Monthly Archives: March 2017

米国最高裁判所への上告請願却下 GAHT代表声明文(2017.3.27)

https://gahtjp.org/?p=1618 より

歴史の真実を求める世界連合会
Global Alliance for Historical Truth/GAHT
声明文

GAHT 支援者の皆様、GAHT の皆さん、

残念ながら、米国最高裁判所は、我々のケースを却下しました。理由はわかりません。

しかし、グレンデール慰安婦像の裁判による撤去は成功しませんでした。今後は、別の方法で慰安婦像の撤去ができるように努力して行きます。皆さんの献身的な努力に深く感謝いたします。この裁判に関しては他にまだするべき残務処理が残っていますので、皆さんの更なる努力をお願いします。

此の裁判に関して、遅まきではありますが、意見書を提出することになった、日本政府に対して、心からの謝意を表明いたします。今後ともに、政府が積極的にその見解を表明し続けることを我々一同は祈念いたします。

此の裁判では成功しませんでしたが、我々の日本と日本人の名誉を守るために、努力を続ける意思は変わりません。米国において、ヨーロッパにおいて、そして、国連やその他の地域において成すべきことは、山積しています。

問題は、慰安婦だけではありません。様々な方法で、日本と日本人の名誉を傷つけ、日米関係を離反させ、日本国を孤立させ、又は、消滅させようとする動きに対して断固として、抵抗してゆく積りです。

皆様、厚いご協力、有難うございました。今後は、別の形で当会の目的を達成するように尽力いたしますので、皆様、引き続き厚いご支援の程、お願いいたします。

2017年3月27日    GAHT  代表   目良 浩一

在米50年のご婦人が発行するニュースレター「ポトマック通信」から「慰安婦問題」No.5

「ポトマック通信」は米国メリーランド在住の ワイルス蓉子 さんが隔月発行しているニュースレターです。2017年3月号から「歴史の真実を曲げて伝える 国家ぐるみの悪辣な中傷 世界各地に慰安婦像を建てようとする国の品位を問う」をご紹介します。

※これまでの記事:2015年7月号2016年9月号2016年11月号
2017年1月号2017年5月号2017年7月号

***********************************************************************

ワイルス蓉子さん略歴: 昭和5年1月14日生。 山水高女(現桐朋学園)卒。 青山学院大学英米文学科中退。 アメリカの商社に英文速記秘書として勤めた後、1966年渡米。 1971年5月、エドワード・ワイルスと結婚。米国メリーランド州在住。

 

 

ポトマック通信 2017年3月号
歴史の真実を曲げて伝える
国家ぐるみの悪辣な中傷
世界各地に慰安婦像を建てようとする国の
品位を問う

※画像をクリックすると別ウィンドウで拡大表示されます。
PDF版はこちら

スライド1

スライド2

スライド3

スライド4

スライド5

スライド6

スライド7

サンフランシスコ情報と有志からのお願い

サンフランシスコから最新情報とお願いが有志の方から届きましたのでご紹介します。
是非ご協力ください。

****************************************************
2017年3月15日
サンフランシスコ慰安婦像設置反対の有志より
皆様へ

サンフランシスコの慰安婦碑の最終決定が近く市議会で行われようとしています。

最近の慰安婦碑、教育におけるサンフランシスコの主な決議等は以下の通りです。

2015年
9月 サンフランシスコ市議会で全会一致にて慰安婦碑設置決議が採択される。

10月 サンフランシスコ教育委員会にてミドルスクールからハイスクールの生徒に慰安婦の歴史を教育するという決議が全会一致で採択される。

2016年
4月 サンフランシスコ教育委員会にてカリフォルニア州の歴史カリキュラムに慰安婦の歴史を挿入することを支持することが採択される。

2017年
1月 サンフランシスコ芸術委員会‐ビジュアルアーツ部門にて慰安婦碑のデザインが承認される。これはサンフランシスコ市への寄贈となることが承認。

2月 サンフランシスコ芸術委員会本会議にて慰安婦碑、碑文が承認される。

sf7-1

サンフランシスコでは、中華系元判事の2人を代表に慰安婦碑、慰安婦の教育への挿入を推進しています。

サンフランシスコ有志、日本からの協力者など民間からは、慰安婦の真実についての資料、書籍などは何度となく市長、市議会議員、教育委員会、芸術局などに送っています。

しかし、そういったことを意に介さず日本をたたくのが彼らのやり方です。

民間のみならず、日本政府がはっきりとした態度をとらない限り、作り出された慰安婦問題にさらに創作を加え、日本の首相は性奴隷を正式にあやまっていないということで慰安婦碑、慰安婦教育が広まる図式になっています。

皆様からも是非サンフランシスコ総領事に阻止に向かって全力で動くよう訴えていただきたく、お願い申し上げます。

サンフランシスコの総領事の宛先です。

山田 淳 総領事
jun.yamada@mofa.go.jp

在サンフランシスコ日本国総領事館
Consulate General of Japan in San Francisco
275 Battery Street, Suite 2100
San Francisco, CA 94111
Tel: (415)780-6000
FAX: (415)767-4200

以上

ドイツ慰安婦像 撤去を求めます!/ドイツ語のメッセージ文例

【2017.4.28記】
慰安婦像の碑文は撤去されました。
園の所有者は、日韓双方の納得が得られない場合、「像は公園においておけなくなるだろう。私は中立でありたい」と述べています。

産経新聞H29/2017年4月28日付
歴史戦 独の慰安婦像 碑文撤去

*********************************************************************************

※2017年3月16日作成

ドイツ・バイエルン州・ウィーゼントのネパール・ヒマヤラ・パビリオン園に欧州初慰安婦像が設置されました。関連情報はこちらをご覧ください

以下は園の経営者Wirth氏に対して、慰安婦像の撤去を求めるメールのドイツ語の例文です。6つの例文を用意しました。
適当にアレンジしてお使いください。

 

【宛先】
To:ネパール・ヒマヤラ・パビリオン園(Wirth氏)
info@nepal-himalaya-pavillon.de

Cc: ウィーゼント市・市長・現地メディア(mittelbayerische)
Gemeinde.wiesent@realrgb.de, elisabeth.kerscher@realrgb.de, politik@mittelbayerische.de

 

【件名例】
・ Abbau der „Trostfrau“ Statue   (慰安婦像を撤去してください)

 

【メッセージ文例】

<文例1>
z.Hd. von Herrn Wirth.

Ich heiße (名前 例:Hanako Yamada) und wohne in (住所 例:Yokohama,JAPAN).

Es wurde eine „Trostfrau“ Statue im Nepal-Himalaya-Pavillon in Wiesent aufgebaut.
Ich moechte Sie hoeflichst bitten diese Statue abzubauen.

Es gibt bereits eine „Trostfrau“ Statue, die das gleiche Design hat, in der Stadt Glendale in Kalifornien in den U.S.A.. Eine japanische Organisation klagte vor dem Obersten Gerichtshof in den U.S.A. um den Abbau der „Trostfrau“ Statue zu erreichen. Die japanische Regierung unterstützte den Kläger und legte dem Obersten Gerichtshof ihre Dokumente vor. Diese Unterlagen der japanischen Regierung kann man auf der Website des japanischen Außenministeriums lesen. http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000231732.pdf

Die „Trostfrau“ Debatte ist jetzt ein politisches und diplomatisches Problem auch in den U.S.A..
Ich bin dagegen, dass die Gemeinde Wiesent in Deutschland, die überhaupt keine Beziehung zu diesem Thema hat, in der japanisch-koreanischen Debatte Stellung bezieht.

Ich bitte die Gemeinde Wiesent, von den Betreibern des Nepal-Himalaya-Pavillons zu fordern die Statue abzubauen.
Ich bitte die Betreiber des Nepal-Himalaya-Pavillons, die Statue vor der Eröffnung des Parks am 01.05.2017 abzubauen.

Vielen Dank für Ihr Verständnis und Ihre Unterstützung.

mit freundlichen Grüßen

名前 (例 Hanako Yamada)
住所 (例 Yokohama, JAPAN)

[日本語] Wirth様のお手元へ
私の名前は○○で、●●に住んでいます。
Wiesent市のNepal-Himalaya-Pavillonに慰安婦像が設置されたこと知りました。
あなたに心からのお願いですが、この像を撤去して頂きたく存じます。
Wiesent市の像と同じデザインの像が米国カルフォルニア州グレンデール(Glendale)市の公園にあります。
日系人の団体がその慰安婦像の撤去を求めて米国連邦最高裁に訴えました。
日本政府は原告を支持して意見書を最高裁に提出しました。
その意見書は日本外務省のHPに掲載されています。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000231732.pdf
慰安婦問題はこのように米国においても政治・外交問題になっています。
全く関係の無いドイツWiesent市が関わることに私は反対します。
Wiesent市は、Nepal-Himalaya-Pavillonに対して、像を撤去するように要請してください。
Nepal-Himalaya-Pavillonは、開園の5月1日前に像を撤去するようお願いします。

 

<例文2>
z.Hd. von Herrn Wirth.

Ich heiße (名前 例:Hanako Yamada) und wohne in (住所 例:Yokohama).

Es wurde eine „Trostfrau“ Statue im Nepal-Himalaya-Pavillon in Wiesent aufgebaut.
Bei allem Respekt, bitte ich Sie um Abbau dieser Statue.

Es gibt „Trostfrau“ Statuen, die das gleiche Design wie in Wiesent haben, vor der japanischen Botschaft in Seoul und vor dem japanischen Konsulat in Busan in Korea.

Die japanische Regierung bittet Korea diese Statuen abzubauen wegen der Verletzung der Japanisch-koreanischen Vereinbarung zur „Trostfrauen-Frage“ (vom Jahr 2015) und dem internationalen Vertrag Wiener Übereinkommen über diplomatische Beziehungen .

Aber die Statuen stehen immer noch und die Japangegner treffen sich dort.
Wir als Japaner ärgern uns sehr darüber.
Die japanische Regierung erhob Einwand gegen die Verletzung der Verträge und holte den japanischen Botschafter in Korea anfang des Jahres 2017 nach Japan zurück. Er ist immer noch in Japan.

Die „Trostfrau“ Debatte ist jetzt ein politisches und diplomatisches Problem.
Ich bin dagegen, dass die Gemeinde Wiesent in Deutschland, die überhaupt keine Beziehung zu diesem Thema hat, in der japanisch-koreanische Debatte Stellung bezieht.

Ich bitte die Gemeinde Wiesent, von den Betreibern des Nepal-Himalaya-Pavillons zu fordern die Statue abzubauen.
Ich bitte die Betreiber des Nepal-Himalaya-Pavillons, die Statue vor der Eröffnung des Parks am 01.05.2017 abzubauen.

Vielen Dank für Ihr Verständnis und Ihre Unterstützung.

mit freundlichen Grüßen

名前 (例 Hanako Yamada)
住所 (例 Yokohama, JAPAN)

[日本語] Wirth様のお手元へ
私の名前は○○で、●●に住んでいます。
Wiesent市のNepal-Himalaya-Pavillonに慰安婦像が設置されたこと知りました。
すべての敬意をもってお願いですがこの彫像を撤去して頂きたく存じます。
韓国のソウルの日本大使館前と釜山の日本領事館前にもWiesent市の像と同じデザインの像が建っています。
日本政府はこれらの像の撤去を求めています。理由は日韓合意(2015年)とウィーン条約に反するからです。
しかし、像は未だに撤去されず、反日運動の場所になっています。
日本人はこれに対して非常に怒っています。
今年に入って日本政府は抗議して在韓国日本大使を帰国させました。
慰安婦像は、このように日韓の外交問題となっています。
全く関係の無いドイツWiesent市が関わることに私は反対します。
Wiesent市は、Nepal-Himalaya-Pavillonに対して、像を撤去するように要請してください。
Nepal-Himalaya-Pavillonは、開園の5月1日前に像を撤去するようお願いします。

 

<例文3>
z.Hd. von Herrn Wirth.

Ich heiße (名前 例:Hanako Yamada) und wohne in (住所 例:Yokohama).

Es wurde eine „Trostfrau“ Statue im Nepal-Himalaya-Pavillon in Wiesent aufgebaut.
Ich moechte Sie hoeflichst bitten diese Statue abzubauen.

Es gibt eine „Trostfrau“ Statue, die das gleiche Design wie in Wiesent hat, auf dem Parkplatz der Kirche namens „Uniting Church Australia“ in der Stadt Sydney in Australien. Eine Bürgergruppe „Australia-Japan Community Network (AJ CN)“ verklagte die Kirche vor dem Gerichtshof „Australian Human Rights Commission“, weil die „Trostfrau“ Statue für politische Aktivitäten gegen Japan benutzt wird und die Menschenrechte der Japanern verletzt werden.

AJCN ABOUT THE COMFORT WOMAN STATUE
http://jcnsydney-en.blogspot.jp/2016/12/about-comfort-woman-statue.html

Ich bin sehr dagegen, dass die Gemeinde Wiesent in Deutschland an dem Problem teilnimmt, die keine Beziehung damit hat.

Ich bitte die Gemeinde Wiesent, von den Betreibern des Nepal-Himalaya-Pavillons zu fordern die Statue abzubauen.
Ich bitte die Betreiber des Nepal-Himalaya-Pavillons, die Statue vor der Eröffnung des Parks am 01.05.2017 abzubauen.

Vielen Dank für Ihr Verständnis und Ihre Unterstützung.

mit freundlichen Grüßen

名前 (例 Hanako Yamada)
住所 (例 Yokohama, JAPAN)

[日本語] Wirth様のお手元へ
私の名前は○○で、●●に住んでいます。
Wiesent市のNepal-Himalaya-Pavillonに慰安婦像が設置されたこと知りました。
あなたに心からのお願いですが、この像を撤去して頂きたく存じます。
オーストラリアのシドニーのUniting Church Australiaの駐車場に、同じデザインの慰安婦像があります。
Australia-Japan Community Network (AJCN)という市民団体は、その教会をAustralian Human Rights Commissionに訴えています。
その理由は、慰安婦像が反日的な政治活動に利用され、日本人に対する人権侵害が起こっているからです。
AJCN ABOUT THE COMFORT WOMAN STATUE
http://jcnsydney-en.blogspot.jp/2016/12/about-comfort-woman-statue.html
そのような慰安婦像が、関係のないドイツWiesent市にあることに私は強く反対します。
Wiesent市は、Nepal-Himalaya-Pavillonに対して、像を撤去するように要請してください。
Nepal-Himalaya-Pavillonは、開園の5月1日前に像を撤去するようお願いします。

 

<例文4>
z.Hd. von Herrn Wirth.

Ich heiße (名前 例:Hanako Yamada) und wohne in (住所 例:Yokohama).

Es wurde eine „Trostfrau“ Statue im Nepal-Himalaya-Pavillon in Wiesent aufgebaut.
Bei allem Respekt, bitte ich Sie um Abbau dieser Statue.

Koreanische Gruppen behaupten, dass ein paar hunderttausend „Trostfrauen“, teilweise auch minderjährige Mädchen, während des zweiten Weltkriegs zwangsdeportiert und von japanischen Soldaten missbraucht wurden.
Dies verneinte die japanische Regierung offiziell in „UN human rights committee“

Convention on the Elimination of All Forms of Discrimination against Women Consideration of the seventh and eighth periodic reports (February 16, 2016, Geneva)
(Summary of remarks by Mr. Shinsuke Sugiyama, Deputy Minister for Foreign Affairs in the Question and Answer session)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000140100.pdf

Obwohl Koreanische Gruppen die „Trostfrau“ Statue „Friedens“ Statue nennen, sind die Aktivitäten der Japangegner überhaupt nicht friedlich.
Ich bin sehr dagegen, dass es eine solche Statue in der Gemeinde Wiesent gibt .

Ich bitte die Gemeinde Wiesent, von den Betreibern des Nepal-Himalaya-Pavillons zu fordern die Statue abzubauen.
Ich bitte die Betreiber des Nepal-Himalaya-Pavillons, die Statue vor der Eröffnung des Parks am 01.05.2017 abzubauen.

Vielen Dank für Ihr Verständnis und Ihre Unterstützung.

mit freundlichen Grüßen

名前 (例 Hanako Yamada)
住所 (例 Yokohama, JAPAN)

[日本語] Wirth様のお手元へ
私の名前は○○で、●●に住んでいます。
Wiesent市のNepal-Himalaya-Pavillonに慰安婦像が設置されたこと知りました。
すべての敬意をもってお願いですがこの彫像を撤去して頂きたく存じます。
韓国の団体は、「慰安婦とは、WW2時代に日本軍が強制連行し性奴隷にした数十万人の少女」と主張します。
しかし、日本政府は国連人権委員会(UN human rights committee)でそれを公式に否定しています。
Convention on the Elimination of All Forms of Discrimination against Women Consideration of the seventh and eighth periodic reports (February 16, 2016, Geneva)
(Summary of remarks by Mr. Shinsuke Sugiyama, Deputy Minister for Foreign Affairs in the Question and Answer session)
http://www.mofa.go.jp/mofaj/files/000140100.pdf
韓国団体は慰安婦像を平和像と呼びますが、その周りで行われている反日的な活動は決して平和的ではありません。
ドイツWiesent市に、そのような像があることに私は強く反対します。
Wiesent市は、Nepal-Himalaya-Pavillonに対して、像を撤去するように要請してください。
Nepal-Himalaya-Pavillonは、開園の5月1日前に像を撤去するようお願いします。

 

<例文5>
z.Hd. von Herrn Wirth.

Ich heiße (名前 例:Hanako Yamada) und wohne in (住所 例:Yokohama).

Es wurde eine „Trostfrau“ Statue im Nepal-Himalaya-Pavillon in Wiesent aufgebaut.
Ich moechte Sie hoeflichst bitten diese Statue abzubauen.

Die „Trostfrau“ Debatte ist ein Meinungsproblem zwischen Japan und Korea.
Deswegen schlossen Japan und Korea die Japanisch-koreanischen Vereinbarung zur „Trostfrauen-Frage“ 2015 .

Announcement by Foreign Ministers of Japan and the Republic of Korea at the Joint Press Occasion
http://www.mofa.go.jp/a_o/na/kr/page4e_000364.html

Der damalige amerikanische Außenminister Kerry freute sich über die Vereinbarung.

Press Statement, John Kerry, Secretary of State, Resolution of the Comfort Women Issue (Dec. 28, 2015)
https://2009-2017.state.gov/secretary/remarks/2015/12/250874.htm

In der Erklärung äußerte sich John Kerry folgendermaßen:
„We look forward to continuing to work with both countries on regional and global issues, including advancing our economic ties and security cooperation.”

Während die militärische Bedrohung durch China und Nord Korea fortbesteht, erkennen die U.S.A., dass die „Trostfrau“ Debatte zu einem Problem der Sicherheit für Asien beitragen könnte.

Trotz dieser Vereinbarung bauen koreanische Gruppen immer noch „Trostrau“ Statuen an verschiedenen Orten.
Ich bin dagegen, dass es eine solche Statue in der Gemeinde Wiesent in Deutschland gibt .

Ich bitte die Gemeinde Wiesent, von den Betreibern des Nepal-Himalaya-Pavillons zu fordern die Statue abzubauen.
Ich bitte die Betreiber des Nepal-Himalaya-Pavillons, die Statue vor der Eröffnung des Parks am 01.05.2017 abzubauen.

Vielen Dank für Ihr Verständnis und Ihre Unterstützung.

mit freundlichen Grüßen

名前 (例 Hanako Yamada)
住所 (例 Yokohama, JAPAN)

[日本語] Wirth様のお手元へ
私の名前は○○で、●●に住んでいます。
Wiesent市のNepal-Himalaya-Pavillonに慰安婦像が設置されたこと知りました。
あなたに心からのお願いですが、この像を撤去して頂きたく存じます。
慰安婦問題は、日本と韓国では主張が異なる問題です。
そのため、2016年に日韓で合意が行われました。
Announcement by Foreign Ministers of Japan and the Republic of Korea at the Joint Press Occasion
http://www.mofa.go.jp/a_o/na/kr/page4e_000364.html
米国の当時のケリー国務長官も合意を歓迎しています。
Press Statement, John Kerry, Secretary of State, Resolution of the Comfort Women Issue (Dec. 28, 2015)
https://2009-2017.state.gov/secretary/remarks/2015/12/250874.htm
声明の中でケリー長官はこう述べています。
「 We look forward to continuing to work with both countries on regional and global issues, including advancing our economic ties and security cooperation.」
つまり、中国と北朝鮮の軍事脅威がある中、米国は慰安婦問題を安全保障にも関わる問題と認識しています。
ところが韓国の団体はこの合意に反対して、各地に更に慰安婦像を建てています。
この問題と全く関係の無いドイツWiesent市にそのような像があることに私は反対します。
Wiesent市は、Nepal-Himalaya-Pavillonに対して、像を撤去するように要請してください。
Nepal-Himalaya-Pavillonは、開園の5月1日前に像を撤去するようお願いします。

 

<例文6>
z.Hd. von Herrn Wirth.

ich komme aus Japan.
Ich heiße (名前 例:Hanako Yamada) und wohne in (住所 例:Yokohama).

Am 08.03.2017 wurde eine „Trostfrau“ Statue in Wiesent aufgebaut.
Bei allem Respekt, bitte ich Sie um Abbau dieser Statue.

Deutschland und Japan haben eine sehr gute lange Beziehung und über 35,000 Japaner wohnen jetzt in Deutschland in Frieden und Zufriedenheit.

Wegen der Bitte des Abbaus der Statue möchte ich Ihnen gerne den „Grundlagenvertrag zwischen Japan und der Republik Korea“ vom Jahr 1965 und die „Japanisch-koreanische Vereinbarung“ vom Jahr 2015 vorstellen.

„Grundlagenvertrag zwischen Japan und der Republik Korea“
1965 schlossen Südkorea und Japan den Grundlagenvertrag zwischen Japan und der Republik Korea, der die Beziehungen zwischen beiden Ländern normalisieren sollte und mit dem alle Ansprüche komplett und endgültig ausgefüllt werden. Japan leistete 800 Mio. US$(2,5-fache des damaligen koreanischen Staatshaushalts) an Hilfszahlungen. Japan beabsichtigte, dass die südkoreanische Regierung diese Gelder den Opfern zukommen lässt, jedoch wurden die Gelder in Gänze zum Aufbau der Infrastruktur und Wirtschaft genutzt.

„Japanisch-koreanische Vereinbarung zu Trostfrau“
Am 28.12.2015 wurde die „Japanisch-koreanische Vereinbarung zu „Trostfrau“ als endgültig und unwiderruflich gelöst verkündet und Japan bezahlt dafür 9 Mio. Euro. Unter dieser Vereinbarung fällt auch eine Beseitigung der „Trostfrau“ Statue vor der japanischen Botschaft in Seoul, die gegen den internationalen Vertrag „Wiener Übereinkommen über diplomatische Beziehungen vom Jahr 1961“ *.

Japan hat 9 Mio. Euro im August 2016 gezahlt.

Obwohl die koreanische Regierung versprochen hat, die „Trostfrau“ Statue abzubauen, steht immer noch die Statue vor der japanischen Botschaft in Seoul und sogar eine neue Statue wurde vor dem japanischen Konsulat in Busan gebaut.

Deswegen ist der japanische Botschafter am 09.01.2017 nach Japan zurückgegangen.(Er ist jetzt wieder in Südkorea.)

* Der Empfangsstaat hat die besondere Pflicht, alle geeigneten Maßnahmen zu treffen, um die Räumlichkeiten der Mission vor jedem Eindringen und jeder Beschädigung zu schützen und um zu verhindern, dass der Friede der Mission gestört oder ihre Würde beeinträchtigt wird (Art. 22 Abs. 1 und 2 WÜD).

Aus diesen Gründen können wir überhaupt nicht akzeptieren, dass die „Trostfrau“ Statue jetzt in Wiesent in Deutschland, wo es ganz weit weg von uns ist und keine Beziehung mit der „Trostfrau“ Statue hat, gebaut wurde.

Wir hoffen, dass Wiesent die Verletzung der o.g. Verträge nicht unterstützt.

Wir würden Ihnen bitten die Statue abzubauen.

Vielen Dank im Voraus.

Mit freundlichen Grüßen

名前 (例 Hanako Yamada)
住所 (例 Yokohama, JAPAN)

[日本語] Wirth様のお手元へ
私の名前は○○で、●●に住んでいます。
2017年3月8日に、Wiesent市に慰安婦像が設置されました。
すべての敬意をもってお願いですがこの彫像を撤去して頂きたく存じます。
ドイツと日本は、これまで長い間、とても良好な関係を築いてきました。現在、ドイツに3万5千人以上の日本人が穏やかに満足して生活しています。
慰安婦像撤去要請にあたり、1965年締結の「日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約」と、2015年締結の「慰安婦問題日韓合意」についてご説明させていただきます。
「日本国と大韓民国との間の基本関係に関する条約」
1965年に日本と韓国の間で結ばれた条約。日韓国交樹立、日本の韓国に対する約8億ドル(当時の韓国国家予算の2,5倍)の経済協力、両国間の請求権の完全かつ最終的な解決、それらに基づく関係正常化が取り決められました。韓国は、日本が支給を予定していた債権を有する個々人にはほとんど供与及び融資せず、自国の経済基盤整備の為に使用しました。
「慰安婦問題日韓合意」
2015年12月28日に締結。慰安婦問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認し、日本は10億円の拠出を約束しました。また、ソウル日本大使館前の慰安婦少女像の移転が合意されました。そもそも、大使館前のこのような像設置は、1961年の「外交関係に関するウィーン条約」に反しています(注)。
日本は、2016年8月に10億円を韓国に支払いました。
韓国は、ソウル日本大使館前の慰安婦少女像を未だ移転していません。更に、釜山市の日本領事館前に新たな慰安婦像を設置しました。
これに対する措置として、日本は2017年1月9日に駐韓日本大使を帰国させました。(今は韓国に戻っています。)
(注)ウィーン条約22条2項「いかなる侵入や損壊に対しても、公館地域を保護し、公館の安寧の妨害、威厳の侵害を防止するためにすべての適切な措置を執る特別の義務を有する」
以上の理由から、 日本と韓国から遠く、慰安婦像とは無関係のドイツWiesent市に慰安婦像が設置されたことは、絶対に認めることができません。
Wiesent市が上記の条約合意違反に加担することを、我々は望みません。
像撤去をお願いします。

 

以上

【情報まとめ】欧州初ドイツ・バイエルン州・ウィーゼント慰安婦像

【2017.4.28記】
慰安婦像の碑文は撤去されました。
園の所有者は、日韓双方の納得が得られない場合、「像は公園においておけなくなるだろう。私は中立でありたい」と述べています。

産経新聞H29/2017年4月28日付
歴史戦 独の慰安婦像 碑文撤去

*********************************************************************************

2016年ドイツのフライブルクで慰安婦像設置に失敗した韓国の水原市の「ドイツ平和の少女像水原市民建立推進委員会」が、バイエルン州ウィーゼント市(Wiesent/人口2500名)のネパール・ヒマヤラ・パビリオン園に像を設置し、2017年3月8日に除幕式を開きました。

24ddbe48-s

以下、情報まとめです。ドイツ現地のなでしこアクション仲間が調べて下さっています。新たな情報は追記し、更新します。

 

【2017年3月16日(日)更新】

ネパール・ヒマヤラ・パビリオン園は、ヴィルト家(Fam. Wirth)個人が経営する施設で私有地です。

alt9caa

ウィーゼント市のホームページにも載っている観光施設ですが、市長Mrs.Kerscherに問い合わせたところ、園について詳しくなく、慰安婦像についても知りませんでした。また、撤去を求めるメールを送ったところ、園に問い合わせるようにとの返信でした。

園と韓国の接点は、過去に韓国の舞踊団(Tchum Sa、Won Hwa)招いてイベントを開催したことが考えられます。

korea

園の経営者Wirth氏はドイツで勲章を受けた方ですが、慰安婦問題は知らずに善意で受け入れたのでしょう。
現在、園は冬季休園中で5月1日からオープンします。(開園期間5月1日~10月3日)
一般の入園者の目に触れるようになる前に、園とウィーゼント市に撤去を求めて働きかけができます。

外務省、日本大使館、ミュンヘン総領事館もかなり努力している様子ですが、楽観はできません。

皆さんにお願いです。

1.ネパール・ヒマヤラ・パビリオン園とウィーゼント市にメッセージ
ドイツ語のメッセージ例文を用意しました。こちら「ドイツ慰安婦像 撤去を求めます!/ドイツ語のメッセージ文例」をご覧ください。

2.ミュンヘン総領事館にメッセージ
像の撤去に向けて、ウィーゼント市とネパール・ヒマヤラ・パビリオン園を説得するように要請しましょう。

3.他関係各所へメッセージを送る
各所の連絡先を下に掲載しますので、撤去に向けて、皆さんの意見を送ってください。

 

設置されたからと諦めずに、私たちのできることしましょう!

**************************************************************************

<ネパール・ヒマヤラ・パビリオン園 / Nepal-Himalaya-Pavillon >

公式サイト
http://nepal-himalaya-pavillon.de/

住所 Martiniplatte, 93109 Wiesent, Bavaria, Germany
(Google 地図)
電話 +49 9482 959686
オーナー Mr. Heri Wirth
メールアドレス  info@nepal-himalaya-pavillon.de

園内ツアー案内園内地図
※ オーナー Wirth氏が理事の財団 “Wasser für die Welt” 「世界のための水」

 

< ウィーゼント市 / Municipality of Wiesent >

市HP  http://www.wiesent.de/

住所
Municipality of Wiesent
Railway station 15
93109 Wiesent
Phone: 09482 / 90958-0
Fax: 09482 / 90958-20

メール:Gemeinde.wiesent@realrgb.de

問い合わせフォーム http://www.wiesent.de/aktuelles/kontakt/

市長 連絡先
1.Mayoress Elisabeth. kerscher
メール elisabeth.kerscher@realrgb.de
電話 09482/90958-0

2.Mayor Herbert Hanwalter
メール hanwalter-heizung@t-online.de
電話 09482/959777

3.Mayor Alfred Stadler
メール alstad@r-kom.net
電話  09482/2496

 

< 在ミュンヘン日本国総領事館 >

文化、広報担当メール kultur@mu.mofa.go.jp

住所:
Karl-Scharnagl-Ring 7
80539 München
Bundesrepublik Deutschland

電話: +49 (0)89-4176040
FAX: +49 (0)89-4705710

外務省 意見フォーム https://www3.mofa.go.jp/mofaj/mail/qa.html

 

<ドイツ観光局日本事務所 >

HP http://www.germany.travel/jp/index.html

住所: 〒107-0052 東京都港区赤坂7丁目5−56 403 OAGHAUS 4F
電話: 03-3586-5046
メール: office-japan@germany.travel

 

< 他 >

レーゲンスブルグ独日協会

**************************************************************************

<関連ニュース>
◆ 国民日報 2017-03-14 10:48
「ヨーロッパ初の「少女像」が危険です “… ドイツで伝えられた訴え
“유럽 첫 ‘소녀상’이 위험합니다”… 독일서 전해진 호소

◆mittelbayerische 12. März 2017
„Trostfrau“ mahnt zum Frieden
コンタクト

◆ ドイツのNPO Korea Verband korea communication & research center
記事2017/3/8 ドイツで最初の平和像の除幕
Enthüllung der ersten Friedensstatue in Deutschland

◆ 産経 2017.3.9
【歴史戦】ドイツに欧州初の慰安婦像 南部バイエルン州 南西部で頓挫の韓国団体が主導

◆ TBSニュース 2017.3.9
欧州初の慰安婦象徴する少女像、独に設置

◆ KBS World Radio 2017-03-09
欧州に於ける性奴隷犠牲者為の初の平和像
Erste Friedensstatue für Opfer der Sexslaverei in Europa enthüllt

◆ Koreaverband 8. März 2017
ドイツにおける最初の平和像の披露
Enthüllung der ersten Friedensstatue in Deutschland

◆ 聯合ニュース 2017/03/09
ドイツで「平和の少女像」除幕式 欧州初の設置

Statue remembering Korea’s comfort women erected in Germany

◆ 連合ニュース2017/03/08
ヨーロッパ初の「平和の少女像」ドイツに立つ
유럽 첫 ‘평화의 소녀상’ 독일에 서다 / 연합뉴스TV(YonhapnewsTV)

◆ ARIRANG NEWS 2017/03/08
Europe’s first ‘comfort woman’ statue installed in Germany

在米50年のご婦人が発行するニュースレター「ポトマック通信」から「慰安婦問題」No.4

「ポトマック通信」は米国メリーランド在住の ワイルス蓉子 さんが隔月発行しているニュースレターです。ワイルス蓉子さんは昭和5年生まれ。2017年1月号から「戦後71年~執拗に言い続ける 慰安婦問題 嘘で固めた真実を暴く」をご紹介します。

2015年7月号2016年9月号2016年11月号2017年3月号2017年5月号2017年7月号

***********************************************************************

ワイルス蓉子さん略歴: 昭和5年1月14日生。 山水高女(現桐朋学園)卒。 青山学院大学英米文学科中退。 アメリカの商社に英文速記秘書として勤めた後、1966年渡米。 1971年5月、エドワード・ワイルスと結婚。米国メリーランド州在住。

 

 

ポトマック通信 2017年1月号
戦後71年~執拗に言い続ける
慰安婦問題
嘘で固めた真実を暴く

※画像をクリックすると別ウィンドウで拡大表示されます。
PDF版はこちら

スライド1

スライド2

スライド3

スライド4

日本政府 米国連邦最高裁提出 意見書要約 と 今後の流れ

GAHT最新情報  https://gahtjp.org/?p=1565 より

***************************************************

日本政府が米国連邦最高裁に提出した意見書(アミカス・キュリエ・ブリーフ)の要約と、最高裁での今後の流れをご紹介します。
日本政府の意見書については 外務省公式ホームページの「 米国グレンデール市慰安婦像訴訟 日本国政府の意見書提出 」をご覧ください。

*********************************************************************************

【 グレンデール性奴隷慰安婦像撤去裁判 日本政府意見書抄録 】

連邦政府は外交において独占権を有する

2017年2月 抄録と解説担当 GAHT 細谷

日本政府の関心事
本裁判はグレンデール市が、第二次世界大戦中の慰安婦問題での日韓間の争いに合衆国連邦政府の公平な友好的に解決する様に促す外交方針であるにも関わらず、独自の見解を表明して外交関係を混乱させる事が、憲法上許されるのかの問題をはらんでいる。
連邦政府は長年に亘りこの問題に対し米国の同盟二ヶ国が外交的な解決に努める事を支持し、米国はその為に注意深く一貫してこの問題で煽動的な言辞を控えて来た。

A. 外交独占権
最高裁で下された判例は、連邦政府の外交権独占権を正当化する。控訴裁判所の判決は、最高裁の一貫した方針と裁定に全く違っている。
市-地方政府が主張する表現の自由は、憲法上保護されていなく外交独占権に違反する。

B. 控訴裁判所の判決は問題が多い、最高裁で審理されるべき
控訴裁判所が創り出した表現の自由による外交権の侵害は、(最高裁が)本件を審理をするに十分な理由がある判決は過去の最高裁の判例とも米国政府の外交方針とも一致しないし、日本政府高官が公言した碑設置に反対する声明を全く考慮していない。
判決は、(市の)表現の自由を優先する例外を創り出して外交独占権を侵害した。
グレンデール市は像を設置して外交方針を世界に発信したが、米国は統一した見解を外に発すべきである。

C. 慰安婦問題の誤解と日韓関係
像の設置前から日米韓間での外交問題であった。日韓関係は脆弱で、日韓の安保・経済協力が2015年12月の日韓合意で進展するのは米国が望む所である。
その米国が慰安婦問題で相反する見解を表明する事で混乱が生じかねない。
日本は歴史上の事実を十分に調査したが、碑文は歴史上の記述として正確でない。
昨年ジュネーブでの女子差別撤廃委員会に於いて日本の外務副大臣(審議官)が、1990年代に実施した大規模な事実関係の調査結果を発表し、性奴隷・20万人・強制連行を否定した。その全文は外務省のHPに掲載されている。
現在の日韓間外交は、米国の支援によって2015年末の日韓合意に至った。本意見書は国際的な場での批判禁止等の日韓合意に反しない。

日本にとり何にも増して重要な事は、州やグレンデール市の様な地方都市がこの慰安婦問題の様な敏感な外交問題に首を突っ込まない事であり、その為に州・市は米国がその外交方針で発信せねばならない統一的方針を侵害させない事である。

結論
上記より、請願は認められるべきである。

—————————————
日本政府意見書のポイント
・(慰安婦)問題は、像設置の2013年7月以前から日米韓での外交課題であり、人権問題ではない
・地方政府に憲法で表現の自由は保証されてない
・強制連行・性奴隷/ 20万人等を事実誤認と否定
・問題は日米韓の安保・経済に絡む敏感な外交課題
・日米韓3ヶ国は解決に向けて努力している。米国の主張は一つで地方政府が口出して邪魔すべきでない
・控訴裁判決は問題。最高裁で審理されるべき

 

*********************************************************************************

【 最高裁での今後の流れ 】
※画像をクリックすると別ウィンドウにPDFで表示されます。

最高裁での流れ2