【署名お願い】ユネスコ「南京大虐殺」登録取消/慰安婦像・決議反対

有志が立ち上げたの署名です。ご協力お願いします!
*********************************************************

<宛先>国連教育科学文化機関(ユネスコ)
ボコバ事務局長
ユネスコ「南京大虐殺文書」の世界遺産登録、
取り消しを求めます。
I demand world heritage registration,
the cancellation of the UNESCO
“Nanjing Massacre document”

こちらをクリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

chn.ge/1jsZ59K

*********************************************************

<宛先>サンフランシスコ市議会、グレンデール市議会等、
マイク・ホンダ氏
あなた方は自国の軍隊を貶めていいのですか。
米軍は嘘つき集団と言われていいのですか。
Do not Defame The Army of Your Country.
Is The US Army a Liar?

こちらをクリック
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

goo.gl/7Dg20i

[日本語]
どうか気づいてください。慰安婦像を立てることは米軍を貶めることであることを。そして下院決議121号もまた米軍を貶めていることを。あなた方の決定や決議は、米軍は嘘つき集団であると言っているのと同じなのです。

1944年の米軍オフィシャルレポート49号には、慰安婦とは高報酬を得ていた売春婦であると書かれています。この内容は朝鮮の元慰安婦の証言と相いれません。 あなた方は口頭の元慰安婦の申し立てを信じ、それを否定しているあなた方の国の公的レポートを否定しているのです。

更に、あなた方は2007年のIWGのオフィシャルレポートも貶めています。このレポートは8年の歳月をかけた詳細な調査の結果であり、そこには日本軍のよる性奴隷に関する文章は一つもなかったと記載されています。

あなた方が外国人の申し立てを信じ、あなた方の国の公的レポートを疑っているということはどうみても理解できません。アメリカ人であるあなた方でさえ信じないということであれば、どうして世界が米軍、否アメリカ自体を信頼することができるでしょうか。

75年前、日本とアメリカの間で、悲惨で不可解な戦争が勃発いたしました。現在、この戦争には共産主義者たちの陰謀が深く関与していたことが明らかになっています。米国も日本も共産主義者たちのプロパガンダや偽情報に踊らされていたのです。

もしあなた方がもう一度戦争を望むなら、米国と日本の分断を図る共産国のプロパガンダや偽情報を信頼し、あなた方の国の公的情報をないがしろにすることが一番の近道 です。

そして忘れないでください。慰安婦像を推進している活動家達は、反日であるとともに反米であることを。

6 thoughts on “【署名お願い】ユネスコ「南京大虐殺」登録取消/慰安婦像・決議反対

  1. ERIKO KATOU says:

    よろしくお願いします。


  2. Tetsuo Wakizono says:

    I don’t have anything enough to support your activities, however, Japan have to be against fraud people.


  3. Saori Asuka says:

    http://www.news-us.jp/article/428268002.html【拡散】中国が南京大虐殺の証拠として出した写真、完全に捏造だったことが確定!!! これは全世界に拡散だな!!!等で、中国が南京大虐殺を世界記憶遺産に登録したことの根拠の写真が、捏造と拡散されています。

    写真は複数ありますが、これらを英語で拡散することが大事と思いますが、なでしこアクションで、この作業をしていただけないでしょうか?よろしくお願い致します。


  4. kanemaru hideo says:

    絶対、真実では無い


  5. なでしこ says:

    Great Nadesiko!!


  6. まる says:

    署名の内容には賛同するのですが、カバーの写真のキャプションが史実かどうかは、いまいちです。そこで揚げ足を取られる可能性があります


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>