国際歴史論戦研究所 記者会見 対国連活動報告とこれから

H31(2019)年3月29日、日本プレスセンター・ビル(内幸町)で、国際歴史論戦研究所 International Research Institute of Controversial Histories(iRICH) 記者会見を行いました。

同研究所の副会長を務める なでしこアクション代表の山本優美子 も報告しました。

******************************************************************

今の国連は反日の場と化しています。人権理事会では反日的な国家が一方的に日本を非難し、日本政府の反論が弱いままに国連から国際社会に広まります。人権条約委員会では左派NGOの意見をそのまま信じる委員会が日本政府に勧告を発し、日本社会に影響を及ぼします。歴史問題では慰安婦や徴用工をはじめとして事実と全く反する議論が展開され、既に日本の国家と国民を著しく貶めてきました。

この状況を打開し、国際社会に事実を主張するために国際歴史論戦研究所(iRICH)は、昨年(2018年)11月設立されました。すでに徴用工、慰安婦問題、韓国の反日実態については二十以上の保守団体と連携して国連に意見書を送りました。また人権理事会と人権委員会にも参加、発言もしてきました。国連人権の現場で誰が何をしているのか、委員会の実態を報告しました。

今後、国際歴史論戦研究所(iRICH)は国際機関や国際学会でも活動していきます。戦後形成されたGHQ史観を根底から覆すような歴史認識の発信と日本と日本人の名誉と尊厳を守るための研究所の方針と活動予定も報告しました。

日時:2019年3月29日(金)、1:15 p.m.~2:45 p.m.
場所:日本プレスセンター・ビル9階大会議室( 東京都千代田区内幸町2-2-1 )
主催:国際歴史論戦研究所International Research Institute of Controversial Histories(iRICH)https://i-rich.org/
報告者:山下 英次   国際歴史論戦研究所所長
藤木 俊一 国際歴史論戦研究所上席研究員
山本 優美子 国際歴史論戦研究所副会長
登壇者:杉原 誠四郎  国際歴史論戦研究所会長
岡野 俊昭 国際歴史論戦研究所専任理事、慰安婦の真実国民運動幹事長
司会:山本 優美子

*************************************************************************

<参考ニュース>
産経 2019.3.29 18:07
国際歴史論戦研究所、英語で対外発信強化へ 徴用工問題など
https://www.sankei.com/politics/news/190329/plt1903290031-n1.html

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *


*

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>