海外女性からのメッセージ

2014年12月12日憲政記念館開催した「慰安婦問題に終止符を!~日本の未来為に 立ち上がる女性たち~」で読み上げた海外の女性からのメッセージを掲載します。
時間の関係で一部しかご紹介できなかったメッセージはここに全文掲載します。

**********************************************************************
★ グレンデール在住の女性から

<メッセージ文>
私は現在グレンデールで生活しています。
20数年前、私が大学生だったころ、韓国からの留学生だった女性から、「あなたとの友人関係は、まず、あなたのお詫びからはじめましょう。」と言われました。当時の私は、その女性が何を言っているのかまったく理解出来ませんでした。
無知がどれほど悔しいことなのか痛感しています。きちんと日本の立場での歴史を理解していれば、大学生時代、韓国系のクラスメートに自分の見解をきちんと説明できたことだと思います。
慰安婦問題での反日運動は、20年以上も前にすでに韓国で活動が始まっていたにも関わらず、日本の政府はそれをあやふやに対処し、放置し、結果、米国内に次から次へとプレートや像が建てられてしまうことになりました。
ここグレンデールに像が建った時には日本政府に対して心から失望しました。
ようやく日本の政府も重い腰を上げ始めているようですが、建ってしまったものを撤去することがどれほど難しいのかご理解頂けるでしょうか?
像が建っている場所は、子供たちが幼い頃から通っていた図書館の直ぐ横です。
日常生活でも通る場所にあります。
地元住民の像に対する関心は私が心配するほど高くはありませんが、公園に立ち止まり、あの碑文を読んだ人は疑うことなく書かれていることを信じるでしょう。
あの碑文が日本人の名誉を毎日傷つけているのです。
韓国系中国系による日本人への人種差別の象徴です。
この町の日本人の住民がどれほど不愉快な思いをしてい毎日生活をしているのかご理解いただけますか?
子供たちも中国系韓国系のクラスメートから心無い言葉を受けました。日本政府がきちんとした見解を示さないおかげで、反論することなく過ごしています。(河野談話はキープ。でも強制連行は無かった?このような矛盾は子供たちには通用しません。)
これは私個人の意見ですが、慰安婦像が建つ少し前から、韓国系の方たちからハラスメントが多くなった気がしました。
長年通っていた韓国系スーパーマーケットで、レジの女性にクレジットカードを投げつけられたり、ボランティアをしている地元の小学校では、2年生の女子生徒から「日本人なのは残念。」という発言をされたり、韓国系は日系へのハラスメントを(この像をもって勝利者として)正当化しているような感じがしました。
像が建って一年が過ぎ、あの時の熱狂はどこに行ったのだろうかと思うほど、静かになっています。先日、像を見に公園に立ち寄ってみましたが、相変わらず花に囲まれてはいますが、ポツンと寂しくたたずんでいる感じでした。が、それでも、公園を訪れる人たちに嘘の碑文で日本の名誉を傷つけ続けているのです。
日本国内での政府の発言やネットでの発言は、この町の人たちには伝わって来ません。
この町の人たちに届くくらい、強く世界に向けて歴史の真実(南京問題を含む)を発信してください。
日本政府が全力で、一日も早く、日本国民の名誉を回復してくれることを心から願っています。そして、全米、全世界の碑文プレートや慰安婦像の撤去のため、早急な処置をしてくださることと信じています。
そして、
これからは日本の名誉がこれ以上傷つけられないよう、中韓の一歩前を歩いてください。
**********************************************************************

★ バージニア州 フェアファックス郡の慰安婦記念碑に反対し、現地で行動している日本人女性グループ

<メッセージ文>
日本政府に要請したいことがあります。
新しい米国議会の議員全員、特にジャパン・コーカスの議員全員に日本の立場を明確にした文書や日本の貢献を書いた資料を定期的に配り、大使館が行事などで積極的に説明を行うようにして下さい。
首都ワシントンDCのお膝元なのに近辺の在米邦人にまだまだ自虐史観がはびこっています。
補習校で使う社会科の教科書も東京書籍のみ。
他の教科書を選択出来るようにするなど、海外にいる日本人の身近なところから意識変革を図るよう日本政府が働きかけて下さい。
沈黙の美徳は通じないのです。是非お願いいたします。

 

**********************************************************************
★ JCN (Japan Community Network) メルボルン在住 の えみこ さん

<メッセージ文>
慰安婦問題に終止符、未来に輝きを

私が慰安婦問題を知ったのは今年の6月でした。突然、シドニーに慰安婦像が立つ話をJCNシドニーのリーダーの方から知らされたことです。「慰安婦問題とは何のこと」「慰安婦って何ですか」と友人に聞きました。
外地にいる私達は慰安婦問題がこの世にあることすら知りませんでした。JCNシドニーから知らされ戦後69年経った今日、平和に過ごしている豪州にまで日本人に対し韓国人は何を考えているのかと驚き、怒りが沸き起こりました。 韓国とは戦後の処理についてすべて解決し日本から莫大な支援もしていると聞いています。外地の私たちはこれまでも韓国人とは互いに協調し文化の交流をしてきました。 韓国の方々も知っている通り豪州はMulticultural (多国籍文化)社会であり国民はフェアー(平等)が生活の基盤となっております。国民は平和に生きたい、苦しみから逃れたいと移民してきているのです。その中でなぜ中国人、韓国人が日本人に対し問題を起こすのか、想像もつきませんでした。

今年の7月頃から自分との戦いが始まりました。何も知らない、今なぜこのような問題が生じたのか、誰が正しく誰が間違っていたのか、自分自身とても惨めになりました。そして資料を日本から送信してもらい、時間のある限り勉強しております。ここメルボルンでは、月一度12、13人が集まり勉強会を開いております。
日本の女性の皆さん、事実は何か、本当の事を知る勉強会をしているのでしょうか。

日本の政府は私たち外国に住む日本人に対し事実を公開して下さい。私達は何を聞かされても驚きません、そして怒りません、ただ事実を知りたいのです。それが海外で自信を持って他国人に説明できるようにしたいのです。一人一人が真実を理解し、自分で判断し行動がとれる様に努力します。

私達は大和魂を持っており、日本人である誇りを持っております。特に若い人々は世界に出て行き活動されるでしょう。若者が日本人として如何なる環境にも立ち向かえる精神力を持ち、自分の意見を堂々と発言できるように常に自分を磨き、謙虚に生きる人間になってほしと思います。

最後に朝日新聞が慰安婦問題の大誤報でいわれなき屈辱を日本国民に与えたことは計り知れない損失を与えた事が明確になりましたので、これ以上謝罪要求に時間をかけず、すべてのマスコミは一党一派に偏せず公平公正を厳守し国民の信頼を得る努力を望みます。
我々は明日に向かって、世界に発信した誤解を一つずつ正確に説明し理解を得ることに精力を使いましょう。

 

**********************************************************************
★ 日本の名誉を護る在カナダ邦人の会  かおり さん

<メッセージ文>
カナダ人の多くは、アジアの歴史をよく知らないのにも関わらず、米国の映画や雑誌の影響で漠然と「日本人は第二次世界大戦で悪いことをした」と思っており、そこにつけこむように、チャイナが莫大な資金と投入して反日プロパガンダを展開し、功を奏しています。
国連においては河野談話だけではなく、「植民地支配と侵略によって諸国民に多大の損害と苦痛を与えたこと謝罪した」日本村山談話も生きおり、これらがカナダの反日にとっても葵のご門であることは間違いないと思います。
結局は首相が河野・村山談話を否定する新談話を発出し、政府が賢く動いてくれなければ、いくら市井の者が頑張っても、「歴史修正主義者」の烙印を押されて終わりといったところですが、蟷螂の斧であっても、死ぬまで戦い続けます。

 

**********************************************************************
★ カルフォルニアで慰安婦像設置反対運動をしているTrue Japan Network 代表 今村照美(いまむら てるみ)さん

<メッセージ文>
私たちは、南カリフォルニアで、”慰安婦像を、建てさせない!”をスローガンに、活動している在米日本人でつくるグループ、TJN(True Japan Network)です。
皆さんは、自分が住む地域の公園に、売春婦の像を建てるなど、考えられますか?
そしてその横に、あなたの父親や祖父を貶めるような嘘の碑文があったら、だまっていられますか。
私たちTJNは、皆様のご協力を受けながら、今後も、慰安婦像設置に、反対していきます。これは、私たちが住む地域を、安全で、より良く住みやすい所にする為に、子ども達を守り、正義を知ってもらう為に、私たちのご先祖の為に、そしてこれからの日本の為に、間違いを正していく事は、当たり前の事だと思うからです。
私たちの活動には、皆様方の応援がなにより必要です。
今後も頑張ります。宜しくお願いいたします。

 

**********************************************************************
★ 7月に対国連委員会調査団に参加したスイス在住の おおつぼめいこ さん

<メッセージ文>
女の子がオギャーと産まれた瞬間、父親というものはどのような感慨に耽るのだろうか。「この子は可愛いから将来女優になるかもしれないな〜〜〜」とか。ただし、この時の「女優」はAV女優を想定していない。音楽が好きなお父さんだったら、「すばらしい音楽家になってくれたらいいな〜〜〜」とか。間違っても彼らは「すばらしい売春婦になってもらいたい。」とは願わない。所謂「慰安婦問題」の難しさはここにある。健康な男性はAVを見るし、極度な緊張の中にある兵士には「やすらぎ」が必要である。そもそも男性とは「矛盾する存在」なのである。この事実は男性自らは言いにくい。そこで女性諸君!彼らの弁明をしてもらいたい!「矛盾して何が悪い!!!」

 

**********************************************************************
★ 米国 ジョージア州在住の なでしこ 仲間

<メッセージ文>
なでしこアクションの活動に参加するようになって、2年半になります。今年に入ってから、いや、この半年間の日本の世論の様変わりには心が熱くなります。
米国南部の地で、全米の地方政府に電話を入れ続け、手紙や資料のセットを送付し続け、日本人に出会えば慰安婦の不当性を説明し続け、その無力さに堅い壁に毎日頭を打っている様な空しさに寒々とした戦いでした。
日本中が反日の人々に取り入れられているばかりか、米国どこにコンタクトしても反日のパワーで一杯だったのです。そうです、韓流ドラマ花盛りの時。日本のTVを見ている米国在住の殆どの日本人女性は韓流ドラマ一色でした。私の活動はそのような空気の唯中(だたなか)でした。悲しいかな、日本人でさえ“日本はもうだめ。”と他人事のように声を揃えていました。この中で“なでしこ”だけが私の言動力になっていました。“国を愛する”というのはどういう事なのか? 一人になっても活動を続ける事と思っています。しつこく、しなやかに、諦めず、静かに、止めない。
多くの本や動画からの知識で武装しました。まだ安倍政権が樹立していない2012年11月、多くの自民党議員がなでしこアクション主催の衆議院議員会館での慰安婦集会に参加下さいました。私もメッセージを出させていただきました。この動画は私の新しい武器となり、新たな活動への道具となって使わせていただきました。そして、今年のジュネーブでの外務省での発言はまた日本政府の公式見解として、私のミサイルとなっています。そして、朝日の爆弾が8月にありました。ありがとうございます。  今まで、孤独な負け戦さをしてきましたが、今、強力な武器をいただき、沢山の援護射撃もあり、心強く思っています。
私の住むジョージアの郡には、韓国人住民が4万とも5万人とも言われています。これは公式の人口です。不法滞在住民は数知れません。よって、私は名を伏せて活動しております。危険を避けるためです。
沢山の米国“なでしこ”が私と同じ立場です。ジョージアには殆ど奇跡的にまだ慰安婦碑が建てられていません。アトランタ日本総領事館は、見張り、地固め、先手の協力に応じてくれるようです。一人でも多くの“なでしこ“が増え、更に世の空気の匂いと流れを変えていくよう祈って止みません。

 

**********************************************************************

★ 日本を愛する島根女性の会 かねつき さん 

<メッセージ文>
昨年6月、島根県議会は「慰安婦に誠実な対応を求める意見書」を賛成34名、反対1名、棄権1名という驚くべき多数で可決しました。
今また一部の議員が日韓トンネル事業を推進しようとしています。
国益を無視し、私利私欲に走り韓国におもねる政治家の姿に愕然とし失望しました。
嘘を言立て千年たっても日本に対する恨みが消えないという韓国とは国交断絶しかありません。
日本国民でありながら反日国と手を結び日本を貶めることを生業としている勢力から次の世代を担う子供たちを守ることが今の我々の責務です。

2 thoughts on “海外女性からのメッセージ

  1. Ken Yamamoto says:

    スイス在住の おおつぼめいこ さんの言葉に甘えて一つ付け加えさせてもらいます。
    男性は沢山撃つことによって種を維持させるという本能に突き動かされており、死が目前に迫るとこの本能が剥き出しになるのではないか、という推測です。
    女性も東日本大震災の直後は結婚願望が急増したし、更年期の愁訴感に襲われるのは種族維持本能から来てるのではないかと推測しています。
    こういう極限状態の心理を後で冷静に裁くのは疑問ですが、強制は無くても美しい行為ではなく、メリケンさんもやったんだから一緒に悔い改めましょう、と提唱すべきでしょう。


  2. M.Yamada says:

    お邪魔します。
    なでしこアクション様のリンクを貼ってある某サイトが残念な事に海外からの
    投稿を拒否設定しており、
    個人的なご要望〜はこちらという送信フォームを利用しましたが投稿クリックを押すとやはり拒否されショックを受けました。
    日本人女性「米国で大学生の時・・」のタイトルをupされて応援されている
    ご様子で、私もネトウヨ(失礼)スタイルでは無くまともな文章で体験を
    書きこみしたかったのですが。
    実際、多くの日本語サイトは海外IPを拒否設定し運営しています。
    完全拒否を固定しているサイト、up記事によって規制したり外したりするサイトが存在しています。
    悪意ある書き込みと取られ私が拒否されていると仮定しても、他の方々は
    酷い表現をしていてもコメントが削除されず残っていて不思議です。
    一時期よく出ていた広告から、有料で日本IPアドレスを取得しようかと悩んだ事もあります。
    それで海外の日本人がどういう経験をしたか、しているかもっと知って貰うためのログイン制伝言板が必要ではないでしょうか。
    閑古鳥が飛ぶ勢いでも構わないと思います。
    何が書かれたかが貴重ではないかと。告発伝言板仕様で構わないと思います。井戸端会議が目的ではないので。
    私としてはネット上の仮面を被らず書いてみたいのです。
    まとめサイトブログに書き込むと数日でそのスレッドへの書き込みは止まり
    読む人もいなくなります。図々しく長文書きまして申し訳ないです。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>