河野洋平氏への公開質問状

カルフォルニアで立ち上がった「日本人の子どもを守る母の会」の抗議文を添付し、なでしこアクションから河野洋平氏宛てに11月4日付で以下の内容の公開質問状を出しました。

※「日本人の子どもを守る母の会」は、ジャーナリスト大高未貴氏アメリカ慰安婦問題レポートPart2でインタビューを受けた女性達とは別の方々です。

※公開質問状の英語版はこちらOpen Letter to Mr. KONO Yohei
————————————————————————————————————————-

公開質問状

平成25年 11月 4日

河野 洋平 様 

なでしこアクション 代表 山本優美子

 「戦時中、20万人の婦女子が日本軍に強制連行され、慰安婦として性奴隷にされた」という事実無根の捏造歴史が世界中に広まっています。強制連行の証拠は、日本政府はもとより、韓国政府ですら未だに出せていません。 そうであるにも関わらず、我が国がこの慰安婦問題で謂れ無き抗議、非難、中傷を受け続けている大きな元凶となっているのは、貴方様が平成5年8月4日、「慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話」(以下、河野談話)を発表した事に起因します。平成25年10月16日付産経新聞の報道によると、河野談話の根拠となった韓国元慰安婦16人の聞き取り調査は、証言の事実関係が曖昧で別の機会での発言と食い違いが目立つ他、氏名や生年並びに住所等も不正確な例が多く、歴史資料としては通用しない杜撰な調査であったことは明白であり、河野談話の正当性は根底から崩れています。

私達は戦後、満州や朝鮮半島引揚の際に多くの日本女性がロシア人や朝鮮人に強姦され強制堕胎したこと、そしてアメリカ占領軍の暴行により多くの日本女性が性的被害者となった歴史的事実を知っています。このような戦争に纏わる女性の悲劇は、二度と繰り返されてはなりません。しかし、慰安婦問題は全く次元の違う問題です。何故、日本だけが事実でないことで非難され続け、私達の子どもの世代までもが、その捏造された負の遺産を背負い続けなければならないのでしょうか。

今年7月、カルフォルニア州グレンデール市に韓国人慰安婦像が建ちました。米国の「日本人の子どもを守る母の会」から寄せられた貴方様への抗議文をこの質問状に添付いたしましたので、是非お読みいただき、現地の母親達の悲痛な声に耳を傾けて下さい。

貴方様には、河野談話を発表した官房長官としての大きな説明責任があります。よって平成25年12月4日迄に、下記の質問5項目について御回答下さい。

尚、この質問状と貴方様からの御回答は、多くの日本国民の関心事と考え、公開させていただく所存です。

衆議院議長を務められ桐花大綬章をも受賞された貴方様より、誠意ある御回答を頂きたく、心よりお願い申し上げます。

 

記 (質問)

  1. 河野談話について、貴方様が国会や公開の記者会見などで国民に説明する義務と責任があるという声が高まっています。これに応じられるご意思の有無をお答え下さい。
  2. 韓国人元慰安婦に関する調査が、歴史資料としては通用しない、裏付け調査に基づかない内容であったことを事前にご存知であったのかどうか、お答えください。ご承知の上で談話を発表したのであれば、その理由をご説明下さい。
  3. 河野談話の白紙撤回を求める意見が増えています。これに賛同されるか否かとその理由をご説明下さい。
  4. 多くの国民が、河野談話は過去のみならず、現在と未来の日本人の名誉と尊厳をも傷付けるものと考え、それ故、貴方様を国賊と批判する人も少なからずおります。この現状をどのように思われるのか、お答え下さい。
  5. 「河野談話」の中に、「慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった。」と有りますが、上記文中の「官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった」証拠をお示し下さい。

以上

————————————————————————————————————————-

 [添付]

平成25年 11月 4日

河野 洋平 様

日本人の子どもを守る母の会
代表  豊田育代

抗議文

 本年7月にロサンゼルスに隣接するグレンデール市中央公園に多くの在米日本人の反対を押し切り韓国人慰安婦像が設置されました。その1ヶ月後に近郊のブエナパーク市議会で慰安婦像設置計画が討議されましたが、在米日本人の必死の署名活動等により設置は見送られました。他市にも同様の慰安婦像設置の動きがあり、予断を許さぬ状況です。

私達がお伝えしたいのは、グレンデール市に慰安婦像が建ったことで米国に暮らす日本人の子ども達に被害が及んでいる現状です。慰安婦像台座に刻まれた「私は日本軍の性奴隷でした」で始まる過激な碑文を鵜呑みにした米国人から「レイピスト(強姦魔)」呼ばわりされる等の被害があります。韓国系の多い地区に住む日本人の中には、外で我が子に日本語で話しかけるのを、子どもの安全を考え躊躇する人もいます。これが、韓国人慰安婦問題で揺れ動く今の米国に住む日本人の現状です。私達は、既に国が解決済みであるとする慰安婦問題で、何故これほどまでに屈辱的な悲しい思いをしなければならないのかと、やるせなさを抱きながら暮らしています。

私達が最も困惑したのは、グレンデールに慰安婦像設置を推進したキンテロ市議が、設置正当化の理由として河野談話に基づく日本政府の姿勢を指摘したことです。同様に、2007年米下院で可決された従軍慰安婦対日非難決議も、河野談話を根拠としています。慰安像設置に唯一反対票を投じたグレンデールのウエーバー市長は、日本のテレビ局の取材に応じて、「慰安婦像設置は間違っていた」と発言しただけで、「日本から賄賂を貰った」「暗殺してやろうか」等、韓国系設置推進派からの誹謗中傷を受けていると聞きます。

米国は様々な民族が住み分けして暮らす多民族国家です。これまで平和に共存していた韓国系と日系住民の間に無用な摩擦や軋轢を生み出した慰安婦像は、平和な地域コミュ二ティーにとって「百害あって一利なし」です。

河野談話を根拠として全ての慰安婦問題が発生しているのですから、海外の日本人が大打撃を受けているこの現状を真摯に直視して下さい。私達は、河野談話を発表した当事者である貴方様が、未だに説明責任を果たされていないことに対し、抗議いたします。そして、日本人の子ども達の未来の為にも、国民に対する迅速なる釈明と談話の撤回を要望いたします。

 以上

60 thoughts on “河野洋平氏への公開質問状


  1. 日々ご活躍ありがとうございます。
    早速ですが、以下の映像を拡散したらいかがでしょうか。
    タイトルが少々誤解を与えるのですが、「洋公主」のことです。
    日本語版:http://www.youtube.com/watch?v=KZ2d1bqycmw
    英語版:http://www.youtube.com/watch?v=7jlfAqR8uBc
    南朝鮮は、「先ず隗より初め」です。


  2. kouichi matsuo says:

    Japan
    Heart no Darty


  3. Makoto says:

    事実、証拠に基づいた歴史認識を


  4. 匿名 says:

    なでしこアクションの皆様、韓国が、ドイツでも慰安婦像設置を計画しています。

    こちらの動向も注視していきたいです。

    http://www.asahi.com/articles/TKY201311130364.html


  5. shinichi says:

    頑張りましょう。


  6. sabang says:

    グレンデール市にネスレ本社が有りますが、ネスレ社広報に抗議のの凸メールは、どうでしょうか?

    グレンデール市は、南京虐殺についても、石碑を建てる検討をしてるそうです。

    キットカット不買運動 !


    • 日本市民 says:

      貴重な情報だと思うのですが、
      「グレンデール市は、南京虐殺についても、石碑を建てる検討をしてるそうです。」

      こういう場合は、情報源を提示して戴けないでしょうか?


      • 日本市民 says:

        消された「通州事件」

        http://www.h3.dion.ne.jp/~urutora/tushujiken.htm
        盧溝橋事件の約3週間後に起こった、おそるべき虐殺事件についてご存知でしょうか。北京の東にある通州というところで起きたこの「通州事件」は、今ではほとんど語られません。学校の教科書には全く出てきませんし、多くの歴史書や年表にも殆ど載っていません。若い人たちは、事件の名前すら知らない人が殆どでしょう。
         
         この通州事件は、昭和12年(1937)7月29日に起こった、中国人の保安隊による大規模な日本人虐殺事件です。殺されたのは、通州の日本軍守備隊、日本人居留民(多数の朝鮮人も含む)の約260名で、中国兵は、婦女子に至るまで、およそ人間とは思えないような方法で日本人を惨殺したのです。
         
         戦後の東京裁判で、弁護団は通州事件についての外務省の公式声明を証拠として提出しようとしました。しかし、ウェッブ裁判長によって、その申し出は却下されました。この事件にふれてしまうと、日中戦争は日本だけが悪いと言えなくなってしまうという判断があったからでしょう。ただ、通州事件の目撃者による口述書だけは受理されました。あまりに残虐な内容ですが、その一部を引用します。
         
         「守備隊の東門を出ると、数間ごとに居留民男女の死体が横たわっていた。某飲食店では、一家ことごとく首と両手を切断され、婦人は14、5歳以上は全部強姦されていた。旭軒という飲食店に入ると、7、8名の女が全部裸体にされ、強姦射刺殺され、陰部にほうきを押しこんである者、口中に砂を入れてある者、腹部を縦に断ち割ってある者など見るに堪えなかった。
         
         東門の近くの池では、首を電線で縛り、両手を合わせて、それに八番線を通し、一家6名数珠つなぎにして引き回した形跡歴然たる死体が浮かんでおり、池の水は真っ赤になっていた。夜半まで生存者の収容に当たり、『日本人はいないか』と叫んで各戸ごとに調査すると、鼻に牛のごとく針金を通された子供、片腕を切られた老婆、腹部を銃剣で刺された妊婦などが、そこそこのちり箱の中やら塀の陰から出てきた」
         
         どうでしょう、これが人間のやることでしょうか。中国の保安隊は、日本人居留民を通州城内に集め、城門を閉じ、逃げられないようにして、一斉に殺戮行為を開始したといいます。決して偶発的な出来事というわけではなく、明らかに事前準備と計画をともなった組織的な行為だったのです。
         
         当然ながら、この虐殺の報は現地の日本軍兵士を激昂させましたし、日本国内にも伝わって、国民の中国に対する怒りは頂点に達しました。
         
         盧溝橋事件は、純粋に軍どうしの衝突であり、それは現地で解決がはかられました。ところが、この通州事件は明らかな国際法違反であり、その殺し方はまさに鬼畜のしわざとも言えるものでした。当時の日本人の反中国感情はこの事件を抜きにして理解することはできないのです。また、この事件に触れずに日中戦争を語ることはできないと思います。


        • 日本市民 says:

          「通化事件」

          1946年2月3日に中国共産党に占領されたかつての満州国通化省通化市で中国共産党軍と朝鮮人民義勇軍南満支隊(李紅光支隊)による日本人及び中国人に対する虐殺事件、通化事件のあった日です。
          この事件において日本人約3000人が虐殺されたといわれています。

          自分も学校でも習っていなかったし、不勉強ながらつい最近までしりませんでした。
          しかしその犠牲者の数、その残虐性はかの通州事件より酷いと言わざるを得ません。
          何せこの事件においては中国共産党軍と朝鮮人民義勇軍南満支隊(李紅光支隊)、そしてソ連軍(ロシア)という日本の近隣諸国の殆どが関わり
          虐殺・虐待・強姦から何でもありなのですから。

          よく反日左翼や、似非平和主義者は武器を持たなかったら、軍隊がなければ平和だ、敵が攻めてきたら降伏すればいい、無防備都市宣言をして明け渡したらいいなどととんでもない事を言いますが。
          自分達を守る軍隊、治安維持組織を持たない国民、民族、住民が他国から侵略をうけるとどのようになるのか、その現実の様を表しています。

          そして日本の周辺国、中国、韓国、北朝鮮、ロシアと言った特亜関係国とはどのような性質を持った国か理解していないとこの通化事件と同様か更に酷い悲劇に見舞われるという事を認識しないといけない。

          http://omoixtukiritekitou.blog79.fc2.com/blog-entry-800.html


  7. カナタ says:

    ネスレ不買運動した方がいい。
    在特会を擁護する気はないが、非難するべきは朝鮮学校を不正占拠した朝鮮人だと思うぞ。この場合は政府が朝鮮人を強制帰国させれば問題ない。
    韓国が在日自国民を帰国禁止させたがっているが、それこそ日本においておくものではない。だって不逞朝鮮人を置いておく理由は何一つ日本には存在しない。
    人種差別撤廃条約は、市民間の人種差別である。
    つまり日本市民の中でのいわれなき人種差別をするなという趣旨の物である。
    京都地裁で日本人と朝鮮人は別人種だと判決が出されている。
    特在会がやったのは授業妨害である。もっというなら京都公園を不法占拠し、校庭として使用した朝鮮学校にたいしてのが付く。
    この損害賠償もおかしい。なぜなら1200万円はいくらなんでもあり得ない。


  8. sansiro says:

    日本の宮古島にもアメリカで騒動になっている隙に韓国の市民団体による慰安婦の像が
    12言語で書かれているのが発見と産経で速報をWEB上で流した
    いくら私有地でもこの行為は許されない 日本の目が海外へ向けられているうちに
    日本国内で立ててしまおうとする悪逆な行為を許すわけにはいかない
    今回でも宮古島を含む千葉県をはじめ各地に数箇所建てられているという書き込みがある 油断なく監視していこう


    • 匿名 says:

      宮古島に友人がいるのですが、慰安婦像の事は地元の人もほとんど知らなかったようです。最近、新聞やネットで知ってびっくりしているみたいです。怒っている人も多いと言っていました。
      土地を貸した人は、調べに来た韓国人や、市民団体に上手く騙されたようです。
      宮古島の人達は、先祖や亡くなった人達の供養をとても大切にするそうで、地主の方も遠い異国の地で亡くなった朝鮮の女性達に同情して、自分の土地に慰霊碑を立てる事を了承しただけで、まさかあんな碑文を書かれて、反日に利用されるとは思ってもいなかったみたいです。

      また、友人が言うには、地元の人達は怒りを持っていても、小さな島なので表だって反対行動をする事は難しいので、他県の方たちからの抗議とかで応援して欲しいとの事がでした。


  9. みどり says:

    いくらなんでもネスレ不買はおかしいです。アメリカ企業ですらないのに。
    ネスレ日本を不買→困ったネスレ本社がネスレ米に命令→ネスレ米がグレンデールに要請
    ってこの考えおかしくないですか?筋が通らなく、傍若無人なことをやっているとかえって第三者から嫌われる可能性も大です。在特会の手法のせいで外人から日本人が悪く言われているのと同じ理由です。味方を作りません。


    • 日本市民 says:

      同感です。

      抗議は直接グレンデール市議会議員へしっかりと【何回も】やればいいことだと思います。

      やるなら韓国製品の不買運動ではないでしょうか。



  10. 野良犬駆除に電凸を!
     歴史捏造碑偏執狂野良犬朝鮮人は、歴史に疎く人情に厚い田舎の、無垢の人々を狙い始めたようです。北海道宗谷郡猿払村に歴史捏造碑建設!

    そよ風の『正論』電凸1と2
    1北海道の猿払村に電凸を!!
    http://blog.livedoor.jp/soyokaze2009/archives/51810340.html
    2猿払村朝鮮人追悼碑電凸その2
    http://blog.livedoor.jp/soyokaze2009/archives/51810290.html

    猿払村役場
    財政企画課 企画係
    〒098-6232 北海道宗谷郡猿払村鬼志別西町172番地1
    電話 01635-2-3131(代表)
    E-mail:postmaster@vill.sarufutsu.hokkaido.jp

    真実史観


    • 日本市民 says:

      宮古島の慰安婦碑でも福岡の韓国領事が訪問していたそうですが、今回も韓国政

      府機関の「国外強制動員犠牲者支援委員会」なるものが関与しているそうで、日本

      国内で韓国政府が組織的な活動をやっているようですね


      • 日本市民 says:

        韓国が北海道で不穏な動き

        http://www.youtube.com/watch?v=tFukUbWsJWM


        • 日本市民 says:

          情報です
          「韓国政府機関と実行委が共同墓地(村有地)に追悼碑を建立することを決めた。」

          韓国政府が日本国内に設置を決めた?!!

          http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/505928.html
          ===
          朝鮮人追悼碑、除幕式が中止に 北海道・猿払村に設置申請なく(11/23 09:58)

           【猿払】宗谷管内猿払村は22日、戦時中に日本へ労働力として動員され、犠牲になった朝鮮半島出身者の追悼碑除幕式を中止するよう主催者の実行委に伝えた。建立地が村有地であるにもかかわらず必要な許可申請が出ていなかったためで、今後、碑の設置場所や碑文の内容など善後策を実行委と協議する。

           除幕式は26日に予定されていた。市民団体「強制連行・強制労働犠牲者を考える北海道フォーラム」や地元住民でつくる実行委は、1942~44年(昭和17~同19年)に同村と同管内浜頓別町にまたがる旧陸軍浅茅野(あさぢの)飛行場の建設工事に動員され、犠牲になった朝鮮半島出身者の発掘調査を2010年まで行い、計39体分の遺骨を発見。韓国政府機関と実行委が共同墓地(村有地)に追悼碑を建立することを決めた。

           韓国側では、政府機関が20日、追悼碑建設事業費約180万円について「韓国政府予算と猿払村からの支援金が使われた」と発表。韓国メディアが同日、同様の表現で報道したところ、インターネットニュースを見た日本の市民団体などから事実関係をただす電話やメールなど約100件の抗議が猿払村に相次いだ。

           村によると、村が費用を支出したという事実はないが、村が経緯を調べるうち、村有地使用手続きの不備などが判明し、実行委に除幕式の中止を要請した。

           実行委の水口孝一共同代表(78)=猿払村=は「村側に設置の許可を取らないなど、実行委側にも落ち度があった。関係者にご迷惑をかけ申し訳ない。韓国側にも説明した上で、今後、いい方向に進められればと思う」と話している。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>