捏造慰安婦アニメのカナダ映画賞受賞阻止!メッセージを送ろう!

皆様ご協力有難うございました!

カナダ発「慰安婦アニメ」スクリーン賞落選 産経2014.3.10 22:59
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140310/waf14031023030023-n1.htm
<記事より一部抜粋>
カナダの優れた映画やテレビ・ドラマに贈られる「カナダ・スクリーン賞」の発表・授賞式が9日、東部トロントで行われた。短編ドキュメンタリー部門では、慰安婦を題材にしたアニメ「Mary & Myself」がノミネートされていたが落選した。作品をめぐっては、在カナダ日本人らで作る「日本の名誉を護る在カナダ邦人の会」などが授賞式に先立ち、同賞の実行委員会や、監督が籍を置く大学院などに抗議文を送るよう邦人らに呼び掛けていた。

「慰安婦アニメ」カナダ映画賞で落選 在カナダ日本人ら抗議 zakzak2014.03.11
http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140311/frn1403111147000-n1.htm
<記事より一部抜粋>
在カナダ日本人らで作る「日本の名誉を護る在カナダ邦人の会」や、日本の主婦たちによる、正しい歴史を次世代につなぐネットワーク「なでしこアクション」が、「受賞すると、『20万人から50万人の女性が日本軍によって拉致された』といった嘘が広まる」として、同賞の実行委員会や大学院などに抗議文を送る活動を呼び掛けていた。

*************************************************************************
*************************************************************************

仏アングレーム漫画祭に続き、カナダでアニメの形で捏造慰安婦が広まろうとしています。
日本の名誉を護る在カナダ邦人の会から「CanadianScreen 賞の候補となっている捏造慰安婦アニメの受賞阻止!にご協力のお願い」のお知らせです。

*************************************************************************

‘Mary& Myself’という捏造慰安婦をテーマにしたアニメーションがCanadianScreen Awardという賞にノミネートされました。

<関連ニュース>
NSCAD student nominated for Canadian Screen Award

Animated doc tells a sad tale from history

カナダ人大学院生Sam Decosteさんの中国語の教師とその友人は、捏造慰安婦の話を題材にした劇を作りました。 それを基にSam Decosteさんが’Mary & Myself’というアニメーションを作成。そのアニメーション作品が今、カナダ映画賞にノミネートされています。

賞が決まるのは2014年3月9日。受賞してしまうと、「第二次世界大戦中に、およそ20万人から50万人の女性が日本軍によって拉致されたか、あるいはだまされて強制的に毎日何十人もの日本兵相手に性行為をさせられ た。女性の多くは死に、苦しめられ、性感染症と外傷、トラウマから不妊になったなどという噓がまるで真実のようにカナダや世界に広まってしまいます。

日本の名誉を護る在カナダ邦人の会では、Samさんや彼女の大学院、カナダ映画賞の委員会に抗議を送り、受賞を阻止ししようと努力しています。皆様にもご協力いただきたく、住所、メアド、英文メッセージ例を以下に用意しました。皆様ご多忙のこととはお思いますが、一つでも多くメールやお手紙を送っていただき、応援・ご協力いただけますようお願い申し上げます。

日本の名誉を護る在カナダ邦人の会
代表 はすみ 都志子
連絡先:hasumitoshiko@gmail.com

以下抗議先、抗議文例
◆Academy of Canadian Cinema & Television宛抗議文 その1、その2
◆メディア一覧
の順番で掲載してあります。

※「Sam Decosteさんと彼女の大学の学部宛抗議文」は会の依頼により3月1日に削除しました。

***********************************************************
【Academy of Canadian Cinema & Television宛て抗議】

<住所>手紙郵送の場合
Academy of Canadian Cinema & Television
49 Ontario Street, Suite 501
Toronto, Ontario, M5A 2V1
TEL: 416-366-2227

<メアド>
To:
communications@academy.ca, info@academy.ca,

<メール件名例>
Mary & Myself
Comfort Women
CSA Nomination

<本文 その1>
Ladies and Gentlemen:

I am writing in response to the nomination of Ms. Sam Decoste for a Canadian Screen Award for her short animated film Mary & Myself.
I would like to provide some information about the subject of that film which will likely surprise you. The standard story about “comfort women” being coerced into being sex slaves is not true, and the script that the actresses read in that movie is not based on fact.
I worry that if Mary & Myself wins the award, then more people will wrongly think that the ‘comfort women were sex slaves’ story on which it is based is true. That would unjustly tarnish Japan’s reputation in the world.
Despite many current claims to the contrary, there was no systematic coercion and entrapment of young women to work in brothels for the Japanese army before or during World War II. There were brothels, after all prostitution was not illegal there at the time, but they were filled with women recruited and hired as prostitutes.
There is lots of evidence of this in Japanese military records and also some in US military records. For example, below is a link to a report written in 1944 (ten months before the War’s end) by the U.S. Army.

http://nadesiko-action.org/wp-content/uploads/2013/02/Japanese-Prisoner-of-War-Interrogation.pdf

The report summarizes information from the U.S. Army’s interrogation of some captured comfort women. They were “captured” and not “freed,” because they were with the Japanese Imperial Army in Burma fleeing from the advancing U.S. military.
The report makes clear that the women were recruited, were being well paid and were under no compulsion to stay or work.
The sex trade that exists wherever armed forces are located is a delicate subject matter in Asia and elsewhere, and causes various social problems. The Korean prostitutes who service the U.S military in South Korea are an issue ( http://en.wikipedia.org/wiki/Prostitutes_in_South_Korea_for_the_U.S._military )as is the discrimination inflicted on the offspring of Vietnamese women and Korean soldiers born during the Vietnam War (http://en.wikipedia.org/wiki/Lai_%C4%90%E1%BA%A1i_H%C3%A0n ).
In any case, the story that comfort women were sex slaves and were coerced into that role is untrue. It is being trumpeted by groups in certain Asian countries for political and propaganda purposes and it is unfortunate that the script on which the film Mary & Myself is based on such untruths.
I would like the Academy to consider and discuss this matter objectively and diligently before the award winner is chosen.

Sincerely,
差出人名 (市、県、Japan)

日本語要約:Sam DecosteさんのMary & MyselfがCanadian Screen Awardにノミネートされた件についてメールしております。Mary & Myselfのテーマについて重要な情報を提供する必要があると存じます。一般的な慰安婦の話は捏造であり、このアニメーションで声優が読んだ台本は史実に基づいていません。Mary & Myselfが受賞した場合、史実でないことが史実のように誤解され、日本の名誉を毀損する内容が世界中に広まるのではないかと怖れています。それに関する証拠を提供します。それは1944年の米軍による慰安婦の尋問の記録です。こちらがそのコピーです。(URL省略)このレポートはビルマで捕えられた(開放されたのではなく)慰安婦を米軍が尋問したものの要約です。慰安婦たちは公募で高給取りで、強制されていたわけではないことが明記されています。風俗は軍隊の存在するいかなる所にもあり、微妙な主題で、様々な社会問題を引き起こします。洋公主やライダイハンなど。とにかく、慰安婦が日本軍によって強制された性奴隷だという話は虚偽であり、政治的な宣伝目的のため、あるアジアの国々のグループによって吹聴されています。残念ながらMary & Myselfの台本はその虚偽に基づいています。貴映画協会におきましては、カナダ映画賞をお決めになる前にこのようなことを客観的かつ念入りに考慮していただきたく存じます。

***********************************************************
<本文 その2>
Ladies and Gentlemen:

I hope this email finds you all in excellent health.
I am writing in response to the nomination of Ms. Sam Decoste for a Canadian Screen Award for her short animated film Mary & Myself.
I feel it is necessary to provide some important information about the film’s subject matter. The standard story presently circulating about “comfort women” is not accurate, and the script that the actresses read in the film is not based on fact.
I worry that if Mary & Myself wins the award, then more people will wrongly think that the ‘comfort women were sex slaves’ story on which it is based is true. That would unjustly tarnish Japan’s reputation in the world.
Despite many current claims to the contrary, there was no systematic coercion and entrapment of young women to work in brothels for the Japanese army before or during World War II. There were brothels, after all prostitution was not illegal there at the time, but they were filled with women recruited and hired as prostitutes.
The following link is to a US news program about comfort women which reveals the true story.

http://www.youtube.com/watch?v=0goL88N8pQE

As the interviewee, Mr. Komori, states the Japanese army as a matter of policy never coerced the recruitment of young women in Asia. The army did have a system of brothels established for the soldiers, but with a few exceptions, women were recruited for them through advertisements and third parties. The women were paid by the individual soldiers and were well paid by the economic standards of the time. Such a system of brothels is an uncomfortable subject in the present moral climate, but in those days prostitution was legal in many parts of Asia.
In any case, the Japanese government and successive Prime Ministers have acknowledged the wrongdoing of the past, including organizing the brothel system, and apologized.
Unfortunately some groups in certain Asian countries either ignore those apologies or insist they are not sufficient.
I would like the Academy to consider and discuss this matter objectively and diligently before the award winner is chosen.
Sincerely,
差出人名 (市、県、Japan)

日本語要約:Sam DecosteさんのMary & MyselfがCanadian Screen Awardにノミネートされた件についてメールしております。Mary & Myselfのテーマについて重要な情報を提供する必要があると存じます。一般的な慰安婦の話は捏造であり、このアニメーションで声優が読んだ台本は史実に基づいていません。Mary & Myselfが受賞した場合、史実でないことが史実のように誤解され、日本の名誉を毀損する内容が世界中に広まるのではないかと怖れています。WWⅡの前あるいは最中に、若い女性を日本軍の売春宿で働かせるための日本軍による組織的な強制などありませんでした。当時売春は違法ではありませんでしたので、売春宿があり、公募の売春婦がたくさんいました。こちらの米国のニュースで、慰安婦に関する真実が明らかになっています。(URL省略)産経新聞の古森さんは「日本軍は兵士用の売春宿を管理してはいましたが、アジアの女性を慰安婦になるよう強制したことは決してありませんでした。慰安婦は広告や業者によって集められ、個々の兵士が料金を払っており、慰安婦は大金を稼ぎました。そうした売春宿のシステムは現在のモラルから見ると良くないことですが、当時はアジアの多くの地域で売春は合法でした。」と語っています。
とにかく日本政府と歴代の首相は、売春宿などのシステムを管理したことを認め、謝罪しました。残念ながらあるアジアの国々は日本の謝罪を無視するか、十分ではないと主張しています。貴映画協会におきましては、カナダ映画賞をお決めになる前にこのようなことを客観的かつ念入りに考慮していただきたく存じます。

***********************************************************

【メディア一覧】
◆CBC Toronto
hereandnow@cbc.ca
http://www.cbc.ca/hereandnowtoronto/

◆The Glove and Mail
sstead@globeandmail.com, jsheppard@globeandmaill.com,
http://www.theglobeandmail.com/

◆Toronto Sun
mark.daniell@sunmedia.ca
http://www.torontosun.com/

◆Toronto Star
entertain@thestar.ca
http://www.thestar.com/

35 thoughts on “捏造慰安婦アニメのカナダ映画賞受賞阻止!メッセージを送ろう!

  1. 真実 says:

    この時期、同時に関連のある事が違う場所で起こされています。これは明らかに組織的に行われていると見るべきです。

    第一にメインがこの動き
    中国、日本関係で2つの国家法定記念日設ける
    http://jp.wsj.com/article/SB10001424052702304227204579409662160016586.html

    第二に
    東京都内の図書館で ホロコーストに関する書籍 280冊以上が破られる。
    これも韓国系の工作の一部と思われます。
    http://japanese.ruvr.ru/2014_02_22/129008929/

    第三に韓国政府の外交使節団バンクの工作
    米ニューヨーク・ホロコースト博物館、従軍慰安婦の展示館設置へ」
    http://japanese.donga.com/srv/service.php3?biid=2014022693208

    この2と3は関連が直接あります。日本人があたかも反ユダヤでありこのアンネの日記の本を”日本人が”破壊していると思わせる事です。効果があるかは別として。この活動は自作自演工作のチマチョゴリ引き裂き事件に似ています。
    http://tokua33.ninja-web.net/jisakujien.htm

    この行為によってユダヤ系団体の日本に対する印象を悪くし、この第三の工作であるホロコーストと慰安婦という全く関係のない物を結びつけやすくし日本をおとしめる工作をし易くする意図があると思われます。これによりユダヤ系団体も加わってしまう事になりかねません。これから世界でこのような工作活動がハード、ソフトな媒体に関わらず雨後の筍のように次々展開されて行くと思われます。

    この活動を妨害または止めるにはイスラエルやポーランドなどの国と直接掛け合う事です、日本は第二次世界大戦中にユダヤ人のヨーロッパからの脱出に協力をし沢山の人々を救っています。そのコネクションを使うべきです。これら救われた方々の子孫はアメリカなどで活躍されている筈です。
    http://www.jacar.go.jp/modernjapan/p14.html
    http://www.takagi-kei.com/contents/review/review003.html

    これらの工作活動の裏には韓国政府と中国政府が指令を出しています。
    VANK
    http://www.zakzak.co.jp/society/foreign/news/20140226/frn1402260733000-n1.htm

    世界抗日戦争史実維護連合会
    https://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%96%E7%95%8C%E6%8A%97%E6%97%A5%E6%88%A6%E4%BA%89%E5%8F%B2%E5%AE%9F%E7%B6%AD%E8%AD%B7%E9%80%A3%E5%90%88%E4%BC%9A

    抗日連合会カナダ支部
    http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/column/i/63/index2.html

    また海外の大学には中国人学生の団体が組織されており、それらの各支部と孔子学院が現地の学生の工作、洗脳とスパイ活動の拠点になっていると思われます。http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20120528/232636/

    日本人留学生の数は減少傾向にあり、また日本政府がバックアップなどももちろんしていませんので純粋な文化交流活動ですら雲泥の差があります。

    彼らは実際。慰安婦問題や南京大虐殺など現実にあったか無かったのかなどはどうでもいいのです。これらの問題をネタにして日本をおとしめ、外交を有利に進めたいのです。これはもう”戦争が始まっている”という事なんです。

    これらの行為によって日本の評判をおとし日本の外堀を埋めていきます。これで外交面でも優位に立ち圧力をかけ最終的には日中戦争開戦に持ってくる意図があるのしょう。その場合海外の世論を味方につけ易くなります。


  2. Zeke says:

    ホロコースト(慰安婦)キャンペーンに韓国NY総領事が加担していたこと
    http://ianfukangaeru.blogspot.com/2013/04/ny.htm

    小野田寛郎さん従軍慰安婦を語る
    https://www.youtube.com/watch?v=NRwKTJghR2A


  3. 石川 says:

    少し皮肉なメールを出しました。
    random yokoさんの「慰安婦ソング」をお聞きください、と最後に付け加えてあります。

    Dear Ms. Sam Decoste and the members,

    Since you are talented animation producers and you produced “Mary & Myself” for a purpose of humanity and of women’s’ human rights,
    may I ask you and your colleagues a favor?
    Please propose your Chinese professor and your colleagues to produce another animation film on the massacres and rapes in Tibet and in Uighur done by Chinese, or women trafficking between China and North Korea, or cruel rapes and massacres called Lai Dai Han done by Korean Army during the Vietnam War, or 70 million Chinese killed due to starvation by Mao Zedong.
    If your professor would acknowledge these atrocities, accept your proposition and produce animation film, you could believe in his pureness for humanity and human rights.
    Otherwise he is no one but a manipulator and liar, and you are just manipulated to serve for Chinese propaganda to discount Japan like several other Americans or French chosen as a propaganda diffuser.

    (Please listen to a song “Comfort Women Song”)
    http://www.youtube.com/watch?v=5q-8FC1fjoA

    Sincerely yours


  4. Zeke says:

    この件は情報戦であって、向こうは表向きは人道問題として扱っているが、実際は人道問題として扱っているわけではない。

    日本人は人がいいのでこれを人道問題として受け止めるが、中韓はこの問題を情報戦のネタ、宣伝工作の一環として行っています。そこに騙されてはいけません。

    これは情報戦です、宣伝工作なのです。

    日本人も防諜や宣伝活動で対抗するべき時が来たようです。


  5. 石川 says:

    この場をお借ります。
    次の署名をお願いします。
    グレンデール慰安婦像、慰安婦問題に密接にかかわっている案件です。

    【署名】アニメ「はだしのゲン」秦野市共催上映の撤回  

    http://chn.ge/1hV5zM1


  6. もち says:

    情報をありがとうございます。
    今メールを送ったのですが、CCメディアのうちThe Glove and Mailのsstead@globeandmail.comからオートリプライがきて、3月10日まで留守だそうで、編集関係に関しては jsheppard@globeandmaill.com 宛に送ってください、というような内容でした。この部分のメルアドを訂正された方がいいかもしれません。念のためお知らせ致します。


  7. うらら says:

    私は、今日本を訴えている慰安婦が朝鮮戦争時の慰安婦だという内容文と証拠動画を、カナダのテレビ局に送ります!
    皆さん、頑張りましょう!


  8. うらら says:

    https://www.youtube.com/watch?v=lZhzT5Clkvs
    ヤフコメで紹介されていたこの動画を見て下さい。


    • Zeke says:

      この証拠動画をユダヤ人ロビー団体に送れば日本でのアンネの日記損壊事件の犯人を大体理解してくれそうじゃ無いですかね。

      この動画をみて確信しました、これは韓国政府主導の同時宣伝工作です。そして逆卍のサワスティカを日本の総理のイメージや在日韓国人の悪口と一緒に使用する事によりイメージの擦り付け、即ちフジテレビが番組内でよくやるサブリミナルと一緒で日本=ナチス、日章旗=ナチスとイメージの単純化し人々に悪いイメージで洗脳する。

      まさしく日本の似非街宣右翼が日本国旗や日章旗を掲げて威嚇、恫喝する行為で愛国心を持たせなくする行為と同じです。

      この証拠動画は逆に韓国を窮地に立たせる事が出来るかもしれません。


  9. Zeke says:

    自作自演?「マッチポンプだった?」 新大久保の“差別落書き”がハングルの書き順だとネットで話題に

    彼らはなにか工作をしても詰めが甘いんですよね。Youtubeなどでの在日韓国人の方や朝鮮人の方達に対しての酷い罵詈雑言なども殆ど彼らの自作自演だと思います。大体日本人の性格や感覚ではあんな事出来ない。

    http://blog.livedoor.jp/dqnplus/archives/1789880.html


  10. akodama says:

    日本を貶めることで糊口をしのぐ人たちがかくも多く国内外に居るということに驚き呆れ、べつな意味では誇らしくさえ思えてきました。我が国が妬ましいのではないでしょうか。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>