韓国在住の日本人のお母様からメッセージ「歴史問題の結果、教育現場で実際子供たちが遭遇している嫌がらせについてお話ししたいと思います」

韓国在住の日本人のお母様から、歴史問題が韓国の教育現場で子供たちに及ぼす影響と現状についてメッセージをいただきました。

日本は悪い国だからと、子供たちが経験する嫌がらせには心が痛みます。

最後に結ばれた言葉「日本に強くあって欲しい」を私たちは真剣に受け止めなくてはいけないと思います。

是非お読みください。

*********************************************************

2020年(令和2年)10月

親愛なる皆様へ

私は韓国の男性として結婚し今年で32年目になります。

今回は日本と韓国を行き来する日本人女性として、今の日韓関係のいびつで根の深い歴史的問題とその結果学校の教育現場で実際子供たちが遭遇している嫌がらせについてお話ししたいと思います。

たぶん日本に在住の日本の方々は韓国の異常とも言える反日行動に嫌気がさし、縁を切りたいと思われている方もずいぶんいらっしゃるだろうと思います。

また一方では韓流ドラマやスターにひかれあまり実感のない日本人も多いことと思いますが、実際の韓国での子育の中で日本人の親(両親が日本人の場合は日本人学校に送るので例外ですが)を持つ子どもたちは非常に辛い体験をします。

昨年韓国と日本でベストセラーになった「反日種族主義」という本のなかにも書かれてありますように、韓国人の潜在意識のなかには著者の李栄熏先生が言及されたように「日本は常に悪玉で韓国はその日本から侵略され略奪され残酷なことをされた」というものがあります。

実際はそうではないのですが、もうそのように刷り込まれていて多くの人が嘘とは思っていません。

人によっても差はありますが、大東亜戦争もともに戦い同じ国民であったにも関わらず、自分達は戦勝国の一員と思っている人も多くいます。

大河ドラマや映画も日本統治時代を日帝時代と言いますが、その内容で作品をつくると人気が出て視聴率も上がるし、映画も収入が上がるのでたくさん製作されます。それは日本人が常に悪玉として出て拷問したり酷い仕打をするので、結局韓国国民はその芸能作品を通して歴史の勉強をしていると言っても過言ではありません(嘘の歴史)。

もちろん人間的には良い方もいらっしゃるし、仲のいい友人もたくさんいますがその観念は意識の根底にあるのです。

長男が小学校に通っているとき(1990年代)そのような連続ドラマがある翌日には私の息子たちが学校に行けば「どうやって責任をとるんだ?」とクラスの生徒も先生たちからもからかわれました。

また母親が日本人ということから喧嘩が始まり息子の手の甲の骨が完全に折れたままで学校の授業が終わるまで何ら気にかけてももらえず、家に帰って病院につれて行ったとき、レントゲンを見てヒビが入るどころかポッキリ折れていることがわかりました。(手術をし入院)

担任の先生からも何らお話も説明もなく、相手の親からも何ら連絡はありませんでした。

息子はそのとき何故喧嘩したのかという理由を言わず、ただの喧嘩だと思っていましたので主人も男の子だからとそのままでした。(数年後に告白しびっくりしました)

学校の近代史の授業になると先生が燃えて日本人の蛮行を講義すれば他のクラスメートは息子の方を見て「日本人を殺さないといけない」と言ったりして、「お母さん今日も先生日本の悪口言ったよ」と話たことを覚えています。

ただそのとき私自身が自虐史観であったことと主人も日本がそうだったから仕方ないと言って、息子の心の傷を親として癒してあげれなかったことは本当に反省しています。

四男も「チョッパリ」(豚の足で日本人が当時履いていた足袋のことです)と言われ泣いたこともあり、とにかくお母さんの名前で学校から送られるプリントにサインしてほしくないと言っていました。

4人の息子も成人し、これからこのように私の息子たちが体験したことを繰り返してほしくないと思っていましたが、最近は現政権になり学校の教科書自体がさらに左傾化していています。

慰安婦問題はもちろん、片親が日本人(母親が多い)だと子供たちは自分の母親が日本人だということを隠します。

私の後輩で韓国の夫を持つ日本女性ですが、息子さんの中学校の卒業式に「お母さん来なくてもいい。来るな。」と言われ行かなかったそうです。

また別の後輩は娘さんが小学校で授業中に「自分の好きな国の国旗の絵を描く」というテーマがあって、その娘さんは自分のお母さんの国の国旗「日の丸」を描きました。が、その娘さんの絵だけ教室の壁に貼られなかったとのことです。

お母さんが先生に聞いたところ、「日本が憎いから」と言われたそうです。

教科書には日清戦争や日露戦争のことも記述してありますが、ただ日本の帝国主義の侵略、大東亜戦争も日本の侵略戦争、徴用工や慰安婦の強制連行や南京大虐殺等、記述してあります。731人体実験も信じてます。

このように韓国の近代史は日本悪玉論の色で塗られています。このような本で勉強すれば反日にならざるを得なく、憎悪心はあらゆる所に現れてきます。

昨年、日韓関係が最悪状態になった時期、徴用工判決(戦時労働者ですが)慰安婦問題、レーダー射撃、文国会の議長の天皇陛下侮辱発言、芸能人の原爆Tシャツ事件を見ても日本人としては耐えられない侮辱感を感じられたかたはほとんどだと思います。

この時、韓国国内は何とも感じず言論はすり替え論一辺で国民もそれに流されている異常な状態でした。

私は特に日本で経済活動もし、ファンも沢山いる某少年グループの原爆Tシャツ事件で大ショックを受けました。

犠牲者の何十万という日本人そしてその中には朝鮮の人もいました。でもそれを平気で着ていて何ら罪悪感を持たないという心理状態は75年間にわたる韓国の反日教育、教科書が元凶だとしみじみと実感しました。(それに問われない日本好きの人も中にはいますが)

このめちゃくちゃな教育のゆえ、心の傷を負った子供たちは放置されたままです。

韓国の国内もSNSの発達で李氏朝鮮時代や日韓併合時代の真実を知りつつある人も増えていますが、まだまだわずかでほとんどが歪曲された歴史を鵜呑みにしていると言っても過言ではありません。

その良識的な少数の韓国人は、日本に強くあって欲しいと願ってます。

以上

4 thoughts on “韓国在住の日本人のお母様からメッセージ「歴史問題の結果、教育現場で実際子供たちが遭遇している嫌がらせについてお話ししたいと思います」

  1. Hidemi Nagao says:

    お母様へ、
     4人のお子様と共にご苦労されたこと、文面から充分伝わりました。
     残念ながら、現状ではそのような歴史教育について、部外者は何もすることができません。ただひたすら地道に事実関係を訴え続けるしかできないと考えます。
     しかし僥倖と言えるのは、お母様が平常心を持ち、信念を持ち続けられていることです。お子様たちとその考えを共有し、伝えられることが大切だと考えます。
     右顧左眄は誰にでもでき、風見鶏は誰でもなることができます。しかし誰もが、日々学びながら、正論とは何かを考え続けることができるわけではありません。韓国にも日本にもお母様と同じ考え方をする人がいます。
     お母様の仲間がいるとお考え下さい。
    なでしこアクション信奉者より


  2. Mayumi Yoshihara says:

    お母さまへ 

    韓国での子育てのご苦労がいか程か、想像に余りあります。
    お子さん達の心の傷を思うと胸が痛みます。
    アメリカのリトルトウキョーという所でも、子どもさん達が虐めに遭って
    自分の名前を日本名で呼ばないでほしい…と親御さんに頼むと聞きました。
    カナダでも南京大虐殺の事が日本軍のよるものだという
    嘘を教えられてしまっているとの事。
    事前に事実を伝えるメールを102名の方に送りましたが
    変えられませんでした…。
    が、かくいう私も20歳の頃から30年間、
    自虐史観におちいっておりました。
    原因は朝日新聞が出した「従軍慰安婦」の記事です。
    15年前から(慰安婦の方々に謝りたい)と思い勉強を始めましたが、
    しばらく調べていて朝日新聞の記事が事実なのか疑問を持ちました。
    今はネットで色々な番組を視聴して、事実をつかみ始め、徐々にですが
    明治維新以降の日本の歴史=国史を知り始めています。
    日本人が今、目覚め始めているからか、反日の動きがとても強いです。
    日本のメディアも、反日で媚KOREAであり、媚CHINAです。
    最近の子ども達の日本史の教科書はまず中国から始まり、
    次に朝鮮半島の歴史があり最後に日本の歴史が書かれているそうです。
    (私の子ども時代はいくら何でもそんなことは無かったので驚きました。)
    このままでは日本は中国の侵略を受け、属国になります。
    それを阻止すべく、色々な人たちが行動を起こしています。
    そして韓国国内でも「反日種族主義を打破しよう」という発信が
    なされている事を知りました。
    韓国の若者が「慰安婦像の撤去を支持します。」と勇気をもって
    発信している映像も視聴しました。
    私は日本が韓国に何かをせねばならないとは思っていません。
    韓国には真に韓国を想う人たちがいて、
    日本には真に日本を想う人たちがいて、
    それぞれに頑張り始めているからです。
    ネットとはすごいです。
    願わくば、日本人でもあることが恥ずかしいと思うお子さん達には
    ネットで事実を伝える番組を選び取り、事実を知ってほしく思います。
    日本国内の話ですが、ネットで事実を知った子どもさんが、
    学校の先生と意見が食い違う時があるとの事。
    私自身、日本を貶める国内の人との闘いに疲れる時があります。
    が、世界中の日本人の方々の発信を受け止め、
    休んでは又、子ども達の為に、そして次世代の若者たちの為に、
    頑張る日々を送っています。


  3. りか says:

    在韓日本人の皆様のことをひどく心配しております。

    とにかく、ヘイト行為をされたり、不快だったことは日時とともに正確に記録してください。

    できるならば、音声や動画などの証拠もそろえてください。

    彼らは、いくら日本人に嫌がらせをしても、何もやり返してこないから、嫌がらせをやめないのです。

    きちんとした証拠をそろえ、日本側と共有して対処することが肝要だと思います。

    日本と韓国では、絶対的に日本のほうが立場が強いのです。
    にもかかわらず、在韓日本人が嫌がらせを受け、耐えるしかないなどおかしなことです。


  4. 774 says:

    ちょっと字句を変えるとこんな良い法律ができます。

    「本邦出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律

     近年、本邦の域外にある国又は地域においては、本邦出身であることを理由として、適法に居住するその出身者又はその子孫を、それらの国の地域社会から排除することを煽せん動する不当な差別的言動が行われ、その出身者又はその子孫が多大な苦痛を強いられるとともに、当該地域社会に深刻な亀裂を生じさせている。
    もとより、このような不当な差別的言動はあってはならず、こうした事態をこのまま看過することは、国際社会において我が国の占める地位に照らしても、ふさわしいものではない。
    ここに、このような不当な差別的言動は許されないことを宣言するとともに、更なる人権教育と人権啓発などを通じて、他国国民に周知を図り、その理解と協力を得つつ、不当な差別的言動の解消に向けた取組を推進すべく、この法律を制定する。
    第一章 総則
    (目的)
    第一条 この法律は、本邦出身者に対する不当な差別的言動の解消が喫緊の課題であることに鑑み、その解消に向けた取組について、基本理念を定め、及び国等の責務を明らかにするとともに、基本的施策を定め、これを推進することを目的とする。
    (定義)
    第二条 この法律において「本邦出身者に対する不当な差別的言動」とは、専ら本邦の域外にある国若しくは地域において本邦の出身である者又はその子孫であって適法に居住するもの(以下この条において「本邦出身者」という。)に対する差別的意識を助長し又は誘発する目的で公然とその生命、身体、自由、名誉若しくは財産に危害を加える旨を告知し又は本邦出身者を著しく侮蔑するなど、本邦の域外にある国又は地域のおいて本邦の出身であることを理由として、本邦出身者を地域社会から排除することを煽動する不当な差別的言動をいう。
    (基本理念)
    第三条 国民は、本邦出身者に対する不当な差別的言動の解消の必要性に対する理解を深めるとともに、本邦出身者に対する不当な差別的言動のない社会の実現に寄与するよう努めなければならない。
    (国及び地方公共団体の責務)
    第四条 国は、本邦出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組に関する施策を実施するとともに、地方公共団体が実施する本邦出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組に関する施策を推進するために必要な助言その他の措置を講ずる責務を有する。
    2 地方公共団体は、本邦出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組に関し、国との適切な役割分担を踏まえて、当該国と地域の実情に応じた施策を講ずるよう努めるものとする。
    第二章 基本的施策
    (相談体制の整備)
    第五条 国は、本邦出身者に対する不当な差別的言動に関する相談に的確に応ずるとともに、これに関する紛争の防止又は解決を図ることができるよう、必要な体制を整備するものとする。
    2 地方公共団体は、国との適切な役割分担を踏まえて、当該国と地域の実情に応じ、本邦出身者に対する不当な差別的言動に関する相談に的確に応ずるとともに、これに関する紛争の防止又は解決を図ることができるよう、必要な体制を整備するよう努めるものとする。
    (教育の充実等)
    第六条 国は、本邦出身者に対する不当な差別的言動を解消するための教育活動を実施するとともに、そのために必要な取組を行うものとする。
    2 地方公共団体は、国との適切な役割分担を踏まえて、当該国の地域の実情に応じ、本邦出身者に対する不当な差別的言動を解消するための教育活動を実施するとともに、そのために必要な取組を行うよう努めるものとする。
    (啓発活動等)
    第七条 国は、本邦出身者に対する不当な差別的言動の解消の必要性について、国民に周知し、その理解を深めることを目的とする広報その他の啓発活動を大使館や領事館が実施するとともに、そのために必要な取組を行うものとする。
    2 地方公共団体は、国との適切な役割分担を踏まえて、当該国と地域の実情に応じ、本邦出身者に対する不当な差別的言動の解消の必要性について、住民に周知し、その理解を深めることを目的とする広報その他の啓発活動を実施するとともに、友好姉妹都市提携等を通じてそのために必要な取組を行うよう努めるものとする。」


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*