こんなに酷い カナダでの反日活動の実態

日本人の知らぬ間に「南京大虐殺、慰安婦制奴隷、日本軍による残虐な戦争犯罪」プロパガンダがカナダに広まっています。
その実態をカナダ在住のマリノフ利江さんがチャンネル桜の番組(2018年2月12日)で報告してくださいました。

<番組で紹介した資料>
ポケットブック(小冊子)「What is“Comfort Women”? BASIC FACTS / 慰安婦ってなに? 」
http://nadesiko-action.org/?p=12395

カナダ反日の動き
map

カナダにおける歴史戦の展開

2007年

11月

カナダの連邦議会下院で慰安婦の対日非難決議を可決
2011年

12月

オタワの日本大使館前で慰安婦水曜デモを実施
2012年

12月

中国系カナダ人市議がトロント市議会で南京大虐殺75周年の宣言を提出して可決
トロント市庁舎で南京虐殺および慰安婦の写真展が開催される
2013年

10月

トロント教育員会とトロントアルファが「アジアにおける第二次大戦の残虐行為を含む歴史教育をカリキュラムに含める」ための覚書に署名

11月

慰安婦や南京虐殺の展示が含まれるカナダ人権博物館がオープン
2014年

1月

慰安婦短編アニメ映画「Mary & Myself」がカナダ・スクリーン・アワードにノミネート(受賞なし)
2015年

2月

トロントカトリック系学校の教育員会とトロントアルファが「アジアにおける第二次大戦の残虐行為を含む歴史教育をカリキュラムに含める」ための覚書に署名

4月

ブリティッシュコロンビア州バーナビー市でカナダ初の慰安婦像設置の計画

11月

トロント韓国人会館にカナダ初の慰安婦像設置
2016年

5月

慰安婦問題のパネルディスカッションがトロント大学で開催され、キル・ウォンオク(元慰安婦)、ユン・ミヒャン(挺対協)などが出席

12月

オンタリオ州議会で南京虐殺記念日制定の法案(Bill79)が提出される
ティファニー・ション監督、カナダ国立映画制作庁の製作によりドキュメンタリー映画「The Apology 」が公開
2017年

5月

南京虐殺記念日制定の法案(Bill79)支持者がオンタリオ州議会場前で集会を開催

10月

オンタリオ州議会で南京大虐殺記念日制定の動議(Motion 66)が可決される

11月

マニトバ州議会で南京大虐殺記念日制定の法案(Bill 233)が提出される

12月

トロントアルファ(中国系団体)が南京大虐殺80周年記念犠牲者を偲ぶ会を開催(オンタリオ州トロント市)
産経新聞(12月12日)がカナダの反日の実態を報道歴史戦第19部 結託する反日「南京の嘘 カナダで拡散」

ウィニペグ人権博物館展示

4_人権博物館南京

5_人権博物館チベット

3_人権博物館慰安婦

韓国人会館慰安婦像除幕式

6_韓国人会館慰安婦像

ケント議員

ケント議員

トロントでの慰安婦問題についての講演会 挺対協代表が登壇

トロントでの慰安婦問題についての講演会 挺対協代表 登壇

元慰安婦も参加

元慰安婦も参加

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>