【署名ご協力御礼】パリ ユネスコへ反論書と反対署名を提出しました

<2015年8月3日記>
7月30日にパリのユネスコを訪問し、反論書・参考書籍と共に署名を提出いたしました。
産経新聞7月30日付
「捏造された資料」 ユネスコに反論書簡 日本の民間団体「南京」「慰安婦」中国の記憶遺産申請に異議

<2015年7月21日記>
7月20日までに集まりましたオンライ署名8,238と直筆署名を合わせ、いただいたコメントと共にユネスコ提出用に纏めました。
たくさんの署名、ご協力有難うございました。
signatures
*****************************************************************

中国が2014年、ユネスコ(国際連合教育科学文化機関/“United Nations Educational, Scientific and Cultural Organization)の世界記憶遺産(
Memory of the World)に「慰安婦性奴隷の記録」、「南京大虐殺の記録」資料を登録申請しました。

今年2015年の9月頃にその可否が決まる予定です。

このような記録がユネスコで一度登録されてしまえば、慰安婦性奴隷・南京大虐殺が史実であるかのように利用され、更なる慰安婦像建立や日本糾弾に繋がり、日本の名誉が貶められ続けることになりかねません。

これに対し、民間有志が藤岡信勝先生(拓殖大学客員教授)、高橋史朗先生(明星大学教授)らにご協力いただき、反論書を作成しました。

この反論書に「中国の記憶遺産登録反対の請願署名」を添えて、7月下旬にパリのユネスコに提出する予定です。
※7月20日までにいただいた署名をコメントと共に纏めます。

皆様の反対の意志を国際社会に直に届ける機会です。
署名が一筆でも多く集まりますよう、ご協力、何卒宜しくお願い申し上げます。

署名はこちらから

↓↓↓↓↓↓↓↓

chn.ge/1dMMXwT

image06_1

<参考ニュース>

夕刊フジzakzak 2015.6
中韓が「慰安婦」世界遺産登録を画策 断固阻止へ反対署名がスタート

産経 2015.6.10
【解答乱麻】慰安婦40万人…中国の「虚説」記憶遺産に反論を 明星大教授・高橋史朗

産経 2015.6.10
中国が記憶遺産の証拠として父撮影写真を無断申請、福岡の医師抗議 

62 thoughts on “【署名ご協力御礼】パリ ユネスコへ反論書と反対署名を提出しました

  1. komatsumasao says:

    CHINESE,KOREA IS ALL A LIE BE STUDY THE TRUTH.


  2. Takayuki Nomura says:

    世界にウソの歴史はいらない!!


  3. shoutarou katsumi says:

    韓国系団体が近いうちにこのようなことをやるらしい。
    http://www.sankei.com/world/news/150701/wor1507010020-n1.html
    政府には、これらの団体が韓国政府と一体となって活動していることを改めて認識し、毅然とした対応を取ってほしいものです。


  4. 日本市民 says:

    【ベトナム人少女らを騙して韓国軍施設の慰安婦に】
    有志の会が本記事を英文化してくれるかもしれませんので英文化されたら欧米の歴史学者、メディアなど国際社会へ発信しましょう
    ===
    ベトナム戦争時の韓国軍慰安所「売春宿、だまされて来た女性も」
    http://www.sankei.com/premium/news/150704/prm1507040011-n1.html

    韓国軍がベトナム戦争中(1960~75年)に南部サイゴン(現ホーチミン)に「慰安所」を設けていた-。「週刊文春」(4月2日号)が報じた米公文書の存在は、韓国内で波紋を広げた。韓国紙ハンギョレは朴槿恵(パククネ)政権に実態解明を求めた。日本統治下の慰安婦問題で日本政府を批判しながら、ベトナムで韓国兵が利用する「慰安所」を運営していたとの指摘に無視を決め込んでいいのかという疑問からだ。

     6月中旬、公文書に記されていたホーチミンの「韓国軍慰安所」を訪れた。

     市の中心部からバイクで10分。衣料品店が立ち並ぶディエンビエンフー通り沿いに公文書にある番地を見つけた。住民に尋ねると、向かい合って建つ2つの商店を指さした。

     「当時店の看板は『マッサージ』でしたが、実際は売春宿でした」

     現在は婦人服店と子供服店だが、外観は当時とほとんど変わらないという。子供服店の隣に住むグエン・マン・ダン(90)は述懐した。

    「支配人はがっしりした体格の韓国人のキムという人物で、韓国軍を辞めて店をやっていました」

     ダンによれば、キムは当時30~40代。2つの店は戦時中に営業し、若いベトナム人女性十数人が働いていた。ダンは断定を避けながらもこう語った。

     「所有者のベトナム人女性と韓国軍が一緒に経営していたと思いますよ」

     ベトナムの「韓国軍慰安所」について記した米公文書は、米軍がベトナム駐留韓国軍最高司令官、蔡命新(チェミョンシン)に宛てて、韓国軍士官らが関与した米ドルや米軍票の不正操作、米軍物資の横流しなどの経済事犯を通報した書簡だ。

     69年に作成されたとみられ、週刊文春でTBSワシントン支局長(掲載時)の山口敬之が報じた。

     韓国は65年から73年にかけて米軍に次ぐ規模になる約32万人をベトナムに派兵した。「青竜」「猛虎」などの主力部隊は中部に展開したが、司令部はサイゴンに置かれた。

    公文書は、米軍とベトナム通関当局による捜査結果として、事件に関わった韓国陸軍の大佐ら6人と米軍兵3人の実名を列挙。加えて、不正事案の舞台となったサイゴンと中部ダナンにある韓国系施設約10カ所の名称も明らかにした。

     捜査対象の中心となったのがディエンビエンフー通りの施設だった。韓国軍大佐ソ・ユンウォンが署名した書類を建物の所有者が提出しており、そのなかで「トルコ風呂(Turkish Bath)は韓国兵専用の慰安所(Welfare Center)」と説明されていた。

     バイクタクシー運転手、ボー・バン・マオ(58)は12歳のころ、施設の客用の駐輪所でアルバイトをしていた。当時のことを覚えているという。

     「店の前の道路には、軍用車両がよく止まっていましたよ」

     マオによると、店では米軍票と米ドル紙幣が使え、韓国兵も利用していた。通常は軍施設でしか通用しない軍票を、有利なレートで現地通貨や米ドルに交換するといったヤミ両替が行われていたとみられる。

    公文書は後の捜査で判明した事実として、施設について、38ドルで売春婦と一晩をともにできること、韓国兵以外の外国人も利用できたことも記してある。

     戦時中、歩兵部隊を率いていた元米軍将校は、施設を利用したことはなく伝聞だと断った上で、「慰安所は売春宿だった。それ以外の何ものでもない」と言い切った。女性たちについては「主にベトナムの地方出身者だった。貧困から家族によって送り出される場合もあれば、自発的にやってくる女性もいた。だまされて連れてこられた人もいただろう」と述べた。


  5. says:

    日本と日本人は、韓国が国として犯したベトナム戦争での慰安婦問題や虐殺問題についてベイナム人被害者に協力すべきです。韓国と韓国人や在米韓国人は日本人を批判するが自国と自国の国民の罪は不問なのか?
    まずベイナム人を日本に招き、在日韓国人や左翼がお得意とする外国人記者クラブの会見で証言してもらうべきでしょう。そして日本から世界にベトナム戦争で韓国がした戦争犯罪を告発すべきです。


  6. kazuma nagamoto says:

    僕たちの先祖たちに、今を生き、過去を知らないあなたたちが汚名を着せないでください。
    今を生きる私たちが考えるべきは今この現状を打破し、隣国としてあたりまえである関係を作ることだと思います。
    僕には、朝鮮人の友達もいるし、韓国にも行ってみたいと思っています。
    平和を望んでいます。
    この汚名は今を生きる僕たちが晴らすべきだと感じ署名させていただきました。


  7. shoutarou katsumi says:

    今度はシカゴに慰安婦像を建てようとしている。
    http://mizuhonokuni2ch.blog.fc2.com/blog-entry-11542.html
    世界遺産の件といい韓国にはもう関わりたくない。
    日本政府は本気で国交断絶を考えてほしい。


  8. Yohi.T says:

    こようなものを後世の日本に残してはならない。政府・官僚とも、言い訳がましい反論はもうやめて、外国人が残した一次資料も残されているわけだから、しっかり頭に叩き込んで反論してほしい。国際司法裁判所に提訴してもよい。これは戦争とも言えるものだ。中韓の病的対応にはうんざりしているが、これまでの政府の対応では戦えない。


  9. Kozo Okada says:

    嘘付き国家は許せません。


  10. yuko jinno says:

    真実を語る国が貶められ、捏造の歴史を真実のごとく語る中国と韓国が日本社会に影を落とす。恨みと嫉み強ければ、その国の落日は早い。
    和をもって貴しとする日本人の気持を見透かし、捏造のプロパガンダに走る哀れな国は一体何時まで暴走を続けるのか。
    自国の未来を生きる子供達の心を、恨みと嫉み憎しみで育てるとは、可哀想でならない。
    日本国の政府は、自信を持ってもっと声高に歴史の真実を語るべき。沈黙は美徳では無い。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>