NY州議会 慰安婦決議反対! メッセージを送ろう(2013)

NY州 慰安婦決議反対!
議会と議員にメッセージを送ろう!

******************
2013年5月7日、NY州議会下院にて決議K415「世界知られる慰安婦を賞する記念碑を立てた韓国系米国人コミュニティを称える決議」が採択されました。

上院の決議は日本非難の要素が少なく、慰安記念碑を記念する、というような内容でしたが、下院決議は、2007年米国下院決議121号(慰安婦決議)を基にした文章で「慰安婦制度は日本政府による軍の強制売春で、集団強姦、強制中絶、身体切断や自殺を招いた性暴力で20世紀で最大の人身売買の一つである」とし、最後に「慰安婦記念碑を立てた韓国系米国人(Korean Amerian)コミュニティーを称える」と書かれています。

この決議を推進した議員はCharles D. Lavine議員です。

*******************
2013年1月29日、NY州議会上院にて、 決議J304「世界に知られる慰安婦に敬意を表しNY州慰安婦碑を記憶にとどめる決議」が採択されました。

19分27秒 ~ が慰安婦決議に関する審議です。
23分30秒~ 在米韓国団体の人物たちが、ずらりと並び紹介されています。

決議文は提出当初と内容がかなり変わっています。 前の決議文との比較はこちら
当初書いてあった、”2007年米国下院慰安婦決議に基づき日本政府は責任を受け入れこの犯罪について教育すべき” については、現在の決議文には書かれていません。前決議文にはJapanの文字が7文字入っていましたが現決議文は1文字だけで、日本とは関連が薄いような内容に変更されています。

「当初決議案には日本政府の謝罪を要求する内容が盛り込まれていたが、国際問題に介入しないという州議会規定によりこの部分は削除された。」という報道もありますが、そうであれば草案作成時点から分かっていたはずです。決議文の変更は日本からの抗議の影響ではないでしょうか。しかし、”20万人の若い女性が強制的に日本軍慰安婦になった”部分はそのままです。

議会後、発議したアベラ議員は、韓国系団体役員とコリアン報道(KBS, YTN news, SBS,)に囲まれて記者会見。(ニュースはこちら) 日本からの大量の抗議メールとメール内容が歴史偏向と批判していますが、サンプル文を利用して皆でメールを沢山送る抗議スタイルは米国内では良くあるやり方であり、良識ある政治家であれば反対請願が沢山来たような話題については触れません。彼の選挙区は慰安婦ストリート計画もあるNY市内クイーンズ地区が含まれています。ここには韓国団体KACEの事務所があります。

決議文の最後には、この決議文の送り先としてthe Korean American Public Affairs Committee, the Kupferberg Holocaust Resource Center, Korean American Civic Empowermentと書いてあります。上の動画で紹介されている人たちの団体です。韓国系団体に媚びた決議であることが明らかです。前の決議文にはNY日本領事館もあったのですが、今回のには書かれていません。

このサイトは以下の順に掲載しています。

【メール】 件名・本文サンプルA,B、上下両院議員一斉送信用アドレス
・コピーしてメールに貼り付けるだけで抗議メールが完成します。
・本文はサンプルのままでも良いし、各自でアレンジして下さっても結構です。

【facebook】 例文A,B、議会公式アカウント、上院議員アカウント一覧
・下院議員は人数多いため省略してます。

【twitter】 例文、議会公式アカウント、上院議員アカウント一覧
・下院議員は人数多いため省略

【資料集】
【例文A,B日本語訳】

<参考ニュース>

日本政府に謝罪要求 慰安婦でNY州決議案「最大規模の人身売買だ」

NHK 米 州議会に慰安婦謝罪求める決議案 1月8日 11時29分

【メール を送ろう!】

※上院での決議採択に伴い、メール本文サンプル を修正しました。(2月7日)

※メアド不明議員が数名いたので全員ではありません。

※送信後、一部議員から自動返信メールが届きます。

<件名 サンプル> メールの件名欄にコピペして使ってください

■ Comfort Women Resolution

■ A message from Japan

■ A message from 自分の名前

■ Resolution J304-2013

■ Concurrent resolution and Comfort Women Issue

■ I protest ‘Comfort Women’ resolution

———————————————-

<本文 サンプルA> メールの本文欄にコピペして使ってください

To the senators and representatives of New York state legislature;

I am writing this mail on behalf of all the Japanese who are concerned with the current U.S.-Japan relations.

I’d like to express my deep disappointment at the New York State Senate adopting the resolution J304-2013: Memorializing a Memorial Monument in the State of New York that pays tribute to those who have become known to the world as ‘Comfort Women’

As you may know, so-called comfort women are the women who worked during World War II as prostitutes for the Japanese military. This fact might sound immoral by present-day standards, but prostitution was a legal business in those days in many countries. Even around U.S. military bases, prostitution agents must also have existed during the periods of Japan occupation, Korean War, and Vietnam War.

However, as many as fifty years after the War, a bogus story was suddenly spread in Korea and Japan — a story that Japanese military abducted many women and forced into prostitution during the War. Nowadays, many Koreans living in the U.S. propagate fabricated stories that more than 200 thousand Korean women were abducted and worked as “sex slaves” during the wartime and that it was equivalent to the Holocaust.

These stories have been proven to be completely fictitious as a result of many researches by scholars and experts. In spite of their longstanding efforts, there has been absolutely no evidence of Japanese military’s coercing Korean women into prostitution against their will.

We cannot allow this kind of propaganda that insults Japan; their pretense hurts our pride and dishonors our ancestors. To protest this malicious gossip, we submitted two petitions to the White House, each with more than 30 thousand signatures, as follows:
“WE PETITION THE OBAMA ADMINISTRATION TO: Remove the monument and not to support any international harassment related to this issue against the people of Japan”

http://wh.gov/yrR

“Repeal the House of Representatives Resolution 121 to stop aggravating int’l harassment by Korean propaganda & lies!”

http://wh.gov/lBwa

U.S.-Japan alliance is the cornerstone of peace, security, and stability in the Asia-Pacific region. Anti-Japan propaganda activities based on the fictitious ‘comfort women’ issue do nothing but deteriorate the relationship among U.S., Korea, and Japan. Such movement only alters the situation to the advantage of North Korea and China.

We Japanese, who place a high value on the importance of historical facts as well as U.S.-Japan relationship, therefore protest decisively against the resolution regarding comfort women that is to be submitted to the New York State Assembly.

We know that American people cherish and esteem fairness, justice, and truth. We hope that you will make a truthful, fair, and objective judgment on this issue.

Sincerely yours,
差出人の名前

———————————–

<本文 サンプルB>

To the senators and representatives of New York state legislature;

I am writing this message to you on behalf of many concerned Japanese.

I’d like to express my deep disappointment at the New York State Senate adopting the resolution J304-2013: Memorializing a Memorial Monument in the State of New York that pays tribute to those who have become known to the world as ‘Comfort Women’

The term “comfort women” refers simply to prostitutes in wartime. But Koreans have long been promoting a false version of history that Japan abducted hundreds of thousands of Korean women and coerced them into sexual services for Japanese soldiers outside of Japan during World War Ⅱ. This is, for practical and logical reasons, a fictitious version of history.

Japanese government conducted careful investigations and examination of the related documents and listened to the testimony of witnesses from both Japanese and Korean. Based on their careful research, Japanese government officially denied military enforcement. And still, Japanese government made public apologies for former comfort women’s hard experiences.

Despite apologies taken places privately and by the Japanese government, the compensation for former comfort women, or other efforts such as Asian Women’s Fund, Koreans has no intention of forgiveness.

Koreans’ activities such as building comfort women memorials lead to unnecessary racial conflict and suffering of people of Japanese ancestry, and perpetrate the distorted truth to American citizens who are not familiar with this controversial issue between Japan and Korea.

I would like you to know these two petitions to the White House have reached more than 30,000 signatures and still getting more.

Remove the monument and not to support any international harassment related to this issue against the people of Japan.

http://wh.gov/yrR

Repeal the House of Representatives Resolution 121 to stop aggravating int’l harassment by Korean propaganda & lies!

http://wh.gov/lBwa

To know more about the comfort women issue, please visit the following websites.

What is the “Comfort Women Issue?”

http://sakura.a.la9.jp/japan/?page_id=2015

Mr. Komori of Japanese newspaper being interviewed on the comfort women issue for the PBS series

http://sakura.a.la9.jp/japan/?page_id=2535

GEISHA, TONY BLAIR & COMFORT WOMEN

http://sakura.a.la9.jp/japan/?page_id=2556

We Japanese are strongly against the resolution J304-2013. We believe that the American people cherish and enthusiastically defend fairness, justice and the truth. We hope that the New York State Assembly will make a truthful, fair and objective judgment in regards to this issue.

Sincerely yours,

差出人の名前

———————————————

■ 一斉送信用メアド一覧 ■ メールの宛先欄にコピペして使ってください

※メールソフトによってはメアド件数が多くて送れない場合があります。その際は分割して送ってください。

※下記メアド一覧のコピペで送信できない場合があります。こちらのリストでお試しください。

※一覧からは慰安婦決議を提出予定の

アヴェラ上院議員(avella@nysenate.gov)

レヴィン下院議員(LavineC@assembly.state.ny.us)

を除いています。

—————————————————-

<NY州議会上院メンバー>

eadams@senate.state.ny.us; addabbo@senate.state.ny.us; gball@nysenate.gov; bonacic@nysenate.gov; pboyle@nysenate.gov; breslin@senate.state.ny.us; carlucci@nysenate.gov; jdefranc@nysenate.gov; diaz@senate.state.ny.us; dilan@nysenate.gov; espailla@nysenate.gov; Farley@nysenate.gov; flanagan@nysenate.gov; fuschill@nysenate.gov; gallivan@nysenate.gov; gianaris@nysenate.gov; gipson@nysenate.gov; golden@nysenate.gov; griffo@nysenate.gov; grisanti@nysenate.gov; hannon@nysenate.gov; hassellt@senate.state.ny.us; schedule@bradhoylman.com; kennedy@nysenate.gov; jdklein@senate.state.ny.us; lkrueger@senate.state.ny.us; lanza@senate.state.ny.us; larkin@senate.state.ny.us; latimer@nysenate.gov; lavalle@nysenate.gov; senator@senatorlibous.com; little@nysenate.gov; marcelli@senate.state.ny.us; marchione@nysenate.gov; martins@nysenate.gov; maziarz@nysenate.gov; montgome@senate.state.ny.us; nozzolio@nysenate.gov; omara@nysenate.gov; parker@senate.state.ny.us; jperalta@nysenate.gov; perkins@senate.state.ny.us; ranz@senate.state.ny.us; ritchie@nysenate.gov; grivera@nysenate.gov; robach@nysenate.gov; sampson@senate.state.ny.us; savino@senate.state.ny.us; serrano@senate.state.ny.us; seward@nysenate.gov; skelos@nysenate.gov; squadron@nysenate.gov; stavisky@senate.state.ny.us; scousins@senate.state.ny.us; valesky@senate.state.ny.us; cyoung@senate.state.ny.us; zeldin@nysenate.gov;

———————————————-

<NY州議会下院メンバー>

abbatep@assembly.state.ny.us; abinantit@assembly.state.ny.us; ArroyoC@assembly.state.ny.us; AubryJ@assembly.state.ny.us; BarclaW@assembly.state.ny.us; BarrettD@assembly.state.ny.us; benedettom@assembly.state.ny.us; blankenbushk@assembly.state.ny.us; BorelliJ@assembly.state.ny.us; BoylandW@assembly.state.ny.us; braunsteine@assembly.state.ny.us; BrennanJ@assembly.state.ny.us; brindisia@assembly.state.ny.us; bronsonh@assembly.state.ny.us; BrookKrasnyA@assembly.state.ny.us; BuchwaldD@assembly.state.ny.us; ButlerM@assembly.state.ny.us; CahillK@assembly.state.ny.us; CamaraK@assembly.state.ny.us; Castronl@assembly.state.ny.us; cerettoj@assembly.state.ny.us; ClarkB@assembly.state.ny.us; ColtonW@assembly.state.ny.us; CookV@assembly.state.ny.us; CorwinJ@assembly.state.ny.us; CrespoM@assembly.state.ny.us; CrouchC@assembly.state.ny.us; curranb@assembly.state.ny.us; CusickM@assembly.state.ny.us; CymbroS@assembly.state.ny.us; DenDekkerM@assembly.state.ny.us; DinowiJ@assembly.state.ny.us; DiPietroD@assembly.state.ny.us; DupreyJ@assembly.state.ny.us; EngleS@assembly.state.ny.us; espinalr@assembly.state.ny.us; FahyP@assembly.state.ny.us; FarrelH@assembly.state.ny.us; FinchG@assembly.state.ny.us; FitzpatrickM@assembly.state.ny.us; friendc@assembly.state.ny.us; GabryszakD@assembly.state.ny.us; GalefS@assembly.state.ny.us; GanttD@assembly.state.ny.us; GarbarinoA@assembly.state.ny.us; GibsonV@assembly.state.ny.us; GiglioJ@assembly.state.ny.us; GjonajM@assembly.state.ny.us; GlickD@assembly.state.ny.us; GoldfederP@assembly.state.ny.us; goodella@assembly.state.ny.us; GottfriedR@assembly.state.ny.us; grafa@assembly.state.ny.us; GuntheA@assembly.state.ny.us; HawleyS@assembly.state.ny.us; HeastieC@assembly.state.ny.us; HennesseyE@assembly.state.ny.us; HevesiA@assembly.state.ny.us; HikindD@assembly.state.ny.us; JacobsR@assembly.state.ny.us; JaffeeE@assembly.state.ny.us; johnsm@assembly.state.ny.us; JordanJ@assembly.state.ny.us; katzs@assembly.state.ny.us; KavanaghB@assembly.state.ny.us; kearnsm@assembly.state.ny.us; KellnerM@assembly.state.ny.us; KimR@assembly.state.ny.us; KolbB@assembly.state.ny.us; LalorK@assembly.state.ny.us; LentolJ@assembly.state.ny.us; LiftonB@assembly.state.ny.us; LopezP@assembly.state.ny.us; LopezV@assembly.state.ny.us; losquadrod@assembly.state.ny.us; LupardoD@assembly.state.ny.us, LupinacciC@assembly.state.ny.us, MageeW@assembly.state.ny.us; MagnarW@assembly.state.ny.us; MaiselA@assembly.state.ny.us; malliotakisn@assembly.state.ny.us; MarkeyM@assembly.state.ny.us; MayerS@assembly.state.ny.us; McDonaldJ@assembly.state.ny.us; McDonoD@assembly.state.ny.us; MckeviT@assembly.state.ny.us; mclaughlins@assembly.state.ny.us; MillerMG@assembly.state.ny.us; MontesanoM@assembly.state.ny.us; morellej@assembly.state.ny.us; MosleyW@assembly.state.ny.us; NojayW@assembly.state.ny.us; NolanC@assembly.state.ny.us; OdonnellD@assembly.state.ny.us; OaksR@assembly.state.ny.us; OrtizF@assembly.state.ny.us; OtisS@assembly.state.ny.us; palmesanop@assembly.state.ny.us; PaulinA@assembly.state.ny.us; PeopleC@assembly.state.ny.us; PerryN@assembly.state.ny.us; PretloJ@assembly.state.ny.us; quartd@assembly.state.ny.us; rae@assembly.state.ny.us; RabbitA@assembly.state.ny.us; RaiaA@assembly.state.ny.us; ReilicW@assembly.state.ny.us; RiveraJ@assembly.state.ny.us; RobertsS@assembly.state.ny.us; RobinsonA@assembly.state.ny.us; rodriguezrj@assembly.state.ny.us; RosaG@assembly.state.ny.us; RosentL@assembly.state.ny.us; RozicN@assembly.state.ny.us; RussellA@assembly.state.ny.us; RyanS@assembly.state.ny.us; SaladiJ@assembly.state.ny.us; SantabarbaraA@assembly.state.ny.us; ScarboW@assembly.state.ny.us; SchimelM@assembly.state.ny.us; SchimmR@assembly.state.ny.us; SepulvedaL@assembly.state.ny.us; Speaker@assembly.state.ny.us; simanowitzm@assembly.state.ny.us; simotasa@assembly.state.ny.us; SkartadosF@assembly.state.ny.us; SkoufisJ@assembly.state.ny.us; SolagesM@assembly.state.ny.us; StecD@assembly.state.ny.us; SteckP@assembly.state.ny.us; stevensone@assembly.state.ny.us; StirpeA@assembly.state.ny.us; Sweeney@assembly.state.ny.us; TediscJ@assembly.state.ny.us; tenneyc@assembly.state.ny.us; ThieleF@assembly.state.ny.us; TitoneM@assembly.state.ny.us; TitusM@assembly.state.ny.us; walterr@assembly.state.ny.us; WeinstH@assembly.state.ny.us; weisenbergh@assembly.state.ny.us; weprind@assembly.state.ny.us; WrightK@assembly.state.ny.us; ZebrowskiK@assembly.state.ny.us;

——————————————–

【facebook でメッセージを送ろう】

<例文 A>

I am writing this message on behalf of all the Japanese who are concerned with the current U.S.-Japan relations.

On January 8, NHK (Japan Broadcasting Corporation) broadcast a news program in which they reported, under the topic title of “NY assembly to hear ‘Comfort Women’ resolution”, that State Senator Tony Avella and Assemblyman Charles Lavine demanded Japan’s government to apologize for the forced prostitution of women serving the Japanese military during World War II and that they were going to submit their demand in the form of a resolution to the New York legislature. And, according to Jan 17th edition of Sankei, one of the Japanese leading newspapers, they have submitted the concurrent resolution.

As you may know, so-called comfort women are the women who worked during World War II as prostitutes for the Japanese military. This fact might sound immoral by present-day standards, but prostitution was a legal business in those days in many countries. Even around U.S. military bases, prostitution agents must also have existed during the periods of Japan occupation, Korean War, and Vietnam War.

However, as many as fifty years after the War, a bogus story was suddenly spread in Korea and Japan — a story that Japanese military abducted many women and forced into prostitution during the War. Nowadays, many Koreans living in the U.S. propagate fabricated stories that more than 200 thousand Korean women were abducted and worked as “sex slaves” during the wartime and that it was equivalent to the Holocaust. These stories have been proven to be completely fictitious as a result of many researches by scholars and experts. In spite of their longstanding efforts, there has been absolutely no evidence of Japanese military’s coercing Korean women into prostitution against their will.

We cannot allow this kind of propaganda that insults Japan; their pretense hurts our pride and dishonors our ancestors. To protest this malicious gossip, we submitted two petitions to the White House, each with more than 30 thousand signatures, as follows:

“WE PETITION THE OBAMA ADMINISTRATION TO: Remove the monument and not to support any international harassment related to this issue against the people of Japan”

http://wh.gov/yrR

“Repeal the House of Representatives Resolution 121 to stop aggravating int’l harassment by Korean propaganda & lies!”

http://wh.gov/lBwa

U.S.-Japan alliance is the cornerstone of peace, security, and stability in the Asia-Pacific region. Anti-Japan propaganda activities based on the fictitious ‘comfort women’ issue do nothing but deteriorate the relationship among U.S., Korea, and Japan. Such movement only alters the situation to the advantage of North Korea and China.

We Japanese, who place a high value on the importance of historical facts as well as U.S.-Japan relationship, therefore protest decisively against the resolution regarding comfort women that is to be submitted to the New York state legislature.

We know that American people cherish and esteem fairness, justice, and truth. We hope that you will make a truthful, fair, and objective judgment on this issue.

——————————–

<例文 B>

I am writing this message to you on behalf of many concerned Japanese.

I read a Korean internet news that “State Senator Tony Avella and Assemblyman Charles Lavine want Japanese government to apologize for the forced prostitution of women , or “comfort women”, serving the Japanese military during World War Ⅱ, and will submit their demand in a resolution to the New York legislature.” And, according to Jan 17th edition of Sankei, one of the Japanese leading newspapers, they have submitted the concurrent resolution.

The term “comfort women” refers simply to prostitutes in wartime. But Koreans have long been promoting a false version of history that Japan abducted hundreds of thousands of Korean women and coerced them into sexual services for Japanese soldiers outside of Japan during World War Ⅱ. This is, for practical and logical reasons, a fictitious version of history.

Japanese government conducted careful investigations and examination of the related documents and listened to the testimony of witnesses from both Japanese and Korean. Based on their careful research, Japanese government officially denied enforceability. And still, Japanese government have made public apologies for former comfort women’s hard experiences.

Despite apologies taken places privately and by the Japanese government, the compensation for former comfort women, or other efforts such as Asian Women’s Fund, Koreans has no intention of forgiveness.

Koreans’ activities such as building comfort women memorials lead to unnecessary racial conflict and suffering of people of Japanese ancestry, and perpetrate the distorted truth to American citizens who are not familiar with this controversial issue between Japan and Korea.

I would like you to know these two petitions to the White House have reached more than 30,000 signatures and still getting more.

Remove the monument and not to support any international harassment related to this issue against the people of Japan.

http://wh.gov/yrR

Repeal the House of Representatives Resolution 121 to stop aggravating int’l harassment by Korean propaganda & lies!

http://wh.gov/lBwa

To know more about the comfort women issue, please visit the following websites.

What is the “Comfort Women Issue?”

http://sakura.a.la9.jp/japan/?page_id=2015

Mr. Komori of Japanese newspaper being interviewed on the comfort women issue for the PBS series

http://sakura.a.la9.jp/japan/?page_id=2535

GEISHA, TONY BLAIR & COMFORT WOMEN

http://sakura.a.la9.jp/japan/?page_id=2556

We Japanese are strongly against NY state comfort women resolution. We believe that the American people cherish and enthusiastically defend fairness, justice and the truth. We hope that you will make a truthful, fair and objective judgment in regards to this issue.

———————————————–

<議会公式 facebook>

NY州議会上院  New York State Senate

http://www.facebook.com/NYsenate

<NY州上院議員 facebook>

LEE M. ZELDIN

http://www.facebook.com/senatorleemzeldin

ANDREA STEWART-COUSINS

http://www.facebook.com/pages/Andrea-Stewart-Cousins/24808277897

TOBY ANN STAVISKY

http://www.facebook.com/pages/Toby-Ann-Stavisky/142077753628

DANIEL L. SQUADRON

https://www.facebook.com/DanielSquadron

MALCOLM A. SMITH

http://www.facebook.com/pages/Malcolm-A-Smith/74081452742

JAMES L. SEWARD

http://www.facebook.com/senatorjimseward

JOSÉ M. SERRANO

http://www.facebook.com/pages/New-York-State-Senator-Serrano/134976763347

JOSEPH E. ROBACH

https://www.facebook.com/senatorjosepherobach

GUSTAVO RIVERA

http://www.facebook.com/pages/Hon-Gustavo-Rivera/168425229855372

PATTY RITCHIE

http://www.facebook.com/pages/State-Senator-Patty-Ritchie/186489928057565

MICHAEL H. RANZENHOFER

http://www.facebook.com/people/Mike-Ranzenhofer/1477429982

JOSÉ PERALTA

http://www.facebook.com/SenatorPeralta

KEVIN S. PARKER

http://www.facebook.com/pages/Senator-Kevin-Parker/24988756132

THOMAS F. O’MARA

http://www.facebook.com/pages/New-York-State-Senator-Tom-OMara/151463428240765

VELMANETTE MONTGOMERY

http://www.facebook.com/pages/New-York-State-Senator-Velmanette-Montgomery/1030

GEORGE D. MAZIARZ

http://www.facebook.com/pages/George-D-Maziarz/110844998935922

JACK M. MARTINS

http://www.facebook.com/pages/Senator-Jack-Martins/183072338380420

TOM LIBOUS

http://www.facebook.com/libous

KENNETH P. LAVALLE

https://www.facebook.com/kenneth.p.lavalle

WILLIAM J. LARKIN JR.

http://www.facebook.com/pages/Senator-Bill-Larkin/310849198950423

ANDREW J LANZA

http://www.facebook.com/pages/Andrew-J-Lanza/45298833298

JEFFREY D. KLEIN

http://www.facebook.com/jeffrey.d.klein

KEMP HANNON

http://www.facebook.com/kemp.hannon

MARK GRISANTI

http://www.facebook.com/SenatorGrisanti

MARTIN J. GOLDEN

http://www.facebook.com/pages/Martin-J-Golden/29214902523

PATRICK M. GALLIVAN

http://www.facebook.com/pages/Patrick-Gallivan/162919107094545

CHARLES J. FUSCHILLO JR.

http://www.facebook.com/senatorfuschillo

ADRIANO ESPAILLAT

http://www.facebook.com/assemblymanadrianoespaillat

—————————————————-

【twitter でメッセージを送ろう!】

<例文>

■ I am strongly against the concurrent resolution on comfort women.

私は上下両院の慰安婦決議に強く反対します。

■ The term “comfort women” refers simply to prostitutes in wartime, never sex slaves.

慰安婦というのは単に戦時中の売春業女性のことで、性奴隷ではありません。

■ Anti-Japan propaganda activities based on the fictitious ‘comfort women’ issue do nothing but deteriorate our relations

作り話の慰安婦問題の反日プロパガンダ活動は我々の友好関係を損なうものです。

■False accusations regarding the South Korean comfort women issue have disgraced the people of Japan for decades.

韓国の誤った慰安婦問題批判は、何十年もの間、日本人の名誉を傷つけています。

■ Koreans’ activities such as building comfort women memorials lead to unnecessary racial conflict.

慰安婦記念碑を建てるなどの韓国系の活動は不要な民族対立のもとです。

■ Resolution 121 was result of lobbying as a part of Korean propaganda:”Discount Japan”. Seek and act only based on the truth!

慰安婦決議は韓国人の『ディスカウントジャパン』というプロパガンダに基づいて行われたロビー活動の結果だ!

■ WH petition “Remove the comfort women monuments” http://wh.gov/yrR

慰安婦記念碑撤去のホワイトハウス請願 http://wh.gov/yrR

■ WH petition “Repeal the HR Resolution 121” http://wh.gov/lBwa

下院慰安婦決議撤廃のホワイトハウス請願 http://wh.gov/lBwa

※他、例文から適当に切り取ってツィートしてください。

——————————————————-

以下、慰安婦問題についての解説サイトURLを伝えるツイート

■ What is the “Comfort Women Issue?” http://sakura.a.la9.jp/japan/?page_id=2015

■ Mr. Komori of Japanese newspaper being interviewed on the comfort women issue for the PBS series http://sakura.a.la9.jp/japan/?page_id=2535

■ GEISHA, TONY BLAIR & COMFORT WOMEN http://sakura.a.la9.jp/japan/?page_id=2556

———————————————————

<議会公式 twitter>

NY州議会下院 Assembly Majority

@NYSA_Majority

NY州議会上院 New York Senate

@NYSenate

<NY上院議員 twitter>

LEE M. ZELDIN  @leezeldin

http://twitter.com/leezeldin

DANIEL L. SQUADRON  @DanielSquadron

http://www.twitter.com/danielsquadron

MALCOLM A. SMITH

http://twitter.com/malcolmasmith

JOSÉ M. SERRANO @malcolmasmith

http://twitter.com/senatorserrano

JOSEPH E. ROBACH  @SenatorRobach

https://twitter.com/SenatorRobach

GUSTAVO RIVERA @NYSenatorRivera

http://twitter.com/NYSenatorRivera

JOSÉ PERALTA  @SenatorPeralta

http://twitter.com/SenatorPeralta

GEORGE D. MAZIARZ  @senatormaziarz

http://twitter.com/senatormaziarz

JACK M. MARTINS  @SenatorMartins

http://twitter.com/senatormartins

KENNETH P. LAVALLE  @senatorlavalle

http://twitter.com/senatorlavalle

JEFFREY D. KLEIN  @JeffKleinNY

http://twitter.com/JeffKleinNY

TIMOTHY M. KENNEDY @SenKennedy

http://twitter.com/senkennedy

KEMP HANNON  @kemphannon

http://twitter.com/kemphannon

MARK GRISANTI  @senatorgrisanti

http://twitter.com/senatorgrisanti

MARTIN J. GOLDEN  @SenMartyGolden

http://twitter.com/senmartygolden

PATRICK M. GALLIVAN @senatorgallivan

http://twitter.com/senatorgallivan

CHARLES J. FUSCHILLO JR.  @SenFuschillo

https://twitter.com/senfuschillo

ADRIANO ESPAILLAT  @Adriano4Senate

http://twitter.com/Adriano4Senate

MARTIN MALAVÉ DILAN  @SenatorDilan

http://twitter.com/SenatorDilan

JOHN A. DEFRANCISCO @JohnDeFrancisco

http://twitter.com/JohnDeFrancisco

DAVID CARLUCCI  @davidcarlucci

http://twitter.com/davidcarlucci

PHIL BOYLE  @PhilBoyleNY

http://twitter.com/PhilBoyleNY

JOHN J. BONACIC @JohnBonacic

http://twitter.com/JohnBonacic

ERIC ADAMS @NYSSenAdams

http://twitter.com/NYSSenAdams

—————————————————

【資料集】

<「慰安婦問題とは?」英文冊子ダウンロード>

英語圏に慰安婦問題を説明するお手紙付冊子・資料セットを作りました。

①②③を1セットにして各所(米国議員、役所、図書館等)に郵送してご利用ください。

②③だけでも資料としてお使いいただけます。

①同封するお手紙(PDF)

http://nadesiko-action.org/wp-content/uploads/2013/01/letterKNadeshikoWeb-2.pdf

本文の上に日付、下のスペースに差出人の署名、名前、住所を書いて下さい。

②”Yes, we remember the facts”(PDF)

http://sakura.a.la9.jp/japan/wp-content/uploads/2012/11/Committee-for-Historical-Facts-Proof.pdf

2012年ニュージャージ州新聞に掲載された慰安婦問題意見広告

③「慰安婦問題とは?」英文冊子(PDF)

Web版:ページ順に配置されています。

http://nadesiko-action.org/wp-content/uploads/2013/01/nadeshiko_zWeb.pdf

冊子版:両面印刷して重ねると冊子になるようにページが配置されています。ページ番号を確認して印刷して下さい。

http://nadesiko-action.org/wp-content/uploads/2013/01/nadeshiko_zBooklet.pdf

< 慰安婦問題について 英文解説サイト >

What is the“Comfort Women Issue?”

http://sakura.a.la9.jp/japan/?page_id=2015

Mr.Komori of Japanese newspaper being interviewed on the comfort women issue for the PBS series

http://sakura.a.la9.jp/japan/?page_id=2535

GEISHA, TONY BLAIR & COMFORT WOMEN

http://sakura.a.la9.jp/japan/?page_id=2556

<他 参考サイト>

NHK 米 州議会に慰安婦謝罪求める決議案 1月8日 11時29分

NY州上院・下院議員の名簿

上院議員(NYS senates): http://www.nysenate.gov/senators

下院議員(NYS assembly member): http://assembly.state.ny.us/mem/

——————————————————

【例文 日本語 要約】

<例文 A>

NY州議会 上院議員 下院議員の皆様へ

日米関係を懸念する日本人として、この手紙を書きます。

NY州上院が、決議 J304 「世界に知られる慰安婦に敬意を表しNY州慰安婦碑を記憶にとどめる決議」を採択したことを非常に残念に思います。

慰安婦というのは第二次世界大戦中の日本軍相手の売春業の女性のことです。米軍にも日本占領期、朝鮮戦争、ベトナム戦争の時に売春業者が周りにいたはずです。いつの時代も、どの国でも、軍隊の周りにあるビジネスです。

ところが戦後50年近くたってから、”日本軍が女性を拉致して強制的に慰安婦にした”という嘘の歴史が日本と韓国で広まり始めました。現在では、米国内で韓国系が”20万人以上の婦女子が拉致された”、”ホロコーストと同じ犯罪”、”慰安婦は性奴隷”と宣伝しています。これらは全く事実でなく、多くの識者が事実でないことを既に証明しています。

このような日本を侮辱するプロパガンダは、日本の誇りを傷つけ、我々の先人の名誉を貶めるもので、日本人は非常に怒っています。

それを表すものとしてホワイトハウスへの二つの請願があります。両方とも3万以上の署名を集めています。

慰安婦記念碑撤去請願 http://wh.gov/yrR

慰安婦決議撤廃請願 http://wh.gov/lBwa

日米同盟はアジア太平洋の平和・安全・安定の礎石です。慰安婦問題を利用した韓国系の反日プロパガンダ活動は米国、韓国、日本の関係を悪化させます。これに利するのは、北朝鮮と中国であることを理解して下さい。

歴史の真実を大切にし、日米友好を願う私たち日本人は、NY州下院に提出される慰安婦決議に強く反対します。

米国の皆様は公正・真実・正義を重んじると信じます。この問題についての聡明な判断を願います。

<例文 B>

NY州議会 上院議員 下院議員の皆様へ

懸念する一人の日本人としてこのメッセージを書きます。

NY州上院が、決議 J304 「世界に知られる慰安婦に敬意を表しNY州慰安婦碑を記憶にとどめる決議」を採択したことを非常に残念に思います。

慰安婦というのは単に戦時中の売春業のことです。ところが韓国人は戦時中日本が何十万もの韓国女性を誘拐して無理やり慰安婦にさせたという全くあり得ない嘘の歴史を宣伝してきました。

日本政府は関連資料を慎重に調査し、日韓両方からの聞き取り調査もした結果、正式に強制性を否定しています。そして、元慰安婦の辛い経験に対しては謝罪しています。

日本側は個人も政府も謝罪し、アジア女性基金で償い金を渡す等の努力をしてきたにも関わらず、韓国側は日本の努力を全く認めようとしません。

韓国系による慰安婦記念碑建立などの活動は不要な日韓の対立を招き、この日韓問題を良く知らぬ米国人に誤った事実を植え付けることになります。

二つのホワイトハウス請願をご紹介します。両方とも3万以上の署名を集め、まだ増え続けています。

慰安婦記念碑撤去請願 http://wh.gov/yrR

慰安婦決議撤廃請願 http://wh.gov/lBwa

慰安婦問題については以下のサイトをご覧下さい。

慰安婦問題とは?

http://sakura.a.la9.jp/japan/?page_id=2015

産経古森記者米国テレビインタビュー動画書き起こし

http://sakura.a.la9.jp/japan/?page_id=2535

谷山雄二朗氏 慰安婦問題について語る動画書き起こし

http://sakura.a.la9.jp/japan/?page_id=2556

私たち日本人はNY州下院の慰安婦決議に強く反対します。

米国の皆様は公正・真実・正義を重んじると信じます。この問題についての聡明な判断を願います。

303 thoughts on “NY州議会 慰安婦決議反対! メッセージを送ろう(2013)

  1. なな says:

    私の亡くなった母も女学生の頃挺身隊で勤労奉仕をしたそうです。一般の日本女性がその慰安婦に加算されて20万人の性奴隷と捏造されている事に外務省は抗議してほしいです。私たち日本人の子孫にでっち上げの汚名を着せたくはありません。


  2. 憂国の士 says:

    ※朝鮮は当時のドイツに置けるオーストリアの立場です。
    日本軍の士官学校を卒業し、高級将校にも多数、任官しています。
    その立場は、師団長、連隊長、大隊長、中隊長、小隊長など軍中核クラスです。
    普通の植民地ではあり得ない事です。
    この様な環境で朝鮮女性を強制連行出来る筈がありません。

    朝鮮系日本陸軍将官 Japan army general officer
    洪思翊 – 中将 lieutenant general
    趙東潤 – 中将 lieutenant general
    李秉武 – 中将 lieutenant general
    趙性根 – 中将 lieutenant general
    魚潭  - 中将 lieutenant general
    李垠  – 中将 lieutenant general(李王)
    李煕斗 – 少将 major general
    金応善 – 少将 major general
    王瑜植 – 少将 major general

    ※ (元日本軍人 /Former Japanese soldier)
    李応俊 – 大佐 colonel
    金錫源 – 大佐 colonel
    李鍵 – 中佐 Lieutenant colonel, (李王族、日本に帰化)
    李鍝 – 大佐 colonel(李王族 、李鍵 弟 、広島で原爆により戦死)
    安秉範 – 大佐 colonel
    衛喨 – 満州国軍 中佐 Lieutenant colonel
    蔡秉徳 – 少佐 major
    白洪錫 – 少佐 major
    金貞烈 – 大尉 captain
    金?天 – 中尉 lieutenant
    池青天 – 中尉 lieutenant
    朴正熙 – 満州国軍 中尉 lieutenant
    白善 – 満州国軍 中尉 lieutenant
    張都暎 – 少尉 second lieutenant
    安光鎬 – 少尉 second lieutenant
    丁一権 – 階級不詳、憲兵士官

    ※歴代の韓国陸軍参謀総長 (元日本軍人 /Former Japanese soldier)
    ※The successive Korean Chiefs of Staff of the Army
    1. 李応俊、 日本陸軍士官学校(第26期、1914年)日本陸軍大佐 colonel
    2. 蔡秉徳、 日本陸軍士官学校(第49期、1935年) 日本陸軍中佐 Lieutenant colonel
    3. 申泰英、韓国陸軍幼年学校、日本陸軍中央幼年学校、 日本陸軍士官学校(第26期、1914年) 日本陸軍中佐 Lieutenant colonel
    4. 蔡秉徳 -2度目の就任
    5. 丁一権、満州国陸軍軍官学校から日本陸軍士官学校留学(陸士第55期相当、1941年)満州軍大尉 captain
    6. 李鍾贊、日本陸軍士官学校(第49期、1937年) 日本陸軍中佐 Lieutenant colonel
    7. 白善、満州国陸軍軍官学校(1941年)
    8. 丁一権、 -2度目の就任
    9. 李亨根、日本陸軍士官学校(第56期、1942年) 日本陸軍少佐 major
    10. 白善、 – 2度目の就任
    11. 宋尭讃、志願兵出身(第2期)、日本軍准尉 Warrant Officer
    12. 崔栄喜、専修大学法学部卒(1944年) 日本陸軍 工兵学校 日本陸軍 工兵少尉 second lieutenant
    13. 崔慶禄、軍事英語学校(軍番11番) 日本軍准尉 Warrant Officer
    14. 張都映、軍事英語学校(軍番80番) 日本軍少尉 second lieutenant
    15. 金鍾五、軍事英語学校(軍番31番) 日本軍少尉 second lieutenant (日本中央大学在学中に学徒出陣)

    ※最初に陸軍に朝鮮人が大量採用されたのは1910年に創設された憲兵補助員制度において。
    憲兵補助員は陸軍一等卒、二等卒に準じる処遇を受ける軍属とされた。
    1919年に憲兵警察制度が廃止されると憲兵補助員は朝鮮総督府警察の警察官に転官した。
    1938年に陸軍特別志願兵制度、
    1943年に海軍特別志願兵制度が導入された。

    特別志願兵制度の施行以前は、朝鮮人が一般の兵卒として陸海軍に入隊することはできず、
    朝鮮人の日本軍人は洪思翊に代表される、陸軍士官学校を卒業して士官に任官した者、
    李秉武のように旧大韓帝国軍から朝鮮軍人として日本陸軍に転籍した者に限られていた。
    海軍兵学校、海軍機関学校などの海軍の士官養成諸学校は、終始朝鮮人の入校を認めなかった。
    1944年からは徴兵も行われた。

    ※戦争の長期化により1938年2月に朝鮮人に対して陸軍特別志願兵令が施行され、朝鮮人も志願兵となることが可能になった(朝鮮人日本兵)。

    ※朴正熙訓導(後日本陸軍士官学校を経て韓国大統領)が満州国軍軍官学校の日系将校枠出願にあたり受験年齢制限特別免除を求める血書嘆願書を提出したことを報じる。
    1939年3月31日付、満洲新聞

    ※日本軍の将校を養成する陸軍士官学校や陸軍幼年学校では、
    朝鮮人へも門戸を開放していた。
    また、 満州国軍の朝鮮人軍人も陸軍士官学校に派遣留学されることがあり、
    朴正熙韓国大統領は満州国軍の士官任官後、同校で教育を受け卒業している 。

    朝鮮兵志願者数、
    ※年度、志願者、入所者数、選抜率、志願倍率
    ※1938年 2946人、406人、16.2%、 7.3倍
    ※1939年 12,348人、613人、4.9%、 20.2倍
    ※1940年 84,443人、3,060人、3.6%、27.6倍
    ※1941年 144,743人、3,208人、2.2%、 45.1倍
    ※1942年 254,273人、4,077人、 1.6%、62.4倍
    ※1943年 303,394人、6,000人、 1.9% 、50.6倍

    ※日本の厚生労働省
    (1990年、1993年返還名簿・当時厚生省)の統計、
    朝鮮人の軍人軍属は24万2,341人、
    2万2,182人が第二次世界大戦で死亡または不明となり帰国していない。

    ※分類 、動員、復員、不明又
    は戦没、不明又は戦没率。
    ※朝鮮 、全体 242,341人 240,159人 22,182人 9.2%
    軍人 116,294人 110,116人 6,178人 5.3%
    軍属 126,047人 110,043人 16,004人 12.7%
    ※日本本土 全体 781.4万人 551.4万人 230万人 29.43%


  3. says:

    NY議会が非難決議を採択したとの事。
    みなさん、まだまだメール爆撃が足りないようです。
    もっともっと、大量のメール爆撃を行う必要があります!!!
    みなさん頑張りましょう!!!!1!!1

    私はやりませんがw


  4. 憂国の士 says:

    歴史の上で世界中の軍隊で性処理の問題がついて回ったのは事実です。
    当時の日本軍にも制度として慰安婦、慰安所は有りました。
    此は兵隊の性問題を管理して外地や駐屯地での性犯罪を防止する為です。
    問題は、日本軍による慰安婦の強制連行があったか?です。

    客観的事実として慰安婦の強制連行を証明する資料や文書は日本にも朝鮮半島にも何もありません。
    強制連行を主張するなら客観論理的に証明し裏付ける検証が欠かせず必要です。
    (偽証率の高い韓国での証言だけでは証明になりません、証言内容もコロコロ変わっています。)
    韓国サイドは慰安婦の強制連行を主張するなら客観的資料や文書などでそれを証明しなければ根拠がなく無意味です。

    当時は朝鮮は日本であり朝鮮人も日本国籍を持った朝鮮系日本人でした。
    日本は朝鮮に義務教育を行いました、多数の小、中学校を建て師範学校、大学など朝鮮の教育制度を整えました。
    道路、鉄道、水道、発電所、電気、役所、病院、工場など朝鮮の社会インフラを整備しました。日本は国家予算から朝鮮半島に膨大な資本投下しました。

    これらの文明社会の受益者は大多数の朝鮮人です。
    何故、日本は朝鮮を社会整備したか?
    朝鮮も外地の日本であり朝鮮人もまた日本国籍の朝鮮系日本人だったからです。
    これらは全て事実です。
    韓国政府は李承晩大統領の頃より反日政策を行い事実を歪曲しています。

    #資料
    ※慰安婦問題で騙したのは、同じ朝鮮人の女衒業者です。
    ※1939年3月15日「東亜日報」の記事見出し。
    「誘拐した百余の処女」
    「貞操を強制蹂躙」
    「河允明余罪は続出」
    ※東亜日報では、3月29日に「誘引魔の跋扈」というタイトルで社説を記載。

    ※「1939年3月5日付の「毎日新報」
    (京城発行のハングル新聞)によると、
    逮捕された河允明は、妻と共に32年から各地の農村を歩き回り「生活難であえぐ貧しい農夫達」に良い仕事があるとだまして、
    約150人を満州や中国本土などに700円から1000円で売ったという。
    ついでに河から50余人を買った京城の遊郭業者を警察が呼び出すと、それを察知して
    彼女達を牡丹江や山東省に転売したことも判明する・・・・」
    (河允明事件)。

    ※安秉直 、韓国の経済史学者、ソウル大学名誉教授 。

    慰安婦について韓国挺身隊問題
    対策協議会と共同で調査した。
    この調査で強制によると認定した慰安婦が金学順と文玉珠 。
    この調査について後に、

    韓国の新聞のインタビューで「問題は強制動員だ、
    強制動員されたという一部の
    慰安婦経験者の証言はあるが、
    韓日とも客観的資料は一つもない」
    「3年活動してからやめた理由は、
    彼ら(挺身隊対策協)の目的が慰安婦の本質を把握して今日の悲惨な
    慰安婦現象を防止することではなく、
    日本とケンカすることだったか
    らだ」とコメントし、韓国内で波紋を拡げた。

    ※池 萬元 、大韓民国の軍人 、 評論家 、経営科学博士。

    慰安婦問題について
    2005年4月ホームページ上に「慰安婦問題を解剖する」という論文を発表 。
    日本大使館前で毎週水曜に行われている抗議集会に参加する元挺身隊の女性たちは偽者である。
    日本の最高裁判所が確実に日本軍慰安婦だったと認めたシム・ミジャさんが認める日本軍慰安婦だった女
    性は33人で、
    このうち現在デモをしている女性は1人もいなかった。

    テレビでよく見かける女性の場合は日本の関連団体が偽者とし保証金の支給さえ拒絶している 。
    1944年がおそろく従軍慰安婦に連れて行かされた最後の時点であるはずで、当時15歳以上だったならば、現在は少なくとも78歳以上になったはず。

    最近、テレビで見る元慰安婦の女性の中には、
    それほど高齢でもなく健康も良さそうで、声に活気あふれる方もいる。
    本当の従軍慰安婦は全体の20%にすぎず、その大半が厳しい経済事情のため自ら性売買を望んだ人だとした 。

    ☆陸軍省副官通牒2197
    軍慰安所従業婦募集に関する件

    兵務部副官より北支方面軍及および中支派遣軍参謀長宛通牒案

    支那事変地に於ける慰安所設置の為、内地に於て之これが従業婦等を募集するに当り、
    故ことさらに軍部諒解等の名義を利用し、為に軍の威信を傷つけ、
    且かつ一般民の誤解を招く虞おそれあるもの、
    或は従軍記者、慰問者等を介して不統制に募集し社会問題を惹起する虞おそれあるもの、
    或は募集に任ずる者の人選適切を欠き、為に募集の方法、誘拐に類し警察当局に検挙取調を受くるものある等、

    注意を要するもの少なからざるに就ついては、将来是等の募集等に当りては、派遣軍に於いて統制し、
    之これに任ずる人物の選定を周到適切にし、
    其の実施に当りては、関係地方の憲兵及および警察当局との連繋を密にし、
    以もって軍の威信保持上、並ならびに社会問題上、
    遺漏なき様よう配慮相成度あいなりたく、依命により通牒す。
    陸支密第七四五号
    昭和13年3月4日

    ☆米軍の調査による慰安婦の実態■(北ビルマのミチナ慰安所)
    当時の貨幣価値
    総理大臣 月給  800円
    日本兵  年収    150円
    陸軍大将 年収   6,600円
    慰安婦  年収 12,000円~24,000円

    ※元慰安婦、文玉珠の2年3ヶ月の郵便貯金 26145円
    ※当時、1000円で故郷の大邱に小さな家を一軒作ることができたという。

    ※■2.米軍がレポートする慰安婦の実態■
    米軍情報部は、北ビルマの慰安所で収容された慰安婦からの聞き取りをもとに、
    以下のような報告書を残している。

    「女性たちは、経営主が600円前後の前借金を親に払って、その債務を慰安所での収入で
    返還している。
    女性たちの稼ぎは月に1500円前後、兵士の月給は20円前後。
    慰安婦たちは、二階建て個室付きの大規模家屋に宿泊して業を営んだ。
    ・・・・彼女たちの暮らしぶりは、贅沢であった。
    慰安婦は接客を断る権利を認められ、負債の弁済を終えた何人かの慰安婦は
    朝鮮に帰ることを許された」

    また、ビルマのラングーンで慰安婦をしていた文玉珠さんの手記では
    その生活ぶりを次のように語っており、米軍のレポートを裏付けている。
    「支那マーケットにいって買物した。ワ二皮のハンドバッグと靴を買い母のためにもなにか買った。
    将校さんに連れられてジープに乗って、ぺグーの涅槃像をみに行った」

    ちなみに文玉珠さんは、平成4年に日本の郵便局を訪れ、当時貯めた2万6145円の
    貯金返還の訴訟を起こして敗れている。
    千円もあれば故郷に家が一軒買えると体験記で述べているが、現在の貨幣価値なら、
    4~5千万円程度の金額を3年足らずで貯めたことになる。

    ☆ 朝鮮戦争の時にも「慰安所」は存在した。
    第五種補給品とも呼ばれた
    女たちを利用したのは、アメリカ兵と韓国兵だった。
    ソウル、春川、原州、江陵、束草などに慰安部隊が設置されていた。
    ソウルの慰安所は、現在中区
    にあるペク病院から双龍ビルへ行く坂道にあった。
    公式報道によれば、1952年にソウルの三か所と江陵の一か所に収容された慰安婦は全部で89名だったと言う。
    その年に慰安所を訪れた兵
    士の総数は20万4千名あまりとされ、慰安婦一人当たり一日平均6名という勘定だった。
    私が会うことができたある従軍経験者の回顧によれば、春川の昭陽江(ソヤンガン)の川辺にはいくつもの天幕が張ら
    れており、兵士たちがずらっと列をなして順番を待っていたという。
    日本軍の兵士たちが慰安所の前
    で列をなしていた光景と、少しも変るところがない と思われます。
    これ以外にも各部隊は部隊長の裁量で、周辺の私娼窟から 女性たちを調達 し、兵士たちに「補給」した
    のですが、部隊によっては慰安婦を「 第五種補給品 」と言っていました。
    私はその「補給品」をトラック
    に積んで前線を移動して回った元特務上等兵に会ったことがあります。
    彼によれば、慰安婦を前線まで連れて行くのは許可されたことではありませんでした。
    にもかかわらずドラム缶に女性を一人ずつ押し込んでトラックに積み込んで前線まで行ったといいます。
    夜になると「開店」するのですが、 アメリカ兵も大いにこれを利用したということです。
    大韓民国の物語  李栄薫

    李栄薫 は、1956年に陸軍本部が編纂した戦史を引用して、「慰安所制度を導入した日本軍の思惑とほぼ同じ」と指摘する。
    士気昂揚はもちろん、戦争という事実に伴う避けることの出来ない弊害を未然に防ぐことができるだけ
    でなく、
    長期間にわたる報われない戦闘によって後方との行き来が絶えているため、この性に対する思い
    から起こる生理作用による性格の変化などによって鬱病、その他の支障を招くことを予防するために、本
    特殊慰安隊を設置させた。
    後方戦史(人事篇)1956年 。

    ☆強制徴用問題
    申志鎬、議員が徴用期間を証言。 ※根拠資料として日帝強制徴用に関する歴史的事実が記録された、 釜山高等裁判所第5民事部の判決文(事件 番号2007と4288)を提示した。

    シン議員は「判決文を見ると、日本は戦争により人材と物資が不足すると 1939年7月8日に国家総動員法にともなう 国民徴用令(勅令第451号)を制定したが、 韓半島など外地に対しては勅令第600号に よって1943年10月1日から国民徴用令を実際に適用した」と話した。

    シン議員は「初期には日本が韓国人の反発を懸念して国民徴用令を強制施行せず、 飛行機の部品および製鉄溶鉱炉製造者、船 舶修理工など特集技能を持った人々を日本 に移住させる政策を推進したが、
    それも日本の会社中心の労務動員計画によ るものだった」として 「1944年8月8日から初めて一般韓国人を対象にした国民徴用令が適用された」と強調した。

    彼は「1939年から1941年までは企業体募集、1942年から1943年までは朝鮮総督府 斡旋、1944年からは強制徴用形式だった」 ハンナラ党シン・ジホ(申志鎬)議員

    ※「韓国政府、韓日会談で個別請求権放棄 」
    太平洋戦争犠牲者遺族会(ヤン・スンイム会長)は17日、「1961年の韓日会談当時、韓国政府が日本政府の韓国人犠牲者に対する直接補償の提案を拒否し、国が補償金を受け取って支給する方法を選んだ」と主張した 。
    遺族会はこの日、国会で記者会見を開き、その証拠として「第5回韓日会談予備会談会議録(一般請求権小委員会第12、13回会議録)」を公開した。

    遺族会は「会議録を見ると、韓日会談当時、韓国政府は労務者と軍人・軍属を含め、徴用の方法で国外に動員された生存者、負傷者、死亡者、行方不明者など、
    被徴用韓国人の肉体的・精神的苦痛に対する補償金の支給を請求した」とし、
    「しかし韓国政府は日本政府の韓国人犠牲者に対する直接補償の提案を拒否し、国が補償金を受け取って支給する方法を選んだことが記録されている 」と主張した。

    遺族会はさらに「朴正熙 政権はしかし、65年の韓日協定締結後に受け取った5億ドルの対日請求権資金で、
    被徴用韓国人に対する補償を実施すべきだったにもかかわらず、
    浦項(ポハン)製鉄と京釜(キョンブ)高速道路の建設に投入し、維新政権時の70年代に軍人・軍属の死亡者8000人に限って補償をしたにとどまった」とした。


  5. suzu says:

    アルジェリア事件で、日本が情報戦に負けてることが分かりましたけど、こういうやり方では同じく勝てないですよ。相手にウンザリされたらそれまで。同一文章のメールボム=スパムですが、スパム攻撃をしてるという自覚は・・・・?こういうやり方は止めるべきです。英語の勉強を含め、もっと地道な努力をしないで外国を動かせると思ったら、あまりにも甘すぎるとしか言いようが無い。
    相手は一人一人生身の人間で、一度日本人に貼っった悪感情は滅多なことでは剥がさないだろうということの怖さを、一体どれほど分かってやってるのでしょうか?


  6. Mano says:

    皆さん
    NY州の上院議員全員にとてもがっかりした旨のメールを出しておきました。上院議会はフェアでないし偽善的とも付け加えました。下院議員全員には下記メールを送りました。
    To the Representatives of NY State legislature,

    We, Japanese were extremely disappointed with the fact that NY Senate adopted “Comfort Women” resolution this Tuesday.

    They cooperated with Korean campaign “Discount Japan”, without studying the true history of Asia in the WWII.

    We consider that NY Senators are not fair and hypocritical.

    •Japan has never had any “Colonies”, but “Annexation” of Korean peninsula (1910-1045). We expended a lot to help the dependency land be modernized.

    •Japan has never had “sex slavery”, but “comfort women”, just prostitutes with good pay in the wartime.
    (Not only in the wartime but also present time, many Korean prostitutes, it is said approx. 50,000, came to Japan to earn money.)

    •”approx. 200,000 young women were coerced into the CW system of forced military…………” is LIE. This sentence is well known as Korean propaganda in Japan. Distorted statistics is based on nothing. Japanese military didn’t need to coerce any girls because they recruited sufficient CW easily paying good salary under sanitary condition.

    Just for your information:

    http://www.youtube.com/watch?v=rXUosuYfwyA

    We would appreciate your consideration on the sensitive international matter and reject the resolution.

    Thanks for your understanding in advance.

    Mark Butler下院議員はやさしい方ですね。きっと私たち抗議者全員にサインしないと返事を下さったのです。私もお礼メールしました。

    それから、「トニー・アベラ議員が不快を示し・・・」ですが中央日報の記事でしょう。サーチナ同様反日新聞です。これで私達が抗議を控えたら、彼らの思うつぼ、絶対続けましょう。同じ内容になるのは当たり前だし、問題は数、どれだけの人が反対しているのかが重要です。数人なら無視できるけれど、数百人からなら、通すにしても少しマイルドにするとか原文のような過激さを抑えられる。 左翼、在日の抗議もすさまじいけれど、内容は同じ文面が多いようですよ。

    慰安婦とは別件ですが、又、”全米の教科書に東海併記を”運動が始まったみたいです。ホワイト・ハウスの嘆願は10万を超えたとか。

    私達も負けないように頑張っていきましょう。

    http://japanese.joins.com/article/833/166833.html?servcode=A00&sectcode=A10



  7. ネットを通じて世界中に迷惑をかけまくるネトウヨ工作員の皆様ごくろーさん(笑)。

    お前さん方のメル凸サイバーテロが逆効果になって慰安婦決議は無事採択されちゃったんだってさ。ざまあw

    メル凸裏目に? NY州議会で「慰安婦」決議採択
    http://d.hatena.ne.jp/dj19/20130131/p1

    2007年の「THE FACTS」の時もそうだけど、お前らってほんとに自爆が大好きだね(笑)。つくづく学習能力の無い奴らだな(爆笑)。
    バカなことを何度やっても無駄だってのが、まだ分からねーのかよw

    ああそれからね、日本軍・日本兵の資料でも従軍慰安婦が日本軍性奴隷だったことはしっかり裏付けられてるから。単にお前らが何も知らないだけ。残念だったなw

    お前らに現実を直視する度胸があればの話だが、そんなに従軍慰安婦強制の証拠が知りたきゃ下のリンク先を最後まで読んでみれば~?
    ま、ガクガクブルブルしながら読むことになるだろうけどな(爆笑)。

    日本軍将兵の証言・手記にみる慰安婦強制の実態
    http://d.hatena.ne.jp/dj19/20121213/p1

    文句があればリンク先のコメント欄で思う存分反論してくれば~?ま、お前らネトウヨが向こうの管理人さんに完全論破されて発狂するのは目に見えてるが(爆笑)。

    て言うか、日本の従軍慰安婦性奴隷制度は韓国だけでなく親日国家(笑)の台湾やフィリピンやインドネシアなど多くのアジア諸国からも非難されまくってるんですけども、そっちのことは華麗にスルーですか~?

    そもそも従軍慰安婦について論じる際に韓国のことしか念頭にない時点でお前らのチンケな従軍慰安婦否定論は世界から相手にもされねーのwだからお前らはどんどん世界から見放されてくんだよ(爆笑)。



  8. 従軍慰安婦の被害を訴える国が歴史捏造国家なら、親日国家(笑)の台湾も歴史捏造国家なのか?(ワラ

    台湾立法院「慰安婦」決議(2008.11.5 可決)
    http://www.wam-peace.org/index.php/ianfu-mondai/intl/resol/taiwan2008110

    台湾立法院の「慰安婦問題の迅速な解決を日本政府に要求する」決議文

    立法院第7期第2会期第8回会議議案関係文書
    立法院議案関係文書 中華民国97年11月5日

    提案の由来:

    本院委員 黄淑英、楊麗環、頼清徳、潘孟安等28名は、本院に次のような決議案を提出した:
    「日本政府が、はっきりとした、曖昧ではない態度で、戦時中の日本軍性奴隷制度の歴史的責任を受けとめ、正式に認め、謝罪し、生存している被害者に対し、直接、謝罪と賠償をおこない、一日も早く『慰安婦』被害者の名誉と尊厳を回復し、国連人権委員会の提案を遵守し、かつ現在と未来の世代に、関連の史実を正確に教えることを要求する。」

    説明:

    一、第二次大戦中、日本はその植民地および占領区で、脅迫したり、騙したり、誘拐したりして無数の婦女、少女を集め、従軍性奴隷とし、軍隊に性のサービスを提供させた。日本政府はいまだに、この戦争責任を正式に認めようとせず、かつ事実を否認する不当な発言を繰り返し、無数の女性の名誉と尊厳を更に傷つけ、日本政府名義での謝罪と賠償を拒み、被害者の受けた傷は、いまだに癒えることはない。

    二、今年は第二次大戦終結から63年になる。「慰安婦」問題等戦争が残した問題を徹底的に解決し、かつ「慰安婦」被害者の名誉を回復をするために、日本政府は必要な補償措置をとるべきである。

    三、台湾で生存している「慰安婦」被害者は、すでに80歳、90歳になっている。その生あるうちに賠償問題を解決することは、人権を重視することでもあり、阿媽たちの名誉と尊厳を回復することにもなる。2007年8月2日のアメリカ議会での「はっきりと、曖昧ではない態度で、歴史の責任を受けとめ、正式に認め、謝罪するこを日本政府に要求する」決議案の通過に鑑み、本院も、この決議案通過を重視、「慰安婦」人権問題が再度重視された国際的潮流に沿うことを希望した。日本政府がいまだ解決していない「慰安婦」問題を正視し、立法化し、被害者に直接賠償することを要求する。

    提案者:黄淑英 楊麗環、頼清徳、潘孟安

    連署:林正二 呂學樟 翁金珠 洪秀柱 陳 蛍 侯彩鳳 劉盛良 孔文吉 陳亭妃 林建榮 林益世 陳福海 朱鳳芝 陳根徳 林鴻池 徐少萍 楊仁福 江義雄 呉清池 張嘉郡 紀国棟 趙麗雲 余天 陳杰

    台湾、慰安婦で日本に謝罪要求 立法院が決議
    http://www.47news.jp/CN/200811/CN2008111101000463.html

    【台北11日共同】台湾の立法院(国会)は11日、第2次大戦中の旧日本軍の従軍慰安婦問題をめぐって、日本政府による公式謝罪と被害者への賠償などを求める決議案を全会一致で採択した。

    決議案は超党派の立法委員(国会議員)らが提出。同委員の1人は「決議が現在の日台関係に影響するとは思わない。慰安婦だった女性はいずれも高齢で、1日も早く日本政府に謝罪してほしい」と述べた。

    決議に法的な拘束力はないが、米下院が昨年7月、日本政府に公式謝罪を求める決議を可決したほか、カナダや欧州連合(EU)、韓国が同様の決議を採択している。

    2008/11/11 13:50 【共同通信】



  9. 従軍慰安婦の被害を訴える国が歴史捏造国家なら、親日国家(笑)のフィリピンも歴史捏造国家なのか?(ワラ

    フィリピン下院外交委員会決議(二〇〇七年八月一三日・発議、〇八年三月一一日委員会採択(再議決予定))
    http://space.geocities.jp/ml1alt2/data/data5/data5-09.htm#06

    人権の承認は、「国はすべての人の尊厳を尊重し、人権の完全な遵守を保障する」(第二条第一一節)と述べる一九八七年フィリピン憲法の尊い条項であり、

    第二次世界大戦当時の慰安婦が日本帝国軍の手によって体験せられた想像もできない過酷な被害に対し、日本政府からの公式謝罪と法的な賠償を求める声を上げてからすでに一〇年以上が経過し、

    一九九〇年六月、日本政府は、この慰安婦に関する問題を社会問題として認識し、

    この問題の重要性を理解した後に、日本政府は調査を実施し、その結果、一九九三年八月に日本政府の性奴隷事件への関与を認め、慰安婦問題についての反省とお詫びを表明し、

    最近になって、日本の政府高官や政治家が、一九九三年の河野洋平官房長官による「慰安婦」問題に関する談話を取り消したり薄めたいとの願いを表明し、

    一九九三年の河野長官談話は、日本帝国軍による戦時性奴隷制の被害者女性の苦難に対し、日本政府の心からのお詫びを表明し、

    日本政府は、サンフランシスコ条約や他の二国間協定約が調印された時点で問題は解決済みであり、被害者に補償する義務はないと主張し、

    一九九六年に国連人権委員会・女性に対する暴力に関する特別報告者ラディカ・クマラスワミ氏の国連報告書は、日本政府に対して元慰安婦に補償するよう主張し、一方一九九八年のゲイ・マクドゥーガル氏の国連報告書は、慰安婦事件の日本政府の取り扱いを厳しく批判し、日本が補償問題を国家次元の対応に引き上げるよう強く勧告し、

    高まっていく国際的な圧力に対する日本政府の対応は、日本の市民から「見舞金」を集めるアジア女性基金(AWF)の創設で、それによって、国が慰安婦問題に取り組んでいるかのごとく、国としての法的責任をのがれようとした。アジア女性基金は、五七〇万米ドルを集め、日本国民から慰安婦への「償い金」として渡した。その基金は二〇〇七年三月三一日をもって終了して同日解散し、

    一九九八年四月、韓国政府は、元慰安婦に約三〇〇万円の経済的支援を行う決定をしたと表明する声明を出し、

    台湾政府は、アジア女性基金の金に代わる二〇〇万円の立替金を元慰安婦に支給する同様の措置をとり、一方で日本政府からの国家次元の補償と謝罪を要求し、

    二〇〇四年六月九日、日本の民主党、共産党、社民党と無所属の参議院議員によって「戦時性的強制被害者問題解決促進法案」と題する法律案が日本の参議院に共同提案された。同法案は、二〇〇一年三月二一日と一一月一四日に、また二〇〇三年一月二一日にも提出されたが、参議院での可決に至っていない。

    日本の参議院に提出された法案の主な目的は、第二次世界大戦中の日本帝国軍による戦時性奴隷制の被害者女性の尊厳と名誉の回復のために迅速な措置をとることである。同法案は、戦時性的強制被害者に関する問題を解決するために必要不可欠な基盤を提供し、もって関係諸国民との関係を改善し、日本が国際社会において名誉ある地位を占めることを可能とすることをめざしている。

    同法案は、戦時性奴隷制被害者の尊厳を侵害したことに対する日本政府の謝罪の声明および金銭的補償を含む被害者の名誉回復をすみやかに行うために必要な措置の実施を含む名誉回復の方法を示したものである。

    同法案は、日本の参議院に再度提出される予定で、

    大韓民国の国会は、日本の国会に、戦時性的強制被害者問題解決促進法案を審議し、成立させるよう勧告する決議をすでに採択し、

    二〇〇七年七月三一日、米国連邦議会下院は下院決議一二一号を採択し、一九三〇年代から第二次世界大戦の期間を通して、アジアと太平洋諸島の植民地支配および戦時占領中に、「慰安婦」として世界に知られる若い女性を日本帝国軍が強制し、性奴隷にしたことに対し、日本政府は明確かつ曖昧さのない方法で、公式に認め、謝罪し、歴史的責任を受け入れるべきであるとする下院の意思を表明し、

    日本政府は、一九二一年『婦人及児童の売買禁止に関する国際条約』の署名国であり、二〇〇〇年『女性、平和と安全保障に関する国連安全保障理事会決議一三二五号』を支持した、決議一二一号を可決した米国議会下院の後を追う形で、フィリピン政府は、フィリピン人慰安婦が当然の正義を実現し、彼女らの尊厳とフィリピン国民の尊厳を再生するために、真剣な関心を示している、

    よって、以下の通り決議する。

    フィリピン議会下院は、日本が、アジアを植民地支配および戦時占領した期間に、軍事力によって若い女性を性奴隷に強制したことに対し、明確かつ曖昧さのない方法で、公式に事実を認め、謝罪し、その歴史的責任を受け入れるべきであると述べる米議会下院決議一二一号の採択に照らし、そして、謝罪、補償と慰安婦問題の速やかな解決を求めている日本の参議院における立法提案に照らし、第二次世界大戦中に日本帝国軍によって慰安婦として一般的に知られる若い女性たちが性奴隷にされたことに対し、日本政府が公式に事実を認め、謝罪し、その責任を受け入れ、被害者に補償を行うことをフィリピン政府が日本政府に強く促すよう下院の意思として表明する。

    〈訳=ICR〉

    「慰安婦問題」謝罪を/フィリピン下院に決議案
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik07/2007-08-16/2007081607_01_0.html

    【ハノイ=井上歩】第二次大戦中の「従軍慰安婦問題」をめぐり、フィリピンの与野党七人の下院議員が十三日、日本政府に対し、責任を認め、謝罪するよう求める決議案を提出しました。

    米下院が七月、日本政府に公式謝罪を求める「従軍慰安婦」決議を採択したことに続こうとする動きです。

    決議案は、日本政府に対し「第二次大戦中、若い女性たちを性的奴隷にしたことを公式に認め、謝罪し、責任を認め、犠牲者たちに賠償する」よう求める内容です。

    決議案は、「慰安婦」に対する軍の関与と強制性を認めて「心からのおわびと反省」をのべた一九九三年の河野官房長官談話について、「日本の官民の関係者が最近、撤回させるか弱めようとする意図を表明している」と言及しています。

    同様の決議案は過去にも数回下院に提出されましたが、採択されていません。上院にも七月、「慰安婦」に関する決議案が提出されています。

    比上院にも先月決議案

    七月三十一日にフィリピン上院に旧日本軍の従軍「慰安婦」問題で日本政府に謝罪を求める決議案を提出したのは、女性議員のコンパネラ・カエターノさんです。同決議案はフィリピン外相に対し、日本の参議院に日本共産党を含む野党が共同で二〇〇三年と〇四年に提出した「戦時性的強制被害者問題の解決の促進に関する法律案」の進ちょく状況の調査を要求しています。

    決議案は、米下院外交委員会で六月二十六日に「慰安婦」問題で日本政府に正式謝罪を要求する決議案が採択されたこと、百人余のフィリピン人女性が戦争中に「性的な強制」の犠牲者となったこと、彼女らの尊厳と名誉の回復を急ぐ必要性などに言及。フィリピン外相に、日本の参議院に提出された法案の即時成立に全力をあげるよう求めています。

    フィリピンでは一九九三年以降、百七十人が「慰安婦」だったと名乗り出ています。安倍首相が今年三月一日、「慰安婦」問題で「強制性を裏付ける証拠がなかったのは事実」と述べた時には、フィリピンでも強い抗議の声があがりました。

    その際、フランクリン・エブダリン外務次官は「日本政府が、一九九三年の河野官房長官による性奴隷についての謝罪や、二〇〇二年の小泉首相がフィリピンの(元)『慰安婦』たちに送った謝罪の手紙の言葉と内容を順守するよう求める」(三月五日)と語っています。(宮崎清明)



  10. インドネシアの元慰安婦の証言。で、インドネシア人も「嘘つき」なのか?(ワラ

    戦後60年/記者がさぐる/戦争の真実/アジアの独立/日本が解放したのか?
    http://www.jcp.or.jp/akahata/aik4/2005-08-12/2005081201_03_1.html

    ■元「慰安婦」の証言

    日本の軍政下、インドネシアで「慰安婦」にされた女性たちもいました。日本軍の性奴隷制を裁いた二〇〇〇年の女性国際戦犯法廷でもインドネシアの女性たちが証言しています。

    ▼マルディエムさん

    「私は痛かったし、惨めな気持ちでした。彼らは私を人間としてではなく、モノか道具のように扱いました。彼らは『慰安婦』を動物のように乱暴に扱ったのです」

    ▼スハナさん

    「私が最もいやだったのは話すのもはばかられるようなことです。足を開くことです。彼らは私の足を開いたままにさせました。屈辱的でした。暴力から身を守ろうとすると、彼らは怒りました。『おまえ、こっちへ来い』。私はけられ平手打ちを受けました。私の顔ははれてしまいました。私の体はぼろぼろにされました。恥ずかしいことです。私は子どもを産むことも結婚することもできませんでした。私の子宮は摘出されてしまったからです」

    インドネシア元「慰安婦」 マルディエムさんの証言
    http://www.geocities.jp/afyokohama128/marudyiemu1995.htm

    だまされて「慰安婦」に

    1942年(当時13歳、ジョグジャカルタで、
    芝居をやる人を捜しているという日本人医師ショウゲンジに誘われて応募した。
    医師の検査で応募年齢に達していないと分かったが、他の応募者47名とともに鉄道と船を乗り継いでスラバヤまで行き、24人の仲間とともに南カリマンタンの州都バンジェルマシン郊外のトラワンに連れていかれた。 そこの「慰安所」でそれぞれ個室と日本名が与えられた。その翌日、運営責任者のチカダに軍の病院に連れていかれ、検査を受けた。

    まだ13歳だった

    それから生理の始まる前の13歳で続けて6人も客をとらされたためひどく出血し、辛さのために死んだ方がましだとさえ思った。
    客をとったと言ってもお金を貰ったわけではなかった。
    昼間は軍人が、夜は民間人が利用した。出血が止まると一日10~13人の客をとらされた。
    1942年から1945年まで3年以上働いた

    14歳で妊娠中絶

    1943年に妊娠してしまい、中絶をすることになった。麻酔も鎮痛剤もなしの手術だったのでとても痛く体を動かすことが少しもできなかった。
    出された赤ちゃんは男の子でまだ生きていた。今でも、子どもを殺したという罪の意識にさいなまれている。
    中絶後、3ヶ月の休暇をもらった。連合軍の空襲が始まり、中絶から半月経った頃、トワランに逃げ戻ったトコロ、チカダにレイプされて、体だけでなく心も痛めつけられた。自殺も考えたが、宗教心が強く、自殺は罪だと考えていたので、できなかった。
    その後慰安所には第二陣、第三陣が到着した。
    ある日突然、日本軍がいなくなり、チカダもどこに行ったか分からなくなった。チカダからは慰安婦をやめて村に帰るときにまとめて支払うと言われたが、一銭も支払われなかった。

    日本政府は責任をとって!

    日本政府には、3年間働いた報酬に着いての責任を持ってもらいたい。体をずいぶんわるくした。
    友達のほとんどが子どもを産めなくなったことの責任も持って欲しい。
    50年以上前の話だけれども決して忘れることができない。

    二度と戦争はしないで!

    若い人たちに言いたいのは、二度と戦争をくり返してはいけないということ。
    本当に戦争が憎い。戦争によって犠牲になるのは何の力もない人たちだからだ。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>