豪州メルボルン韓人館 慰安婦像 碑文 に「慰安婦comfort woman」一言もなし

2019年11月14日、オーストラリアのメルボルン韓人館(Korean Society Melbourne)事務所前に慰安婦像が設置され、除幕式が行われました。韓国ソウル日本大使館前の慰安婦像と同じ像です。

設置は韓国の京畿道華城市と華城市「平和の少女像建立推進委員会」、シドニーの「Friends of Comfort Women in Sydney」、メルボルンの「Melbourne Comfort memorial Task Force(NPO)」の協力によるものです。

華城市(Hwaseong)は、2015年にカナダのバーナビーで慰安婦像を設置しようと働きかけた市です。(設置はされず)

メルボルンの除幕式には華城市の市長が出席し、メディアに「少女像の建立は慰安婦被害者の傷を癒やし、日本軍の性奴隷蛮行を世界に知らせる趣旨で始まった」と語っています。

そこで気になるのはその碑文です。

オーストラリア・ジャパン・コニュニティー・ネットワーク(AJCN)から像と碑文、周辺の写真を提供していただきましたので、ご紹介します。

<参考ニュース>
華城聯合ニュース2019年11月13日(水) メルボルンで「平和の少女像」
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191113-00000054-yonh-kr

************************************************************************

Melbourne3
韓人館ビル、事務所前の駐車場スペースです。
床面左右に碑文があります。

Melbourne1
↑像向かって左側の碑文。上が英語で下がハングルです。
Son, Taek-suという韓国人の詩人が書いたという詩「A Girl of Peace(平和の少女)」が刻まれています。

Melbourne2
↑像向かって右側の碑文。こちらも上が英語で下がハングルです。

最後に
「蝶の隠された話を解き明かし、平和を愛するメルボルンと華城市市民が結束してつらい過去を乗り越えましょう。新たな希望にむかって私たちは平和の像を捧げます。
2019年11月14日 メルボルンと華城市市民より」

文中、メルボルン市民が「people of Mebourne 」とエルが抜けているのは急いで作成したからでしょうか。
それはさておき、どこにも「韓国Korea」、「日本Japan」、「慰安婦comfort women」、「性奴隷sex slave」の文字はありません。(ハングルの方は未確認)
蝶を慰安婦に例えてるのかな、と思いますが。

華城市長が言う「日本軍の性奴隷蛮行を世界に知らせる趣旨」に気づく豪州人はまずいないでしょう。

 

Melbourne4

少し離れて、道路から。
メルボルン韓人館事務所前は、あまり人が来ない場所ですが、道路に面しているので像は歩行者から簡単に見えるところにあります。

Melbourne5

 

周辺。車の通りはあるようです。

Melbourne6

豪州で一番初めに慰安婦像の設置運動がおこったのは2014年4月のストラスフィールド市です。中華系・韓国系の団体が市の広場に設置しようとしましたが、2015年8月に否決されました

その後、設置運動がありましたが、公的場所には設置が出来ず、2016年にアッシュフィールドの教会の駐車場に像が設置されました。

今回2019年は韓人館の敷地内で、碑文には慰安婦という単語さえありません。
これまで設置された各地の慰安像の碑文(下記参照)と比較すると、腰の引けた碑文になっています。

これは慰安婦像設置反対運動を続けてきたAJCNを初め、現地の日本人やそれをサポートして下さった豪州人の働きかけのお陰です。

ACJNはシドニーのフリーペーパーCheersにコラムを持っていて幅広い層に情報提供しています。

またAJCNは除幕式に先立ち、メルボルン市長宛てに「慰安婦像は反日的な韓国系グループの計画である」旨の書簡(2019年11月3日付)を送っています。

*************************************************************

< 慰安婦像の碑文 比較 > ※全文ではなく抜粋

1_慰安婦像

◆ 韓国ソウル日本大使館前慰安婦像(2011.12.14)
『1992年1月8日、日本軍「慰安婦」問題(Japanese Military Sexual Slavery issue)解決のための水曜デモが、ここ日本大使館前ではじまった。』

◆ 米国グレンデール慰安像(2013.7)
『私は日本軍の性奴隷でした。
1932年から1945年の間に日本帝国軍によって強制的に性奴隷状態にされた200,000人以上の韓国・中国・台湾・日本・フィリピン・タイ・ベトナム・マレーシア・東チモール・インドネシアの故郷から移送されたアジアとオランダの女性を記念して。』

◆ 米国ブルックヘブン慰安婦像(2017.6)
『これは1931年から45年に日本帝国陸軍に奴隷にされた、「慰安婦」と呼ばれる婦女子を称える記念碑です。
慰安婦は推定数十万人の20世紀最大の人身売買の一つです。
この暗黒の歴史は1990年代に生存者が勇気をもって沈黙を破るまで数十年間隠されてきました。
慰安婦はアジア太平洋の少なくとも13カ国の出身で、主に韓国です。殆どは第二次世界大戦中に殺されました。
この碑はこれらの婦女子の記憶に捧げ、世界に蔓延する性暴力と人身売買を撲滅するためのものです。』

◆ カナダ・トロント韓人館内慰安婦像(2015.11)
『第二次世界大戦のアジア太平洋にて、日本帝国軍が広範囲に20万人以上の女性と若い少女を強制連行し、非人道的に軍の性的慰安婦にした。』

◆ 豪州アッシュフィールド教会 慰安婦像(2016.8)
『日本帝国軍によって性奴隷にされた若い少女たち「慰安婦」の苦悩の歴史を記憶する。
日本政府による公的謝罪と法的補償によって犠牲者の名誉回復を求め、人道に反する戦争暴力と犯罪が将来二度と繰り返さぬことを願う。』

◆ 独フランフルト慰安婦像(2019.10.28-2020.1.14)
※ドイツ各地を巡回中
『この”平和の為の少女像”は、第二次世界大戦時、全アジア太平洋地域に於いて日本軍から所謂慰安婦とされ軍の売春宿で性奴隷を強制された、数十万の少女と若い女性達の苦しみを追想するものです。』

One thought on “豪州メルボルン韓人館 慰安婦像 碑文 に「慰安婦comfort woman」一言もなし

  1. Hidemi Nagao says:

    メルボルン少女像について

    左側:Son, Taek-suという韓国人の詩人が書いたという詩「A Girl of Peace(平和の少女)」
     慰安婦問題に関わっている人なら、1人の少女の感覚意識がある時点、ある場所で止まってしまったことは想像できる。「ハーブ摘みに小高い所へ行った日」、「銃剣付きの小銃」、「蹂躙された村々」、「軍靴に踏み付けられた花」などの描写と、本物の涙が岩や鉄をも溶かし、その涙が平和の海へ流れ着くという修辞も理解できなくはない。
     しかし、作者がこの詩の大部分に書かれた他の語句から何を読み取れ、と訴えているのかは判然としない。擬人化という手法が失敗している。
     
    右側:碑文
     この碑文は最後に「蝶の隠された話を解き明かし、平和を愛するメルボルンと華城市民が結束してつらい過去を乗り越えましょう。新たな希望に向かって私たちは平和の像を捧げます」と書いている。「つらい過去」の意味は理解できるが、「過去を隠蔽しても、いずれ事実は明らかになる」とは、少女像設置者にとって諸刃の剣になる。

     詩にも碑文にも蝶が登場する。哲学者の山折哲雄によると、アメリカの心理学者キューブラー・ロスは、死を宣告されたアメリカ人の子どもたちの殆どが蝶になるということを言い残して旅立つと報告している。更に山折は、日本の古い文献によると、死者は蝶になって浄土に赴くという話がたくさんあると言っている。「黄色い蝶」は黄色人種を指しているのかもしれないが、蝶の引用は日本人を想起させるので、少女像と結び付けるのは妥当ではないだろう。

     さて、詩にも碑文にも、これまで世界各地で無理やり設置された慰安婦碑にあるねつ造された非難の語句が見られない。なぜだろうか。1つ言えることは、故目良氏やなでしこアクションや良識ある秦氏、藤岡氏、松木氏などの活動が自称慰安婦支援団体に伝わっているからだ。自称慰安婦支援者とて、1+1=2となり、0+1=10、20、100とならないことは理解している。
     「新たな希望にむかって」私たちは更に前進しなければならない。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>