【本紹介】国連 自由権規約 慰安婦問題 記録と解説

 

国際連合 自由権規約委員会 第111会期
日本政府第6回報告書検討会 記録と解説(資料集)

山本優美子・細谷清 共著
慰安婦の真実国民運動 対国連委員会調査団 発行

よ~くわかる 国連での慰安婦問題
2014年7月にジュネーブで開かれた自由権規約委員会の日本政府報告書の検討会から始まった出来事は、当委員ばかりでなく、国連・韓国・中国等の「慰安婦は性奴隷であると信じていた人達」を驚かせ困惑させ狼狽えさせた。その驚くべき実態を、この本は明らかにしました。

こんな本が欲しかった!
英語でこの問題を発信したい方、外国人に説明したい方、この本は役に立ちます!
本は原資料を基にした解説書です。
原資料は日英二か国語で書かれてます。
その日英文が見開きページで対応。
この一冊であなたは問題の国際的な専門家です。

<価格>
500円(税込)
*別途郵送料:1冊180円、2冊215円、3・4冊300円
*5冊以上纏めてご購入の場合は郵送料は当方で負担します。
*発送開始は2月中旬を予定しています。
*2014年7月25日国連調査団報告会(参議院議員会館講堂)にて申し込みされた方への発送も2月中旬を予定しています。

<注文方法>
ご購入部数、送付先を書いてお申込み下さい
① インターネットで  メールアドレス: ianfu-shinjitu@tsukurukai.com
② 電話で      電話番号: 03-6912-0047
③ FAXで       FAX番号: 03-6912-0048
④ 郵便で
住所: 〒 112-0005  東京都文京区水道2-6-3
「新しい歴史教科書をつくる会」内
「慰安婦の真実」国民運動事務局

<支払い方法>
①郵便振替口座
記号番号 00100-5-695372
名称「慰安婦の真実」国民運動
銀行
郵貯銀行〇一九店 当座 0695372
名称「慰安婦の真実」国民運動
②切手での支払い  切手での支払いを受け付けます。申し込みと同時に郵送下さい。

<問い合わせ先>「慰安婦の真実」国民運動事務局
メールアドレス: ianfu-shinjitu@tsukurukai.com
電話番号: 03-6912-0047
FAX番号: 03-6912-0048
〒 112-0005  東京都文京区水道2-6-3
「新しい歴史教科書をつくる会」内 「慰安婦の真実」国民運動事務局

なでしこアクション問い合わせフォーム

************************************************************************************

<表紙>

SnapCrab_NoName_2015-1-29_10-20-3_No-00

<目次>
始めに
この資料集について
1.第6回日本政府報告書
2.LOI-討議項目での事前質問事項及び日本政府の回答
3.検討会 発言内容の解説
3-1.日本政府
3-2.「性奴隷」肯定派委員
3-3.検討会議長
4.最終見解書の内容と解説
5.対国連委員会調査団の活動
終りに
参考資料
①第6回政府報告書(従軍慰安婦部分)
②自由権規約委員会の事前質問と日本政府の回答
③委員会の委員と日本政府派遣団の団員
④議事記録、委員会の議事記録
⑤委員会の最終見解書
⑥調査団の統一見解
⑦ピレイ国連人権高等弁官 声明
⑧河野談話
⑨拷問禁止委員会最終見解書
⑩韓国憲法裁判所判決
(年表)

<Content>
Preface
Introduction
1. Sixth periodic report of Japan
2. List of issues, and Replies of Japan to the List of Issues
3. Explanation on the statements in the meeting
3-1. Comments by Japan
3-2. Comments by Committee Members
3-3. Comments by UN Human Rights Chairperson
4. Comments on Concluding Observation
5. Activities of Japan’s Collaboration Team for UN Committee
Epilogue
Reference Data
① Sixth periodic report of Japan (only on CW-Comfort Women)
② List of Issues (LOI), and Replies of Japan to LOI
③ Membership of HRC, and Delegates of Japan
④ Record of the meetings, and HRC Summary Record (only on CW)
⑤ Concluding Observation (HRC) (only on CW)
⑥ Opinion by Japan’s Collaboration Team for UN Committee
⑦ Statement of Ms. Navi Pillay, UN High Commissioner for HR
⑧ Kono Statement
⑨ CAT Concluding Observations on the second periodic report of Japan
⑩ Decision of Korean Constitutional Court
(Chronological table of Comfort Women Issue)

************************************************************************************

11 thoughts on “【本紹介】国連 自由権規約 慰安婦問題 記録と解説

  1. isayoi says:

    慰安婦像撤去やいわれのない、国の慰安婦強制連行の払拭は、国が全面に出て動いた方がいいのはもちろんのことと思います。
    それと同時に、特に慰安婦のことで海外で嫌な思いをしているお子さんやその親御さんは、なでしこアクションからも本が出ましたし、日本の歴史や文化をもっと知って、ひるまないでほしいと思います。The NEW KOREAを出した桜の花出版からも日本精神の『侘び然び幽玄のこころ』が出ています。真剣に日本文化を語っています。海外では、「禅」に関心があるように、日本国はなかなか魅力的なようです。どうぞ、少しでも日本のこころを感じて、海外で負けないで毅然としてほしいです。そして、日本にいる私たちも、もっと歴史や文化を学ばなくてはと思いました。


  2. Rei says:

    「韓国の市民参加センターがアメリカ上・下院合同演説を反対する書簡を送る運動を展開する方針だと明らかにした。」という記事を目にしました。
    なでしこアクションでも寄附を募りアメリカ上院下院に本を贈る運動しませんか?

    http://oboega-01.blog.jp/archives/1019922385.html
    米国議会に書簡発送運動…「過去の歴史を歪曲しているので、議会演説は不可」

    2006年の小泉首相も、「歴史」の問題で合同演説が不発に

    (ワシントン=聯合ニュース)ノ・ヒョドン特派員

    アメリカ韓人社会の主要な活動家たちが、安倍晋三 日本首相が今年の上半期の訪米時に推進しようとしている上・下院合同演説にブレーキをかけ始めた。

    アメリカ各地で韓国人の草の根運動を展開している市民参加センター(KACE・所長キム・ドンチャン)は13日(現地時間)、聯合ニュースに送ってきた声明で、「各州の韓国人団体と共に、安倍首相の上・下院合同演説に反対するキャンペーンを展開することにした」と明らかにした。

    米国の韓人団体が、日本の首相の上・下院合同演説に公然と反対したのは初めてで、米国議会の意思決定過程に少なからぬ影響を与えると思われる。

    市民参加センターは特に今年「米国韓人草の根活動カンファレンス」(Korean American Grassroots Conference)の準備活動に参加している13州の韓人団体を中心に、米国連邦議会に安倍首相の上・下院合同演説を反対する書簡を送る運動を展開する方針だと明らかにした。

    市民参加センターは、「安倍首相は4月末または5月上旬に予定されている訪米の機会に、日本の戦犯イメージを揉み消して、明確な謝罪や責任を負うことなく、日本軍性奴隷問題などの歴史問題について、免罪符を取得しようとするだろう」とし「その一環として、上・下院合同演説をする初の日本の首相になろうとするだろう」と指摘した。

    この団体は、「真に過去の歴史に対する謝罪をするどころか、歴史を歪曲している安倍首相の、米国の上下院合同演説は、到底容認することができないので、米国の市民として反対する」と強調した。


  3. Mary West says:

    I am so very sorry that WW 2 is not mostly forgotten. Japan should not be robbed and humiliated over comfort issue. What ever happened occurred so long ago, it is impossible to bring picture into clear focus. And the issue is so sensitive and embarrassing, and yet it appears prostitution was and is a problem over much of Asia separate from the Japanese. I do pray that more understanding can be found. Thank you.


  4. Susan Mallory says:

    My friend, Mary West was so excited she had posted a comment. I hope she was one point, since she doesn’t speak a WORD of Japanese! Namaste


  5. だいふく says:

    「ロスの慰安婦像訴訟、訴え棄却方針 加州高裁」
    http://mainichi.jp/select/news/20150225k0000m030061000c.html

    慰安婦への人権侵害は「米下院議会決議だけでなく、日本政府も認めている」という判断だそうです。やはり、日本政府がはっきりと否定しないとどうしようもないと思います。
    日本政府にいらだちます。


  6. KGYMKho says:

    Thank a lot. You are interested about UN’s comfort woman issue against Japan.
    This is a one kind of Anti-Japan action by Korea and Chinese goverment.
    Korea goverment arranged the comfort women for american solders in Korea during Korean War . It called “Base village” in korea.
    Recently, 122 former korean comfort women challenged the Korean government and resorted to a law court to get the indemnity ,korean newspaper said.
    Mr Park thosedays south korea president signed the documents of comfort women
    for american solders in Korea during Korean War.
    He is father of present south korea president Ms Kune Park.


  7. 日本市民 says:

    【日本政府、国連人権理事会で慰安婦性奴隷に反論せず】
    ===
    http://www.yomiuri.co.jp/world/20150304-OYT1T50054.html
    慰安婦「強制的に性奴隷」と韓国、日本政府反論
    2015年03月04日 11時26分

    韓国の趙兌烈チョテヨル外務第2次官は3日、ジュネーブで開かれている国連人権理事会で演説し、いわゆる従軍慰安婦問題を巡り、日本政府の対応が不十分だと批判した。

    趙次官は、被害者の女性たちは「強制的に性奴隷にされた」と言及。「第2次大戦後70年を経た今も深い心の傷を負っている」と述べ、日本政府に対し、賠償をはじめ「被害者が受け入れられる解決」を求めた。

     在ジュネーブ日本政府代表部の嘉治美佐子大使は、「アジア女性基金」を通じた「償い金」支給などにより、日本が元慰安婦の支援に取り組んできたことなどを説明し、韓国の一方的な批判に反論した。(ジュネーブ支局 石黒穣)


    • MP says:

      韓国政府に、韓国軍慰安婦・米軍慰安婦、そしてベトナム戦争での虐殺等、同じく非難すべきだと思います。

      自分達は聖人、日本人は悪魔と思っているようですが、実際の所、韓国の歴史も褒められたものではないですよね。

      日本軍ばかり非難するのであれば、同じく韓国軍・韓国政府による女性の人権蹂躙、韓国・米軍慰安婦を同じく取り上げるべきだと思います。


  8. 日本市民 says:

    【米慰安婦像訴訟の原告邦人が反論本出版】
    アマゾンで購入できるんでしょうか?
    どんどんこういう本を英語で出版して欲しいですね。
    ===
    2015.3.11 08:35更新
    http://www.sankei.com/world/news/150311/wor1503110009-n1.html

    【ニューヨーク=黒沢潤】米カリフォルニア州グレンデール市の慰安婦像をめぐる訴訟の原告で、「歴史の真実を求める世界連合会(GAHT)」の会長を務める目良浩一氏は10日、ニューヨークで記者会見し、「慰安婦は性奴隷にあらず」と題した書籍(英語版)を出版したことを明らかにした。同書はA4版・98ページで、慰安婦問題が浮上した経緯や、日本政府の対応、朝日新聞の誤報問題などを詳述している。

     目良氏は会見で、慰安婦問題が米国で理解不足のまま論じられることに懸念を示した上で、「長い期間をかけて、米歴史家たちの認識が変わるよう取り組んでいく」と述べた。「論破プロジェクト」代表で、実業家の藤井実彦氏も同会見で「確かなことを(米国で)伝えるため活動していく」と語った。


  9. Just Ordinary Guy says:

    慰安婦の問題はいまや性奴隷に捏造されて国連人権委員会のクマラスワミ報告にまで及んでいます。しかもグレンデール市をはじめ外国各地に慰安婦像を建てつつあって愕然としています。朝日新聞が吉田清治の捏造記事と自社の誤報を認めたにもかかわらず、韓国、北朝鮮、中国のロビー活動と一部日本人の反国家的ビジネスが合体して日本を貶めています。人権問題なら、ベトナム戦争時の韓国軍による非人道虐殺、レイプの結果生まれた、ライダイハン問題こそ人権委員会で糾弾されるべきです。北岡俊明、正敏両先生のベトナム取材による本が出版されています。“韓国の大量虐殺事件を告発する”です。支援しましょう。有りがたいことに、テキサス親父ことマラーノ氏はこのことを世界に知らしめたいと協力してくれています。また、アパホテル経営者、元谷外志雄氏も支援してくれています。谷山雄二氏のセントラル・ワシントン大学での英語による講演でかなり真実も伝わったことと思います。戦争当時は貧しさのために親の借金の肩代わりにそういう仕事についていたわけです。素人の女性を強姦しないように業者に委託して現在の価格にして月約150万以上の給料と、1500万円程の前借も可能として募集したところ希望者が多数有ったことは証明されています。決して性奴隷では有りません。アメリカ公文書館に英語で保管されているそうです。我々ももっと反対意見を社会にアピールしなければなりませんね。韓国はあまりにも日本国民を馬鹿にしています、客観的に歴史を観ることができない恨みの文化らしいですが。日本の政治家にはもっとしっかりしてもらいたいのですがどうも当てになりません。下らない脚の引っ張り合いの議論が多いです。もっと歴史の真実を知り日本の誇りを取り戻しましょう。


Leave a Reply to だいふく Cancel reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>