河野洋平氏への公開質問状

カルフォルニアで立ち上がった「日本人の子どもを守る母の会」の抗議文を添付し、なでしこアクションから河野洋平氏宛てに11月4日付で以下の内容の公開質問状を出しました。

※「日本人の子どもを守る母の会」は、ジャーナリスト大高未貴氏アメリカ慰安婦問題レポートPart2でインタビューを受けた女性達とは別の方々です。

※公開質問状の英語版はこちらOpen Letter to Mr. KONO Yohei
————————————————————————————————————————-

公開質問状

平成25年 11月 4日

河野 洋平 様 

なでしこアクション 代表 山本優美子

 「戦時中、20万人の婦女子が日本軍に強制連行され、慰安婦として性奴隷にされた」という事実無根の捏造歴史が世界中に広まっています。強制連行の証拠は、日本政府はもとより、韓国政府ですら未だに出せていません。 そうであるにも関わらず、我が国がこの慰安婦問題で謂れ無き抗議、非難、中傷を受け続けている大きな元凶となっているのは、貴方様が平成5年8月4日、「慰安婦関係調査結果発表に関する河野内閣官房長官談話」(以下、河野談話)を発表した事に起因します。平成25年10月16日付産経新聞の報道によると、河野談話の根拠となった韓国元慰安婦16人の聞き取り調査は、証言の事実関係が曖昧で別の機会での発言と食い違いが目立つ他、氏名や生年並びに住所等も不正確な例が多く、歴史資料としては通用しない杜撰な調査であったことは明白であり、河野談話の正当性は根底から崩れています。

私達は戦後、満州や朝鮮半島引揚の際に多くの日本女性がロシア人や朝鮮人に強姦され強制堕胎したこと、そしてアメリカ占領軍の暴行により多くの日本女性が性的被害者となった歴史的事実を知っています。このような戦争に纏わる女性の悲劇は、二度と繰り返されてはなりません。しかし、慰安婦問題は全く次元の違う問題です。何故、日本だけが事実でないことで非難され続け、私達の子どもの世代までもが、その捏造された負の遺産を背負い続けなければならないのでしょうか。

今年7月、カルフォルニア州グレンデール市に韓国人慰安婦像が建ちました。米国の「日本人の子どもを守る母の会」から寄せられた貴方様への抗議文をこの質問状に添付いたしましたので、是非お読みいただき、現地の母親達の悲痛な声に耳を傾けて下さい。

貴方様には、河野談話を発表した官房長官としての大きな説明責任があります。よって平成25年12月4日迄に、下記の質問5項目について御回答下さい。

尚、この質問状と貴方様からの御回答は、多くの日本国民の関心事と考え、公開させていただく所存です。

衆議院議長を務められ桐花大綬章をも受賞された貴方様より、誠意ある御回答を頂きたく、心よりお願い申し上げます。

 

記 (質問)

  1. 河野談話について、貴方様が国会や公開の記者会見などで国民に説明する義務と責任があるという声が高まっています。これに応じられるご意思の有無をお答え下さい。
  2. 韓国人元慰安婦に関する調査が、歴史資料としては通用しない、裏付け調査に基づかない内容であったことを事前にご存知であったのかどうか、お答えください。ご承知の上で談話を発表したのであれば、その理由をご説明下さい。
  3. 河野談話の白紙撤回を求める意見が増えています。これに賛同されるか否かとその理由をご説明下さい。
  4. 多くの国民が、河野談話は過去のみならず、現在と未来の日本人の名誉と尊厳をも傷付けるものと考え、それ故、貴方様を国賊と批判する人も少なからずおります。この現状をどのように思われるのか、お答え下さい。
  5. 「河野談話」の中に、「慰安婦の募集については、軍の要請を受けた業者が主としてこれに当たったが、その場合も、甘言、強圧による等、本人たちの意思に反して集められた事例が数多くあり、更に、官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった。」と有りますが、上記文中の「官憲等が直接これに加担したこともあったことが明らかになった」証拠をお示し下さい。

以上

————————————————————————————————————————-

 [添付]

平成25年 11月 4日

河野 洋平 様

日本人の子どもを守る母の会
代表  豊田育代

抗議文

 本年7月にロサンゼルスに隣接するグレンデール市中央公園に多くの在米日本人の反対を押し切り韓国人慰安婦像が設置されました。その1ヶ月後に近郊のブエナパーク市議会で慰安婦像設置計画が討議されましたが、在米日本人の必死の署名活動等により設置は見送られました。他市にも同様の慰安婦像設置の動きがあり、予断を許さぬ状況です。

私達がお伝えしたいのは、グレンデール市に慰安婦像が建ったことで米国に暮らす日本人の子ども達に被害が及んでいる現状です。慰安婦像台座に刻まれた「私は日本軍の性奴隷でした」で始まる過激な碑文を鵜呑みにした米国人から「レイピスト(強姦魔)」呼ばわりされる等の被害があります。韓国系の多い地区に住む日本人の中には、外で我が子に日本語で話しかけるのを、子どもの安全を考え躊躇する人もいます。これが、韓国人慰安婦問題で揺れ動く今の米国に住む日本人の現状です。私達は、既に国が解決済みであるとする慰安婦問題で、何故これほどまでに屈辱的な悲しい思いをしなければならないのかと、やるせなさを抱きながら暮らしています。

私達が最も困惑したのは、グレンデールに慰安婦像設置を推進したキンテロ市議が、設置正当化の理由として河野談話に基づく日本政府の姿勢を指摘したことです。同様に、2007年米下院で可決された従軍慰安婦対日非難決議も、河野談話を根拠としています。慰安像設置に唯一反対票を投じたグレンデールのウエーバー市長は、日本のテレビ局の取材に応じて、「慰安婦像設置は間違っていた」と発言しただけで、「日本から賄賂を貰った」「暗殺してやろうか」等、韓国系設置推進派からの誹謗中傷を受けていると聞きます。

米国は様々な民族が住み分けして暮らす多民族国家です。これまで平和に共存していた韓国系と日系住民の間に無用な摩擦や軋轢を生み出した慰安婦像は、平和な地域コミュ二ティーにとって「百害あって一利なし」です。

河野談話を根拠として全ての慰安婦問題が発生しているのですから、海外の日本人が大打撃を受けているこの現状を真摯に直視して下さい。私達は、河野談話を発表した当事者である貴方様が、未だに説明責任を果たされていないことに対し、抗議いたします。そして、日本人の子ども達の未来の為にも、国民に対する迅速なる釈明と談話の撤回を要望いたします。

 以上

60 thoughts on “河野洋平氏への公開質問状

  1. Nishiura Kazumi says:

    こんにちわ
    いつも、読ませてもらっています、不甲斐ない政府のおかげで大変ご苦労されて
    日本に住んでいる身としては、申し訳ありません
    私も、微力ですが 慰安婦展とかは、声かけして、友人を誘ったりしています。

    ありがとうメール が、PCふなれなせいで、うまく遅れなかったです
    再挑戦してみます
    有難うございました。


  2. キプロン says:

    なでしこアクションに感謝します。在米の子供たちの現実は厳しい。傷ついた心を親にも話せないのです。河野氏自身が動いてくれることを願っています。


  3. 真珠湾 says:

     これまで、グレンデール市に対する抗議の手紙、現市長に対する感謝(ありがとう)のメールを送っていますが、今回の元官房長官に対する公開質問状は、大きな意味を持つものになると思います。国民の追求から逃れることは出来ないでしょう。当方も、「慰安婦の真実」国民運動に賛同し、現在、自主的に署名活動をしていますが、日本及び日本人を貶めている元凶となっている所謂「河野談話」なるいかがわしい談話は、即刻撤回さるべきものです。河野談話が撤回されるまで、当方も自分で出来ることをやっていきたいと考えています。なでしこアクションのご活動には常に感謝しています。


  4. 日本市民 says:

    なでしこアクションさま、核心的な活動ありがとうございます。
    平成25年12月4日迄に河野から回答がなかった場合が気になりますが、「正論」12月号の 「河野談話」特集で、[慰安婦」全員の聴き取り内容が掲載されているそうです。(私はまだ見ていないので、産経新聞で報道していた分と違いはわかりませんが・・・。まさか全文とは違うと思うのですが)


  5. 匿名 says:

    従軍慰安婦のすばらしい動画です。

    日本語版
    http://www.youtube.com/watch?v=KZ2d1bqycmw

    英語版
    http://www.youtube.com/watch?v=7jlfAqR8uBc

    ぜひ世界に拡散してほしいです。


  6. kyoko says:

    山本様をはじめ、なでしこアクションの活動をされている皆様、お疲れ様です。

    今日はYahooのニュースでも外務省が韓国の裁判所などの姿勢を批判していることや、
    産経系の記事で慰安婦が高級取りであったことなどが流れ、
    政府やマスコミが重い腰を上げかけている兆候が見られました。
    また、ネットニュースで流れることで、全くこの問題を知らない国民にも少しずつ真実が
    浸透していく可能性がまた少し大きくなりました。

    これらの吉兆はひとえに、皆様の日頃の活動の賜物と存じます。
    (とはいえ全国的に反日教育がなされている韓国が相手ですので、まだまだ安心できる段階ではありません。)
    これからも、微力ながら、応援しております。


  7. 辻 政行 says:

    本日の産経新聞に『慰安婦問題 米国報告書「彼女らは大金稼ぎ、欲しいもの買えた』という記事がありました。
    この内容は個人の立場からメールでグレンデール市関係者などに伝えるべきと考えます。

    つきましては、記事に記載されている『米国戦争情報局資料「心理戦チーム報告書」(1944年10月1日)』の英語正式名またはPDFコピーがあれば、小生のメールアドレスまでご連絡頂けないでしょうか。
    お手数をお掛け位いたしますが、宜しくお願い致します。


  8. 辻 政行 says:

    本日の貴社の記事に『慰安婦問題 米国報告書「彼女らは大金稼ぎ、欲しいもの買えた』がありました。この内容は個人の立場からメールでグレンデール市関係者などに伝えるべきと考えます。
    つきましては、記事に記載されている『米国戦争情報局資料「心理戦チーム報告書」(1944年10月1日)』の英語正式名またはPDFコピーがあれば、小生のメールアドレスまでご連絡頂けないでしょうか。
    お手数をおかけいたしますが、宜しくお願い致します。


  9. Masao Kitada says:

    旧日本軍は当時世界で最も規律の厳しい軍隊で、陸軍軍法における強姦罪は婚姻以外の性行為全てに適用されており、また全ての将兵とは言い切れませんが、日本国民の性格上、日本国の体面を汚す行為を行ったとは思えません。
    戦争における負の遺産として、戦後長い年月を過ぎた今日でも、残留孤児の問題はあるものの、派兵地における混血児問題があったと言う話は聞いた事が無い程、規律統制が徹底していたと考えて良いものと思われます。
    占領下の日本における米兵との混血児、ベトナム戦争然り、加えてベトナムでは韓国兵の凌辱行為によって数万人の混血児(ライタイハン)問題が存在しますが、韓国政府はこの問題についてベトナム側に明確な回答をしていません。
    過去の問題は詫びれば終止符が打たれるものではなく、未来永劫に亘り後の世代が背負って行く歴史の連綿性であることから、子々孫々に対し民族の誇りを揺るがすような、誤った結果を残すべきではありませんし、命を懸けて国家に殉じた軍民に対しても、謂れ無き汚名を着せて良い筈はありまん。
    政治の責任は、今を生きている国民だけにあるのではなく、過去を生き、未来を生きる国民に対してもあると言う自覚と覚悟無くして、国の政治を司る資格はありません。


  10. 小口 says:

    初めてコメントさせて頂きます。なでしこアクションの皆様には感謝いたしております。慰安婦に対する事実無根の嘘が一人歩きをする諸悪の根源である「河野談話」により、多くの日本人の心を傷つけました。今回、なでしこアクションの方々が立ち上がり、河野洋平氏に公開質問状を出して下さることを知り、多くの傷ついた日本人が救われることを願います。
    こういった活動をより多くの日本人が知ることが大事であると思いますし、私たち一人ひとりがより拡散していくことが大事だとおもいますので、どんどん拡散して参ります。命を懸けて国、そして日本人の誇りを守ってくださった下さった英霊の御霊に感謝せずにはいられません。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>