あなたは南京戦後の記録を知っていますか?

English version click here

南京戦後の証拠記録

1. 戦争が終わった翌日の1937年12月14日正午から1938年1月までの間、南京周辺全てを撮影していた記録フィルム

 

2. ルイス・S・C・スマイス博士(金陵大学社会学教授)調査レポート「南京地区における戦争被害 1937年12月から1938年3月」
南京での死亡者数は最大2400人と記録されています。

「南京地区における戦争被害 1937年12月から1938年3月」調査レポート全文(PDF)

smythe_title

smythe_deth_1

Page7


PDF 45ページ目 日別 死傷者数
smythe_deth2_1

PDF Page45: NUMBER AND CAUSE OF DEATHS AND INJURIES BY DATE

smythe_reader

 

3. NYタイムズ、シカゴ・トリビューンの記事 1938年1月4日
アメリカ管轄の難民区に潜んでいた元中国軍大佐とその部下たちは、ある晩に難民キャンプから少女達を暗闇へ引きずり出し、翌日日本兵がやったのだと非難。
EX-CHINESE OFFICERS AMONG U.S. REFUGEES (Jan4, 1938)

【アメリカの南京キャンプの避難民の中に中国人脱走兵が発見される】
1938年ニューヨークタイムズの著作権
上海1月3日
アメリカの教授達は南京にある金陵大学に残っていました。避難民の福祉厚生委員会の外国人メンバーはそこで脱走してきた中国軍人大佐や直属の部下6名をかくまっていたことに気づいて、真剣にうろたえました。
中国の将校は南京からの退却中に自分たちが着ていた制服を脱いで、なんと大学の建物内の一つに住んでいたのが発見されたのです。
日本兵の捜索隊が建物内に中国兵所有の6丁のライフルと5丁の拳銃、下ろした機関銃1丁、弾薬一個を発見すると、中国兵は自身の身分を自供しました。
脱走兵は南京で強奪したことも自供しました。そればかりかある晩に難民キャンプから少女達を暗闇へ引きずり出し、翌日日本兵がやったのだと非難したのです。
戒厳令の元、前将校達は捕らえられ、おそらく処刑されるでしょう。

 

これらの記録に “南京大屠殺=南京での皆殺し” を見つけられますか?

 

*資料は松尾一郎氏(日中問題研究家・南京事件専門家)から提供していただきました。更に詳しくは松尾氏のサイトをご覧ください。

One thought on “あなたは南京戦後の記録を知っていますか?


  1. 本日、州議員の関係者から返信が来ました。
    ——————————————————-
    From: Harinder Malhi, MPP (Constituency Office)
    Sent: Saturday, February 25, 2017 6:04 AM
    To: ‘Ichiro Matsuo’
    Subject: RE: Do you know these records and Documents after battle of Nanking?

    Dear Ichiro Matsuo:

    On behalf of MPP Harinder Malhi, thank you for taking the time to copy our office on your message. I will ensure it is brought to the Member’s attention.

    With kind regards,

    Barbara Tait, Special Assistant

    Harinder Malhi, MPP Brampton Springdale

    Constituency Office

    905-495-8030

    Ontairo 150 logo for auto-signature 2017
    ——————————————————————
    [訳]
    松尾一郎様
    ハリンダー・ハルヒ州議員の為に、事務所へ貴方の主張(コピー)を送って頂いた事に感謝します。
    職員に対して注意してくれたことに対し保障します。
    敬具


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>