【署名】慰安婦に関する1944年米軍オフィシャルレポートを展示してください

署名ご協力お願いします
↓↓↓↓↓↓↓

慰安婦に関する
1944年米軍オフィシャルレポートを
展示してください

http://chn.ge/1tJGfPo

宛先: カナダ ウイニペグ人権博物館、ニューヨーク ホロコースト博物館、等
主催: 捏造慰安婦問題草の根会

SnapCrab_NoName_2015-1-7_5-31-13_No-00

慰安婦に関する1944年米軍オフィシャルレポート
Japanese Prisoner of War Interrogation Report No. 49

米国・カナダの博物館では中国・韓国団体の働きかけで、ねつ造の慰安婦展示が計画され、既に展示が行われているところもあります。
この署名はそういった博物館宛てに「A “comfort girl” is nothing more than a prostitute 慰安婦は単なる売春婦である」とする米軍報告書の展示を求める署名です。
署名の主催「捏造慰安婦問題草の根会」は、なでしこアクションにいつもご協力いただいている信用できる団体です。
ある程度署名数が集まったところで、各博物館に提出予定とのことです。
一筆でも多く署名が集まりますよう、ご協力お願いいたします。
 
 
 
 
 
 
 
【署名主催 捏造慰安婦問題草の根会 より報告】2015.3.25
カナダ人権博物館より返事がありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

同返事に対するコメント。
1、門前払い、無回答であることを予想していましたが、それなりにしっかりした内容の回答でした。
これは、日本側、あるいは(在米も含め)邦人側の現在の動きをある程度つかんでいることが背景にあるかもしれません。
いずれにしろ、この点は評価できるものであり、博物館側は話し合いに応じる可能性ありと、感じました。

2、博物館は、「1944年レポートを知っている、このレポートには慰安婦は売春婦と書かれているが更に読み進むと、ほとんどが日本人のブローカーに騙されて連れてこられた、逃げることができなかった(これは前金債務が終わるまでのことを言っているのでしょうが~半年、1年)、日本軍の直接的な管理を受けていた、と書かれている」とし、「すべての資料をくまなく展示することは不可能、精力的に調査を行った、千田夏光の引用もしっかりとした学術的資料が元になっている」と結んでいます。

これは苦し紛れの説明、言い訳と感じました。恐らく1944年レポートを知らなかったのでは。
今回、指摘されて、あわてて博物館側に都合のよさそうな部分を挙げつらねた返事をよこしたという感じがいたします。

1944年レポートは、博物館側の展示趣旨に照らして都合いい部分もあるようなので、
やはり展示すべきである旨、返事を出すつもりでいます。
 
 

【署名主催 捏造慰安婦問題草の根会 より報告】2015.2.3
2015年2月3日 — キャンペーンにご賛同ありがとうございます。本日(2月3日)、みな様の貴重な署名リストを添え、カナダ人権博物館及びNYホロコースト博物館あて、「1944年米軍レポート」を展示するよう要求書を郵送いたしました。両館の捏造慰安婦展示は撤回を求めるのが筋ですが、いろいろなアプローチで抗議することも必要と考え、このような抗議内容にいたしました。検討結果について知らせるよう、返事を求めましたので、回答あり次第皆様にご報告いたします。なお、米カリフォルニア州の教科書会社マグロウ社に対しても、「1944年米軍レポート」を教科書に記述するよう要求書を出しました。ただし、同社は今回の署名の対象に加えていませんので、みな様の署名リストは添付せず当会からの要求書のみとしています。

 

<参考サイト>
カナダ ウィニペグ人権博物館
Canadian Museum for Human Rights

ウィニペグ人権博物館における慰安婦問題展示全容(2014/12/10現在)
http://maho.lomo.jp/life/2014/12/29/comfort_women_exhibit_at_cmhr/

ニューヨーク ホロコースト博物館
The Harriet and Kenneth Kupferberg Holocaust resource center and Archives

東亜日報 FEBRUARY 26, 2014 05:39
ニューヨーク・ホロコースト博物館に慰安婦展示館設置

史実を世界に発信する会のサイトより
米国陸軍インド・ビルマ戦域所属情報部心理作戦チーム情報室日本軍捕虜尋問報告第49号
UNITED STATES OFFICE OF WAR INFORMATION Psychological Warfare Team Attached to U.S. Army Forces India-Burma Theater Japanese Prisoner of War Interrogation Report No. 49
日本文ダウンロード
英文ダウンロード

 

7 thoughts on “【署名】慰安婦に関する1944年米軍オフィシャルレポートを展示してください

  1. 日本市民 says:

    【東京練馬区で慰安婦ヘイト像を国内展示】
    ===
    http://www.labornetjp.org/news/2015/0112hyougen
    東京都美術館では、アジアの芸術家たちの作品展が開かれていました。そこには、韓国ソウルの日本大使館前におかれた、あの少女像のミニチュアもありました。「慰安婦」問題を考える上で、シンボル的な作品です。少女の横に、だれもいない椅子が置かれています。そこで見る人は考えます。この椅子にだれが座るのだろうと。彼女のもうひとつの未来、それとも傷つけた責任者・・・、想像が限りなく広がる佳作です。この像が、わずかな抗議を受けただけで開催中に撤去されたのです。撤去について、作者の金夫妻にはなんの相談もなされませんでした。

    わたしたちは考えました。こうした体験を持つ作品をできる限り集め、そこから表現について考えてみたいと。それが「表現の不自由展」です。場所は、安さんの写真展を開いた場所と同じギャラリー古藤(電話03-3948-5328)です。

    展示するのはまず少女像。金夫妻も来ます。

    ===
    会期■2015年1月18日(日)~2月1日(日) 
    12:00~20:00(日曜のみ19時) 会期中無休
    (イベント時は作品のみの鑑賞はできません)
    会場■ギャラリー古藤(ふるとう)
    入場料■500円
    大・高生、ハンデのある方300円/中学以下無料
    イベント参加費■トークのみの日:1,000円
    上映&トークの日(★印):1,500円
    (入場券お持ちの方は1回に限り入場料分割引)
    主催問合せ■hyogenfujiyuten@gmail.com
    TEL080-3731-1075
    http://www.facebook.com/hyogennofujiyu


  2. 日本市民 says:

    【カナダ人権博物館、NYホロコースト博物館あて請願書を郵送しました】

    捏造慰安婦問題草の根会

    2015年2月3日 — キャンペーンにご賛同ありがとうございます。本日(2月3日)、みな様の貴重な署名リストを添え、カナダ人権博物館及びNYホロコースト博物館あて、「1944年米軍レポート」を展示するよう要求書を郵送いたしました。両館の捏造慰安婦展示は撤回を求めるのが筋ですが、いろいろなアプローチで抗議することも必要と考え、このような抗議内容にいたしました。検討結果について知らせるよう、返事を求めましたので、回答あり次第皆様にご報告いたします。なお、米カリフォルニア州の教科書会社マグロウ社に対しても、「1944年米軍レポート」を教科書に記述するよう要求書を出しました。ただし、同社は今回の署名の対象に加えていませんので、みな様の署名リストは添付せず当会からの要求書のみとしています。


  3. 日本市民 says:

    【日弁連事務総長あて質問書の送付】

    捏造慰安婦問題草の根会

    2015年1月31日 — (ご賛同ありがとうございます。次の通り、日弁連に質問書を送付しました。)

            平成26年10月17日付け当会の要求書に対する
            貴連合会平成26年12月26日付け回答について

    上記の件について、貴会回答には重大かつ深刻な事実誤認及び公平性に関し強い疑念を抱かせる内容が含まれているところ、賛同者3212名(平成27年1月30日現在)と共に下記の通り質問をするので、回答をいただきたい。

                           記

    1、貴会平成26年12月26日付け回答中「被害者実態について自主的調査・研究を行ってきた。性奴隷を捏造したとの批判はあたらない。このことは「河野談話」の検証結果に左右されない」について

    貴会の被害者実態の自主調査・研究のうち、性奴隷結論づけの決定的な根拠となった証拠等を2・3列挙されたい。その際(自主調査・研究、結論付けの際)、1944年米軍レポートあるいは多数の旧日本軍・軍属等関係者の証言あるいは当時の朝鮮警察・日本軍が違法な慰安婦募集業者を取り締まったことに関する新聞記事等について、いかなる取扱い・位置づけをしたか説明されたい。
    仮にこれらの一次資料や証言等を故意に排除したとしたら、まさに性奴隷を「捏造」したとことになると考えられるが如何。

    2、同回答中「他国を利し、日本国民に冤罪をきせ、人権を蹂躙したといった事実はない」について

    1)平成27年1月30日現在、全国28の地方議会が直接又は間接的に「河野談話」の撤回を求める決議を行っている。そのきっかけは、性奴隷の加害者として偽証言した吉田清治氏の記事等について朝日新聞が取消したことにあるが、決議における文言の差はあれ、日本人の尊厳が貶められてきたこと告発する内容を含んでいる。これは日本人が冤罪をきせられ、人権を蹂躙されたとことを意味しているところ、そういった人権蹂躙の事実はないとする貴会回答の根拠は何か示されたい。なおこの地方議会の動きは一段と全国的広がりを見せている。
    又、個別の件としては、福岡の天児 都氏は、ご尊父が千田夏光氏により慰安婦性奴隷制度の創設者のごとく記述されたことについて、告訴の段を踏む意志を掲げたが、日弁連から弁護拒否をされ裁判ができなかった由である。これは実際に発生した天児氏とそのご尊父に対する冤罪と人権蹂躙であり、その蹂躙者に弁護を拒否した日弁連がふくまれている。これが人権蹂躙ではないという理由を説明されたい。
    又、米国や豪州では慰安婦制度問題の関連で在米邦人及びその子弟、すなわち日本国民が深刻な人権侵害を受けている。この実態を日本国民が受けている人権蹂躙ではないとする理由を説明されたい。

    2)次の記述は、ネット上の公開情報における、土屋元日弁連会長の経歴の一節である。
    「・・・在日コリアンの人権問題にも深く関わり、朝鮮総連の代理人を務め、・・・北朝鮮による日本人拉致事件では日本人拉致被害者の家族を非難したり、朝鮮総連中央本部をめぐる詐欺事件への関与などの問題も起こしている。また慰安婦問題では国連において慰安婦を「性的奴隷(Sex Slaves またはSexual Slavery)」 として扱い、国連から日本政府に補償をおこなうように働きかけた」
    土屋元日弁連会長は戸塚弁護士とともに国連に対し慰安婦性奴隷を働きかけた張本人であるが、その経歴を見ると北朝鮮との関わり合いが深いことがわかる。深いだけならともかく、日本人拉致という北朝鮮が行った国家主権侵害を擁護したり、朝鮮総連ビル詐欺事件に関与したり、北朝鮮のためなら法を犯すこともいとわない法律家と言っても過言ではない。慰安婦問題においても、一番過激な主張をしているのは北朝鮮であり(1996年国連クマラスワミ報告の北朝鮮部分等)、国連への働きかけはこれを援護するためと言っても過言ではない。
    「他国を利す事実はない」とした貴会回答について釈明されたい。

    3、同回答中「「慰安婦」問題は、重大な人権侵害であり、被害救済は弁護士法第1条「基本的人権の擁護、社会的正義の実現」にあたる」について。

    貴会が「慰安婦」問題を「性奴隷」問題と捉えているのは明らかである。
    だとすれば、上述1,2の質問に対し納得のいく説明が無い限り、「性奴隷」は捏造であり、従って「慰安婦」問題は存在せず人権侵害も存在しない。
    仮に「慰安婦」問題を「売春婦」問題として捉え、重大な人権侵害問題として対処されるということであれば、慰安婦性奴隷が捏造あるいは誤りであったことを認め、国民に謝罪することが先決である。


  4. そよかぜ says:

    週刊文春のスクープで
    米公文書が暴いたベトナムの「韓国軍慰安所」

    ベトナム戦争当時、サイゴン(現ホーチミン市)に
    韓国軍の慰安所が存在したことが、アメリカの公文書によって
    初めて明らかになった。

    そうです

    http://shukan.bunshun.jp/articles/-/4952


  5. 日本市民 says:

    博物館側の展示趣旨に照らして
    ≫≫博物館らしく仏軍慰安婦、ドイツ軍慰安婦、米軍慰安婦(洋公主)、韓国軍慰安婦などもちゃんと展示されているのでしょうか?
    日本軍慰安婦だけFOCUSするなら、差別・ヘイト展示であり、博物館側が何らかの政治的意図をもっていると言われても仕方ないでしょう。この点についてちゃんと説明してもらわないと・・・


  6. 日本市民 says:

    【捏造慰安婦問題草の根会 3月30日、カナダ人権博物館あて返事を投函】
    2015年4月2日 — 御賛同ありがとうございます。
    3月30日、カナダ人権博物館あて返事を投函いたしました。
    返事の概要は次の通りです。ご報告いたします。
    ===
    まずご指摘したいのは、
    United States Office of War Information(米国戦争情報局)は、日本軍の戦意喪失を目的としたプロパガンダ機関であったということ。
    従って、日本に不利な情報が誇張されたのは自然であり、たとえば甘言や嘘により募集に携わった業者は朝鮮人が多かったにもかかわらず、レポートでは日本人となっているし、朝鮮人慰安婦の桜主は主に朝鮮人であったにもかかわらず、日本人となっている。
    又、日本軍や朝鮮警察(警察官の80%は朝鮮人)はこのような悪質な業者をとりしまっていたことを当時の新聞記事が伝えている。
    あなたの手紙において慰安婦は逃げられなかったとお書きになっているが、募集は日本の官憲が行ったものではなく、貧しさゆえの選択であり、それを業者が助長したと言うのが実態である。慰安婦は、業者と、主に両親との間で取り交わされた金銭貸借により、商業的債務を負った公娼制に基づく合法的職業人であった。
    むしろ驚くべきことは、レポートにあるように、多額の債務が半年か1年で返済されたということである。返済後は全く自由の身であった。
    又、日本軍の関与についてお書きになっているが、軍が関与したのは、慰安婦の移送、メディカルチェックそして本人の慰安婦志望確認のための対人面接の3つである。
    つまり、軍の関与は戦時という特殊な状況下での慰安婦を保護するためのものであったということである。
    いずれにしろ、レポーとでもっとも肝心な箇所は冒頭の数行であり、慰安婦とは奴隷ではなく、商業的契約者であったという部分である。
    プロパガンダ機関である米国情報局と言え、慰安婦は高額報酬を得ていた売春婦であったという事実を否定することはできなかった。

    再度、1105名の賛同者とともに、1944年レポート49号を人権博物館に展示することを要求する。

    また、もう一つ重要な点を指摘したい。
    どうか慰安婦制度と個別の戦争犯罪とを混同せず、そして人権博物館を民族差別の館をしないようにしていただきたい。
    インドネシアでのオランダ婦女捕虜を強制売春させたという個別犯罪をとりあげ、慰安婦制度は強制売春制度であったと、誤解している人達がいる。レポート49号に書かれているように、慰安婦制度は、合法的な一種の公娼制度下における商業的売春制度であったということである。

    もし、人権博物館が、人権保護、人身売買や売春等の廃絶を目的とするものであるならば、なにゆえ70年前の日本軍慰安婦制度をとりあげるのであろうか。
    このような選択は日本人に対する民族差別である。

    真の一次資料であり、慰安婦の実態を伝えている1944年レポーと49号を展示するよう検討をお願いする。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>