Category Archives: カナダ

カナダ通信NO.3「移民推進派の坂中 英徳氏がトロント大学で講演」

カナダの在住のマリノフ利江さんの「カナダ通信NO.3」をご紹介します。
日本の外に住んでいるからこそ見える日本、カナダの現地の情報などをお届けします。
是非お読みください!

*****************************************************************

2月7日、移民推進派の坂中 英徳氏がトロント大学の Munk School of Global Affairs(ムンク国際問題研究所)で演題「ACCEPTING FOREIGN WORKERS: JAPAN’S NEW POLICY」の講演を行います。これは主催は日本研究センター(Centre for the Study of Global Japan)で在トロント総領事館が共催するJAPAN NOW Lecture Series のひとつです。

坂中 英徳氏は50年間で1000万人の外国人移民の受け入れ」を主張していおり、なぜこのような人がトロントで講演をするのでしょうか。十分な議論がまったくされずに出入国管理法改正案が成立しましたが、ほとんどの日本国民はこの法案に反対です。日本の実情を知らないカナダ人が元東京入国管理局長である坂中氏の話を聞いたら「日本の移民受け入れはしかたがない」と思うでしょう。「移民は日本に必要である」という世論をカナダ国内で作り出すために、日本からこのような人を呼び講演をさせるのでしょうか。

日本センターは2017年に日本が約5億円(US$500万ドル)を出資して設立された研究機関です。この設立が発表された時、トロント在住の日本人はこのセンター設立を冷ややかな目でみていました。日本人の税金を使うのであれば、カナダ国内において正しい歴史認識が発信できるようなセンターをつくるべきだ、とうのがトロント在住の日本人の切実な願いです。また税金の無駄使いだろう、という強い反発があったのです。

坂中氏の講演だけが問題ではなく、トロント大学という非常にリベラルな大学で行われる講演会は、日本に関するトピックだけでなくすべてがグローバリゼーションを礼賛し健全な国民国家や歴史や伝統を否定するような講師だけが講演をしているのです。

日本の実情を知らないカナダ人と書きましたが、象牙の塔の中、安全なところで研究をしている学者を除いて一般のカナダ人は「日本は移民を受け入れるべきではない」ことを良く理解しています。それはカナダ自身が移民問題で苦しんでいるからです。ヨーロッパやカナダの移民政策の失敗から何も学ばず、日本は移民を受け入れるべき、と主張する政治家はまったくの勉強不足としか言いようがありません。もし、日本が外国人を受け入れるなら、徹底的な議論が必要なのにそれもない。無責任としか言いようがありません。日本の移民受け入れに反対するカナダ人が多いことを日本に人にも知ってもらいたいのです。

以上

カナダ通信NO.2「カナダ発の慰安婦映画 “The Apology” が全米で放映」

カナダの在住のマリノフ利江さんの「カナダ通信NO.2」をご紹介します。
日本の外に住んでいるからこそ見える日本、カナダの現地の情報などをお届けします。
是非お読みください!

*****************************************************************

カナダ通信 No.2

canada flag

カナダ発の慰安婦映画「The Apology」が全米で放映

神奈川県茅ケ崎市で上映予定の慰安婦映画、「沈黙-立ち上がる慰安婦」に抗議が殺到しいると産経新聞が報じた。抗議の理由は市と教育委員会が上映会の後援をしているからだという。もしそうなら、Public Broadcasting Service (PBS)が全米で放映する「The Apology」に対しても抗議の声をあげるべきだろう。抗議する相手はカナダ国立映画制作庁(National Film Board of Canada: NFB)である。

「The Apology」は2016年にカナダの中国系カナダ人、ティファニー・ション(Tiffany Hsiung)が監督として初めて制作したドキュメンタリー映画である。問題はこの映画の制作にNFBが関わっていることである。NFBはカナダ文化遺産省の管轄下にあり、ドキュメンタリーやアニメの制作や配信を行っている。

「The Apology」がカナダの国立の機関が制作したこと、そしてそれがNHKの教育番組のような公共放送サービスで放映されることは、慰安婦の強制連行を事実としてお墨付きを与えるようなもので、北米における影響は計り知れない。その上、トロントで毎年開催される北米最大のドキュメンタリー映画祭、Hot Docs Canadian International Documentary Festivalをはじめとする5つの映画際にノミネートされたり賞を取っている。複数の雑誌の映画レビューでも取り上げられ、私が読んだ「The Apology」のすべてのレビューはティファニー・ションの功績を称える内容だった。こうして今までふわっとした慰安婦のイメージしか持っていなかった人々の頭のなかに、日本軍により「性奴隷」にさせられたおばあさんの姿がしっかりと埋め込まれてしまう。

強制連行が無かったことは日本ではかなり浸透してきているが、カナダでは平成27年末の日韓合意などなかったかのように日本に対する非難はまったく衰えていない。

「The Apology」は慰安婦の真実を追求するドキュメンタリーではない。強制連行がなかったことを知っている私たちが見ると「この映画は嘘だ!」と叫びたくなるが、映像と音楽とおばあさんの証言を非常にうまく組み合わせて感情に訴えている。悔しいがこれが成功していると思う。慰安婦のことを知らない人がみたら映画のおばあさんの証言を信じてしまうだろう。

「The Apology」の上映に対して民間人が抗議の声を上げるべきだが、カナダ国立映画制作庁が慰安婦映画が関わっていることに対して外務省からもしっかりと抗議をしてもらいたい。すでに制作されてしまった「The Apology」をNFBのアーカイブから削除することはできないのかも知れないが、少なくとも今後は日本の歴史問題に関する映画はNFBの判断だけで制作しないようカナダ政府に申し入れるべきである。

TH

NFB

カナダ通信NO.1「慰安婦問題で謝罪を続ける日本人。いつまで続ける?」

カナダの在住のマリノフ利江さんの「カナダ通信」をご紹介します。
日本の外に住んでいるからこそ見える日本、カナダの現地の情報などをお届けします。
是非お読みください!

*****************************************************************

カナダ通信 No.1
canada flag

慰安婦問題で謝罪を続ける日本人。いつまで続ける?

8月23日に行われた慰安婦の真実国民運動 国連人種差別撤廃委員会 派遣団 の帰国記者会見を見て驚いた。日本政府は良くやっているが、90%の時間を誤ったことの言い訳に費やしている、というのである。なでしこアクションの山本優美子さんの言う通りである。どんなに民間の私たちが頑張って日本政府代表団が「日本は謝った」言い訳がましい説明をしたら問題の解決にはまったくならない。政府代表団はそのことがわからないのだろうか。謝罪を続けるような代表団を国連に送るのはまったくの無駄である。

数年前のこと。ワーキングホリデーで日本からきた学生、A君が盲腸になり、通訳のために市内の病院へ行った。病室にはホストファミリーのお父さんが来ていて、A君と話をしていた。しばらくするとこのお父さん、電話を取り出し奥さんと話し始め、その後に携帯電話をA君に渡して奥さんと学生の会話を聞いていた。すると、A君は電話で何度も謝り始めた。I am sorry.. I am sorry..と。お父さんは私の方を向いて「どうして何度も謝っているの?あんなに何度も謝る必要ないのに」。A君は明け方にお腹が痛くなり、ホストファミリーに病院に連れてきたもらったので迷惑をかけて申し訳ない。その思いがあったのだろう。でもしつこく何度も謝る必要はない、そう思ったので「私もそう思います」と答えた。

ホストファミリーのお父さんがいなくなってから、私はA君に言った。「ホストファミリーのお父さんが何度も謝る必要ないのに、と言ってましたよ」と。するとA君、「いや~僕日本人だから何となく謝ってしまうんですよね~」。ムッとした私はおもわず「あなたみたいな人がいるから慰安婦問題なんておこるのよ!」初対面のA君に言いすぎたかも知れない、と思ったがもう遅い。ところがさらにショッキングな展開になった。

きょとんとしていたA君に「慰安婦の問題って知っている?」と聞いたら「知らない」と首を横に振ったのである。私は「えっ!」とその後の言葉が見つからなかった。日本の学生がみんな慰安婦問題を知らない訳ではなく、A君がたまたま歴史問題に興味がなかったんだ、と自分に言い聞かせた。

日本政府は今まで何度も謝罪を繰り返してきたが、それで問題が解決していなことは明らかである。カナダに住んでいると、山本さんが指摘する「日本政府、謝罪の説明はもうやめよ」の言葉の重さをひしひしと感じる。日本政府が今後も国連で90%の時間を謝罪に費やすのなら、代表団を国連に送るのは止めるべきである。

以上

cw statue toronto
トロント韓国人会館 慰安婦像の除幕式 2015年11月18日

*****************************************************************

【なでしこアクションからお知らせ】

カナダ在住の女性となでしこアクションが協力して作った慰安婦問題のポケットブック(小冊子)をご紹介します。

スライド1

慰安婦問題を全く知らない外国人を対象に英語版を作りました。
英語版に合わせて日本語版も作成しました。

Q&A形式の分かり易い文章に画像や写真もたくさん入れました。

日本人で慰安婦問題をよくわからない方、海外にお住いの日本人や学生の方々にも利用していただけたらと思います。
是非ご活用ください!

<英語版> What is“Comfort Women”? BASIC FACTS
PDFデータ ※別ウィンドウで表示されます
http://nadesiko-action.org/wp-content/uploads/2018/03/pocketbook.pdf

<日本語版> 「慰安婦」ってなに? 基本的な事実
PDFデータ ※別ウィンドウで表示されます
http://nadesiko-action.org/wp-content/uploads/2018/03/pocketbook_JP.pdf

※ 購入方法はこちら

バンクーバーにも「南京大虐殺記念日」設定運動

カナダのバンクーバーにも「南京大虐殺記念日」設定運動が始まりました。
現地の日本人・日系人の皆様が反対の声を挙げています。
バンクーバー新報が「南京虐殺記念日」制定反対特設ページで呼びかけています。

************************************************************************

バンクーバー新報

「南京大虐殺記念日」設定運動始まる メトロバンクーバー日系社会に衝撃

http://www.v-shinpo.com/local/5087-tokusetsu-kinenbihantai

多文化主義で、様々な背景を持つ人々が共存する寛容な国カナダのここバンクーバーで、「南京大虐殺記念日」を制定しようという運動が始まり、日系社会に強い衝撃が走った。

戦時中、日系人は強制移動、財産没収などの不当な処遇を受けた。潜在差別意識を呼び起こしかねないこのような記念日の制定運動に対して、日系社会に迅速な対応が望まれる。

バンクーバーで発行されている中国語新聞、星島日報5月16日付のウェブ版によると「南京大虐殺記念日」制定の署名活動が5月17日、メトロバンクーバーを中心に正式に開始された。この運動は、カナダ連邦国会議員ジェニー・クワン氏が発起したもので、同議員は10万以上の市民による署名を10月15日までに集め、カナダの国会に提出するというものである。

※続きは記事本文をご覧ください

*********************************************************

<参考> カナダ連邦国会議員ジェニー・クワン
JennyKwan_about.jpg
Jenny Kwan https://www.jennykwanndp.ca/
Member of Parliament for Vancouver East

2572 East Hastings St
Vancouver, BC V5K 1Z3
Phone: 604.775.5800
Fax: 604.775.5811
Email: jenny.kwan@parl.gc.ca

こんなに酷い カナダでの反日活動の実態

日本人の知らぬ間に「南京大虐殺、慰安婦制奴隷、日本軍による残虐な戦争犯罪」プロパガンダがカナダに広まっています。
その実態をカナダ在住のマリノフ利江さんがチャンネル桜の番組(2018年2月12日)で報告してくださいました。

<番組で紹介した資料>
ポケットブック(小冊子)「What is“Comfort Women”? BASIC FACTS / 慰安婦ってなに? 」
http://nadesiko-action.org/?p=12395

カナダ反日の動き
map

カナダにおける歴史戦の展開

2007年

11月

カナダの連邦議会下院で慰安婦の対日非難決議を可決
2011年

12月

オタワの日本大使館前で慰安婦水曜デモを実施
2012年

12月

中国系カナダ人市議がトロント市議会で南京大虐殺75周年の宣言を提出して可決
トロント市庁舎で南京虐殺および慰安婦の写真展が開催される
2013年

10月

トロント教育員会とトロントアルファが「アジアにおける第二次大戦の残虐行為を含む歴史教育をカリキュラムに含める」ための覚書に署名

11月

慰安婦や南京虐殺の展示が含まれるカナダ人権博物館がオープン
2014年

1月

慰安婦短編アニメ映画「Mary & Myself」がカナダ・スクリーン・アワードにノミネート(受賞なし)
2015年

2月

トロントカトリック系学校の教育員会とトロントアルファが「アジアにおける第二次大戦の残虐行為を含む歴史教育をカリキュラムに含める」ための覚書に署名

4月

ブリティッシュコロンビア州バーナビー市でカナダ初の慰安婦像設置の計画

11月

トロント韓国人会館にカナダ初の慰安婦像設置
2016年

5月

慰安婦問題のパネルディスカッションがトロント大学で開催され、キル・ウォンオク(元慰安婦)、ユン・ミヒャン(挺対協)などが出席

12月

オンタリオ州議会で南京虐殺記念日制定の法案(Bill79)が提出される
ティファニー・ション監督、カナダ国立映画制作庁の製作によりドキュメンタリー映画「The Apology 」が公開
2017年

5月

南京虐殺記念日制定の法案(Bill79)支持者がオンタリオ州議会場前で集会を開催

10月

オンタリオ州議会で南京大虐殺記念日制定の動議(Motion 66)が可決される

11月

マニトバ州議会で南京大虐殺記念日制定の法案(Bill 233)が提出される

12月

トロントアルファ(中国系団体)が南京大虐殺80周年記念犠牲者を偲ぶ会を開催(オンタリオ州トロント市)
産経新聞(12月12日)がカナダの反日の実態を報道歴史戦第19部 結託する反日「南京の嘘 カナダで拡散」

ウィニペグ人権博物館展示

4_人権博物館南京

5_人権博物館チベット

3_人権博物館慰安婦

韓国人会館慰安婦像除幕式

6_韓国人会館慰安婦像

ケント議員

ケント議員

トロントでの慰安婦問題についての講演会 挺対協代表が登壇

トロントでの慰安婦問題についての講演会 挺対協代表 登壇

元慰安婦も参加

元慰安婦も参加