Monthly Archives: February 2018

ブルックヘブンさくら祭り3月24-25日

ポケットブック(小冊子)「What is“Comfort Women”? BASIC FACTS / 慰安婦ってなに? 」 英・日版頒布はこちら

******************************************************************

2月、ブルックヘブン、ブラックバーン公園の慰安婦像。
現地の方から写真を送っていただきました。
今年(2018年)は3月24日(土)~25日(日)にここでブルックヘブン桜祭りBrookhaven Cherry Blossom Festival が開催されます。

*************************************************

像の近くには桜はありませんでしたが、新しい苗木が8~9本植えてあります。

brookhaven2018.2_1

誰が被せたのか帽子をかぶっています。近くには子供たちの遊ぶブランコ。
brookhaven2018.2_2


Brookhaven Cherry Blossom Festival March 24-25, Blackburk Park

*************************************************

像の碑文

<日本語意味>
平和の少女像
これは1931年から45年に日本帝国陸軍に奴隷にされた、「慰安婦」と呼ばれる婦女子を称える記念碑です。
慰安婦は推定数十万人の20世紀最大の人身売買の一つです。
この暗黒の歴史は1990年代に生存者が勇気をもって沈黙を破るまで数十年間隠されてきました。
慰安婦はアジア太平洋の少なくとも13カ国の出身で、主に韓国です。殆どは第二次世界大戦中に殺されました。
この碑はこれらの婦女子の記憶に捧げ、世界に蔓延する性暴力と人身売買を撲滅するためのものです。
私たちは決して忘れません。
真実を教えます。
性的人身売買と戦うリーダーシップのブルックヘブン市へ
アトランタ慰安婦碑タスクフォース より
2017年6月30日
————————
記念のシンボル
少女—拉致された平均16歳の少女を表します
顔—抵抗と、恐れない決意を表現します
短く切った髪—家族から強制的に離された少女を象徴します
握りしめた拳—沈黙を破り、真実を伝える少女の決意を表します
裸足—家に帰って平和を見つけることが出来ない少女を表します
小鳥—平和と自由・解放の象徴。空に還った被害者と未だ地上に残された被害者を繋ぎます。
空の椅子—慰安婦の場所に座り、「もし私だったら、家族だったら、姉妹だったら?」と訪問者に考える機会を与えます。
影—年をとり、沈黙を続けた長い期間の苦しみを象徴します。
蝶—再び生まれ変わりたいという少女の願いを表します

<原文 英語>

Young Girl’s Statue for Peace

평화의소녀상

This memorial honors the girls and women,
euphemistically called “Comfort Women,”
who were enslaved by the Japanese Imperial
Armed Force from 1931 to 1945.
The Comfort Women constitute one of the largest
known cases of human trafficking in the 20th country
with estimates ranging up to the hundreds of thousands.
This dark history was hidden for decades until the 1990s
when the survivors courageously broke their silence

The Comfort Women are from at least thirteen
Asian-Pacific countries, principally from Korea.
Most died or were killed during World War II

This memorial is dedicated to the memory of these girls
and women and to the crusade to eradicate sexual violence
and sex trafficking throughout the world.

We will never forget. We will teach the truth.

Presented to the City of Brookhaven for its leadership
In the fight against sex trafficking

From the Atlanta Comfort Women Memorial Task Force
June 30, 2017

———————————————————————————————————–

Symbolism of the Memorial

GIRL- Represents the average of 16 when most girls were abducted
FACE – Express defiant, fearless resolve.
CROPPED HAIR- Symbolizes the girl being forcibly removed from her family.
CLENCHED FISTS- Represent the girl’s resolve to no longer be silent but to tell the truth.
BARE FEET- Represents the girl’s inability to return home and find peace.
BIRD- Is a symbol of peace, freedom and liberation. The bird connects those victims who returned to the sky and the ones who are still left on the ground.
EMPTY CHAIR- Gives visitors a chance to sit in the place of the comfort women and think “What if it was me? What if it was my family member, my sister?”
SHADOW- Is of an older woman, symbolizing the long period of hardship spent in silence.
BUTTERFLY- Represents the girl’s wish for rebirth.

2_碑文

3_碑文2

*************************************************

<参考>
ブルックヘブン慰安婦像 毎年桜祭りが行われる公園に移転 September 23, 2017
http://nadesiko-action.org/?p=12069

碑文が酷い ブルックヘブン慰安婦像 移設予定 July 12, 2017
http://nadesiko-action.org/?p=11788

外国人 超初心者向け 小冊子「What is“Comfort Women”? BASIC FACTS / 慰安婦ってなに? 」 英・日版頒布

外国人 超初心者向け 小冊子 頒布

What is“Comfort Women”? BASIC FACTS
「慰安婦ってなに? 」基本的な事実
英語版・日本語版

スライド1

外国人にも慰安婦問題について正しく理解してほしい。
でも、そんな問題は全然知らないし、興味もない。
難くて厚い本は読まないし。。。

それじゃあ、ポケットサイズの手軽な超初心向けの英語の小冊子をつくろう!

と、カナダ在住の女性となでしこアクションが協力して作ったのがこのポケットブック(小冊子)です。

慰安婦問題を全く知らない外国人を対象に英語版を作りました。
英語版に合わせて日本語版も作成しました。

Q&A形式の分かり易い文章に画像や写真もたくさん入れました。
内容は下の「冊子データ」をご覧ください。

日本人で慰安婦問題をよくわからない方、海外にお住いの日本人や学生の方々にも利用していただけたらと思います。
是非ご活用ください!

pocket book2
左が英語版、右が日本語版
A6サイズ(ハガキくらいの大きさ)/ 32ページ(表裏表紙含む)/ 全ページ カラー


<HOW TO ORDER for non-Japanese>
Please send your inquiry or order via email.

Email: GAHToffice@gmail.com

【 入手方法 】*****************************************************************

英語版・日本語版それぞれ10冊を1セットで頒布します。
例)
・「英語版1セットと日本語版1セット」をご注文の場合「英語版10冊と日本語版10冊で合計20冊」
・「英語版3セットと日本語版1セット」をご注文の場合「英語版30冊と日本語版10冊で合計40冊」
・英語版、または日本語版のみの注文もOK

海外からご注文の場合は代金・支払方法をご相談ください。送料確認の上、代金をお知らせします。

日本国内郵送の場合の料金(送料込み)
・ 1セット(10冊)  1500円
・ 2セット(20冊)  2000円
・ 3セット(30冊)  3000円
・ 4セット(40冊)  4000円
・ 5セット(50冊)  5000円
・ 6セット(60冊)  6000円
・ 7セット(70冊)  7000円
・ 8セット(80冊)  8000円
・ 9セット(90冊)  9000円
・10セット(100冊)  9500円
・11セット以上はご相談ください。

※代金は「歴史の真実を求める世界連合会 GAHT」への寄付として振込いただきます。

<注文の手順>
1.メールで注文
送信先メアド:   GAHToffice@gmail.com
件名: ポケットブック注文
本文: 以下を明記
郵送先の名前、郵便番号、住所、電話番号、
注文者のメールアドレス
注文セット数 (英語版、日本語版を何セットか)

2.GAHT事務局より注文を受けた旨のメール返信が届きます

3.GAHT事務局からご依頼の宛先に郵送します。

4.冊子が届いたら代金のお振り込みお願いします。(振込手数料はご負担ください)

<振込先> ゆうちょ または UFJ
ゆうちょ銀行
振込口座名: 歴史の真実の会
レキシノシンジツノカイ
振込口座番号:00180-0-292163

三菱東京UFJ銀行
ミツビシトウキョウユウエフジェイギンコウ
支店名: 藤沢支店(支店番号257)
口座番号:0421906 普通預金口座
口座名: 歴史の真実の会
レキシノシンジツノカイ

※海外からご注文の方は、支払方法をご相談ください。

【 冊子データ 】*****************************************************************

<英語版> What is“Comfort Women”? BASIC FACTS
PDFデータ ※別ウィンドウで表示されます
http://nadesiko-action.org/wp-content/uploads/2018/03/pocketbook.pdf

<日本語版> 「慰安婦」ってなに? 基本的な事実
PDFデータ ※別ウィンドウで表示されます
http://nadesiko-action.org/wp-content/uploads/2018/03/pocketbook_JP.pdf

在米50数年のご婦人(S5年生まれ)が発行するニュースレター「ポトマック通信」から「慰安婦問題」No.9

「ポトマック通信」は米国メリーランド在住の ワイルス蓉子 さんが隔月発行しているニュースレターです。2018年1月号から「在米韓国人団体がアメリカ各地で慰安婦問題を言い続けるなら私も真実を書き続けよう」と「慰安婦のことを世界中で言い続けるならライタイハンのことも取り上げよう」をご紹介します。

※これまでの記事はこちら http://nadesiko-action.org/?cat=14

***********************************************************************

ワイルス蓉子さん略歴: 昭和5年1月14日生。 山水高女(現桐朋学園)卒。 青山学院大学英米文学科中退。 アメリカの商社に英文速記秘書として勤めた後、1966年渡米。 1971年5月、エドワード・ワイルスと結婚。米国メリーランド州在住。

 

 

ポトマック通信 2018年1月号
「在米韓国人団体がアメリカ各地で
慰安婦問題を言い続けるなら
私も真実を書き続けよう」
「慰安婦のことを世界中で言い続けるなら
ライタイハンのことも取り上げよう」

※画像をクリックすると別ウィンドウで拡大表示されます。読み易くご覧になれます。
PDF版も読みやすくご覧いただけます。

スライド1

スライド2

スライド3

スライド4

スライド5

スライド6

スライド7

スライド8

スライド9

スライド10

スライド11

スライド12

 

在米50数年のご婦人(S5年生まれ)が発行するニュースレター「ポトマック通信」から「慰安婦問題」No.8

「ポトマック通信」は米国メリーランド在住の ワイルス蓉子 さんが隔月発行しているニュースレターです。2017年11月号から「韓国系アメリカ人の団体から銅像を建てることを要求され続けている慰安婦問題」と「世界各地に進出する韓国女性の売春の実態」をご紹介します。

※これまでの記事はこちら http://nadesiko-action.org/?cat=14

***********************************************************************

ワイルス蓉子さん略歴: 昭和5年1月14日生。 山水高女(現桐朋学園)卒。 青山学院大学英米文学科中退。 アメリカの商社に英文速記秘書として勤めた後、1966年渡米。 1971年5月、エドワード・ワイルスと結婚。米国メリーランド州在住。

 

 

ポトマック通信 2017年11月号
「韓国系アメリカ人の団体から銅像を建てることを
要求され続けている慰安婦問題」
「世界各地に進出する韓国女性の売春の実態」

※画像をクリックすると別ウィンドウで拡大表示されます。読み易くご覧になれます。
PDF版も読みやすくご覧いただけます。

スライド1

スライド2

スライド3

スライド4

スライド5

スライド6

スライド7

スライド8

スライド9

こんなに酷い カナダでの反日活動の実態

日本人の知らぬ間に「南京大虐殺、慰安婦制奴隷、日本軍による残虐な戦争犯罪」プロパガンダがカナダに広まっています。
その実態をカナダ在住のマリノフ利江さんがチャンネル桜の番組(2018年2月12日)で報告してくださいました。

<番組で紹介した資料>
ポケットブック(小冊子)「What is“Comfort Women”? BASIC FACTS / 慰安婦ってなに? 」
http://nadesiko-action.org/?p=12395

カナダ反日の動き
map

カナダにおける歴史戦の展開

2007年

11月

カナダの連邦議会下院で慰安婦の対日非難決議を可決
2011年

12月

オタワの日本大使館前で慰安婦水曜デモを実施
2012年

12月

中国系カナダ人市議がトロント市議会で南京大虐殺75周年の宣言を提出して可決
トロント市庁舎で南京虐殺および慰安婦の写真展が開催される
2013年

10月

トロント教育員会とトロントアルファが「アジアにおける第二次大戦の残虐行為を含む歴史教育をカリキュラムに含める」ための覚書に署名

11月

慰安婦や南京虐殺の展示が含まれるカナダ人権博物館がオープン
2014年

1月

慰安婦短編アニメ映画「Mary & Myself」がカナダ・スクリーン・アワードにノミネート(受賞なし)
2015年

2月

トロントカトリック系学校の教育員会とトロントアルファが「アジアにおける第二次大戦の残虐行為を含む歴史教育をカリキュラムに含める」ための覚書に署名

4月

ブリティッシュコロンビア州バーナビー市でカナダ初の慰安婦像設置の計画

11月

トロント韓国人会館にカナダ初の慰安婦像設置
2016年

5月

慰安婦問題のパネルディスカッションがトロント大学で開催され、キル・ウォンオク(元慰安婦)、ユン・ミヒャン(挺対協)などが出席

12月

オンタリオ州議会で南京虐殺記念日制定の法案(Bill79)が提出される
ティファニー・ション監督、カナダ国立映画制作庁の製作によりドキュメンタリー映画「The Apology 」が公開
2017年

5月

南京虐殺記念日制定の法案(Bill79)支持者がオンタリオ州議会場前で集会を開催

10月

オンタリオ州議会で南京大虐殺記念日制定の動議(Motion 66)が可決される

11月

マニトバ州議会で南京大虐殺記念日制定の法案(Bill 233)が提出される

12月

トロントアルファ(中国系団体)が南京大虐殺80周年記念犠牲者を偲ぶ会を開催(オンタリオ州トロント市)
産経新聞(12月12日)がカナダの反日の実態を報道歴史戦第19部 結託する反日「南京の嘘 カナダで拡散」

ウィニペグ人権博物館展示

4_人権博物館南京

5_人権博物館チベット

3_人権博物館慰安婦

韓国人会館慰安婦像除幕式

6_韓国人会館慰安婦像

ケント議員

ケント議員

トロントでの慰安婦問題についての講演会 挺対協代表が登壇

トロントでの慰安婦問題についての講演会 挺対協代表 登壇

元慰安婦も参加

元慰安婦も参加