Monthly Archives: October 2017

SF市 慰安婦団体から$398,000(約4千5百万円)寄付 委員会が承認

SF

【ご報告】サンフランシスコ有志より  2017.11.2

本日(11/2)、サンフランシスコ(SF)市予算財政委員会にて、慰安婦団体からの寄付承認決議の承認が行われました。

市議会場には、寄付をする慰安婦団体からリーダーのリリアン シンを含め3人が来ていました。まず、リリアン シンが寄付をする側の代表としてコメントをしました。

それから、私たちSF慰安婦碑反対有志7人が反対のスピーチをしました。その後、慰安婦団体からの2人もスピーチをしました。

市議の一人からは大変美しい像をありがとうなどのコメントがあり、決議は全体のボードミーティングに送られました。

SF市と姉妹都市の大阪市長がSF市長に説得を試みていらっしゃるようで、全体のボードミーティングで否決されない場合は、なんとかSF市長には拒否権の発動に踏み切ってもらいたいものです。

現在の時点では、皆さんから市議へのメール等のご協力を賜りましたのに、SF有志の力至らず、慰安婦碑の寄付承認決議が全体のボードミーティングに送られることになり残念で悔しい思いです。

今後とも何卒よろしくお願い申し上げます。

サンフランシスコ有志一同

委員会録画ビデオ
http://sanfrancisco.granicus.com/MediaPlayer.php?view_id=7&clip_id=29110&meta_id=583999

*****************************************************************

【緊急】サンフランシスコ有志より日本の皆様へのお願い

既にご存じの方も多いとは思いますが、慰安婦碑はサンフランシスコ市の公園に建立され公開されています。この度11月2日の予算財政委員会にて慰安婦碑をアートとして市に寄付するという遡及的な決議案が審議されることになりました。

SFCW2

決議は慰安婦碑のアート($190,000)と20年以上のメインテナンス費用($208,000)の合計 $398,000(約4千5百万円)の寄付を承認するという内容です。

これを阻止するためにサンフランシスコ市長、市議会議員、市芸術局、メディアに反対のメールを送っていただきたく、どうかよろしくお願いします。

サンフランシスコ有志 一同より

委員会の録画はこちら
http://sanfrancisco.granicus.com/MediaPlayer.php?view_id=7&clip_id=29110&meta_id=583999

**********************************************************************

メール送信先アドレス
To:  市長、市議、芸術局、メディア宛 以下をコピペ
mayoredwinlee@sfgov.org, Board.of.Supervisors@sfgov.org, sharon.page_ritchie@sfgov.org, kate.patterson@sfgov.org, online@rafu.com, opinion@sfchronicle.com, caleb@sfist.com, hknight@sfchronicle.com, viewer@pbs.org, jcurran@sfmediaco.com, gandersen@sfexaminer.com, ldudnick@sfexaminer.com, lkatz@sfexaminer.com, jsabatini@sfexaminer.com,

メールの英語は簡単な内容で結構です。ご自身の言葉で書いていただければと思います。

例として
件名:
I am against Resolution #171070
Please do not adopt Resolution #171070
My opinion about Resolution #171070

本文:
[例1]
Dear Board of Supervisors,
I strongly protest against the Resolution #171070 [Accept and Expend Gift - Comfort Women Justice Coalition - Gift of Artwork and Funds for the Maintenance of the Artwork Entitled “Comfort Women’s” Column of Strength - Total Gift Value of 398,000].
It will create conflict between Chinese and Korean background citizens and Japanese background citizens in SF. It is not good in your multicultural society.
Sincerely,
差出人名前 住所
(決議に反対です。中華系韓国系と日系との対立を生みます。多文化社会にはふさわしくありません。)

[例2]
Dear Board of Supervisors,
I strongly protest against the Resolution #171070 [Accept and Expend Gift - Comfort Women Justice Coalition - Gift of Artwork and Funds for the Maintenance of the Artwork Entitled “Comfort Women’s” Column of Strength - Total Gift Value of 398,000].
It will promote hostility towards the Japanese American community, including increasing tensions between Asian American. The resolution, rather than promoting inclusion, will promote intolerance.
Sincerely,
差出人名前 住所
(決議に反対です。アジア系の間に緊張を生み、日系に対する敵対心を助長します。決議は不寛容を生み出します。)

[例3]
Dear Board of Supervisors,
I strongly protest against the Resolution #171070 [Accept and Expend Gift - Comfort Women Justice Coalition - Gift of Artwork and Funds for the Maintenance of the Artwork Entitled “Comfort Women’s” Column of Strength - Total Gift Value of 398,000].
The comfort women issue deals with matters between foreign governments and has nothing to do with SF.  I ask you not to adopt the resolution at the next meeting.
Sincerely,
差出人名前 住所
(決議に反対です。慰安婦問題は外国政府の問題でSFは関係ありません。委員会で採択しないでください。)

[例4]
Dear Board of Supervisors,
I strongly protest against the Resolution #171070 [Accept and Expend Gift - Comfort Women Justice Coalition - Gift of Artwork and Funds for the Maintenance of the Artwork Entitled “Comfort Women’s” Column of Strength - Total Gift Value of 398,000].
It will open the floodgates for others seeking a platform for incidents that occurred outside of this country. I ask you not to adopt the resolution at the next meeting.
Sincerely,
差出人名前 住所
(決議に反対です。多国の対立を更に持ち込むことになるでしょう。市議会で採択しないでください。)

[例5]
Dear Board of Supervisors,
I strongly protest against the Resolution #171070 [Accept and Expend Gift - Comfort Women Justice Coalition - Gift of Artwork and Funds for the Maintenance of the Artwork Entitled “Comfort Women’s” Column of Strength - Total Gift Value of 398,000].
Is it okay for SF to be secretly influenced and misled by North Korean political maneuvering in your multicultural society?
I am afraid this resolution will become a trigger to create racial conflicts in SF.
Sincerely,
差出人名前 住所
(決議に反対です。多文化のSFが北朝鮮の工作に載せられて良いのですか。決議は民族の対立を生みます。)

[例6]
I strongly protest against the Resolution #171070 [Accept and Expend Gift - Comfort Women Justice Coalition - Gift of Artwork and Funds for the Maintenance of the Artwork Entitled “Comfort Women’s” Column of Strength - Total Gift Value of 398,000].
SF should spend the budget for the victims for real sex trafficking happening right now, not for the controversial monument.
Sincerely,
差出人名前 住所
(決議に反対です。市は議論の分かれる碑にではなく、今起こっている人身売買の被害者の為に予算を使うべきです。)

[例7]
Dear Board of Supervisors,
I strongly protest against the Resolution #171070 [Accept and Expend Gift - Comfort Women Justice Coalition - Gift of Artwork and Funds for the Maintenance of the Artwork Entitled “Comfort Women’s” Column of Strength - Total Gift Value of 398,000]. I have read the inscription of the memorial, and found out there are many factual errors.
I believe SF must not make a historical judgement without verifications.
Sincerely,
差出人名前 住所
(決議に反対です。碑文には事実誤認があります。SFが事実検証もなく歴史判断をすべきでないと信じます。)
**********************************************************************

公園の慰安婦碑の説明文 クリックすると別ウィンドウで拡大して読めます
SF inscription

**********************************************************************

<参考>
City and County of San Francisco
http://sfgov.org/

SF市の予算財政委員会 2017年11月2日 議題
慰安婦碑のアート($190,000)と20年以上のメインテナンス費用($208,000)の合計 $398,000(約4千5百万円)の寄付を承認する決議

City and County of San Francisco  Meeting Agenda Budget and Finance Committee http://sfbos.org/sites/default/files/bfc110217_agenda.pdf
P7
REGULAR AGENDA
1. 171070
[Accept and Expend Gift - Comfort Women Justice Coalition - Gift of Artwork and Funds for the Maintenance of the Artwork Entitled “Comfort Women’s” Column of Strength - Total Gift Value of 398,000]
Sponsors: Kim; Fewer and Peskin
Resolution retroactively authorizing the San Francisco Arts Commission to accept a gift of art entitled The “Comfort Women’s” Column of Strength valued at $190,000 and accept and expend a donation from the “Comfort Women” Justice Coalition of $208,000 for the purpose of maintaining the artwork titled the “Comfort Women’s” Column of Strength for a period not less than 20 years.

「ユネスコ世界の記憶」発表に対する声明文

※ 日本語PDF版 
※ 英語PDF版/English

「慰安婦と日本軍の規律に関する文書」申請 日米4団体
慰安婦の真実国民運動 代表 加瀬 英明
日本再生研究会 代表 目良 浩一
メディア報道研究政策センター 理事長 小山 和伸
なでしこアクション 代表 山本 優美子

平成29年10月31日

「慰安婦と日本軍の規律に関する文書」
ユネスコ世界の記憶の発表に対する声明

~ 国連、慰安婦問題で大きな曲がり角 ~

2017年10月30日、ユネスコ「世界の記憶」は、私たち日米4団体、慰安婦の真実国民運動(日)、日本再生研究会(米)、メディア報道研究政策センター(日)、なでしこアクション(日)が「世界の記憶」に申請した「慰安婦と日本軍の規律に関する文書」について登録判断を保留し、「慰安婦の声」申請者との対話を促すと発表しました。これについて以下の通り私たちの声明を発表いたします。

今回のユネスコの判断は私たちの主張の存在を認めたものであり、国際機関としては画期的なできごととであると私たちは受け止め歓迎いたします。ユネスコの促す対話に私たちは喜んで応じます。

ご承知の通り、慰安婦に関しては二つの申請がなされていました。一つは私たち日米4団体が申請した「慰安婦と日本軍の規律に関する文書」、もう一つは8か国連合が申請した「慰安婦の声」です。

この度の発表によると国際諮問委員会は、二つの申請を政治的対立案件と認識し、現段階では審査しえないと判断したようです。

「慰安婦問題」については過去いろいろ複雑な経緯がありましたが、組織的な「強制連行」や「性奴隷」を裏付ける資料は発見できず、強制連行を自白した著作物も著者による作り話であったことが判明しています。

これは、日韓政府が行った合同調査や米国議会が長年かけて行った独自の調査により明らかになったものです。これらの調査により、「慰安婦」とはいわゆる戦時における風俗業従事女性であることが再確認されました。更に慰安所においては厳しい衛生管理、品性を保つことを兵士及び慰安所側双方に求めた規則の記録も発見されています。

このような調査結果から、私たちは「慰安婦制度」を軍専用の公娼制度と位置づけ、その調査結果の元になった公文書を「世界の記憶」として登録申請いたしました。

一方、8か国連合は「慰安婦制度」を「性奴隷制度」であったと主張し申請いたしました。

一連の事前審査過程の中で私たちは「河野談話」が検証作業の結果、極めて政治的な妥協であったことを説明いたしました。ユネスコはこの点も踏まえ、「政治的対立案件」と判断したものと思われます。

なお、二つの慰安婦申請は全く両立しえない主張となっているにもかかわらず、それを裏付ける資料として同一文書がそれぞれの申請に含まれています。また、8か国連合申請には「ホロコースト」といった極めて不適切な表現等が散見されます。

そこで、私たちは両者間での対話が必要であることをユネスコに訴えてきました。こうした対話が行われればお互いの資料の検証が可能になり、慰安婦問題の調査研究に貢献するものと考えます。

現在ユネスコでは制度改革が進行中で、改革の重要な柱として、ユネスコを政治的目的のために利用させない、申請案件に問題が生じた場合はその解決の手段として関係者間での対話を基本とすることが盛り込まれています。

10月16日に行われたユネスコ執行委員会第202セッションにおいても、ユネスコの基本精神は対話と相互理解であり、この基本精神を遵守するよう、ユネスコ事務局長、国際諮問委員会等に要請しています。

これらの状況を踏まえると、この度のユネスコの判断は極めて妥当なものと考えます。

今後、ユネスコ「世界の記憶」事務局が関係者の対話の実現に向けて適切な対応を取ることを望みます。

以上

***************************************************************************

<参考>
ユネスコ世界の記憶 国際諮問委員会 発表 2017年10月30日
International Advisory Committee recommends 78 new nominations on the UNESCO Memory of the World International Register
30 October 2017
https://en.unesco.org/news/international-advisory-committee-recommends-78-new-nominations-unesco-memory-world

該当箇所抜粋
In addition, Member States called upon the Director-General, the members of the IAC, and all stakeholders of the MoW Programme to abide by the principles of dialogue, mutual understanding and respect and to avoid further political tensions concerning the MoW Programme.

In its recommendations to the Director-General, “the International Advisory Committee of the Memory of the World Programme, following the decision of the Executive Board of UNESCO in its meeting on 16 October 2017 (202 EX/PX/DR 15.8, item 15), recommends to the Director-General that UNESCO facilitates a dialogue among the nominators of the nominations “Voices of the ‘Comfort Women’” and “Documentation on ‘Comfort Women’ and Japanese Army discipline” and concerned parties. The IAC also recommends setting a place and time convenient to the parties for this dialogue, with a view to leading to a joint nomination to encompass as far as possible all relevant documents.”

2016-17期 登録された申請リスト一覧
https://en.unesco.org/sites/default/files/mow_recommended_nominations_list_2016-2017.pdf

「慰安婦の声」申請書  ※webpage captureより
http://archive.is/WsjvJ

【本紹介】アメリカ各地で脚色されて語られている「慰安婦問題」歴史の生き証人は訴える

なでしこアクションでご紹介している「ポトマック通信」のワイルス蓉子さんがご著書を出版されましたのでご紹介します。
是非お読みください!

******************************************************************************************

book

アメリカ各地で脚色されて語られている「慰安婦問題」 歴史の生き証人は訴える

ワイルス 蓉子 (著)         文芸社  本体600円+税

アメリカ在住の著者は、合衆国における韓国の「慰安婦」外交をつぶさに見てきた。しかし事実と異なる彼らの主張に、1930年生まれで従軍慰安婦と同じ時代を生きてきた彼女は愕然とする。そして何より驚愕したのは、日本人までが彼らの主張を鵜呑みに信じてしまっていることだった。今、当時をありのままに伝えねば、真実が闇に埋もれる――。生き証人が決死の覚悟で語る真実の書。

ワイルス蓉子さん略歴: 昭和5年1月14日生。 山水高女(現桐朋学園)卒。 青山学院大学英米文学科中退。 アメリカの商社に英文速記秘書として勤めた後、1966年渡米。 1971年5月、エドワード・ワイルスと結婚。米国メリーランド州在住。

ご購入はこちらから
↓↓↓
アマゾン http://amzn.to/2ybnyfb

米ユネスコ脱退通告、日本は?10月24-27日 記憶遺産登録審査

★ NYビズ「ひまわりJAPAN」の広告をご覧になった方はこちらをクリック

**********************************************************************

産経 2017.10.12
米国、ユネスコ脱退通告 「反イスラエル」に懸念強調
http://www.sankei.com/world/news/171012/wor1710120043-n1.html

【ワシントン=加納宏幸】米国務省は12日、国連教育科学文化機関(ユネスコ)のイリナ・ボコバ事務局長に対し、米国としてユネスコから脱退すると通告した。加盟国からの分担金滞納の増加や組織改革の必要性、さらにユネスコの見解に「反イスラエル」の傾向があることに対して懸念を示すためだとしている。
(以下省略)

 

米国が「反イスラエルに懸念して脱退」するのであれば、日本が「反日に懸念して脱退」してもおかしくないのでは。

ユネスコ「世界の記憶」2016-17期申請の登録可否は10月24~27日開催の国際諮問委員会(IAC)で決まります。

前期2014-15は中国が申請した「南京大虐殺」が登録されました。
今期、慰安婦は性奴隷として中韓日他団体が共同で登録申請している「慰安婦の声」の登録はどうなるか。

彼らと同じ資料(米国立公文書館保管アーカイブ)を登録申請している私たち団体は、ユネスコに対して彼らの団体との協議を要請していますが、何の対応もありません。(10月14日現在)

なでしこアクションで以前にもご紹介しましたが、皆様に再度読んでいただきたい意見書とコラムをご紹介します。

 

◆ カナダ・イスラエル友好協会からユネスコ世界の記憶(記憶遺産)事務局に送付した意見書
ユネスコが本来の理念から離れて反イスラエルと反日本に政治利用されていること、日中韓他共同申請「慰安婦の声」に対する優れた反論も書かれています。
なでしこアクションからユネスコ世界の記憶の関係委員にこの意見書を送付しています。

原文(英語)
http://nadesiko-action.org/?page_id=10750

日本語訳
http://nadesiko-action.org/?page_id=10855

 

◆ ボコバ一族の闇 ~イリナ・ボコバは国連事務総長としての資格があるのか
http://nadesiko-action.org/?p=9791
ユネスコ事務局長ブルガリア出身の女性イリナ・ボコバ氏について、同国出身のジャーナリスト、ミロスラフ・マリノフ氏が書いたコラム「ボコバ一族の闇」。ボゴバ氏が北京で行われた抗日戦争勝利70年記念行事(2015年9月)に出席したのも、南京大虐殺の記憶遺産の登録を決めたのも、このコラムを読んで彼女の背景を知ると頷けます。

 

<他参考>
ユネスコへの協議要請について
http://nadesiko-action.org/?p=11941

産経 2017.9.13
「日本軍『慰安婦』の声」の「世界の記憶」登録 公正透明な審査を 明星大特別教授・高橋史朗
http://www.sankei.com/column/news/170913/clm1709130005-n1.html

Japan Forward Special Reports  September 27, 2017
‘Memory of the World’ Program: How Will UNESCO Tackle Historical
Distortions Against Japan?
http://japan-forward.com/memory-of-the-world-program-how-will-unesco-tackle-historical-distortions-against-japan/

産経 2017.10.16
【歴史戦】慰安婦資料のユネスコ記憶遺産登録に反対声明 明星大の高橋史朗特別教授ら学者89人
http://www.sankei.com/world/news/171016/wor1710160048-n1.html

産経 2017.10.18
【歴史戦】慰安婦の「不適合」資料が多数 記憶遺産への登録申請書全文判明、日本側の資料最多
http://www.sankei.com/world/news/171018/wor1710180014-n1.html

産経 2017.10.18
【歴史戦】「政治化」したユネスコ 慰安婦資料が記憶遺産に登録されるなら日本脱退も
http://www.sankei.com/world/news/171018/wor1710180015-n1.html

産経 2017.10.20
【歴史戦】慰安婦などのユネスコ記憶遺産登録の審査延期を要求 国際諮問委議長
http://www.sankei.com/world/news/171020/wor1710200004-n1.html

【歴史戦】「世界遺産のような政府間会議設置を」 ユネスコ内でも記憶遺産登録制度のあり方に強い異論
http://www.sankei.com/world/news/171020/wor1710200005-n1.html

【動画】国連総会で北朝鮮、慰安婦問題「20万人性奴隷」主張 日本は「事実誤認」と反論

★ NYビズ「ひまわりJAPAN」の広告をご覧になった方はこちらをクリック

**********************************************************************

産経新聞 2017.10.7
国連総会で北朝鮮、慰安婦問題「20万人性奴隷」主張 日本は「事実誤認」と反論
http://www.sankei.com/world/news/171007/wor1710070010-n1.html

人権問題を議論する国連総会第3委員会は6日、「女性の地位向上」を議題に各国代表が演説し、慰安婦問題をめぐって北朝鮮と日本が論戦を繰り広げた。韓国も演説の機会があったが、慰安婦問題に言及しなかった。
 北朝鮮の代表は、日本が第二次大戦中に「非人道的で、目に余る人権侵害」を犯したと訴え、「20万人の朝鮮女性や少女などを、強制的に日本軍のための性奴隷とした」と強調。日本は敗戦後、犯罪と認めていないなどとし、「国連は、日本が公式な謝罪と補償を行うまで圧力をかけ続けるべきだ」と訴えた。
 これに対し、日本代表部の斉藤純公使は答弁権を行使し、北朝鮮側の主張を「事実誤認で、まったく根拠のないことだ」と反論。「戦後70年以上にわたり、日本人は人権と法の支配を尊重し、自由で民主的な国家を築いてきた」と述べ、「世界の平和と繁栄に一層貢献していく」と強調した。

このニュースの北朝鮮代表と日本代表の発言とやりとりを国連の公式記録ビデオで視聴できます。

北朝鮮代表と日本代表の発言時間(時:分:秒)

1:06:40~1:11:17 北朝鮮代表

2:56:58~2:57:23 日本代表

2:58:54~3:02:01 北朝鮮代表

3:02:09~3:02:55 日本代表

3:04:00~3:06:00 北朝鮮代表

 

<参考>
UN Web TV
Third Committee, 10th meeting – General Assembly, 72nd session
6 Oct 2017 – Social, Humanitarian and Cultural Committee (Third Committee), 10th meeting of the 72nd session of the General Assembly.
Advancement of women (A/72/38) [item 28]
(a) Advancement of women (A/72/93, A/72/134, A/72/207 and A/72/215) (b) Implementation of the outcome of the Fourth World Conference on Women and of the twenty-third special session of the General Assembly (A/72/203 and A/72/220)
Continuation of general discussion
http://webtv.un.org/meetings-events/general-assembly/main-committees/3rd-committee/watch/third-committee-10th-meeting-general-assembly-72nd-session/5598859402001/?term=