河野氏からの返信に対する手紙

河野洋平氏からの返信に対し、「日本人の子どもを守る母の会」からの手紙を添付し、なでしこアクションより再度河野氏宛てに下記の手紙を出しました。

平成25年12月 9日

 河野 洋平 様

平成25年11月25日付の河野様よりのお手紙拝読いたしました。ご多忙のところ、返信下さったことに心より感謝申しあげます。

私どもの質問5項目にお答えいただけ無かったのは非常に残念ですが、同封して下さった新聞記事の内容と現在も気持ち・考えが変わらないことをご説明下さり、河野様の慰安婦問題に対するお考えを知ることが出来ましたことは、大変有難いことと思っております。

いただいた新聞記事は昨年(2012年)10月8日付ですが、これ以降、米国では韓国系団体のロビー活動が更に活発になり、各地で日本軍慰安婦非難決議が採択され、慰安婦記念碑が建立されました。今後も更に増える計画がニュースで聞かれます。

世界に広まる「20万人の婦女子を拉致して性奴隷にした日本」という全く事実無根、捏造の歴史を覆す第一歩は、河野様が談話当時の経緯を公の場で説明してくださることと、多くの国民が切望しております。

先の質問状に添えた抗議文を書いた「日本人の子どもを守る母の会」から河野様のお手紙を読んでの意見をいただいていますので同封いたします。慰安婦問題を取り巻く状況がこれからの日本と次世代の日本人にとっていかに弊害があるかをご理解いただきたく、ご一読いただけますようお願い申し上げます。

なでしこアクション 山本優美子

**************************************

【添付】

平成25年12月 9日

元衆議院議長
元内閣官房長官
河野洋平 様

公開質問状への回答に対する意見書

日本人の子どもを守る母の会

代表 豊田育代

『なでしこアクション』の公開質問状に対する2013年11月25日付の河野様からの返書及び別添の2012年10月8日の読売新聞記事を拝読致しました。返書には私達が抗議文で強く訴えた在米邦人が直面している危機的状況に対する言及はまったく無く、貴方様が邦人やその子ども達のことを少しも気にかけていない、ということがよく分かりました。極めて残念に思います。国会の中からも貴方様に証言を求める声が高まっている昨今、なぜその声に応じていただけないのか、理解に苦しみます。

抗議文では、「河野談話」が根拠となり米国に韓国人慰安婦を記念する石碑や像が次々と設置され、在米邦人が苦しい状況に置かれていることをお伝えしました。抗議文は決して冷やかしや興味本位ではなく、やむにやまれぬ状況に追い込まれての切実な抗議行動であることをご理解ください。「慰安婦募集の強制性」を簡単に認めてしまった「河野談話」の存在が、日韓友好どころか、現在では市民レベルでの大きな摩擦の源となっています。実際、当地では在米邦人と在米韓国人との間に溝が出来つつあり、個人レベルでの交流にも気を遣う日々です。このままでいくと、この溝が将来決して渡ることが出来ないほど深くなってしまうのは必然的です。抗議文を通して私達の訴えを聴かれたにもかかわらず、それを黙殺し、「政治問題、外交問題化させるべきではない」と主張されるのは、国民の代表として長年にわたり衆議院議長を勤められた貴方様の、私達在米邦人、ひいては日本国民全体に対するあまりにも無責任かつ残酷な仕打ちではないでしょうか。

2013年8月11日に、あるツイッターユーザーがご子息河野太郎氏のアカウントに「あ、従軍慰安婦問題の嘘を広めた野郎だ!」とリプライを寄せたことに対し、太郎氏が「俺がなにかしたか?」と怒りのツイートを返されました。立場や状況こそ違っても、同じように「私達がなにかした?」という「濡れ衣を着せられている気持ち」には共感できます。「性奴隷を容認した国」と言われるほど日本人の人権意識に対する国際的評価が大きく損なわれているのですから、早急に「国際的な日本人バッシング」の元凶である「河野談話」を国会にて検証しなければならないのは「自明の理」です。

2013年11月10日付の産経新聞記事によれば、訪米した韓国の国会議員団が10月27日に在ロサンゼルス韓国総領事館にロサンゼルス、サンフランシスコ、シアトルの総領事を集め、慰安婦問題を国際人権問題として扱うよう指示したとのこと。その目的は、在米韓国人や韓国系米国人のコミュニティーと連携しながら「米国市民レベルでの草の根運動」を促し親韓派の養成を求めること、です。これは、今後永続的に、米国一般市民から日本人が「慰安婦問題で謝れ」と責められ、人権を蹂躙した民族としてのレッテルを貼られ、後ろ指を指され続けることを意味します。国連本部も米国にありますから、そうなった場合の国際的影響力は計り知れません。米国を生活の拠点としている私達にとっては、本当に恐ろしい事態です。

現実問題として、在米邦人の多くは、大人も子どもも、自国の歴史教育を信じる一部の韓国系住民からの嫌がらせに自力で対処しながら生活しています。しかし、歴史を逆手に取った反日政策と「河野談話」が存在し続ける限り、日本人に対して不当な嫌がらせをする人達はいなくなりません。慰安婦像設置から4ヶ月経ちますが、早くもグレンデール中央公園は、韓国系の人々にとっての象徴的な場所となっています。多くの韓国人団体が訪れ、像を取り囲んで賑やかに記念撮影をしています。また、現地米国人の子ども達が訪れて、像と碑文から人権蹂躙について学び始めています。もはやこの場所は、私達日本人にとっては言葉にし難いほど屈辱的な場所となってしまいました。像の台座に刻まれた大日本帝国軍の残虐ぶりを伝える文章が“捏造”であることを広く世界に周知させてほしい、と心から願います。碑文全文と写真を添付いたしましたので、そのあまりにもひどい捏造ぶりを、是非ご自身でご確認ください。

「河野談話」のツケを私達や談話発表当時には生まれてもいなかった子ども達が支払わされるのは、まったくもって納得のいかない、理不尽なことです。邦人の子ども達が“日本人である為に”肩身の狭い思いをし、捏造の歴史から生まれた世間の偏見や嫌がらせ等の圧力をはね返す術もなくひたすら耐えるだけの現状を、どう思われますか。「日本の将来を担う子ども達にとっての最善は何であるのか」を真っ先に考えてください。そして、米国で暮らす日本人の子ども達の平和な日常生活を守る為、早急に、自ら率先して「河野談話」を撤回していただきたいと思います。

以上

**************************************

グレンデール慰安婦少女像の石板に刻まれている碑文
DSC00592 - Copy

CIMG4608

CIMG4609

CIMG4611

『わたしは日本軍の性奴隷でした。』
乱れた髪型は、この少女が大日本帝国軍によって、住んでいた家から拉致されたことを象徴しています。
握り締めた二つの拳は、正義を勝ち取ろうというこの少女の固い決意を表しています。
剥き出しの不安定な足は、薄情で思いやりがないこの世界に少女が見捨てられてきたことを表しています。
少女の肩に止まった鳥は、わたしたちと亡くなった犠牲者の絆を象徴しています。
誰も座っていない隣の椅子は、まだ正義を見ないまま死を迎えようとしている年老いた生存者たちを象徴しています。
(像の後ろの床に描かれた)少女の影に映っているおばあさんは、永いあいだ沈黙の中で過ごしてきた時間の経過を象徴しています。
影の中にある蝶は、犠牲者たちがいつの日か甦り、謝罪を受けられる日が来ることへの希望を表しています。

『平和の記念碑』 Peace Monument
1923年から1945年にかけて、20万人以上のアジア人とオランダ人の女性たちが、韓国、中国、台湾、日本、フィリピン、タイ、ベトナム、マレーシア、東ティモール、インドネシアの彼女たちの家から拉致され、大日本帝国軍によって強制的に性奴隷にされました。
2012年7月30日に、グレンデール市が「慰安婦の日」を制定したこと、そして、2007年7月30日に、アメリカ合衆国議会が、米国下院決議案121条を通過したことを祝し、これらの罪について日本政府に対して歴史的な責任を受け入れることを求めます。
このような非道徳的な人権蹂躙が二度と繰り返されないことを心から願います。
2013年7月30日

60 thoughts on “河野氏からの返信に対する手紙

  1. 日本市民 says:

    日本維新の会 西野弘一議員 国会で「河野談話」撤回を要求

    平成26年2月 衆議院

    http://www.youtube.com/watch?v=0rS40LNiKIU


  2. 日本市民 says:

    新情報です
    ===
    http://sugitamio.net/
    一昨日の予算委員会質疑で、中山成彬先生が要求した【歴史問題に関する集中審議】が実現する可能性が出てきました。詳細が決まり次第、お知らせいたします。
    ===
    杉田議員のホームページの情報です。

    今こそ自民党への要求メッセージを徹底していれましょう!
    (当然ですが、妨害活動も激しくなっています)
    拡散もお願いします!

    自民党へ「国会招致をせよ」との意見を多数入れてください。
    *ttps://ssl.jimin.jp/m/contact
    (*はh)


  3. 日本市民 says:

    杉田水脈議員 「国民運動としての河野談話見直し」

    ・すぎやまこういち氏のForeign Affairsへの論文掲載が断られたそうです。
     仏アングレーム漫画祭と同様、「日本人への口封じ」が行われています。
     
    ・国内の反日捏造派とどう闘うか 

    ttp://www.youtube.com/watch?v=s4rxijq4Jug

    ttp://www.youtube.com/watch?v=OBnQ-LAqJx4


  4. 日本市民 says:

    外務省が河野談話に続いて「愚かな行為」に出る可能性が出てきました。
    外務省がまた「謝罪」などに出れば、今までの活動が一瞬にして水泡に帰します。
    外務省へ「捏造を伏せたままでの日韓外交を進めることは不要だ、許さないぞ」の趣旨でこの記事を引用した形で抗議を行いましょう。
    黙っていたら「負け」です、よろしくお願いします。
    外務省の動きを監視しましょう。

    【外務省抗議先】
    ttp://www.mofa.go.jp/mofaj/comment/index.html

    ===
    日韓局長会談 外相会談を模索、米国にせかされ
    ttp://sankei.jp.msn.com/politics/news/140218/plc14021821570018-n1.htm

    米側の働きかけもあり、日韓当局者の接触も活発になってきた。外務省の斎木昭隆事務次官は17日、同省で韓国の李(イ)丙(ビョン)●(=王へんに其)(ギ)駐日大使と会談。慰安婦問題などについて、日本側の基本的な考えを伝えた。

    日本側は慰安婦問題について「人道的措置も含めて解決済み」として、さらなる謝罪などを首脳会談の前提に掲げる朴槿恵大統領の求めを拒否してきた。外務省幹部は「事態打開の知恵がないわけではない」として、政府の基本的立場は堅持しつつも日韓双方が受け入れ可能な案を検討していることを示唆した。


  5. 日本市民 says:

    また自民党、外務省が第2回目の愚かな河野談話をやろうとしているのでしょうか
    ===
    ttp://sankei.jp.msn.com/world/news/140327/kor14032716160002-n1.htm
    外務省幹部が元慰安婦関係者と意見交換 日本の立場を説明
    2014.3.27 16:15
     外務省の山本恭司地域政策課長ら幹部が、元慰安婦の支援施設「ナヌムの家」関係者と今月17日、ソウルで意見交換していたことが27日、分かった。同省幹部は平成19年に解散した財団法人「女性のためのアジア平和国民基金」(アジア女性基金)のフォローアップ事業の一環で訪韓し、双方の希望で会合が実現した。
     外務省幹部によると、同省側は、慰安婦問題は昭和40年の日韓請求権協定で解決済みとの立場を強調し、安倍晋三内閣が慰安婦募集の強制性を認めた「河野洋平官房長官談話」を継承していることを伝えた。ナヌムの家関係者は、慰安婦問題は解決していないとして、安倍首相の謝罪を求めるなど従来の主張を繰り返したという。
     菅義偉(よしひで)官房長官は27日の記者会見で「韓国との間に様々な問題の解決のためにお互いが様々なルートを通じて対応している」と述べた。日韓両政府は外務省局長級協議を4月中旬に行なう方向で調整している。


  6. 松村 says:

    韓国政府と朴大統領に日本国民に謝罪要求の署名をするのはどうでしょうか、国際法の無視一方的な告げ口外交、日本を貶めたり日本人の人権を脅かす、実現は難しいかも知れませんが日本人は怒りが収まらないとアクションするのもよいのではないでしようか民間レベルで頑張りたいものです。


  7. 日本市民 says:

    そういえば「慰安婦の真実国民運動」発足時に、方針の一つとして「河野談話」に関して河野洋平を裁判に訴えようとかいう話がありましたね。法律の知識がまったくないのが悔しいんですが、例えば(元日本兵の方が)「事実に基づかない話で河野談話を出され、被害を被った」とかなんとかで、日本政府、外務省、河野洋平を訴えでるとか・・・。今行われている国民署名活動などによる国民の要求にかかわらず政府、自民党などが、国民を守るより河野洋平や河野談話を守ろうとするなら、次はこれしかない。GAHTが進めているグレンデール裁判と同じような枠組みで可能性はあると思うのですが。


  8. 日本市民 says:

    河野洋平が勲章をもらっているとかいう話を聞いていましたが、フランスからももらっているとは知りませんでした。
    戦争で犠牲を強いられた旧日本軍兵士に罪を負わせ、自分は嘘談話で勲章をもらう。
    特攻で自分の命を日本のために捧げた人もいるのに本当に許せないです。
    ===
    河野洋平のレジオン ドヌール

    当時の首相だったフランソワ フィヨンの2008年4月11日の河野洋平受勲のスピーチの抜粋です。日仏の政治家がお互いにお世辞を言い合っているのが見える内容です。そして河野受勲の理由の一部は河野談話を行ったおかげ、ということも分かります。今日、日韓関係は順調ではありません。韓国に世界舞台で日本攻撃の唯一の公式道具を与えた,この日本の政治家を、アジア隣国関係の勇気ある功労者としてフランスが、褒め称えているのが皮肉的です。フランスの河野賞賛は、今日では歴史学者から”間違い”と判断されている”私の戦争犯罪”の作者、吉田清治を連想させます。彼も、嘘を告白する前は、韓国人や日本人から,朝鮮人の強制連行を最初に告白した勇気を称えられていました。
    ttp://daisukinipponfrance.over-blog.com/2014/03/legion-d-honneur-de-kono-yohei.html
    ttp://www.ambafrance-jp.org/IMG/pdf/Discours_Yohei_Kono_Japonais.pdf


  9. 日本市民 says:

    政権に復帰したときは、「過去を反省し、国民の信頼を取り戻したい」と言っていたのは確か自民党でしたね

    ttp://www3.nhk.or.jp/news/html/20140401/k10013410591000.html
    4月1日 13時05分
    政府は1日の閣議で、いわゆる従軍慰安婦の問題を巡る河野官房長官談話について、「作成過程の実態を把握し、明らかにする作業は必要だ」とする一方で、「談話を見直すことや、新たな談話を発表することは考えていない」とする答弁書を決定しました。
    これは、新党大地の鈴木貴子衆議院議員の質問主意書に対し、答えたものです。
    それによりますと、いわゆる従軍慰安婦の問題を巡り、政府の謝罪と反省を示した平成5年の河野官房長官談話について、「政府としては、談話の作成過程の実態を把握し、それをしかるべき形で明らかにする作業は必要だと考えている」としています。
    一方で、「河野官房長官談話を見直すことや、新たな談話を発表することは考えていない」としています。


  10. 日本市民 says:

    国民運動「河野談話の見直しを求める」署名が最終的10万筆を突破したそうです。

    http://blog.livedoor.jp/sugitamio/archives/7610883.html
    10万達成‼︎
    まだ全ての集計が終わった訳ではありませんが、今日の18時までに秀華できたものを合わせると目標の10万筆を超えました。
    皆さん、ご協力本当にありがとうございました。
    最終の数字が出ましたら、また改めて報告いたします。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>