GAHTサンフランシスコ市議会委員会への参加者からの報告(日・英文)

★フォートリー・サンフランシスコ慰安婦記念碑反対署名はこちらをクリック

歴史の真実を求める世界連合会/GAHTから「サンフランシスコ市議会委員会への参加者からの報告!」日本文/英文 をご紹介します。

委員会当日の動画は↓こちらをご覧ください。
【動画】2015年9月17日サンフランシスコ公聴会/慰安婦像建立について

<日本語>**********************************************************************

9月17日のサンフランシスコ市議会委員会への参加者からの報告
GAHT-US代表 目良浩一

サンフランシスコ市議会は、7月21日の審議の結果、慰安婦記念碑の建設の案件は、エリック・マー市議会議員が委員長である委員会の審議に託して、そこで承認されたならば、全体の市議会にかけて、決定することになった。そこで、9月17日にその委員会が開かれることになり、筆者はその会議に出席した。以下は、その日の会議の模様である。

前から知らされていたことではあるが、この会議に韓国から元慰安婦であったとするイ・ヨンス女史が入室してきた。彼女は2007年に米国の下院で、日本非難の決議案が上程された時に、一時間以上演説をした女性である。車椅子で入室したが、その後は最前列の椅子に着席した。マー委員長は、まずこの記念碑を建設することの意義と重要性を長々と説明し、日本軍がいかに悪事を大々的に働いたか、その典型的なのが、朝鮮の婦女子の性奴隷化であるとした。そして、そのような逆境にも拘わらず、今まで強い意志をもって生き延びてきた闘士であるとして、イ・ヨンス女史を紹介した。そこで、彼女は10分近く流暢に話し、拍手を浴びた。話し終えると彼女は、頭上に手で丸を作り、カメラマンたちのフラッシュに笑顔で答えた。

それから参加者の意思の表明が各人2分間のみという条件で始まった。最初の方は、委員長の指名で、委員長になじみのある人が続けて提案を支持する発言をした。15人目位にイグナシアス・ディングが、発言した。彼は、4月に安倍総理が訪米した際に、総理が「戦時中に人身売買(human trafficking) があり女性が犠牲になったことに胸が痛む」と語ったことを引用して、日本政府は慰安婦問題で日本が悪事を働いたことを認めていると宣言した。安倍総理は、日本軍が行ったとは言っていないのであるが、彼はそう解釈したのである。

その数人後で、私の名前が呼ばれた。その直前は、やはりロスアンジェルスから来た日本の女性で、力強く韓国や日本でなくて、米国に建てられることの非合理性を指摘した。そのあとで、私は、そこで言われている慰安婦説が、史実に沿わないことを説いた。第一に、20万人説が、虚偽であること、第二に、強制連行があったとすることが真実でないこと、更に彼らが性奴隷であったことが真実でないと述べた。更に、具体例をあげますとして、「本日ここで証言されたイ・ヨンスさんは、サンフランシスコ州立大学の人類学教授、C. サラ・ソー氏の2008年の『慰安婦』と称する図書によりますと、ある日の早朝に友だちと共に家をこっそり出て、慰安婦の斡旋員のところへ行き、」と述べた時に議長のマー氏が制止した。

マー氏: イさんは、そんなことは言っていない。君は、彼女が嘘つきだというのか。
目良: 最後まで言わしてください。
マー氏: 彼女はそんなことは言っていない。
目良: 私は、彼女が言ったことを繰り返すことはしません。この本に書いてあることを述べているのです。この本を読んでください。続けます。
「そこで赤いドレスと革靴をもらって大いに喜んだ」とあります。これがこの本に書いてあることです。
さて、この件の一般的な性格について疑問を述べます。慰安婦問題は人権問題であると言われています。しかし、慰安婦像の推進者は、このような絵を掲げています。これはグレンデールの際に取った写真ですが、このような活動で人権は守れるのでしょうか。以上です。

その後、数多くの人々が意見を述べた。反対派の中には、ソー教授の図書に言及して、イ・ヨンス氏の証言に疑問を呈した人が二人いた。記録によると賛成の意見を述べたのが50人、反対の意見を述べたのが29人であったとされている。今回は、7月21日の時とは異なり、サンフランシスコに居住している日本人とその配偶者による反対意見がかなり出された。これらの人には、以前にはほとんど情報が伝達されていなく、やっと最近になって情報が与えられて、目覚めた方が多いようであった。

しかし、注目すべきは、中国系の人たちの統率力である。彼らは、韓国系の人たちと協力して、統制のとれた動きを示していた。賛成派の多くは黒の地に黄色い蝶の図案が入ったTシャツを着て、指揮者の指示に従って動いていた。その中には、日系のアメリカ人もかなり加わっていて、日中韓が共同して、慰安婦の記念碑設置に動いているとする印象を与えるように画策されていた。日本名を名乗りながら、設置賛成意見を展開するのを聞くのはかなり不愉快であった。その典型例は、キャッシー・マサオカであった。グレンデールでも賛成意見を述べた女性である。

参加者による意見の表明は4時間近く続いたが(私は時間の都合で途中退席したが)、それが終了した際に、本人の証言が目前で否定されたイ女史を不憫に思った議員の一人、カンポス氏が、彼女の証言に深刻な疑問を投げかけた人々に対して、発言を始めた。「この聴衆の中に史実を否定する人が幾人かいた。私は、彼女に対して偉大な愛と敬意をもって、次のように声明をする。恥を知れ、恥を知れ、実際に起こったことを否定することの恥を知れ、恥を知れ、女性に対する個人的な攻撃をする恥を知れ」と叫び、イ女史を抱擁し、彼女の頬に口づけをした。それで、賛成派の意気は最高に達した。提案は、修正案を退け、原案のまま承認された。

委員会での承認を受けて、提案は9月22日の定例本会議で承認されることになるであろうが、この委員会に出席した経験は、慰安婦碑の設立に対して反対している我々に幾つかの教訓を与えてくれた。第一には、人口の60%が中国系であると言われているサンフランシスコで、組織化された中国系の人々と戦うことの困難さである。第二には、真実がどうであろうと、目的に向かって突進する市議会議員を説得することの困難さであり、第三は、反対運動を成功させるためには、かなりの組織力が必要であることを痛感した。その結果、法的な解決方法が残された道になることを確信した。其れでも尚且つ、一般の人々の慰安婦に対する理解を深めることによって、判事の決定に影響を与えることができるであろう。そして、今我々が戦っている方法こそ与えられた条件の中では最善のものであると思う。

<English>**********************************************************************

Report on the San Francisco City Committee Meeting on Building a Comfort Women Memorial on September 17, 2015
Koichi Mera, Ph. D. President, GAHT-US Corporation

The Board of Supervisors of the City and the County of San Francisco had decided that the proposal to urge to build a comfort women memorial be discussed at the Committee chaired by Eric Mar, and upon approval by the Committee, the Board will formally review the proposal. The Committee was scheduled to take up the proposal on September 17, and the author attended the meeting. I shall be describing the developments in the meeting.

As was known in advance, Young Soo Lee came into the room in a wheel chair. She is the person who spoke more than an hour in the chamber of the U.S. House of Representatives when the resolution was proposed accusing Japan in 2007. She sat on the front bench without wheel chair. Chairperson Mar spoke at length explaining the implications and significance of building a comfort women memorial, and referring to atrocities which the Japanese military committed. He told that the enslavement of comfort women was a typical crime. Then, Mr. Mar introduced Young Soo Lee as a brave and determined fighter who survived in such difficult environment. Then, she spoke eloquently for 10 minutes, and received enthusiastic applause. She greeted to the audience by raising both hands upon her head, and received flushed from cameramen with cheers.

After this, visitors started to express their own views, each given two minutes. First dozen or so speakers were nominated by Mr. Mar, being familiar to Chair, and expressed support to the proposal. Ignasius Ding, Executive Vice President of the Global Alliance for Preserving the History of WWII in Asia, was about the 15th speaker. He referred to Prime Minister Abe’s remark at Harvard University in April, and stated that the government of Japan admitted the wrongdoing of the Japanese military when Abe stated that his heart felt serious pain when he thought about those women sacrificed by human trafficking during the war. Even though Mr. Abe did not mention who did the human trafficking, Mr. Ding interpreted that the one who did the human trafficking was the Japanese military.

Several persons after Mr. Ding, my name was called. Immediately before me, a Japanese lady from Los Angeles stressed firmly the irrationality of placing such a memorial in the U.S. instead of in Korea or Japan. My remarks are as follows:
Thank you very much, Mr. Mar. I would like to convey is that the comfort women stories generally propagated in this country are totally false. They’re not true. For example, 200,000 people, that’s not true. Forcible recruitment, that was not true. And the sex slaves, that is not true. So, one example I would like to give today is that there’s a book written by C. Sarah Soh, Professor of
Anthropology in this San Francisco State University. She wrote a book called “The Comfort Women.” Then she referred to the lady who spoke earlier, Young Soo Lee. The books states she said In her early testimony “In an early morning of 1944, she sneaked out of her home with a friend and went to a comfort women recruiter,”
Mr. Mar interrupted with this remark “That’s not what she said. Are you calling her a liar?”
Mera replied “ Let me finish.”
Mr. Mar remarked again “That’s not what she said.”
Mera continued with the following: “ I’m saying what is written in this book, I’m not repeating what she said. Please read this book.
Then she was given a pair of shoes and red dress. She was delighted.
So that is what this book says. It’s written in this book. So, ex-comfort women’s testimonies are not reliable.
Now, let me give you a more general talk about this issue. The principal issue is said to be human rights. Some of the human rights proponents are showing this picture. Please see it.
This was taken in Glendale. So i do not believe any of this kind of activity is promoting for women’s human rights. Thank you.

After my presentation, many more people presented their views. Among those who opposed, two more persons referred to Professor Soh’s book questioning the credibility of Ms. Lee’s testimony. According to the records, 50 persons expressed support, and 29 persons did opposition. This time was different from July 21st. Many more Japanese residents and their spouses in San Francisco attended the meeting this time. They did not get information about this issue before, and only recently they have obtained information on this issue.

Among others, we need to pay attention to the organizational power of the Chinese/Chinese Americans. They worked closely and in harmony with Korean participants. Many of the supporters wore a black T-shirt with a yellow butterfly in front, and moved around according to the direction given by leaders. Among them, there were several Japanese Americans, and they tried to create an atmosphere of coalition among Chinese, Koreans and Japanese. It was not pleasant to see
persons with Japanese family names supporting the proposal. One typical example was Cathy Masakoka, who also supported the proposal in Glendale.

When the visitors completed their statements in nearly four hours, Mr. David Campos, one of the Committee members, compassioned with Ms. Lee whose testimony was seriously questioned, stood up and spoke loudly:
“I do want to address some of the members of the audience that came here and spoke to deny what happened. I say this with a great deal of love and respect, but
Shame on you. Shame on you. Shame on you for denying what happened and shame on you for the personal attacks on this woman, Grandma Lee who had the courage to fly from another side of the world to come here and speak her truth. You know, it is amazing and by the way, I hope that the Japanese government is not behind some of these denials.”
Then, he approached her, embraced her, and kissed on her cheek. Supporters felt supreme. The proposal, although amendments were proposed, was approved without any difficulty.

Receiving the passage of the proposal by the Committee, the proposal will be officially approved by the City at their September 22nd Board meeting. The experience of observing this Committee meeting gave us some lessons. First, it is very difficult to block the proposal where some 60% of the population is Chinese or Chinese American. Second, regardless of the historical facts are unfavorable to them , City Supervisors proceed as they wish to proceed, and third, to have a successful opposition movement, a fairly strong organization is necessary. As a result, these lessons indicate that the legal approach appears to be the only possible way. In addition, by spreading historical knowledge based on facts to the general public in the U.S., judges at the court would be able to make correct decisions more often than otherwise. Thus, I believe that what we are undertaking is the best approach under the circumstances.

10 thoughts on “GAHTサンフランシスコ市議会委員会への参加者からの報告(日・英文)

  1. Tsuyoshi Hashimoto says:

    目良様、
    いち日本人として応援させて頂くと共にそのご努力に感謝しています。ありがとうございます。


  2. 石川 says:

    敗北感がにじみ出たご報告を読み残念です。ストラスフィールドで慰安婦像阻止成功に尽力された山岡鉄秀氏は阻止作戦として、カウンターナラティヴの構築、相手の土俵に上らず相手のオウンゴールを誘発することが重要であるとを唱え実践されたとのことです。又、自存自衛の決意がなければ正義はもろく崩れるものとし、日本人の覚醒が最重要であると言っています。サンフランシスコの在住日本人が立ち上がったことは、正義貫徹のための重要な一歩だと思います。


  3. Kanako K. says:

    反対派の皆様、ご苦労様でした。李氏が登場された段階で大変な逆境となってしまった中、皆様が懸命に日本人ないし日系人としてアピールなさったことに感謝申し上げます。ですが、李氏の証言内容について指摘するのは大きなマイナスにしかならなかった点だけは反省していただきたく存じます。たった2分間では、それがいかに真実であれ、一般のアメリカ人や、まして既に記念碑設立に関して賛同している議員に、李氏の証言が一転二転していることや、性奴隷説が嘘であると説得するのは、どう考えても無理だったはずです。議員らが当初から公平性を欠いていたことは確かですが、であればこそ、そのような相手に悪印象を与えずに何をどのように主張すべきか、もう少し慎重にお考えいただきたかったです。こうした場では日本側はもとより悪役に仕立て上げられやすいので、相手にそうする口実だけは与えないようにしてください。


    • amaterasu says:

      私は目良さんがイヨンスが証言をコロコロ変えている、ウソ付きだと言ったことは、大変良かったと思っています。なぜなら、当然裁判になるからです。その時に、その言葉が生きると思います。マー議員が目良さんの言葉をさえぎったなど、その時の詳細を是非メモしておいてください。最初っから、市長か韓国系、ほとんどの議員が中韓で、サンフランシスコを排日の拠点にしようという彼らの狙いがあるのです。私はスクールボードにmailしようと思ったのですが、サンフランシスコはmailが送れる窓口が決まっていて送ることができませんでした。アメリカなのに中共のように情報が管理されていると思いました。中韓のプロパガンダにサンフランシスコが利用されていること、サンフランシスコに全く関係のない憎悪を持ち込まれたことを市民は知らないのです。まるで民主党政権の時の日本のようにです。
      私は、なでしこにあるメディア一覧と一つの大学の個人メール、それとその議員たちに250から300件mailをしました。120件の返信がありました。「どこに投票したらいいのか」、「もっと歴史のことを教えてくれ」とか、「議会がこんなことをしているのを知らなかった、不愉快だ」などでした。昨日から妨害が始まったようで、mailの件数は増えていません。
      もっと、大学関係者に私の作ったmailを送れば、市に対しての抗議が始まるのではと期待しています。でも、私はシカゴにいて、シカゴ市への行動を起こさなければなりません。どなたかやってくれるといいのですが。
      とにかく、皆さんご苦労様でした。米良さんご苦労様でした。


  4. MP says:

    目良様、

    有難うございます。私も署名・寄付など出来る限りの事、中国製・韓国製は買わない、などを続けています。

    日系人だから、日本人だから、慰安婦に反対すると考えるのは危険だと思います。マイク・ホンダは日系人を名乗っていますが、反日の急先鋒ですよね。日系人・日本人でも中身はかの国の血が入っているのかもしれません。

    署名・寄付・慰安婦像反対運動と同時に、とにかく中国・韓国にお金を渡さない事も大切だと思います。


  5. moguro fukuzo says:

    さすがにサンフランシスコの決定には気が萎えました。これほどの無理無体が罷り通り、道理が引っ込むというのは還暦が近い私でも幾つも経験した覚えがありません。イ・ヨンスの勝ち誇った顔には吐き気がしました。慰安婦問題に取り組む苦痛のうち、一番大きいものは、この世で最も醜悪なものを目の前にしなければならないことです。ウソ泣き、でっちあげ、執拗ないやがらせ、ペテン、逆恨み、こういう醜悪なものが人の形に具現化されているのがイ・ヨンスら「ナヌムの家」のクソ婆どもです。

    ちょっとの間、きれいな景色とか犬猫のかわいい姿とか佳子さまのような上品な女性を見ないと、ネズミや汚物がゴロゴロの下水管に戻ってこられません。



  6. やや落ち着いてつらつら考えるに、「敗北」とまでは言えないのではないか、と思いました。「碑を建てさせない」という目的を設定すれば、それに失敗しているので「負け」ですが、サンフランシスコ市の一件も、北米における慰安婦をめぐる長い戦いの一里塚と考えれば、得るものもあったと思います。

    例の “Shame on you!”コールですが、つまりは、もうこれしか推進派の連中にとっては手がない、ということです。今回、河野談話の話は出ていないように見受けられますが、これはもう、作成過程が公けになっていて、持ち出してもしょうがない、ということです。

    マイク・ホンダが2007年に下院決議121号を通した時の主な根拠が河野談話でした。イ・ヨンスの証言は公聴会の前に書いた供述書と、公聴会でしゃべった内容(タイプアウトされて公開されている)がまるで異なっているという惨憺たるものだったので、弁護士のマイク・ホンダは、さすがに決議の根拠に使えなかったものと思われる。

    下院決議121号から8年が経つのに、推進派は20万人強制連行を裏付ける証拠は何一つ出せないで、ただ “Shame on you!” と叫ぶしかできないのです。反対に、否定派の方はビルマ・ミートキーナにおける米軍調査報告や朝日新聞の「誤報撤回」もあり、具体的な証拠に基づき、さまざまに論拠を示してものを語ることができるようになっている。

    目良氏がC. Sara Sohの本の一文を示して、イ・ヨンスの「証言」の矛盾を衝いたところ、イ・ヨンスはギャーギャーとヒステリーを起こしたようですが、これは、日本人に正面きって反論をされると朝鮮人が示す一般的反応です。つまりは、連中は再反論の材料を持ち合わせないので、感情を激発させるしかできないのです。

    菅官房長官がサンフランシスコ市の決定を「残念だ」とする声明を出したことも収穫でした。慰安婦碑を建てるということが、日米韓の微妙な外交問題とも絡んでいることを、アメリカ各地の自治体は知るだろうと思われる。一自治体が、そういう大きな事に巻き込まれていいのか、という声は当然起きる。

    ということで、あまり悲観せず、従来どおり事実を淡々と伝えていけばいいのだ、と思いました。


  7. udyoko says:

    昨日バンクーバーから帰って来て、”サンフランシスコに米大都市初の慰安婦碑 中華系が主導”の記事を読み驚いています。私はバンクーバーの公立高校や大学で日本語を教えていました。2年前からサクラメントに住んでいます。2012年から慰安婦問題が、バンクーバーの学校教育にも、影響を与えている事を知り、「なでしこアクション」の存在を知りました。バンクーバー設置は私達の反対運動で阻止となりました。この夏、知り合いにサイトを送って、サンフランシスコ設置運動を始めましたが、このたびの結果にサンフランシスコと、バンクーバー市の違いを感じています。1つにはバンクーバーには日系カナダ人が一つにまとまる地盤があります。2つ目は日系人を、日本を世界で守る、公正で正義感の強いバンクーバー日本領事館に協力があります。このような日本国に関わる大きな歴史問題。安倍総理が70年談話で自分たちの子孫に対しての”戦争には何ら関わりのない、私たちの子や孫、そしてその先の子どもたちに、謝罪を続ける宿命を背負わせてはなりません。”を発表したばかりです。アメリカに住む日系人の数、全人口の0.4%を占め、2005年の国勢調査において1、221、773人。この数を持って、日本政府に多大な協力を得る方法はないのでしょうか。前年、天皇から褒章も授けられ、バンクーバーの慰安婦問題にも関わっておられる、重鎮に、このサンフランシスコ議会の決定を相談したいと思います。これから実際の設置反対に向けて、私達はどのような運動を展開して行けばいいのか、意見をもらいたいと思っています。どうしてもサンフランシスコ設置は阻止しましょう。これをきっかけに、アメリカの、北アメリカの日系人が立ち上がることになれば、これからが、始まりになります。目良先生、スタッフの方々ご苦労様です。あきらめないで前に進みましょう。


  8. 日本市民 says:

    この問題すべてが日本人に対する「名誉毀損」の話で、サンフランシスコで許容したら、今後歪曲した歴史が真実の歴史として刻みこまれるので、裁判で設置阻止と考える人が多いようですね。
    ソーの書籍に基づき「慰安婦証言」の信憑性に疑義を呈しようとした市民に対して、一方的に発言をやめさせようとしたマー氏。
    このマー氏が「蝶」のワイシャツを着ていること。このことから市民に対して公平であるべき議員が最初から一方の側についていることがわかる。
    また、カンポス議員が「shame on you」も4回繰り返して、日系人や在米日本人を侮辱したこと。これでグレンデールのクゥインテロを思いだしました。グレンデールの場合は日本側も余裕がなかったので泣き寝入りに終わったが、このことがその後のグレンデール裁判提訴に繋がった。
    今回、マーやカンポスを追及しないと、これからも第3のクゥインテロが出てくる。
    「名誉毀損」裁判が直接慰安婦像阻止とは繋がらないかもしれないが(抑制にはなる)、今回の「shame on you」発言は「慰安婦証言の信憑性」という本質にも関係してくることであり、やってみる価値はありそうだと思います。
    幸い、グレンデールの時とは違って、GAHTに弁護士の体制や寄付の体制も整っているので、検討ぐらいはして欲しいですね。
    また泣き寝入りで「日本人には何言っても怖くないぞ」というのもどうかなという気がします・・・・


  9. MP says:

    行橋市市議会議員の小坪しんや氏が取り上げています。少々長いですが、いろいろな角度からこの問題点が見れます。小坪氏は吉田清治のことも取り上げており、在日朝鮮人の背乗りの可能性など。この問題の深部が明らかにされています。

    第3・第4のクインティロを出さないためにも、日本人は戦うべきだと思います。

    【問題だと思ったらシェア】慰安婦像設置決議案を全会一致で採択~サンフランシスコ市議会
    https://samurai20.jp/2015/09/san-francisco/

    【背乗りの疑い】慰安婦問題を巻き起こした、吉田清治氏は死亡していたとの報道。
    https://samurai20.jp/2014/09/comfortgirl-5/

    【背乗りの本当の怖さ】吉田清治氏が死亡していた場合の、真の恐怖
    https://samurai20.jp/2014/09/comfortgirl-7/


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>