Category Archives: Uncategorized

アトランタ近郊ブルックヘブン市 慰安婦設置決議 関連情報

SnapCrab_NoName_2017-5-27_7-54-8_No-00

米国ジョージア州アトランタ近郊のブルックヘブン(Brookhaven)市が2017年5月23日に慰安婦像設置の決議を採択しました。

News and Press Releases
Brookhaven approves art installation in honor of Comfort Women of WWII
Exhibit calls attention to the atrocity of human trafficking
Post Date:05/24/2017 11:38 AM
http://brookhavenga.gov/Home/Components/News/News/841/17

3月にアトランタの人権博物館(民営)設置に失敗した Atlanta Comfort Women Memorial Task Forceが、寄贈を持ち掛け、韓国系のJohn Park市議が提案したようです。

以下、関連情報です。

******************************************************************************

Brookhaven市公式サイト
http://brookhavenga.gov/

contact us
http://brookhavenga.gov/city-departments/contact-us

Mayor 市長:
John Arthur Ernst Jr.
Phone: 404-637-0710
Cell: 404-664-8694
Email: john.ernst@brookhavenga.gov

City Council 市議:
Linley Jones
Phone: 404-637-0712
Email: linley.jones@brookhavenga.gov

John Park
Phone: 404-637-0714
Email: john.park@brookhavenga.gov City Council

Bates Mattison
Phone: 404-637-0716
Email: bates.mattison@brookhavenga.gov

Joe Gebbia
Phone: 404-637-0718
Email: joe.gebbia@brookhavenga.gov

Media Contacts:
Burke Brennan
Director of Communications
404-637-0709
burke.brennan@brookhavenga.gov

Communications Manager:
Ann Marie Quill
404-637-0508
annmarie.quill@brookhavenga.gov

<ニュース>
中央日報 2017年05月25日
米ジョージア州にも少女像設置へ…夏に除幕式予定
http://japanese.joins.com/article/455/229455.html?servcode=A00&sectcode=A10

reporter newspapers May 25, 2017.
Ossoff’s mom speaks at Brookhaven meeting for ‘comfort women’ memorial
http://www.reporternewspapers.net/2017/05/25/ossoffs-mom-speaks-brookhaven-meeting-comfort-women-memorial/

Brookhaven Monument To Memorialize ‘Comfort Women’
In bid to raise awareness of global sex trafficking, Brookhaven will be the first city in the South to commemorate “Comfort Women.”
By Craig Johnson (Patch Staff) – May 24, 2017
https://patch.com/georgia/brookhaven/brookhaven-monument-memorialize-comfort-women

reporter newspapers 2017.5.23
Brookhaven makes history to memorialize WWII ‘comfort women’
http://www.reporternewspapers.net/2017/05/23/brookhaven-makes-history-memorialize-wwii-comfort-women/

【冊子頒布】日本政府 米国連邦最高裁判所への意見書 日英対訳と解説

歴史の真実を求める世界連合会/GAHTから冊子のお知らせです。

この冊子は、たとえば海外で慰安婦問題を取り上げる際に、相手が「河野談話で日本政府は悪かったと認めている」と言ってきたら「それは20年以上も前のただの談話。これが日本政府の最新の意見書で米連邦最高裁判所に出したものですよ」と使えるものです。

*******************************************************************
https://gahtjp.org/?p=1673より

日本政府がグレンデール慰安婦像撤去訴訟の原告のGAHTと目良浩一を支持して、2017年2月に米国連邦最高裁判所に提出した意見書(原文英語)をGAHTが訳して日英対訳の形にし、解説を付して纏めた冊子を作成しました。

この日本政府の意見書は、今後の慰安婦像撤去や慰安婦像設置阻止の世界的運動に大きな力を与える内容です。(参考:意見書要約

多くの方に読んでいただきたく、頒布いたします。是非お求めください。

<国内 頒布価格> 10冊単位で発送/送料込み
10冊  3,500円
20冊  7,000円
30冊 10,500円
40冊 14,000円
50冊 15,000円 ※お得です
100冊 30,000円

<注文方法>
1.メールでご注文下さい。
メール宛先: GAHToffice@gmail.com
件名:冊子注文
本文: 発送先 お名前・住所・電話番号、冊数、(他連絡先等)を明記

2.GAHTより注文受付のメールをお送りします。
3.GAHTより冊子を発送します。

4.冊子がお手元に届いたら、代金を口座に振り込んでください。
振込先口座
ゆうちょ銀行
口座名; 歴史の真実の会
レキシノシンジツノカイ
口座番号:00180-0-292163
*振込手数料はご負担お願いいたします。

<海外の方>
海外への発送をご希望の方は、メールにて GAHToffice@gmail.com まで「発送先住所・冊数」をご相談ください。

表紙

目次

【Front Japan 桜】GAHT~河野談話を上書きする政府意見書 [桜H29/5/8]

在米50数年のご婦人(S5年生まれ)が発行するニュースレター「ポトマック通信」から「慰安婦問題」No.6

「ポトマック通信」は米国メリーランド在住の ワイルス蓉子 さんが隔月発行しているニュースレターです。2017年5月号から「母国の名誉の為に  正しい歴史的事実を語ろう」をご紹介します。

※これまでの記事:2015年7月号2016年9月号2016年11月号
2017年1月号2017年3月号

***********************************************************************

ワイルス蓉子さん略歴: 昭和5年1月14日生。 山水高女(現桐朋学園)卒。 青山学院大学英米文学科中退。 アメリカの商社に英文速記秘書として勤めた後、1966年渡米。 1971年5月、エドワード・ワイルスと結婚。米国メリーランド州在住。

 

 

ポトマック通信 2017年5月号
母国の名誉の為に
正しい歴史的事実を語ろう

※画像をクリックすると別ウィンドウで拡大表示されます。
PDF版はこちら

スライド1

スライド2

スライド3

スライド4

スライド5

【資料】国連 拷問禁止委員会 韓国に「日韓合意見直し」勧告

産経 2017.5.13 【「慰安婦」日韓合意】
国連委員会が合意見直しを勧告 報告書で日韓両政府に 補償や名誉回復は十分でないと指摘
「国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会は12日、慰安婦問題をめぐる日韓の合意について、被害者への補償などが不十分として、合意の見直しを勧告する報告書を発表した。」

その勧告が書いてある報告書が最終見解書。そして、その勧告が出るのに影響したレポートがあります。以下その資料です。
※下線とリンクは なでしこアクション で付けたものです

************************************************************************

1.合意の見直しを勧告する報告書

拷問禁止委員会から韓国への最終見解書
11 May 2017
Concluding observations on the third to fifth periodic reports of the Republic of Korea*
http://tbinternet.ohchr.org/Treaties/CAT/Shared%20Documents/KOR/CAT_C_KOR_CO_3-5_27468_E.pdf

日韓合意・慰安婦問題 部分抜粋
P12)
47. The Committee is concerned:
(a) While welcoming the Agreement reached at the Republic of Korea-Japan Foreign Ministers’ Meeting on December 28, 2015, and taking note that there are still 38 surviving victims of sexual slavery during World War II, that the Agreement does not fully comply with the scope and content of its general comment No. 3 (2012) on the implementation of article 14 of the Convention, and fails to provide redress and reparation, including compensation and the means for as full rehabilitation as possible as well as the right to truth and assurances of non-repetition;
…省略….
48. The State party should:
(d) Revise the Agreement of 28 December 2015 between the Republic of Korea and Japan in order to ensure that the surviving victims of sexual slavery during World War II are provided with redress, including the right to compensation and rehabilitation and the right to truth, reparation and assurances of non-repetitions, in keeping with article 14 of the Convention;

************************************************************************

2.韓国政府代表団から委員会へのレポート

最終見解書作成に当たって委員会が参考にしたはずのレポートです。

Written Responses of the Delegation of the Republic of Korea to the Review of the State Party Report by the Committee against Torture
http://tbinternet.ohchr.org/Treaties/CAT/Shared%20Documents/KOR/INT_CAT_AIS_KOR_27459_E.pdf

日韓合意・慰安婦問題 部分抜粋
P2)
The Agreement on Issues related to the “Comfort Women” between the Governments of the Republic of Korea and Japan

4. Since the early 1990s, when the so-called “comfort women” issue was first raised in the
international community, the Government of the Republic of Korea has shared its opinions with the UN human rights mechanisms on the issue, endeavoring to ensure that the relevant international human rights standards and principles are put into practice. Unfortunately, however, notwithstanding the continued attention of UN human rights mechanisms and efforts made by the previous ROK Governments to resolve this issue, many of surviving victims passed away before such efforts bore fruit. The average age of the victims in the ROK is currently 90, and only 38 are still living.

5. The ROK Government has put in extensive efforts to resolve the issue with a sense of urgency that it should be settled before any more of the “comfort women” victims pass away. As a result, the Governments of ROK and Japan finally reached an agreement at the ROK-Japan Foreign Ministers’ Meeting on December 28, 2015 (hereinafter referred to as the “Agreement”).

6. The primary purpose of the Agreement is to restore honor and dignity of the victims and to heal their psychological wounds. Bearing this in mind, the ROK Government has heeded the opinions of the victims and advocacy groups, and has exerted the best of its efforts to reflect their opinions in the Agreement during the consultations with Japan.

7. The demands of the victims and advocacy groups are reflected in the Agreement as follows: (i) reaffirmation of the historical fact that the Japanese military authorities were involved and the acknowledgement of responsibility by the Japanese Government for the first time, (ii) an expression of sincere apologies and remorse to all the victims by Prime Minister Abe in his capacity as Prime Minister of Japan in public and in an official manner; and (iii) the provision by the Japanese Government of a lump sum funding from its budget to a foundation, which would be established by the ROK Government to implement the commitment made by the Japanese Government.

8. The ROK Government established the Foundation for Reconciliation and Healing as a follow-up measure of the Agreement in July 2016 to carry out programs to restore honor and dignity of the victims and to heal their psychological wounds. The ROK Government and the Foundation have met the majority of the surviving victims and the families of the deceased victims to explain the programs of the Foundation. The Foundation has so far confirmed consents of 34 out of the 46 surviving victims, who were alive as of December 28, 2015 when the Agreement was reached. The ROK Government will continue to communicate with the victims and spare no effort to restore their honor and dignity, and to heal their psychological wounds through programs of the Foundation.

9. Meanwhile, the “comfort women” issue embodies multi-dimensional aspects in the sense that it has bearings with: an issue involving the restoration of honor and dignity of each victim; a global issue relating to universal human rights; an issue which offers important lessons to be drawn from history that must not be forgotten to prevent any recurrence of such inhumane acts; and a diplomatic issue between the ROK and Japan. Among these, the “comfort women” issue as a bilateral diplomatic issue between the Governments of the ROK and Japan is the subject of the Agreement, and the principal purpose of the Agreement is to restore the honor and dignity of all the victims. In this regard, when the Governments of the ROK and Japan stated in the Agreement that the two Governments “confirm that through today’s statement, this issue will be finally and irreversibly resolved,” they meant that the “comfort women” issue as a bilateral diplomatic issue will be resolved “on the condition that” the measures stated by the Japanese Government are faithfully implemented.

************************************************************************

3.韓国NGOから委員会へのレポート

こういったNGOレポートも委員会が参考にして「勧告」となります。

KOREAN NGO REPORT ON THE CONVENTION AGAINST TORTURE AND OTHER CRUEL, INHUMAN OR DEGRADING TREATMENT OR PUNISHMENT(2017.3.20)
http://tbinternet.ohchr.org/Treaties/CAT/Shared%20Documents/KOR/INT_CAT_CSS_KOR_26966_E.pdf

日韓合意・慰安婦問題 部分抜粋
P82)
50. Sex Slaves of Japanese Military Issues

290.On December 28, Foreign Minister of Republic of Korea(ROK) and Japan announced that both sides had reached a ‘final and unequivocal’ agreement on the Japanese military sexual slavery issue, with Japan admitting Japanese Military’s involvement in sexual slavery, prime-minister Abe apologizing officially, and promising an $8.3 million payment that would provide care for the victims.

291. The government of ROK said that they are not fully satisfied with the agreement but it was the best they could get, considering many victims pass away year after year.

292. However, Korean government neglected demands of surviving victims and the organizations representing them, such as to ascertain the truth, to punish officials, to found the responsible, to have proper reparation, to prevent recurrence-. Also, surviving victims and the organizations were neither consulted nor guaranteed to participate in the preparation of this agreement.

293. Furthermore, Japanese government persistently denied or distorted the truth about Japanese Military’s sexual slavery even after the agreement in 2015.12.28.

294. While Japan strongly stipulates that the payment is not compensational, Korean government persuaded victims and their families to take the payment convincing that Japanese government have officially apologized and the payment is compensational.

295. Consistent demands of surviving victims and the organizations representing them are official apology of Japan based on ascertained truth, reparation as verification of apology, and action to prevent recurrence by educating proper history. Though Korean government was well-acquainted with these demands, they did not only made an unwanted, inconsistent deal, but also urged victims and their families to take it. Korean Government is now violating the victims and their families’ right to get a remedy. This causes elderly surviving victims and their families to suffer from secondary damages such as a psychological distress and from deterioration in health due to stress.

296. Surviving victims who did not approve the Dec 28 KOR-JPN agreement, are demanding Korean government to withdraw it and to put effort on making resolution based on their needs. Nevertheless, Korean government is not only ignoring these demands but also stopped offering a financial support for the project to designate Japanese Military’s sexual slavery as a UNESCO World Heritage List.

「南京戦後の証拠記録」 松尾一郎氏より提供

あなたは南京戦後の記録を知っていますか?
http://nadesiko-action.org/?page_id=11208

Do you know a Documentary movie and these documents after Battle of Nanking?
http://nadesiko-action.org/?page_id=9266

*****************************************************************
カナダ「南京大虐殺記念日」はどうなっているのか?
ゲスト:松尾一郎(日中問題研究家)

*****************************************************************

カナダ・オンタリオ州が南京大虐殺記念日の制定審議中。抗議のメールをお願いします!
http://nadesiko-action.org/?p=11084

【お知らせ 5月15日(月)】GAHT報告会と出版記念会

お陰様で報告会は会議室が満席となるおよそ120名参加者で盛会となりました。
ご参加ご協力いただき有難うございました。

<関連ニュース>
産経 2017.5.16
米慰安婦像撤去訴訟 目良浩一代表が報告会 「英語で世界に発信していく」
http://www.sankei.com/politics/news/170516/plt1705160005-n1.html

*******************************************************************************

<報告会>グレンデール慰安婦像撤去訴訟
米国連邦最高裁までの戦いの総括と今後の戦略

非常に残念ながら米国連邦裁判所と加州裁判所での撤去訴訟は、実現出来ませんでした。
この三年余りの裁判を振り返り、実現出来なかった原因を総括。
また、同盟国であり、経済的結びつきが強い日米間の絆を断ち切ろうとする国家、民族、団体との闘いを民間としてどう進めるか、立ちはだかる障害をどう取り除くか?今後の戦略も語ります。

mera01
【報告者】
歴史の真実を求める世界連合会 代表 目良浩一

【日時】
平成29年5月15日(月)
開場13:30 玄関ロビーで通行証をお渡しします
開会14:00  閉会16:00

【場所】
参議院議員会館 1階101会議室
東京都千代田区永田町2丁目1-1

【アクセス】
・永田町駅
(地下鉄 有楽町線・半蔵門線・南北線)
・国会議事堂前駅
(地下鉄 丸ノ内線・千代田線)

【参加費】 なし ※事前申し込み不要

【主催/問い合わせ】
歴史の真実を求める世界連合会 (GAHT)
http://gahtjp.org/
メール:GAHToffice@gmail.com
電話:03-5403-3512

—————————————————————————————————————–

目良浩一氏 出版記念パーティ 兼 米国裁判慰労会

“Whose Back was Stabbed – FDR’s Secret War on Japan”
Hamilton Books 2017, Maryland USA

「フランクリン・ルーズベルトの陰謀
日米戦争突入へ 背後から日本を刺したのは誰だ?!」
2017年 ハミルトン出版社(米国メリーランド州)

実際に誰が太平洋戦争を始めたのだ?
この本は、最近の政府機密文書の公開や新事実の発見等によって、F・D・ルーズベルトとその政権中枢の人達が日本を戦争に仕向けた事を明らかにします。
アメリカ人の太平洋戦争観を変えるであろうこの本の出版を記念し、著者目良浩一氏の米国での裁判の戦いを慰労する会を開催します。 皆様のご参加お待ちしております。

【日時】
平成29年5月15日(月)
受付開始17:30、開会18:00、閉会20:00

【会場】
星稜会館レストランシーボニア
東京都千代田区 永田町2丁目16-2
TEL:03-3581-5673

【会費】5千円 ブッフェ型式

【申し込み】5月14日(日)まで
メール: GAHToffice@gmail.com
FAX: 050-3153-0391

【主催】
目良浩一氏出版記念・慰労会実行会

【発起人】
中山成彬先生
中山成彬 前衆議院議員 日本のこころを大切にする党

【問い合わせ】
歴史の真実を求める世界連合会 (GAHT)
http://gahtjp.org/
メール:GAHToffice@gmail.com
電話:03-5403-3512

【4月20日 GAHT報告会 in CA】米国連邦最高裁までの戦いの経験から新たなステージへ

【4月20日 GAHT報告会 in CA】
米国連邦最高裁までの戦いの経験から新たなステージへ

2014年に始まった慰安婦像撤去裁判は、米国最高裁判所への上告請願書が却下され、一区切り付けることとなりました。今回は、様々な形で支援をして頂いた皆様に、裁判についての報告とともに、これからの活動に関してお伝えいたします。

【登壇者】目良浩一 GAHT-US代表(原告) 他

【日時】2017年4月20日(木)開場: 午後5時15分  開会: 午後6時  (閉会7時半)

【場所】ロサンゼルス・New Gardena Hotel/1641 W. Redondo Beach Blvd Gardena, CA 90247

【参加費】なし
※事前申し込み不要、当日直接会場にお越し下さい
※軽食とドリンクを用意しています

【主催/ 問い合わせ】http://gahtjp.org/
(GAHT)
E-メール:info@gahtusa.org
電話:310-400-9521

2017.4.20

共同通信【特集】慰安婦問題が今… 米の像撤去訴訟敗訴、半島は激動 / 2017.4.6

慰安婦問題については、これまでは産経新聞が歴史戦で特集の記事にして下さしました。 この度は共同通信も特集記事にして下さいました。 是非お読みください。 https://this.kiji.is/222611998047766010?c=39546741839462401SnapCrab_NoName_2017-4-6_19-26-9_No-00

米国最高裁判所への上告請願却下 GAHT代表声明文(2017.3.27)

https://gahtjp.org/?p=1618 より

歴史の真実を求める世界連合会
Global Alliance for Historical Truth/GAHT
声明文

GAHT 支援者の皆様、GAHT の皆さん、

残念ながら、米国最高裁判所は、我々のケースを却下しました。理由はわかりません。

しかし、グレンデール慰安婦像の裁判による撤去は成功しませんでした。今後は、別の方法で慰安婦像の撤去ができるように努力して行きます。皆さんの献身的な努力に深く感謝いたします。この裁判に関しては他にまだするべき残務処理が残っていますので、皆さんの更なる努力をお願いします。

此の裁判に関して、遅まきではありますが、意見書を提出することになった、日本政府に対して、心からの謝意を表明いたします。今後ともに、政府が積極的にその見解を表明し続けることを我々一同は祈念いたします。

此の裁判では成功しませんでしたが、我々の日本と日本人の名誉を守るために、努力を続ける意思は変わりません。米国において、ヨーロッパにおいて、そして、国連やその他の地域において成すべきことは、山積しています。

問題は、慰安婦だけではありません。様々な方法で、日本と日本人の名誉を傷つけ、日米関係を離反させ、日本国を孤立させ、又は、消滅させようとする動きに対して断固として、抵抗してゆく積りです。

皆様、厚いご協力、有難うございました。今後は、別の形で当会の目的を達成するように尽力いたしますので、皆様、引き続き厚いご支援の程、お願いいたします。

2017年3月27日    GAHT  代表   目良 浩一

在米50年のご婦人が発行するニュースレター「ポトマック通信」から「慰安婦問題」No.5

「ポトマック通信」は米国メリーランド在住の ワイルス蓉子 さんが隔月発行しているニュースレターです。2017年3月号から「歴史の真実を曲げて伝える 国家ぐるみの悪辣な中傷 世界各地に慰安婦像を建てようとする国の品位を問う」をご紹介します。

※これまでの記事:2015年7月号2016年9月号2016年11月号
2017年1月号

***********************************************************************

ワイルス蓉子さん略歴: 昭和5年1月14日生。 山水高女(現桐朋学園)卒。 青山学院大学英米文学科中退。 アメリカの商社に英文速記秘書として勤めた後、1966年渡米。 1971年5月、エドワード・ワイルスと結婚。米国メリーランド州在住。

 

 

ポトマック通信 2017年3月号
歴史の真実を曲げて伝える
国家ぐるみの悪辣な中傷
世界各地に慰安婦像を建てようとする国の
品位を問う

※画像をクリックすると別ウィンドウで拡大表示されます。
PDF版はこちら

スライド1

スライド2

スライド3

スライド4

スライド5

スライド6

スライド7

サンフランシスコ情報と有志からのお願い

サンフランシスコから最新情報とお願いが有志の方から届きましたのでご紹介します。
是非ご協力ください。

****************************************************
2017年3月15日
サンフランシスコ慰安婦像設置反対の有志より
皆様へ

サンフランシスコの慰安婦碑の最終決定が近く市議会で行われようとしています。

最近の慰安婦碑、教育におけるサンフランシスコの主な決議等は以下の通りです。

2015年
9月 サンフランシスコ市議会で全会一致にて慰安婦碑設置決議が採択される。

10月 サンフランシスコ教育委員会にてミドルスクールからハイスクールの生徒に慰安婦の歴史を教育するという決議が全会一致で採択される。

2016年
4月 サンフランシスコ教育委員会にてカリフォルニア州の歴史カリキュラムに慰安婦の歴史を挿入することを支持することが採択される。

2017年
1月 サンフランシスコ芸術委員会‐ビジュアルアーツ部門にて慰安婦碑のデザインが承認される。これはサンフランシスコ市への寄贈となることが承認。

2月 サンフランシスコ芸術委員会本会議にて慰安婦碑、碑文が承認される。

sf7-1

サンフランシスコでは、中華系元判事の2人を代表に慰安婦碑、慰安婦の教育への挿入を推進しています。

サンフランシスコ有志、日本からの協力者など民間からは、慰安婦の真実についての資料、書籍などは何度となく市長、市議会議員、教育委員会、芸術局などに送っています。

しかし、そういったことを意に介さず日本をたたくのが彼らのやり方です。

民間のみならず、日本政府がはっきりとした態度をとらない限り、作り出された慰安婦問題にさらに創作を加え、日本の首相は性奴隷を正式にあやまっていないということで慰安婦碑、慰安婦教育が広まる図式になっています。

皆様からも是非サンフランシスコ総領事に阻止に向かって全力で動くよう訴えていただきたく、お願い申し上げます。

サンフランシスコの総領事の宛先です。

山田 淳 総領事
jun.yamada@mofa.go.jp

在サンフランシスコ日本国総領事館
Consulate General of Japan in San Francisco
275 Battery Street, Suite 2100
San Francisco, CA 94111
Tel: (415)780-6000
FAX: (415)767-4200

以上

ドイツ慰安婦像 撤去を求めます!/ドイツ語のメッセージ文例

【2017.4.28記】
慰安婦像の碑文は撤去されました。
園の所有者は、日韓双方の納得が得られない場合、「像は公園においておけなくなるだろう。私は中立でありたい」と述べています。

産経新聞H29/2017年4月28日付
歴史戦 独の慰安婦像 碑文撤去

*********************************************************************************

※2017年3月16日作成

ドイツ・バイエルン州・ウィーゼントのネパール・ヒマヤラ・パビリオン園に欧州初慰安婦像が設置されました。関連情報はこちらをご覧ください

以下は園の経営者Wirth氏に対して、慰安婦像の撤去を求めるメールのドイツ語の例文です。6つの例文を用意しました。
適当にアレンジしてお使いください。

 

【宛先】
To:ネパール・ヒマヤラ・パビリオン園(Wirth氏)
info@nepal-himalaya-pavillon.de

Cc: ウィーゼント市・市長・現地メディア(mittelbayerische)
Gemeinde.wiesent@realrgb.de, elisabeth.kerscher@realrgb.de, politik@mittelbayerische.de

 

【件名例】
・ Abbau der „Trostfrau“ Statue   (慰安婦像を撤去してください)

 

【メッセージ文例】

<文例1>
z.Hd. von Herrn Wirth.

Ich heiße (名前 例:Hanako Yamada) und wohne in (住所 例:Yokohama,JAPAN).

Es wurde eine „Trostfrau“ Statue im Nepal-Himalaya-Pavillon in Wiesent aufgebaut.
Ich moechte Sie hoeflichst bitten diese Statue abzubauen.

Es gibt bereits eine „Trostfrau“ Statue, die das gleiche Design hat, in der Stadt Glendale in Kalifornien in den U.S.A.. Eine japanische Organisation klagte vor dem Obersten Gerichtshof in den U.S.A. um den Abbau der „Trostfrau“ Statue zu erreichen. Die japanische Regierung unterstützte den Kläger und legte dem Obersten Gerichtshof ihre Dokumente vor. Diese Unterlagen der japanischen Regierung kann man auf der Website des japanischen Außenministeriums lesen. http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000231732.pdf

Die „Trostfrau“ Debatte ist jetzt ein politisches und diplomatisches Problem auch in den U.S.A..
Ich bin dagegen, dass die Gemeinde Wiesent in Deutschland, die überhaupt keine Beziehung zu diesem Thema hat, in der japanisch-koreanischen Debatte Stellung bezieht.

Ich bitte die Gemeinde Wiesent, von den Betreibern des Nepal-Himalaya-Pavillons zu fordern die Statue abzubauen.
Ich bitte die Betreiber des Nepal-Himalaya-Pavillons, die Statue vor der Eröffnung des Parks am 01.05.2017 abzubauen.

Vielen Dank für Ihr Verständnis und Ihre Unterstützung.

mit freundlichen Grüßen

名前 (例 Hanako Yamada)
住所 (例 Yokohama, JAPAN)

[日本語] Wirth様のお手元へ
私の名前は○○で、●●に住んでいます。
Wiesent市のNepal-Himalaya-Pavillonに慰安婦像が設置されたこと知りました。
あなたに心からのお願いですが、この像を撤去して頂きたく存じます。
Wiesent市の像と同じデザインの像が米国カルフォルニア州グレンデール(Glendale)市の公園にあります。
日系人の団体がその慰安婦像の撤去を求めて米国連邦最高裁に訴えました。
日本政府は原告を支持して意見書を最高裁に提出しました。
その意見書は日本外務省のHPに掲載されています。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000231732.pdf
慰安婦問題はこのように米国においても政治・外交問題になっています。
全く関係の無いドイツWiesent市が関わることに私は反対します。
Wiesent市は、Nepal-Himalaya-Pavillonに対して、像を撤去するように要請してください。
Nepal-Himalaya-Pavillonは、開園の5月1日前に像を撤去するようお願いします。

 

<例文2>
z.Hd. von Herrn Wirth.

Ich heiße (名前 例:Hanako Yamada) und wohne in (住所 例:Yokohama).

Es wurde eine „Trostfrau“ Statue im Nepal-Himalaya-Pavillon in Wiesent aufgebaut.
Bei allem Respekt, bitte ich Sie um Abbau dieser Statue.

Es gibt „Trostfrau“ Statuen, die das gleiche Design wie in Wiesent haben, vor der japanischen Botschaft in Seoul und vor dem japanischen Konsulat in Busan in Korea.

Die japanische Regierung bittet Korea diese Statuen abzubauen wegen der Verletzung der Japanisch-koreanischen Vereinbarung zur „Trostfrauen-Frage“ (vom Jahr 2015) und dem internationalen Vertrag Wiener Übereinkommen über diplomatische Beziehungen .

Aber die Statuen stehen immer noch und die Japangegner treffen sich dort.
Wir als Japaner ärgern uns sehr darüber.
Die japanische Regierung erhob Einwand gegen die Verletzung der Verträge und holte den japanischen Botschafter in Korea anfang des Jahres 2017 nach Japan zurück. Er ist immer noch in Japan.

Die „Trostfrau“ Debatte ist jetzt ein politisches und diplomatisches Problem.
Ich bin dagegen, dass die Gemeinde Wiesent in Deutschland, die überhaupt keine Beziehung zu diesem Thema hat, in der japanisch-koreanische Debatte Stellung bezieht.

Ich bitte die Gemeinde Wiesent, von den Betreibern des Nepal-Himalaya-Pavillons zu fordern die Statue abzubauen.
Ich bitte die Betreiber des Nepal-Himalaya-Pavillons, die Statue vor der Eröffnung des Parks am 01.05.2017 abzubauen.

Vielen Dank für Ihr Verständnis und Ihre Unterstützung.

mit freundlichen Grüßen

名前 (例 Hanako Yamada)
住所 (例 Yokohama, JAPAN)

[日本語] Wirth様のお手元へ
私の名前は○○で、●●に住んでいます。
Wiesent市のNepal-Himalaya-Pavillonに慰安婦像が設置されたこと知りました。
すべての敬意をもってお願いですがこの彫像を撤去して頂きたく存じます。
韓国のソウルの日本大使館前と釜山の日本領事館前にもWiesent市の像と同じデザインの像が建っています。
日本政府はこれらの像の撤去を求めています。理由は日韓合意(2015年)とウィーン条約に反するからです。
しかし、像は未だに撤去されず、反日運動の場所になっています。
日本人はこれに対して非常に怒っています。
今年に入って日本政府は抗議して在韓国日本大使を帰国させました。
慰安婦像は、このように日韓の外交問題となっています。
全く関係の無いドイツWiesent市が関わることに私は反対します。
Wiesent市は、Nepal-Himalaya-Pavillonに対して、像を撤去するように要請してください。
Nepal-Himalaya-Pavillonは、開園の5月1日前に像を撤去するようお願いします。

 

<例文3>
z.Hd. von Herrn Wirth.

Ich heiße (名前 例:Hanako Yamada) und wohne in (住所 例:Yokohama).

Es wurde eine „Trostfrau“ Statue im Nepal-Himalaya-Pavillon in Wiesent aufgebaut.
Ich moechte Sie hoeflichst bitten diese Statue abzubauen.

Es gibt eine „Trostfrau“ Statue, die das gleiche Design wie in Wiesent hat, auf dem Parkplatz der Kirche namens „Uniting Church Australia“ in der Stadt Sydney in Australien. Eine Bürgergruppe „Australia-Japan Community Network (AJ CN)“ verklagte die Kirche vor dem Gerichtshof „Australian Human Rights Commission“, weil die „Trostfrau“ Statue für politische Aktivitäten gegen Japan benutzt wird und die Menschenrechte der Japanern verletzt werden.

AJCN ABOUT THE COMFORT WOMAN STATUE
http://jcnsydney-en.blogspot.jp/2016/12/about-comfort-woman-statue.html

Ich bin sehr dagegen, dass die Gemeinde Wiesent in Deutschland an dem Problem teilnimmt, die keine Beziehung damit hat.

Ich bitte die Gemeinde Wiesent, von den Betreibern des Nepal-Himalaya-Pavillons zu fordern die Statue abzubauen.
Ich bitte die Betreiber des Nepal-Himalaya-Pavillons, die Statue vor der Eröffnung des Parks am 01.05.2017 abzubauen.

Vielen Dank für Ihr Verständnis und Ihre Unterstützung.

mit freundlichen Grüßen

名前 (例 Hanako Yamada)
住所 (例 Yokohama, JAPAN)

[日本語] Wirth様のお手元へ
私の名前は○○で、●●に住んでいます。
Wiesent市のNepal-Himalaya-Pavillonに慰安婦像が設置されたこと知りました。
あなたに心からのお願いですが、この像を撤去して頂きたく存じます。
オーストラリアのシドニーのUniting Church Australiaの駐車場に、同じデザインの慰安婦像があります。
Australia-Japan Community Network (AJCN)という市民団体は、その教会をAustralian Human Rights Commissionに訴えています。
その理由は、慰安婦像が反日的な政治活動に利用され、日本人に対する人権侵害が起こっているからです。
AJCN ABOUT THE COMFORT WOMAN STATUE
http://jcnsydney-en.blogspot.jp/2016/12/about-comfort-woman-statue.html
そのような慰安婦像が、関係のないドイツWiesent市にあることに私は強く反対します。
Wiesent市は、Nepal-Himalaya-Pavillonに対して、像を撤去するように要請してください。
Nepal-Himalaya-Pavillonは、開園の5月1日前に像を撤去するようお願いします。

 

<例文4>
z.Hd. von Herrn Wirth.

Ich heiße (名前 例:Hanako Yamada) und wohne in (住所 例:Yokohama).

Es wurde eine „Trostfrau“ Statue im Nepal-Himalaya-Pavillon in Wiesent aufgebaut.
Bei allem Respekt, bitte ich Sie um Abbau dieser Statue.

Koreanische Gruppen behaupten, dass ein paar hunderttausend „Trostfrauen“, teilweise auch minderjährige Mädchen, während des zweiten Weltkriegs zwangsdeportiert und von japanischen Soldaten missbraucht wurden.
Dies verneinte die japanische Regierung offiziell in „UN human rights committee“

Convention on the Elimination of All Forms of Discrimination against Women Consideration of the seventh and eighth periodic reports (February 16, 2016, Geneva)
(Summary of remarks by Mr. Shinsuke Sugiyama, Deputy Minister for Foreign Affairs in the Question and Answer session)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000140100.pdf

Obwohl Koreanische Gruppen die „Trostfrau“ Statue „Friedens“ Statue nennen, sind die Aktivitäten der Japangegner überhaupt nicht friedlich.
Ich bin sehr dagegen, dass es eine solche Statue in der Gemeinde Wiesent gibt .

Ich bitte die Gemeinde Wiesent, von den Betreibern des Nepal-Himalaya-Pavillons zu fordern die Statue abzubauen.
Ich bitte die Betreiber des Nepal-Himalaya-Pavillons, die Statue vor der Eröffnung des Parks am 01.05.2017 abzubauen.

Vielen Dank für Ihr Verständnis und Ihre Unterstützung.

mit freundlichen Grüßen

名前 (例 Hanako Yamada)
住所 (例 Yokohama, JAPAN)

[日本語] Wirth様のお手元へ
私の名前は○○で、●●に住んでいます。
Wiesent市のNepal-Himalaya-Pavillonに慰安婦像が設置されたこと知りました。
すべての敬意をもってお願いですがこの彫像を撤去して頂きたく存じます。
韓国の団体は、「慰安婦とは、WW2時代に日本軍が強制連行し性奴隷にした数十万人の少女」と主張します。
しかし、日本政府は国連人権委員会(UN human rights committee)でそれを公式に否定しています。
Convention on the Elimination of All Forms of Discrimination against Women Consideration of the seventh and eighth periodic reports (February 16, 2016, Geneva)
(Summary of remarks by Mr. Shinsuke Sugiyama, Deputy Minister for Foreign Affairs in the Question and Answer session)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000140100.pdf
韓国団体は慰安婦像を平和像と呼びますが、その周りで行われている反日的な活動は決して平和的ではありません。
ドイツWiesent市に、そのような像があることに私は強く反対します。
Wiesent市は、Nepal-Himalaya-Pavillonに対して、像を撤去するように要請してください。
Nepal-Himalaya-Pavillonは、開園の5月1日前に像を撤去するようお願いします。

 

<例文5>
z.Hd. von Herrn Wirth.

Ich heiße (名前 例:Hanako Yamada) und wohne in (住所 例:Yokohama).

Es wurde eine „Trostfrau“ Statue im Nepal-Himalaya-Pavillon in Wiesent aufgebaut.
Ich moechte Sie hoeflichst bitten diese Statue abzubauen.

Die „Trostfrau“ Debatte ist ein Meinungsproblem zwischen Japan und Korea.
Deswegen schlossen Japan und Korea die Japanisch-koreanischen Vereinbarung zur „Trostfrauen-Frage“ 2015 .

Announcement by Foreign Ministers of Japan and the Republic of Korea at the Joint Press Occasion
http://www.mofa.go.jp/a_o/na/kr/page4e_000364.html

Der damalige amerikanische Außenminister Kerry freute sich über die Vereinbarung.

Press Statement, John Kerry, Secretary of State, Resolution of the Comfort Women Issue (Dec. 28, 2015)
https://2009-2017.state.gov/secretary/remarks/2015/12/250874.htm

In der Erklärung äußerte sich John Kerry folgendermaßen:
„We look forward to continuing to work with both countries on regional and global issues, including advancing our economic ties and security cooperation.”

Während die militärische Bedrohung durch China und Nord Korea fortbesteht, erkennen die U.S.A., dass die „Trostfrau“ Debatte zu einem Problem der Sicherheit für Asien beitragen könnte.

Trotz dieser Vereinbarung bauen koreanische Gruppen immer noch „Trostrau“ Statuen an verschiedenen Orten.
Ich bin dagegen, dass es eine solche Statue in der Gemeinde Wiesent in Deutschland gibt .

Ich bitte die Gemeinde Wiesent, von den Betreibern des Nepal-Himalaya-Pavillons zu fordern die Statue abzubauen.
Ich bitte die Betreiber des Nepal-Himalaya-Pavillons, die Statue vor der Eröffnung des Parks am 01.05.2017 abzubauen.

Vielen Dank für Ihr Verständnis und Ihre Unterstützung.

mit freundlichen Grüßen

名前 (例 Hanako Yamada)
住所 (例 Yokohama, JAPAN)

[日本語] Wirth様のお手元へ
私の名前は○○で、●●に住んでいます。
Wiesent市のNepal-Himalaya-Pavillonに慰安婦像が設置されたこと知りました。
あなたに心からのお願いですが、この像を撤去して頂きたく存じます。
慰安婦問題は、日本と韓国では主張が異なる問題です。
そのため、2016年に日韓で合意が行われました。
Announcement by Foreign Ministers of Japan and the Republic of Korea at the Joint Press Occasion
http://www.mofa.go.jp/a_o/na/kr/page4e_000364.html
米国の当時のケリー国務長官も合意を歓迎しています。
Press Statement, John Kerry, Secretary of State, Resolution of the Comfort Women Issue (Dec. 28, 2015)
https://2009-2017.state.gov/secretary/remarks/2015/12/250874.htm
声明の中でケリー長官はこう述べています。
「 We look forward to continuing to work with both countries on regional and global issues, including advancing our economic ties and security cooperation.」
つまり、中国と北朝鮮の軍事脅威がある中、米国は慰安婦問題を安全保障にも関わる問題と認識しています。
ところが韓国の団体はこの合意に反対して、各地に更に慰安婦像を建てています。
この問題と全く関係の無いドイツWiesent市にそのような像があることに私は反対します。
Wiesent市は、Nepal-Himalaya-Pavillonに対して、像を撤去するように要請してください。
Nepal-Himalaya-Pavillonは、開園の5月1日前に像を撤去するようお願いします。

 

<例文6>
z.Hd. von Herrn Wirth.

ich komme aus Japan.
Ich heiße (名前 例:Hanako Yamada) und wohne in (住所 例:Yokohama).

Am 08.03.2017 wurde eine „Trostfrau“ Statue in Wiesent aufgebaut.
Bei allem Respekt, bitte ich Sie um Abbau dieser Statue.

Deutschland und Japan haben eine sehr gute lange Beziehung und über 35,000 Japaner wohnen jetzt in Deutschland in Frieden und Zufriedenheit.

Wegen der Bitte des Abbaus der Statue möchte ich Ihnen gerne den „Grundlagenvertrag zwischen Japan und der Republik Korea“ vom Jahr 1965 und die „Japanisch-koreanische Vereinbarung“ vom Jahr 2015 vorstellen.

„Grundlagenvertrag zwischen Japan und der Republik Korea“
1965 schlossen Südkorea und Japan den Grundlagenvertrag zwischen Japan und der Republik Korea, der die Beziehungen zwischen beiden Ländern normalisieren sollte und mit dem alle Ansprüche komplett und endgültig ausgefüllt werden. Japan leistete 800 Mio. US$(2,5-fache des damaligen koreanischen Staatshaushalts) an Hilfszahlungen. Japan beabsichtigte, dass die südkoreanische Regierung diese Gelder den Opfern zukommen lässt, jedoch wurden die Gelder in Gänze zum Aufbau der Infrastruktur und Wirtschaft genutzt.

„Japanisch-koreanische Vereinbarung zu Trostfrau“
Am 28.12.2015 wurde die „Japanisch-koreanische Vereinbarung zu „Trostfrau“ als endgültig und unwiderruflich gelöst verkündet und Japan bezahlt dafür 9 Mio. Euro. Unter dieser Vereinbarung fällt auch eine Beseitigung der „Trostfrau“ Statue vor der japanischen Botschaft in Seoul, die gegen den internationalen Vertrag „Wiener Übereinkommen über diplomatische Beziehungen vom Jahr 1961“ *.

Japan hat 9 Mio. Euro im August 2016 gezahlt.

Obwohl die koreanische Regierung versprochen hat, die „Trostfrau“ Statue abzubauen, steht immer noch die Statue vor der japanischen Botschaft in Seoul und sogar eine neue Statue wurde vor dem japanischen Konsulat in Busan gebaut.

Deswegen ist der japanische Botschafter am 09.01.2017 nach Japan zurückgegangen und er ist bis heute in Japan geblieben.

* Der Empfangsstaat hat die besondere Pflicht, alle geeigneten Maßnahmen zu treffen, um die Räumlichkeiten der Mission vor jedem Eindringen und jeder Beschädigung zu schützen und um zu verhindern, dass der Friede der Mission gestört oder ihre Würde beeinträchtigt wird (Art. 22 Abs. 1 und 2 WÜD).

Aus diesen Gründen können wir überhaupt nicht akzeptieren, dass die „Trostfrau“ Statue jetzt in Wiesent in Deutschland, wo es ganz weit weg von uns ist und keine Beziehung mit der „Trostfrau“ Statue hat, gebaut wurde.

Wir hoffen, dass Wiesent die Verletzung der o.g. Verträge nicht unterstützt.

Wir würden Ihnen bitten die Statue abzubauen.

Vielen Dank im Voraus.

Mit freundlichen Grüßen

名前 (例 Hanako Yamada)
住所 (例 Yokohama, JAPAN)

[日本語] Wirth様のお手元へ
私の名前は○○で、●●に住んでいます。
2017年3月8日に、Wiesent市に慰安婦像が設置されました。
すべての敬意をもってお願いですがこの彫像を撤去して頂きたく存じます。
ドイツと日本は、これまで長い間、とても良好な関係を築いてきました。現在、ドイツに3万5千人以上の日本人が穏やかに満足して生活しています。
慰安婦像撤去要請にあたり、1965年締結の「日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約」と、2015年締結の「慰安婦問題日韓合意」についてご説明させていただきます。
「日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約」
1965年に日本と韓国の間で結ばれた条約。日韓国交樹立、日本の韓国に対する約8億ドル(当時の韓国国家予算の2,5倍)の経済協力、両国間の請求権の完全かつ最終的な解決、それらに基づく関係正常化が取り決められました。韓国は、日本が支給を予定していた債権を有する個々人にはほとんど供与及び融資せず、自国の経済基盤整備の為に使用しました。
「慰安婦問題日韓合意」
2015年12月28日に締結。慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認し、日本は10億円の拠出を約束しました。また、ソウル日本大使館前の慰安婦少女像の移転が合意されました。そもそも、大使館前のこのような像設置は、1961年の「外交関係に関するウィーン条約」に反しています(注)。
日本は、2016年8月に10億円を韓国に支払いました。
韓国は、ソウル日本大使館前の慰安婦少女像を未だ移転していません。更に、釜山市の日本領事館前に新たな慰安婦像を設置しました。
これに対する措置として、日本は2017年1月9日に駐韓日本大使を帰国させ、未だに韓国に戻っていません。
(注)ウィーン条約22条2項「いかなる侵入や損壊に対しても、公館地域を保護し、公館の安寧の妨害、威厳の侵害を防止するためにすべての適切な措置を執る特別の義務を有する」
以上の理由から、 日本と韓国から遠く、慰安婦像とは無関係のドイツWiesent市に慰安婦像が設置されたことは、絶対に認めることができません。
Wiesent市が上記の条約合意違反に加担することを、我々は望みません。
像撤去をお願いします。

 

以上

【情報まとめ】欧州初ドイツ・バイエルン州・ウィーゼント慰安婦像

【2017.4.28記】
慰安婦像の碑文は撤去されました。
園の所有者は、日韓双方の納得が得られない場合、「像は公園においておけなくなるだろう。私は中立でありたい」と述べています。

産経新聞H29/2017年4月28日付
歴史戦 独の慰安婦像 碑文撤去

*********************************************************************************

2016年ドイツのフライブルクで慰安婦像設置に失敗した韓国の水原市の「ドイツ平和の少女像水原市民建立推進委員会」が、バイエルン州ウィーゼント市(Wiesent/人口2500名)のネパール・ヒマヤラ・パビリオン園に像を設置し、2017年3月8日に除幕式を開きました。

24ddbe48-s

以下、情報まとめです。ドイツ現地のなでしこアクション仲間が調べて下さっています。新たな情報は追記し、更新します。

 

【2017年3月16日(日)更新】

ネパール・ヒマヤラ・パビリオン園は、ヴィルト家(Fam. Wirth)個人が経営する施設で私有地です。

alt9caa

ウィーゼント市のホームページにも載っている観光施設ですが、市長Mrs.Kerscherに問い合わせたところ、園について詳しくなく、慰安婦像についても知りませんでした。また、撤去を求めるメールを送ったところ、園に問い合わせるようにとの返信でした。

園と韓国の接点は、過去に韓国の舞踊団(Tchum Sa、Won Hwa)招いてイベントを開催したことが考えられます。

korea

園の経営者Wirth氏はドイツで勲章を受けた方ですが、慰安婦問題は知らずに善意で受け入れたのでしょう。
現在、園は冬季休園中で5月1日からオープンします。(開園期間5月1日~10月3日)
一般の入園者の目に触れるようになる前に、園とウィーゼント市に撤去を求めて働きかけができます。

外務省、日本大使館、ミュンヘン総領事館もかなり努力している様子ですが、楽観はできません。

皆さんにお願いです。

1.ネパール・ヒマヤラ・パビリオン園とウィーゼント市にメッセージ
ドイツ語のメッセージ例文を用意しました。こちら「ドイツ慰安婦像 撤去を求めます!/ドイツ語のメッセージ文例」をご覧ください。

2.ミュンヘン総領事館にメッセージ
像の撤去に向けて、ウィーゼント市とネパール・ヒマヤラ・パビリオン園を説得するように要請しましょう。

3.他関係各所へメッセージを送る
各所の連絡先を下に掲載しますので、撤去に向けて、皆さんの意見を送ってください。

 

設置されたからと諦めずに、私たちのできることしましょう!

**************************************************************************

<ネパール・ヒマヤラ・パビリオン園 / Nepal-Himalaya-Pavillon >

公式サイト
http://nepal-himalaya-pavillon.de/

住所 Martiniplatte, 93109 Wiesent, Bavaria, Germany
(Google 地図)
電話 +49 9482 959686
オーナー Mr. Heri Wirth
メールアドレス  info@nepal-himalaya-pavillon.de

園内ツアー案内園内地図
※ オーナー Wirth氏が理事の財団 “Wasser für die Welt” 「世界のための水」

 

< ウィーゼント市 / Municipality of Wiesent >

市HP  http://www.wiesent.de/

住所
Municipality of Wiesent
Railway station 15
93109 Wiesent
Phone: 09482 / 90958-0
Fax: 09482 / 90958-20

メール:Gemeinde.wiesent@realrgb.de

問い合わせフォーム http://www.wiesent.de/aktuelles/kontakt/

市長 連絡先
1.Mayoress Elisabeth. kerscher
メール elisabeth.kerscher@realrgb.de
電話 09482/90958-0

2.Mayor Herbert Hanwalter
メール hanwalter-heizung@t-online.de
電話 09482/959777

3.Mayor Alfred Stadler
メール alstad@r-kom.net
電話  09482/2496

 

< 在ミュンヘン日本国総領事館 >

文化、広報担当メール kultur@mu.mofa.go.jp

住所:
Karl-Scharnagl-Ring 7
80539 München
Bundesrepublik Deutschland

電話: +49 (0)89-4176040
FAX: +49 (0)89-4705710

外務省 意見フォーム https://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html

 

<ドイツ観光局日本事務所 >

HP http://www.germany.travel/jp/index.html

住所: 〒107-0052 東京都港区赤坂7丁目5−56 403 OAGHAUS 4F
電話: 03-3586-5046
メール: office-japan@germany.travel

 

< 他 >

レーゲンスブルグ独日協会

**************************************************************************

<関連ニュース>
◆ 国民日報 2017-03-14 10:48
「ヨーロッパ初の「少女像」が危険です “… ドイツで伝えられた訴え
“유럽 첫 ‘소녀상’이 위험합니다”… 독일서 전해진 호소

◆mittelbayerische 12. März 2017
„Trostfrau“ mahnt zum Frieden
コンタクト

◆ ドイツのNPO Korea Verband korea communication & research center
記事2017/3/8 ドイツで最初の平和像の除幕
Enthüllung der ersten Friedensstatue in Deutschland

◆ 産経 2017.3.9
【歴史戦】ドイツに欧州初の慰安婦像 南部バイエルン州 南西部で頓挫の韓国団体が主導

◆ TBSニュース 2017.3.9
欧州初の慰安婦象徴する少女像、独に設置

◆ KBS World Radio 2017-03-09
欧州に於ける性奴隷犠牲者為の初の平和像
Erste Friedensstatue für Opfer der Sexslaverei in Europa enthüllt

◆ Koreaverband 8. März 2017
ドイツにおける最初の平和像の披露
Enthüllung der ersten Friedensstatue in Deutschland

◆ 聯合ニュース 2017/03/09
ドイツで「平和の少女像」除幕式 欧州初の設置

Statue remembering Korea’s comfort women erected in Germany

◆ 連合ニュース2017/03/08
ヨーロッパ初の「平和の少女像」ドイツに立つ
유럽 첫 ‘평화의 소녀상’ 독일에 서다 / 연합뉴스TV(YonhapnewsTV)

◆ ARIRANG NEWS 2017/03/08
Europe’s first ‘comfort woman’ statue installed in Germany

在米50年のご婦人が発行するニュースレター「ポトマック通信」から「慰安婦問題」No.4

「ポトマック通信」は米国メリーランド在住の ワイルス蓉子 さんが隔月発行しているニュースレターです。ワイルス蓉子さんは昭和5年生まれ。2017年1月号から「戦後71年~執拗に言い続ける 慰安婦問題 嘘で固めた真実を暴く」をご紹介します。

2015年7月号2016年9月号2016年11月号

***********************************************************************

ワイルス蓉子さん略歴: 昭和5年1月14日生。 山水高女(現桐朋学園)卒。 青山学院大学英米文学科中退。 アメリカの商社に英文速記秘書として勤めた後、1966年渡米。 1971年5月、エドワード・ワイルスと結婚。米国メリーランド州在住。

 

 

ポトマック通信 2017年1月号
戦後71年~執拗に言い続ける
慰安婦問題
嘘で固めた真実を暴く

※画像をクリックすると別ウィンドウで拡大表示されます。
PDF版はこちら

スライド1

スライド2

スライド3

スライド4

日本政府 米国連邦最高裁提出 意見書要約 と 今後の流れ

GAHT最新情報  https://gahtjp.org/?p=1565 より

***************************************************

日本政府が米国連邦最高裁に提出した意見書(アミカス・キュリエ・ブリーフ)の要約と、最高裁での今後の流れをご紹介します。
日本政府の意見書については 外務省公式ホームページの「 米国グレンデール市慰安婦像訴訟 日本国政府の意見書提出 」をご覧ください。

*********************************************************************************

【 グレンデール性奴隷慰安婦像撤去裁判 日本政府意見書抄録 】

連邦政府は外交において独占権を有する

2017年2月 抄録と解説担当 GAHT 細谷

日本政府の関心事
本裁判はグレンデール市が、第二次世界大戦中の慰安婦問題での日韓間の争いに合衆国連邦政府の公平な友好的に解決する様に促す外交方針であるにも関わらず、独自の見解を表明して外交関係を混乱させる事が、憲法上許されるのかの問題をはらんでいる。
連邦政府は長年に亘りこの問題に対し米国の同盟二ヶ国が外交的な解決に努める事を支持し、米国はその為に注意深く一貫してこの問題で煽動的な言辞を控えて来た。

A. 外交独占権
最高裁で下された判例は、連邦政府の外交権独占権を正当化する。控訴裁判所の判決は、最高裁の一貫した方針と裁定に全く違っている。
市-地方政府が主張する表現の自由は、憲法上保護されていなく外交独占権に違反する。

B. 控訴裁判所の判決は問題が多い、最高裁で審理されるべき
控訴裁判所が創り出した表現の自由による外交権の侵害は、(最高裁が)本件を審理をするに十分な理由がある判決は過去の最高裁の判例とも米国政府の外交方針とも一致しないし、日本政府高官が公言した碑設置に反対する声明を全く考慮していない。
判決は、(市の)表現の自由を優先する例外を創り出して外交独占権を侵害した。
グレンデール市は像を設置して外交方針を世界に発信したが、米国は統一した見解を外に発すべきである。

C. 慰安婦問題の誤解と日韓関係
像の設置前から日米韓間での外交問題であった。日韓関係は脆弱で、日韓の安保・経済協力が2015年12月の日韓合意で進展するのは米国が望む所である。
その米国が慰安婦問題で相反する見解を表明する事で混乱が生じかねない。
日本は歴史上の事実を十分に調査したが、碑文は歴史上の記述として正確でない。
昨年ジュネーブでの女子差別撤廃委員会に於いて日本の外務副大臣(審議官)が、1990年代に実施した大規模な事実関係の調査結果を発表し、性奴隷・20万人・強制連行を否定した。その全文は外務省のHPに掲載されている。
現在の日韓間外交は、米国の支援によって2015年末の日韓合意に至った。本意見書は国際的な場での批判禁止等の日韓合意に反しない。

日本にとり何にも増して重要な事は、州やグレンデール市の様な地方都市がこの慰安婦問題の様な敏感な外交問題に首を突っ込まない事であり、その為に州・市は米国がその外交方針で発信せねばならない統一的方針を侵害させない事である。

結論
上記より、請願は認められるべきである。

—————————————
日本政府意見書のポイント
・(慰安婦)問題は、像設置の2013年7月以前から日米韓での外交課題であり、人権問題ではない
・地方政府に憲法で表現の自由は保証されてない
・強制連行・性奴隷/ 20万人等を事実誤認と否定
・問題は日米韓の安保・経済に絡む敏感な外交課題
・日米韓3ヶ国は解決に向けて努力している。米国の主張は一つで地方政府が口出して邪魔すべきでない
・控訴裁判決は問題。最高裁で審理されるべき

 

*********************************************************************************

【 最高裁での今後の流れ 】
※画像をクリックすると別ウィンドウにPDFで表示されます。

最高裁での流れ2

日本政府 米最高裁に意見書提出

GAHT最新情報  https://gahtjp.org/?p=1546 より

***************************************************

米国最高裁判所における上告審の進展

日本政府が我々を支援する第三者意見書を提出

 

2017年2月22日

GAHT-US CORPORATION

 

本日(2017年2月22日)は、3年続いているグレンデール市の慰安婦像の撤去を求める裁判の歴史の中で特筆すべき日でありました。

ご存知のように、第一審と第九地区控訴裁判所に於いては敗訴したので、最後の拠り所である米国連邦最高裁判所に請願書を提出し、先月23日に受理されました。それから30日以内に第三者意見書(アミカス)が受け付けられることになっていたのですが、本日、日本政府から請願者GAHTを支援するアミカスが、最高裁判所に提出され受理されました。

日本政府には以前から書面による支援を依頼していたのでが、今までは実現していなかったのです。しかし、裁判の最終段階で我々を支援する第三者意見書を提出していただいたことに、我々は深く感謝をする次第です。連邦最高裁判所に請願された案件に対しては、ほんの1%くらいしか採択されず、他は棄却されるのが今までの習わしですが、政府がアミカス提出したので、採択のチャンスが向上しました。

その他に、「日本近現代史研究会」と「史実を世界に発信する会」が共同で作成したアミカスも最高裁版所に提出されました。同時に、グレンデール市側からの請願書に反対する文書も提出されました。

今後ですが、10日以内にグレンデール市の請願受付反対書に対する当方の反論書を提出する予定です。また、グレンデール市を支援するアミカスも30日以内に出されてくると思われます。

今年の前半が勝負かと思われます。今後とも引き続き皆様のご支援をお願い致します。

以上

 

◆ 外務省ホームページ
米国グレンデール市慰安婦像訴訟 日本国政府の意見書提出

◆ 日本政府の意見書(英文PDF)
Mera Amicus Brief

◆ GAHTの請願書 [No. 16-917] (英文PDF)
Koichi Mera Petition for Writ of Certiorari

 

 ***************************************************************

***************************************************************

<関連ニュース>

◆ China Daily 2017-03-02
Japan condemned for interference with ‘comfort women’ memorial lawsuit

◆ 京郷新聞2017.02.26
“미국 소녀상도 철거해야”..일본 정부, 미국 법원에 의견서 제출
「米国の少女賞撤去しなければ “..日本政府、米国の裁判所に意見書提出

◆ KYODO MAR. 01, 2017
Japan gives rare opinion to U.S. Supreme Court over ‘comfort women’ row

◆ JAPAN Foward February 27, 2017
The Japanese Government Weighs in with the Supreme Court

◆ 日本経済新聞 2017/2/28
政府、米での少女像訴訟で意見書 慰安婦を象徴

◆ 時事通信 2017/02/28
少女像訴訟で米最高裁に意見=外務省

◆ NHKニュース 2月28日
政府 米での慰安婦像撤去裁判 上告認めるよう意見書

◆ 毎日新聞 
連邦最高裁に日本政府意見書

◆朝日新聞 2017年2月27日
政府、米慰安婦像訴訟に異例の意見書「上告認めるべき」

◆ 産経ニュース 2017.2.25 【歴史戦】
米グレンデール慰安婦像撤去訴訟、日本政府が米最高裁判所に審理求める意見書提出

日本政府が異例の対応 米地方自治体の介入看過できず、慰安婦像撤去訴訟で

「朝日新聞集団訴訟」控訴審 第1回口頭弁論 意見書全文

2017年2月21日(火)に行われた、「朝日新聞集団訴訟」控訴審 第1回口頭弁論(東京高等裁判所 101法廷)で、なでしこアクション山本優美子が意見書を読み上げ提出しました。その意見書全文をご紹介します。
訴訟についての詳細は朝日新聞を糺す国民会議をご覧ください。

******************************************************************************

意見書

 

平成29年2月15日

山本優美子

東京高等裁判所 御中

 

「なでしこアクション」代表山本優美子と申します。私は、海外の慰安婦問題について活動しています。

 

朝日新聞の虚偽報道が長年訂正されなかった影響で「残虐な日本軍、悲惨な慰安婦」のイメージが拡大、拡散しました。現在、海外では、「慰安婦は日本軍に強制連行され性奴隷にされた数十万の幼気な少女たち」と信じられています。

 

このイメージを中国や韓国が利用し、海外では日本非難決議が採択され、慰安婦碑や慰安婦像が既に各地に建ち、また、新たな設置計画も次々と浮上しています。その影響で海外の日本人やその子供たちの平穏な日常生活が脅かされるまでになっています。これは、日本人に対する人権侵害です。世界各地のお母さま方から不安を訴える声がたくさん届いています。

 

「なでしこアクション」は、海外の各地に「慰安婦碑反対」や「慰安婦は性奴隷ではない」という意見を送る運動をしてきました。これに賛同する多数の署名も集め、海外30カ国以上の日本人が私たちの運動に協力してくれています。また、私たちは、国連の人権委員会に訴え、ユネスコの世界の記憶に私たちの主張を裏付ける資料の登録を申請しています。しかし、私たちがそうした努力をしても、世界に定着してしまった「慰安婦・強制連行・性奴隷」という虚構のイメージを覆すことは非常に難しいのが現状です。でも、私たちは、次の世代の子供たちのために諦めるわけにはいきません。

 

韓国以外の公共の場所にある唯一の慰安婦像が米国カルフォルニアのグレンデール市にあります。私は、このグレンデール慰安婦像撤去を求める訴訟を行っている「歴史の真実を求める世界連合会」の一員でもあります。私たちは、この1月、首都ワシントンに行き、アメリカ合衆国連邦最高裁判所に上告状を提出しました。

 

その上告状では「慰安婦問題は米国・韓国・日本の外交問題である」という点も訴えています。

 

みなさまご承知のとおり、一昨年末、いわゆる「日韓合意」がありました。当時のオバマ政権が安全保障上の必要からこれを強く促したものと言われています。昨年末のハワイの日米首脳会談では、この日韓合意が高く評価され、北朝鮮の脅威がある中での日米韓の協力・連携の重要性が確認されています。つまり、現在、慰安婦問題は、衆知のとおり、政治・外交問題であるばかりではなく、安全保障問題にまで発展しているのです。

 

ところが、みなさま、朝日の英語版を見て下さい。「慰安婦comfort women」との文言の後には、必ずと言っていいほど、何と「forced to provide sex 」と書いてあります。つまり、驚くべきことに「慰安婦は日本軍に性行為の提供を強制された女性」との説明書きが英語版には加えてあるのです。この一文があるだけで、記事の意味が変わります。たとえば、日韓合意の記事では「日本軍は女性に性行為を強制する酷いことをしたから謝罪してお金を払うのだろう」と海外では解釈されているのです。

 

日本軍による強制連行を示す客観的な資料は、これまで、ただの一つも発見されていません。これからもそのような資料が発見されることはありません。なぜなら、そもそも、初めから強制連行の事実などないからです。朝日新聞は何を根拠に、しかも英語版にだけ、今に至るも、執拗に「force=強制」を使うのでしょうか。

 

これでは、私たちが懸命に米国の裁判所で戦っても、また、最前線で海外に向けて情報発信しても、後ろから石をぶつけられ、振り向けばそこには朝日新聞という有様なのです。

 

朝日新聞はもうこれ以上問題を広げないでください。犯した過ちを認め、問題の所在を認め、被害の発生を認め、自ら、広く、国際社会に向かって多言語で謝罪するよう切に求めます。

 

以上

******************************************************************************

SF慰安婦像の彫刻家スティーブン・ホワイティ氏へ意見メッセージ

sf7-1

サンフランシスコに計画されている慰安婦像は、ソウル・釜山・グレンデールの像とは異なり、中華系団体Comfort Women Justice Coalition主催のコンペティションで選ばれた英国出身在米の彫刻家スティーブン・ホワイティ氏のデザイン・製作です。

ホワイティ氏は、米国・英国各地に数々の立派な作品を製作してきた方です。(参考ウィキペディアSteven Whyte

SFの慰安婦碑は、その碑文からも中韓のプロパガンダであることは明らかです。そのような碑の作家となることは、これまでのホワイティ氏のキャリアに傷がつくのではないでしょうか。
ご本人は気づかぬまま、このままでは日本人からは嫌われる彫刻家になってしまうでしょう。

ホワイティ氏へ意見を届けたい方は以下を参考にしてください。

<Steven Whyte  スティーブン・ホワイティ氏>

STEVEN WHYTE SCULPTURE STUDIO & GALLERY
http://www.stevenwhytesculptor.com/

STEVEN WHYTE’S SCULPTURE STUDIO BLOG
http://stevenwhytestudios.blogspot.jp/

Facebook  https://www.facebook.com/stevenwhytestudio

Twitter @swbronze  https://twitter.com/swbronze

**************************************************************

<メール>

宛先
sw@stevenwhytestudios.com
sculptu@earthlink.net

件名例
Regarding comfort women monument in SF
‘Comfort Women’ Sculpture in SF
Your ‘Comfort Women’ Art work in SF

メール文例
※簡単な内容でも良いので自分の意見を入れるのが良いです。
例文をご参考に適当にアレンジして下さい。

[例文1]
Dear Mr. Steven Whyte,

My name is (自分の名前) and I live in Japan. It is my pleasure to have an opportunity to write you.

The reason that I am writing this e-mail to you is that I have learned that you are going to make a statue for a Comfort Women monument which is planned to be located in San Francisco.

The similar statues or memorials as yours have already erected in several cities in USA. These statues or memorials have been projected for women’s human rights or for world peace. But actually they have become anti-Japan propaganda monuments, with epitaphs aside stating that comfort women were sex slaves, to which Japanese government clearly object as the allegation is not a historical fact.

As you see, so called “Comfort Women Issue” has been internationally very controversial. Besides, the Issue concerns diplomacy, international security and such as rather than women’s human rights.

I, as an admirer of your art, am very sad if you take part in anti-Japan propaganda which is not based on the fact.

Sincerely yours,

差出人名前 住所
例Hanako Yamada
Tokyo, JAPAN

日本語要約:日本在住の○○と申します。貴方がサンフランシスコに計画されている慰安婦碑の像を作製されると知りメールいたします。同様の像や碑が米国各地に建っています。女性の人権の為、平和の為とされています。しかし実際には反日プロパガンダの碑であり、その碑文には日本政府が明確に否定している「慰安婦は性奴隷」と刻まれています。ご存知のようにいわゆる慰安婦問題は国際的な議論となっています。女性の人権というよりも外交、安全保障問題になっています。あなたの作品を尊敬するものとして、事実に基づかない反日プロパガンダに加わることは非常に残念に思います。

[例文2]
Dear Mr. Steven Whyte,

My name is (自分の名前) and I live in Japan. It is my pleasure to have an opportunity to write you.
The reason that I am writing this e-mail to you is that I have learned that you are going to make a statue for a Comfort Women monument which is planned to be located in San Francisco.

I would like to make clear that Japanese people have a different viewpoint regarding Comfort Women than Chinese and Korean people. Only the viewpoint of Chinese and Korean people is written on the Comfort Women Monument to be located in San Francisco. I want you to know that Japanese people are firmly against this.

Again, I would like to ask you to check the background of this project.

Sincerely yours,

差出人名前 住所
例Hanako Yamada
Tokyo, JAPAN

日本語要約:はじめまして。日本在住の○○と申します。SFに計画されている慰安婦碑の像を貴方が製作すると知りました。慰安婦については、中国・韓国と日本では見解が違います。SFの慰安婦碑の碑文には中国韓国側の見解だけが書いてあります。日本人はこれに強く反対しているのをご存知でしょうか。どうか、良く調べて検討してください。

 

[例文3]
Dear Mr. Steven Whyte,

My name is (自分の名前). It is my pleasure to write you.
The reason that I am writing this e-mail to you is that I have learned that you are going to make a statue for a Comfort Women monument which is planned to be located in San Francisco.

I know that you are also a historian. If so, you are also aware that how history is interpreted differs by country or by region, and such differences can lead to conflict. The issue of Comfort Women is one such issue which lies among Japan, China and Korea.

As far as I have checked, the epitaph on the monument in San Francisco is so written according to the assertion of China and Korea. Due to the complicated Comfort Women issue, Japan is protesting against Korea and has recalled its Ambassador to Korea. He is still in Japan and has not returned to Korea.

As I have mentioned, the Comfort Women issue is such a complicated issue in which diplomatic conflicts also exist. Some people say that the Consul General in San Francisco should also be recalled if this monument is built in San Francisco.

I really hope you to have second thought.

Sincerely,

差出人名前 住所
例Hanako Yamada
Tokyo, JAPAN

日本語要約:はじめまして。○○と申します。SFに計画されている慰安婦碑の像を貴方が製作すると知りました。貴方は歴史家でもあるそうですね。そうであれば、歴史の解釈は国や地域によって異なり、時には紛争に繋がることもご存知でしょう。慰安婦問題は日中韓の間のそういった問題の一つです。SFの碑文の内容は明らかに中韓の史観になっています。慰安婦問題がこじれて、現在日本は韓国に抗議して在韓日本大使が日本に戻っています。慰安婦問題にはそれほどの複雑な外交問題も含まれています。SFにこの碑が経ったら、在SF日本総領事を日本に戻すべきとの意見もあります。どうか考え直してください。

 

[例文4]
Dear Mr. Steven Whyte,

My name is (自分の名前) and I live in Japan. It is my pleasure to write you.
As I am sure you do too, I am a person who thinks women’s human rights are important and strongly hope that there will no longer be victims of human trafficking.

However, I am against the construction of a Comfort Women monument which is planned in San Francisco.
In particular, the monument only indicates an epitaph about Japan that is not based on correct evidence, what it says is not correct. Japanese are in anger because such a monument only defames Japan, under the guise of appealing for women’s human rights.

The “Comfort Women” Justice Coalition has a very close relationship with Communist Party of China and an alliance with the Korean American Forum of California which has some ties to North Korea.

I, as an admirer of your art, really hope you to have second thought.

Very truly yours,

差出人名前 住所
例Hanako Yamada
Tokyo, JAPAN

日本語要約:はじめまして。○○と申します。私はあなたと同様に、女性の人権を大切に思い、人身売買の被害者がなくなることを望んでいます。しかし、私はSFに計画されているc慰安婦碑には反対です。碑文が日本のことだけを取り上げ、その内容は事実関係が違う点があります。このような碑文は女性の人権問題をよそおった日本侮辱であると、日本人は怒っています。 “慰安婦” 正義連名は中国共産党と深い関係があり、加州韓国系米人会の友好団体は北朝鮮と関係があると言われています。貴方の作品を尊敬するものとして、是非考え直していただきたいと思います。

 

[例文5]
Dear Mr. Steven Whyte,

My name is (自分の名前) and I live in Japan. It is my pleasure to write you.
The reason that I am writing this e-mail to you is that I have learned that you are going to make a statue for a Comfort Women monument which is planned to be located in San Francisco.

I am e-mailing you because I think you, and American people, may not be familiar with the so called “Comfort Women” issue. The Comfort Women issue is very complicated and controversial among Japan, China and Korea. I would say this is now a political and diplomatic issue.

Do you know that unreasonable and ugly anti-Japan demonstrations are taking place at a statue of Comfort Women in Korea? The statue of Comfort Women is no longer a statue representing women’s human rights and peace, but as a basis for anti-Japan activities.
Many Japanese people are afraid that the same thing could happen around a Comfort Women statue in San Francisco.

Please reconsider that.

Sincerely,

差出人名前 住所
例Hanako Yamada
Tokyo, JAPAN

日本語要約:はじめまして。○○と申します。SFに計画されている慰安婦碑の像を貴方が製作すると知りました。貴方は米国人なので、いわゆる慰安婦問題を良く知らないと思いメールしました。慰安婦問題は日本韓国中国で非常に議論となっている問題で、政治・外交問題にまで発展しています。韓国にある慰安婦像の周りで酷い反日デモが行われているのをご存知でしょうか。慰安婦像は女性の人権と平和の為という本来の意味から離れて、反日活動の拠点となっているのです。SFの慰安婦像でも同様のことが起こると多くの日本人が思っています。ぜひ考え直してください。

 

[例文6]
Dear Mr. Steven Whyte,

My name is (自分の名前) and I live in Japan. It is my pleasure to write you.
The reason that I am writing this e-mail to you is that I have learned that you are going to make a statue for a Comfort Women monument which is planned to be located in San Francisco.

There is a Comfort Women monument in Glendale, California. Japanese-Americans have appealed to the Supreme Court recently to have the statue removed. There is another Comfort Women statue within the premises of a church in Sydney, Australia. Both Japanese and Australians are working together for the approval of a human rights committee to dismantle this statue.

Although the designs of these statues differ from yours, the epitaph on these monuments is quite similar.

I really hope you to have second thought.

Sincerely yours,

差出人名前 住所
例Hanako Yamada
Tokyo, JAPAN

日本語要約:はじめまして。○○と申します。SFに計画されている慰安婦碑の像を貴方が製作すると知りました。カルフォルニアのグレンデールにも慰安婦像があります。日系米国人がその像の撤去を求めて、連邦最高裁に訴えています。豪州のシドニーのある教会の敷地にも慰安婦像があります。日本人・豪州人が一緒になり、その像の撤去を求めて人権委員会に訴えています。これらの像は貴方の作品とはデザインは違いますが、碑文は非常に似ています。どうか考え直してください。

 

**************************************************************

慰安婦碑計画資料よりスティーブン・ホワイティ氏の紹介

1

2

3

4

5

6

7

アトランタ関連参考

アトランタ公民権・人権センターは慰安婦像設置を許可しないと発表しました。
アトランタの日本領事館、現地の日本人の働きかけのお蔭です。
一方、慰安婦像推進団体 Atlanta Comfort Women Memorial Task Forceは、「像を設置する別の場所をアトランタで探している」としています。
安心せずに今後も注視していくことが必要です。

<参考ニュース>
産経 2017.3.5
【歴史戦】米アトランタの慰安婦像、設置許可せず 施設側が通達、韓国系団体「失望」

*******************************************************************************

米ジョージア州アトランタに慰安婦像が設置される予定があると発表されました。

産経 2/10/2017
【歴史戦】米アトランタにも慰安婦像設置へ 現地在住の韓国人らが計画

Atranta Comfort Women Memorial Task Force
以下関連情報です。

慰安婦像推進団体 Atlanta Comfort Women Memorial Task Force
フェイスブック  https://www.facebook.com/Atlantacomfortwomen/

慰安婦像設置予定場所

公民権・人権センター
The Center for Civil & Human Rights
https://www.civilandhumanrights.org/
※画面右下のメール✉のマークをクリックすると「問い合わせフォーム」が表示されます。

SnapCrab_NoName_2017-2-11_9-12-48_No-00

像設置のプレリリース
Memorial Honoring Sexual and Human Trafficking Victims to be Installed at the Center for Civil and Human Rights in downtown Atlanta

※画面の下にコメント欄「LEAVE A COMMENT」があります。

TEL
678.999.8990

場所
100 Ivan Allen Jr. Boulevard,
Atlanta, GA 30313

郵送先
250 Williams St, Suite 2322
Atlanta, GA 30303

facebook
https://www.facebook.com/ctr4chr

スポンサー一覧
https://www.civilandhumanrights.org/about-us/our-sponsors/

——————————-

在アトランタ日本国総領事館
Consulate-General of Japan in Atlanta
http://www.atlanta.us.emb-japan.go.jp/nihongo/

代表: consulate@aa.mofa.go.jp
代表電話番号: 404-240-4300
文化: info@aa.mofa.go.jp |
領事: ryoji@aa.mofa.go.jp

——————————-

アトランタ市議会 Atlanta City Council
http://citycouncil.atlantaga.gov/

Council Mailing Address
55 Trinity Avenue, S.W., Suite 2900
Atlanta, Georgia, 30303-3584

Phone Number: 404-330-6030
Fax Number: 404-739-9118

コンタクト一覧
http://citycouncil.atlantaga.gov/CONTACTS.HTM

****************************************************************

<関連ニュース>

Atlanta March 8, 2017
Commentary: Rejection of “Comfort Women” memorial should make us all uncomfortable

朝鮮日報 2017/02/26
米アトランタの少女像設置 日本側が「企業撤退」と圧力

ハンギョレ 2/9/2017
米アトランタにも“平和の少女像”

聯合ニュース 2/9/2017
トランタに少女像設置へ 米大都市では初=韓国人団体が推進

聯合ニュース 2/10/2017
米アトランタに少女像設置へ 4月に除幕式

中央日報 2/9/2017
米アトランタに少女像が建てられる…3年間秘密裏に推進

Yonhap News  2/9/2017
Korean-American group to set up ‘comfort women’ statue in Atlanta

Georgia Asian Times  2/9/2017
Memorial honoring sexual and human trafficking victims to be installed at the Center for Civil and Human Rights

The Korea Post 2/10/2017
Korean-American group to install ‘comfort women’ statue in Atlanta in April

The Korea Bizwire 2/10/2017
Atlanta Becomes First Major U.S. City to House “Comfort Woman” Statue

アルジャジーラのニュース「日韓問題をかきたてる韓国人女性達」

カナダ・オンタリオ州が南京大虐殺記念日の制定審議中。抗議のメールをお願いします!
「カナダ・イスラエル友好協会からユネスコへの意見書と協会コメント」
**************************************************************

アルジャジーラのインタビューを受けました。その報道がこちらです。

2017.2.2 「日韓問題をかきたてる韓国人女性達」
نساء كوريات جنوبيات يثرن أزمة بين بلدهن واليابان

 

海外メディアは慰安婦問題について偏向した報道が多い中、このアルジャジーラの報道は客観的な内容だと思います。

<動画のタイムラインと内容>

0:00 男性アナ 慰安婦像前における韓国人女性達の活動を説明
韓国人活動家たちが慰安婦像に服を着せている。
慰安婦像前で座り込みストを行っている。
彼らは慰安婦問題を次の世代へ継承することを企図している。
そのため彼らは日韓合意を認めておらず朴大統領を裏切り者とみなしている。

0:35 インタビュー 韓国人活動家ハンオンユン(?)が日韓合意に反対を語る
安倍首相は誠実な謝罪をしていない。
朴大統領はスキャンダルのため外交交渉能力がない。
日本との合意は一つだけである。

0:47 男性アナ 日韓合意について説明

1:00 男性レポーター 慰安婦像前で慰安婦像撤去をめぐる軋轢を説明
韓国政府には在ソウル日本大使館前の慰安婦像を撤去する務めがあった。
しかし実行しなかったばかりか、在釜山領事館前での慰安婦像設置を黙認した。

1:16 男性アナ 日本の大使帰国までの経緯を説明
その後の日本の抗議、大使及び領事の召還。
韓国は世論の刺激を恐れて対応しなかった。
しかも慰安婦像を観光スポットにしている。
これが日本が恐れていたことである。

1:51 インタビュー 山本優美子が同軋轢により生じ得る懸念について語る
慰安婦像の設置及びそれによって過去の歴史が掘り返されることで日本にネガティブなイメージがついてしまうことが一番の懸念。
既に戦後70年経過しており、慰安婦問題を最終的に解決することが我々に課せられている。

2:02 男性アナ まとめ
慰安婦問題が泥沼化しつつある。
アルジャジーラ・ソウル支局のファディ・サラメによるレポートでした

以上