ソウル市長立候補表明 金大鎬 氏「私が市長になったなら慰安婦少女像、徴用工像、即刻撤去します!」2020.1.6 ソウルにて

2021年1月 6日
韓国 ソウル
ナムサン(南山)公園(旧韓国統監官邸跡地)にある「慰安婦記憶の地」にて

ソウル市長候補予定 金大鎬 氏(改革自由連合)の演説

金大鎬と申します。

改革自由連合のソウル市長の候補であり、社会デザイン研究所所長でもあります。

私がこの場を見回し、ここを見ると

(後ろの碑のタイトル)
「私たちが一番恐れなければならないことは、私たちのこの苦痛の歴史が忘れられることです」

—-と書いてあります。

良い言葉ですが、、、、

心の痛い歴史であったとしても、喜ばしい歴史であったとしても真実と事実からでなくてはなりません。

虚偽と嘘で飾られた栄光であれ汚辱であれ、それで大韓民国の未来を開拓していくことはできません。

今日私がここに来たことは基本的に私たちが守るべきことは守り、賞賛すべきことは賞賛しなければなりませんが、今、私たちが賞賛しているものが虚偽、嘘を!歴史としてみているからなのです。

ここにいらっしゃる方々の血のにじむような努力のおかげで、私もやはりあまり知らなかった歴史の真実を知るようになりました。

そのような点で本当に孤軍奮闘されたここにいらっしゃる方々に対して本当に感謝の言葉を差し上げたいと思います。

慰安婦法廃止国民運動の皆さん本当に有難うございます。
ご苦労が多かったと思います。

私がここに来たのは、私たちが関心資源も有効な資源です。
ところで私たちの関心の資源が全部過去に向かっているからそうなのです。

今、大韓民国は致命的な国家的難題が津波のように押し寄せて来ています。

コロナ事態がその中の一つです。

人口がとうとう極減を超えて逆転しました。

私たちは津波のように押し寄せてくる致命的な課題の数々を私たちが今、目撃していますが、今、すべての関心が、すべての目が過去に向かっています。

過去それ自体も虚偽を嘘によって精鉄された過去。

今回コロナワクチン購買という、世界のすべての政府が共通して試験をうけました。

コロナ防疫は結局、ワクチンです。
なのでワクチンで開発したり購入したり全ての政府が一種、ひとところに集まって試験をしたのですが、大韓民国の政府は確実な落第点を貰いました。

そうです、何故そうなのでしょうか。

この政府は現在と未来の大韓民国の難題を解決して政権の正当性を獲得しようとするのではなく、慰安婦像、徴用工像、

大韓民国の建国と産業化を導いてきた勢力は、親日勢力、独裁勢力、そう言って彼らを貶めながら、自身の政党の正当性を獲得しようとしてきたために、そうなったのです。

政権の正当性は相手側を貶めるや方ではなく、現在と未来の課題を解決することを確保しなければならないのではありませんか?

その様な点で今現在、慰安婦像、徴用工像、虚偽と嘘を根拠にしているので撤去しなければならなく!
また、もう一方で私たちのある政治的、社会的関心の資源を現在と未来のある課題ではなく過去に向かわせているので撤去しなければならないのであります。

私がソウル市長になったなら、確実にお約束します!

慰安婦少女像、
強制徴用工労働者像

即刻、撤去します!

そして確実に無能が立証された、ソウル市と我が大韓民国文在寅政権政府を、確実にこれを正して、真に国民の幸福を守り、致命的、国家的難題を解決することのできる、そのような政府に変えられるよう、懸命に努力いたします。

ありがとうございました。
お疲れさまでした。

以上

********************************************************************
<参考ニュース>

New Daily 2020-12-29
[포토] 김대호 사회디자인연구소장, 개혁자유연합 후보로 서울시장 출마(전문)
http://www.newdaily.co.kr/site/data/html/2020/12/29/2020122900238.html

韓国市民団体 声明「李容洙氏はどこで誰から電気拷問を受けたのか?」 2020.1.6 ソウル

2021年1月 6日
韓国 ソウル
ナムサン(南山)公園(旧韓国統監官邸跡地)にある「慰安婦記憶の地」にて

国史教科書研究所/慰安婦法廃止国民行動
【第17回国民行動の声明書】

慰安婦の真実、女性家族部長官に問う!
李容洙氏の電気拷問の証言、どちらが真実なのか?

「賢明な裁判長、われわれには何の罪もありません。 14歳のときに日本軍に連れていかれ、神風部隊で電気拷問まで受けて帰ってきました。」

これは2019年11月13日、郭イェナム氏など、慰安婦履歴のある女性と遺族など20人が日本政府を相手に起こした損害賠償訴訟の初裁判で出た李氏の法廷証言である。 2016年12月28日に日本政府を相手取って起こした訴訟が被告側の拒否で延期されたが、この日開かれた初の裁判での李氏の証言は非常に重要だ。

「14歳の時に日本軍に連行され、神風部隊で電気拷問を受けた」というこの証言は第一に、14歳の未成年者は、日本軍慰安婦になることができなかったという点、第二に、日本軍が未成年者である朝鮮女性を何の理由もなく、強制に引っ張って行くことができなかったという点、第三に、神風部隊内で未成年の女性に何の理由もなく電気拷問できなかったという点だ。

李氏の電気拷問に関する発言は、朴槿恵(パク・クネ)政府で韓日慰安婦の合意がなされた翌年の2016年7月21日にもあった。 ‘日本軍慰安婦被害者に対する生活安定支援や記念事業などに関する特別法’制定を促す請願書を国会に提出し開かれた記者会見で、李氏は「大統領を選んだなら国民を愛し、歴史を正さなければならないのに、これでは何にもならない、自分勝手だ」と言い、さらには、韓日慰安婦の合意について「ばかなまねをしている。本当に。 協商!?一体何のための協商ですか」という露骨な表現で不満を吐露し、「わたしの人生を返せ! 15歳で神風祭部隊に連れて行かれ、あらゆる電気拷問、鞭で打たれ、今も体が痛くても死ねなくてこんなふうに(生きている)」と言った。

また、同年12月20日にソウル東部地裁刑事11部で開かれた世宗大のパク·ユハ教授の結審公判で、証人席に立った李容洙氏は、「16歳の時に軍人に連れ去られたが、兵隊の部屋に入らない」として電気拷問などの様々な苦痛を受けた。 台湾の神風部隊に連れて行かれ、1946年に釈放された」と語った。

このように神風部隊に連行され電気拷問を受けたという李氏の証言は、虚偽を言ってはならない法廷でなされたという点で、絶対的な信頼を抱かせる。
しかしながら、正義記憶連帯のホームページには、「17歳の時(1944年)、李容洙氏に就職させてあげるという日本人の言葉にだまされ、友人とともに台湾の慰安所に強制連行された。 神風部隊の軍人たちが大多数の台湾新竹近くの慰安所で軍人たちについて行って空襲を避け’慰安婦’生活を強要された。」とし、李氏が働いた慰安所の位置を部隊の近所だと言った。

また、1993年、挺対協で刊行した「強制連行された朝鮮人軍慰安婦たち(1)」には「大邱で私たちを連れて行った男が慰安所の主人だった。 私たちは彼を『おやじ』と呼んだ。 部屋に入れと言われたのに入ろうとしなかったので、主人が私の髪の毛を引っ張ってどこかの部屋に連れて行った。 その部屋で電気拷問を受けた」とし、李氏の故郷である大邱から慰安所まで自分を連れて行った男は慰安所の主人であり、彼から電気拷問を受けたと証言した。

こうした証言は「神風部隊に連行され電気拷問を受けた」という先の証言と真っ向から対峙する。 二つのうちの一つは嘘ということだ。 ならば、どれが偽りでどれが事実なのかを明確にしなければならない。 これを明らかにする責任は一次的に証言者である李容洙氏にあるが、慰安婦被害者登録を管掌する女性家族部もその責任を免れない。 これに対し、私たちは女性家族部長官に次のように問う。

1.李容洙氏は神風部隊に連れて行かれたことがあるのか。

2.李容洙氏はどこで誰から電気拷問を受けたのか?

2021. 1. 6.
国史教科書研究所/慰安婦法廃止国民行動

慰安婦法廃止の韓国市民団体が作成した わかりやすいポスター

慰安婦像撤去を求めて活動する韓国の市民団体「国史教科書研究所」「慰安婦法廃止国民行動」作成のポスター。事実がそのまま、分かりやすく伝わります。

*****************************************************************


2020年 12月 23日
国史教科書研究所/慰安婦法廃止国民行動
第16次国民行動声明書

誰がこの手を日本軍の手と言ったのか

現在、南山の麓には国権喪失期に総督官邸があった場所に、「日本軍慰安婦記憶の地」が造成されている。 「記憶の地」に入ると、「この地で起きた恥ずべき歴史をすべて見守り、今後この問題をどのように解決していくか見守る」という意志を込めたという大地の目をまず見ることになる。 中央には247人の慰安婦のリストとともに強制連行された時の状況、慰安所生活は、解放後は祖国への帰国の過程と政府に強要されてやむを得ず、沈黙しなければならなかった状況を記述し右側の端には金順徳(キム・スンドク氏の「連れていかれた」という絵が刻まれている。 日本軍によって強制連行された慰安婦被害者の象徴でもあるこの絵は、恐怖におびえた少女の瞳と少女の手を乱暴に握っている手が見る者の視線を引き付けている。

この手について1995年から1998年まで慰安婦美術治療を担当し、キム・スンドク氏にこの絵を指導したイギョンシン氏は自分が書いた本『咲かなかった花』で「少女を引っ張っていく日本軍の具体的形象を省略して乱暴な手だけ描いたのはもっと詳しく描くことは困難であると推測されるが、かえってその選択が非常に素晴らしい結果を生んだであった。」とし、それが日本軍の手だと言った。 イ·ギョンシン氏はさらに左側の少女の絵には数多くの朝鮮の女性を描き、右側には日本軍を描き、その日本軍の中に再び数多くの日本軍を描いた絵を『咲かなった花』に載せた。 数多くの日本軍が数多くの朝鮮の女性を強制的に連れて行ったことを表現したのである。

では、金順徳氏は果たして日本軍に連行されたのか。

2004年6月30日付のオーマイニュースは「17歳の時(1937年)、朝鮮人男性が日本の工場で働く女性を募集して日本に行くことにした。 2018年8月8日、京郷新聞は「咲かなかった花」という絵に、慰安婦問題のシンボルとして知られている金おばあさんは1937年17歳になった年に看護婦を募集するという話にだまされて上海に連行されて慰安婦で苦労した」と報道した。

また、保坂祐二氏は『日本の従軍慰安婦問題の証拠資料集(1)』に「1937年陰暦の正月の2月頃17歳になった年に看護師を募集するという言葉に騙され、中国上海に連行され、そこで日本軍慰安婦被害を受けた。」と書いた。 その一方で、イギョンシン氏は「工場に出稼ぎに行くとばかり思っていた純真な田舎出身の少女スンドクの驚く心を単純ながらも明確に表していた」と言った。 キム·スンドクという一人の特定の履歴について「工場」、「看護師」、「准看護師」などと出所ごとに異なる。 にもかかわらず、いざ強制連行したという日本軍はどこにも登場しない。

では、恐怖におびえた少女の手首を乱暴に握っている絵の中の「あの手」は誰の手なのか。 それは朝鮮人の男の手であり、就職詐欺犯の手であり、抱主の手だ。 ところで誰が、どうして、なぜ、日本軍の手だと偽っているのか。

誰かから始まったこの嘘を全国民は真実だと信じ、政府は国家指定記録物として永久保存し、教育部は教科書に載せて子どもたちの魂を蝕んでいる。 なんという恐ろしいことだろう。

慰安婦関連の嘘はここで止まらない。「 慰安婦被害者を称える日」主人公金学順ハルモニをはじめ、吉元玉、金福童、李容洙(イ・ヨンス)など数多くの女人たちが各自の事情で、慰安婦になったのであるが、なぜか一様に「日本軍に強制連行されて慰安婦となった」に帰着してしまったのである。 しかしながら、’日本軍に強制連行されて慰安婦となった’はこの公式は、断言できるけど、うそだ。
彼らが日本軍に強制連行されたといういかなる公式文書も証言もないからである。 私たちはあまりにも簡単に嘘をつくし、簡単に信じ込んでしまう。 一体私たちはいつからこのように嘘に慣れ、嘘を恥ずかしく思わないようになったのか。

もうこの「記憶の地」を造成したすべての関係者らに、いや、慰安婦問題を世界化させたすべての関係者たちに問いたい。

なぜうそをつくのか。

怖くないのだろうか。

以上

山川出版中学歴史教科書「従軍慰安婦」の削除を文科省に申し入れ

令和3年度から使用される、山川出版社発行『中学歴史 日本と世界』に、「義務教育諸学校教科用図書検定基準」に違反する「従軍慰安婦」の記述があります。

令和2年12月18日、新しい歴史教科書をつくる会慰安婦の真実国民運動の代表者が文科省を訪問し、文科大臣の権限を行使して出版社に対し該当箇所を削除する訂正申請の勧告を行うよう申し入れ、その後記者会見を開きました。

慰安婦の真実国民運動の幹事長である山本優美子も参加しました。

***********************************************************
申入書の手工

手交.JPG

記者会見

記者会見.JPG

***********************************************************
【 申し入れ書PDF版 】
※画像をクリックすると別ウインドウで拡大でご覧になれます。

***********************************************************
<参考ニュース>

産経  2020.12.18
「『従軍慰安婦』は検定基準違反」つくる会 文科相に削除要望 山川出版教科書
https://www.sankei.com/life/news/201218/lif2012180047-n1.html

島根県議会に「慰安婦意見書」撤回を求める10回目請願不採択

島根県議会が平成25年(2013年)6月26日 に可決した『日本軍「慰安婦」問題への誠実な対応を求める意見書』は、河野談話、米国下院決議121、国連人権委員会勧告を受け入れて日本政府に対応を求めるものでした。

この意見書の撤回にむけて、島根県の有志が署名、抗議文、集会など様々な取組を行ってきました。
「島根県有志の取り組み なでしこアクションブログより」参照

令和2年11月定例会にも10度目の請願書『島根県議会において平成25年6月26日付で決議された”日本軍「慰安婦」問題への誠実な対応を求める意見書”の撤回決議を求める請願』を提出しましたが、また不採択となってしまいました。

その理由は、総務委員長報告によると

委員からは、島根県議会から提出した当該意見書は、我が国の国益、地方自治体の公益を損なうとの観点から、意見書の撤回を求めるとの意見がありました。また、別の委員からは、地方議会は、河野談話の正否について議論する立場になく、政府が「河野談話を否定できない」としている以上、その判断に沿い、意見書を撤回する必要はないとの意見や、これまで提出されてきた同趣旨の請願の議決結果は、その都度不採択とされており、現在も河野談話は踏襲され変化はないことから、不採択と考えるとの意見がありました。最終的に挙手採決の結果、賛成少数により「不採択」とすべきとの審査結果でありました。

とのことです。
不採択を続ける議会に対して意見表明する成相議員の発言をご紹介します。

<令和2年11月定例会 12月15日 本会議 録画 >
https://shimane-pref.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=857

57:50~  成相 安信 議員(無会派)発言

*******************************************************************

【 成相議員・有志が撤回を求めている意見書 】

島根県議会 平成25年6月26日 可決

日本軍「慰安婦」問題は、女性の人権、人間の尊厳にかかる問題であり、その解決が急がれています。
この問題について、日本政府は 1993 年「河野談話」によって「慰安婦」への旧日本軍の関与を認めて、歴史研究、歴史教育によってこの事実を次世代に引き継ぐと表明しました。
その後、2007 年 7 月には、アメリカ議会下院が「旧日本軍が女性を強制的に性奴隷にした」として、「謝罪」を求める決議を全会一致で採択したのをはじめ、オランダ、カナダ、フィリピン、韓国、EUなどにおいても同様の決議が採択されているところです。
また、日本政府は、本年 5 月 31 日、国連の人権条約に基づく拷問禁止委員会より、「公人による事実の否定、否定の繰り返しによって、再び被害者に心的外傷を与える意図に反論すること」を求める勧告を受けるなど、国連自由権規約委員会、女性差別撤廃委員会、ILO専門家委員会などの国連機関から、繰り返し「慰安婦」問題の解決を促す勧告を受けてきているところでもあります。
このような中、日本政府がこの問題に誠実に対応することが、国際社会に対する我が国の責任であり、誠意ある対応となるものと信じます。そこで政府におかれては以下のことを求めます。
1 日本政府は「河野談話」を踏まえ、その内容を誠実に実行すること。
2 被害女性とされる方々が二次被害を被ることがないよう努め、その名誉と尊厳を守るべく、真摯な対応を行うこと。
以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出します。島根県議会
(提出先)
衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣
外務大臣
内閣官房長官

*******************************************************************

<参考 島根県有志の取り組み なでしこアクションブログより>

2020年10月19日付
島根県議会に「慰安婦意見書」撤回を求める9回目請願不採択、10回目請願へ
http://nadesiko-action.org/?p=15192

2020年8月11日付
元高校野球監督 野々村直通氏、島根県議会に「慰安婦意見書」撤回を訴える
http://nadesiko-action.org/?p=14809

2020年8月4日付
島根県議会に「慰安婦意見書」撤回を求める8回目請願不採択、9回目請願へ
http://nadesiko-action.org/?p=14682

2020年3月24日付
島根県議会に「慰安婦意見書」撤回を求める7回目の請願
http://nadesiko-action.org/?p=14391

2014年12月31日付
竹島を領有する島根県議会がこのままで良いのでしょうか?
http://nadesiko-action.org/?p=7752

2014年9月29日付
日本を愛する島根女性の会「朝日新聞の大誤報を起因とする「河野談話」の即時撤回を要求する県民大会」
http://nadesiko-action.org/?p=7140

2014年6月23日付
日本を愛する島根女性の会から県議会議長宛て抗議文
http://nadesiko-action.org/?p=6582

2014年6月5日付
島根県議会「慰安婦」可決の説明を ネット署名3600人、提出へ
http://nadesiko-action.org/?p=6528

2014年4月13日付
竹島奪還を目指す島根県議会がなぜ「慰安婦意見書」?県議会議長に説明を求めます!
http://nadesiko-action.org/?p=6265

2014年1月14日付
カルフォルニアの母の会が島根県議会に抗議!
http://nadesiko-action.org/?p=5600

2013年12月12日付
島根県から報告「議長の椅子取りゲームに慰安婦問題を利用するのは許せない」
http://nadesiko-action.org/?p=5440

2013年10月4日付
「島根県議会の歴史認識をただす 島根県民の会」から活動予定お知らせ
http://nadesiko-action.org/?p=5033

2013年9月9日付
島根県民が「慰安婦意見書」撤回に立ち上がった!
http://nadesiko-action.org/?page_id=4791

*******************************************************************

<参考 地方議会の慰安婦意見書について なでしこアクションブログより>

ねつ造慰安婦問題解決に向けて地方議会の意見書・決議・請願・陳情まとめ
http://nadesiko-action.org/?page_id=7180

地方議会の慰安婦意見書
http://nadesiko-action.org/?page_id=2

左派市民団体と国連のマッチポンプ
http://nadesiko-action.org/?page_id=7