グレンデール慰安婦像訴訟支援 と ご寄附のお願い

【報告】2014年3月11日「慰安婦像撤去訴訟 帰国報告会」はこちらをご覧ください

韓国の捏造慰安婦プロパガンダに反撃!

slider2a
グレンデール慰安婦像提訴支援 と ご寄附のお願い

慰安婦問題は日本発祥ではあるものの、河野談話や歴代首相の謝罪、アジア女性基金などの日本の韓国への配慮が全て裏目に出て、今では韓国の官民挙げての世界規模の反日プロパガンダ活動に利用されています。

慰安婦の強制連行、性奴隷、アジアのホロコースト、人数も20万人どころか最近は50万人まで増えています。

このままでは、捏造慰安婦が益々酷くなることでしょう。

この度、カルフォルニア在住の勇気ある方々が立ち上がりました。

歴史の真実を求める世界連合会
The Global Alliance for Historical Truth/ GAHT

http://gahtjp.org/

なでしこアクション代表の山本優美子も発起人の一人として協力させていただきます。

捏造慰安婦問題は私達の世代で終わらせましょう。
今私たちが出来ることを実行していきましょう。

ご賛同いただける皆様には是非ご支援いただけますようお願い申し上げます。

歴史の真実を求める世界連合会HP http://gahtjp.org/

<米国内 チェックおよび銀行振込での資金の提供>
チェック宛先: GAHT-US Corporation
チェック送付先:
GAHT-US Corporation
1223 Wilshire Blvd, #613, Santa Monica, CA 90403

銀行名:UNION BANK (Santa Monica Branch)
口座名:GAHT-US Corporation
口座番号:0020740736 ABA (Routing Number):122000496
銀行電話番号:1-800-238-4486

<日本国内 銀行・ゆうちょ銀行振込での資金提供>
銀行名: 三菱東京UFJ銀行
     ミツビシトウキョウユウエフジェイギンコウ
支店名: 藤沢支店(支店番号257)
口座番号:0421906 普通預金口座
口座名: 歴史の真実の会
     レキシノシンジツノカイ

ゆうちょ銀行
振込口座名; 歴史の真実の会
       レキシノシンジツノカイ
振込口座番号:00180-0-292163

<クレジットカードでの寄付>
↓こちらをご覧ください↓
https://gahtjp.org/?page_id=492

<参考ニュース>
産経 2014.2.21 10:43
慰安婦像撤去へ立ち上がった日系人、「捏造された歴史の被害者にはならない」
産経 2014.2.21 08:16
慰安婦像撤去を求め日系人らグレンデール市を提訴 米全土拡散に歯止め

166 thoughts on “グレンデール慰安婦像訴訟支援 と ご寄附のお願い

  1. mk says:

    はじめまして。
    フランスの裁判所で、フランスのアングレーム国際漫画祭が日本側の出展は拒否され韓国側の出展だけが認められた事実は、訴えれば良いと思います。
    文化交流の場が政治論争にしたのは、フランスのアングレーム国際漫画祭の組織委員会ですよね。


  2. 橘吾朗 says:

    >フランスのアングレーム国際漫画祭が日本側の出展は拒否され韓国側の出展だけが認められた

    これはその後の日本の報道によれば、日本側の出展がアングレーム国際漫画祭のルールを
    守らなかったからと説明されています。
    漫画祭の関係者の話によれば、韓国の政治的主張を認めて、日本の政治的主張を認めなかったわけ
    ではない。日本側の抗議のやり方がルールに反していたからとのことです。
    なんでもかんでも抗議をすればよいというものではない。やはり丁寧に説明する必要があると思います。
    余計な敵はつくらないほうがよいです。


  3. 橘吾朗 says:

    最新号(3/14号?)の週刊ポストという雑誌で、朝日新聞が何十年間ものあいだ、海外の反日を
    あおりまくってきたことが告発されています。最近も中国の反日談話もこじきのようにうろついて
    あさっていたことが記載されいます。

    中国の反日をたきつける。韓国の反日をたきつける。そして米国やヨーロッパの反日をたきつける。
    ほんとうに反日が一種の宗教となっているのではないかと思えるほど、完全に狂った新聞社です。
    ニューヨークタイムズとも息をあわせるように反日キャンペーンをやりつづけています。
    ほんとうにどうしようもない、手のほどこしようがありません。

    突出して政治的な行動に関心をもってきた異様な新聞社です。これにやられた日本人がどんどん
    海外にでていって反日発言や反日行動をくりかえしています。
    ニューヨークタイムズの安倍批判記事も、朝日新聞と実にそっくりの詭弁でぬりかためた記事です。

    またぞろオオニシのように日系の名前をもつ半狂乱で反日妄想記事を書きちらかすしか能のない
    筋金いりの反日記者がニューヨークタイムズ内をうろついているに違いありません。
    とにかく朝日新聞の犯罪性とおぞましさは、河野洋平なんかと違って、完全な確信犯としての反日に
    由来します。
    なんとか朝日新聞の包囲網をつくってほしいものです。毎日新聞は、なぜか従軍慰安婦騒動に批判的な
    記者もいたのに、現在は朝日の肩をもつ記者が社説あたりを書いているのが非常に残念です。


    • 日本人らしく says:

      同じことを憂慮して、ちょうどコメントを残したところでした。

      NYTやWSJで、慰安婦問題が世に出た経過(朝日新聞の捏造と、
      突然韓国が言い出した年について)などを解説の上、
      最近の日本やアメリカ政府が言っていないことを「言った」と断言(ウソ八百)
      しているジャーナリズムの「創作と世論の誘導こそが」問題だ、
      という風に持って行って注目を集めるといい記事になるのではないか
      と思っています。

      指摘するなら今だ、と感じるのですがこちらのような団体からでないとアピール性がないので、寄付は日本でもちろん募れると思いますから
      「ジャーナリズムの問題を暴く、慰安婦問題から現在の日本ディスカウントまで」というような記事出したいです。


  4. 名もなく貧しく美しく says:

    Eテレ スーパープレゼンテーション 2014.3.3 ON AIR
    の、米国心理学者エリザベス・ロフタス博士の「記憶のフィクション性」は、圧巻でした。

     誰かが自信満々ですごく詳細に語ったからって-
     感情を込めて言ったからって-
     それが事実とは限らない。
     記憶が正しいかどうかは、調査してみないとわからないです。

     私たちが覚えておくべきことそれは-
     記憶は自由と同じで、もろいものだということです。

    Just because somebody tells you something and they say it with confidence, just because they say it with lots of detail, just because they express emotion when they say it, it doesn’t mean that it really happened.
    We can’t reliably distinguish true memories from false memories.
    We need independent corroboration.

    We should all keep in mind – we’d do well to – that memory, like liberty, is a fragile thing.

    私たちは、世の中の多くの冤罪と戦わなければなりません。


  5. kana says:

    一つお聞きします。
    なでしこアクションさんが組織化はされることはないのでしょうか。組織化するとなると、様々なメリットデメリットが出てくると思いますが、これだけ多くの方々がこの非常事態を憂慮し個々に努力していますのに非効率ではないかと感じています。明確な戦略を持ち、組織的に活動できないものでしょうか。それともなでしこの活動は、制約なく個々の裁量で判断し活動するということがしがらみなく活動できることにメリットがあるということなのでしょうか。


  6. shirokuma says:

    皆さんの活動に、謝意を送りたいです。
    戦前日本から多くの援助を得、世界最貧国から現在の状態になったことを無かったことにし、日本とは戦争をしていいないにもかかわらず、戦争被害者と妄言を吐き、ベトナム戦争では、民間人に対して暴行略奪虐殺を行ったにもかかわらず、その時の指揮官を英雄として遇し、真実を国民に知らせず、ありもしないことで他国を貶めるような国。日本の不幸は、この様な最低の国が隣にあったことです。
    私は一つだけ皆さんにお願いしたいことがあります。
    それは、何があっても相手と同じレベルに落ちることだけはしないで欲しいということです。
    どんな時でも誇り高い日本人として行動してほしいと思います。
    今回の慰安婦について、事実を知らしめることも大切ですが、それよりも、あの国が行ってきたこと、国民性、パラオで、インドネシアで、ベトナムで、フィリピンで、アフリカで、何をしてきたか、その国でどのように評価されているかを知らしめることが今回の問題が不当なことでありあの国が信じてはいけない国であることを理解させる一助になるはずです。
    今回日本人だけでは重く受け取られないかもしれません、同じように不満を感じている他の国の人にも協力を求めることができれば、大きな力になるはずです。
    また、像の撤去に応じないのであれば、「ベトナム戦争で韓国兵に凌辱され殺された少女の像」の設置を提案してみたらどうでしょうか。慰安婦像に記載するよう提案するのもいいかもしれません。
    理念は同じはずですから。


  7. 橘吾朗 says:

    歴史をみれば、自らの力で自国を守らない国家は滅亡するか、どこかの強国の保護国になるかのどちらかでした。だから客観的に見れば日本国憲法の9条は独立国であることを放棄したも同然の条文でした。1946年1月のGHQ公職追放令では、政治家のなんと8割以上が追放され、その後もGHQの不当な圧力のなかで憲法が審議されました。そしてあげくのはては、性善説に立って他国を無制限に信用しながら、日本に対してだけは軍備すればなにをするかわからないというような性悪説に立って見ることを強制する風潮ができあがりました。

    圧倒的にそのようになってしまった社会情勢に貢献したのは、大勢の共産主義者どもの集団意志です。最初は日本をソ連や中国など東側の共産主義諸国の一員として軍事強国にしようと羨望しましたが、その陰謀やぶれて西側諸国に確固と組み入れられたため、日本を非武装にすれば軍事バランス的に東側を間接支援できると考えたのです。

    それで共産主義者たちが考えたことは、すぐに日本を支配できずとも、学問や教育、マスコミを支配して長年かけて日本人を洗脳することでした。当時の共産党幹部の発言を読めばわかります。
    その陰謀に日本人はやられて、あとはそれを真に受けるような頭のおかしい学者や教育者たちが軍隊なくせば、とりあえず無難にすごせるかのような妄想を社会に広め、その結果「頭かくして尻かくさず」というか、あらゆる国際問題に思考停止してしまいました。

    北朝鮮が日本の領海や領土まで傍若無人に侵入して日本人を誘拐したことは前代未聞でした。もし欧米など普通の近代国家がここまで他国に侵されたら、間違いなく即時に北朝鮮を武力で反撃したでしょう。一国で攻撃できないなら必ず他国に支援を求めたでしょう。
    実にこれほどおぞましいことを国の外でも内でもやり続けていた北朝鮮の問題よりも、当時世界中どこを見渡してもどこの国も関心をもたなかったような数十年前の戦地の慰安婦の人権問題のほうが「人類にとってより深刻で重要な人権と平和問題」であると考えたのが、1991年当時の朝日新聞など折り紙つきの左翼勢力でした。この異常性を日本人にとことん考えてほしい。戦後日本はある意味狂っていたのです。

    非武装平和をあれほど大勢の日本人が信じたのは、もともと日本人が平和的な民族であることもあるに違いない。けれども、左翼メディアの洗脳はほんとうにひどかったです。毎年、夏にくると、いかに軍隊で凄惨な目にあったかを繰り返して脳裏にたたきこむので、集団催眠にかかったようでした。朝日新聞の日本軍の残虐性キャンペーンは、実にきちがいじみたものでした。それで憲法9条を信じる平和主義者のなかには、夏になると戦火で焼かれてもだえくるしむ、いたいけな女の子の「お母ちゃん、熱いよ。苦しいよ」という悲痛な声が頭のなかで何度もこだまするという可愛そうな人もいました。みーんな、おそろしい左翼のマインドコントロールの結果です。
    こういう日本の事情を世界の人々はぜったいに知らないだろう。そして一部の片寄った情報だけあたえられてマスコミにあやつられているのでしょう。
    朝日新聞を筆頭とする反日マスコミによる本当にすさまじくきちがいじみた靖国騒動や慰安婦騒動などの反日キャンペーンの浸透により、日中間および日韓間はまるで戦争前夜の有様です。
    私は絶対に朝日新聞を許しません。多くの日本人と世界の人々にこの狂ったマスコミの異常性を知ってほしい。

    (参考)
    慰安婦騒動の本質を考えるには、朝日新聞とはいったい何だったのかということをぜったいに避けて通れません。

    下記は日本の某掲示板で見かけた投稿です。

    <当時の日本人はこんな事ばかり日常的に繰り返していたんだよ。
    (慰安婦の)強制連行くらい平気でやるに決まってるだろ。
    ニューギニアで旧日本兵が行った残虐。ウエワクの約2百人の集会では
    ロレンス・イフィンブイさん(70代・男性)が、「日本兵にブタを持って
    こなければ母親を殺すと脅されたので、ブタを工面して持っていくと、
    日本兵は母親をレイプし、殺しました。それも胸だけをカットして、
    ゆでて食べるという方法です。母は出血多量で死ぬまで、そこに放置」と語った。>

    朝日新聞は、このように狂信的な執念で多くの日本人を洗脳していきました。慰安婦騒動のはるか以前から、こういう捏造を繰り返していたのです。

    ■東部ニューギニア強姦殺害・人肉食事件
    ―朝日新聞、週刊朝日が報じた究極の残虐―
    home.att.ne.jp/blue/gendai-shi/asahi-hodo/new-guinea.html
    (上記のURLをはりつけるか、「ニューギニア強姦殺害」で検索を。)

    朝日新聞どもは、旧日本軍が世界中の人種をそれこそ片っ端からレイプしたという恐るべき神話をつくりあげようとしていたようです。これは朝日新聞の洗脳のおぞましさのほんの一例に過ぎません。
    冒頭に憲法9条に言及しましたが、私は憲法問題などよりも、このおそるべき日本の偏向マスコミの問題のほうが、はるかに急務で深刻であると認識しています。

    ヤフーの朝日や毎日の記事はいっさい読者コメントをうけつけません。あたりまえでしょう。これほど情報隠蔽と操作による言論統制でしか、自分たちを擁護できない、裸の王様に過ぎないのですから。
    ほんとうに醜くおぞましいというにつきます。


  8. Takako Mita says:

    (日本語でよろしいでしょうか?)
    韓国・朝鮮人による反日運動は異常さを増しています。更に、アメリカやフランスなど、関係のなさそうな国々で、誤った方向への啓蒙(つまり洗脳)がなされている様子。とても心配しています。 今の自分にできることをしようと思いまして、先ほど慰安婦像撤去の寄付をさせていただきました。叶うものならば11日の帰国報告会にも参加したいところですが、残念です。 矢面に立ってさまざまに行動して下さっている方々を応援致します。


  9. 佐柄英人 says:

    初めてコメントさせて頂きます。

    これから裁判で相手を論破しなくてはならない訳ですが、江戸時代の花魁と、韓国の性奴隷の違いといったところから説明していっては如何でしょうか。

    youtube でNHKの番組等を用いれば、視覚的にかなりインパクトがあると思います。

    日本の花魁は大名でも自由にはならなかったこと、一方韓国の貴族は、一般人を人とは見なしておらず、レイプを平気でしていたといった事を聞いたことがあります。

    こういう歴史が、日本人の4倍以上とも言われる韓国人による性犯罪率の高さに繋がっており、従軍慰安婦教育が在韓日本人のレイプ被害の拡大に影響を及ぼしていること。ベトナム戦争でも、第二次大戦時に活躍した、性ブローカーのような業者や、韓国兵自身によるレイプにより、沢山の戦争孤児が生まれたことなどに繋がっていると思います。

    歴史の時間軸で説明し、そもそも江戸時代~近代日本には性奴隷は存在しないということを説明することが大切ではないかと思います。

    それでは、頑張ってください。


  10. 佐柄英人 says:

    続けての投稿失礼いたします。

    日本の将棋と朝鮮将棋との違いを例に上げて、そもそも日本では戦争に負けても武士は武士であり、奴隷になることはないこと、将棋の様に相手の駒としてまた活躍すること、武士の娘、妻も性奴隷にされることはないことを説明しては如何でしょうか。

    たとえ死罪になったとしても、切腹という特別な死に方が許されていたこと、日本の武士道精神をアピールしては如何でしょうか。

    この精神から、日本統治下の台湾、東南アジア、韓国における教育がどの様に行われていたかも述べるべきではと思います。特に韓国では、京城帝国大の創立など、決して韓国人を粗略に扱ったりはしていなかったことをアピールしては如何でしょうか。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>