Category Archives: 抗議活動

“慰安婦の詐欺はもうやめろ❗️” 第二弾 一人デモ 家族女性会館(韓国水原市)前にて

アクセスカウンター

2021年9月30日韓国水原の家族女性会館(Swon Family & Women Center)前で、國史教科書研究所の金柄憲 所長が横断幕「慰安婦の詐欺はもうやめろ❗️」を掲げてと一人デモ第二弾を行いました。

この会館では9月から「アン・ジョムスン記憶の部屋」という展示を始めました。
アン・ジョムスンは、元日本軍慰安婦と称する女性の名前です。

↑ 水原市家族女性会館

この一人デモに反対するデモもありました。
水原平和ナビ常任代表のイ·ジュヒョン牧師は「日帝の日本軍慰安婦強制動員を否定し慰安婦被害おばあさんたちを陵辱する歴史歪曲勢力は退け!」とプラカードをもって向かい側に立ちました。

以下の記事は金柄憲氏の一人デモを否定的に伝える記事ですが、厳しい状況の中で一人デモを行う様子がわかります。日本語訳を紹介します。

*****************************************************

뉴스Q   2021.09.30
慰安婦法廃止国民行動、水原で「慰安婦詐欺はもうやめて!」デモ
위안부법폐지국민행동, 수원에서 “위안부 사기 이제 그만!” 시위
http://www.newsq.kr/news/articleView.html?idxno=35579

【 日本語訳 】
水原平和ナビ「日本慰安婦被害者のおばあさんたちを陵辱するのは果たして人間なのか?

慰安婦法廃止国民行動が水原で「慰安婦詐欺はもうやめて!」と言いながら1人デモをした際、水原市民から激しい抗議を受けた。

1인시위를 하면 발언하는 위안부법폐지국민행동 김병헌 대표. ⓒ뉴스Q 장명구 기자

慰安婦法廃止国民行動(キム·ビョンホン代表)は30日、水原家族女性会館前で「慰安婦被害者法第2条1項に符合する”日本軍慰安婦被害者”は一人もいない! 慰安婦 詐欺はもうやめて!」と書かれたプラカードを掲げ、1人デモを行った。

「アン·ジョムスンが日本軍慰安婦? 詐欺を働くな!」「コンドームも見ていないアン·ジョムスンが慰安婦だと?」「ヨム·テヨン水原市長、正気か?」「日本軍慰安婦3大詐欺、強制動員説!」 性奴隷説!戦争犯罪説!」などの内容が書かれプランカードも並べられた。

水原家族女性会館内には「龍潭アン·ジョムスン記憶の部屋」がある。

慰安婦法廃止国民行動のキム·ビョンホン代表は「日本軍慰安婦になるためには身分証明書の発給を受けなければならない。 発給を受けるためには、本人が戦場に働きに行くのであるから、直接警察署に出頭しなければならない。 身分証明書を発行する際には、必ず業者との契約書が必要だ。 その契約は親権者の承諾がなければならない。 身分証明書の発給を受けたからといって、現地で慰安婦の生活ができるわけでもない。 現地の領事館、警察署に行き、営業許可を受けなければならない。 許可なしに仕事はできない. この営業許可を受けるためには戸籍謄本、印鑑証明書、親権者の許諾書、写真2枚などの書類を備えなければならない。 国内を出発する前に備えなければならない」とし「このような書類と手続きがあるのに、軍人たちが女性を拉致して軍人を対象に女性商売をする。 これあり得ると思う? あり得ることだと思うか」と説明した。

キム代表は「慰安婦被害者は1人もいない。 あれば証拠を提示すればいいが、証拠が一つもない。 日本軍に連れて行かれたというが、日本が強制動員したという証拠を出せずにいる」とし、「日本軍慰安婦問題は、かわいそうなお年寄りを利用した対国民詐欺、国際的詐欺だ」と主張した。

これを見守る水原市民の目は冷ややかだった。 ある市民は「日本に行って暮らせ!」と激しく抗議した。 警察が止めてやっと退いた. 他のある市民は「狂った奴ら!」と暴言を吐いて通り過ぎた。

水原(スウォン)平和ナビでも、黙ってはいなかった。 水原平和ナビ常任代表のイ·ジュヒョン牧師は「日帝の日本軍慰安婦強制動員を否定し慰安婦被害おばあさんたちを陵辱する歴史歪曲勢力は退け!」という内容が盛り込まれた大きなピケットを持って対立した。 水原(スウォン)家族女性会館の入口を挟んで、慰安婦法廃止国民行動が1人デモを行う場所の向かい側に立った。

위안부법폐지국민행동에 맞서 1인시위를 벌이는 수원평화나비 상임대표 이주현 목사. ⓒ뉴스Q 장명구 기자

イ·ジュヒョン牧師は「日本軍慰安婦被害おばあさんたちが強制動員されたという、戦争犯罪という事実はすでに国際的に、歴史的に公認された真実だ」とし「しかしこれを白昼の真昼に韓国人たちが否定するということに対して到底受け入れることができない」と憤慨した。

イ牧師は「日本による植民地時代の事件であるため、自発的に行ったという主張も根拠がない。 14歳の少女を金で売り渡す親がどこにいるか。 戦場に自ら行く女たちがどこにいるのか。 その歴史的無知さに残念でならない」とし「彼らの活動が日本の右翼勢力の支援があるからこそ可能ではないかという合理的に推論をする。 そうでなければ到底理解できない」と一喝した。

李牧師は「1993年、河野洋平元官房長官も強制性を認めた。 米国下院、EU、国連人権委などの決議案を通じて日本の戦争犯罪ということが明らかになった」とし「それをあえて否定し、日本慰安婦被害おばあさんたちを陵辱する彼らが果たして人間なのか。 天罰を受けて当然だ」と糾弾した。

以上

ナヌムの家の前で一人デモ “慰安婦の詐欺はもうやめろ❗️”

アクセスカウンター

元日本軍慰安婦と主張する韓国人女性らが暮らす支援施設 ナヌムの家(나눔의
の前で、2021年9月24日に國史教科書研究所の金柄憲 所長が横断幕「慰安婦の詐欺はもうやめろ❗️」を掲げてと一人デモを行いました。

その一人デモの様子と、ナヌムの家の写真をご紹介します。


<動画より 金柄憲 所長の言葉>
ご挨拶します。
国史教科書研究の金柄憲です。

今日は特別に京畿道広州のナヌムの家にやってきました。

京畿道広州のナヌムの家も慰安婦詐欺の本拠地です。

慰安婦詐欺というのは慰安婦のおばあさんたちを批判するのではありません。
慰安婦の老人たちを利用して国民を騙し、世界を騙した正義記憶連帯、挺対協、女性家族部、これらの詐欺集団を告発するために来たのです。

そして、このナヌムの家でも国民を騙し世界を騙しました。

このナヌムの家での一番主要な詐欺行為が何なのか!

この数々の絵です。
この絵は現在、ナヌムの家に所属されています。

この絵、、、慰安婦たちが日本軍に連れていかれた、日本軍に暴行を受けた、、、
日本軍に人権蹂躙されたというこれらの絵がすべて嘘です!!

詐欺です!
詐欺!!

私たちはそれを知らなければなりません。

****************************************

水曜デモ1500回に抗議する一人デモ 7.14 /21 ソウル慰安婦像前にて

2021年7月現在、韓国では新型コロナの感染予防のため1人デモの形態だけ許されています。
ここにご紹介するのは、7月14日に行われた正義連(元・挺対協)水曜デモ1500回に抗議する 國史教科書研究所の金柄憲 所長の無言一人デモの様子です。この日のソウルはかなりの猛暑だったそうです。

翌週7月21日の一人デモは、妨害に会いながらも真実を主張して下さいました。

******************************************************


<動画説明文>
1992年 1月8日から始まった挺対協(現在正義連)の水曜集会が約30年行われ、社会現象となり韓国では学校教育の一部になりましたが、これまでの動画でご存知のようにおばあさんたちの初期の証言に日本軍の強制連行は一切出てきません。もう嘘はやめよう、止めなければならないと警鐘をなり続ける金柄憲所長の一人デモの様子です。


おやじについて台湾に行った李容洙氏  何故に 強制連行?


慰安婦1500円、日本軍大将550円、幸せな 性奴隷?

40円で売られて行った金学順氏  何故 強制連行?


20円で売られて行った吉元玉氏 妓生学校の友達とお金をもうけに 中国に行った!どうして 強制連行?


40円で売られて行った金学順氏
中国に出発の日、母親は黄色いセーターを着せて見送った


お金をちゃんと貰ってサービスをして日本軍慰安婦 どうして性奴隷?


ユンミヒャン氏 日本軍が銃殺した(という)慰安婦 公開せよ!

容洙おばあさん、あの○に行く前に 赤いワンピースと革の靴の真実を告白せよ!


慰安婦詐欺30年、嘘1500回、その代価は払わなければならない!

韓国市民団体団結!正義連・水曜デモへのカウンター抗議活動「ウィーン条約違反の少女像を撤去せよ!」2021.4.28韓国日本大使館前


「少女像撤去」ヘルメット

2021. 4. 28. 慰安婦法廢止國民行動 声明文
ウィーン条約違反の少女像を撤去せよ

この2020年5月、偽の慰安婦のイヨンス氏が二回にわたって記者会見を開き、挺対協と尹美香(ユン・ミヒャンを狙撃する際、当面、沈黙していた大統領の文在寅(ムン・ジェイン)が一ヶ月ぐらい経った昨年6月8日、ついに口を開いた。

“慰安婦運動は民間の自発的参加と連帯で成長してきた運動です。 被害者のおばあさんたちは、自ら女性人権運動家になり、世界各地の戦時性的暴力の被害者たちと手を取りました。 市民社会の多くの活動家が連帯し、市民も協力してくれました。 幼い学生までも水曜集会に参加し、慰安婦問題を隠された過去に作らないために努力しました。”

私は大統領のこの言葉聞きながら、慰安婦問題が解決されるどころかますます複雑にこじれてしまうしかないことを直感した。 韓日関係を破綻寸前に追い込んでいる慰安婦問題に対する大統領の認識が慰安婦の実態を歪曲しただけでなく、法治を否定して国際約束すら無視したためだ。

大統領は元慰安婦を’被害者の女性’としたが、慰安婦に対する1次的加害者は、子供を何銭お金に売り渡した親とその家族たちだ。 彼らは貴重な娘を紹介業者や業者に譲渡し、一定期間、奉仕する労働の代価を「前借金」という名目で受け取り、契約書に印鑑を押し、印鑑証明書まで渡した。

彼らが受け取った前借金は、売られた女性たちが契約期間中に返さなければならない借金であり、すべて返すまで縛り付ける足かせだった。 お金がなかったら、その女性たちが売春街に陥って慰安婦として行っただろうか? 親が直接契約書に捺印し、印鑑証明書を渡して子どもを押したが、そこで日本軍がなぜ出てきて神風空軍部隊がなぜ出てくるのか。 その話を聞く日本軍の子孫はどれほど無念であり、自国のために命を落とした神風勇士の子孫はまたどれほど深い侮辱感を感じるだろうか。 立場を変えて考えてみろ!

また、大統領は彼らを「自ら女性人権活動家になり、世界各地の戦時性暴力被害者たちと手を組んだ」と述べた。 しかし、戦争犯罪とは、国際紛争や武力衝突地域において敵対国の女性を拉致、強姦、殺害するなどの行為を指す。 朝鮮と日本は相互武力衝突国家でないうえ、朝鮮の女性は日本国民だった。 さらに、慰安所は占領地の女性に対する強姦のような戦争犯罪防止に向けて運用された合法的な売春空間で、慰安婦はここで規定の料金をもらって性的サービスを提供した女性たちだ。 彼らが戦時性的暴力の被害者と何の関係があるというのか。

実状がこうしたことにも2021年1月8日、故ベチュンヒ氏など12人が日本政府を相手に提起した慰安婦被害者損害賠償請求訴訟の判決文で”日本帝国は第2次世界大戦中に侵略戦争遂行のために’慰安婦’制度を設け、運営し、’慰安婦’が必要になると、当時植民地に占領中だった韓半島に居住していた原稿などを誘拐したり、誘拐して韓半島の外に強制移動させた後、慰安所に監禁したまま常時的暴力、拷問、性的暴行に露出させた。”とした。 いわゆる’日本軍慰安婦被害者’が隣国を相手に起こした訴訟で、大韓民国の裁判所がこのように虚偽と捏造を指摘して、原告勝訴の判決を下した。 恥ずかしいことだ。

大統領はまた、「市民社会の多くの活動家が連帯し、市民も力を合わせました。 幼い学生までも水曜集会に参加し、慰安婦問題を隠された過去に作らないために努力した”としたが、水曜集会は明白な集会法違反だ。 韓国内駐在の外交公館100メートル以内の場所では、外交機関の機能や安寧を侵害する恐れがあるという理由で集会を禁止しているためだ。 例外として休日に開催する場合は可能となっているが、水曜集会は文字通り平日に行われた集会だ。 ある人は業務のない昼休みに文化祭の形式で行っていると言っても、言葉遊びやごまかしに過ぎない。 昼休みの1時間以内に始めて終わらせたのは、たった1度だけでもあったのか。

何より水曜集会の中心となった慰安婦少女像が外交関係に関するウィーン条約を違反した約束違反と憎悪のシンボルという点だ。 2011年12月14日、日本の激しい反対にもかかわらず設置の先頭に立った人物がパク·ウォンスン(朴元淳)元ソウル市長であり、これを公共造形物に登録して撤去できないよう釘を刺した人物がキム·ヨンジョン(金永宗)鍾路区庁長である。 大統領からソウル市長、区庁長まで実定法に違反し、国際約束を破ることをたやすくしていながら、あまりにも堂々とした態度に憤慨せざるを得ない。 個人間の約束さえ守らなければ、人扱いされない状況で、国と国との約束を破っても、国の待遇を受けることを望むということか。

慰安婦問題において大韓民国という国は国際社会に二つの罪を犯してしまった。 一つは、慰安婦の実体を歪曲・捏造して国際社会を欺いたもので、もう一つは国際社会の約束である外交関係に関するウィーン条約を違反したものだ。 このすべてが、韓国自らが国際社会の一員であることを拒否した恥ずかしい行動と言わざるを得ない。

そこで、我々は次のように要求する。

1.外交関係に関するウィーン条約を違反した慰安婦少女像を撤去せよ!

2.、国民を欺いて国際社会を欺いた慰安婦の詐欺劇の実体を明らかにし、関係者を処罰せよ!

2021. 4. 28.

慰安婦法廢止國民行動

李宇衍(イ・ウヨン)先生の演説

「お母さん部隊」の演説

慰安婦法廢止國民行動 代表 金柄憲 氏の演説

韓国市民団体 「慰安婦真実歪曲で韓日関係破綻させた保坂祐二教授は両国に謝罪せよ!」ソウル世宗大前 抗議活動

2020年11月2日、ソウルの世宗大学の前で韓国の市民団体「国史教科書研究所」と「慰安婦法廃止国民行動」が、慰安婦真実歪曲で韓日関係破綻させたとして保坂祐二教授に対して抗議活動を行いました。

保坂教授は、今年(2020年)1月に「新親日派 反日種族主義の虚構を暴く(韓国語)」を出版、他にこれまで「文書・証言による日本軍慰安婦強制連行」(論創社 2019年8月)、韓国側の主張に沿った独島・竹島の本をいくつも書いています。

横断幕「慰安婦真実歪曲で韓日関係破綻させた保坂祐二教授 仲違いを中断し、韓国から出ていけ」

*****************************************************************


抗議する市民団体女性の言葉から
『今我が国の社会が持っている問題点はなんでしょうか。
日本のことを歪曲し、日本の悪い国だと言い、
慰安婦が強制動員されたと話をしないと生きていけない
それが我が国の社会となってしまいました。
これは、どんなにか、間違ったおかしい考え方なのかわかりますか!!
歴史は事実が重要なんです。』


抗議する市民団体男性の言葉から
『何よりも皆さんが知らなければならないことは正義連の挺対協の実質的問題です。
皆さん、反日をすれば収益が生じ、反米をしてもお金が儲かり、反北や、反中をしても収益が無いので反日をし、70年間も同じことを繰り返しています。
私達は大韓民国をはっきりと直視しなければなりません。ベトナム戦争の時数多くのライダイハンを作りました。数多くの孤児を作り、数多くの被害を与えたのに、私たち自身を直視せず、反省しません。
70年間、日本に同じことを繰り返してきて彼らは私欲を追求していることを皆さんは明白にしらなければなりません。
大韓民国の国民は、はっきりと知らなければなりません。韓日関係を破綻させれば、損害を受けるのは日本ではありません。アメリカでもなく、結局、大韓民国が損害を受けるのです。』

< 声明書 > 日本語訳 原文韓国語

保坂祐二、韓日間の仲違いを中断して両国国民に謝罪せよ!

2020年初め、保坂祐二世宗大学教授が『新親日派』という名前の本を出した。 イ·ヨンフン教授を主軸に発刊された『反日種族主義』をめぐり「奇異なタイトル」という皮肉めいた表現で始まったこの本は前書きで「奴隷根性」という侮辱的表現で著者たちを非難した。 「彼らの政治色を問題視するのではなく、彼らの論理と主張を問題視した」としているが、そもそも政治色と無関係な著者たちに政治色を言及したこと自体が言語道断である上、論理と主張を問題視したという話とは異なり、実際の内容は著者たち、特にイ·ヨンフン教授に対する人身攻撃に焦点が当てられている。

「反日種族主義」は各自の分野で研究を進めてきた6人の学者が韓国近現代史の代表的歪曲事例をテーマ別に整理して発行した本で、誤りと歪曲が刻まれた韓国の歴史叙述に大きな波紋を投げかけた記念碑的著述である。 本の内容に誤りがあれば論理的に批判すれば済むことを、保坂は極めて主観的な判断と恣意的な解釈で「反日種族主義」の著者たちに対して酷い人身攻撃を厭わなかった。 保坂は、著者たちが史料をまともに理解しないまま、歴史的真実を歪曲したと批判したが、当の本人は史料に対する基本的理解さえ不足しているうえ、ひたすら不純な意図で史料を歪曲し、著者たちを中傷することに血眼になっている。

保坂氏は基本的に用語の使い方から見ても無知があらわになる。 「徴用」という言葉には既に強制性が含まれているにもかかわらず、「強制徴用」と表現し続けた。 徴用の意味を知らなかったのだ。 「歴史的に大きな価値がある、出来事や物が初めて現れた所」という意味で、「上海は、日本軍慰安婦制度の発祥地」と文章に記した。 単語一つに慰安婦制度の価値を引き上げた。 憲兵が「軍の司法警察業務を遂行する兵科」ということを知っていたら、軍と何の関係もない民間人の文玉珠(ムン·オクチュ)が憲兵に連れて行かれたという話を自信をもって言うことはできなかったであろう。

公娼と私娼問題に行けば保坂の無知は大学教授という職業を疑うほどだ。 公娼とは、官庁の許可を受けた売春行為、私娼とは、許可なく密かに行う密売淫のことをいう。 公娼が合法である一方、私娼は不法であり、公娼は管理が可能である一方、私娼は管理が不可能だ。 私娼により性病が蔓延すると、これを効率的に管理するために公娼制を導入し、慰安所を運用したのである。 保坂は、日本軍と雇用契約を結べば公娼であり、抱え主と雇用契約を結べば私娼だと言った。 保坂の主張どおりなら、日本軍慰安婦はすべて私娼である。 日本軍と直接雇用契約を締結した慰安婦はないからだ。

それなら、私娼がどのようにして免許を取り、営業許可を受け、私娼がどのようにして定期的に健康診断を受け、毎週、性病検査を受けることができるのか、保坂は説明しなければならない。 また、密売人がどのように料金表を公開的にかけておいて、顧客の暴行、不当な待遇を受けた場合、軍の保護を受けることができるのかを保坂氏は説明しなければならない。 公娼と私娼の概念さえまともにない人が公娼制で運営された日本軍慰安婦問題を扱うため、あちこちにごり押しの主張とこじつけとが横行し、言葉がしどろもどろである。

保坂の慰安婦の歪曲は慰安婦問題の責任において頂点に達している。 保坂氏は、朝鮮人女性を強制に引っ張って行ったのも、朝鮮の女性を人身売買したことも、朝鮮の女性を集団で暴行した、性奴隷にしたのも、朝鮮の女性を戦争犯罪被害者にしたことも、すべて日本政府、日本軍、朝鮮総督府とした。 そして、日本軍慰安婦制度の背後、根本には悪の根源である日本があると豪語(豪言)する。 だが、保坂の本をいくら読んでみても上記のような日帝蛮行の証拠はない。 むしろ大部分の犯罪行為が抱え主によって行われたことを保坂自身がそれとなく明かしていた。 自分が何を書いたかさえ分かっていないのではないか疑わしい。

保坂が『新親日派』で扱った慰安婦問題は自分の主張というより1996年クマラスワミUN人権委報告書と挺対協、そして女性家族部の主張をそのまま踏襲し、それに証拠資料という文書を添加し、もっともらしく脚色した。 しかし、このような保坂の行為は慰安婦問題の解決に役立つどころか、むしろ迷宮に陥れる役割をなした。 ただでさえ悪化の一途を辿っている韓日関係を破局へと導くための役割を忠実に果たしたのだ。

保坂が心から韓日関係の回復を望むなら、これまでの仲違いを中断し、両国国民に心から謝罪しなければならない。 その道こそ、保坂氏の故国である日本と現在の国籍である韓国に罪過を洗い流す方法であることを肝に銘じなければならない。

2020年11月 2日

国史教科書研究所 / 慰安婦法廃止国民行動

**********************************************************