他抗議先

28 thoughts on “他抗議先

  1. Hiroshi Nakano says:

    頑張ってください。


  2. 日本市民 says:

    もう知っておられる方がいるかもしれませんが、ワシントン州に慰安婦決議の情報です。
    ===
    ttp://ianfukangaeru.blogspot.jp/2014/03/blog-post_2498.html?spref=tw
    Mホンダ、ワシントン議会にも慰安婦決議を要請 上院は日系議員が主導


  3. 日本市民 says:

    こんな情報がありました
    ===
    ttp://ameblo.jp/p-chocho/entry-11857727035.html
    2014-05-22 10:48:03NEW !
    テーマ:韓国
    ttp://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201405220600035&code=970201

    [単独]米国で5番目の「慰安婦キリム碑」

    ·政府庁舎内蝶ベンチ…」被害者たちに捧げる」のフレーズ
    ㆍバージニア州フェアファックス郡…碑ディスクは「準備中」

    20日(現地時間)、米国バージニア州フェアファックス郡政府庁舎の裏庭に大きな蝶の形のベンチ2つ設置された。
    蝶は慰安婦被害おばあさん​が差別と抑圧、暴力から解放されて自由に羽ばたきすることを念願する意味を込めた象徴物である。
    二つの蝶のベンチには2次世界大戦の慰安婦被害者たちを覚えていて(In Memory of Comfort Women Victims during the WWII)」2次世界大戦の慰安婦被害者たちにささげる(A Tribute to Comfort Women Victims during the WWII)」というフレーズがそれぞれ刻まれている。
    まだ碑ディスクは、設置されていないが、そのための基盤石工事は完了した。

    20日、米国バージニア州フェアファックス郡政府庁舎の庭に蝶の形のベンチ2つとその間に碑を建てるベースの席が立てられている(上の写真)。
    一方ベンチには2次世界大戦の慰安婦被害者たちに捧げる」というフレーズが刻まれている(下)。ワシントン|ソンジェミン特派員

    慰安婦碑座は、2002年9月に建てられた9.11事件の犠牲者の追悼碑から10mほど離れている。
    フェアファックス郡庁舎内に記念比は9.11追悼碑を除けば、慰安婦キリム雨が独特である。

    京郷新聞のお問い合わせにフェアファックス郡公報関係者は「昨日した日本の記者も問い合わせてきたが、我々はまだそれについて知っていることがない」と回答した。
    フェアファックス郡女性部関係者も「まだ知っていることはない」と答えた。
    日本側の妨害ロビーを憂慮するためだと分かった。
    現在、米国内に慰安婦関連の造形物は、2010年10月、ニュージャージー州バーゲン郡のパリセーズパーク市立図書館の碑、2013年3月バーゲンカウンティ政府の碑、 2013年7月、カリフォルニア州グレンデール市公園の少女像、2014年1月ニューヨーク州ロングアイランドナッソー郡アイゼンハワー公園参戦軍人メモリアールの慰安婦決議案でキリム碑を建てている。


    • 日本市民 says:

      「日本大使館が対応を検討」
      何の検討をしているんでしょう?
      ===
      ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20140524/k10014694081000.html
      慰安婦問題巡りワシントン近郊に石碑
      5月24日 8時21分

      いわゆる従軍慰安婦の問題を巡って、アメリカの首都ワシントンの近郊に、韓国系団体が、日本政府に対して公式な謝罪を求めるアメリカ議会の決議などを記した石碑を設置したことが分かり、日本大使館が対応を検討しています。

      石碑が建てられたのは、ワシントンに隣接するバージニア州フェアファックス郡の庁舎の敷地内で、首都近郊に設置されたのは初めてです。
      石碑には、現在、シートがかけられていますが、いわゆる従軍慰安婦の問題を巡って、アメリカ議会下院が2007年に、「日本政府は公式に謝罪して歴史的な責任を負うべきだ」とする決議を採択したことなどが記されています。
      フェアファックス郡は韓国系住民が多く、石碑を設置した団体は、今月30日に除幕式を行う予定だということです。
      これに対して、ワシントンの日本大使館が対応を検討していますが、日本政府は、いわゆる従軍慰安婦の問題を政治や外交の問題にすべきではないという考えで、慰安婦を巡るこれまでの取り組みを説明し、理解を求めていくものとみられます。
      アメリカでは、ニューヨーク州に同じような碑が設置されたほか、西海岸のロサンゼルス郊外では、去年7月、慰安婦を象徴する銅像が建てられるなど、韓国系住民による活動が広がりを見せています。


      • 日本市民 says:

        報道をよく見たら、「日本政府は、いわゆる従軍慰安婦の問題を政治や外交の問題にすべきではないという考えで、慰安婦を巡るこれまでの取り組みを説明し、理解を求めていくものとみられます」、つまり「謝罪ちゃんとやってますよ」を世界に広報、説明していくことでした。


  4. ゆみ says:

    可能でしたら、抗議先一覧を希望します。

    「米バージニア州に新たに「慰安婦」碑が完成 史実の歪曲拡散に拍車」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140524-00000510-san-n_ame


    • 日本市民 says:

      フェアファクス郡当局ということで、このホームページにあるBoard of Supervisiors
      でないかと思います。
      http://www.fairfaxcounty.gov/government/board/

      右の方の下にある「Board of Supervisiors Information Flyer」のpdfファイルには
      e-mailなど記載されています。

      その他,homeの下の方にcontact usがあります
      ttps://www.fairfaxcounty.gov/contact/MailForm.aspx?agId=100844


  5. 日本市民 says:

    【フランス・パリ : 日本軍「慰安婦」問題の解決を求めてアピール】
    http://www.labornetjp.org/news/2014/1213pari

    11月24日~12月2日、日本軍「慰安婦」(性奴隷制度)問題の解決を呼びかける催しとアピールがフランスのパリで行われた。

    ・《日本人学者が活動を支援》
    11月28日の記者会見では林博史教授が、今年8月に日本で発掘された史料をもとに、旧インドシナでの日本軍によるフランス女性への性暴力例(監禁、レイプ、殺害)にも言及した。この史実はフランスでもこれまで知られていなかった。
    ・11月29日にパリ・ディドロ(第7)大学で催された国際会議は、前述の参加者に加えて国際刑事裁判所検事顧問のパトリシア・セラーズさん、オランダ対日道義負債補償財団の女性、フランスのアムネスティ会長、哲学のジャン・セラム教授などが発言する充実した内容だった。韓国のアニメ、各地被害者の証言ビデオ、EU議員のビデオメッセージ、国連の「人道に対する犯罪・人権蹂躙補償と再発防止、真実と正義の促進」特別報告者パブロ・デ・グレフさんのメッセージも紹介された。

    【日本軍性奴隷制度を歴史的・法的に検証し、現在も多発している戦時下の性暴力に結びつける視野にもとづく会議は、今後も継続が予定されている。】

    ・《フランス議会で慰安婦決議採択を狙う》
    代表団はまた、欧州議会の決議を強化するためにフランスの議会で日本軍性奴隷制度問題についての決議が採択されることを望んで、フランス元老院(上院)で女性の権利担当の議員たちに面会した。
    ・《在仏韓国人、在日韓国人を含むネットワークの構築》
    今回の代表団のフランス滞在は以上のように、日韓の代表団がフランスの市民と元老院やパリ市など公人にも日本軍「慰安婦」と性暴力問題を直接に訴える機会となった。準備期間が短かったこともあり、メディアの反応が少なかったのが残念だが、女性の権利に関わる団体やフランス市民、在仏の韓国人や日本人(在日を含む)とのつながりが深まったことも収穫だったのではないだろうか。2013年の代表団訪仏のときから協力しているフランス・コリア友好会に加え、この問題の解決を求める在仏市民のネットワークがつくられつつある。

    日本軍「慰安婦」問題に解決を!パリ市民の会(2014.12.12)


  6. 日本市民 says:

    【真宗大谷派 東本願寺 反日ヘイトプロパガンダ「人権ギャラリー展」に抗議を】

    京都を代表する寺院の一つ、真宗大谷派の本山・東本願寺(京都市下京区)がとんでもない偏向したヘイトプロパガンダ「人権週間ギャラリー展」をやっています(2月2日まで)
    ≫≫産経報道によれば、東本願寺が「人権問題」というより韓国・朝鮮支援のためのヘイトプロパガンダ支援をやっているだけということがよくわかります。従軍慰安婦捏造問題に関しては、韓国、反日捏造派・歴史修正主義者たちの主張そのまま。
    黙っていたらまた同じような宗教を悪用したプロパガンダ、日本人に対するヘイトスピーチが出てきます。抗議しましょう。

    http://www.sankei.com/west/news/150130/wst1501300004-n6.html

    ・門徒も疑問視…「日本ばかりが悪者に」
    朝鮮出兵を持ち出すなら、蒙古・中国・朝鮮軍による日本侵略「元寇」の話もしなくていけないですね。日本侵略を蒙古に進言したのは朝鮮、また対馬では住民皆殺しの上、捕まった女性や子供たちが手に穴をあけられ、紐で繋げられた状態で連行されていったそうです(その手口から朝鮮兵の仕業と言われています)。そして蒙古船の先に吊り下げられたとかという悲しい話が伝えられていますね。
    また、戦後引揚時朝鮮での強姦(二日市保養所問題)など・・
    ・パネルに「性奴隷」の文言
     《女性たちには、居住の自由、外出の自由、自由廃業の自由、拒否する自由が認められておらず、実態として「性奴隷」の状態でした》
     《民間業者の「慰安所」であっても、戦場への「慰安婦」の輸送、女性たちの性病検査などの管理には日本軍が直接的に関わっていました》
     《第2次世界大戦以前、同様の施設の設置と管理に軍隊が関与したのはナチス政権下のドイツを除き他に例がありません》
     慰安婦問題を取り上げたパネルにはこんな文言が並ぶ。「性奴隷」という表現は、1996年2月の「国連クマラスワミ報告書」で認定されて以降、頻繁に使われ、米国で設置された慰安婦碑や慰安婦像にも登場する。しかし、日本軍が何十万人もの女性を強制連行したという虚偽の話がきっかけとなっており、今は日本政府も「不適切な表現」との見解を示している。
    八木教授は「『関与』というあいまいな表現を使いながら、軍が直接関わったようなニュアンスだ。しかし、間接的な関与ということで責任を取られるのであれば、役所の出入り業者が問題を起こしたときも役所自体が責任を取られるのか」と疑問を呈する。
     主催者側の本部委員に疑問をぶつけると、「仮に東本願寺に出入りする業者がセクハラを起こせば、私たちのハラスメント防止委員会で審議する」と強調し、「軍の内規を読むと、割と積極的に関与していたかなと思う」と続けた。
    ・現在も続く日本人拉致問題などの人権問題は素通り


    • 日本市民 says:

      真宗大谷派 東本願寺 抗議先
      こちらで簡単に意見送付できます。

      ・一番下にある「お問い合わせ」より。
      http://www.higashihonganji.or.jp/

      ・東本願寺所在地
      〒600-8505 
      京都市下京区烏丸通七条上る
      TEL:代表 075-371-9181


      • 日本市民 says:

        そういえば、「人権を考えよう」にしては、韓国「米軍慰安婦(洋公主)」問題、ベトナム戦争時の韓国軍戦時性暴力問題「ライダイハン問題」、米韓軍慰安婦問題などがないのはおかしいですね。


        • 日本市民 says:

          あの国連に「性奴隷」を持ち込んだ弁護士は、現在龍谷大学という真宗の学校で今も名誉教授とのこと。宗教界にも反日捏造派・歴史修正主義者たちが・・・。


  7. 日本市民 says:

    【拡散】
    【いわゆる「従軍慰安婦」の真実を言論弾圧に負けずに広めよう】
    その1 2015.01.18

    弁護士、大学教員、ジャーナリストなどという社会的地位、権威を悪用して一般市民の「言論弾圧」を画策し、「真実を知る権利」を奪おうとする人達がもたらす息苦しい日本

    https://www.youtube.com/watch?v=to6zBaJXyLI

    ・何が何でも従軍慰安婦=性奴隷としたい者達による言論弾圧に負けずに真実を発信し続­けること
    ・この問題を広めるキッカケを作った元朝日新聞記者・植村隆氏の現在の勤務先に問い合­わせの電話をしネットにアップロードした一般人を弁護士が業務妨害罪で集団告発した。
    ・植村隆氏の講演会に参加しようとしたところ、主催団体に門前払いされた。


  8. 日本市民 says:

    【戦時下の少女の物語】
    1月30日と31日、川崎市の中原市民館において

    http://www.labornetjp.org/news/2015/1423127093033staff01


  9. 日本市民 says:

    【幸福の科学がユネスコに「南京」「慰安婦」の記憶遺産登録の中止を申し入れ】
    ===
    中国政府が、「南京大虐殺」と「慰安婦の強制連行」に関する資料を、「世界記憶遺産」として、国連教育科学文化機関(ユネスコ)に登録申請したことが、昨年6月に明らかになり、日本でも大きく報じられた。この動きに対し、「幸福の科学」の武川一広・国際広報局長が10日(現地時間)、パリのユネスコ本部を訪問し、ユネスコ記憶遺産事務局に登録の中止を求める申し入れを行った。

    武川氏は、同事務局のパネブスカ氏に面会。南京大虐殺や慰安婦の強制連行が戦後のつくり話であることなどについて説明を行い、登録によって新たな差別や紛争を生み出さないよう訴えた。また、特定の国に政治利用されることなく、公正中立な視点で判断することを求め、ユネスコ事務局長や諮問機関のメンバーへの手紙や資料を渡した。

    武川氏によると、パネブスカ氏は、「今回の幸福の科学の動きを真剣に受け止め、ユネスコ事務局長に本日中に報告を入れる」と返答。その後、武川氏のもとに、事務局の担当者から、資料を受領したことを知らせるメールが届いた。

    登録に関する最終審議は、今年の夏ごろに開かれるユネスコ記憶遺産国際諮問委員会で行われる予定だ。

    以下詳細は、
    http://the-liberty.com/article.php?item_id=9199


  10. 日本市民 says:

    「教科書訂正要求は圧力」=歴史学者20人が安倍政権批判-米
    http://www.jiji.com/jc/zc?k=201503/2015030300060&g=soc
    【ワシントン時事】旧日本軍の従軍慰安婦問題をめぐり、日本政府が昨年12月に米国の高校教科書の記述を訂正するよう求めたことを国家の圧力だと批判する歴史学者20人の声明が2日、米歴史協会の会報3月号(電子版)に掲載された。
     声明に名を連ねたのはコネティカット大学のアレクシス・ダデン教授ら。「いかなる政府も歴史を検閲する権利を持つべきでない」と指摘し、「歴史家として日本政府の最近の試みに失望を表明する。国家や利益団体が出版社や歴史家に圧力をかけることに反対する」などと記している。(2015/03/03-06:32)
    ≫≫
    米下院慰安婦決議には、捏造の歴史を押し付け、日本の教育に内政干渉するような文章がありませんでしたか。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>