なでしこアクション慰安婦問題英文冊子(日本語冊子付)頒布

*****************************************************************

冊子は完売いたしました。有難うございました。
2016年4月

*****************************************************************

慰安婦問題 誤解 から解決 にむけて
Comfort Women Issue
From misunderstandings to SOLUTION

Japanese Women for Justice and Peace

front_page_E

日本女性から訴える慰安婦問題。
画像、図、写真を豊富に使い、ビジュアルでも分かりやすく解説した英文冊子です。

sample_page

目次 / Content
はじめに / Preface
1. 女性の人権と日本 昔から現代まで/Women’s Rights in Japan from Ancient Time to Present
2. 基本的な事実/Basic Facts
3. 誤解と事実/Misunderstanding and facts about the issue
4. 20万人の性奴隷って本当でしょうか?/200,000 sex-slaves? Really?
5.なぜ25年以上も解決されないのでしょうか? /Unresolved over 25 years? But why?
6.提言‐問題に終止符を打つ為の方策/Proposals: Solutions to end the Issue
結論/Conclusion
あとがき/Epilogue
付録 総合年表/Appendix:Chronological Table on Comfort Women
索引/Index

英文冊子 A5サイズ 80ページ(予定) オールカラー
日本語冊子 A5サイズ 80ページ(予定) モノクロ
発行:なでしこアクション
協力:慰安婦の真実国民運動
著者:山本優美子、細谷 清
翻訳:Sharon Isac、細谷 清
デザイン:北島あけみ
(非売品)

<頒布>
英文冊子+日本語冊子 1セットにつき1000円のご寄附で頒布します
*送料実費 別途 100円~ (海外へも発送します)
*発送開始は2月中旬を予定しています。

<申し込み方法>
必要部数、送付先(住所・氏名・電話番号)をお知らせ下さい

① インターネットで  メールアドレス: ianfu-shinjitu@tsukurukai.com
② 電話で      電話番号: 03-6912-0047
③ FAXで       FAX番号: 03-6912-0048
④ 郵便で
住所: 〒 112-0005  東京都文京区水道2-6-3
「新しい歴史教科書をつくる会」内
慰安婦の真実国民運動事務局

<送金方法>
冊子と送料の合計金額を記載した振込用紙を冊子に同封してお送りします。
*海外在住の方、送金方法は問い合わせ先にご相談下さい。

<問い合わせ先> 慰安婦の真実国民運動 事務局
メールアドレス: ianfu-shinjitu@tsukurukai.com
電話番号: 03-6912-0047
FAX番号: 03-6912-0048
〒 112-0005  東京都文京区水道2-6-3-203
「新しい歴史教科書をつくる会」内 慰安婦の真実国民運動 事務局

なでしこアクション問い合わせフォーム

************************************************************************************

★ なでしこアクションからご支援のお願い ★
なでしこアクションで取組んでいる国連対策は慰安婦の真実国民運動のご協力を得ています。
対国連活動にご寄附いただけましたら幸いです。
寄附口座は冊子代振込口座と同じです。

郵便振替口座
記号番号 00100-5-695372
名称「慰安婦の真実」国民運動

銀行
郵貯銀行〇一九店 当座 0695372
名称「慰安婦の真実」国民運動

ご支援に関するお問合わせ ianfu-shinjitu@tsukurukai.com

11 thoughts on “なでしこアクション慰安婦問題英文冊子(日本語冊子付)頒布

  1. Toru Takahashi says:

    事実の掲載を望みます。


  2. shoutarou katsumi says:

    世界に配信しましょう。


  3. うらら says:

    日本の謝罪を国連に送る事はしていますか?韓国人の殆どは、日本が謝罪した事を知りません。これ、本当です!!!
    下記はハングル版ですが、長い間ハングル版だけがなぜか存在してなかったんですよ。ですが最近やっと出来ました。もし国連やマスコミに送っていなければ、英語版の方を送ってください。

    http://ko.wikipedia.org/wiki/%EC%9D%BC%EB%B3%B8%EC%9D%B4_%EA%B3%B5%ED%8F%AC%ED%95%9C_%EC%A0%84%EC%9F%81_%EC%82%AC%EA%B3%BC_%EC%84%B1%EB%AA%85_%EB%AA%A9%EB%A1%9D


  4. 阿部 誠 says:

     初めまして、私は阿部誠と申します。
    政府は2月15日からジュネーブで開かれる国連女子差別撤廃委員会の第63回会合で、慰安婦問題について軍や官憲が女性を強制連行した資料が無かったと報告するそうですが、これは昨年末の日韓合意に対するエクスキュースに思えてなりません。
    この会合では現在進行しているイスラム世界の女性差別問題などが緊急課題に重点が置かれると思われ慰安婦問題など今更の感があります。
    ここに強制連行の資料が見当たらなかったなどと今更報告するという事は、悪い事をしているかも知れないけれど証拠が見つからなかったと言うに等しく明確に否定すべきであります。
    今、慰安婦問題を明確に否定をするには発端となった朝日新聞の嘘の記事による報道から始まった事を取り上げるべきで、一昨年8月の訂正記事を大々的に取り上げ、未だに朝日新聞社は国民の尊厳を傷つけ貶めた事に対してしゃざいを行っていない事を全世界に向けて発信すべきだと思います。


  5. Shanlin says:

    This is the moment that nobody said will never happen.
    Really appreciate your hard work and continues to support Ms.Yamamoto’s holly march to the world.
    Best Regards.
    Sincerely


  6. admin says:

    なでしこアクションサイト管理者より

    皆様へ

    いつもコメント有難うございます。
    2月13日~19日の間、コメント承認作業ができなくなります。

    ご迷惑をおかけしますが、どうぞよろしくお願いいたします。


  7. ホイミン says:

    慰安婦全体の中で一番多かったのは日本人慰安婦だったということをちゃんと世界に伝えてほしいです。みんな「女性の人権問題」と言いながら日本人慰安婦の人権問題だけ無視しています!韓国政府も日本政府も国連とやらもその他人権団体もです。このことから目を反らして日本叩きを続けて「女性の人権だ!」などと叫ぶのは絶対間違っています。


  8. Tomoko says:

    私は9月17日のサンフランシスコ市委員会「慰安婦記念碑建立」公聴会に行きました。
    その時に米良氏が サンフランシスコ州立大学の人類学教 サラ ソー氏が書いた本の中でイ・ヨンスさんが証言した「赤いドレスと革靴が欲しくて付いて行った」という箇所を読み上げると、イ・ヨンスさんは激昂し、米良氏はマー市議に制止され、その挙句に公聴会の終わりに、カンポス市議は ”史実を否定する人は恥を知れ!”っと公聴会で発言した人を恫喝しました。結果、「慰安婦記念碑建立」は満場一致で可決。
    でも、その後、問題の本を書いたサラ ソー氏に対し、イ・ヨンスさん, マー市議, カンポス市議、また後援会の人達でさえ、抗議をしたという話を聞いたことはありません。
    変ですよね? 市議が、公聴会で発言した一般人を壇上から侮辱するという非道をして、この著者には何のお咎め無し? ここに書いてある事が嘘ならこの著者になぜ抗議しないのですか?
    コロコロ変わる慰安婦の証言の後ろに誰が付いているのですか?
    おとなしい日本人を馬鹿にするのはいい加減にしてほしい。


  9. TADAKUNI TAKAHASHI says:

    小冊子はカラフルで、慰安婦問題を簡潔に網羅している様です。
    本日、国民運動事務局に出向き10冊入手します。国内外に配布、紹介します。
    又、パネル展で展示します。


  10. なでしこハクション says:

    これ以上世界に恥さらすのやめてください。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>