CONTACT / なでしこアクションへの問い合わせ


※メールアドレスは、お知らせ等を送らせていただく以外の目的に利用することはございません。
※addressはお住まいの地域を入力ください。
※メッセージは全て読んでいます。都合上、返信が遅れるまたは返信しない場合もあります。
※大変申し訳ございませんが翻訳の依頼には対応できません。
よろしくお願いいたします。

79 thoughts on “CONTACT / なでしこアクションへの問い合わせ


  1. 宝塚市で慰安婦問題無効の決議が出た!

    朝日新聞の慰安婦問題 嘘捏造記事への謝罪もあり、慰安婦支援の意見書、決議の無効これは大きな事です。
    ぜひ全国へ拡散・普及してほしいものです

    兵庫県では、宝塚市議会が唯一、2008年に慰安婦支援の決議を出していたのです。

    それが本日の午後からの宝塚市議会で、えんえんと19時半まで長々と続きましたが

    ついに「慰安婦意見書の無効と政府に対して真相究明と諸外国・関係機関へ正しい理解を促すよう求める」という決議が可決されました。
    バリバリの日教組出身議員
    兵庫県教職員組合宝塚支部女性部長:民主党兵庫県第6区総支部常任幹事
    北野聡子市議と社民党で門真市の戸田市議とが宝塚市連帯ユニオン議員ネットの大島淡紅子市議が 請願して、宝塚市で可決した。 
    その民主党の北野聡子市議と 社民党の大島淡紅子市議員は慰安婦支援 意見書

    可決後、宝塚市議会議長小山哲史氏と三人で、韓国の慰安婦支援水曜デモ(北朝鮮系、従北派)に嬉しそうに参加していました。

    今、やっと、抗議を続けていて、多くの市民にアプローチできた事が報われた思いです。
    宝塚には、私の友人のような、素晴らしい市民がいます、また、靖国の遊就館に修学旅行で子供たちに真の平和学習をされた先生もいらっしゃいますそのような方々の思いが通じたのだと思います。

    下記が、市町村議会でかつて、慰安婦支援の意見書を可決したところです。いずれも日教組の強い地域です。

    このすべての市町村で、宝塚の 無効決議のような動きがでることを強く望みます。
    ★ 札幌市議会2008.11.7、 2012.3.28
    ★ 士別市議会 2010.9.16
    ★ 小樽市議会 2010.6.21
    ★ 函館市議会2010.9.30
    <岩手県>
    ★ 一関市議会2010.6.25
    <埼玉県>
    ★ ふじみ野市議会2010.3.16
    ★ 南埼玉郡宮代町議会2011.9.28
    意見書案第4号 日本軍「慰安婦」問題に対する政府の誠実な対応を求める意見書
    <千葉県>
    ★ 我孫子市議会2010.3.23
    ★ 船橋市議会 2009.12.14
    <東京都>
    ★ 国分寺市議会 2009.10.1
    ★ 国立市議会2009.12.18
    ★ 三鷹市議会 2009.6.23
    ★ 小金井市議会 2009.6.24
    ★ 清瀬市議会 2008.6.25
    ★ 西東京市議会2010.6.21
    <京都府>
    ★ 京都府議会2013.3.26
    ★ 京田辺市議会2009.6.29
    ★ 長岡京市議会 2009.12.14
    ★ 日向市議会2010.3.24
    ★ 八幡市議会2010.9.29
    ★ 木津川市議会2010.10.1
    ★ 宇治市議会 2012.6.27
    旧日本軍「慰安婦」問題について、政府の誠実な対応を求める意見書
    ★ 城陽市議会 2013.6.27
    「慰安婦」問題の早期解決を求める意見書
    ★ 宮津市議会 2013.6.27
    「慰安婦」問題の早期解決を求める意見書
    <奈良県>
    ★ 生駒市議会 2009.9.11
    ★ 広陵町議会 2012.9.26
    <大阪府>
    ★ 高槻市議会2010.6.28
    ★ 堺市議会2010.3.29
    ★ 吹田市議会 2010.3.26
    ★ 泉南市議会 2009.9.25
    ★ 大阪市会2010.10.13
    ★ 箕面市議会2009.6.22
    <兵庫県>
    ★ 宝塚市議会 2008.3.28


  2. 7903 says:

    大阪市総合生涯学習センターで12/20-22にかけて中学生対象の慰安婦パネル展が開催されます。内容は韓国の一方的な主張そのままです。
    http://www.ianfu-kansai-net.org/shuukai/20141220-22.jpg
    パネル展を中止するように抗議メールを送りたいのでご賛同いただける方はお願いします。
    〒530-0001 大阪市北区梅田1-2-2-500 大阪駅前第2ビル5・6階
    お問い合せフォーム
    https://www.osakademanabu.com/mail/sougou.html
    【TEL】06-6345-5000
    【FAX】06-6345-5019


    • 日本市民 says:

      呼び掛けありがとうございます。これはWam(女たちの戦争と平和資料館)がやっている展示会と同じですね。「中学生のための・・」などと銘打っているところが「いやらしい」です。日本の子ども達はこういった歴史捏造に基づくヘイトスピーチ、ヘイトプロパガンダ展の被害者です。これ以上、日本人差別煽動による「心の傷」を負わせていけませんね。大阪市など関係部門には聞き取り調査などで明らかになった
      差別、イジメの実態を知らせ、ヘイト展には協力しないよう求めていきましょう。


    • 江岡 修 says:

       賛同します。
       捏造された慰安婦問題をそのまま、日本の青少年に洗脳教育することは許されない。是非とも、中止させてください。


  3. 日本市民 says:

    中日新聞、ヘイトプロパガンダ展を支援報道
    ===
    http://www.chunichi.co.jp/article/toyama/20141206/CK2014120602000013.html
    2014年12月6日
    慰安婦問題をテーマ 高岡の画廊でパネル展

    第二次世界大戦中の旧日本軍による「慰安婦」問題や、世界各地の戦時下での性暴力をテーマにしたパネル展が五日、高岡市末広町の画廊「七本杉」で始まった。七日まで。

     慰安婦については、女たちの戦争と平和資料館(東京)が提供する「中学生のための『慰安婦』展」。「慰安婦はだれが集めたのか?」などテーマごとに紹介するほか、元慰安婦の証言や兵士の加害証言も。慰安婦問題についての資料も手に取って見ることができる。

     このほかに第二次大戦中の旧ドイツ軍、ベトナム戦争に参戦した韓国軍による慰安制度、紛争下のコンゴなどを例に、戦争が性暴力を生み出している実態を解説している。

     主催したコリア・プロジェクト@富山代表の堀江節子さん(66)は「河野談話を検証しようとする動きなど歴史修正主義的な主張が強まる中、慰安婦となった被害者がうそをついているようにさえ言われている。多くの人に歴史の事実を知ってもらいたい」と話している。

     関連イベントとして、同じ会場で六日午後二時から、金沢市在住の在日二世で、元高校教師の金乗権(キムビョンゴン)さんが「在日を生き続けること」と題して講演する。参加費千円。七日午後二時からは「私の『慰安婦』問題」と題した意見交流会もある。  (松岡等)


  4. Yoko Nagato says:

    山本さま
    こんにちは
    3月のテキサスナイトでお会いしました、Japanese Women’s Center の助産師の
    永門洋子です。
    フォートリーの慰安婦碑の設置を反対する署名サイトChange.orgを応援する広告を作りました。広告では、ご署名はこちらーーなでしこアクションーー検索と
    作りました。これで、誰でもなでしこアクションにアクセスして、署名ができると思うのですが、そちらの許可をいただけますでしょうか?
    どうぞよろしくお願い申し上げます。


  5. 敵国条項対象外の引揚者 says:

     最近、面白い記事を見つけました。(原典はリンク切れのためその紹介ブログ)

    米在住の反日運動家が語る韓日友好 
    ー「安倍の日本」と「日本人の日本」は別ー
    米在住の「反日運動家」が韓日国交正常化50周年記念切手を発行
    http://ameblo.jp/kogataken2/entry-12024603152.html

     慰安婦像云々に関する前に、邦人の子供へのいじめ問題があります。
    この記事にあるように、韓国に「争いながら仲良くなる」と言うことわざがあるのなら、
    ここは日本側も「喧嘩するほど仲がいい」と応じて、こちらも記念切手発行?で返してはいかがでしょうか?

     6月22日の50周年前に朴大統領の訪米がありますが、その前に、例えば目良代表と反日運動家の朴さんが、例えば国連70周年にパン国連総長が記念植樹した<しだれ桜>(メディアは報道しない)の前で、握手しながらにっこり笑ってみせる、というイベントはインパクトがあると思います。(慰安婦像の前でもいいんですが)
     こちらで、情報を配信、ブログにも掲載していただければ、大手メデイアでも記事としてもとりあげられるでしょう。 

     そうすれば、裁判継続中であろうと、日韓関係において歴史と現実生活は別物、とのアピールになります。良識的な大人が、手本を見せる形です。

    パクさんが夢見る韓日関係の未来は、世界平和の先頭に立つパートナー、だそうで、争いはあっても平和にかける思いは同じ、ということで、東アジアのイメージアップにも繋がるんじゃないでしょうか。

     


  6. 敵国条項対象外の引揚者 says:

     慰安婦像に関してもひとつ思いつきのようで申し訳ありませんが提案があります。

     日朝がまさしく一体となって戦い、アジアを開放し世界に人種平等をもたらしたことは歴史の事実です。朴さんの言うように、世界平和の先頭に立つパートナーだったわけです。

     そのパートナーが、WGIPなどとして知られる連合国(国際金融)工作により仲違いしているというのが現状だと思います。味方同士が敵国(法律上は「日本」とアメリカは講和条約未締結により今も敵国です)で争う、というおかしな状況なわけです。
     
     慰安婦像撤去を求めて争っているわけですが、一案として、慰安婦像はそのままに、碑文に、かつて共に戦った同志が敵国で争うという「戦争」の愚かさと、その愚かさに気づいた両国(アメリカの謝罪を含めて3国?)が過去の誤解や恩讐をのり超えて和解し平和を誓う、といった意味の「平和の像」にするということはできないでしょうか?
     
    (味方である朝鮮で戦争中に20万もの慰安婦を強制連行したと言うばかげた話が流され信じられた、という狂気に必ず言及して。)

     桜の木を必ず植えるとか、日韓友好記念の6月22日には、慰安婦に必ず桜の花(時期的に無理?)をもたせるとか、さくら色のものを身に着けて慰安婦像のもとで日韓友好イベントを行うとか。


    • 敵国条項対象外の引揚者 says:

       朴大統領が、顕忠日の演説で、慰安婦問題などで前に進めないと述べたそうです。

       慰安婦像が韓国の主張のように平和のためではなく、現在は平和を妨げるものになっているのは事実です。
       ここはいっそ、慰安婦像を「平和」ではなく「希望」の像とか象徴としてはどうでしょうか?

       慰安婦に関して日韓両国に争いはありますが、争いは残したままそれでも共に友好を願い未来にむけて平和な関係を築こう、という形であればまさに韓国側主張の平和にも違わず、慰安婦像に関して双方うけいれる可能性があると思います。
       
       安倍首相の訪米は和解や平和、希望がテーマでした。

       日米合同記者会見の前には奴隷解放を成し遂げたリンカーン記念館に。キング牧師の有名な演説、「私には夢がある」が行われた場所です。自身、黒人白人和解の象徴であるオバマが予定外に安倍首相を大統領専用車にのせていざない散策をした。
       記者会見でのべたオバマの「(このツアーは)和解の象徴だ」、安倍さんの「WE have a dream」は、まさにこれを踏まえてのものでしょう。
       「希望の同盟へ」と言う演説タイトルも、「この信念があれば、われわれは、絶望の山から希望の石を切り出すことができるだろう。」からとったものだと思います。

       当時の黒人への「絶望」的な人種差別の状況から、それでもみなが「希望」をもって努力を続け、ついには黒人大統領を生むまでになった。


    • 敵国条項対象外の引揚者 says:

       同じ事を、慰安婦をめぐっても、日韓双方でできないでしょうか?

       過去の克服、絶望的と思われる状況でも希望を捨てずに続けられた関係者の努力、その結果としての和解、平和と繁栄の未来へ。

       両国の認識には今も争いがあるが、それでも両国の友好関係を願う気持ちに偽りはない。平和をのぞむものとして、いつの日か、両国が互いの認識を認められるようになることを願い、努力を続けることをこの像に誓う、とか。
       
       碑文には単に、We have a dream。と刻むとか。希望、とか、希望の同盟へ、をそのまま使うとかでも。

      「私には夢がある」(1963年)
      マーティン・ルーサー・キング・ジュニア
      http://aboutusa.japan.usembassy.gov/j/jusaj-majordocs-king.html

      日米合同記者会見より

       オバマ米大統領 
      安倍首相と私はリンカーン記念館を訪れた。和解の象徴だ。アーリントン国立墓地を訪れてくれたことを感謝する。過去を克服できるということだ。日米同盟を通じてこれからともに未来を築いていきたい。

       安倍晋三首相
       私たちには1つの夢がある。WE HAVE A DREAM。平和と繁栄に満ちあふれた世界を作りあげることだ。日本と米国は新たな時代を切り開いていく。


  7. hirano says:

    日韓合意を懸念するNY在住邦人から安倍総理大臣へ宛てた公開質問状に関する返事はもらったんでしょうか?返事があったなら、ここに発表してください。よろしく。私のジャパニーズクラウド(japanesecloud)サイトもみてください。


  8. SEKI Hajime says:

     慰安婦問題が解決しないのは、韓国や中国のプロパガンダに対して効果的な反論が出来ていないためと思われます。私なりに効果的な反論のためのポイントについて考えてみました。

    (1)現在と大きく異なる人権状況
     かつて、東北の民芸品の「こけし」というのは「子消し」から来ている、と聞いたことがあります。現在ではその説は否定されているようですが、昔は間引きとか口減らしなどということがそう珍しくは無かったということです。(軍部が勝手に引き起こしてしまった満州事変が多くの国民に支持されたのは、この人口圧力の故でもあるわけです。)
     ですから、大戦前の時代では天候不順等で娘が身売りされるなどということは、よくあった話ですね。三十年程前の「おしん」という世界的にも有名になったテレビドラマで、主人公は貧困の為、商家に奉公に出されたわけですが、もう少し年長であったら、それこそ売春宿に売られていたかもしれません。朝鮮半島でも似たような状況だったでしょう。
    (秦郁彦さんなどによりますと、軍の慰安婦も、対価を受け取ってのことですので奥ゆかしい日本人は名乗り出たりはしませんが、その大部分は日本人だったようですね。大戦前の兵隊はほとんどが農村出身で、身近な娘が身売りされるような状況に憤慨し、また世界恐慌のため都市部の失業者の急増などもあり、226事件が起こってしまい、軍国主義化にさらなる拍車がかかったという話もありますね。)

    (2)慰安婦強制連行の非現実性
     慰安婦の強制連行などということが、少なくとも朝鮮半島においては、起こり得なかったということは、以下のポイントを踏まえれば自明でしょう。
    ・当時の朝鮮半島に於いては現場の警察官及び憲兵の九割超は朝鮮人であった
    ・強制連行という手法で慰安婦を調達するのであれば、戦場に近い場所で行うのが合理的で、戦場から遠く、些細なことで暴動が起こるような朝鮮半島で日本国民であった朝鮮人を対象に行う合理性は全くない。(逆にいえば、インドネシアでスマラン慰安所事件が起ったのは理解できます。)

    以上、参考になれば幸甚に存じます。


  9. Saori Asuka says:

    駆け出し鬼女様のブログでサンフランシスコでの像設置を知り、英文で抗議をした者です。正しい歴史認識の以下のアドレスのブログに掲載されている、慰安婦騒動の元になった吉田清治が朝鮮人であること、済州島で強制連行はなかったことを英訳して送るのはいかがですか?私よりも英語が得意な方の方がいいと思います。ちなみにマイクホンダも純粋な朝鮮人です。朝鮮人の祖父母が日本に渡って熊本で暮らした。その後、アメリカへの移民制度を使って、アメリカに渡ったというのが真相。朝鮮人の祖父母が、日韓併合で日本国民としてアメリカに渡る 彼の祖父母は朝鮮半島の出身で、彼らが朝鮮半島から日本に移住したあと日本の市民権を取得。太平洋戦争が起こる前に、彼の両親はウオルナット・グローブ(カリフォルニア)へ引っ越して、1941年6月17日に彼(マイク・ホンダ氏)が出生したと記録にあります。

    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-6341.html

    http://deliciousicecoffee.blog28.fc2.com/blog-entry-5538.html


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>