【産経新聞6.5】島根県議会「慰安婦」可決の説明を ネット署名3600人、提出へ

産経ニュース 2014.6.11 02:03
ネット署名、島根県会に提出 女性の会「慰安婦」説明求め
http://sankei.jp.msn.com/region/news/140611/smn14061102030002-n1.htm

産経ニュース 2014.6.5 02:07
島根県議会「慰安婦」可決の説明を ネット署名3600人、提出へ
http://sankei.jp.msn.com/region/news/140605/smn14060502070004-n1.htm

6.5新聞記事ネット署名

One thought on “【産経新聞6.5】島根県議会「慰安婦」可決の説明を ネット署名3600人、提出へ

  1. 石川 says:

    今朝(6月25日)の産経の記事を読み、産経の記者ですら「強制連行」に洗脳されているのかと思うとがっかりしました。

    ・・・・
    朴に、「女性を日本の軍や官憲が強制的に連れ去ったことはおそらくない」とぶつけると、こう答えた。
    「当時、関わった人に聞いたが、朝鮮人の業者が『お金になるから行こう』と勧誘し、それを私服の憲兵とか警察が見守っていた」
     憲兵はともかく、当時の巡査はほとんど朝鮮人だったはずだ。慰安婦となった女性の境遇には同情するが、日本に譲歩を求めるのならば韓国政府も朝鮮人の関与をきちんと表明すべきだろう。・・・・・

    憲兵や警察が見守っていたとしたら、業者がだましたりしないかどうか監視しいるのであって、連行に協力していたわけではないのだと思います
    日本軍の「関与」は1、性病検査 2、慰安婦の安全輸送 3、自分の意志かどうかの対面調査の3つで、いずれも善意の関与です。
    朝鮮警察も日本統治時代は相当しっかりしていたようです。
    産経記者はなぜこのように反論しなかったのでしょうか。


Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*