河野洋平氏への公開質問状

カルフォルニアで立ち上がった「日本人の子どもを守る母の会」の抗議文を添付し、なでしこアクションから河野洋平氏宛てに11月4日付で以下の内容の公開質問状を出しました。

※「日本人の子どもを守る母の会」は、ジャーナリスト大高未貴氏アメリカ慰安婦問題レポートPart2でインタビューを受けた女性達とは別の方々です。

※公開質問状の英語版はこちらOpen Letter to Mr. KONO Yohei
————————————————————————————————————————-

公開質問状

平成25年 11月 4日

河野 洋平 様 

なでしこアクション 代表 山本優美子

 「戦時中、20万人の婦女子が日本軍に強制連行され、慰安婦として性奴隷にされた」という事実無根の捏造歴史が世界中に広まっています。強制連行の証拠は、日本政府はもとより、韓国政府ですら未だに出せていません。 そうであるにも関わらず、我が国がこの慰安婦問題で謂れ無き抗議、非難、中傷を受け続けている大きな元凶となっているのは、貴方様が平成5年8月4日、「慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話」(以下、河野談話)を発表した事に起因します。平成25年10月16日付産経新聞の報道によると、河野談話の根拠となった韓国元慰安婦16人の聞き取り調査は、証言の事実関係が曖昧で別の機会での発言と食い違いが目立つ他、氏名や生年並びに住所等も不正確な例が多く、歴史資料としては通用しない杜撰な調査であったことは明白であり、河野談話の正当性は根底から崩れています。

私達は戦後、満州や朝鮮半島引揚の際に多くの日本女性がロシア人や朝鮮人に強姦され強制堕胎したこと、そしてアメリカ占領軍の暴行により多くの日本女性が性的被害者となった歴史的事実を知っています。このような戦争に纏わる女性の悲劇は、二度と繰り返されてはなりません。しかし、慰安婦問題は全く次元の違う問題です。何故、日本だけが事実でないことで非難され続け、私達の子どもの世代までもが、その捏造された負の遺産を背負い続けなければならないのでしょうか。

今年7月、カルフォルニア州グレンデール市に韓国人慰安婦像が建ちました。米国の「日本人の子どもを守る母の会」から寄せられた貴方様への抗議文をこの質問状に添付いたしましたので、是非お読みいただき、現地の母親達の悲痛な声に耳を傾けて下さい。

貴方様には、河野談話を発表した官房長官としての大きな説明責任があります。よって平成25年12月4日迄に、下記の質問5項目について御回答下さい。

尚、この質問状と貴方様からの御回答は、多くの日本国民の関心事と考え、公開させていただく所存です。

衆議院議長を務められ桐花大綬章をも受賞された貴方様より、誠意ある御回答を頂きたく、心よりお願い申し上げます。

 

記 (質問)

  1. 河野談話について、貴方様が国会や公開の記者会見などで国民に説明する義務と責任があるという声が高まっています。これに応じられるご意思の有無をお答え下さい。
  2. 韓国人元慰安婦に関する調査が、歴史資料としては通用しない、裏付け調査に基づかない内容であったことを事前にご存知であったのかどうか、お答えください。ご承知の上で談話を発表したのであれば、その理由をご説明下さい。
  3. 河野談話の白紙撤回を求める意見が増えています。これに賛同されるか否かとその理由をご説明下さい。
  4. 多くの国民が、河野談話は過去のみならず、現在と未来の日本人の名誉と尊厳をも傷付けるものと考え、それ故、貴方様を国賊と批判する人も少なからずおります。この現状をどのように思われるのか、お答え下さい。
  5. 「河野談話」の中に、「慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった。」と有りますが、上記文中の「官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった」証拠をお示し下さい。

以上

————————————————————————————————————————-

 [添付]

平成25年 11月 4日

河野 洋平 様

日本人の子どもを守る母の会
代表  豊田育代

抗議文

 本年7月にロサンゼルスに隣接するグレンデール市中央公園に多くの在米日本人の反対を押し切り韓国人慰安婦像が設置されました。その1ヶ月後に近郊のブエナパーク市議会で慰安婦像設置計画が討議されましたが、在米日本人の必死の署名活動等により設置は見送られました。他市にも同様の慰安婦像設置の動きがあり、予断を許さぬ状況です。

私達がお伝えしたいのは、グレンデール市に慰安婦像が建ったことで米国に暮らす日本人の子ども達に被害が及んでいる現状です。慰安婦像台座に刻まれた「私は日本軍の性奴隷でした」で始まる過激な碑文を鵜呑みにした米国人から「レイピスト(強姦魔)」呼ばわりされる等の被害があります。韓国系の多い地区に住む日本人の中には、外で我が子に日本語で話しかけるのを、子どもの安全を考え躊躇する人もいます。これが、韓国人慰安婦問題で揺れ動く今の米国に住む日本人の現状です。私達は、既に国が解決済みであるとする慰安婦問題で、何故これほどまでに屈辱的な悲しい思いをしなければならないのかと、やるせなさを抱きながら暮らしています。

私達が最も困惑したのは、グレンデールに慰安婦像設置を推進したキンテロ市議が、設置正当化の理由として河野談話に基づく日本政府の姿勢を指摘したことです。同様に、2007年米下院で可決された従軍慰安婦対日非難決議も、河野談話を根拠としています。慰安像設置に唯一反対票を投じたグレンデールのウエーバー市長は、日本のテレビ局の取材に応じて、「慰安婦像設置は間違っていた」と発言しただけで、「日本から賄賂を貰った」「暗殺してやろうか」等、韓国系設置推進派からの誹謗中傷を受けていると聞きます。

米国は様々な民族が住み分けして暮らす多民族国家です。これまで平和に共存していた韓国系と日系住民の間に無用な摩擦や軋轢を生み出した慰安婦像は、平和な地域コミュ二ティーにとって「百害あって一利なし」です。

河野談話を根拠として全ての慰安婦問題が発生しているのですから、海外の日本人が大打撃を受けているこの現状を真摯に直視して下さい。私達は、河野談話を発表した当事者である貴方様が、未だに説明責任を果たされていないことに対し、抗議いたします。そして、日本人の子ども達の未来の為にも、国民に対する迅速なる釈明と談話の撤回を要望いたします。

 以上

60 thoughts on “河野洋平氏への公開質問状

  1. Tomonori Sunada says:

    何も出来ませんが応援させて頂いてます。
    日本の為に生きた世代の方々の名誉、これから生まれ育つ子供達に少しでも良い国を残せる様に頑張りましょう。


    • T.Onishi says:

      この売国奴のせいでどれほど多くの日本人が不当な差別を受け、社会生活に支障をきたしたか・・・。


    • kawanabe osamu says:

      河野談話については、何等根拠の無いものを発表されました。これにより日本の国益を大きく損なっております。ご明快なご回答を頂けますようお願い申し上げます。


  2. akira ogawa says:

    河野談話を根拠として全ての慰安婦問題を語る韓国が許せない。


  3. ichiro.sato says:

    河野談話を根拠として全ての慰安婦問題が発生しているのですから、海外の日本人が大打撃を受けているこの現状を真摯に直視して下さい。私達は、河野談話を発表した当事者である貴方様が、未だに説明責任を果たされていないことに対し、抗議いたします。そして、日本人の子ども達の未来の為にも、国民に対する迅速なる釈明と談話の撤回を要望いたします。


  4. Harry  Yamamoto says:

    なでしこ アクションの方々に深い敬意を表します。

    韓国のねつ造喧伝により、在外邦人の方々ないし日本への名誉を貶める行為は断じてゆるせません。
    韓国政府による強制的従軍慰安婦は事実として存在し、多数の証拠と文献が存在します。
    11月28日号の週刊新潮に報道されている通り、韓国政府による強制的従軍慰安婦は存在しました。韓国政府はその事実を知っております。
    Wikipediaにも韓国軍慰安婦につき、詳しく記載されております。自国の強制的従軍慰安婦の存在に蓋をし、日本の強制性をねつ造の上、
    世界に喧伝する行為は、声を大にして糾弾しなくては、なりません。これは日本民族の誇りを維持するための戦いだと思います。
    一方、公娼制度を日本軍が利用したことは、否定するものでは、ありません。

    中国も5か所の大規模侵略地(現在は自治区ないしは革新的利益と称している)を維持し、これらの地域に関する侵略上の大虐殺や侵略地での長年に亘る地上原爆実験をひた隠し、他国の大虐殺をねつ造の上、世界に喧伝する行為も、日本の子孫の威信にかけても看過してはなりません。侵略行為は、お互い真摯に反省し、ねつ造部分は、はっきり世界に指摘されるべきです。


  5. Keiko Hasegawa says:

    We trust the United States of America, the most important partner of Japan.


  6. Y.Ishiguro says:

    河野談話のために世界中から韓国の捏造に負け世界から避難され、外国に住む
    日本人 特に子供は嫌がらせをされ 大変苦しい思いをしています 
    河野はこの日本に対してどんな責任を負うのか知りたい もし知らぬ顔をするようであれば 日本で一番の売国奴と言われても 返す言葉はないと思います 

    かならず謝らせてその内容を世界にしらすべきです


  7. 日本市民 says:

    「非公開を前提に聞き取った」・・・質問もできず、相手の言うことをそのまま聞いただけのくせに、この加藤副長官という人物、何をとぼけたことを言っているのでしょう。
    河野談話の撤回と同時に「公開」を要求していきましょう。
    堂々と公開できず、「公開」するのが怖いということは、河野談話がそれほど「いい加減なもの」と言っているようなもの。
    ===
    http://sankei.jp.msn.com/politics/news/131126/plc13112612470015-n1.htm
    河野談話の根拠「元慰安婦調査報告書」公表せず 加藤副長官「非公開が前提」
    2013.11.26 12:46
     加藤勝信官房副長官は26日の衆院国家安全保障特別委員会で、慰安婦募集の強制性を認めた平成5年の「河野洋平官房長官談話」の根拠とされた調査報告書の内容を公表しない考えを示した。「非公開を前提に聞き取った。個人を特定することが可能になる恐れがある」と説明した。

     日本維新の会の山田宏氏の質問への答弁。


  8. 日本市民 says:

    11月20日 第100回アンチ水曜デモです

    http://www.youtube.com/watch?v=wplowseHT-M


  9. H.KUBOTA says:

    微力ながら応援させてください。


  10. Harry  Yamamoto says:

    以下は公娼制度の風景と韓国政府の強制連行による従軍慰安婦の記事です。
    以下は記事参照。
    韓国主張の性奴隷とは異なる風景
    2013.11.5 09:20  MSN news
     根拠なく慰安婦募集の強制性を認めた河野談話が出されて以降、世界で慰安婦イコール性奴隷と流布されているが、現実はどうだったか。過去の米国の資料からは、それとは全く別の慰安婦像が浮かび上がる。
     米国戦争情報局資料「心理戦チーム報告書」(1944年10月1日)は、米軍がビルマ(現ミャンマー)・ミートキーナ(同ミチナ)で捕らえた朝鮮人慰安婦20人らから尋問した内容をまとめている。それによると慰安所における慰安婦の生活の実態は、次のように記されている。
     「食事や生活用品はそれほど切り詰められていたわけではなく、彼女らは金を多く持っていたので、欲しいものを買うことができた。兵士からの贈り物に加えて、衣服、靴、たばこ、化粧品を買うことができた」「ビルマにいる間、彼女らは将兵とともにスポーツを楽しんだりピクニックや娯楽、夕食会に参加した。彼女らは蓄音機を持っており、町に買い物に出ることを許されていた」
     報告書はまた、「慰安婦は客を断る特権を与えられていた」「(日本人兵士が)結婚を申し込むケースが多くあり、現実に結婚に至ったケースもあった」と書いている。雇用契約に関しては、慰安所経営者と慰安婦の配分率は50%ずつだが、平均月収は1500円だった(当時の下士官の月収は15円前後)。
     国連人権委員会に96年、慰安婦を性奴隷と位置づける報告書を提出したクマラスワミ特別報告官と会い、慰安婦問題について説明したことがある現代史家の秦郁彦氏は次のように語る。
     「クマラスワミ氏は、河野談話は『強制連行』とは書いていないが、それを否定していないと解したのだろう。河野談話は日本政府の談話であり、国連などの場で他者を説得するには一番便利だ。また、外国人の感覚では『悪いことをしたから謝るのだろう。やはり強制連行をしたのだ』と受け止めるのも無理はない」

    WEKIPEDIA より抜粋
    韓国軍慰安婦または大韓民国軍慰安婦 (Korean Military Comfort Women)とは、韓国軍と在韓米軍や国連軍を相手にした慰安婦。朝鮮戦争やベトナム戦争では韓国はアメリカ合衆国を基盤とした連合軍に参加したため、韓国で設置された慰安所および慰安婦(特殊慰安隊)は韓国軍だけでなく米軍をはじめとする国連軍も利用した。
    性暴力と強制連行
    崔吉城は論文「朝鮮戦争における国連軍の性暴行と売春」において、朝鮮戦争時には敵国ではない韓国において国連軍がソウル市北部の村で日中、シェパードを連れて女性を捜索し、発見後に強姦に及んだり、またジープにのって民家を訪れ女性を強制連行して性暴力をはたらいたことや、韓国人兵士が韓国人女性に性暴力や性拷問をはたらいたことを紹介している]。性暴力をうけたのは女性だけでなく、10歳位の男子がフェラチオを強要され喉が破裂したこともあった。
    北朝鮮人女性の強制連行
    朝鮮戦争中に韓国軍に逮捕された北朝鮮人女性は強制的に慰安婦にされることもあった。
    韓国軍の北派工作員は北朝鮮で拉致と強姦により慰安婦をおいていた。
    捕虜となった朝鮮人民軍女軍、女性パルチザンゲリラ、そのほかに朝鮮人民軍や中国の人民志願軍の占領地内の住民である朝鮮人女性のうちまだ疎開しなかった女性などが、共産主義者を助けたとの名目で強制的に性奴隷にされた。
    朝鮮戦争休戦からベトナム戦争まで
    閉鎖と存続
    1953年7月27日の朝鮮戦争の休戦にともない各慰安所は1954年3月に閉鎖され、翌1954年に「正規」の「慰安隊」はなくなったが、事実上の慰安隊が私娼の形で存続し費用は「厚生費」などの名目で支出されていた。
    軍隊慰安所は公式には解体されねばならなかったが、韓国政府とアメリカ政府は存続の協議のため「性病対策委員会」を設置した。1957年の会議では米経済調整官室(Office of Economic Coodinator,OEC)側は、決定を韓国側で行ってほしいと韓国側に要請し、ソウル、仁川、釜山に接客業所やダンスホールを指定し設置した。こうして洋公主は、国家管理によって慰安婦と「米軍同居女」の二つに分類されるようになり、東豆川や議政府という基地村が栄えていった。
    1955年のソウル市警察局によると米軍相手の性売買女性は61,833名であった。
    売春業者による誘拐事件[編集]
    朝鮮では1930年代にも売春斡旋業者による少女誘拐事件が頻発したが、朝鮮戦争後も売春斡旋業者による少女誘拐事件が発生している。1956年4月には「売淫ブローカー」によって少女2名が誘拐。
    また1956年7月11日の東亜日報は「田舎の処女誘引 売春窟に売った女人検挙」との見出しで、少女を誘拐し売春を強要した容疑で老婆が逮捕されたと報道している。
    慰安婦の自殺
    アメリカ軍(美軍)慰安婦2名が韓国釜山で悲観のあまり自殺したことを報じる1957年7月21日付東亜日報
    韓国におけるアメリカ軍相手の女性達は自殺や中毒により死亡することもあった]。1957年7月21日付け東亜日報で、アメリカ軍慰安婦がわが身を悲観して自殺したと報道される。1959年7月30日付け東亜日報で、慰安婦が悲觀自殺したと報道される。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>