NYナッソー郡 第二の慰安婦記念碑 絶対反対!facebook & twitter & 手紙 抗議(2012)

第二の慰安婦記念碑 絶対反対!

facebook & twitter &手紙 抗議

NYナッソー郡長facebookに慰安婦記念碑反対のメッセージを送ろう!
https://www.facebook.com/edwardmangano
https://www.facebook.com/messages/edwardmangano
6月20日NYナッソー群アイゼンハワー公園に第二の慰安婦記念碑が建設されます。
ナッソー群長が除幕式に出ます。
慰安婦記念碑に日本人が反対していることを伝えましょう!
ご協力よろしくお願いします!
<参考サイト>サーチナ 【社会ニュース】 2012/06/14(木) 13:43
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0614&f=national_0614_051.shtml
『韓国光州市は11日、ニューヨーク州ナッソー郡に在米韓国人団体「韓米公共政策委員会」と共同で、
従軍慰安婦の碑を建設することを明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。
碑は6月20日にナッソー群アイゼンハワー公園に建設される予定。
実現すれば2010年10月23日にニュージャージー州パリセイズパーク市の公立図書館に設置された慰安婦
の碑に次ぐものになるという。除幕式にはナッソー郡長も参加する。 』
NYナッソー郡アイゼンハワー公園に第二の慰安婦記念碑が建設され、6月20日に除幕式が行われました。
この碑には”Nassau County Edward P. Mangano Executive”と、ナッソー郡長の名前が刻まれています。
韓国のプロパガンダ利用されているMangano郡長に、日本人が慰安婦記念碑に反対していることをfacebook ,twitter ,手紙で直接伝えましょう!

第二慰安婦石碑(ナッソー郡)

第二慰安婦石碑(ナッソー郡)

<参考サイト>
『旧日本軍従軍慰安婦の碑は米ニュージャージー州パラセイズ・パーク市の公立図書館に設置されているが、今回はニューヨーク近郊、ナッソー郡のアイゼンハワーパーク内に新たに建てられた。(省略)
碑文には、日本軍が「性的奴隷(Sexual Slavery)」にするため、20万人を超える少女らを強制動員したと指摘。これらの犯罪は必ず、認められるべきで、絶対に忘れられないとの強いメッセージを盛り込んでいる。
慰安婦碑の建立を進めた米国の韓国人団体は日本側の反発や妨害工作などを懸念し、水面下でナッソー郡と緊密に協議を行ってきた。その結果、通常2年ほどがかかる設置許可、場所選定、碑の委員会承認など全過程が2週間半で完了した。  (省略)』
『韓国光州市は11日、ニューヨーク州ナッソー郡に在米韓国人団体「韓米公共政策委員会」と共同で、従軍慰安婦の碑を建設することを明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。碑は6月20日にナッソー群アイゼンハワー公園に建設される予定。実現すれば2010年10月23日にニュージャージー州パリセイズパーク市の公立図書館に設置された慰安婦の碑に次ぐものになるという。除幕式にはナッソー郡長も参加する。 』


twitter 抗議

NYナッソー郡長twitter   https://twitter.com/#!/edmangano

@edmangano Resolution 121 interfere w/ domestic affair of Japan. US should seek and act based on the truth! Not only the oral testimony.
「慰安婦決議121は日本の内政干渉である!アメリカ合衆国は口頭証言ではなく、事実を追求しそれ基づいて行動すべきだ!」

@edmangano Resolution 121 was result of lobbying as a part of Korean propaganda:”Discount Japan”. Seek and act only based on the truth!
「慰安婦決議は韓国人の『ディスカウントジャパン』というプロパガンダに基づいて行われたロビー活動の結果だ。真実を追求しそれに基づいて行動しろ!」

@edmangano Is judging only by oral testimony FAIR? Resolution 121 is not based on the truth. JIA never coerced those prostitutes!
「口頭証言だけで判断するのがフェアなのか?慰安婦決議121は事実に基づいていない!大日本帝国軍はけしてこれらの娼婦を強制していない!」

facebook 抗議

NYナッソー郡長facebookに慰安婦記念碑反対のメッセージを送ろう!
https://www.facebook.com/edwardmangano
https://www.facebook.com/messages/edwardmangano
英文メッセージのテンプレートを用意しました。
このままコピペして最後に名前をローマ字で書けばOKです。
ご協力よろしくお願いします!

—–英文メッセージここから ———–

I am writing this message to you on behalf of many concerned Japanese.

According to Korean news, Korean Comfort Women Memorial Monument was opened in Eisenhower Park in Nassau County on 20th of June, and on the memorial I found your name “Nassau County Edward P. Mangano Executive”. Learning this news, we, Japanese, are profoundly concerned about Korean American’ s political activities in an attempt to condemn Japan and Japanese without understanding the verified facts.

The term “comfort women” refers simply to prostitutes in wartime. But Koreans have long been promoting a false version of history that Japan abducted hundreds of thousands of Korean women and coerced them into sexual services for Japanese soldiers outside of Japan during World War Ⅱ. This is, for practical and logical reasons, a fictitious version of history, and it is their propaganda called “discount Japan”.

The U.S. military official document “UNITED STATES OFFICE OF WAR INFORMATION Psychological Warfare Team Attached to U.S. Army Forces India-Burma Theater APO 689” ( http://www.exordio.com/1939-1945/codex/Documentos/report-49-USA-orig.html ) exclusively and vividly shows how well comfort women were treated. They were simply not sex slaves.

The potential dangers of this action is that people, especially children, would have wrong images about Japan, her history and culture and it will affect the relationship between the US and Japan as well as Korea. And many Japanese tourists visiting New York would be deeply greatly disappointed.

We believe that the American people cherish and enthusiastically defend fairness, and seek justice and the truth at same time. We hope that you will make a truthful, fair and objective judgment in regards to this issue.

Sincerely yours,

【差出人名前 ローマ字で】

———–メッセージここまで ———–

<日本語 要約>

懸念を持つ多くの日本人を代表してこのメッセージを書いております。

韓国のニュースで、6月20日にナッソー郡のアイゼンハウワー公園に慰安婦記念碑が公開されたという報道がありました。その記念碑に”Nassau County Edward P. Mangano Executive”と、貴方の名前が書かれているのを見ました。

この報に接し、立証された事実を理解することなく、日本と日本人を強く非難しようとする韓国系米国人の政治行動に、私たちは深い懸念を抱いております。

「慰安婦」という言葉は戦時中の単なる「商業売春婦」のことです。しかし韓国人は、第二次世界大戦中に、日本人が何十万人もの婦女子を拉致し、外地にいる日本兵に強制的に性労働させたという捏造の歴史を長い間、喧伝し続けています。これは実際的、また理論的に考えても虚偽の歴史に他なりません。これは韓国が日本を貶めるプロパガンダです。

米軍公文書(http://www.exordio.com/1939-1945/codex/Documentos/report-49-USA-orig.html )は、当時の慰安婦は待遇が良かったことを証明しています。
慰安婦は性奴隷ではなかったのです。

このような政治活動は、特に子供たちに日本や日本の歴史に対して誤った印象を与え、日米関係、更に韓国との関係にも影響するでしょう。そして、NYを訪れる日本人はどんなに失望することでしょうか。

日本人は、アメリカ国民が公正、正義、真実を尊ぶ国民であると信じております。この件に関しまして、真実、公正、かつ客観的な判断をされることを、願っております。

お手紙 抗議

NYナッソー郡長facebookに慰安婦記念碑反対の手紙を送ろう!
署名(日本語でもローマ字でもOK)・名前と住所(ローマ字)・日付(日は数字・月は7月JULY,8月 AUGUST, 9月SEPT)を記入するだけで完成します。自分で文章を変えて送っても結構です。

こちらからダウンロードできます。
手紙テンプレート
封筒

宛先
Nassau County Executive Edward P. Mangano
Office of the Nassau County Executive
1550 Franklin Avenue
Mineola, NY 11501
USA

<日本語>
Nassau County Executive Edward P. Mangano 様

日本からこのような手紙を受け取り驚かれると思いますが、最後までお読みいただければ幸いです。

いわゆる「慰安婦の像」をナッソー郡のアイゼンハワーパークに建てたことがどれほど多くの日本人を失望させたか分かっていただきたく手紙を書いております。

韓国メディアによれば、通常は、公共の場にこのような像を立てるときは、必要な手続きを終了させるために2年かかるそうですが、今回は、日本の自民党からの妨害を懸念し、たった2週間半ですべてのプロセスを終えたと述べています。すべてが秘密裏に行われたとのこと。

日本に弁明の機会も与えず、この件に関する韓国側の申し立てが虚偽であることを証明できる資料の提出する機会も与えずに、このような像を作る決定がなされたことが返す返すも残念でなりません。

合衆国と日本は長きに渡って、お互いに欠くことのできない同盟国です。そして私はこの緊密な関係がいつまでも続くことを願っておりますが、日本では、この問題が両国の関係に少なからぬ影響を与え始めております。

昨年の東日本大震災のときの被災地の様子をご覧になったと思いますが、日本人は遠慮深く、あけすけに物を言いません。説明したり、不満を言わなくても他の人たちは必ず真実を理解してくれると思っています。しかし、今多くの日本人は、私たちが率直に物を言わなければ、真実であるか虚偽であるかにかかわらず、世界は大きな声に耳を傾けるのだということを学び始めました。

ここに面白い表現があります。韓国人と日本人の違いを端的に表しています。

一番大きな声で泣く子供が一番大きな餅をもらえる(韓国)
残り者には福がある(日本)

この言葉が示すように、日本人は小さな頃から、たった1人だけの幸せが他の人を不幸にすることがないように遠慮深くあれと教えられています。しかし、そろそろ、日本人がこのような国民性を捨て、何が真実であり、何が真実でないのか、世界の人々に分かってもらうためには、もっと声を出す必要がある時期がきているのでしょう。
私たちが例え何も言わずとも、世界は私たちを理解してくるはずだと思うことは止めなければならないでしょう。

先日、複数の韓国メディアが「日本の人身売買の問題は深刻。その最大の被害者は韓国女性である」と伝えました。
確かに、日本の人身売買に対する取り組みは、欧米諸国に較べ脆弱であり、不十分です。
米国の団体は、人身売買に関して日本をB層と判定しました。しかしながら、日本の長い歴史において、奴隷という概念も、人身売買と言う概念も存在していないのです。

韓国メディアによりますと、韓国人女性は韓国人ブローカーに騙されて来日したそうです。
女性たちは日本で大金を簡単に稼げると信じ、大学に通うこともできるとさえ思っていました。結局彼らは韓国人ブローカーの手によって性産業に従事させられました。

女性たちは、日本の警察は自分たちを助けてくれないと分かっているから、助けを求めなかったと言い張っていますが、彼らは日本の韓国大使館に助けを求めればよいはずです。韓国メディアはこの問題のすべての責任を日本に押し付けています。メディアのこの扱いは、日本に対する偏見を表し、またこれは第二次世界大戦中のいわゆる「慰安婦」の扱いと全く同じパターンです。

日本と韓国の最も大きな懸案のひとつはいわゆる「慰安婦」です。
韓国政府は日本政府に対して、繰り返し正式な謝罪と、第二次世界大戦中に日本軍により強制的に「慰安婦」にさせられた被害者であると主張する「慰安婦」に対しての賠償を要求しています。

しかし、これは1965年に締結された「日韓基本条約」のもと、両国によって解決されています。

条約を締結するのに10余年の月日がかかりました。いわゆる東京裁判そしてこの条約の交渉の間、韓国最初の大統領李承晩は激しく日本を非難し続けましたにもかかわらず「慰安婦」が議題にあがることはただの一度もありませんでした。

1983年突如、前日本兵のひとりが、日本の兵たちに性サービスをさせるために済州島で朝鮮女性狩りをしたと公表しました。しかし、当時の事情をよく知っている済州島の老人でさえ、1989年の「済州新聞」でこの事実を否定しました。当時85歳であったある女性はこう言います。たった250軒の家しかない村から15人が強制連行されれば、大事件になるはずだ。でもそんな事件はなかった。その後、件の兵隊はそれが嘘であったことを1995年に認めました。

その後、1991年に日本の左翼グループに扇動された多くの韓国女性が、日本政府からの賠償金目当てに突然、「慰安婦だった」と言い始めました。戦後40年以上、ただのひとりとして、名乗り出なかったことは大変不思議です。

彼らの証言は尋ねられると、二転三転するという状態で、信頼に値するものではありません。中には10回以上も証言を変えた女性もおり、その証言を裏付ける事実も資料もありません。

連れされる間に抵抗したり、逃げ出した女性がいたという報告もありません。

戦争中、数十万人もの朝鮮兵が、日本兵として日本軍と共に闘っていました。その兵隊たちは同胞の女性 が強制的に性奉仕をさせられるというのに、何も言わず、何も行動しなかったのでしょうか。
日本政府は、1991年12月から1993年8月までの間に関係資料を精査し、目撃者の証言を聞きました。慎重な調査に基づき、日本政府は「強制性」を正式に否定しました。

(資料:「よくわかる慰安婦問題」西岡力 著 )

現在10万人の韓国女性が海外で売春婦となっています。日本に5万人、残りはアメリカやオーストラリアなどにいます。これはいったい何を示しているでしょうか? ある数の韓国女性は対価さえ得られれば売春婦になるのだと考えるのは自然なことです。

ホワイトハウス請願を提出した際の資料を同封いたします。
是非最後までご一読願います。

23 thoughts on “NYナッソー郡 第二の慰安婦記念碑 絶対反対!facebook & twitter & 手紙 抗議(2012)

  1. 向山真由美 says:

    ニューヨークと姉妹都市の東京都は抗議出来ませんか?


  2. ナンバ says:

    慰安婦強制連行はなかった・・・まとめ

    ① 指令書や計画書、当時の日記・記録・証言録など、証拠(資料)がひとつも存在しない。

    ② 東京裁判や1965年の日韓基本条約でも慰安婦問題など存在しなかったし、韓国初代大統領李承晩も散々日本を非難していたが慰安婦については一度も取り上げず、問題にする声もまったくなかった。

    ③ 慰安婦問題は1983年に吉田清治という一人の老人が「済州島で慰安婦狩りを行った」と発表したフィクション本『私の戦争犯罪』が全ての始まりである(韓国で慰安婦問題が騒がれだしたのはこの本が1989年に翻訳出版されてから)。

    ④ ところが済州島の当時を知る老人たちは、「私たちの村でそんな事が一人でもあれば私の耳に入っているはずだ」「そんな事は絶対になかった」と1989年に現地の『済州新聞』で証言し、地元の郷土史家も「この本は日本人の悪徳ぶりを示す軽薄な商魂の産物だと思われる」と吉田本を完全否定した(後に吉田もフィクションだったと認めた)。

    ⑤ 日本人の反日左翼が韓国で賠償金がとれるなどと慰安婦募集をして、1991年に初めて元慰安婦だと言う人物が名乗り出た(戦後40数年間1人も被害を訴えなかったなんてことは常識的に考えて有りえるだろうか?)。

    ⑥ その慰安婦たちの証言も二転三転していたり(中には証言が十数回も変わっている者もいる)、具体性に欠けたり、裏付けがなされていないなど、信憑性はない。

    ⑦ 強制連行があったのなら両親や兄弟・親戚・友人・知人・目撃者などが抗議運動を起こしていたはずだが、そんなものは一件も起こらなかった。(当時は日本人が朝鮮人をからかっただけで抗議運動に発展したらしいし、気性の激しい朝鮮人が同胞女性を連れ去られていくのを何もせず黙って見ていたというのも考えられない)

    ⑧ 連れ去られる女性を朝鮮人が救出したり、阻止しようとした事例や、連れ去ろうとした者と戦ったり抗議したという事例も皆無。

    ⑨ 連れ去られる女性が抵抗したという事例や、強制連行される途中や連行先から逃げ出して助けを求めたという事例も皆無。

    ⑩ 慰安婦は日本軍ではなく民間業者により集められ、慰安所も民間業者が経営していた(ちなみに、慰安婦の総数は2万5000人ほどと推計され、大半は日本人女性だった)。

    ⑪ 当時の日本軍には朝鮮人が計24万人も所属しており(全員志願兵で、日本人兵士を率いて戦った朝鮮人兵士もいた)、同胞女性が強制的に性奴隷になどされていたのなら何らかの問題が起こるはずである(彼ら朝鮮人日本兵の存在は強制連行がなかった事の証明になると考える)。

    ⑫ 強制的に集めたという証拠はないが、自発的に集まったと思われる証拠なら存在する(「慰安婦募集」の新聞広告や1944年のアメリカ軍の記録など)。

    ⑬ 現在、約10万人もの韓国人女性が海外で売春を行っている。現在でもこうなのだから、当時も自発的に集まったと考えるのが自然ではないか?(強制連行され売春を強要されたと韓国は訴えているが、その韓国が日本に5万人も売春婦を派遣しているというのは聞いて呆れるし説得力がない)

    ⑭ 韓国軍はベトナム戦争で5000人とも3万人ともいわれる混血児を残してきたが、日韓混血児は一人もいない(ちなみに日本軍は日清戦争・日露戦争・第一次世界大戦・シベリア出兵・満州事変・支那事変・大東亜戦争などに関わっているが一度も混血児問題を起こしていない軍隊である)。

    ⑮ 1944年、ビルマを占領したアメリカ軍が経営者や朝鮮人慰安婦を尋問するなどしてまとめた「アメリカ戦時情報局心理作戦班日本人捕虜尋問報告 第49号」には、慰安婦たちは娼婦と書かれ厚遇されている様子が記されている。

    ⑯ もちろん、性奴隷になどしてなくただの売春婦だったので、きちんと給料が支払われている(しかも莫大な金額が)。

    ⑰ 女性を拉致したり暴行したという加害者(氏名・年齢・所属など)も1人も判明していない。



  3. from USA says:

    >慰安婦碑の建立を進めた米国の韓国人団体は日本側の反発や妨害工作などを懸念し、水面下でナッソー郡と緊密に協議を行ってきた。その結果、通常2年ほどがかかる設置許可、場所選定、碑の委員会承認など全過程が2週間半で完了した。



  4. 抗議行動の旗振り、いつもありがとうございます。その行動力は非常に頼もしく、尊敬致します。1つ提案させていただきたいのですが、手紙、FAX等の媒体による抗議の場合、出来るだけ多くの人手を経由する事で話を拡大化できると考えます。つまりオバマ大統領やNY市長に対して抗議する場合でも、例えば駐日米大使宛てに送っちゃうとか…こんなの駄目でしょうかね?恐らく転送義務があると思うので多くの人の手を介して多くの抗議の手紙が運ばれる事になり、多くの目が集まると思うのですが・・・


  5. うさ says:

    ナッソー郡はニューヨーク市ではないので、ニューヨーク市長は関係ない気がしますが。


  6. KT says:

    Edward P. ManganoのFBに以下のメッセージを送っておきました。参考までに…

    RE: the allegations are serious

    As a Japanese woman, a mother of two girls, and XXXXX, I am very concerned about the spreading of a myth based solely on testimonies that are filled with many inconsistencies, contradictions and ambiguity galore. As you might know, petitioning the White House to remove the comfort women monument in Palisades Park and not to support any harassment related to this issue against the people of Japan and of Japanese descent‎ has exceeded the signature threshold http://wh.gov/yrR, and I believe that I am sending this message to you on behalf of those 30,000 odd people who signed the petition. The controversy over the comfort women exists because Korea has never provided evidence for the Japanese government’s or army’s involvement in forcible mobilization of comfort women.

    The term “comfort woman” is a euphemism for “prostitute.” We know (1) that the Japanese military utilized the services of commercially-run comfort stations and (2) that the majority of those women were Japanese, although the majority of those who demand apology and compensation are Korean. Both the U.S. and the Korean military also had comfort stations during the Korean War and the Vietnam War. So, the issue is not the Japanese military’s use of comfort stations but whether or not the Japanese government or military was involved in sex trafficking and forcible mobilization of comfort women.

    Byeong-jik Ahn of Seoul National University, the professor who collected the testimonies of Korean old women and oversaw the publication of “Testimonies I”–South Korea’s most trusted report of 19 comfort women’s testimonies–declared publicly in Korea that there was no concrete evidence to verify Japanese military’s or government’s involvement.

    The U.S. OFFICE OF WAR INFORMATION, Japanese Prisoner of War Interrogation Report No. 49 describes comfort women as professional camp followers. The report also supports the claim that neither Japanese government nor army forcibly mobilized comfort women.

    The former comfort women’s testimonial narratives changed over time. As Prof. Chunghee Sarah Soh states in her (2009) book “The Comfort Women,” their original published testimonial narratives told very different stories from the current, paradigmatically established image of all former comfort women having been drafted by the Japanese military, and they presented dramatically untruthful versions of their recruitment when they were placed under a spotlight of the political stages of the United States and Japan.

    Dramatic, though they may be, those testimonies have never been backed up by any separate evidence of the Japanese military’s forcible mobilization. There is not even one person who has claimed witnessing a girl being abducted, mobilized, or recruited by the Japanese military for sexual services. The number 200,000 is also utterly groundless, as it comes from a terminological confusion among Koreans between “comfort women (wianbu/ianfu)” and “labor corp in support of Japan’s war effort (cheongshindae/teishintai).” The former refers to commercially engaged wartime prostitutes; while the latter, women mobilized to work in munitions and other military supply factories where male workforce was drastically reduced.

    Prostitution itself was legal and brothels were already in existence both in Japan and Korea at the time, so why would the Japanese military get involved in recruiting comfort women instead of simply utilizing business establishments and giving disease control? In the autumn of 1944, privately-owned brothels placed ads in Korean newspapers and were offering women 300 yen a month to work as comfort women.

    Abundant evidence shows that Korean women were swindled, kidnapped, or sold by Korean brokers and that the Japanese authorities were combating to stamp out illegal sex trafficking in the peninsula. Abuse of women, rampant prior to Japan’s annexation of Korea, could not be eradicated from the peninsula during the Japanese rule, and is still continuing in Korea today. The way in which Korean women are trafficked for forced prostitution, domestically and abroad, has hardly changed since WII: coercion by traffickers to whom the woman owes debts. Thus, South Korea remains a source, transit, and destination country for human trafficking and forced prostitution. According to a Chosun Online (Korean newspaper) article dated June 15, there estimated 50,000 and 30,000 Korean prostitutes in Japan and in North America, respectively.

    Previously, Japanese politicians have naively made apologies in order to help restore the honor of those Korean women who were forced into prostitution against their will. Notwithstanding the complicated circumstances, such as poverty, pervasive gender discrimination, and false promises of employment, that led to their painful experience, those Korean women were Japanese subjects until 1945, and the government failed to protect them from tragedies. Unfortunately, the apologies intended to ease the pain of the women not only made the diverse and often multiple causes of coerced prostitution obscure but also were abused by some people to attribute the total responsibility to imperial Japan, eventually endorsing the myth of sex slaves by the horrendous Japanese military.

    If a Korean woman was kidnapped by a procurer, was it the crime of the Japanese government or Japanese people? If a Korean woman testifies that she was kidnapped by a man in Japanese military uniform, does it mean that the Japanese government ordered its soldier to kidnap the women? How did the woman determine that the procurer was Japanese? How did the woman even distinguish a Japanese man from a Korean man when Korea was part of Japan and Korean men served in the Japanese military? You cannot even ask these questions perhaps because truly examining the testimonies has somehow become an untouchable taboo and you are afraid that questioning will label you as a supporter of sexual slavery.

    Despite the fact that the allegations are indeed serious enough that they merit rather strict scrutiny, I’m alarmed many people tend to jump to the conclusion without really knowing about the issue, because Imperial Japan is viewed as the “bad guy” and the complex issue finds a quick and easy solution if you can simply pin the blame on Imperial Japan’s alleged policies.

    No testimony should be taken at face value without being cross referenced with existing documents to determine what really happened, especially when there are inconsistencies in the testimony of the witness. If you do research on the issue, I am certain that you will reach the same conclusion that Professors Ahn and Soh, along with myriads of people including myself, has reached. Erecting monuments to condemn someone without evidence is truly base and unjust, and I request that the monument in Eisenhower Park be removed as soon as possible for every party concerned.

    Sincerely,

    XXXXX


  7. from USA, American says:

    向山真由美san

    Nassau County is NOT NYC.

    You can write to –

    Office of the County Executive
    1550 Franklin Avenue
    Mineola, NY 11501

    http://www.nassaucountyny.gov/agencies/CountyExecutive/index.html

    Thank you for your time!


  8. from USA, American says:

    We do not understand whats going on.

    http://japanese.joins.com/article/844/153844.html?servcode=A00

    Can anyone explain for us?
    We are Americans.


  9. ななし says:

    ↓この動画を見ると韓国人の慰安婦活動は条約違反なんだよ

    「字幕【テキサス親父】世界の常識は韓国の非常識?慰安婦問題」
    http://youtu.be/oU7hJVeixCg

    ↓動画の説明

    「韓国は1910年に日韓併合が行われ1945年まで、日本として統治されていた。
    これらの期間の戦後賠償として日本政府は韓国に8億ドル(当時の日本の国家予算の約倍)を支払い、韓国はこれに対して今後一切異議の申し立てをしないと言う内容の「日韓基­本条約」を1965年に日本政府と韓国政府間で結んだ。

    テキサス親父は、この慰安婦問題に関して理解はしているものの、複雑な問題であるために内容にこそ言及はしていないが、一旦条約が結ばれたと言う事は、それ以降に当該事項­に関し申立を行わないと言うのが条約の世界の常識で、韓国の主張している条約を反故にする内容は到底あり得ないと言う。
    事後法が成り立つ韓国では、条約など無意味なのかも知れないが、国際社会では韓国の勝手な振る舞いがまかり通るはずはない。」

    http://youtu.be/oU7hJVeixCg


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>