All posts by admin

有馬教授 支援声明「言論・学問の自由の弾圧を断固許すな― 有馬哲夫教授解雇を求める署名活動に抗して 」

アクセスカウンター

国際歴史論戦研究所が発表した早稲田大学有馬哲夫教授を支援する声明「言論・学問の自由の弾圧を断固許すな― 有馬哲夫教授解雇を求める署名活動に抗して ―」を転載いたします。

*********************************************************
【 PDF 版はこちら 】

令和3年10月13日

国際歴史論戦研究所 所長 山本優美子

言論・学問の自由の弾圧を断固許すな
― 有馬哲夫教授解雇を求める署名活動に抗して ―

国際歴史論戦研究所は、言論・学問の自由を弾圧するいかなる行為をも断固として抗議します。

現在、有馬哲夫教授(早稲田大学)に対して、有馬教授を「レイシスト」と非難し、解雇を求める署名活動が展開されるという異常かつ深刻な事態が発生しています。この問題は、ひとり有馬教授だけの問題ではありません。言論・学問の自由が脅かされる重大な事態と言えます。

言論・学問の自由は、言論には言論で、学問には学問で、自分の意見を主張し、かつ相手の意見をも尊重することで成り立ちます。いわば、言論・学問の自由を護る大原則というべきものです。しかしこの大原則を破り、自分の主義主張に合わない意見や主張を、解雇を求める署名活動によって封じ込めようとする行為は、数に頼んだ暴力であり、脅迫であり、犯罪とさえ言えます。学問・言論の自由を弾圧する行為は強く非難されると共に、その被害に遭っている当事者は、いかなる脅迫・脅威からも護られなければなりません。

有馬教授の解雇を求めるネット署名[1]では、有馬教授を「差別扇動」「ヘイトスピーチ擁護」「慰安婦ヘイト」「歴史否定発言」「セクシズム」などと誹謗しています。その根拠として教授のツイッターから4つのツィート発言を挙げています。(添付資料参照

一つめの発言の、海外では韓国人や韓国系の人たちが日本食レストランを開いていることは良く知られていることです。二つめの発言は、日本国内の本邦外出身者のみを対象としたヘイトスピーチ解消条例に対する批判意見です。三つめの発言の「慰安婦は日本兵より恵まれていた」については、慰安婦は日本兵より給料が高く、衛生管理、就業規定が守られていたこと、「大半の日本人慰安婦」については日本人慰安婦が多かったことは事実です。四つめは発言全体を読めば、歴史的事実と有馬教授の感想です。これらの教授の発言の一体どこが「差別扇動」「ヘイトスピーチ擁護」「慰安婦ヘイト」「歴史否定発言」「セクシズム」なのでしょうか。こうした誹謗中傷は、相手を貶める人格攻撃と断ぜざるを得ません。

当研究所では、言論・学問の自由を侵害し、根拠なき誹謗中傷により人格を攻撃する、卑劣極まりない行為を徹底的に糾弾していく所存です。

そのために、日本学術会議や早稲田大学に働きかけ、学問の自由を損ないかねない上記一連の行為を批判する声明を出すことを要請します。また、謂れなき誹謗中傷に晒され、精神的に重篤なダメージを受けた有馬教授に対する手厚い慰藉を求めます。

以下、有馬教授に対する言論弾圧の実態を詳述致します。

【 有馬哲夫教授 】

早稲田大学大学院社会科学研究科の有馬哲夫教授は現代史研究、メディア研究、公文書研究の専門家です。今年(2021年)7月に『「慰安婦」はみな合意契約していた ラムザイヤー論文の衝撃』[2] を出版し、ラムザイヤー論文についての論文[3] も発表しています。またご自身のYouTubeチャンネル[4] やツイッター[5] でも慰安婦問題について一次資料を基に積極的に発信しています。当研究所が4月に開催した緊急シンポジウム「ラムザイヤー論文をめぐる国際歴史論争」[6]にも登壇して「ラムザイヤー論文批判をめぐるメディアの問題」を発表され、ラムザイヤー論文に関して学問の自由の尊重を訴えられました。

【 解雇を求める署名活動 】

去る10月5日、その有馬教授の言葉の一部を取り上げて「慰安婦ヘイト、歴史否定発言、深刻な差別を煽る発言」と批判するネット署名「差別を煽り、歴史否定発言を繰り返す教授の解雇と再発防止を求めます」[7]が立ち上がりました。同時に韓国の一部のメディアが有馬教授批判と署名を宣伝する報道を開始し、日本のニュースサイトもそのまま転載して報じました[8]。署名は開始7日間で8,400筆以上を集めています。(10月12日現在)

【 有馬教授を護ろうとする署名活動 】

この署名に対抗する形で2日後に始まったのがネット署名「早稲田大学有馬哲夫教授に対する特定団体による言論弾圧に抗議し、このような犯罪にたいする警察の速やかな対処を求め、このような犯罪の厳罰化のための法改正を求めましょう」[9]です。有志による拡散で数が伸び、5日間で13,000筆以上の署名を集めました。数の上では有馬教授を支援する人が多いことになります。しかし、これを日本や韓国のニュースメディアが好意的に報じるでしょうか。

【 海外への波及の畏れ 】

韓国メディアの受け売りを報じるのは日本のメディアだけではありません。英語での発信に積極的な韓国メディアの報道は、海外での論調にも大きく影響します。慰安婦性奴隷説が正しいと信じ込んでいる海外のメディアや学者には、日本側の情報が正しく伝わることが困難です。ラムザイヤー教授バッシング[10]の時のように、海外でも有馬教授批判が始まりかねません。

【 左派NGOによる国連への影響 】

また、日本の所謂左派NGOが国連の人権条約体委員会に「慰安婦に対するヘイト」としてラムザイヤー教授や有馬教授を報告する可能性は充分あります。委員会はこれまでもNGOの意見を取り入れて「被害者(元慰安婦のこと)を中傷する発言はやめるよう」にと日本政府に勧告[11]を繰り返しています。慰安婦の真実に関する言及をヘイトにすり替えて、国連の権威をバックにその勧告を利用しかねません。

【 今後の 国際歴史論戦研究所 の対応 】

署名の数では有馬教授支援が優勢ですが、これで安心するのは危険です。私たちは、ラムザイヤー教授に続く有馬教授への数による言論弾圧に抗議し、言論・学問の自由を守ることの大切さを改めて強く訴えていきます。

以上

—————————————————-
[1] https://bit.ly/3DecsTY

[2] 「慰安婦」はみな合意契約していた ラムザイヤー論文の衝撃
著者:有馬哲夫 出版社‏ : ワック (2021/7/30) https://www.amazon.co.jp/dp/4898318460

[3] 歴史認識問題研究会 『 歴 史 認 識 問 題 研 究 』 第 9号 (2021年9月17日)
ラムザイヤーの「太平洋戦争における性契約」はヘイト・イストワールを終わらせる
http://harc.tokyo/wp/wp-content/uploads/2021/09/3f4fd9c9ade48158f5e54729c6150db5.pdf

[4] YouTube 有馬哲夫チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCQRxNPh_-4w7XKpxto6-HXw

[5] 有馬哲夫ツイッター@TetsuoArima https://twitter.com/TetsuoArima

[6] 緊急シンポジウム「ラムザイヤー論文をめぐる国際歴史論争」令和3年4月24日 星陵会館
https://i-rich.org/?m=202104

[7] https://bit.ly/3DecsTY

[8] 朝鮮日報10/5(火)
「慰安婦は売春婦」ラムザイヤー論文で本を書いた日本の教授、韓国にある「提案」
https://news.yahoo.co.jp/articles/554e584ab71bc480d4523e9d845caab0b5a8498d

中央日報10/7(木)
「慰安婦は日本兵に『ありがとう』の一言あっていい」発言の早大教授解任を求めるキャンペーン
https://news.yahoo.co.jp/articles/0204749fdd9f9e3fcc33912d3c2959bcd6b3ef1a

[9] https://bit.ly/3lesMOd

[10] ラムザイヤー教授メッセージ https://youtu.be/RuDcunvDQO0
( 日本語文字起こし http://nadesiko-action.org/?p=15867 )

[11] 女子差別撤廃委員会  日本の第7回及び第8回合同定期報告に関する最終見解 CEDAW/C/JPN/CO/7-8
Paragraph28,29「慰安婦」
自由権規約委員会 日本の第6回定期報告に関する総括所見 CCPR/C/JPN/CO/6
Paragraph 14 「「慰安婦」に対する性奴隷慣行」

“慰安婦の詐欺はもうやめろ❗️” 第三弾 一人デモ 慰安婦像(韓国水原市オリンピック公園)前にて

アクセスカウンター

韓国水原市はドイツのフライブルク市の姉妹都市。 2016年にフライブルク市に慰安婦像設置を提案し、実現しなかったことがありました。
[参考]フライブルク市長 ドイツ紙インタビュー「私がこれを知った時、私は悪用されたと感じました。」

水原市には、市内のオリンピック公園に慰安婦像が設置されています。

その慰安婦像前で2021年10月8日、國史教科書研究所の金柄憲 所長が「慰安婦詐欺劇の象徴、少女像を撤去せよ❗️」と横断幕を掲げ、「日韓外交の破綻の主犯戯言を言わずに自信があれば討論せよ❗️」とプラカードを持って一人デモを行いました。

その時に読み上げた声明文をご紹介します。

[声明書]水原市は慰安婦詐欺劇の象徴、慰安婦少女像を直ちに撤去せよ!

現在、水原市庁前のオリンピック公園には2014年5月、市民の建立基金と水原市の積極的な主導によって建てられた慰安婦少女像が設置されている。 当時の除幕式には簾泰英水原市長、詩人の高銀氏、日本軍慰安婦被害者の金福童氏と吉元玉氏、尹美香挺隊協代表、そして水原居住慰安婦被害者の安占順氏などが出席し、盛大な除幕式を行った。

しかし、この慰安婦少女像は彫刻家の間違った慰安婦認識と憎悪心が投影された歪曲と憎悪の象徴物に過ぎない。 彫刻家は「空いた椅子に刻まれた約束」という自身の作家ノートで「日本政府が戦争で’性奴隷’とした対象は、年老いたおばあさんたちではなく、花のような少女たちと若い女性たちだった。 日本による植民地時代 朝鮮の花のような歳の少女たちと若い女性たちを騙したり、強制的に戦場に連れ去ったりして性奴隷とし、ひどい場合は殺害という無残な犯罪をためらわずに犯した残酷な歴史を記憶させたかった」と述べたが、これは作家の歪んだ慰安婦認識と憎悪心の表出に過ぎない。

作家は日本軍が朝鮮少女を強制的に動員したと主張したが、日中戦争と太平洋戦争の時、朝鮮の女性はいかなる名目であれ、動員対象ではなかった。 日本軍が朝鮮の女性を慰安婦に動員するため、戦争中に朝鮮まで来て女性たちを連れて行ったという設定は荒唐無稽だ。 軍人は国家公務員であり、彼らの行為は公務である。 もし女性を動員することがあったなら、必ず関連法令がなければならない。 しかし当時の朝鮮女性たちは国家総動員法による動員対象ではなく、抱え主と人事紹介業者の募集対象に過ぎなかった。 たとえ女性を招集または命令することがあっても、文書を交付して場所や時間を告知すべきであって、各郡あまねくついて行って引っ張って来ることはできない。 日本の軍人たちが銃刀で脅して田舎娘を連行したという主張は、三流小説にも出てくる話だ。

次に慰安婦を日本軍性奴隷と主張するが、これも同様に歪曲である。 奴隷とは、「人間としての基本的な権利や自由を奪われ、他人の言う通りにする人」のことである。 もし、慰安婦が日本軍の性奴隷だったなら、日本軍は誰であれ、またいつでも慰安婦を対象に自分の性欲を満たして暴行を加え、必要ならば売り渡される。 しかし、日本軍は慰安所規定に定められた階級別の時間料金を支払わずして、慰安所を利用することは不可能だった。 また、酒に酔った場合は出入りに制限をし、慰安婦に対する不当な行為があった場合は必ず処罰された。 お金があれば利用でき、なければ利用できなかった。慰安婦にむやみに対することもできなかった。 なのに一体全体何故慰安婦が日本軍の性奴隷なのだろうか。

戦争犯罪の被害者という主張に対してはさらに呆れるほどである。 1998年のゲイ·マクドゥーガル国連人権委員会報告書では、戦争犯罪について「強姦を含む性暴力行為が国際紛争が行われる間、敵軍や占領軍によって行われたとき」と定義している。 国際紛争や武力衝突地域で敵対国の女性を拉致、強姦、殺害するなどの行為が戦争犯罪なのである。 しかし、朝鮮と日本は相互武力衝突国家でないうえ、当時、朝鮮の女性は日本国民だった。 しかも慰安所は占領地の女性に対する強姦という戦争犯罪防止のために運営された合法的売春空間であって、慰安婦はここで規定された料金をもらって性的サービスを提供した女性たちなのである。 なのに何故、彼女らのことを日本軍によって強姦され無残に殺された戦争犯罪被害者と呼ぶのだろうか。

最後に、作家は日本軍にだまされたり、強制的に戦場に連れ去られた10代前半から10代半ばの幼い少女を作品に表現するため、11歳の娘をモデルにして13歳から15歳の少女像を制作したという。 しかし、日本軍の慰安婦になるためには、出国前に砲え主と契約を結んだ後、身分証明書の発給を受けなければならず、現地に到着してからは現地領事館警察に出頭し、親権者の承諾書、戸籍謄本、印鑑証明書、営業許可願書、営業人調査書、写真2枚を提出し、営業許可を得なければ慰安婦生活をすることができなかった。 むろん、戸籍謄本は親権者を確認する以外に年齢の確認が目的であり、これを欺くことは、文書を偽造しない限り不可能だった。 問題は当時、日本軍の慰安婦は17歳以上でなければできなかったため、13~15歳の少女は、国内であれ駐屯地の日本軍慰安所であれ、営業許可が出なかったのである。

年齢について彫刻家は金福童は15歳、吉元玉は13歳で日本軍「慰安婦」に連れて行かれたというが、これも事実とはかけ離れた話だ。 金福童氏の証言によると、金氏は14歳で「挺身隊」動員名目の公務詐称詐欺犯によって連れ去られたというから、正常な手続きによって慰安婦に募集されたのではないし、日本軍に連れ去られたという証言もどこにもない。

一時、平壌(ピョンヤン)妓生学校に通っていた吉元玉氏は、13才の時に父親が古物商をしていたが贓品を取り扱ったために投獄された父親のため、肉屋に自らを20ウォンで売り、金を稼ぐために豆満江(トゥマンガン)を渡って満州に行き、売春宿で働いた後、15才頃に体がボロボロになった状態で帰ってきた。 その後吉氏は軍需工場で働いていたが、妓生学校の友人に会い、「中国に行けば楽に金をたくさん稼げる」という話を聞き、再び鴨緑江を渡って北中国に行くことになった。 したがって、吉氏はお金を稼ぐために自発的に行ったのであって、日本軍に連れて行かれたのではない。

以上に述べたように、国内外に設置された数多くの慰安婦少女像は、すべて慰安婦に対する歪曲·捏造された情報をもとに制作·設置された。 そのうえ、これら慰安婦像は表向きには「平和」という名を掲げているが、実情は国内外で絶えず葛藤と反目を引き起こし、韓日外交を破綻に追い込んでいる醜物であり憎悪と葛藤の象徴に過ぎない。 ここ水原慰安婦少女像も例外ではない。

よって私たち慰安婦法廃止国民行動は、歴史を歪曲し真実をごまかした水原市慰安婦少女像を速やかに撤去することを求める。

2021. 10. 8.
慰安婦法廃止国民行動

【署名お願い】反ヘイト活動の言論弾圧から有馬先生を護ろう!

アクセスカウンター

『「慰安婦」はみな合意契約していた ラムザイヤー論文の衝撃』の著者である有馬哲夫先生(早稲田大学教授)が、ラムザイヤー教授と同じように言論弾圧を受けています。

反差別活動団体「Moving Beyond Hate」が有馬先生に対して、「慰安婦ヘイト、歴史否定発言、深刻な差別を煽る発言」と声を挙げ、早稲田大学に解雇を求める運動をしています。

有馬哲夫先生を「反ヘイト」活動家たちの言論弾圧と誹謗中傷から護りましょう!

賛同いただける方はこちらの署名にご協力お願いいたします!

[ 署名1]

早稲田大学有馬哲夫教授に対する特定団体による言論弾圧に抗議し
このような犯罪にたいする警察の速やかな対処を求め
厳罰化のための法改正を求めましょう
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://bit.ly/3lesMOd

…………………………………………………………………………………………….

[ 署名2]※募金も書いてありますが、署名だけで結構です。

有馬哲夫先生を護ろう!Let’s support Professor Arima.
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

https://voice.charity/events/231

***************************************************
署名1 サイトより全文】

宛先:警察サイバー犯罪相談窓口

特定団体による「差別を煽り、歴史否定発言を繰り返す教授の解雇と再発防止を求めます」キャンペーンは、「河野談話破棄」を主張し、「逆差別ヘイト条例」を批判し、「慰安婦に関する歴史的事実」を指摘する有馬教授の言論封殺を意図した特定集団の言論弾圧です。

このキャンペーンは、文脈をわからないようにして印象操作して、有馬教授が「河野談話破棄」を主張し、「逆差別ヘイト条例」を批判し、「慰安婦に関する歴史的事実」を指摘していることを隠しています。以下が教授のツイートです。

「日本政府が、河野談話を破棄して、正式に慰安婦強制連行を否定する声明をだせば、あれはただの少女像になります。碑文があるけど、日本政府がそれを否定すれば、いずれ信じなくなります。日本政府が河野談話を踏襲している限りは効き目がありますが、否定すればいずれ日本の方を信じるようになります。」9月26日

「過去のツイートからわかると思いますが、私は日本人が韓国人や朝鮮人にヘイトスピーチを向けてもいいとは一言もいっていません。そうではなく、同じように彼らも日本人にヘイトスピーチを浴びせるなという当然のことをいっただけです。どちらもヘイトスピーチもするなといっているのです」10月6日

「あらゆる面で慰安婦は日本兵より恵まれていた。でも慰安婦を可哀想がる人はいても日本兵を可哀想がるひとはいない。しかも大半の日本人慰安婦女はいなかったことに。完全に逆差別。」(10月3日)

「日本軍慰安所帳場人の日記」などから、朝鮮人慰安婦は2年から半年の年季で、年季があければ帰国していた、チップを含め多額の収入を得ていて、それを親元に送金し、親は家や不動産を買っていたことがわかっています。文玉珠という女性は、他の慰安婦も宝石を買っているので、ラングーンの街にダイヤモンドを買いにでかけといっています。敵であったアメリカ軍の報告書によれば朝鮮人慰安婦の平均月収は300~1500円で、日本兵は兵士が5円、将校でも20-30円だった。日本兵は沢山餓死しましたが、朝鮮人慰安婦が餓死したという記録はありません。日本兵が可哀そうだという人はほとんどいません。

特定集団によるキャンペーンはレッテル貼りと印象操作による誹謗中傷です。このような犯罪にたいする警察の速やかな調査と対処を求め、このような犯罪の厳罰化のための法改正を求めましょう。

以上

***************************************************

署名2 サイトより全文】

提出先:早稲田大学、
政治家に「国旗損壊罪」【外患誘致罪】新設の申し出と共に
作成者:高校生も声を

◎目的◎
早稲田大学の有馬哲夫教授が、
韓国や反日活動家に攻撃されています。
アメリカでもラムザイヤー教授が、その他
全世界で歴史的事実解明に声をあげると
反日活動家たちは、証拠を出さず、
ヘイトスピーチで集団で攻撃してきます。
これは言論弾圧で計画された言論テロリズムです。

◎活動立ち上げの背景・理由◎
私達は中学生から大学生のメンバーで、
声を上げることにしました。
メンバーにはハーフの学生もいます。
海外で、嘘の歴史で日本の子供達が
どれほど苦しい思いかご存じですか?
私達の先人を馬鹿にし、世界に嘘をまきちらし
謝罪と金銭要求をし、関係ない内容で侮辱し、
大勢で攻撃する 韓国のやり方には
日本だけではなく世界中がうんざりしています。
有馬教授を何としても守ります。

◎ 社会(提出先)がかかえる問題点は何か?◎
韓国と日本の政府が悪いと思います。
現在、服役中の元大統領のパククネ氏(朴槿恵)
の父親は戦時中は(パク・チョンヒ(朴 正煕)
日本兵として、共に戦っていました。
朴氏は日本のお陰で大学に行けたと言ってます。
もし、強制連行とかが正しいなら朴氏は自国の
女性を助けなかったことになります。
韓国の方達は韓国政府により、捏造の歴史を子供の
頃から習い日本を攻撃するのが当足り前です。
そして、慰安婦像で商売をしている人達がたくさん
いるので、嘘だと言うと困る人達がいます。
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓
https://www.dailyshincho.jp/article/2020/12200600/?all=1

韓国の政治家ではこんな人もいます
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓ ↓↓↓↓↓↓
https://www.sankei.com/article/20211005-76BR3YLHRJINPPAR33DRJRRFUM/

韓国や、反日活動家は反省するべきです
↓↓↓
https://news.yahoo.co.jp/articles/41ef6be32d04bfadec10ebcb288fba5f599367d3

日本は異常です。
日本人のふりをした通名を使用して
日本人のふりをする人達が日本を貶める。
政治家も日本人を護らない人達が多すぎます。
政治家達も日本人のふりをした人達が
多いと言うのは、異常です。
有馬教授を本気で護り、日本の子供達を
護ってくれそうな政治家にこの署名を
提出します。

■ ご寄付はいらないです。
ご署名だけ頂ければ全く構いません。

高校生代表:Mark

以上

“慰安婦の詐欺はもうやめろ❗️” 第二弾 一人デモ 家族女性会館(韓国水原市)前にて

アクセスカウンター

2021年9月30日韓国水原の家族女性会館(Swon Family & Women Center)前で、國史教科書研究所の金柄憲 所長が横断幕「慰安婦の詐欺はもうやめろ❗️」を掲げてと一人デモ第二弾を行いました。

この会館では9月から「アン・ジョムスン記憶の部屋」という展示を始めました。
アン・ジョムスンは、元日本軍慰安婦と称する女性の名前です。

↑ 水原市家族女性会館

この一人デモに反対するデモもありました。
水原平和ナビ常任代表のイ·ジュヒョン牧師は「日帝の日本軍慰安婦強制動員を否定し慰安婦被害おばあさんたちを陵辱する歴史歪曲勢力は退け!」とプラカードをもって向かい側に立ちました。

以下の記事は金柄憲氏の一人デモを否定的に伝える記事ですが、厳しい状況の中で一人デモを行う様子がわかります。日本語訳を紹介します。

*****************************************************

뉴스Q   2021.09.30
慰安婦法廃止国民行動、水原で「慰安婦詐欺はもうやめて!」デモ
위안부법폐지국민행동, 수원에서 “위안부 사기 이제 그만!” 시위
http://www.newsq.kr/news/articleView.html?idxno=35579

【 日本語訳 】
水原平和ナビ「日本慰安婦被害者のおばあさんたちを陵辱するのは果たして人間なのか?

慰安婦法廃止国民行動が水原で「慰安婦詐欺はもうやめて!」と言いながら1人デモをした際、水原市民から激しい抗議を受けた。

1인시위를 하면 발언하는 위안부법폐지국민행동 김병헌 대표. ⓒ뉴스Q 장명구 기자

慰安婦法廃止国民行動(キム·ビョンホン代表)は30日、水原家族女性会館前で「慰安婦被害者法第2条1項に符合する”日本軍慰安婦被害者”は一人もいない! 慰安婦 詐欺はもうやめて!」と書かれたプラカードを掲げ、1人デモを行った。

「アン·ジョムスンが日本軍慰安婦? 詐欺を働くな!」「コンドームも見ていないアン·ジョムスンが慰安婦だと?」「ヨム·テヨン水原市長、正気か?」「日本軍慰安婦3大詐欺、強制動員説!」 性奴隷説!戦争犯罪説!」などの内容が書かれプランカードも並べられた。

水原家族女性会館内には「龍潭アン·ジョムスン記憶の部屋」がある。

慰安婦法廃止国民行動のキム·ビョンホン代表は「日本軍慰安婦になるためには身分証明書の発給を受けなければならない。 発給を受けるためには、本人が戦場に働きに行くのであるから、直接警察署に出頭しなければならない。 身分証明書を発行する際には、必ず業者との契約書が必要だ。 その契約は親権者の承諾がなければならない。 身分証明書の発給を受けたからといって、現地で慰安婦の生活ができるわけでもない。 現地の領事館、警察署に行き、営業許可を受けなければならない。 許可なしに仕事はできない. この営業許可を受けるためには戸籍謄本、印鑑証明書、親権者の許諾書、写真2枚などの書類を備えなければならない。 国内を出発する前に備えなければならない」とし「このような書類と手続きがあるのに、軍人たちが女性を拉致して軍人を対象に女性商売をする。 これあり得ると思う? あり得ることだと思うか」と説明した。

キム代表は「慰安婦被害者は1人もいない。 あれば証拠を提示すればいいが、証拠が一つもない。 日本軍に連れて行かれたというが、日本が強制動員したという証拠を出せずにいる」とし、「日本軍慰安婦問題は、かわいそうなお年寄りを利用した対国民詐欺、国際的詐欺だ」と主張した。

これを見守る水原市民の目は冷ややかだった。 ある市民は「日本に行って暮らせ!」と激しく抗議した。 警察が止めてやっと退いた. 他のある市民は「狂った奴ら!」と暴言を吐いて通り過ぎた。

水原(スウォン)平和ナビでも、黙ってはいなかった。 水原平和ナビ常任代表のイ·ジュヒョン牧師は「日帝の日本軍慰安婦強制動員を否定し慰安婦被害おばあさんたちを陵辱する歴史歪曲勢力は退け!」という内容が盛り込まれた大きなピケットを持って対立した。 水原(スウォン)家族女性会館の入口を挟んで、慰安婦法廃止国民行動が1人デモを行う場所の向かい側に立った。

위안부법폐지국민행동에 맞서 1인시위를 벌이는 수원평화나비 상임대표 이주현 목사. ⓒ뉴스Q 장명구 기자

イ·ジュヒョン牧師は「日本軍慰安婦被害おばあさんたちが強制動員されたという、戦争犯罪という事実はすでに国際的に、歴史的に公認された真実だ」とし「しかしこれを白昼の真昼に韓国人たちが否定するということに対して到底受け入れることができない」と憤慨した。

イ牧師は「日本による植民地時代の事件であるため、自発的に行ったという主張も根拠がない。 14歳の少女を金で売り渡す親がどこにいるか。 戦場に自ら行く女たちがどこにいるのか。 その歴史的無知さに残念でならない」とし「彼らの活動が日本の右翼勢力の支援があるからこそ可能ではないかという合理的に推論をする。 そうでなければ到底理解できない」と一喝した。

李牧師は「1993年、河野洋平元官房長官も強制性を認めた。 米国下院、EU、国連人権委などの決議案を通じて日本の戦争犯罪ということが明らかになった」とし「それをあえて否定し、日本慰安婦被害おばあさんたちを陵辱する彼らが果たして人間なのか。 天罰を受けて当然だ」と糾弾した。

以上

英語版公開!「ひと目でわかる日韓併合時代の真実」水間政憲著

アクセスカウンター

ひと目でわかる日韓併合時代の真実」PHP研究所 (2013/1/30) の英訳版が公開となりました。

著者の水間政憲氏のご許可を得て、Australia-Japan Community Network (AJCN)メンバーによるボランティア翻訳によって出来たものです。

こちらからご覧になれます / ダウンロード可 
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓
The Truth about Japan-Korea Annexation
http://nadesiko-action.org/wp-content/uploads/2021/10/The-truth-about-Japan-Korea-Annexation.pdf

*********************************************************
Australia-Japan Community Network (AJCN) からのお知らせ

関係各位

日韓併合時代の真実 英語版 PDF 完成について

2021 年 10 月 1 日
AJCN 代表兼事務局長 江川純世

本日 水間政憲氏著の「一目でわかる日韓併合時代の真実」PHP研究所をベースにして日韓併合時代について英文で記述した記事(A4サイズPDF)をGoogle Driveにアップし、誰でも参照、ダウンロードできるようにいたしましたのでお知らせいたします。翻訳作業はAJCNとしてではなくメンバー2名の個人的、ボランティアの作業としてスタートしましたが、誰でも読める形にして提供する意義が大きいと判断し、水間氏の許可をいただき完成したPDFをクラウドにアップロードして世界中の英語が理解できる方に無料で提供することといたしました。この告知を関係者に拡散していただければ幸いです。

1.「日韓併合時代の真実」英語版刊行の意義

1)慰安婦問題、戦時労働者問題(いわゆる元徴用工問題)など日韓間の摩擦の根底には、韓国人が持っている日韓併合時代に対する偏った歴史観があり、これが韓国政府、韓国国民の日本および日本人に対する見方に大きな影響を与えています。日本側から(最近は韓国内学者の一部も)この時代に対する様々な修正的観点を提示する書籍の刊行、言動が行われていますが韓国人の理解が早急に進んでいるとは言えない状況です。水間氏の原著「一目でわかる日韓併合時代の真実」は既に絶版になっていますが、当時の写真、新聞記事などの一次資料を基に、比較的客観的に日韓併合時代とはどういう時代であったかを描写しています。思想的偏り、ねじれた歴史観の排除はAJCNの事実に基づく主張に沿うものであり、AJCNの発足の動機となったオーストラリアにおける慰安婦像設置問題に直接関係するものであり、この英語版が、英語が読める韓国人にひろく読まれれば韓国人の歴史観修正に寄与できると考えます。

2)日韓の軋轢(今回のオリンピックでも見られた韓国サイドからの旭日旗非難、様々な日本に対する執拗な中傷など)を世界の他の国がどう見ているかを鑑みると、その認識の際、日韓の歴史的関係に対する正しい理解があるのか危ぶまれます。しかしながら日本サイドからの歴史に対する情報発信は韓国に比し著しく少ないのが現状です。特に双方の同盟国であり、世界の覇権国である米国が両国のプロパガンダ戦の主戦場となっており、この著書を英語化することは英語が理解できる米国を含む他国民がこの時代に関する一次資料を基にした情報を直視する契機ともなり、日韓関係の根底にあるものへの正しい理解に導くことにもなると考えます。

2.構成(Part IとⅡ、参考文献リストの3部構成となっています)

Part I

読者を英語圏の人々及び英語が読める韓国人とし、東アジア近代史の予備知識を全く持っていないという設定とし、「日韓併合」からは「七奪」「七恩」に焦点を置き、韓国側の主張に反論、及び韓国併合に至るまでの歴史的経緯と中韓関係の背景説明を記述しています。

Part II

絶版になっている水間政憲氏の「一目でわかる日韓併合時代の真実」そのものであり、当時の写真や新聞記事が豊富に掲載されています。当時の記事内容は現在に合うように編集してあります。固有名詞、例えば韓国人名・土地名の英訳は他翻訳者の文献などを参考にして統一性を取るようにし、オーストラリアに居られる韓国人の助言を受けたりして、なるべく標準的な韓国語の英語発音と綴りを採用しました。写真は原著(A5版)のものと同じで、A4版の編集となっていますので見やすくなっています。

3.アクセス方法

1)https://drive.google.com/drive/folders/13GINjmcFIMCrFtxfGrYy8-1AYyFc_F2M?usp=sharing

上記にアクセス(クリックして)ダウンロードができます。ファイルのタイトルは

The truth about Japan-Korea Annexation β version A-4 27 Sept 2021 Final

です。

2)「その他のアプリを接続…」ボタンを押して一覧の中から「Adobe Acrobat for Google Drive」を選んでインストールしてもらえば、開くまで時間がかかりますがプレビュー表示もできます。(他のアプリの中から上記のアプリを探してクリックしてインストールしてください。「目的」は真ん中のデータ参照をチェック)

4.今後の予定

A5版の紙に印刷、本として刊行し、全世界の図書館、政府機関に配布したいと考えております。その際は寄付を募りますのでご協力よろしくお願いいたします。

                                     以上