「慰安婦の強制連行の証拠はあるのか?無いのか?」日本政府の回答

「ニューヨーク ビズ 」の署名広告をご覧になった方ここをクリックしてください

*****************************************************************

国連 女子差別撤廃委員会から63セッションにむけて日本政府に出された質問
「『慰安婦』の強制的連行(forcible removal)を示す証拠はなかったという最近の公式声明について日本政府のコメントを求める」
に対する日本政府の回答が発表されました。

2-(1)
日本政府は、1990年代初頭以降、慰安婦問題が日韓間における政治問題として取り上げ始められた際、事実関係に関する本格的な調査を行った。右調査とは、関係省庁における関連文書の調査、米国国立公文書館等での文献調査、更には軍関係者や慰安所経営者等各方面への聞き取り調査や挺対協の証言集の分析等である。当該調査を通じて得られた、日本政府が発見した資料の中には、軍や官憲によるいわゆる「強制連行」は確認できなかった。

※原文は英語 日本語は外務省仮訳。

以下原文、該当箇所を太字にしています。

***********************************************************

2015.7.30
CEDAW から 日本への 質問(List of issues and questions )

慰安婦問題についての質問
9. The Committee has been informed of recent public statements that there was no evidence that proved the forcible removal of “comfort women”. Please comment on this information. Please also indicate whether the State party intends to take compensatory measures on behalf of “comfort women” in countries other than those covered by the Asian Women’s Fund, including in China and Timor-Leste, and
prosecute the perpetrators. Please indicate whether the State party intends to
reintegrate into school textbooks references to the issue of “comfort women”, and
raise awareness among the population of the issue.

***********************************************************
2016.1
日本 から CEDAWの質問への回答(Reply to List of Issues)

(Answer)
1. With the recognition that the comfort women issue continues to impact the development of Japan-ROK (Republic of Korea) relations, Governments of Japan and the ROK agreed at the Japan-ROK Summit Meeting held on November 2, 2015, to continue and accelerate consultations on the issue toward its conclusion as promptly as possible. Subsequently, intensive bilateral consultations, including the Director-General consultations between the diplomatic authorities of the two countries, were carried out. On December 28, the Foreign Ministers of Japan and the ROK met and made an announcement (see Attachment) at a joint press occasion. Later on the same day, the leaders of Japan and the ROK spoke over the telephone and confirmed the content of the announcement. With this agreement, the Government of Japan (GOJ) and the Government of the Republic of Korea confirmed that the issue of comfort women is resolved finally and irreversibly.

2. Under the above-mentioned circumstances, the GOJ answers the questions posed by the committee as follows:

(1) Regarding the question on the “recent public statements that there was no evidence that proved the forcible removal of ‘comfort women’ ”:
The GOJ has conducted a full-scale fact-finding study on the comfort women issue since the early 1990s when the issue started to be taken up as a political issue between Japan and the ROK. The fact-finding study included 1) research and investigation on related documents owned by relevant ministries and agencies of the GOJ, 2) document searches at the U.S. National Archives and Records Administration, as well as 3) hearings of relevant individuals including former military parties and managers of comfort stations and analysis of testimonies collected by the Korean Council. “Forceful taking away” of comfort women by the military and government authorities could not be confirmed in any of the documents that the GOJ was able to identify in the above-mentioned study.

(2) Regarding the question “whether the State party intends to take compensatory measures on behalf of ‘comfort women’ in countries other than those covered by the Asian Women’s Fund, including in China and Timor-Leste, and prosecute the perpetrators”:
The GOJ does not have such intention of doing so.

(3) Regarding the question “whether the State party intends to reintegrate into school textbooks references to the issue of ‘comfort women’, and raise awareness among the population of the issue”:
The GOJ is not in a position to answer the question on the specific contents which are taken up in school textbooks and how these contents are described, since the GOJ does not adopt a government-designated textbook system.

***********************************************************

<参考ニュース>
産経 2016年01月31日
【「慰安婦」日韓合意】強制連行を国連で否定へ 政府、来月初報告へ

7 thoughts on “「慰安婦の強制連行の証拠はあるのか?無いのか?」日本政府の回答


  1. これが本当なら大きなことです。回答の日付が2016年1月となっているが本当ですか?期日が入っていないのは正式文書ではないのでは?
    今年の日付ならば政府が訂正活動を開始したことになります。
    ということは2015年7月から今まで回答を放っておいたということですね。

    誰が英語を訳したか分りませんが「立証できなかった」というより確認できなかったとするほうが素直です。証拠はないというアプローチは被告の言い草。まだWGIPの影響を受けていますよ。『上記の調査のため日本政府が集めたすべての資料の中に、日本軍・政府による慰安婦の「強制連行」を示す記述は確認できなかった。』とすべきでしょう。


  2. Fumi says:

    質問では「慰安婦」というだけで場所の指定はしていないから、朝鮮半島からインドネシアまでのアジア中が対象と読むのが妥当だろう。
    しかし「強制連行の資料」についての日本政府の回答では、韓国だけに限定して資料は確認できなかったと答えている。つまり、残りのアジアについては無視をしたことになる。
    限定することで否定したかったのかもしれないが、その結果逆に状況を悪くするだろう。日本政府はまた井の中の蛙である印象を与え 誤解を深め汚名を受けるだろう。韓国政府に、日本政府が先に日韓合意を台無しにしたいう言質を与えることにもなるだろう。


  3. 管野 貴文 says:

    1で日韓合意について説明し2で
    Under the above-mentioned circumstances
    「上記の状況の下で」と延べ3の中で

    The GOJ has conducted a full-scale fact-finding study on the comfort women issue since the early 1990s when the issue started to be taken up as a political issue between Japan and the ROK. The fact-finding study included
    「日韓間の政治問題として始まった1990年代初め日本政府は全面的に実情調査を実施した」
    analysis of testimonies collected by the Korean Council
    「韓国議会の集めた証言の分析」
    と述べてあるので文脈から韓国の慰安婦に関して述べていると理解するのが普通では。


  4. hioko says:

    欧米人が問題にしているのは国家として組織的に売春婦を雇って軍隊の中に
    売春施設(それも女性の意志を無視して強制的に)を運営していたのかどうかと
    いう事だと思います。 ポーランド人学者が述べているようにドイツは国家として
    組織的にユダヤ人を殲滅する事を計画し実行しました。 しかし日本は違うと
    その学者は言っています。 強制性強制性と繰り返してますが、主語をはっきりさせる
    べきです。 売春宿業者や女性の親が娘を売っていたことをはっきりさせてください。

    多くの人が言っているようにどの国の軍隊にも犯罪者はいます。多くの日本女性も
    外国軍隊兵士の被害にあっていますよね。

    とにかくこの件は情報戦争なのです。特に北朝鮮とシナがバックにいることは
    明らかです。 私が思うのは外務省のおバカ連中は全く歴史を勉強したこと
    無いのでないかという事です。 日本人の売春婦が当時どれだけいたのか、戦後の
    日本の状況はどうだったのか、外務省は知らないのでは。 今韓国人元売春婦が
    日本に来てますが、この連中の言っている事が事実かどうかしっかり事実関係を
    日本のマスゴミは調査すべきなのに何もしない。 外務省もマスゴミも日本国民の敵です。


  5. kanata says:

    日本政府が慰安婦強制連行を否定したのは画期的なことです。この事実の開示がどのような反応を巻き起こすのか、連合国の動きが気になりますが、何はともあれ日本政府から強制連行がなかったという発言を引き出した、お二人の女性の行動力に敬意を表したいと思います。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>