【署名 / カルフォルニア州教育委員会 教科書改定案】公立学校で慰安婦問題を教えることに反対します

「ニューヨーク ビズ 」の署名広告をご覧になった方ここをクリックしてください

*****************************************************************

子どもたちを、先の見えない歴史論争に巻き込んでよいのでしょうか?

カルフォルニア州教育委員会公立高校カリキュラム改正案が、「日本軍慰安婦は性奴隷、20世紀最大の人身売買」という内容になっています。詳細はこちら

これに対し、カルフォルニア在住の方が反対署名を立ち上げました。

ご賛同いただける方、署名ご協力お願いいたします。

*****************************************************************

カルフォルニア教育委員会 へ
California Department of Education

カリフォルニアの公立学校で慰安婦問題を教えることに反対します
NOT to teach ‘Comfort Women’ in California Schools

署名はこちら
↓↓↓↓↓↓↓
http://chn.ge/1KFLbYC

【請願】 カリフォルニアの公立学校で慰安婦問題を教えることに反対します

関係者の方々へ

カリフォルニア州教育省は、最近、第10学年用の世界史の教科書に「慰安婦」についての記述を含めるというカリキュラム修正案を提示しました。私達は、この修正案に断固反対いたします。

(第10学年– World History, Culture, and Geography: The Modern World Chapter of the History-Social Science Framework for California Public Schools. 469ページ 913~919行
ダウンロード)

1. 「慰安婦」は性奴隷制度で20世紀最大の人身売買の一つである、というのは大きな誤解に基づいています。何十万人もの女性が日本軍によって強制的に拉致されたことを立証するような証拠は、幾つかの反対尋問を経ていない証言以外は未だ明らかにされておりません。 教科書である以上、生徒達が事実ではないことを事実として信じ込んでしまうような可能性は極力排除すべきであり、充分に議論し尽くされた事柄のみが内容として取り上げられるべきであることは、議論の余地がありません。

2. カリフォルニアの住民は、これまでに充分すぎるくらい「慰安婦問題」に関する議論をしてきました。私達の地域には多すぎるくらいの韓国人慰安婦の像や碑が建てられており、その設置を巡る論議の過程でコミュニティは賛成派と反対派に分断され、隣人同士の間にも論争が起きています。慰安婦問題における終わりの見えない対立に、私達は巻き込まれてしまったのです。

未だ論争の途上にある慰安婦に関する歴史教育は、本当に必要なのでしょうか?…いいえ!
このカリフォルニアで、私達の税金を使ってすべきことでしょうか?…いいえ!
カリフォルニアの生徒達を、先の見えない歴史論争に巻き込んでよいのでしょうか?…いいえ!

カリフォルニア教育省の公正さと透明性に期待いたします。 有難うございました。

I have been living in California for the last 38 years, originally having come from Japan. I have two children who are mixed race, and have friends from all over the world who live in the United States.

As a teenager, I was deeply moved by Dr. Martin Luther King’s speech for equality and overcoming our differences. The ideal and the value of the United States is what makes this country special, and should be held in high regard.

When my daughter was in High School, she told me about a friend of hers who was reluctant to tell his father that she was part Japanese, because his father hated Japanese people.

I was shocked. My daughter genuinely did not know why such prejudice existed because she was not taught hate for others at home.

Now, my friends who are mothers of Japanese American children tell me that their children are also being bullied, or called degrading names because of the political conflict in East Asia.

I am appalled to find that now the California Department of education is considering using text books that teach a highly controversial version of history to the children, and which will affect children with Japanese heritage.

Please support the fundamental American values of equality and opportunity for all. Stand with us for truth and fairness.

Please sign this petition to let people hear your “NO”.

【Petition】 NOT to teach ‘Comfort Women’ in California Schools
To whom it may concern,

We are writing to express our strong opposition to the recently proposed revision in the 10th grader’s history curriculum to include the controversial dispute known as ‘Comfort Women’ (Grade 10 – World History, Culture, and Geography: The Modern World, Page 469, lines 913~919).

1. “Comfort Women” should not be taught as an example of ‘institutionalized sexual slavery’ or ‘one of the largest cases of human trafficking in the twentieth century.’ Besides some testimonies without cross-examinations, there is no reliable historical proof which indicates ‘hundreds of thousands of women forced into’ such situations. It is obvious that textbooks should only take up incidents which are thoroughly discussed to avoid even a small possibility of making students to believe what is not true.

2. The residents of California already have had enough of arguments concerning the Comfort Women Issue. There are already too many controversial statues and monuments of Korean Comfort Women in our community. On the process of installing such statues, our community has been divided and disputes have aroused among neighbors. Because of the Comfort Women issue, we were driven into never-ending conflicts.

Do we really need this controversial history education of Comfort Women? No!
Do we really want to use our tax money for this? No!
Should students in California get involved into such endless disputes? No!

We are expecting to see the fairness and transparency of the California Department of Education.

Thank you.

*****************************************************************

★ こちらの署名も未だの方、よろしくお願いいたします。
米軍レポートにあるように「慰安婦は高給を得ていた売春婦」であり、「米軍も慰安婦を利用していた」ことを書いてください
Write “Comfort Women were well paid prostitutes, sold their service to US Army as well”
https://goo.gl/pZJXTl

2 thoughts on “【署名 / カルフォルニア州教育委員会 教科書改定案】公立学校で慰安婦問題を教えることに反対します

  1. Sana Mizuki says:

    以前カリフォルニアの公立学校で慰安婦問題を教えることに反対する署名の紹介をお願いした Sana Mizuki です。ブログに載せていただきますありがとうございます。m(_ _)m
    おかげさまで少しずつではありますが、賛同者も増えています。
    朝日新聞のガセネタに始まった話が事実として教科書に載ってしまうというくだらない顛末に加え、理不尽な日系人への虐めが無くなるよう是非とも阻止したいです。
    今後も微力ながら、なでしこアクションさんのご活躍を応援させていただきます。


  2. moto says:

    カリフォルニアは、全米の中でも最も革新的な州として知られています。

    カリフォルニアで採択された法案は、それが前例となって、その後は全米各州で採択されるようになる場合が多いそうです。

    慰安婦問題がカリフォルニアの公立学校の教科書に載り、アメリカ人の子ども達の教育カリキュラムに正式に取り入れられることの怖さは、そこにあります。米政府の意向に反対してまでこのカリキュラム修正案を強力に奨励する人達の狙いも、そこにあるのだと思います。

    カリキュラム修正案に基づいて慰安婦教育を受けたアメリカ人の子ども達は、当然記載されたことが真実だと信じこみます。その人たちが大人になった時のことを想像してみてください。対日感情は、かなり厳しいものになるのではないでしょうか。

    これはカリフォルニア住民だけの問題ではなく、日本であろうと海外であろうと「明日は我が身」の深刻な問題だと思うようになりました。

    請願に協力し、反対を表明する意見を教育省に送りませんか。コピペでも構わないと思います。慰安婦教育に賛成する人達から同じ文面の意見が数多く教育省に送られてきていると、どこかの記事で報じられていましたから。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>