谷山さんの説明
    によると、彼は、ソウルの日本大使館前で毎週水曜日にデモをする「挺対協」のメン
    バーに直接取材したり、ソウル郊外にある元慰安婦のための施設、ナヌムの家を訪
    ねています。
    そのときの様子を「言論テレビ」で話してくれました。
    まず、毎週水曜日の日本大使館前での挺対協のデモは、もうダンスショーのような
    雰囲気で、挺対協のメンバーは、金学順氏の「貧しさゆえに14歳で母親に売られ
    た」とのハンギョレ新聞の告白記事を読んだことがない、全く慰安婦問題について勉
    強していない、ただ、日本が元慰安婦たちを性奴隷にしたと言うことを、何の根拠も
    なく叫んでいるだけで、問題を真剣に取り上げようとする意志すらなく、慰安婦像の
    前で踊りの振り付けを覚えるのが最優先と言う感じだったと感想を述べています。
    これはもう、分かっていることです。彼らにとって、事実などどうでもいいのです。
    ただ、日本に謝れ、賠償しろ、日本は極悪だと叫んでいるだけです。
    ・・・
    また、谷山さんは、ナヌムの家で不思議な体験をされています。
    谷山さんは、ナヌムの家に電撃取材に行った訳ですが、結局、中には入れてもらえ
    なかったそうです。
    ナヌムの家の前で色々交渉していると、谷山さんが日本人だと分かった彼らの中
    で、数人の日本語が流暢な人が現れたそうです。
    なんと、彼らは在日韓国人だったそうです。
    挺対協の中に、在日韓国人がいる!

    これは紛れもない事実です。
    あの悪名高き北朝鮮との繋がりも噂される反日団体、挺対協の中に、在日韓国人
    がいるのです。
    ・・・
    谷山さんの作ったDVDは約3時間に及ぶ力作だそうです。
    彼のユーモアのあるパフォーマンスも加えながら、全編英語で、海外発信できる、素
    晴らしいものだと、櫻井よし子さんは、おっしゃっていました。
    日本語の字幕付きなので、1枚3,000円(送料込)ですが、僕は買ってみようと思
    います。


  4. Don H. Kim says:

    The key question of the ‘Comfort Women’ matter is how much the Japanese Imperial government was involved in recruiting and managing. The issue has triggered some type of nationalistic movement and it won’t help for what the world need right now. As your group claim the justice must be revealed and served. What Japanese government should not conceal but allow to investigate freely the WWII records by the third party scholars so that affected individuals and governments trust those claims made by no-guilty claim. Otherwise, this issue will be lingering around in history and will impact negatively for all sides. The government of Japan could learn from Germany that is still chasing those WWII criminals under Hitler. Non-apologetic and even justifying criminal acts would very seriously impact the image and pride of the Japanese descendents. Please think it over what you group is doing. Best wishes.


  5. 外山昭平 says:

    To Don H. Kim
    The reason why Japanese are angry is that Korea is insisting it was the Japanese government/military that coerced the Korean women to work at brothels as prostitutes like sex-slaves.
    Such assertion is totally wrong because it is based on fabricated accounts. The then Japanese government/military was involved in recruiting and managing not in a way that it coerced and forced the girls to work as sex slaves. One notorious example of recruitment is that brokers lured innocent girls with high pay and sent to the brothels for prostitution. I really feel strong sympathy to these women. However, this is far from blaming the Japanese government/military.


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>