9月20日オープン!カナダ・ウィニペグの人権博物館の捏造慰安婦展示を断固阻止しましょ う!

【2014.10.2記】
カナダ・ウィニペグの人権博物館に、捏造慰安婦+南京情報が展示されてしまいました。

私たち「日本の名誉を護る在カナダ邦人の会」は電話+メール+手紙で、検証係に情報提供をかなり頑張りました。しかし、ウィニペグ市民以外の声は全く無視されてしまいました。

展示内容は博物館関係者と中韓工作員が決めてしまいました。このギャラリーには中国系カナダ人のコミュニティーから200万ドルを超える寄付金が寄せられています。

このようないいかげんな物が、「国の施設」になってしまいました。カナダ人の税金をプロパガンダに使うなど、愚かしいにも程があります。

私たちはウィニペグ市民ではありませんが、博物館に提供したのは一次情報、しかもちゃんと検証係にとどいているはずです。それなのに、プロパガンダをなぜ「史実」のように展示したのでしょうか?人権博物館が日本の人権を踏みにじっていいのでしょうか?!

しかし、「涓滴岩を穿つ」と言います。これからも博物館を説得し続けます。

政府が新談話を出してくれるのが一番ですが、国際的に安倍首相への批判や圧力が押し寄せるでしょうから、同時に強い国力、安倍首相への確固たる支持が不可欠になると思います。

世の中はいつも変わります。あきらめずに粘り強く史実を発信し続けます。

2014年9月27日
日本の名誉を護る在カナダ邦人の会

<参考ニュース>
時事ドットコム 2014/09/20-06:52
「慰安婦制度」を展示=カナダで人権博物館オープン

Record China 2014年9月22日 2時17分
カナダで人権博物館オープン=慰安婦制度や南京事件も展示―中国メディア

****************************************************

PSA Banner

「日本の名誉を護る在カナダ邦人の会」からお知らせとご協力のお願いが届きました。
9月20日にオープン予定のカナダ人権博物館では2015年から校外学習(School Program )も始まります。カナダの子供達にねつ造の反日の歴史を刷り込む事になります。
カナダと日本の子供達の未来の為にも、皆様のご協力お願いいたします。

******************************************************

2014年9月20日、マニトバ州ウィニペグ市にカナダ人権博物館(The Canadian Museum for Human Rights, CMHR)がにオープンします。

ALPHAという反日組織が絡んでいて、CMHRに「WWⅡの最中に、日本軍がアジアの女性を強制的に性奴隷にした」という、例の捏造慰安婦情報 が展示される予定なのです。

TORONTO ALPHAのサイトを調べてみると、理事会のトップは、カナダに帰化しているとは言えど、中国系、 韓国系の人物です。それ以外の人は、重要なポストには就いていません。

そのALPHAがまたまた巨額の資金をつぎ込んで、自称フィリピン慰安婦のローラ・フェデンシア・デービット(祖母ともども10日間にわたり日本軍に陵辱されたと語っています)をCMHRに連れて来ました。

デービッド証言は本人によるただの口述で、何の証拠もありません。そ れなのに結局デービッドの口述もこの博物館に展示されることになってしまいました。

カナダ政府や自治体も出資しているこの人権博物館が、日本のブラック・プロパガンダを垂 れ流すのを断固阻止しましょう。

是非抗議のメール、手紙にご協力いただけますよう、よろしくお願い申し上ます。

日本の名誉を護る在カナダ邦人の会
代表 はすみ 都志子

<参考>人権博物館ブログより
慰安婦生存者、人権について声を挙げる
“Comfort Woman” Survivor Speaks Out For Human Rights

2013年10月に開催された慰安婦イベント
“Comfort Women” events taking place from October 17-22, 2013

フィリピンの元慰安婦が戦時の強姦、人身売買について語る
“Comfort women” survivor from Philippines promotes human rights against wartime rape, human trafficking

******************************************************

以下【The Canadian Museum for Human Rights宛て抗議】【マスメディア宛て抗議】のメアド、件名例、本文例を纏めてあります。

******************************************************
【The Canadian Museum for Human Rights宛て抗議】

<住所>手紙郵送の場合
Canadian Museum for Human Rights
85 Israel Asper Way
Winnipeg, MB
R3C 0L5

電話 (204)289-2000
ウィニペグ領域外 1-877-877-6037
ファックス(204)289から2001
TTY(204)289から2050

<CMHR メアド>
jodi.giesbrecht@museumforhumanrights.ca
research.curation@museumforhumanrights.ca
learning.programming@museumforhumanrights.ca
june.creelman@museumforhumanrights.ca
chandra.erlendson@museumforhumanrights.ca
mireille.lamontagne@museumforhumanrights.ca
info@humanrightsmuseum.ca

<メール件名例>
* Remove the comfort women exhibit at the Canadian Museum for Human Rights.
* We oppose the exhibit regarding comfort women at your museum.
* Shut down the comfort women exhibit.
* Do your homework before creating an exhibit on comfort women.
* Cancel your exhibit regarding comfort women.
* Stop your exhibit about comfort women.
* We oppose the contents of your comfort women exhibit.

<本文例 その1>※文例は8つあります

To Whom It May Concern

Remove the comfort women exhibit at the Canadian Museum for Human Rights.
The U.S. Military official document “Japanese Prisoner of War Interrogation Report No. 49.” explicitly and vividly shows how comfort women were treated. A comfort woman was not a sex slave, but was “nothing more than a prostitute or “professional camp follower”.

LIVING AND WORKING CONDITIONS
Comfort women lived in near-luxury in Burma in comparison to other places. This was especially true of their second year in Burma. They lived well because their food and material was not heavily rationed and they had plenty of money with which to purchase desired articles. They were able to buy cloth, shoes, cigarettes, and cosmetics to supplement the many gifts given to them by soldiers who had received “comfort bags” from home.

You can view a copy of the report here:

http://nadesiko-action.org/wp-content/uploads/2013/02/Japanese-Prisoner-of-War-Interrogation.pdf

Your website says that ‘The purpose of the Canadian Museum for Human Rights is to explore the subject of human rights, with special but not exclusive reference to Canada, in order to enhance the public’s understanding of human rights, to promote respect for others and to encourage reflection and dialogue (Museums Act).’

Why do you not promote respect against Japan?
If you really encourage reflections and dialogue, please consider my opinion.
At least I recommend that you contact the U.S. National Archives and Records Administration (NARA) and get some third party evidence on comfort women. The contact email is archives2reference@nara.gov and the document is stored under the name “ARC Identifier 2144907 / MLR Number NM84 79: Query re Japanese Prisoner of War Interrogation Report #49”.

It states that “A ‘comfort girl’ is nothing more than a prostitute or ‘professional camp follower.
Please note that it may take up to 2 months for the report to arrive by post. It might arrive faster if you request that the report be scanned and emailed to you. It is suggested that you check with NARA to confirm that they have received your request.

Sincerely,
差出人名 (市、県、Japan)

日本語要約:貴館における慰安婦に関する展示を取り去ってください。
米軍慰安婦49レポートには慰安婦が性奴隷ではなかったことが明確に記されています。(慰安婦レポートの取り寄せ方法)
貴館のサイトには「当館の目的は、人権への理解を高め、他者への尊敬や、省察、対話を促すために人権というテーマを探求することです」と記されているのに、何故日本の人権への配慮、尊敬がないのですか?

******************************************************
<本文例 その2>
To Whom It May Concern

We oppose the exhibit regarding comfort women at your museum.

A Korean comfort woman named Moon Ok-ju, a former prostitute who worked in Burma, visited the Shimonoseki Post Office in Japan to withdraw her savings, and found out her original bank ledger was still there and confirmed. (Note: In Japan, the Japanese Post Office has several banking functions.)

She worked in Burma during a period of two years and three months between June 1943 and September 1945 as a comfort woman, and accumulated a total savings of 26,145 yen in deposits at the military post office. In the 1940s, 5000 yen would have been enough to purchase a house in Tokyo.

Sincerely,
差出人名 (市、県、Japan)

日本語要約:貴館における慰安婦情報の展示に反対します。Moon Ok-juという韓国人慰安婦は下関の郵便局に26,145円(東京に家を五軒買える)を預金していました。彼女の預金通帳はまだ保存、確認されています。

******************************************************
<本文例 その3>
To Whom It May Concern

Shut down the comfort women exhibit.

During the annexation of Korea by Japan, all the mayors of the villages in Korea were Korean. Most of the police officers were Korean. Some Koreans presently insist that 200,000 women were violently abducted by the Japanese military. If so, such a large scale abduction would have been witnessed by neighbours and reported to the police. The Japanese government conducted investigation in response to the testimonial of Korean women but no evidence of abductions was found.

Sincerely,
差出人名 (市、県、Japan)

日本語要約:慰安婦展示を閉鎖してください。日本の韓国併合当時、韓国内の全ての村長は韓国人でした。ほとんどの警察官も韓国人でした。韓国側は二十万人の韓国女性が慰安婦として強制連行されたと主張していますが、そんなことはありえません。

******************************************************
<本文例 その4>
To Whom It May Concern

We oppose your exhibit about comfort women.

The Treaty on Basic Relations between Japan and the Republic of Korea was concluded on June 22, 1965. Prior to establishing basic diplomatic relations between Japan and South Korea, a series of bilateral talks (a total of seven talks) were held from October 1951 to June 1965.

Over that period of 14 years, the “comfort women issue” was never brought on the negotiation table. During the talks the Japanese government proposed direct compensation specifically to individuals, but it was the South Korean government that insisted that it would handle individual compensation on behalf of the recipients.

Japan agreed and the Korean government received the whole amount on behalf of citizens. Where did the money go? The money was used up by the Korean government for infrastructure improvement and economic development (such as the Soyanggang Dam, POSCO, the Gyeongbu Expressway).

In 2005, the Korean government disclosed the classified documents, which had been kept confidential for 40 years and the Koreans learned for the first time about the proposal of the Japanese government.
Sincerely,

差出人名 (市、県、Japan)

日本語要約:貴館の慰安婦展示に反対します。1965年に締結された日韓基本条約において、韓国の日本に対する一切の請求権は解決済みで二度と蒸し返されないことが決められています。会談中に、日本政府は、慰安婦個人への直接の補償を提案しましたが、韓国側は政府が受取人を代表して個人補償を扱うと主張しましたので、日本は同意し、結局韓国政府は市民を代表して補償金全額を受け取りました。
しかしそのお金は、韓国の政府によってインフラストラクチャーの改良および経済発展などに使用され、慰安婦個人の手には届きませんでした。
会談中に、日本政府は、慰安婦個人への直接の補償を提案しましたが、韓国側は政府が受取人を代表して個人補償を扱うと主張しましたので、日本は同意し、結局韓国政府は市民を代表して補償金全額を受け取りました。
しかしそのお金は、韓国の政府によってインフラストラクチャーの改良および経済発展などに使用され、慰安婦個人の手には届きませんでした。

******************************************************
<本文例 その5>
To Whom It May Concern

Do your homework before creating an exhibit on comfort women.
The term “comfort women” refers simply to prostitutes in wartime. But some Koreans have long been promoting a “discredit Japan campaign” which promotes a false version of history in which Japan abducted hundreds of thousands of Korean women and coerced them into sexual services for Japanese soldiers outside of Japan during World War II. This is, for practical and logical reasons, a fiction.
Sincerely,

差出人名 (市、県、Japan)

日本語要約:展示について決める前に、良く調べてください。「慰安婦」という言葉は単に戦時中の売春婦のことを指します。しかし韓国のディスカウント・ジャパン計画によって「WW IIの最中に日本軍によって強制的に性奴隷にされた多くの韓国女性という風に捏造されています。これは実際的にも論理的フィクションです。

******************************************************
<本文例 その6>
To Whom It May Concern

Cancel your exhibit regarding comfort women.

It is true that Yohei Kono, the then Chief Cabinet Secretary of the Japanese government, issued in 1993 a statement that during World War II the Japanese military was, directly or indirectly, involved in the establishment and management of brothels and the staffing of these brothels with prostitutes (comfort women) and that in some cases the comfort women were recruited against their own will, through coaxing, coercion, and other means.
However, it must be recognized that at that time in japan and elsewhere in Asia brothels were legal and common. In Japan, each local government (for instance, the Public Health and Hygiene Bureau in Tokyo Prefecture) was responsible for the oversight of brothels in its area. The local police were responsible for apprehending deceitful recruiters and kept watch to ensure that prostitutes were not mistreated. In war zones it was the military authorities who fulfilled these functions, and also exercised their obligation to keep the comfort women safe. Japanese military administrators were simply doing their duty in their oversight of brothels.
In any case, as to the issue of coercion, in June this year the present Japanese government reviewed the Kono statement and its background and some important facts became clear.
First, after the 1992-3 investigation of Japanese ministry and agency records and US archive records, it was concluded that it not possible to confirm that comfort women were forcefully recruited. Second, it was discovered that there was also no investigation performed on the claims of the women who came forward and claimed to be comfort women before the statement was issued.
Despite that lack of evidence, the Kono statement contained an admission that there was coercion. The reason for that was that the contents of the Kono statement were drafted through a process of negotiation with the South Korea government, and the Japanese side was lead to believe that the issuance of a statement which admitted some coercion and the establishment and administration of a compensation fund would finally settle the issue. The admission of coercion was based on the uninvestigated claims of the women who came forward and not on any written record.
The Japanese Deputy Chief Cabinet Secretary at the time, Mr.Nobuo Ishihara, told Rui Abiru, a reporter of the Sankei Newspaper, that the South Korean side repeatedly told them that if Japan acknowledged that the Japanese army forced the Korean women to become comfort women, they would accept this issue as resolved, so the Japanese side made such admission on that understanding.

However in fact, the South Korean side has used the Kono statement as the basis for demands for further apologies and compensation so the compromise reached did more harm than good.
The report of this review can be found here: http://www.mofa.go.jp/files/000042171.pdf
This is in accord with the determination made by the cabinet of the first Abe government in 2007 that there was no statement of any coercion by the military in ministry or agency records.
Anti-Japan movements in various Asian countries argue that through the Kono statement, the Japanese government has itself admitted that they forced women to become comfort women. That is nothing but propaganda.
Sincerely,
差出人名 (市、県、Japan)

日本語要約:貴館における慰安婦情報展示を取りやめてください。今年の六月、日本政府は「日本軍による慰安婦の強制連行があった」と謝罪した河野談話を検証し、「日本軍による慰安婦の強制連行を示す証拠は何も見つからなかったことや、河野談話作成の基となった慰安婦の聞き取り調査の検証もされていなかったこと、河野談話は韓国側との合作であったこと」を明らかにしました
それ以前の2007年にも、第一次安倍内閣において「日本軍による慰安婦の強制連行を裏付ける資料は見つからなかった」という答弁書を閣議決定しています。
アジアの反日国の「河野談話によって、日本政府自らが強制連行を認めている」という主張は、ブラック・プロパガンダに過ぎません。

******************************************************
<本文例 その7>
To Whom It May Concern

We oppose the contents of your comfort women exhibit.
Why are you including in the exhibit the story of Lola Fidencia David? First it is based only on her verbal statements? And how does her story, even if true, provide any support to the claim that the comfort women system was staffed by sex slaves and not by prostitutes?
The people who will see such an exhibit will be misled about the truth.

Sincerely,

差出人名 (市、県、Japan)

日本語要約:慰安婦の展示に反対します。何故自称フィリピン慰安婦のLola Fidencia Davidの展示を許すのですか?それは本人による口述のほか、何の証拠もありません。展示を見る人たちにそれが史実だと誤解させてしまいます。

******************************************************
<本文例 その8>
To Whom It May Concern

Stop your exhibit about comfort women.
According to this article in the Toronto Star, you are organizing an ‘educational campaign’ with Toronto Alpha. http://www.thestar.com/news/gta/2013/10/21/filipino_comfort_woman_still_fighting_for_apology.html
Toronto Alpha is actually a well-funded anti-Japan organization that mixes fabrications with some historical facts. .
Here is some evidence that Toronto Alpha is not trustworthy. The photo exhibition about the so-called Nanking Massacre and comfort women which was held at the Toronto City Hall rotunda from Nov 27th to Dec 2nd, 2012 with photos provided from Toronto Alpha was a fraud. Please look at the photos on this website ( http://www.japantruth.org/ ) and see for yourselves.

Sincerely,

差出人名 (市、県、Japan)

日本語要約:慰安婦情報の展示をやめてください。Toronto Star紙によると貴館はToronto Alphaと教育プログラムを準備しているそうですが、Toronto Alphaが捏造の歴史を流布する反日組織であることをご存知ですか。証拠はこちらです。(2012年、トロント市役所で行われた捏造南京+慰安婦写真展のサイト)ご覧になってください。

******************************************************

【マスメディア宛て抗議】

<マスコミメアド>
Shane.Minkin@freepress.mb.ca
david.larkins@sunmedia.ca
gosia.sawicka@cbc.ca
dchoquette@globeandmail.com
fornat@thestar.ca

******************************************************
※文例は4つあります。

<文例 その1>
(件名)Canadian Museum for Human Rights infringes Japanese human rights.

(本文)
To whom it may concern

The Canadian Museum for Human Rights (CMHR) is opening this September and they are going to exhibit some propaganda about Japan.
The CMHR says that they “will be exploring how before and during the Second World War, the imperial Japanese military established a system of sexual slavery that forced women in occupied territories to provide sexual service to soldiers. The term ‘Comfort Women’ or ‘Comfort System’ was used as a euphemism to distort the reality that this was a system of mass sexual abuse under the purview of the Imperial Army.”
But that is not true.
There are many primary sources that show they are wrong and one of them is a report written in 1944 (ten months before the end of World War II) by the U.S. Army.
It summarizes the U.S. Army’s interrogation of some comfort women captured in Burma. They were “captured” and not “freed,” because they were with the Japanese Imperial Army in Burma fleeing from the advancing U.S. military.
It states that “A ‘comfort girl’ is nothing more than a prostitute or ‘professional camp follower’, and they are well paid. The women had the right to refuse any customer.”
The contact email for the U.S. Army report is archives2reference@nara.gov and the document is stored under the name “ARC Identifier 2144907 / MLR Number NM84 79: Query re Japanese Prisoner of War Interrogation Report #49”.
Please note that it may take up to 2 months for the report to arrive by post. It might arrive faster if you request that the report be scanned and emailed to you. It is suggested that you check with NARA to confirm that they have received your request.
Sincerely,

差出人名 (市、県、Japan)

日本語要約:今年九月開館予定の人権博物館は、日本が第二次世界大戦中にアジアの女性を強制連行し性奴隷にしたという情報を展示する予定ですが、それは史実ではありません。米国公文書館に保存されている米軍による慰安婦レポートによれば、彼女たちは高給取りの売春婦に過ぎません。(慰安婦レポートの取り寄せ方法)

******************************************************
<文例 その2>
(件名)The Canadian Museum for Human Rights (CMHR) is exhibiting a story without any objective evidence.

(本文)
To Whom It May Concern

The Canadian Museum for Human Rights (CMHR) has informed us that they will be holding exhibits about Ms. Lola Fidencia David who says she was force to be a comfort woman for the Japanese army during the World War Ⅱ.
The story of Lola Fidencia David based only on her verbal statements.
The people who will see such an exhibit will be misled about the truth.
I protest that the CMHR is going to use Canadian tax money for that.
Sincerely,

差出人名 (市、県、Japan)

日本語要約:CMHRは自称フィリピン慰安婦・Lola Fidencia Davidの展示を許する予定ですが、その内容は本人による口述に過ぎず、何の証拠もありません。展示を見る人たちにそれが史実だと誤解させてしまいます。
CMHRがそのようなことにカナダ人の税金を使うことに抗議します。

******************************************************
<文例 その3>
(件名)
The Canadian Museum for Human Rights (CMHR) is going to exhibit fabricated history with Canadian tax money.

(本文)
To Whom It May Concern

The CMHR is planning to exhibit propaganda that the imperial Japanese military established a system of sexual slavery that forced women in occupied territories to provide sexual service to soldiers. The museum claims that the terms ‘Comfort Women’ or ‘Comfort System’ were used as euphemisms to distort the reality that this was a system of mass sexual abuse under the purview of the Imperial Army.’ None of that is true.
It is true that Yohei Kono, the then Chief Cabinet Secretary of the Japanese government, issued in 1993 a statement that during World War II the Japanese military was, directly or indirectly, involved in the establishment and management of brothels and the staffing of these brothels with prostitutes (comfort women) and that in some cases the comfort women were recruited against their own will, through coaxing, coercion, and other means.
As to the issue of coercion, in June of this year the present Japanese government reviewed the Kono statement and its background and some important facts became clear.
First, after the 1992-3 investigation of Japanese ministry and agency records and US archive records, it was concluded that it not possible to confirm that comfort women were forcefully recruited. Second, it was discovered that there was also no investigation performed on the claims of the women who came forward and claimed to be comfort women before the statement was issued.
This is in accord with the determination made by the cabinet of the first Abe government in 2007 that there was no statement of any coercion by the military in ministry or agency records.
Anti-Japan movements in various Asian countries argue that through the Kono statement, the Japanese government has itself admitted that they forced women to become comfort women. That is nothing but propaganda.
Sincerely,

差出人名 (市、県、Japan)

日本語要約:CMHRは「日本軍はWWⅡ中にアジアの女性を慰安婦として強制連行した」という情報を展示予定ですが、それはプロパガンダに過ぎません。今年の六月、日本政府は河野談話を検証し、「日本軍による慰安婦の強制連行を示す証拠は何も見つからなかったことや、河野談話作成の基となった慰安婦の聞き取り調査の検証もされていなかったこと、河野談話は韓国側との合作であったこと」を明らかにしました
それ以前の2007年にも、第一次安倍内閣において「日本軍による慰安婦の強制連行を裏付ける資料は見つからなかった」という答弁書を閣議決定しています。
アジアの反日国の「河野談話によって、日本政府自らが強制連行を認めている」という主張は、ブラック・プロパガンダに過ぎません。

******************************************************

<文例 その4>
(件名)
Anti-Japan organization ALPHA has now teamed up with the CMHR.

(本文)
To Whom It May Concern

Alpha is actually a well-funded anti-Japan organization that mixes fabrications with some historical facts. It has now teamed up with the Canadian Museum for Human Rights (CMHR) .
According to the article in the Toronto Star, the CMHR is organizing an educational campaign with Toronto Alpha.
Here is some evidence that Toronto Alpha is not trustworthy.
The photo exhibition about the so-called Nanking Massacre and comfort women which was held at the Toronto City Hall rotunda from Nov 27th to Dec 2nd, 2012 with photos from Toronto Alpha was a fraud.
These photos have been uploaded to a website (http://www.japantruth.org/), together with other photos and details showing that some of the photos are frauds.
Sincerely,

差出人名 (市、県、Japan)

日本語要約:Toronto Star紙によるとCMHRはToronto Alphaと教育プログラムを準備しているそうです。しかしToronto Alphaという団体は捏造の歴史を流布する反日組織です。証拠はこちらです。(2012年、トロント市役所で行われた捏造南京+慰安婦写真展のサイト)

49 thoughts on “9月20日オープン!カナダ・ウィニペグの人権博物館の捏造慰安婦展示を断固阻止しましょ う!

  1. kei says:

    素晴らしい動画を見つけました。”Endangered Japan: Book2: Sex, Lies, and Comfort Women ”
    https://www.youtube.com/watch?annotation_id=annotation_701698&feature=iv&src_vid=qgh-Eoav-JU&v=JLyKJsbw4G4
    各国語対応です。

    この動画で慰安婦問題の真実を知った欧米人も多いようです。
    是非広めてもらいたいです。


  2. 日本市民 says:

    【拡散】ケント・ギルバートさん「従軍慰安婦」の嘘に気づく
    ===
    http://ameblo.jp/workingkent/entry-11913718096.html
    私も「従軍慰安婦問題はあったのだ!」と先日まで信じ込んでいましたから、朝日新聞に完全に騙された人間の一人です。だから朝日新聞は私にも謝罪して欲しいです。保守系の友人たちは「従軍慰安婦問題なんて無かったんですよ!」と何度か私に教えてくれました。しかし私は全く聞く耳を持たなかったので、彼らは密かに私を馬鹿にしていたかも知れませんし、彼らの信用を失ったかも知れません。そのことを考えると精神的苦痛を感じるから、朝日新聞に対しては損害賠償を請求したいくらいです。


    • 日本市民 says:

      ケント・ギルバートさんが英文で記事を書かれました。
      朝日新聞を「世界で最も多くの人を一度に騙したにもかかわらず決して謝罪しない新聞社」ということでギネスブックにのせてもらいましょう。
      ===
      http://ameblo.jp/workingkent/entry-11913696685.html
      Comfort women

      Despite the damage to Japan, the supreme irony is that the biggest losers here are the Korean government and the U.N. Human Rights Commission.


  3. 日本市民 says:

    慰安婦を「強制連行」したのは日本軍ではなく斡旋業者(大多数は朝鮮人)だった
    ===
    http://sankei.jp.msn.com/life/news/140824/bks14082414560012-n1.htm
    『「慰安婦」政府資料が証明する〈河野談話〉の虚構』勝岡寛次著

    2014.8.24 14:56
    慰安婦問題をめぐり、朝日新聞が強制連行と報じた32年前の記事を撤回したことで、自虐史観を覆す「歴史戦」は第2幕に入った。今後は“本丸”である河野談話の見直しが大きな争点になるだろう。
     その論争に打ち勝つ根拠が、本書に全て盛り込まれている。専門家でなければ読み解けない政府調査資料の重要ポイントを整理し、分かりやすく解説した。
    そこから浮かび上がるのは、慰安婦を「強制連行」したのは日本軍ではなく斡旋業者(大多数は朝鮮人)だったという史実だ。
    「歴史戦」の勝敗は見えた。政府は本書が明かす真実を、堂々と主張すればいい。(明成社・本体1200円+税)


  4. 日本市民 says:

    8月30日、31日に開催される奈良県生駒市慰安婦展へ反日団体が妨害工作

    http://ianfukansai.blog.fc2.com/blog-entry-100.html


  5. 日本市民 says:

    9月8日に「性奴隷捏造裁判」第5回口頭弁論が東京地裁で開かれます。
    ===
    2014.08.28
    ttp://www.tadasukai.jp/blog/2014/08/
    友人から下記のようなメールで裁判傍聴の依頼が来ました。
    大事な裁判です。負けられません。是非ご参加ください(仁)。
    ご存知と思いますが衆議院議員桜内文城氏(次世代の党)が、左翼学者吉見義明から慰安婦問題に関する自著の内容を「捏造」と言われたのは名誉棄損に当たるとして訴えられ、9月8日に第5回口頭弁論が東京地裁で開かれます。
    どの裁判でもそうですが、左翼は豊富な運動資金を使って動員をかけます。
    この裁判もその例にもれず左翼の傍聴が圧倒的多数を占めております。
    日本会議から裁判傍聴のお願いが来ました。
    詳しくは添付ファイルをご参照頂きたいと思いますが、ご都合のつく方のご参加を
    お願い申し上げます。

    http://www.tadasukai.jp/files/%E6%85%B0%E5%AE%89%E5%A9%A6%E5%95%8F%E9%A1%8C%E8%A3%81%E5%88%A4%E5%82%8D%E8%81%B4%E3%81%AE%E3%81%8A%E9%A1%98%E3%81%84-2.pdf


    • 日本市民 says:

      桜内議員のホームページに第5回口頭弁での陳述書が掲載されました。
      一読の価値があります。
      (そのままでは小さくてよめません。私は一度画像をマウスで右クリック/名前を付けて保存して・・・から、プリンター印刷しました。他にいい方法があるかもしれませんが)

      http://ameblo.jp/sakurauchi/entry-11922372020.html


  6. 日本市民 says:

    【平成26年8月30日 嘘つき朝日新聞・見ない読まない買わない3ない不買デモ行進】
    朝日新聞に広告を出している企業も「従軍慰安婦捏造」に加担、朝日新聞と同罪になります。
    消費者の立場からそのような企業にその「モラル」を問うクレームを出す運動も始まっています。
    https://www.youtube.com/watch?v=5tAJz4OWNHA
    ===
    9月21日(日)朝日新聞抗議デモ
    ttp://ameblo.jp/fujidemo8-14/entry-11918111916.html
    集合場所  銀座水谷橋公園
    集合時間 12時30分集合 13時出発


  7. 日本市民 says:

    【拡散お願いします】
    ●「朝日新聞を糺す国民会議」結成へ
     結成大会 10月25日 砂防会館にて
     ttp://www.asahi-tadasukai.jp/

    ●朝日集団訴訟提訴に向けて準備を開始
    ===
    https://www.youtube.com/watch?v=y2i8L0ByPa0
     長年に亘り英霊と日本国民の名誉に泥を塗り続けてきた朝日新聞に対し、その反撃の第一­歩として、保守合同での集団訴訟を準備しております。既に、署名や裁判への参加を見据­えた登録作業が動き出しておりますので、水島よりご説明させていただきます。


  8. 日本市民 says:

    秦先生によれば、フィリピンの場合、いわゆるcomfort womenと一般の強姦事件が一緒にされているとどこかに書いてりましたが、このLola Fidencia Davidという人物は日本の女性基金から償い金を受け取った人なんでしょうか?
    (備考)
    女性のためのアジア平和国民基金
    2005年1月 – 理事長に就任した、元村山首相自身の声明として、総理のお詫びの手紙と共に償い金を届ける事業が、285名の「フィリピン、韓国、台湾」の「慰安婦」に対して行われた
    ttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A5%B3%E6%80%A7%E3%81%AE%E3%81%9F%E3%82%81%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%82%B8%E3%82%A2%E5%B9%B3%E5%92%8C%E5%9B%BD%E6%B0%91%E5%9F%BA%E9%87%91
    ===
    慰安婦伝えるカナダ人権博物館、開館 背後にうごめく反日団体「トロント・アルファ」
    http://the-liberty.com/article.php?item_id=8407
    カナダのマニトバ州ウィニペグ市に、カナダ人権博物館が9月20日、開館する。この博物館は、19世紀の奴隷貿易を含む、さまざまな人権問題をテーマにしたもので、日本軍の被害を受けたと訴えるフィリピン人の自称・元慰安婦の証言も展示される予定だ。

    カナダの市民団体「トロント・アルファ」のリリース(2013年10月21日付)によると、このフィリピン人は、ローラ・フェデンシア・デービットという86歳の女性で、14歳の時に日本軍の性奴隷であったと主張。2007年、慰安婦問題の対日非難決議を行ったカナダ下院議会で、証言をしたこともある人物だ。

    しかし、本誌・本欄でも再三にわたって述べているように、従軍慰安婦は、つくられた虚構の歴史。女性の証言も裏付けのない一方的なもので、証言を公表した「トロント・アルファ」も、中韓系帰化人で構成される反日団体だ。同団体は昨年、カナダのハーパー首相が訪日した際、「首相は慰安婦問題で対日批判をするべき」と要求したこともある。

    このような団体と関係する女性の証言を伝える博物館は、2015年1月から校外学習のプログラムを実施すると、ホームページに掲載している。もし、カナダ人の子供が参加することになれば、中韓の主張を鵜呑みにする生徒が増える恐れがある。

    近年、移民政策を推進するカナダでは、中韓の移民が増加し、両国の主張が浸透しやすい国になってきている。特に、中国系移民の増加は顕著であり、ブリティッシュ・コロンビア大学のダニエル・ヒーバート教授は、バンクーバーとトロントの中国系人口が、2031年までに人口の2割を超えると推計している(「ニューズ・ウィーク」日本語電子版7月25日付)。バンクーバーといえば、「ザ・レイプ・オブ・南京」を執筆したアイリス・チャンも講演をした街であり、中国系ロビー活動の標的にもなっている。

    アメリカでは、韓国系団体により、続々と慰安婦像がつくられていることは、一部のメディアが報じている。だが、慰安婦像がいつ何時、カナダに設置されてもおかしくはない。カナダと日本の友好関係を阻害する中韓ロビー活動に対し、日本政府は、言論活動を強化すべきだ。(山本慧)


    • 日本市民 says:

      戦時性暴力を勉強し、将来への反省にしたいならベトナム戦争時の韓国軍蛮行が最適じゃないですか。

      Rape and massacre of Vietnamese Civilians by the Korean military
      http://www.youtube.com/watch?v=fN_aXaRtmtw

      Bar baric act of the Korean military during the Vietnam War
      ttp://www.youtube.com/watch?v=q-JS0KU0PyA


  9. 日本市民 says:

    国民党軍慰安婦に関する映画「軍中楽園」
    この映画の中身はどのようなものか知りませんが、多分日本軍慰安婦とは違って、きれいごとになっているのでしょうか?
    台湾ではこの慰安所が保存されているそうです。
    ===
    釜山国際映画祭、国民党の慰安婦描く「軍中楽園」がオープニング作品
    http://topics.jp.msn.com/entertainment/china/article.aspx?articleid=5789464
    2014年9月10日、話題の台湾映画「軍中楽園」(Paradise in Service)が、来月開催の第19回釜山(プサン)国際映画祭でオープニング作品に選ばれた。新浪が伝えた。

    第19回釜山国際映画祭は10月2〜11日の日程で開催される。79カ国・地域から344本の映画が出品され、ワールドプレミア部門に98本が登場する。

    オープニング作品に選ばれたのは、「モンガに散る」などで知られるニウ・チェンザー(鈕承澤)監督の話題作「軍中楽園」。タイトルの「軍中楽園」とは、かつて「軍中特約茶室」「831部隊」とも呼ばれ、台湾・金門島に駐屯する国民党軍の中に存在した兵士の慰安所を指す。台湾では今月5日に封切られ、4日間で興収2800万台湾ドル(約1億円)を突破するヒットを見せている。

    クロージング作品に選ばれたのは、香港のリー・ビウチュン(李保章)監督の「大茶飯」(Gangster Pay Day)。人気ユニットTwinsのシャーリーン・チョイ(蔡卓妍)、俳優アンソニー・ウォン(黄秋生)が主演し、香港マフィアの抗争を描く作品だ。

    開幕式をはじめ映画祭の招待ゲストとして、「軍中楽園」の俳優イーサン・ルアン(阮經天)や女優アイビー・チェン(陳意涵)、「大茶飯」の主演2人、中国の女優タン・ウェイ(湯唯)らが出席予定となっている。(翻訳・編集/Mathilda)


  10. 日本市民 says:

    【朝日が反日宣伝機関としての役割を放棄する可能性は最終的になくなった。】
    ===
    http://www.zakzak.co.jp/society/domestic/news/20140914/dms1409140830005-n1.htm
    吉田調書の誤報は発生から4カ月もたっていない。これに対し、慰安婦奴隷狩りの吉田清治証言は、朝日が報道してから32年も訂正されなかったのだ。それによって、今や戦前の日本は「性奴隷国家」だったと糾弾されている。慰安婦問題の方がはるかに深刻である。
     ところが、「どちらの方が重いか」と直裁に問われた木村社長は「最大のテーマである吉田調書をめぐるおわびが中心であることは間違いない」と言ってのけた。吉田清治証言を、吉田調書の陰に隠し、添え物にするホンネをあけすけに語ったのである。
     編集担当の杉浦信之取締役は解任されたが、吉田調書の報道の責任を取ったもので、慰安婦報道には関係がないという。すると、慰安婦報道については誰も責任を取らないつもりらしい。こんなバカなことがあるか。
     慰安婦問題で新たな進展は、(1)初めての謝罪(2)第三者委員会による検証記事の検証(3)社長辞任の示唆、の3点である。
     だが、8月5、6日の検証記事に自信を持っている、とし、強制連行は明確に否定したものの、慰安所における「広い意味の強制性」があったとして日本糾弾の論調を続けることを宣告した。朝日が反日宣伝機関としての役割を放棄する可能性は最終的になくなった。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>