カナダ・イスラエル友好協会からユネスコへの意見書と協会コメント

Logo for CIFA

産経新聞2016.11.24付【歴史戦】慰安婦資料は「ホロコーストをねじ曲げ」 記憶遺産申請で カナダ・ユダヤ人友好協会がユネスコに意見書で報道された意見書の全文と協会からのコメントをご紹介します。

ユネスコが本来の理念から離れ、反イスラエルと反日本に政治利用されていること、日中韓他が「慰安婦制度はホロコースト」と主張して「世界の記憶(記憶遺産)」に共同申請している「日本軍慰安婦の声」に対する優れた反論も書かれています。

「世界の記憶」の審査委員会は2017年1月から行われます。
なでしこアクションの意見書も各委員に送付しています。
委員会はどのような判断をするでしょうか。

*********************************************************

カナダ・イスラエル友好協会からユネスコ世界の記憶(記憶遺産)事務局に送付した意見書

◆ 原文(英語)
http://nadesiko-action.org/?page_id=10750

PDF版  http://bit.ly/2huleGY

◆ 日本語訳
http://nadesiko-action.org/?page_id=10855

PDF版  http://bit.ly/2gMaMcV

 

*********************************************************

カナダ・イスラエル友好協会からのコメント 2016年12月10日付

<日本語>

カナダ・イスラエル友好協会が送付したユネスコの意見書の記事が新聞に掲載されて以来当協会に問い合わせやコメントのメールが届いています。意見書に関し、再度当協会の立場を明確にする必要があると考えています。

カナダ・イスラエル友好協会がユネスコへ送った意見書の目的は、ユネスコの腐敗したやり方を非難することでした。イスラム教加盟国に支配されたユネスコの投票で、神殿の丘がイスラム教の聖地であると宣言され、エルサレムの数千年におよぶユダヤの歴史を消し去ろうとしています。

意見書は、中国やその他の国々が共同申請した慰安婦問題に登録における「ホロコースト」の不適切な使用についても言及しています。 意見書ではこの問題を分析することはしていません。当協会の 論点は、ホロコーストが膨大な文書、映画、写真、証言によって裏付けされ歴史家の間でも合意ができている一方で、慰安婦問題にはさらに多くの議論が必要である、ということです。

慰安婦の問題の解決は、ユネスコが投票で決定するのではなく、両者の歴史家や学者が透明性を確保し、登録申請文書を精査することが不可欠です。 新聞記事に意見書が掲載され時この点が理解されず、一部のメディアは当協会が歴史的な問題に関して確固たる意見を持っていると解釈しました。

カナダ・イスラエル友好協会の意見は、慰安婦の問題はその規模や影響がまだ議論されているところであり、第二次世界大戦中に600万人のユダヤ人の男性、女性、子供が虐殺されたホロコーストと比較することは不適切かつ不快であるということです。

ミロスラフ・マリノフ
ディレクター
カナダ・イスラエル友好協会

<原文>
The Canada-Israel Friendship Association has received several inquires and comments from the readers of the article in newspaper since it was published. Please allow me to make our position clear.

This letter was sent to UNESCO by the Canada-Israel Friendship Association. Its purpose was to condemn the corrupt methods of the organization, which, thanks to the dominant Muslim vote, tried to wipe out thousands of years of Jewish history in Jerusalem by declaring Temple Mount a Muslim site.

The letter also covered the improper use of the term Holocaust in an application concerning the “comfort women” issue, presented by the People’s Republic of China and other countries. Analyzing that issue was out of the scope of the letter. Our main point was that the Holocaust has been confirmed by hundreds of thousands of documents, films, photos, and testimonies, leading to a consensus among historians, while the “comfort women” problem needs much more work.

It can be resolved not by voting at UNESCO, but by transparent and thorough analysis of documents by historians and other scholars from each of the involved sides. This point in the letter was distorted in the Korean press, which claimed that we had a firm opinion about that historical argument.

The only opinion we have is that the “comfort women” problem and its size and impact are still under consideration. It is improper and offensive to compare it to the Holocaust, which led to the extermination of 6 million Jewish men, women and children during World War II.

Miroslav Marinov
Director
Canada-Israel Friendship Association

*********************************************************

【歴史戦】ユダヤ人の怒り、ユネスコとアジアン・ホロコーストへの異議申し立て[桜H29/1/12]

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>