NYホロコースト記念館に慰安婦展示反対!

御協力お願いします!
米国下院慰安婦決議撤廃!ホワイトハウス請願
『慰安婦 性奴隷』は事実無根!真実を理解していない海外メディアにメッセージを送ろう!
イリノイ州 下院 慰安婦決議 抗議のメッセージを送ろう!
CANADA トロント 南京記念日宣言撤回署名
メリーランド・モンゴメリー郡 慰安婦宣言に抗議のメッセージを送ろう!
カルフォルニア・グレンデール慰安婦記念碑反対!メッセージを送ろう
新たな慰安婦記念碑計画 NJ フォートリー に反対のメッセージを送ろう!

ホロコーストと慰安婦は関係なし!
慰安婦展示反対!のメッセージを送ろう

このページの英語版はこちら

******************************************

【ご報告】2013年6月1日記
2013年6月1日(日本時間)ホロコースト記念館に電話で確認したところ「今現在、韓国の慰安婦に関する展示の予定は全くありません」との返答でした。
韓国系団体は各地のホロコースト博物館に働きかけているようですので、これで安心せず引き続き注視していきたいと思います。

******************************************

NYナッソー郡ホロコースト記念館 The Holocaust Memorial and Tolerance Center of Nassau Countyに「アジアのホロコースト」として慰安婦常設展示館が計画されています。
韓米公共政策委員会 Korean American Public Affairs Committeeの働きかけです。
このホロコースト記念館、2007年以来、13万人の学生を含め約18万人が教育プログラムに参加したそうです。子供から大人まで訪れるセンターで韓国の慰安婦プロパガンダが常設展示されることは決して許せません。
ホロコーストの博物館は、首都のワシントンDCや米国各地、世界中にもあります。NYで捏造慰安婦が常設展示がされれば”慰安婦はアジアのホロコースト”という捏造が定着し、他の博物館にも波及しかねません。
なでしこアクションでは反対のメッセージを各所に送りましたが、皆様からもメッセージを送っていただきたく、メールの宛先、メッセージサンプル等、下記に纏めました。
日本人から真実の歴史を伝える声が一つでも多く届きますよう、御協力よろしくお願い申し上げます。

このサイトは、以下の順番に掲載しています。

①【慰安婦展示反対!のメールを送ろう】
一斉送信用メアドリスト、件名サンプル、本文サンプル

②【送り先 リスト】

③【英文 資料集】

<参考ニュース>

朝鮮日報2013/03/25 08:07
慰安婦:米国ホロコースト記念館に展示室開設へ
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/03/25/2013032500346.html

朝鮮日報2013/03/22 08:42
慰安婦:米国のホロコースト記念館に常設展示
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2013/03/22/2013032200412.html

ニューヨーク聯合ニュース2013/03/20 23:28 KST
NYホロコースト記念館に米国初の「慰安婦展示館」
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2013/03/20/0800000000AJP20130320004200882.HTML

————————————————

【慰安婦展示反対!のメールを送ろう】

※メールの作成方法が分からない場合は【メールの作成方法】を参考にしてください。

<一斉送信用メアドリスト>

・このサイトの下に掲載している【送り先 リスト】からメアドを一斉送信用に纏ています。
・メールの宛先欄にコピペして使ってください
・自動返信メール何通か届きます。
・メールソフトによってはメアド件数が多くて送れない場合があります。その際は分割して送ってください。

———————————————-

★ ナッソー郡ホロコースト記念館 スタッフ
bethlilach@holocaust-nassau.org; marisafasciano@holocaust-nassau.org; sarahcushman@holocaust-nassau.org; katehughes@holocaust-nassau.org; jenniferlow@holocaust-nassau.org; kristaranker@holocaust-nassau.org; lauriecotumaccio@holocaust-nassau.org; lesliescheinthal@holocaust-nassau.org; anthonyscalise@holocaust-nassau.org; carolragione@holocaust-nassau.org;

★ ホロコースト記念館 協賛企業・団体
info@americanamanhasset.com; info@BBCoverage.com; bethpage@bethpagefcu.com; cstrain@farrellfritz.com; info@goldenpearfunding.com; mkaufman@kdvglaw.com; mkulstad@mcguirewoods.com; insure@sterlingrisk.com; eliang@titleamericaland.com; a.anton@antonnews.com; editorinchief@antonnews.com; info@consulvation.com; courtney@gothampr.com; info@karma411.com; peter.klein@cffamilyfoundation.org; irene.klein@cffamilyfoundation.org; adam.gottlieb@cffamilyfoundation.org;
Christian.Friends@yadvashem.org.il; info@hagedornfoundation.org; info@huntingtonarts.org; cfenn@starfishlearning.com; jshields@starfishlearning.com; mtrachtenberg@tpcpa.com; info@dottdesign.com; felice@longislandpress.com;

★ ナッソー郡議員
kabrahams@nassaucountyny.gov; rtroiano@nassaucountyny.gov; csolages@nassaucountyny.gov; dford@nassaucountyny.gov; jscannell@nassaucountyny.gov; fbecker@nassaucountyny.gov; hkopel@nassaucountyny.gov; vmuscarella@nassaucountyny.gov; rNicolello@nassaucountyny.gov; wwink@nassaucountyny.gov; mvenditto@nassaucountyny.gov; ngonsalves@nassaucountyny.gov; jbelesi@nassaucountyny.gov; ddunne@nassaucountyny.gov; rmwalker@nassaucountyny.gov; dderiggiwhitton@nassaucountyny.gov; ddenenberg@nassaucountyny.gov;

★ ニューヨークのメディア
post@nyseikatsu.com; letters@nytimes.com; editor@brooklyneagle.com; editors@ourtimepress.com; newsroom@wnyc.org; editor@newsday.com; letters@newsday.com; info@sc-democrat.com; editor@sc-democrat.com; mpehme@cityandstateny.com; editor@siadvance.com; amity.paye@amsterdamnews.com; nayaba.arinde@amsterdamnews.com; kfm@amsterdamnews.com;
newyorkbeacon@yahoo.com; info@nycaribnews.com; letters@nypost.com; news@queensledger.com;

★ 日系団体
info@jaany.org; bborden@japansociety.org; rsassa@japansociety.org; drosenblum@japansociety.org; fmiyamoto@japansociety.org; awilson@japansociety.org;

★ 慰安婦問題を書いた記者、掲載したニュースサイト
heather.doyle@patch.com; jason.molinet@patch.com; josh.rogin@foreignpolicy.com; alvarado@northjersey.com; noah@patch.com; eepstein@observer.com; lcolangelo@nydailynews.com; semplek@nytimes.com; divers@nj.com; jen@gothamist.com; mchan@queenscourier.com; Jennifer.Lind@dartmouth.edu; womenshistory@aboutguide.com; rbarkan@queenstribune.com; spsulliv@nj.com; annpiccirillo@yahoo.com; paramus@patch.com; news@southjerseymedia.com; QGazette@AOL.com; voicers@edit.nydailynews.com; editorial@queenscourier.com; info@allvoices.com; admin@wittysparks.com; dagonz@nytimes.com;

———————————————-

※一斉メール送信に便利なメールソフト Mail Distributor

—————————————————

<件名 サンプル>

 

メールの件名欄にコピペして使ってください。

■ A message from Japan

■ A message from 自分の名前

■  Comfort Women Exhibition at Holocaust Memorial and Tolerance Center of Nassau County

■ Permanent Exhibition at Holocaust Memorial and Tolerance Center of Nassau County

■ I am against the comfort women exhibition at Holocaust Memorial and Tolerance Center of Nassau County

■ Korean Propaganda and Holocaust Memorial and Tolerance Center of Nassau County

■ Korean Propaganda, comfort women, and holocaust

—————————————————

<本文 サンプル>

・メールの本文欄にコピペして使ってください。

・文の最後に差出人名に加え、住所または市、県を書いてください。(例:Yokohama,Kanagawa,JAPAN)

・英文は適当にアレンジして使って下さい。

西尾幹二先生スピーチを基にした英文メッセージ(メール/手紙コピペ用)もご利用ください。

【メール本文サンプル】ここから ========

Dear Sirs/Madams,

I hope this email finds you in excellent health.

I understand that the Holocaust Memorial and Tolerance Center of Nassau County (“HMTC”  https://www.holocaust-nassau.org/ ) in New York has a plan to build the Permanent Exhibition of Comfort Women in cooperation with the Korean American Public Affairs Committee (“KAPAC”  http://kapacusa.org/en ).

It is important to understand that “comfort women” in question means “prostitutes” for Japanese military people during World War II. The monuments built in Nassau County, New York, and in Bergen County, New Jersey say “more than 200,000 women and girls who were abducted for the use of sexual slavery by the armed forces of the government of Japan 1930’s – 1945 known as ‘Comfort Women”. These words are not true. The researches made by the Japanese government and specialists have proved that those comfort women were not abducted by Japanese military people.

I know that human trafficking existed during the war time, and it was a social problem. Not only in Japan but also in places in Asia there were women who worked as comfort women for their family members owing to poverty. During the Korean War and the Vietnamese War, there were many such women.

HMTC has targeted only the comfort women for the Japanese military people based on the fabricated stories on them, and is attempting to exhibit phony propaganda displays.

HMTC says, “Since 2007, nearly 180,000 students, teachers, employers and law enforcement personnel have participated in the Holocaust Memorial and Tolerance Center’s education programs, including 130,000 students”. It is unbelievable that the respectful HMTC is going to exhibit fabricated stories to give wrong education to many people.

I hope that HMTC’s staff check not only materials presented by Koreans but also many other materials as quoted below.

**************************
Kiichiro Higuchi,Japanese Army general recorded in the Golden Book of Israel

http://www.findagrave.com/cgi-bin/fg.cgi?page=gr&GRid=7744891

Japan That Helped the Jewish Refugees By Uesugi Chitoshi

http://www.sdh-fact.com/CL02_1/25_S2.pdf

BEHIND THE COMFORT WOMEN CONTROVERSY: HOW LIES BECAME TRUTH
NISHIOKA Tsutomu, Professor, Tokyo Christian University and Deputy Chairman, National Council for the Rescue of Japanese Abducted by North Korea

http://www.sdh-fact.com/CL02_1/39_S4.pdf

NO ORGANIZED OR FORCED RECRUITMENT: MISCONCEPTIONS ABOUT COMFORT WOMEN AND THE JAPANESE MILITARY
Hata Ikuhiko  Professor Emeritus, Nihon University

http://www.sdh-fact.com/CL02_1/31_S4.pdf

Documents from United States National Archives and Records Administration

http://www.awf.or.jp/pdf/0051_5.pdf

*Please read from the 4th page from the last.

Japanese Prisoner of War Interrogation Report No.49

http://nadesiko-action.org/wp-content/uploads/2013/02/Japanese-Prisoner-of-War-Interrogation.pdf

Paid Advertisement concerning “Comfort Women” Run in the Washington Post
“Facts Are Our Only Weapon”
SUGIYAMA Koichi, composer

http://www.sdh-fact.com/CL02_1/33_S4.pdf

”Yes, we remember the facts”(PDF)

http://nadesiko-action.org/wp-content/uploads/2013/08/2012.nov_NJnewspaper_ad_comfort_women.pdf

The Real Identity of Military Comfort Women I Saw
Onoda Hiroo, a former Imperial Japanese Army intelligence officer

http://www.sdh-fact.com/CL02_1/30_S4.pdf

The Truth of the “Comfort Women” Intelligence Warfare:
Information laundering by anti-Japanese fascists,
Nishimura Kohyu, Journalist/Critic
Summary: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/97_S2.pdf
Full text: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/97_S4.pdf

THE TRUTH ABOUT THE “COMFORT WOMEN”
Moteki Hiromichi,  CEO Sekai Shuppan

http://www.sdh-fact.com/CL02_1/84_S4.pdf

The Truth about the Question of “Comfort Women”
Ogata Yoshiaki

http://www.sdh-fact.com/CL02_1/24_S4.pdf

Mr.Komori of Japanese newspaper being interviewed on the comfort women issue for the PBS series

http://sakura.a.la9.jp/japan/?page_id=2535

GEISHA, TONY BLAIR & COMFORT WOMEN

http://sakura.a.la9.jp/japan/?page_id=2556

What is the“Comfort Women Issue?”

http://nadesiko-action.org/?page_id=2015

What is “Comfort Women”?

http://nadesiko-action.org/wp-content/uploads/2013/01/nadeshiko_zWeb.pdf

Questions by Congressman Nakayama at the Diet on March 8, 2013

http://jpnso.blogspot.jp/2013/03/questions-by-congressman-nakayama-at.html

*************************

We Japanese are against the exhibition of comfort women. All Japanese respect HMTC a lot, and believe that HMTC will never ruin your good name by taking wrong action by believing fabricated stories.

Sincerely,
(差出人の名前、連絡先メアド、住所又は在住する市県)

例) Hanako Yamada
hanako@yamada.com
Yokohama, Kanagawa, Japan

メール本文サンプル ここまで========

[ 日本語要約]各位ご健勝のことと存じます。ナッソー郡のホロコースト記念館(HMTC)が韓国公共政策委員会と協力し慰安婦常設展示の計画があると知りました。慰安婦というのは戦時中の日本軍相手の売春業の女性のことです。「慰安婦とは日本軍に拉致された性奴隷となった20万以上婦女子」と書いてある記念碑がNYナッソー郡やNJのバーゲン郡にありますが、これは事実ではありません。日本政府や専門家の調査研究で明らかになっています。戦時中も人身売買は社会問題でした。アジアにも日本にも貧困の為に慰安婦として働き、苦労した女性が居ました。朝鮮戦争やベトナム戦争でも同じ境遇の女性はたくさんいました。HMTCは慰安婦、つまり日本軍相手の売春業の女性だけ取り上げ、事実と違うプロパガンダを展示をするのでしょうか。HMTCでは2007年以来、学生13万人を含む18万人が教育プログラムに参加したとのことですが、そのような施設で多くの人に誤った展示と教育をしようとするのでしょうか。HMTCのスタッフは韓国側の資料だけでなく、他の資料も調べることを望みます。(資料URL省略)我々日本人は慰安婦展示に反対します。私たちはHMTCを尊敬します。誤った展示でその名に汚点を残すことないよう望みます。

————————————————

【送り先 リスト】

※上記の<一斉送信用メアドリスト>は下記リストのメアドを纏めたものです。
※メアドが分からなかった場合はメールフォームのサイトを載せています。

< ナッソー郡ホロコースト記念館 >

The Holocaust Memorial and Tolerance Center of Nassau County
サイト:https://www.holocaust-nassau.org/index.php

住所
Welwyn Preserve, 100 Crescent Beach Rd.
Glen Cove, New York 11542

twitter: @HolocaustTolCtr

facebook: https://www.facebook.com/HolMemandTolCtr

スタッフメアド一覧
https://www.holocaust-nassau.org/staff

Senior Director of Education and Community Affairs
Beth Lilach
bethlilach@holocaust-nassau.org

Special Projects Manager
Marisa Fasciano
marisafasciano@holocaust-nassau.org

Director of Youth Education
Sarah Cushman, Ph.D.
sarahcushman@holocaust-nassau.org

Youth Education Assistant
Kate Hughes
katehughes@holocaust-nassau.org

Director of Development
Jennifer Carpenter Low
jenniferlow@holocaust-nassau.org

Development Assistant
Krista Ranker
kristaranker@holocaust-nassau.org

Special Events Manager
Laurie Cotumaccio
lauriecotumaccio@holocaust-nassau.org

Development Coordinator
Leslie Scheinthal
lesliescheinthal@holocaust-nassau.org

Manager of Finance and Administration
Anthony Scalise
anthonyscalise@holocaust-nassau.org

Office Manager
Carol Ragione
carolragione@holocaust-nassau

————————————————

< ホロコースト記念館スポンサー>

[ スポンサー企業 ]

◆ AC Investment Management LLC

http://acimfunds.com/

◆ Americana Manhasset

http://www.americanamanhasset.com/

info@americanamanhasset.com

◆ B&B Coverage LLC

http://www.bbcoverage.com/

info@BBCoverage.com

◆ Bethpage Federal Credit Union

https://www.bethpagefcu.com/

bethpage@bethpagefcu.com

◆ Chubb Group Insurance Creative Capital

◆ Dottinger Design, Inc.

http://www.dottdesign.com/

◆ Farrell Fritz PC

http://www.farrellfritz.com/

cstrain@farrellfritz.com

◆ Fein & Fein PC

http://www.feincpas.com/

◆ Golden Pear Funding

http://www.goldenpearfunding.com/

info@goldenpearfunding.com

◆ Kaufman, Dolowich, Voluck & Gonzo

http://kdvglaw.com/

mkaufman@kdvglaw.com

◆ Lalezarian Developers , Inc.

◆ McGuire Woods LLP

http://www.mcguirewoods.com/

mkulstad@mcguirewoods.com

◆ North Shore/LIJ Health System

http://www.northshorelij.com/hospitals/home

◆ Pharmasset, Inc.

◆ Ripe Juice Bar & Grill

http://ripejuicebar.com/

◆ Rosenberg & Estis

http://www.rosenbergestis.com/

◆ Sovereign Bank

http://www.sovereignbank.com/

◆ Sterling & Sterling Insurance

http://www.sterlingrisk.com/

insure@sterlingrisk.com

◆ Title America Land

http://www.titleamericaland.com/

eliang@titleamericaland.com

◆ Title Associates

◆ Trachtenberg & Pauker LLP

http://www.trachtenbergandpauker.com/

mtrachtenberg@tpcpa.com

◆ Anton Community News

http://www.antonnews.com/

a.anton@antonnews.com
editorinchief@antonnews.com

◆ Consul-vation

http://www.consulvation.com/

info@consulvation.com

◆ Dottinger Design, Inc.

http://www.dottdesign.com/

info@dottdesign.com

◆ Gotham PR

http://www.gothampr.com/site/

courtney@gothampr.com

◆ Karma 411

http://crowdster.karma411.com/home.do

info@karma411.com

◆ Long Island Press

http://www.longislandpress.com/

felice@longislandpress.com

◆ OpenMoves

[ スポンサー財団 ]

◆ CAMBR Charitable Foundation

◆ Claims Conference

◆ Claire Friedlander Family Foundation

http://www.cffamilyfoundation.org/

peter.klein@cffamilyfoundation.org
irene.klein@cffamilyfoundation.org
adam.gottlieb@cffamilyfoundation.org

◆ Federal Law Enforcement Foundation

http://www.federallawenforcementfoundation.com/

rar@rosenmgmt.com

◆ Florance and Robert Rosen Foundation

◆ Fred Hazan Foundation

◆ Friends of Yad Vashem

http://www.yadvashem.org/yv/en/about/friends/christian_friends.asp

Christian.Friends@yadvashem.org.il

◆ Glen Oaks Country Club Philanthropic Fund

◆ Horace & Amy Hagedorn Foundation at NYCT

http://www.hagedornfoundation.org/

info@hagedornfoundation.org

◆ Huntington Arts Council

http://www.huntingtonarts.org/

info@huntingtonarts.org

◆ Ike, Molly and Steven Elias Foundation

◆ Judith White Foundation

◆ Kermit Gittenstein Foundation

◆ Leah and Steve Fleischer Foundation

◆ Maier Foundation

http://www.maierfoundation.org/

◆ Mozel CharitableTrust

◆ Neisloss Family Foundation

◆ Old Westbury Country Club Foundation

◆ Slomo and Cindy Silvian Foundation

http://www.silvianfoundation.org/

◆ Starfish Foundation

http://thestarfishfoundation.com/cms/

cfenn@starfishlearning.com
jshields@starfishlearning.com

◆ Timber Lake Foundation

◆ Walmart Foundation

http://foundation.walmart.com/

————————————————

< ナッソー郡関係者 >

サイト:http://www.nassaucountyny.gov/

ナッソー郡長 County Executive Edward P. Mangano

メアド: emangano@nassaucountyny.gov
*メール届かない 一斉送信リストから削除

住所: Office of the County Executive
1550 Franklin Avenue
Mineola, NY 11501

facebook : https://www.facebook.com/edwardmangano

[ナッソー郡議員メアド]

Kevan Abrahams:kabrahams@nassaucountyny.gov

Robert Troiano: rtroiano@nassaucountyny.gov

Carrie Solages: csolages@nassaucountyny.gov

Denise Ford: dford@nassaucountyny.gov

Joseph Scannell: jscannell@nassaucountyny.gov

Francis X. Becker: fbecker@nassaucountyny.gov

Howard J. Kopel: hkopel@nassaucountyny.gov

Vincent T. Muscarella: vmuscarella@nassaucountyny.gov

Richard J. Nicolello: rNicolello@nassaucountyny.gov

Judi Bosworth: jbosworth@nassaucountyny.gov
*メール届かない 一斉送信リストから削除

Wayne H. Wink: wwink@nassaucountyny.gov

Michael Venditto : mvenditto@nassaucountyny.gov

Norma L. Gonsalves: ngonsalves@nassaucountyny.gov

Joseph V.Belesi : jbelesi@nassaucountyny.gov

Dennis Dunne: ddunne@nassaucountyny.gov

Judy Jacobs: jjacobs@nassaucountyny.gov
*メール届かない 一斉送信リストから削除

Rose Marie Walker: rmwalker@nassaucountyny.gov

Delia DeRiggi-Whitton: dderiggiwhitton@nassaucountyny.gov

David Denenberg: ddenenberg@nassaucountyny.gov

————————————————*

< 日系団体 >

◆ ニューヨーク日系人会

http://www.jaany.org/ja/board_and_staff.html

メアド: info@jaany.org
※メールは日本語でも大丈夫です

◆ Japan Society

http://www.japansociety.org/

メアド:
Robert A. Fish (Director of Education & Lecture Programs)
rfish@japansociety.org

Betty Borden (Director, Policy Projects)
bborden@japansociety.org

Fumiko Miyamoto
fmiyamoto@japansociety.org

Reiko Sassa (Director, Language Center & Library)
rsassa@japansociety.org

Aya Wilson (Language Center Assistant)
awilson@japansociety.org

Daniel Rosenblum (Vice President, External Relations)
drosenblum@japansociety.org
————————————————

< ニューヨークのメディア >

週間NY生活
メール:post@nyseikatsu.com
サイト:http://www.nyseikatsu.com/

The New York Times
住所:
Letters to the Editor
The New York Times
620 Eighth Avenue
New York, NY 10018
メール: letters@nytimes.com
サイト:http://www.nytimes.com/

Brooklyn Daily Eagle
Mail: Brooklyn Daily Eagle, 16 Court St., Ste 1208, Brooklyn, NY 11241
TEL: 718-422-7400
Web: http://www.brooklyneagle.com/
Email: editor@brooklyneagle.com

Our Time Press
Mail: DBG Media Publishers of Our Time Press
679 Lafayette Avenue, Brooklyn, NY 11216-1009
TEL: 718-599-6828 FAX: 718-599-6825
Web: http://ourtimepress.com/
Email: editors@ourtimepress.com

WNYC Radio局
Mail: 160 Varick St., New York, NY 10013
Web: http://www.wnyc.org/news/
Mailフォーム:http://www.wnyc.org/contact/
For the newsroom, email:   newsroom@wnyc.org

News Day
Mail: 235 Pinelawn Road, Melville, NY 11747
TEL: 1-800-639-7329
Web: http://www.newsday.com/news/new-york
Politics and government coverage, email :   benjamin.weller@newsday.com
Editor Deborah Henley :  editor@newsday.com
Letters to the editor, email:   letters@newsday.com
ツイッター: https://twitter.com/newsday

Sullivan County Democrat
Main office: P.O. Box 308, 5 Lower Main Street, Callicoon, NY 12723
TEL: 845-887-5200 FAX: 845-887-5386
Web: http://www.sc-democrat.com/index_news.htm
General inquiries: info@sc-democrat.com
Email: editor@sc-democrat.com (Editor: Frank Rizzo)

Manhattan Media
Mail: 79 Madison Avenue, 16th floor, New York, NY 10016
TEL: 212-268-8600
Web: www.manhattanmedia.com
(POLITICAL NEWSPAPER DIVISION)
Editorial Inquiries: Morgan Pehme (Editor-in-chief)
Email: mpehme@manhattanmedia.com
TEL: 212-894-5417

Staten Island Advance
Web: http://www.silive.com/news/
Email: editor@siadvance.com

New York Amsterdam News
Mail: 2340 8th Avenue, New York, NY 10027
TEL: 212-932-7400
Web:  http://www.amsterdamnews.com/
E-mail: amity.paye@amsterdamnews.com
Editor (Nayaba Arinde): nayaba.arinde@amsterdamnews.com
TEL: 212-932-7479
Managing Editor (Kristin Fayne-Mulroy): kfm@amsterdamnews.com
TEL: 212-932-7464

New York Beacon
Mail: 237 W 37 Street Suite 201 New York, NY 10018
Tel: 212-213-8585 FAX: 212-213-6291
Web: http://newyorkbeacon.net/
Editorial Submissions: newyorkbeacon@yahoo.com
(Managing Editor: Willie Eygir)
フェイスブック: https://www.facebook.com/NewYorkBeacon
ツイッター: https://twitter.com/nybeacon

◆ New York Carib News
Mail: Executive and Editorial Divisions
35 West 35th Street, Suite 705, New York, NY 10001
TEL: (212) 944-1991 FAX: (212) 944-2089
Web: http://www.nycaribnews.com/
Email: info@nycaribnews.com
Editor: Karlisa Rodney
Editor: Anthony Esponda
Mailフォーム: http://www.nycaribnews.com/webform.php?ViewForm=1
フェイスブック: https://www.facebook.com/nycaribnews
ツイッター: https://twitter.com/nycaribnews

The New York Observer
Mail: 321 W. 44th Street, 6th Floor, New York, NY 10036
TEL: (212) 755-2400 Toll-free: (800) 542-0420
Web: http://observer.com/
Email: editorial@observer.com
(文字数制限250単語以内。差出人の住所・電話必須)
Twitter: https://twitter.com/NewYorkObserver

◆ New York Post
Mail: 1211 Avenue of the Americas, New York, NY 10036
Web: http://www.nypost.com/
Letters to the Editor: letters@nypost.com
Facebook: http://www.facebook.com/NYPost
Twitter: https://twitter.com/nypost

Queens Ledger
Mail: 69-60 Grand Avenue, Maspeth, NY 11378
TEL: (718) 639-7000 FAX: (718) 429-1234
Web: http://www.queensledger.com/
Email: news@queensledger.com
Mailフォーム: http://www.queensledger.com/pages/contact_us
フェイスブック: https://www.facebook.com/queens.brooklynstar
ツイッター: https://twitter.com/QueensLedger

————————————————

< 慰安婦問題を書いた記者、掲載したニュースサイト >

[名前] Heather Doyle
[メアド] heather.doyle@patch.com

[名前] Jason Molinet
[メアド] jason.molinet@patch.com

[記事] Lavine Honors Korean ‘Comfort Women’

=================

[名前] Josh Rogin
[メアド] josh.rogin@foreignpolicy.com
[記事] White House: Japan should do more to address comfort women issue
=================

[名前] MONSY ALVARADO
[メアド] alvarado@northjersey.com
[記事] Wording set for ‘comfort women’ memorial

[記事] Bergen County to unveil memorial to victims of WW2 Japanese ‘comfort stations’

=================

[名前] Noah Cohen
[メアド] noah@patch.com
[記事] Donovan To Sign ‘Comfort Women’ Proof Monday

=================

[名前] Emily Anne Epstein,
[メアド] eepstein@observer.com
[記事] Japanese officials ask New Jersey town to REMOVE memorial to Korean sex slaves captured by Japan in World War II
=================

[名前] Lisa Colangelo
[メアド] lcolangelo@nydailynews.com
[記事] Councilman Peter Koo stirs outrage with proposal to honor Asian ‘comfort women’ used by Japanese soldiers in World War II

[記事] Debate over comfort women memorial puts City Councilman Peter Koo on the hot seat

==================

[名前] KIRK SEMPLE
[メアド] semplek@nytimes.com
[記事] In New Jersey, Memorial for ‘Comfort Women’ Deepens Old Animosity
==================

[名前] Dan Ivers
[メアド] divers@nj.com
[記事] ‘Inaccuracy’ postpones Bergen dedication of memorial for Korean ‘comfort women’
==================

[名前] Jen Chung
[メアド] jen@gothamist.com
[記事] City Councilman Considers “Comfort Women” Memorial In Queens

==================

[名前] Melissa Chan
[メアド] mchan@queenscourier.com
[記事] Queensborough students connect with Korean ‘comfort women’

==================

[名前] Jennifer Lind
[メアド] Jennifer.Lind@dartmouth.edu
[記事] Japan must face the past

 

==================

[名前] Jone Johnson Lewis
[メアド] womenshistory@aboutguide.com
[記事] Women and World War II: Comfort Women

===================

[名前] Ross Barkan
[メアド] rbarkan@queenstribune.com
[記事] Controversy Surrounds “Comfort Women’ Memorial

===================

[名前] S.P. Sullivan
[メアド] spsulliv@nj.com
[記事] Bergen County marks International Women’s Day with Korean ‘comfort women’ memorial

=======================

[名前] Ann Piccirillo
[メアド] annpiccirillo@yahoo.com
[編集者] Eamon Harbord & Alana Quartuccio
[編集者メール] paramus@patch.com
[記事] Bergen County Dedicates Memorial to Comfort Women

Bergen Recognizes Comfort Women With Memorial

=========================

[名前] DAVID GONZALEZ
[メアド] dagonz@nytimes.com
[記事] Forgotten Women Victims of World War II

=========================

South Jersey Times
[メアド] news@southjerseymedia.com

===================

The Western Queens Gazette
[メアド] QGazette@AOL.com

===================

Daily News America
[メアド] voicers@edit.nydailynews.com

===================

The Queens Courier
[メアド] editorial@queenscourier.com

===================

All Voices
[メアド] info@allvoices.com

===================

Witty Sparks
[メアド] admin@wittysparks.com

===================
—————————————————

【英文 資料集】

「慰安婦問題とは?」英文冊子ダウンロード

英語圏に慰安婦問題を説明するお手紙付冊子・資料セットを作りました。

①②③を1セットにして各所(米国議員、役所、図書館等)に郵送してご利用ください。

②③だけでも資料としてお使いいただけます。

①同封するお手紙(PDF)

http://nadesiko-action.org/wp-content/uploads/2013/01/letterKNadeshikoWeb-2.pdf

本文の上に日付、下のスペースに差出人の署名、名前、住所を書いて下さい。

②”Yes, we remember the facts”(PDF)

http://sakura.a.la9.jp/japan/wp-content/uploads/2012/11/Committee-for-Historical-Facts-Proof.pdf

2012年ニュージャージ州新聞に掲載された慰安婦問題意見広告

nj

③「慰安婦問題とは?」英文冊子(PDF)

Web版:ページ順に配置されています。

http://nadesiko-action.org/wp-content/uploads/2013/01/nadeshiko_zWeb.pdf

冊子版:両面印刷して重ねると冊子になるようにページが配置されています。ページ番号を確認して印刷して下さい。

http://nadesiko-action.org/wp-content/uploads/2013/01/nadeshiko_zBooklet.pdf

booklet

慰安婦問題について 英文解説サイト

「慰安婦問題」とは?(資料による解説)
What is the“Comfort Women Issue?”
http://sakura.a.la9.jp/japan/?page_id=2015

産経新聞 古森記者 米国テレビインタビュー動画 英文書き起こし
Mr.Komori of Japanese newspaper being interviewed on the comfort women issue for the PBS series
http://sakura.a.la9.jp/japan/?page_id=2535

谷山雄二朗氏 慰安婦問題について語る動画 英文書き起こし
GEISHA, TONY BLAIR & COMFORT WOMEN
http://sakura.a.la9.jp/japan/?page_id=2556

史実を世界に発信する会 より

慰安婦の素顔 (世界出版 社長 茂木弘道)
THE TRUTH ABOUT THE “COMFORT WOMEN”
Moteki Hiromichi,  CEO Sekai Shuppan
http://www.sdh-fact.com/CL02_1/84_S4.pdf

組織的または強制的募集はなかった:慰安婦と日本軍についての誤った見方( 秦郁彦 元日本大学教授)
NO ORGANIZED OR FORCED RECRUITMENT: MISCONCEPTIONS ABOUT COMFORT WOMEN AND THE JAPANESE MILITARY
Hata Ikuhiko  Professor Emeritus, Nihon University
http://www.sdh-fact.com/CL02_1/31_S4.pdf

「従軍慰安婦問題」の真実 (尾形美明)
The Truth about the Question of “Comfort Women”
Ogata Yoshiaki
http://www.sdh-fact.com/CL02_1/24_S4.pdf

『よくわかる慰安婦問題』(基督教大学教授 拉致被害者を救う会会長 西岡力)
BEHIND THE COMFORT WOMEN CONTROVERSY: HOW LIES BECAME TRUTH
NISHIOKA Tsutomu, Professor, Tokyo Christian University and Deputy Chairman, National Council for the Rescue of Japanese Abducted by North Korea
http://www.sdh-fact.com/CL02_1/39_S4.pdf

反日ファッシストたちの情報ロンダリング(西村幸祐,ジャーナリスト)
The Truth of the “Comfort Women” Intelligence Warfare:
Information laundering by anti-Japanese fascists,
Nishimura Kohyu, Journalist/Critic
Summary: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/97_S2.pdf
Full text: http://www.sdh-fact.com/CL02_1/97_S4.pdf

私が見た慰安婦の正体(小野田寛郎)
The Real Identity of Military Comfort Women I Saw
Onoda Hiroo, a former Imperial Japanese Army intelligence officer
http://www.sdh-fact.com/CL02_1/30_S4.pdf

「従軍慰安婦問題」でワシントンポストに意見広告-唯一の武器は「事実」(すぎやまこういち)
Paid Advertisement concerning “Comfort Women” Run in the Washington Post
“Facts Are Our Only Weapon”
SUGIYAMA Koichi, composer
http://www.sdh-fact.com/CL02_1/33_S4.pdf

他 資料

米国公文書館資料 Japanese Prisoner of War Interrogation Report No.49

http://nadesiko-action.org/wp-content/uploads/2013/02/Japanese-Prisoner-of-War-Interrogation.pdf

米国国立公文書館所蔵資料、国立国会図書館所蔵資料(アジア女性基金資料より)

http://www.awf.or.jp/pdf/0051_5.pdf

中山成彬議員、3月8日予算委員会、質疑 英文書き起こし
Questions by Congressman Nakayama at the Diet on March 8, 2013
http://jpnso.blogspot.jp/2013/03/questions-by-congressman-nakayama-at.html

326 thoughts on “NYホロコースト記念館に慰安婦展示反対!

  1. patapata says:

    『MUSEに「旭日旗」の本当の意味を教えようプロジェクト始動!』ブログ
    http://ameblo.jp/ryobalo/entry-11516986511.html
    このブログにMUSEの動画の旭日旗問題の意見先が載っていました。

    ブログにMUSEのFacebookのURLがあったので貼ってきました。
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    http://www.bignews.co.kr/news/article.html?no=236856
    This is Web news of Korea.
    The news of Korea says in this way.
    『 A dispute of the Rising sun flag happened greatly.
    It occurred for soccer player ki Jonsson’s “Imitation monkey event” and “Ceremony event of Dokdo”.
    When the Korean players became pinch in a thoughtless action,Speech emerged in order to shift the topic. 』
    <Japanese translation>
    http://honyaku.yahoofs.jp/url_result?ctw_=sT,eko_ja,bT,uaHR0cDovL3d3dy5iaWduZXdzLmNvLmtyL25ld3MvYXJ0aWNsZS5odG1sP25vPTIzNjg1Ng==,qfor%3D0
    ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
    コツコツ頑張るしかないですね。


  2. 日本 市民 says:

    WJFプロジュクトにのせられた情報です。

    以前から、韓国政府らは欧州でも拡散図っています。

    どう対応しますか?

    前から気になっていたのですが、東京裁判で「慰安婦」が裁かれた話を聞いたことがないのですが、誰かご存じの方いますか?

    ******************************************
    フランスで放送された慰安婦ドキュメンタリーの日本語訳

    先日、フランスの民放テレビ局TF1で、慰安婦に関する短いドキュメンタリー番組が放送されていたことをお伝えしましたが、日本語訳を作成しました。

    日本でも視聴可能な下のリンクを教えていただきました。
    http://www.wat.tv/video/tresor-national-5y1f1_2flv7_.html

    *****************************************
    国宝
    彼女たちは、韓国でもっとも有名なおばあさんたちである。いわば国宝である。韓国全体で63名しか生き残っていない。韓国は、彼女たちを、国の中心人物のように大切に扱っている。彼女たちが人々の前に姿を見せるだけでも、一大イベントとなる。国の休日である三一節では、四世代の人々が彼女たちの周りに集まる。

    「ハルモニ、こちらにお座り下さい。」

    人々は彼女たちのことを「ハルモニ」と呼ぶ。おばあさんを敬って呼ぶときに使う言葉である。

    「ハルモニ、私たちは、あなたたちを愛しています。」

    聴衆は、頭の上に掲げた手でハート形を作り、韓国で最も優秀な学生たちがプレゼントを手渡す。おばあさんたちに拍手が送られる。

    長い間忘れ去られていた国家の殉難者たちである、この被害者たちに、贈り物がわたされる。彼女たちの皺の向こうに、1930年代にさかのぼる過去の記憶の悪夢が姿を現す。

    彼女たちは、十代の少女だった時、日本軍によって拉致され、アジアの各地に存在した「慰安所」と呼ばれた小さな家屋へと移送された。

    ちょうどこのような小屋である。そこで、一日中、彼女たちは性奴隷として日本兵たちに奉仕した。日本兵たちは、彼女たちを「韓国のヴァギナ」と呼んだ。この構想全体は、天皇によって確立されたものだが、1945年8月の日本の降伏まで続いた。

    20万人の女性がレイプされ虐待された。李さんはその一人である。87歳の彼女はいまだに過去の記憶に苦しんでいる。彼女が今日暮らしている老人ホームの部屋にはさまざまな写真が飾られているが、彼女は悲劇的な過去の記憶だけを思い出す。

    「これが私です。解放されて、慰安所から出てきたときに撮ったものです。戦争が終わったとき、私は21歳でした。これは私がその頃に撮った唯一の写真です。」

    悲劇は1940年の9月に始まった。日本兵によって中国に移送され、牛のようにトラックで輸送され、慰安所のある土地に着いたときに、彼女はショックを受けた。

    「それは屠殺場でした。人間のためのね。たくさんの少女たちがひしめき合っていて、11才や、12才や、13才や、15才の子たちといった、幼い子たちもいました。

    どうしたらこのおそろしい残虐な場所を描写できるでしょうか。

    40人の兵士が同じ14才の女の子をレイプしているところを想像してください。それが彼らが私に対してしたことなんです。私たちには他にどうすることもできませんでした。これをするか、死ぬしかなかったんです。」

    李さんの苦しみは、3年間続いた。1945年に解放されると、彼女は途方にくれた。韓国の農家の生まれだったこの女性は故郷にはもどらなかった。彼女は中国に残ってそこで結婚した。他の生存者と同じように彼女は、46年間自分の過去を隠し続けた。

    タブーをやぶったのは、この女性だった。彼女もまた中国に移送された。彼女も慰安所での地獄のような日々を耐え忍んだ。1991年に金さんは世界にむけて自らの体験を語った。彼女の証言は国中に大きなショックを与えた。

    この時、27才の学生だった尹美香はショックを受けた。彼女はプロジェクトを立ち上げた。彼女は、無料でかけられる電話番号を設置した。何年もの間沈黙を保っていた数百人の年老いた元慰安婦たちが、彼女に電話をかけてきた。

    これらの女性たちは、基地での唯一の生存者であったため、自分のことをこの悲劇を生き延びた唯一の人間だと考えていました。このおかげで、彼女たちは新鮮な空気を吸うことができたのです。私は、最初に電話をかけてきた人たちの名前を控え、調整をして、彼女たちに会いにいきました。そこで初めて、彼女たちは沈黙をやぶったのです。

    極限まで虐待を受けたせいで、これらの女性のほとんどは妊娠し子どもを作ることができず、また韓国には戻らなかった。それから50年後に、帰還運動がたちあげられた。これらの女性たちを受け入れる特別な老人ホームが設置され、李さんも現在そこに暮らしている。一人一人が自分の部屋をもっており、毎週土曜日には鍼治療が行われる。

    「こんなふうに鍼をさしたら痛いですか? 」

    「いいや、とても気持ちがいいよ。気持ちがいいからやってくれるんだからね。」

    美容トリートメントを受ける権利をもつ女性もいる。

    「ハルモニ、顔に何をつけているのですか?」

    「きれいになるために、肌を白くしてるんだよ。」

    毎月、彼女たちは国から、500ユーロを受け取っている。老人ホームの滞在費用は無料である。彼女たちは、過去に失った時間を取り戻そうとするかのように、ここでの日々を満喫している。

    「ハルモニが先だよ。」

    彼女たちが10年前にここにたどり着いたとき、ハルモニたちは、お互いを全く知らなかった。今日、彼女たちは、87才の姜さんのような強いリーダーをもつ小さな共同体の中で暮らしている。姜さんは部屋をきれいに飾って、自分がハルモニたちの女王であるように見せるのが好きだ。

    「私は日本からも贈り物を受け取っているんだ。ここでこんな物を持っているのは私だけだよ。私は二つ持っているんだからね。これは悪い霊を追い払ってくれるのさ。他のハルモニたちは、こんなものを持ってはいないよ。他の人たちの部屋を見てきたらいい。彼女たちはこんなものもっちゃいないから。」

    しかし、すぐに、姜さんの目は涙で曇る。彼女は中国に移送されたときには、16才だった。

    「連中は、私を乱暴に捕まえて、何の説明もしないで、トラックに無理やり乗せたんだ。私が拉致されたときには、家に誰もいなかった。私は両親にさよならも言えなかったんだ。誰も何も見なかったさ。私は台所に隠れようとしていたんだ。でもすぐに彼らに捕まっちまった。」

    「あなたは日本人のことを怒っていますか?」

    「日本人なんか大嫌いさ。軽蔑するね。軽蔑するどころじゃないよ。死ぬほど憎いよ。無理やり両親や故郷の村から引き離されちまったんだからね。嫌いだよ。軽蔑するよ。」

    これらのハルモニたちを最も傷つけているのは、日本がこれらの犯罪行為を決して認めないことである。日本の教科書さえ、そのことに触れてはいない。だからこそ、これらのハルモニたちは、最後の戦いを先導しているのである。許すための戦いを。

    外の気温は、摂氏マイナス10度。しかし、ふだんの水曜日と同じように、吉さんはデモに出かける。20年前から、すべてのハルモニたちはソウルの中心部に位置する日本大使館の前で毎週集会を開いている。吉さんは、このデモに一度も欠席したことはない。ふだんの水曜日と同じように、数百人の学生が彼女に会いに集まっていた。

    「わざわざ来てくれてありがとうね。」

    この日、他のハルモニたちは、とても疲れていたため、この日、スピーチをしたのは、16才の時に満州に移送された吉さんだけだった。

    「窓の向こう側にいる日本大使館の人たちは、ここで何が起きているのかを知っているはずです。毎週水曜日にデモが開かれていることを。私は、日本が謝罪するのをいまだに待ち続けています。日本が私たちに対して犯した犯罪を認めることを。私はみなさんが、この戦いを一緒に続けてくださることを願っています。どうも、ありがとう。」

    ハルモニたちは、1000回以上デモを続けてきた。

    「私たちのハルモニに謝れ。デモを行おう!」

    過去67年間、日本は一度も謝罪していない。吉さんは、次の水曜日もここに来る予定である。
    ******************************************


  3. なでしこがんばれ says:

    >>112のpatapata様

    以下のブログの管理人でらっしゃるジェリー様このロックバンドとご友人みたいなので韓国の悪評を広めてくださっていると思いますよ。
    頼もしいなでしこさんでらっしゃいますね。
    でもでも油断は禁物!私達も気を抜かずがんばって抗議しませんとね。

    112.『MUSEに「旭日旗」の本当の意味を教えようプロジェクト始動!』ブログ
    http://ameblo.jp/ryobalo/entry-11516986511.html


  4. 日本 市民 says:

    my日本の日記からの情報の転載です
    米国の○○学者、○○教授といった人間も取り込まれています。

    大変労力のいる仕事ですが、こういった人たち一人一人も見逃すことなく対応していかねばなりませんね。


    エクスパート.com(expert.com)という専門家に質問するサイト内のコーナーに、心理学者であり編集者でもあるパトリシア・A・ファレル博士が連載しているブログがあり4月25日、慰安婦問題について語りました。

    慰安婦、それとも売春婦?

    戦争が終わり68年経った現在も、ある一部の女性達の心の痛みは消えておらず、その事が学問の分野と少なからずも自国中心主義に火を点けました。 その女性達は、日本軍の軍人達によって性的な”慰安婦”として扱われたすべての朝鮮人、支那人女性のことです。 彼女らがどのようにしてこのような状況に置かれたのかが、討論の中心になっています。

    この問題が炎上していることがあからさまになったのは、ニュージャージ州内にある2つの隣接している街両方が、この女性達の為に石碑を建立することを決定したのだけれど、刻みこまれるデザインと文面を巡って予期していなかった反応があったのが切っ掛けです。  これらのグループは一体誰なのか、そして事の発端は何だったのでしょうか?

    始めに、戦争中に性奴隷を強制された女性達の地獄は、戦争が終わった今でも続いてるのです。 歴史の知識が多少必要ですが、ちょっと調べれば性奴隷を越えた多くの問題があると分かるでしょう。

    第二次世界大戦中に日本帝国陸軍は、戦っている軍人達の性的欲求を満たす目的で、初期においては軍人専用の売春婦を新聞で募集していました。 情報源によると、この体制はある一定の時期までは上手くいっていたようです。 働き手がいなくなった時、占領地(支那、朝鮮、南太平洋の島々、その土地に居合わせた欧州女性までも、後者は捕虜)の女性達に手を延ばしました。 曖昧な内容の記事はすぐに警戒されてしまうので、次の手段として”従軍慰安婦”として軍運用売春宿で働かせる為に強制、嘘、又は拉致する方法が取られたのです。

    看護婦などの働き手を募集していて、働いた給料で家族を養うことができると女性たちは言われました。 ところが即刻、売春宿で組織的に暴力を受け、強姦され、労働を強いられたのです。
    この事実が戦後25年経ってから、様々な機関、個人と著書(一冊はあとで捏造だと発覚した)等で表に出ることになりました。

    今日のブログは、朝鮮衣装を纏った女性の背景に日本の旗があり、”性奴隷”という言葉が描かれた記念碑についてではありません。 この旗と言葉がコミュニティーメンバーの感情をあおることになったと容易に想像できるでしょう。古傷が開かれたり、栄誉の代わりにいやしまれたり、過去を恥に思い秘密にしておきたい人々が現在も存在しているのです。

    自国民中心主義という言葉を使った理由は、支那、朝鮮、そして占領地の捕虜収容所で行われたことが、女性を人間として扱うことに欠如しているからです。
    女性達は”物”でしかなく、性別、国籍において下級と見ていました。 珍しいことではありませんが、今だかつて20万人の女性達が、戦争の勝利者の名の元に体を傷つけられたという汚名と共に生きています。

    戦争中は敵に対しての特別な感情を植えつける必要があると、社会の教科書に書いてあります。 自らを立派な東洋の紳士(WOGSーWorthy Oriental Gentlemen)と称したり、グークス(GOOKS-朝鮮語で人々)、チャーリー(ヴィクター・チャーリー、ベトコン、馬鹿、とんま)などと人間らしくないあだ名を付けて、自分よりも下等だと思い込むのです。 そうする事によって、殺害、損傷、家屋を破壊したり躊躇わないでおこなうことが可能になります。 戦後、どうなるのでしょうか? 憎しみが残ります。 そしてその行動が正気の世界では耐えられなくなってしまいます。 その感情がある街の石碑を通して表れたのでしょう。

    差別についてある新聞が社会学的、または心理的研究に非常に素晴らしい材料を提供し、それについては後に論文にしたり討論することになることでしょう。
    殺したいぐらい憎む、または強姦した人と、急に仲良くし協力し合うことを一日のうちにできますか?  性奴隷を否定し、自ら売春婦として労働したという新聞のコメントが幾つかありました。 手紙にはアジア系の名前がなかったため、コメントを書いた人達は亜細亜系ではないでしょう。

    これらの手紙は、自己正当化するために自身の考えを変えるということを、認識不足している例です。 それで、性病検査した医者によってさえ、売春婦達は24時間暴力を受け、強姦されたと? 妊娠したら強制的に中絶させられました。

    そして、労働に対して給料が支払われたと? 一体どうやって? 誰もその事について触れていません。 占領国である敵軍への愛のためではなく、給料が欲しかったのではないでしょうか? 

    真実は闇に葬り去られました。 
    ”編集者へ手紙”を送った人達は、手紙の内容を見直したのか疑問に思います。

    http://www.expertclick.com/NRWire/Releasedetails.aspx?id=

    忙しい合間に、慰安婦についての資料をさっと目にしただけで、この心理学者は慰安婦について何も知らないのだと思います。バーゲン郡内に2箇所オフィスを構えているので、何らかの圧力があったのかと想像します。
    言っていることがめちゃくちゃで、第二次世界大戦とベトナム戦争を混合しているのではないかと思わせる内容もあります。
    はじめは新聞広告で売春婦を募集したけれど、働く女性達がいなくなったら占領地の女性達を強制連行し始めた? 

    とにかく不愉快なブログです。
    あとで、アメリカが戦争中に作成した慰安婦についての報告書を送っておきます。


  5. 日本 市民 says:

    ≫115 下のURLをクリックしても、「The news release you requested was removed or not found」と出てきます。記事を見るには、Homeをクリックし、View News Releaseクリックし、Search News Release and Events 枠に「Comfort Women」入力し、Headlines only指定で、Searchすると該当記事のHeadlineが出てきます。

    http://www.expertclick.com/NRWire/Releasedetails.aspx?id=43998

    ≫Dr. Patricia A. Farrell, Ph.D.
     Licensed Psychologist
     Dr. Patricia A. Farrell, Ph.D., LLC
      Tenafly, NJ

    ≫やはりNJの人間のようです


  6. pakkurareman says:

    日本市民さん@115
    情報をありがとう。

    >はじめは新聞広告で売春婦を募集したけれど、
    >働く女性達がいなくなったら占領地の女性達
    >を強制連行し始めた? 
    事実に嘘を織り交ぜて、嘘を本当らしく見せる朝鮮人の手法ですね。朝鮮人か、朝鮮人に影響された人のBlogでしょう。

    こういうのが、私たちを苛立たせるのです。爆発的に怒ってしまったら、相手の思う壺です。淡々と事実を突きつけましょう。


  7. 日本 市民 says:

    pakkurareman@117さん

    原文の写真にあるhttp:://www.drfarrell.netから
    彼女のブログ
    Patricia Farrell’s Blog
    http://drfarrellsblog.blogspot.com
    がわかりました。そこに当該記事がありそこからcommentsを入れることが出来るようです。

    Pakkuraremanさんは英語が達者な方のようですので、時間がとれるようだったらcommentsお願いします。

    相手はなんだかんだかといいかがりをつけて、日本を批判し、常に日本を弁解者の立場に置こうとしているように思われます。日本人も弁解に一緒懸命になるような感じがあります。相手の宣伝戦の力になるような巧妙な罠にかかってはいけませんね。適宜「防御から攻撃」へ立場をシフトしましょう。

    投稿101の西尾幹二氏の意見陳述(RAAの日本人慰安婦問題。Patriciaもこれには謝罪はおろか、言及すらしていませんね。)やヨーコの物語(「竹の森遠く」So Far from the Bamboo Grove。ヨーコ・カワシマ・ワトキンズの自伝に書かれた半島での終戦時に日本人女性に加えられた性暴力。在米韓国人がこの書籍を執拗なロビー活動で排斥した人権問題。)、ライダイハンなど使えるテーマはあります。

    韓国旗をみると四隅に何か2本線がありますね。あれってある人から言わせれば、ナチスのハーケンクロイツの四隅記号だそうです。そい言われれば、ベトナム戦争での韓国軍の戦争犯罪を考えれば頷づけます。


  8. Pakkurareman says:

    日本市民さん@118
    この、Patricia Farrel、かなり怪しいですよ。
    何度もコメントをトライしましたが、何度やっても出来ません。色々工夫してしても出来ません。フェアじゃないのか、技術音痴なのか分かりませんが、なんか、きな臭いですね。


  9. 日本 市民 says:

    ≫Pakkuraman@119 さん
    私はこういうのは全っく不慣れなのですが、トライしてみました。
    ≫文章の一番下にあるcommentをクリックしてください。
    すると、入力する枠欄がでるので、そこに文章を入れてください。
    次に、comment as: のところで、一番右の下矢印をクッリクすると、投稿者のプロフアイル選択がでます。私は,google Accountを指定しました。(ここで初めてだったのでgoogleの色々なblogger入力があり、メニューに従い入力)
    次にPublishをクリックすると、Input Two wordsとかの指示があって、表示されている文字を入力してOKとなりました。(くずれている文字がわかりにくいです)

    もう一度トライしてみてください。

    ≫入力した文章は、無難なところということで、なでしこアクションの文例の一部をコピーして入力してみました。従って、Patriciaへの的確な反論になってはいないかもしれません。まー反論なしよりはマシということで・・・・


  10. Pakkurareman says:

    日本市民さん@120

    ありがとうございます。
    日本市民さんが投稿できたということで、何か設定が悪いのだと気が付き、いつもの、Third Party Cookieを受け付けるのを有効にする手順を忘れていたことに気が付きました。私は、必要いないときは、この設定をいつも無効にしています。

    お蔭様でコメントできました。

    ありがとうございます。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>