オバマ大統領府からの返答 [ 米国下院 慰安婦決議121号 撤廃 請願 ] 他慰安婦問題関連

皆様に署名のご協力をいただいてきましたオバマ大統領府への請願「下院121号決議を撤廃し韓国のプロパガンダと嘘による国際的嫌がらせの助長をやめることを請願します」
http://wh.gov/lBwa
に対し2014年11月22日(土)ホワイトハウスから返答が届きました。

返答に対してここから意見を送れます。

ここをクリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓
Tell us what you think about this petition response and We the People.

是非皆さんの意見を送ってください!

*******************************************************

OFFICIAL THE WHITE HOUSE RESPONSE TORepeal the House of Representatives Resolution 121 to stop aggravating int’l harassment by Korean propaganda & lies!

Response to We the People Petition on House of Representatives Resolution 121

Thank you for your petition on House of Representatives Resolution 121.

The trafficking of women for sexual purposes during World War II was an egregious violation of human rights.  As President Obama has said, “it is in the interest of both Japan and the Korean people to look forward as well as backwards and to find ways in which the heartache and the pain of the past can be resolved, because…the interests today of the Korean and Japanese people so clearly converge.”  We encourage Japan to continue to address this issue in a manner that promotes healing and facilitates better relations with neighboring states. We also emphasize the importance of treating surviving women with dignity and respect.

Tell us what you think about this petition response and We the People.

【日本語】下院決議121号撤廃の請願に対するホワイトハウスの公式回答

下院決議121号への請願有難うございます。

第二次世界大戦中における女性の性目的の人身売買は著しい人権侵害でした。
これについてオバマ大統領は述べました。「未来を見つめ又過去を見つめること、そして過去の心の悲しみと心身の苦痛を解決する方策を見出すことは、日韓国民双方の利益です。なぜなら、今日、韓日国民の利益は明らかに一致する方向にあるからです。」
我々は、この問題が近隣諸国との関係修復を促し、より良好な関係を容易にする形で発信され続けるよう、日本に対し奨励します。
また、生存している女性に対し、尊厳と敬意をもって処遇する重要性も強調します。

この回答に対するご意見はこちらへどうぞ

*******************************************************
<参考>
Press Conference with President Obama and President Park of the Republic of Korea
http://www.whitehouse.gov/the-press-office/2014/04/25/press-conference-president-obama-and-president-park-republic-korea

米国下院慰安婦決議121号 [原文(英語)]  [日本語]

*******************************************************

 

2014年11月22日付け
ホワイトハウスから他の請願に対しての回答

 

OFFICIAL THE WHITE HOUSE RESPONSE TO Remove the monument and not to support any international harassment related to this issue against the people of Japan.

Response to We the People Petition on Memorials and Street Names in New York and New Jersey

Thank you for your participation in the We the People platform on WhiteHouse.gov. In general, local governments, not the federal government, have jurisdiction over issues such as street names or the placement of memorials in local parks. We refer you to local officials in the states of New Jersey and New York for more information.

Tell us what you think about this petition response and We the People.

*******************************************************

 

OFFICIAL THE WHITE HOUSE RESPONSE TO Remove offensive state in Glendale, CA public park and 1 other petition

Response to We the People Petition on Glendale, CA

Thank you for your participation in the We the People platform on WhiteHouse.gov. In general, local governments, not the federal government, have jurisdiction over issues such as street names or the placement of memorials in local parks. We refer you to local officials in the state of California  for more information.

Tell us what you think about this petition response and We the People.

【日本語】
地方の公園の記念碑や、ストリート名などの問題は連邦政府ではなく、地方政府の管轄なので、各州(NJ,NY,CA)に問い合わせてください。

62 thoughts on “オバマ大統領府からの返答 [ 米国下院 慰安婦決議121号 撤廃 請願 ] 他慰安婦問題関連

  1. カッパ says:

    大人しい日本人は人権屋には勝てないのか。
    日本人の人権はどうでも良いのか。
    人権屋はタブーを作り出し、事実上の言論弾圧する。


  2. 真珠湾 says:

      民事であれ、刑事事件であれ、いずれも証拠が必要である。特に、個人の供述・証言は、反対尋問がなければ証拠とはなり得ない。韓国が主張する慰安婦問題は、「軍による強制連行」が前提であるが、それは、朝日新聞が虚偽であったと断定し、謝罪している。河野談話は、韓国側の要請で作成された政治文書であったことが、日本政府の検証で明らかになっている。
      広島、長崎への原爆攻撃、東京大空襲等は、女・子供・老人等をターゲットとした大虐殺であり、20世紀における人類史上最大の戦争犯罪で有る。この証拠は、日米双方に存在している。しかし、韓国が主張している慰安婦問題については、日韓双方に証拠は存在していない。下院決議第121号の内容は、如何なる証拠に基づいて可決されたものなのか。証拠に照らして再検証し、証拠が見つからなければ、日本及び日本国民に明確に謝罪しなければならない。
      以上は、昨日ホワイトハウスに送った意見書の内容(要旨)です。

     


    • とんちゃん says:

      > 如何なる証拠に基づいて可決されたものなのか。

      議会調査局の報告書がありますけれど、お読みになっていなかったのですか?


    • ろく says:

      簡潔でありながら、素晴らしい説明文ですね。
      この反論文を参考にさせて頂きます。


  3. 開運満足 says:

    慰安婦問題に対して主張をするときに、「強制連行」だけではなく「人身売買」についても日本の官憲は係わっていないことを主張する必要がある

    南朝鮮の慰安婦問題のアピール方法というのは、強制連行を日本に対する議論の対象にして置いて、国際社会には人身売買を訴えるというやり方です。”sex slave”と言う言葉は、このような策略で慰安婦を指す言葉として使われているのです。
    つまり、”sex slave”と言う言葉は、人身売買の結果としての慰安婦を指す言葉として”comfort women”と言う言葉に置き換えて英語圏で使われているのです。
    はからずも今回の回答で、米国ホワイトハウスまでもが、南朝鮮の宣伝に騙され、日本の官憲が人身売買にかかわっていたと思い込んでいることが分かったといえるでしょう。

    だからこそ慰安婦問題に対して主張をするときに、「強制連行」だけではなく「人身売買」についても日本の官憲は係わっていないことを主張する必要があります。
    このことは、あちこちで主張しているのだが、誰も気に留めていないらしい。残念なことです。
    この一文を外してはならないと、もう一度主張させていただきます。
    『日本の官憲は「強制連行」だけではなく「人身売買」についても係わっていない』

    中韓の反日プロパガンダとしての「従軍」慰安婦というのは日本の官憲が「強制連行」や「人身売買」に積極的に係わったとするものであり、事実と異なる主張で受け入れられないものです。
    他の国もやっていたのに、日本軍だけが、特別な事をやっていたかのように悪意を持って宣伝されていることです。
    諸外国も軍の管理下における売春制度は、性病管理や諜報防止の必要性があり、一定程度の統制された管理下におく必要があったと思われます。共通の問題を抱えていたはずなのです。
    我々は、あったこととなかったことをきちんと区別して、慰安婦問題が特異的に日本にだけ生じた問題ではなく、普遍的な問題であるという点を説明していくこと。
    日本の官憲は、その管理の網から漏れる例があったことは否定できないまでも、兵と慰安婦にとっての当時として最善の制度上、運用上の管理責任を果たそうと努力していたこと。
    このことを国際社会に訴えていくことが必要と考えます。

    Don’t target only the comfort women for the Japanese military people based on the fabricated stories on them!
    Japanese authorities NEVER used its power to force a woman to be a prostitute or a comfort woman NOR stepped in any type of flesh trade. In fact Japan STRICTLY PROHIBITED any kind of human trafficking.
    The applicants for comfort women must have applied on their own will by statute.

    However, there existed not a few cases that the parents sold their daughters to greedy merchants and false recruitment by evil merchants in those days (many of them were Korean mafias). Japanese authorities had striven to crack down on these criminal acts and these evidences are found many by historians. The researches made by the Japanese government and specialists have proved that those comfort women were NOT abducted by Japanese military people.


  4. 石川 says:

    グレンデールもNJも結果的に現状を認める回答になっているのが残念です。
    121号については、政治的意味の強い回答だと思います。
    ホワイトハウスあての意見サイトにアクセスしたところ、ホワイトハウスからの個別の回答についてというより請願制度に関する意見欄のようですね。
    とりあえず次のように意見をだしておきました。
    The White House response seems to make it clear that the interest of USA is more important than the historical truth. I am disappointed by the political and diolomatique responses, relying on only Japanese efforts. 今回の回答により、重要なのは歴史的真実ではなくアメリカの国益であるということが明白になったように思われます。回答は政治的外交的であり、日本のみに努力を求めていることに失望しました。


  5. 欧米世論を味方に says:

    ケント・ギルバート氏が、著名な米国人ジャーナリストであるマイケル・ヨン氏と連絡を取り、彼が発表した記事を日本語に翻訳して紹介しています。是非下記リンクをご覧下さい。
    これから情報戦を戦う上で非常に心強いですね。感謝です。

    http://ameblo.jp/workingkent/entry-11958461771.html


    • とんちゃん says:

      ヨン氏は、グリーン・ベレーの帽子をもらうやいなや酒場に行って喧嘩で人を殴り殺したので、軍は、除隊までの6ヶ月のあいだは、ヨン氏を「余剰品」としたとのことです。それで、軍務についたのは短期間で戦闘に参加したことはないのですが、人の殺し方は知っているとのことですから、頼もしい人です。

      中東では、倫理規範に違反し、作戦の機密を侵すからということで、いくつかの部隊から従軍を解かれ、もう別の部隊で従軍するために中東に帰ることは許されないはずだとのことです。そこで、タイにおられるようですが、タイからニュースを発信してもあまりお金にならないと思いますから、お金さえ出せば日本のために発言してくれるとおもいます。

      ヨン氏は、読者を得るためだけに、事実とニュースを捏造するいかさま記者だそうですから、日本人の喜ぶ記事を書いてくれると思います。

      一度次の記事を読んでください。

      http://www.blackfive.net/main/2011/10/michael-yon-vs-professional-soldiers-and-the-winner-is.html

      このような記事は Web にたくさんあります。


      • hopeless pacifist says:

        もしあなたが、マイケル・ヨンによる2009年2月の以下の英文レポートから、ヨンが「読者を得るためだけに、事実とニュースを捏造する」記者と解釈したのなら、全くの間違いです。実際の英文では、ヨンはそうした記者を痛烈に批判しています(英文の一人称のIとはヨンのことです)。
        Anytime I deliver bad news, such as back in 2006 that we were losing the war in Afghanistan while nearly everyone “knew” we were winning, there results an avalanche of criticism and insults, along with a decline in readership and support. But that’s the way it goes. If a writer wants to make money, he should avoid truth and tell people what they want to hear. Yet to win the war, tell the truth.
        またあなたは、Blackfiveというmilitary blogの「記事を一度読んでください」と書いていますが、このBlackfiveが、どのような政治的スタンスのブログであるかご存知ですか。また、あなたが「一度読んでください」と引用したブログの記事で、何が議論されているのか、あなたはきちんと理解されていますか。理解されているなら、あなたの理解を教えていただけますか。


        • とんちゃん says:

          この記事の返信はアフガニスタンのカブールのにある NATO の International Security Assistance Force Public Affairs Office(ISAF PAO) の職業軍人からのものです。コメントの内容からすると。彼・彼女達は従軍記者であったヨン氏と行動を共にしたことがあったようです。

          最初に引用されているのがヨン氏宛の手紙として書かれたコメントです。そこには次のようなことが書かれています。

          “I have to really wonder about your motivations. To me you are no better than the sleazy reporters who make up their own news and facts just to be heard. ”

          「私には、貴殿(ヨン氏)の動機がわかりません。私にとっては、貴殿は、ただ人に聞いてもらうために、ニュースをでっちあげるイカサマ記者と同じです。」

          この記事にはこれと同じようなコメントがいくつかあります。さらに、同様なことをいっている他のWeb記事もあります。

          次にあげるのは、もう少し穏やかにヨン氏の問題を指摘しているLAタイムズの記事です。

          http://articles.latimes.com/2006/feb/09/nation/na-yon9


        • yukienakagawa says:

          書かれている内容が正しいかどうか、ご自分で判断できないのですか?情け無い。


  6. Kanasiina says:

    〉生存している女性に対し、尊厳と敬意をもって処遇する重要性も強調します。

    おかしいですね…日本は
    財団法人
    女性のための
    アジア平和国民基金
    で彼女達売春婦に
    尊厳と敬意を持って
    処遇しましたよ?
    従軍慰安婦がいたのは事実。
    だけど日本軍が強制連行したという
    学問的な証拠はありません
    ほとんど曖昧な証言だけです
    そんな曖昧なものを信じて
    日本の証拠を信用しないのは
    逆に日本に対する
    差別ではありませんか?
    公平を求めます!


    • とんちゃん says:

      強制連行については、オランダ政府によるバタビア軍事裁判の報告書、アンボン島における強制連行が記されているの本軍将校の手記があります。さらに、アジア女性基金野サイトの記事と報告書には、これ以外の強制連行の例がいくつか記されています。

      スマラン事件以外の日本軍部隊による強制連行事件の信頼できると思われる資料には、被害者の証言以外にも下記のようなものがあります。

      ***

      林博史『極東国際軍事裁判に各国が提出した日本軍の「慰安婦」強制動員示す資料(7点)
      http://space.geocities.jp/ml1alt2/data/data5/data5-04.htm#02

      林博史先生のあげている 【資料3】(PD5591/EX1794)インドネシア・モア島 オハラ・セイダイ陸軍中尉の宣誓陳述書 については、アジア女性基金基金のサイトにある次の報告書でも簡単に言及しています。

      (つづく)


    • とんちゃん says:

      日本占領下インドネシアにおける慰安婦-オランダ公文書館調査報告
      http://www.awf.or.jp/pdf/0062_p107_141.pdf

      「ここでも強制売春の戦犯裁判ケースがある。モア島の慰安所には5人の少女が、近隣のセルマタ島から連れて来られていた。彼女たちは、父親たちが憲兵隊に向って反抗行動をおこしたということの罰として連れてこられ慰安婦として働かされた。この慰安所の開設者だった日本人将校の説明から、彼女たちは1944年9月から8週間この慰安所に入れられていた。合計25人の男性がこの慰安所を使ったらしい。慰安所にはこの5人に加え、1人の少女の合計6人がいた。」

      オランダ公文書館の資料調査は、河野談話の作成に先立ち行われたものとおもいます。

      http://www.awf.or.jp/pdf/0170.pdf

      ***

      米国人宣教師であったミニー・ヴォートリンの日記には、次のような1937年12月の南京での出来事が記されています。

      16日 丘や街路から時折銃声が聞こえ、夜、少女たちがトラックに載せられて「助けて」と叫びながら通りすぎていくのを目にした。

      17日夜 キャンパスに大勢の日本兵がやってきて中国人の使用人を正門付近へ連行し、尋問を装ってヴォートリンら学院の責任者を拘束している間に、通用門から女性12人が連行される、という事件を体験した。日本兵が校舎に入るのを阻止しようとした際にヴォートリン自身も殴られ、また尋問に際して銃撃の恐怖にさらされた。

      19日 教職員宿舎内で少女が強姦されている現場に駆け付け、兵士を追い払うという「ぞっとする話」を体験をした。

      20日 日本軍の高級将校らが視察に訪れている最中に日本兵2人が女性を連行しようとしたのを引き止めたが、将校は兵士を叱責しただけで放免した。

      同日夜 昼間の視察の影響もあってか憲兵が25名も派遣されてきた。その憲兵が女性2人を強姦する事件が起きた。

      24日には日本軍の師団の高級軍事顧問が訪れて避難民1万人の中から売春婦100人を選別することを要求し、兵士が利用するための正規の認可慰安所を開設することができれば、強姦事件はなくなるだろうと説明し、21人を選別していった。

      (つづく)


      • 774 says:

        その調査報告書は政治的な傾向があり、日本では売春が違法という間違った記述もあると翻訳者が注意喚起しています。

        また翻訳者が解説の中で、オランダ軍がインドネシアで慰安婦施設を設置運営していた。日本人娼婦をオランダ軍が管理していた例があり、このオランダ軍のシステムを日本軍がシベリア出兵の時に取り入れたようです。

        都合の良いところだけ切り取ってこないで全体像を見る努力が必要だと思いますよ。


      • yukienakagawa says:

        日本軍が組織として行なったのではないですね。もしそれが朝鮮軍兵士でなかったとしても、兵士ですよね。個人の軍規を逸脱した行動ということです。一人の警察官が痴漢をしたら、警察という組織は悪い組織だと言いますか?札幌市役所の主任が部下に命令し部下と共に汚職をし、そのお金で部下と飲み食いしていたことが発覚したら、札幌市は悪の組織だと言いますか?もちろんこの主任は罰せられますが、札幌市役所の職員全員が犯罪者になりますか?なぜ、旧日本軍だけ一人の犯罪者がいたとしたら、組織全部が悪の組織と言うのですか?お答えください。


    • とんちゃん says:

      (禾晴道『海軍特別警察隊 アンボン島BC級戦犯の手記』1975年)

      海軍特別警察隊(憲兵に相当)の禾(のぎ)晴道中尉の手記です。禾中尉が自ら「慰安婦狩り」と題する項目には、海軍司令部が慰安婦を強制的に徴集することを容認した命令を出し、それに応じた政務隊(民政警察)が住民の強い抵抗の中で女性たちを強引に船に乗せたことが記されています。

      結局女集めは民政関係の現地人警察を指導している政務隊(民政警察)におしつけられ、副官が中心になり、特警隊は協力し、各警備隊・派遣隊もできるだけ候補者のリストをだして協力することになった。

      民政警察の指導にあたっていた木村司政官が敗戦後、戦犯容疑者として収容されたとき話してくれたが、その時の女性集めにはそうとう苦しいことがあったことを知った。

      「あの慰安婦集めには、まったくひどいめに会いましたよ。サパロワ島で、リストに報告されていた娘を強引に船に乗せようとしたとき、いまでも忘れられないが、娘たちの住んでいた部落の住民が、ぞくぞくと港に集まって船に近づいてきて、娘を返せ!娘を返せ!と叫んだ声が耳に残っていますよ。こぶしをふりあげた住民の集団は恐ろしかったですよ。思わず腰のピストルに手をかけましたよ。思い出しても、ゾーッとしますよ。敗れた日本で、占領軍に日本の娘があんなにされたんでは、だれでも怒るでしょうよ」。

      わたしは、そこまで強制されたとは知らなかった。特警隊からも売春容疑者を捕らえて、収容所に送って協力いていた。それは犯罪容疑者として捕らえていた。

      (つづく)


      • 774 says:

        さっき祖母の戦争体験を聞く番組やっていた。ハルピンでソ連軍が侵攻。毎晩、ドアを叩いて日本人女性を強姦にやってくる。ドアを開けないと銃弾を打ち込まれるから開けざるを得ない。女優をやっていて本当に良かったと孫に祖母は語る。白髪に染めてシワを描いてソ連兵を騙した。1年間こうやってやり過ごして帰国したという。騙せなかった日本女性はみなソ連兵に強姦されて殺されたか、自殺した。

        慰安所作っていればこういう被害はない。なんで、日本女性が違法に強姦された問題を追及しないんだろうね。従軍慰安婦も日本女性が多い。

        占領軍慰安婦も多数いた。進駐時に一般人への強姦が多発、神奈川県では女子校は休校になった。GIベイビーと言われた私生児混血児は30万人とも言われる。占領軍は報道管制を引いて、新聞には載らなくなった。オランダの資料調べる努力より、検閲された占領時代の資料を探したらどうなんだ?
        日本人で慰安婦問題で日本と日本政府を追及している人達は、日本女性の被害は一切無視。外国政府を追及しない。精神を病んでいるとしか思えない。


    • とんちゃん says:

      インドネシアのジャワ島で、日本軍部隊が「日本に送って教育する」といって娘達を募集したので、地域の有力者がきそって娘達を応募させたところ、少女達はインドネシアの他の島、例えばブル島、やタイに送られ、そこで慰安婦にされたということを、インドネシアのノーベル賞候補になった作家が書きました。

      日本国政府がこの本の出版をやめさせるようインドネシア政府に働きかけた公電があります。そして、この本は実際に発禁になりました。

      次の記事は、別の人物によるブル島の慰安婦いついての証言です。

      http://theglobal-review.com/content_detail.php?lang=en&id=3083&type=13#.VJKdpIHTnox

      http://theglobal-review.com/content_detail.php?lang=en&id=3083&type=13#.VJKAhYHTnox

      この講演を行った人の兄は、インドネシア政府により国民的英雄とされているそうです。

      講演者の兄は、始めは日本軍が組織した民兵組織に加わりますが、そこで見た現地人労務者の扱いがあまりにもひどいので集団で日本軍に対して反乱を起こします。しかし、反乱は鎮圧され、兄をはじめ、弟である講演者、両親、そして妹達は日本軍により刑務所にいれられます。そこでは、兄が反乱を起こしたということで、家族は日本軍の憲兵からひどい扱いを受けます。

      私は、日本兵はインドネシアの独立に貢献したとだけ思っていましたので、アジア女性基金の報告書のひとつに、インドネシアで日本軍に対して反抗した人達の娘達が強制的に慰安婦にされたという記述を読んだとき、そのようなことがあったのかと疑問におもいましたが、この記事を読んでその疑問が解けました。

      彼の話では、オランダの支配下では管理もうまくいっていたので、インドネシアは永久に独立できなかったろう。ところが、日本軍は残虐であったが戦争のやり方を教えてくれたのでインドネシアは独立できたと、冗談を交えて語っています。

      ***

      吉田証言にある済州島における強制連行が虚偽であったことが判明しても、フィリピンやインドネシアにおけるいくつかの強制連行事件が起きました。


      • MP says:

        資料のひとつにあげられている、http://www.awf.or.jp/ の

        財団法人女性のためのアジア平和国民基金理事長

        http://www.awf.or.jp/preface.htm

        は、前内閣総理大臣の村山富市なのですね。良心的日本人として中国や韓国では随分人気があるようですが。。。

        戦中、日本軍として戦った朝鮮人がいたという事実はご存知ですか?


      • 774 says:

        >兄は英雄
        あなたが思っているんだろうけど日本に反抗したから英雄になったわけじゃないかもね。
        このインタビューの題名は、慰安婦じゃなくて、「日本の残虐行為は実際は極めて稀だった」であり、最後は日本軍の訓練のおかげで独立戦争で勝てたで終わっている。占領支配され、刑務所に入れられていた人の証言としては、日本に好意的なもの。

        慰安婦が看護婦として連れてこられたというのは、第三者の証言。慰安婦本人からは「恥ずかしいから故郷に戻りたくない」と聞いただけで、日本軍が連行したなどの証言はない。経緯は不明。

        日本は戦争のやり方をおしえてくれた。そのおかげで独立できたという「冗談を語った」とあなたは書いているけど、どこにも冗談で語ったという記事は無いんだけど。自分がどんな捏造をしているか気がつくべきだね。インドネシア独立戦争の経緯、現在のインドネシアの対日感情、一つでも知っていればこういう恥ずかしい誤読は起きない。


        • とんちゃん says:

          > 「日本の残虐行為は実際は極めて稀だった」であり、最後は日本軍の訓練のおかげで独立戦争で勝てたで終わっている。

          “unusual” は「稀である」でなくて、「異常である」ということです。具体的にはやたらに殴ったことしか書いてありませんが、「日本軍の植民地支配における残虐さは異常であった」と書いてあります。別の人の証言では、小学校でも毎日最低5回は殴られたそうです。それから、インドネシアの教科書には、日本軍の占領時代は、歴史上最悪だったと記されているそうです。

          「日本軍の支配のおかげで独立できた」というのは、半分皮肉です。オランダが支配していたときは、管理も行き届いていたので、反抗心がわかなかったけれど、日本軍の支配はあまりにも残酷であったので、それに反抗して独立する気になったということです。ただし戦争のやり方は日本軍から学んだというのは本当です。


          • 欧米世論を味方に says:

            >別の人の証言では、小学校でも毎日最低5回は殴られたそうです。それから、インドネシアの教科書には、日本軍の占領時代は、歴史上最悪だったと記されているそうです。

            伝聞は、証拠としての価値はゼロです。

            >オランダが支配していたときは、管理も行き届いていたので、反抗心がわかなかったけれど、日本軍の支配はあまりにも残酷であったので、それに反抗して独立する気になったということです。ただし戦争のやり方は日本軍から学んだというのは本当です。

            オランダの「行き届いた管理」、これこそが究極の植民地支配というのですよ。「日本の支配はあまりにも残酷であったので、それに反抗して独立する気になった」ですって?こんな反抗的で危険なインドネシア人に何故日本がわざわざ「戦争のやり方」を教えたんですか?
            とんちゃんさん、あなたが植民地支配をする側だったら、現地人にわざわざ戦争のやり方を教えるメリットをどう説明しますか?
            日本がいくら憎かろうと、根拠のない伝聞や思い込みで日本国を誹謗中傷するのはもうおやめなさい。
            文面を読む限り、あなたはかなりの本も読んでいて勉強家でおられるようなので、少しベクトルを変えて勉強なさることをお薦めします。


          • ednakano says:

            >オランダが支配していたときは、管理も行き届いていたので

            当時インドネシア現地の女性をオランダ人が強姦してもなんに罪もならない状態を監理が行き届いていると表現するんですか。
            少しは勉強して欲しいものだな。
            インドネシアの独立宣言が西暦ではなく皇紀で書かれていることは同説明するの?


        • とんちゃん says:

          > 日本軍が連行したなどの証言はない。経緯は不明。

          ブル島の慰安婦たちは、実はジャワ島の有力者たちの娘さん達でした。日本軍が、「東京で教育する」というので、土地の有力者達が進んで自分の娘を応募させたのです。

          娘たちも船にのったときは、日本の軍歌などを歌って意気揚々としていたそうです。しかし、すこしたって船員のひとりがどこに送られて、どのような「仕事」をさせられるか告げたとのことです。

          ブル島の慰安婦については、インドネシア人でノーベル賞候補にもなったプラムディヤ・アナンタ・トゥールによる「日本軍に棄てられた少女たち ――インドネシアの慰安婦悲話――」という本があります。


          • MP says:

            とんちゃんさんがどんな事を書いても、ここに集う日本を愛する人たちを納得させるのは無理だと思います。なぜなら公平性に欠けるからです。『日本は全てにおいて悪、韓国は全てにおいて善である』ということはありえません。(恐らく韓国内においては通用するのでしょう。)

            韓国政府は、慰安婦問題にしても、日本軍は非難するくせに、韓国軍・米軍慰安婦に関しては見事なダブル・スタンダート、全く異なる対応をとっていますね。

            韓国軍慰安婦
            http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9F%93%E5%9B%BD%E8%BB%8D%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6

            慰安婦と支援団体は、第二次世界大戦時の日本軍慰安婦と同様に韓国政府は謝罪と賠償をするべきと訴えている。現時点ではまだ米国を訴えてはいない[69]。当時の朴正煕大統領が直接管理していたとする指摘もある[70]。
            2014年12月19日にこの訴訟に対する初公判が開かれたが、政府側弁護人は「慰安婦個々人の訴えが真実だと立証されない限り、政府の責任は問えない」と訴えた。それより前、日本軍慰安婦については「生きているおばあさん達の肉声の訴えが証拠そのものだ」と韓国政府高官が公言していた[71]。


  7. 真珠湾 says:

      在東京の米国大使館宛に、明日、12項目の慰安婦問題に関する質問状を郵送にて送りますが、7項目目に書いたのが、次の内容です。
     最近、貴国の有名なジャーナリストであるマイケル・ヨン氏によって、驚くべき重大な事実が明らかとなりました。それは、2007年4月に米国議会宛報告された「ナチス戦争犯罪と日本帝国政府の記録の各省庁作業班(IWG)アメリカ議会あて最終報告」です。
     それによれば、米国政府は7年間の期間と3000万ドルもの資金を投じて、日本に関して捕虜虐待、民間人殺傷等、5項目について、国防総省、中央情報局等に対し、大規模な調査を命じ、その結果を公表するよう指示していたと言うものです。
     その中にあったのが、「日本軍による性的目的のための組織的奴隷化」という項目です。しかし、これだけの期間と莫大な費用を投じながら、慰安婦関連の文書等の発見は一つとしてなかったという事実です。これは、日本側からすれば、当たり前の調査結果ですが、米国政府は、何故この報告書の内容を世界に向けて公表しないのでしょうか。この重大な報告が議会宛に報告されながら、米国の議員がこれを読んだとは思われません。これは、3ヶ月後に米国下院で可決された慰安婦決議の内容を見れば直ちに明らかになることです。
     なお、最後の12項目目には、米国内で起きている日本人及び日系人に対する在米韓国人及び米国人による民族差別行為に対し、米国政府の対応を質しています。


    • とんちゃん says:

      ヨン氏は酒場での喧嘩で人を殴り殺したり、従軍記者であったときはデタラメな記事を書くので米軍から締め出されています。ですから、彼の書く事を真に受けると恥をかきます。

      > 慰安婦関連の文書等の発見は一つとしてなかったという事実です。

      IWGの調査は、新しく公開された文書だけが対象でした。以前に公開されていた慰安婦関連の文書はあります。戦中および終戦時には米軍は慰安婦に興味が無かったので、まともな調査をしなかったと別の報告書にかいてあります。

      > 米国政府は、何故この報告書の内容を世界に向けて公表しないのでしょうか。

      報告書は公開されています。私は、2・3年前に731部隊について調べていたときに読みました。731部隊についてはたくさんの資料があります。

      > これは、3ヶ月後に米国下院で可決された慰安婦決議の内容を見れば直ちに明らかになることです。

      議会調査局の報告書を読んでください。

      > 米国内で起きている日本人及び日系人に対する在米韓国人及び米国人による民族差別行為

      これは。デマとおもわれます。


      • MP says:

        良心的日本人として中韓に人気のある村山富市氏を支持する貴方に、ここに集う日本を愛する人達を納得させるのは無理だと思います。

        旧社会党は、北朝鮮による日本人拉致はデマだと言ったのですよ。今、リアルタイムで在米中国・韓国人による、日本人への差別も同じくデマと断言されるのですね。


        • とんちゃん says:

          > 今、リアルタイムで在米中国・韓国人による、日本人への差別も同じくデマと断言されるのですね。

          これについては、日本領事館は通報を求めていますが、4ヶ所の領事館に電話したところ、通報は一件もないということでした。また、日本領事館、日本人学校の関係者、新聞記者などが調べても、具体例は一件も見つからなかったそうです。

          具体例を知っている人がいましたら早急に外務省に連絡してください。


          • MP says:

            青山繁晴氏や、産経新聞で既にとりあげられています。朝日新聞以外は信じないというスタンスですか?

            とんちゃんさんは、日本と日本人と日本軍を非難することに懸命ですが、韓国がベトナムでした虐殺、米軍慰安婦・韓国軍慰安婦も同じく非難すべきだと思います。でないとフェアではないですよね??


          • 774 says:

            あなたが連絡したら?
            集会やらインタビューやらたくさんあるでしょう?
            外人ならインタビュー記事だけであなたは事実だと主張するが、日本人の発言や日本の新聞の記事だと、事実とは認めない。あなたは日本人なの?


      • 774 says:

        1944年のビルマでの慰安婦尋問記録がありますよ。いまでは誰もが知っている。あなたも知ってるでしょう?
        米軍による詳細な聞き取り調査。

        「興味がないからまともに調査しなかった」というのは嘘。分かっていて、書くかね。

        自分達も利用してたから調査しなかったというのなら、そうかもしれないと思うが。


      • amaterasu says:

        デマではありません。私が被害者ですから、はっきりそう言えます。


        • とんちゃん says:

          日本領事館もしくは外務省に連絡されましたか?

          いじめの内容、いじめに対する対応、地域もしくは市の名前だけでも教えていただけませんか?


  8. 真珠湾 says:

      戦後、GHQによる検閲を受けて以来、これまでの方針を一転させて反日・侮日報道に邁進してきた朝日新聞。その朝日新聞が日本及び日本人を貶めるために意図的に仕掛けてきたのが、捏造慰安婦問題です。これについて、朝日新聞は、昨年8月5日の新聞紙上で32年間にわたる吉田清治に関わる新聞報道等を虚偽であったと断定し、謝罪はしましたが、「日本軍が朝鮮人女性を強制連行し、性奴隷とした」との大嘘は、今なお真実であるかの如く世界で宣伝され、日本及び日本人の名誉と誇りを徹底的に傷つけているのが実態です。
     この捏造慰安婦問題を他国を利用して推進しているのが、韓国という異常国家で有り、これに実質的に加担しているのが我が国の同盟国とされる米国です。その米国が、慰安婦問題で韓国に加担している以上、当然、米軍自身が1944年にビルマにいた朝鮮人慰安婦からの聞き取りをまとめた調査報告書を読んでいるはずですが、オバマ大統領の韓国での発言からは、それを窺い知ることは出来ません。
     そのような中で出てきたのが、当方が米国大使館宛提出した質問状の中で記した米国人ジャーナリスト「マイケル・ヨン」氏の活動です。この事について、産経新聞ワシントン客員特派員の古森義久氏は、今月発行の正論2月号で、「「性奴隷」の冤罪を証明するアメリカ政府調査報告のインパクト」と題した記事を書き、その中で「慰安婦関連の文書の発見も報告も、何と皆無だったのだ。」とした上で、「アメリカ側の既に公開されていた文書でも日本の慰安婦の組織的強制連行や性的奴隷化を証明する証拠は何も出ていないのである」と述べています。そして、この報告書を武器に、下院決議や国連報告書の撤回を求めているのです。
     ベトナム戦争において、韓国軍が犯した残虐非道な戦争犯罪には沈黙をして、謝罪も賠償もせずにいながら、嘘と捏造でしかない慰安婦問題を未だに主張し、謝罪と賠償を求めている野蛮国家、韓国。このような国に未来はありません。
     韓国による嘘と捏造を徹底的に打破し、日本及び日本人の名誉と誇りを取り戻すことを、当方は、今年も「なでしこアクション」を中核として、微力ながら頑張って行きたいと考えています。日本及び日本国民を護るのは、結局は日本人しかいません。そのことを深く肝に銘じておきたいと思います。


    • MP says:

      残念ながら、日本人の振りをして反日活動にいそしむ人間は何処にでもいるのですね。

      慰安婦問題の発端となった吉田清治もどうやら日本人ではないようです。

      行橋市市議会議員 小坪しんや氏のブログ
      【背乗りの疑い】慰安婦問題を巻き起こした、吉田清治氏は死亡していたとの報道。
      http://samurai20.jp/2014/09/comfortgirl-5/


    • とんちゃん says:

      > 米軍自身が1944年にビルマにいた朝鮮人慰安婦からの聞き取りをまとめた調査報告書を読んでいるはずです

      この報告書について詳しく調査した研究者がいます。まず、この報告書には、楼主と慰安婦の証言が混ざっていますの、矛盾したことが書いてあるのです。

      「慰安婦は軍に追随する売春婦だ」、「慰安婦は厚遇されていた」、「慰安婦はわがままである」といったこと「楼主」の証言とおもわれます。

      逆に、これらの証言と矛盾する次の証言は、慰安婦のものです。

      [「1942年5月初旬、日本の周旋業者たちが、日本軍によって新たに征服された東南 アジア諸地域における「慰安役務」に就く朝鮮人女性を徴集するため、朝鮮に到着した。この「役務」の性格は明示されなかったが、それは病院にいる負傷兵 を見舞い、包帯を巻いてやり、そして一般的に言えば、将兵を喜ばせることにかかわる仕事であると考えられていた。これらの周旋業者が用いる誘いのことば は、多額の金銭と、家族の負債を返済する好機、それに、楽な仕事と新天地――シンガポール――における新生活という将来性であった。このような偽りの説明 を信じて、多くの女性が海外勤務に応募し、2、3百円の前渡金を受け取った。』
       
      『自分の 「職業」が嫌いだといっており』

      『多くの「楼主」は、食 料、その他の物品の代金として慰安婦たちに多額の請求をしていたため、彼女たちは生活困難に陥った。』

      この楼主は、朝鮮で22人の女性を業者から買ったのだそうです。前渡金が200-300円ですから、業者からひとり300円で買ったとすると、22人で6600円ということになります。この額は、飲食業をしていた夫婦にはとても払えない額で、日本軍から出ていたと考えられるそうです。


    • とんちゃん says:

      > その中で「慰安婦関連の文書の発見も報告も、何と皆無だったのだ。」

      「米軍自身が1944年にビルマにいた朝鮮人慰安婦からの聞き取りをまとめた調査報告書」があるといって、「慰安婦関連の文書の発見も報告も、何と皆無だったのだ。」とはどういうことですか?

      IWGによる調査の対象は、新しく公開された米国の保持していた資料だけでした。既に、公開されていたものは対象になりませんでした。当時米国はアジア人女性が被害者であった日本軍の慰安婦には興味がなかったから、まともな調査はされなかったと別の報告書に書いてあります。

      「慰安婦に関する強制性や犯罪性を示す公的資料」としては、オランダ政府のバタビア軍事裁判の報告書や極東軍事裁判の告訴状があります。「公的」でないものには、もと日本軍軍人の手記、元慰安婦以外の現地の人達の証言、元慰安婦の証言などがあります。


  9. 日本は未だ占領下 says:

     台湾民政府の問題から、日本国はいまだアメリカの占領下にあることが明らかになったわけですが、KoreaとJapanの関係はどうなのでしょうか?

     私たちは、Koreaは講和条約によってJapanから独立したと思っています。
    しかし、独立したのなら、すべての権利を放棄する、との条文は妙な気がします(2条)。

     日韓併合条約に寄れば、韓国の皇帝が日本天皇に永久に譲与したのは統治権だけです。つまり領有権を含む残余主権は今も韓国皇帝(朝鮮王?)がもっているはず。

     日韓議定書で、日本は韓国皇室と独立、領土を確実に保障したわけです。
    日韓併合は、韓国防衛義務にいう上記に対する危険があるときの緊急対応とみることはできないでしょうか?
     日本は併合時において、もともと、朝鮮を将来は独立国とすることを視野にいれていたはずで、実際、台湾総督府は最終的に解体されましたが、朝鮮総督府は解体されませんでした。
     最終的に、イギリスとカナダのような関係で、朝鮮の独立を考えていたのでは?

     占領は主権を移転しない、との原則に立てば、現状、統治権は今も日本天皇、残余主権は朝鮮王がもっていることになるはず。

     このあたり、やはり軍事知識を奪われた私たちには理解困難ですが、アメリカ人エリートには理解容易なはず。弁護士さんに、ご確認いただけませんか?
     KoreaとJapanの関係が、私たちの常識と異なるなら、ホワイトハウスからの回答も全く違う意味をもつ可能性があります。
     まさに、この問題を通して、日韓両国が互いの関係に気づき、関係を改善するきっかけになるとか・・・・・。

     黒人であるオバマ大統領は、人種差別の結果である日本国の占領を終結させることを目指しているはず、と期待してるんですが。

    参考 (明治四十三年八月二十九日詔勅)
    前韓國皇帝ヲ册シテ王ト爲シ皇太子及將來ノ世嗣、太皇帝及各其儷匹ノ稱呼ヲ定メ竝ニ禮遇ノ件

    以上


  10. 60 says:

    朝鮮の領有権とか、なでしこさんの活動に関係ない話は自分のブログにでも書けばいいと思いますよ。


    • 日本は未だ占領下 says:

       理解力がある方にはお分かりと思いますが、グレンデール裁判にも直接関わってくる問題です。台湾民政府問題を含め、知られたくない反日勢力があるのは事実でしょうが。

       訴因追加について加えた歴史的問題がプレスリリースだけでは具体的にわかりませんが、ホワイトハウスからの今回の回答についての日本語訳が、領有権を含む問題を考慮に入れると全く違ってくる可能性があります。
       
       つまり、なでしこアクションに大きな影響を与えうるということです。 なでしこだけでなく、憲法改正論議について世界を巻き込む騒ぎになることに。

       憲政会館の方には参加したのですが、12月8日の会には参加できず残念でした。裁判について詳しくお伺いしたかったのですが・・・。

       以前とメールアドレスが変わりました。
      この問題について書き始めてから、パソコン妨害が凄まじくなりました。
      前アドレスにはアクセスできなくなりました。メールが消えるのは日常茶飯事。
      目の前でメールが消えることも、メールを送ろうとすると数字認証を求められることも。もしメールをいただいてたらごめんなさい。

       ちなみに、国連の敵国条項です。

      、第二次世界大戦中に「連合国の敵国」だった国が、戦争により確定した事項に反したり、侵略政策を再現する行動等を起こしたりした場合、国際連合加盟国や地域安全保障機構は安保理の許可がなくとも、当該国に対して軍事的制裁を課すこと(制裁戦争)が容認され、この行為は制止できないとしている[2]。
       
       日本は、放棄したとされる領土について、一切の権利、つまり領土だと発言する権利も放棄しているわけで、これが公の文書や政府公人の発言をふさいでいるわけです。チャンネル桜の水島さんは、少なくとも台湾に関してはご存知でした。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>