第一話「朝鮮ピー と ピー屋 のお話」

12歳1945年まで朝鮮の首都京城府にお住まいだった女性から送っていただいた当時のお話です。

**************************************************

当時、朝鮮人娼婦は朝鮮にはごく普通に居たのです。

何故か「朝鮮ピー」と呼ばれていました。業者を「ピー屋」と呼び、長崎でも上海でも古老の話で「ピー」「ピー屋」の表現が今も聞かれます。「P」は英語「Prostitute」(娼婦)の頭文字説と、時代は分かりませんがもうひとつ、性器そのものを指す中国語の蔑称説があります。朝鮮語はカルボ。どちらにしても「従軍慰安婦」という言葉はどこを探してもないのです。当然です。何十年も過ぎてからの造語、捏造語でしかないからです。

京城では日本人は組合組織の公娼中心の娯楽街「遊廓」内では、16歳以下の女子を使うと「打ち壊し」の刑で実際に壊されたケースもあったと聞いています。遊廓には病院や組合事務所もあり、定期的巡視もありました。しかし男たちの華やかな楽しい遊楽街、遊興街でもあったのです。

日本人遊廓の傍には、朝鮮人の組合組織ができて居て、それ以外に、男性を誘い込む私娼窟が、あちこちに無数にあってピーさん、ピー屋(業者)は、ごく普通に居た。

中村粲先生(「大東亜戦争はなぜ起こったのか」等のご著書を残して居られる独協大学教授)は「カラスのこっち、入りなさいよお」と、呼び込みをしていた様子を書いて居られます。12歳まで京城にいた私が今改めて当時の中学大学生に聞くと、朝鮮人は「ガ」の発音ができないために「ガラス戸の外から見てないで勇気だして入って来なさい」と言ったのだとのことです。

当時の思い出話を書きとめた林茂太さんのイラスト入り憶え書きには「カクセイさんおはいりよお」と。学生の帽子をひったくって「カクセイさん、勇気だして。帽子いりますか」そんな甘い駆け引き話が書かれています。遊んで病気に罹って、親にも言えず内緒で「治療代のカネ貸して貰えないか」と泣きついてきた硝子屋さんの息子の話も聞けました。朝鮮人ピーさんは安かったので学生は親や教師の目を盗んで行ったのです。

戦争が激しくなって軍隊が大陸や南シナ海に移動していくと、ピー屋がピーさん達を纏めて「渡航証」を持って移動し、半島最北の大河の鴨緑江を渡リ大陸づたいに相当奥地に迄移動しています。この河を渡ると、先は満州、つまり異国ですからパスポート「渡航証」が要る。そこで朝鮮人と解ると満州族に苛められる。そこで日本人名に改名して「娼婦部隊」と名乗りかなり奥地に移動して行ったという話も聞きました。

「おとうさんが病気で、オモニが私を売ったよ」といった悲惨な身売りですが人数では日本人の方が遥かに多数。上海事変に参戦した者が親戚に居ますが、その手記に「日本髪の女給さん」が居たので懐かしく声を掛けたら、「朝鮮人だった」とあり(発音で解る)「どうして日本髪を?」と聞いたら「そのほうが、オカネニナルヨ」と言ったと書いています。

ユーチューブで見た銭湯の写真には日本髪の裸の女性が7人、浴槽から出て洗う感じの場面で、みな朝鮮座りの独特の立て膝です。今、立て膝座りのコリアンは居ませんが、朝鮮戦争が終わって10年、20年後も、まだまだ立て膝座りは居ました。

「性奴隷」ではない絶対に。2年間稼いで帰国する時は.「従軍看護婦で働いていた」という顔をして帰ったのだと証言しているコリアン男性は、何人も居ました。朝鮮戦争に従軍記者として米軍のIDカードで渡鮮した東京新聞外報部記者だった笠井真男さんからも、のち私が同社勤務だった関係で、渡鮮のその時の話を聞いています。韓国人から「わぉ日本人がきた」と大歓迎され民家に招待されマッコリで盛り上がった話を聞いています。こんな問題が起きる以前、草の根の私達も日韓友好で同窓会を日韓でやったり、日本に招いたり、ピアノやパソコンを贈ったり、友好に努めたものです。それだのに今になって強制連行とは悲しい限りです。

もともと李氏朝鮮時代の社会の位層は、王族、両班、中人、常人、白丁、最下層は「奴婢」ピラミッド型に裾野が広かったようです。(奴婢は名前さえなかったケースも)。

姜在彦さんのご著書「ソウル」に奴婢の記述があります。そういう土壌土質の改良が成されていないから売春防止法が出来ても反発が起き「こんな法律があったら私達は暮らして行けない、即刻廃止せよ」とガソリンをかぶって火を点けるぞと抗議する恐しいデモを娼婦達自身が起こしています。悲惨な現象です。

6年前、横浜でウランバートルでNPO活動をしている韓国人男性の講演があり、その時、日本は売春防止法が出来た時、こういう騒ぎはなかったのでしょうか、と問われたことがあります。

赤線、青線ぐらいは知っていましたが。毎年、大騒ぎになる韓国売春婦のこのようなデモ騒ぎは聴いたことがなく、誰ひとり答える人は居ませんでした。

不幸な話ですが「性奴隷」とか、20万人の強制連行は、でっち上げも甚だしい愚挙です。日韓基本条約でも以後、個人賠償は相互に一切しないことを約束したはずです。

あちらの醜い押しの一手や、醜いロビー活動には適いませんが、日本人は日本人として正統派で正々堂々、根気強くチャレンジ致しましょう。

7 thoughts on “第一話「朝鮮ピー と ピー屋 のお話」

  1. kako says:

    やはり日本人と韓国人は違います。
    韓国人は様々な手を使って日本を貶めています。
    今日たまたまブログで知ったのですが、

    wikiの慰安婦が情報操作されているようです。
    http://bobby.hkisl.net/mutteraway/?p=5169

    どうやら韓国は世界中にいる同胞を使って、wikiを書き換えているようです。
    上のアドレスを見てもらえると分かります。

    英語版では、驚愕の主観的な嘘八百が述べられています。

    1)慰安婦(Comfort women)は大日本帝国が作った。

    2)女性と少女が強制的に加入させられた。

    3)大日本帝国の兵士によってさらわれた。

    これでは世界各国から誤解をされてしまう。
    英語に詳しい方。どうかこれを何とかできないものでしょうか。


  2. from LA says:

    ロサンゼルス 羅府新報にマイクホンダ、橋下氏の発言の記事が載っています。
    できましたら コメントをお願いします。



  3. ばあば says:

    日韓関係、根底から見直す必要がありますね。

    韓国は今でも売春婦を何万人も輸出していて、外貨を稼いでいますし、米軍相手の韓国政府の慰安婦政策の時も、売春婦を国のために貢献した、と 称えたそうです。

    ある文献によれば、貧困のために身売りするのが、日本の場合、娘が家のため、なのですが、朝鮮の場合、若妻が多かった、とか。 今でも韓国人がベトナム女性を妻にすると、夫だけでなく舅までもが夜の生活を要求して、それが苦痛でベトナムの父親にSOSを出して父親が連れ帰ったという例もある、と、ベトナム人が言っていました。暴力もひどいらしいです。女性蔑視とか、金持ちが貧乏人を罵って平気、みたいなところが韓国にはあると留学生が言ってました。

    それに、2005年に売春が禁止されるまで、韓国では軍隊のための売春婦が国家公務員だったのですよ。これも留学生に教えてもらいました。

    世界に嘘をばらまく韓国ーーこれも北朝鮮工作だという人もいますが、いい加減、韓国人も北朝鮮にしてやられていることを自覚するべきです。反日教育をしているひまがあったら、倫理道徳教育を幼少のうちからしっかり教えこみ、嘘の歴史は教えないーーーこれ、シナにもいえますが。反日教育をしている限りは 敵国だという現実をいい加減、日本人および日本政府は直視したらどうか?


  4. 多田淳 says:

    ピーとはパンパンの略ですね
    何にせよ貴重な情報有難う御座います。
    何かと拡散させたり活かさせて頂きます。


  5. 神戸秀子 says:

    ピーは、語源が英語と中国語とあるそうですが。どこの国の男たちが、朝鮮人の娼婦達を、ピーと呼んだのでしょう。古い文献でみると、日本語では、娼婦のほか、淫売、売女など呼び方は色々あリますが、朝鮮語はカルボ。
    カルボという朝鮮人の娼婦を、最初にピーと呼んだのは、どこの国の、どういう人達でしょう。作家の中島淳の朝鮮人を描いた小品にも、カルボが数カ所でてきます。朝鮮半島がまだ南北分裂をしていなかった時に、東アジアにやってきていた西の方の国々のその国の男達は清廉潔白で、東アジアの女性に手を出す人なんて居なかったのでしょうか。1840年の阿片戦争とかアロー号事件とか上海租界とか。高杉晋作は犬とシナ人は入るべからず、の立て札を見て驚いて帰国したというではありませんか。正しい歴史のお勉教。日韓ともども大切なことですね。



Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>