11月6日院内集会報告(2012)

慰安婦問題を糺し 毅然とした国の対応を求める 意見交換会
~ 強制連行も性奴隷も事実無根 慰安婦問題に真実を! ~
2012年11月6日(火) 衆議院第一議員会館 大会議室

kaijyou1
悪天候にも関わらず大会議室定員300人を超える一般参加者、国会議員11名、秘書6名、地方議員3名にご参集いただき盛会のうちに終えることが出来ました。ご参加の皆様、参加叶わなくとも応援して下さった皆様、準備にご協力いただいた皆様、なでしこアクション一同心より感謝申し上げます。
国会議員が慰安婦問題について正論を堂々と発言できるよう、私たち国民が応援していきましょう。真実を国内にも世界にも発信し、誇りある日本を次の世代に繋いでまいりましょう。
各先生のご発言は下の動画をご覧ください。

参加議員・秘書 (順不同)

【国会議員】
衆議院議員 古屋 圭司 先生(自民党)
衆議院議員 向山 好一 先生(民主党)
衆議院議員 渡辺 義彦 先生(国民の生活が第一)
参議院議員 山谷 えり子 先生 (自民党)
参議院議員 衛藤 晟一 先生(自民党)
衆議院議員 新藤 義孝 先生(自民党)
参議院議員 塚田 一郎 先生(自民党)
衆議院議員 長尾 敬 先生(民主党)
参議院議員 宇都 隆史 先生(自民党)
衆議院議員 稲田 朋美 先生(自民党)
衆議院議員 柴山 昌彦 先生 (自民党)

【国会議員秘書】
衆議院議員 今津 寛 先生秘書(自民党)
参議院議院 磯崎 仁彦 先生秘書(自民党)
衆議院議員 衛藤 征士郎 先生秘書 (自民党)
衆議院議員 小池 百合子 先生秘書(自民党)
参議院議員 三原 じゅん子 先生秘書(自民党)
衆議院議員 城内 実 先生秘書(自民党)

【地方議員】
神奈川県議会議員 小島 健一 先生
取手市議会議員 小嶋 吉浩 先生
秦野市議会議員 小菅 基司 先生

当日配布資料

11月4日米紙掲載慰安婦意見広告”Yes, we remember the facts.”

「慰安婦強制連行説」は韓国の恥(日本語・韓国語)

集会動画

国歌斉唱、主催者挨拶

【超党派国会議員「慰安婦問題」リレートーク」】
自民党 衆議院議員 古屋圭司 先生

民主党 衆議院議員 向山好一 先生

国民の生活が第一 衆議院議員 渡辺義彦 先生

【基調講演】
自民党 参議院議員 山谷えり子 先生

【ゲスト講演】
作曲家 すぎやまこういち 先生

【議員スピーチ】
自民党 参議院議員 塚田一郎 先生

自民党 参議院議員 衛藤晟一 先生

自民党 衆議院議員 新藤義孝 先生

自民党 衆議院議員 稲田朋美 先生

民主党 衆議院議員 長尾敬 先生

自民党 参議院議員 宇都隆史 先生

自民党 参議院議員 磯崎仁彦 先生からのメッセージ

自民党 参議院議員 有村治子 先生からのメッセージ

【ゲストスピーチ】
藤岡信勝 様 (新しい歴史教科書をつくる会理事 拓殖大学客員教授)

西村幸祐 様 (ジャーナリスト)

要望書読み上げ

韓国在住なでしこ からのメッセージ

米国在住なでしこ からのメッセージ①

米国在住なでしこ からのメッセージ②


写真

タイラヨオさんによる国歌斉唱

タイラヨオさんによる国歌斉唱

自民党 衆議院議員 古屋圭司 先生

自民党 衆議院議員 古屋圭司 先生

自民党 参議院議員 塚田一郎 先生

自民党 参議院議員 塚田一郎 先生

民主党 衆議院議員 向山好一 先生

民主党 衆議院議員 向山好一 先生

国民の生活が第一 衆議院議員 渡辺 義彦 先生

国民の生活が第一 衆議院議員 渡辺 義彦 先生

自民党 参議院議員 山谷えり子 先生

自民党 参議院議員 山谷えり子 先生

作曲家 すぎやまこういち 先生

作曲家 すぎやまこういち 先生

自民党 参議院議員 衛藤晟一 先生

自民党 参議院議員 衛藤晟一 先生

自民党 衆議院議員 新藤義孝 先生

自民党 衆議院議員 新藤義孝 先生

自民党 衆議院議員 稲田朋美 先生

自民党 衆議院議員 稲田朋美 先生

民主党 衆議院議員 長尾敬 先生

民主党 衆議院議員 長尾敬 先生

自民党 参議院議員 宇都隆史 先生

自民党 参議院議員 宇都隆史 先生

有村治子先生よりいただいたメッセージ

自民党 参議院議員 有村治子 先生よりいただいたメッセージ

藤岡信勝 様 (新しい歴史教科書をつくる会理事 拓殖大学客員教授)

藤岡信勝 様 (新しい歴史教科書をつくる会理事 拓殖大学客員教授)

西村幸祐 様 (ジャーナリスト)

西村幸祐 様 (ジャーナリスト)


要望書全文  (11月22日 内閣府と外務省に提出しました)

内閣総理大臣  野田 佳彦 殿
外務大臣     玄葉 光一郎 殿

慰安婦にするために戦時中、日本軍が女性たちを強制連行したという事実無根の歴史が真実であるかのように世界に広まっています。
二〇〇七年の米国下院慰安婦非難決議に続き、オランダ、カナダ、フィリピン、EU、韓国、台湾でも同様の決議が可決されました。韓国では、日本大使館前で日本抗議のデモが千回以上行われ、慰安婦少女像が建ち、慰安婦抑圧の歴史を紹介する「戦争と女性の人権博物館」が開館しました。
米国では、韓国系団体の慰安婦問題を利用した盛んなロビー活動によって、「日本帝国軍に拉致された婦女子二十万人以上の慰安婦記念碑」が既に二つ建ち、今後も全米各地で建設が予定され、ニューヨーク市内には「慰安婦通り」改名が計画されています。また、彼らは米議員に働きかけ、国連慰安婦非難決議案を本格的に推進しています。
慰安婦の強制性は無かったことが政府調査で明らかになっているにも関わらず、日本軍慰安婦性奴隷という虚偽が世界中に蔓延する現状は、日米韓の友好関係を損ね、日本の国益を害し、我々日本人の心を深く傷つけるものです。
そこで、慰安婦問題を糺し、我が国の名誉と尊厳を回復し、誇りある日本を次の世代に繋ぐ為に、次のような毅然とした日本政府の対応を要望します。

一、 慰安婦強制性を認めたと解釈されている河野官房長官談話に代わる新たな政府見解を国民に示し、外務省はこれを積極的に海外に発信すること。
二、 国際社会に広まる慰安婦の虚偽宣伝に対し、あらゆる機会に強く抗議、反論すること。
三、 国連における旧日本軍慰安婦非難決議案採択を阻止すること。
四、 在米韓国系団体による反日的なロビー活動が更に拡大しないよう、法的対抗措置も含めた対応を検討し、政府の万全の支援体制のもとに実施すること。
五、 教科書検定基準から「近隣諸国条項」を削除し、他国の意見に影響されることなく、史実に基づいた正しい歴史教育を行うこと。

平成二十四年十一月六日 なでしこアクション 代表 山本優美子

集会報告ブログ

「さんごママ」のケアマネ日記 「ザ・ファクツ(事実)」
正しい歴史認識、国益重視の外交、核武装の実現

参考

海外なでしこからのメッセージ

ニコニコ生放送 真正保守草莽会 タイムシフト

http://live.nicovideo.jp/watch/lv114380712

ニコニコ生放送 櫻花ちゃんねる タイムシフト

http://live.nicovideo.jp/watch/lv114381212

25 thoughts on “11月6日院内集会報告(2012)

  1. Takep says:

    「WJF Project」さんは、そのブログで「情報戦とオセロゲーム」として、「パリセイズ・バークで石碑の撤去を要求した国会議員の行動は、アメリカのFOXニュースで、恥ずべき行動として、全米に大きく報じられてしまいました。」として、その動画もアップされています。
    http://wondrousjapanforever.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/post-dc6d.html#comment-94542787

    より効果的な方法を皆で考えたいものですね。


  2. 慰安婦問題 says:

    米 州議会に慰安婦謝罪求める決議案
    1月8日 11時29分
    http://www3.nhk.or.jp/news/html/20130108/k10014650821000.html

    Charles D. Lavine
    http://assembly.state.ny.us/mem/Charles-D-Lavine/

    Tony Avella
    http://www.nysenate.gov/senator/tony-avella

    上の上院、下院議員が頑張っているようです。
    日本がアジア女性基金などを設立していることを知らないのでは?


  3. ナツメ says:

    悩ましい問題です。
    慰安婦は点だけの問題ではありません。

    従軍慰安婦は存在しておらず、いたのはきちんと給金を受けて働いていた、慰安婦だったという証拠を提示し、根気よく納得させることも大事ですが。

    慰安婦問題の根本にあるものは、コリアが日本の植民地だったという捏造史にあります。
    認識を根本から変えることができなければ、何の解決にもなりません。

    ご存知でしょうが。
    世界の承認を得て行われた日韓併合。
    コリアが日本の植民地だというなら、その植民地の王太子と日本の皇室と婚姻関係など結ばせるでしょうか?
    何故植民地の王族が日本の皇族に準ずる大愚を受けられるでしょうか?
    李朝の統治時代には減少傾向だった人口も、日韓併合期間には、二倍に増加しています。

    学校の建設やダムや工業、鉄道に生活・教育水準の向上・・
    コリアが日本の植民地でなかった証拠もいくらでもあります。

    李朝時代の奴隷制度も日本の統治で無くなっています。
    コリアにとって不都合な、都合のつかない歴史は全て日本のせい。

    自分たちは、植民地で奴隷だった、だから日本にひどい目に合わされていたんだ、女子供も慰安婦として連れて行かれた。
    自分たちは可愛そうだ。

    彼らの考えていることは全くの妄想ですが、負からくる感情を、逃げ道なく否定しても理解する余地もないのです。(彼らは、理解する気はないかもですが)
    慰安婦のこともですが、植民地ではなかった事実も提示するべきなのではないかと思います。

    彼らにとっては、植民地でなかった事は歴史の否定、国家の否定になることですが、それが事実です。
    単一民族で、同調社会のコリアンには難しいことでしょう。
    ですが、そのために今の私たち日本人が冤罪を被る理由も、侮辱される言われも無いです。

    あと、コリアンが植民地だと言い出した経緯には、ルーズベルトの発したコリアは日本の植民地だったというプロパガンダが含まれているのかもしれません。

    アメリカとは、1919年に日本が提出した人種差別撤廃条項の因縁もあります。
    日本には、奴隷制度があったことがありません。
    アメリカは、人種問題面で日本に勝つことはできません。
    そのため、コリアを使ったのではないかと、側側に過ぎませんが・・

    英語ができないので、詳しく調べることができないのが不甲斐ないです。
    歴史問題は、点で見ず問題を遡ることが重要だと思います。

    私は、コリアは世界で唯一嫌いな国ですしコリアとは国交断絶を望んでいますが、それでは何の解決にもならないのです。

    なでしこアクションさんの様なサイトがある事には、力づけられます。
    自分も微力ながら尽力させていただきます。
    応援しています。
    強い日本を作り上げませしょう。


  4. スズメ says:

    日本統治時代の慰安婦について、

    「日本が国家レベルで強制連行し、性奴隷にした」と断定する韓国人の
    著書の翻訳本を 文部科学省所管の社団法人「日本図書館協会」が
    “推奨図書”に指定していたそうです。

    (ソース元:MSN産経ニュース 2012.7.7 02:07はリンク切れでした)

    「公的機関が推奨する本ではない」との批判も出ているようですが、
    「韓国では反日的な意見もあるということを知ってもらうために選定
    した。誤解を招く部分もあるが、前例がないので選定図書を取り消す
    つもりはない」のだそうです。


  5. pisuke says:

    いつもありがとうございます。

    朝鮮人がまたFB上で捏造をやらかしています。
    こちらのフェイスブックのスパム報告に御協力・御拡散お願いできないでしょうか。↓

    『慰安婦被害者に対する日本政府の謝罪を要求します』
    http://www.facebook.com/ianhuapology

    【 スパム報告のやり方 】

    このページのトップの「いいね!」右横の「歯車印」の右横の▼を押す

    「Facebookページを報告する」を選択

    「Facebookに載せるべきではないと思う」を選び、続行をクリック

    「差別発言」を選び、「タイプを選択」で「人種または民族を標的にしている」を選び、続行をクリック

    「Facebookに報告」にチェックマークを入れ、続行をクリック

    「ありがとうございます」が出たら「OK」をクリックして終了

    慰安婦被害者に対する日本政府の謝罪を要求します

    We demand an official apology from the Japanese government for ‘comfort women’ who were lured/kidnapped and coerced into Japanese military sex slavery during the World War II. For more information: http://en.wikipedia.org/wiki/Comfort_women

    Facebookページ: 3,171人が「いいね!」と言っています . .


Leave a Reply to スズメ Cancel reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>